5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

結婚とは、労働の秩序を守る儀式である。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 18:56:51
俺の職場では恋愛には、大いに警戒する。
今までろくなことが無かった。
女にふられて、追いかけて職場放棄した男。
男とのトラブルで無断欠勤、遅刻する女など。。。
恋愛の進入は、職場の秩序を乱す恐れがあるのだ。
小松逸郎氏の「なせ私はここにいるのか」は俺の長年の疑問に回答を与えてくれた。
例えば労働者の場でカップルが性愛的モードに入って、イチャイチャし始めると、ほかの労働者は困るだろう。
「性愛の関係は労働の秩序にとって大変暴力的であり、排他的であり、秩序にとって撹乱的だから 」
規範が必要となり、そこで考え出せれたのが、「結婚」という制度である。
「性にかかわる物事は、労働の秩序が限定に加え、承認できる範囲、その秩序に接合できる範囲では
神聖であったり、祝福されるものである。
「結婚」とは、労働を行う共同体に、性愛的になった男女が侵入して、
秩序を乱すような状態を防ぐために、その社会的共同体に、男女のエロス的関係を承認してもらい、
契約を交わす儀式・祝いとして成立したわけだ。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)