5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

横溝正史

1 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 08:46:49
いわゆるブームがあったころの話とか作品の思い出とか

2 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 08:52:48
今でも「横溝正史フェア」の映画優待割引券になる栞が家に残っております。


3 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 01:49:52
角川文庫のカバー。

4 :大人になった名無しさん:2008/08/06(水) 13:44:07
今でも「Let it be」聴くと、悪霊島の不気味なCMを思い出すな。

5 :大人になった名無しさん:2008/08/09(土) 22:41:09
角川のカバートラウマだよなあ
病院坂のハードカバー版の目玉風鈴がこわい
文庫版の幽霊座の黒子がこわい

6 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 01:05:13
つまんない小説だと中学生の頃に思った。
瓜二つとか双子というパターンで、あんなのトリックでもなんでもないと思った。
でもあれだけの量のつまらない小説を生み出す能力は賞賛に値すると今は思っている。
市川監督の作品も時間ばかり長くて、面白くないものが多いので、作家と映画監督と
つまんないもの同士の稀有な組み合わせだと当時は思ったものだ。

7 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 16:38:34
>>4
DVDのほうはビートルズ使えなくなってるんだっけか・・・

8 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 17:07:17
金田一は人があれだけ殺されないと犯人がわからないんだから、アホ探偵だと思った。

9 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 17:52:55
八つ墓村にいたっては「はじめから犯人はわかっていた」って最後に言っちゃうんだもんなw
まあとはいえ事前に防いじゃったら話にならないっちゃあならないし・・・

10 :大人になった名無しさん:2008/08/11(月) 13:46:55
映画やテレビドラマがあれだけ注目され、それでいて本の売り上げも凄いとは
「ネタ知ってても読む(または見る)」だったんだな

ネタばれしたからもう読まない、ってのはハナっから面白くない証拠
横溝作品はそれだけ面白かったのだ

11 :大人になった名無しさん:2008/08/11(月) 14:04:59
獄門島みたいに原作と映画で犯人が違う奇策もあったな。

12 :大人になった名無しさん:2008/08/11(月) 19:29:15
私はこの小説だけは映画にしたくなかった


ってCMあったよね「笛を吹く」だったかな
当時深夜ラジオ聴いてるとよく流れてたな

13 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 01:24:37
映画にしたくなかったといっても、3回くらい映画になっているんだよな。

14 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 20:33:34
リアリティがない。それはアノ手のお話だから当然だが、
じゃあ「お話」としてどうかといえば、中途半端にリアリティを
作家が気にしている感じで、俺は嫌いだったね。
怪奇趣味を楽しむなら、他の作家が上だし、謎解きも中途半端。
ストーリー性は初期の高木彬光の方が上で、横溝がなぜもてはやされたのか、
今もってわからない。
多作だったことくらいが功績か。似たような内容の小説が多いけどね。

15 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 22:08:00
万人向けの幕の内弁当みたいな作風が、商業小説として成功したのだと思う。

怪奇趣味や謎解きの部分がすぐれている作家はいるが、
コアな読者はついても、ファン層が広がらないので
商業雑誌に掲載するのは微妙に難があるのだろう。

横溝さんの場合、文学的需要よりも商業的需要にこたえたことが大きい。

16 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 00:45:58
悪魔の手毬歌が一番好きな作品
次が悪霊島

悪霊島は「横溝正史の新作が読める」ってだけで当時興奮してた
横溝正史作品がリアルタイムで読めた最後の世代だな、おれ
ああもうおっさんやなあ・・・

17 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 19:44:58
石坂浩二の金田一が一番すきやった

18 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 19:46:45
大下とか海野の方が面白い。

19 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 20:29:14
古谷一行の金田一がいい。ちょい前のね。

20 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 20:50:36
俺もそう思う。

21 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 11:52:13
寅さんはないとおもった
中尾彬はけっこうはまってた

もちろんふたりとも着てるものはあれだけど・・・

22 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 12:57:59
中尾彬よりもその嫁さんが手毬唄で亀の湯の娘やってて、これがよかった。

23 :大人になった名無しさん:2008/08/18(月) 19:44:33
石坂浩二の出てる映画版だっけ、それ

よーしわかった(ぽん)

24 :大人になった名無しさん:2008/08/18(月) 20:55:43
いや、古谷版のほう。

25 :大人になった名無しさん:2008/08/18(月) 23:30:36
赤痣の少女だな
池波サンでは、少女に見えないのだけど

26 :大人になった名無しさん:2008/08/19(火) 06:14:05
難しい役だから、演技がうまい人でないときつかったんだろう。


27 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 01:38:51
ブームの発端となった、“誰でも知ってる”ほどのヒット作・角川映画「犬神家の一族」

衝撃の生首は、地井武男だった
3年前によく耳にした「首から下は地井武男」ってフレーズは、それを意識したのか?

28 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 04:19:47
往年の地井武男は二枚目だったな。

一作くらい金田一を演じてもよかったと思う。

29 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 17:25:35

「首から下は地井武男です」

それじゃ、首から上は?

「菊人形の上です・・・」



あの角川映画には、佐武の首無し死体が湖を漂うシーンがある
(映画の宣伝映像にも使われた?)
あれこそ、「首から下は地井武男です」だな

原作から受ける佐武のイメージは、地井よりも蟹江なんだが


30 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 22:54:29
>>27
いやブームの発端ではないような・・・
当時の角川文庫のチラシとか残ってるけど、公開前に文庫がすでに1000万部越えてる。

マガジンでまんが版の八つ墓村やったあたりから火がついたってことらしいよ


31 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 02:45:47
あの映画が登場するまでは、金田一探偵なんて世間一般は知らなかった

32 :大人になった名無しさん:2008/08/25(月) 23:13:15
んなことはない
世間一般ってのが何をさすかわかんないけど

33 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 09:35:36
三つ首の真野響子さん綺麗だった

34 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 13:39:42
近所のオバサンまでが金田一を知ったのは、角川映画以降だよ

35 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 17:05:30
手毬唄の夏目雅子は演技はまだ大根だったが、非常に存在感はあった。

36 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 17:06:26
不死蝶の竹下景子は当時忙しすぎて
役作りに充分な時間がさけなかったのではないかと推測。

37 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 22:10:48
TVの横溝シリーズはつまんなかった。映画はもっとつまんなかった。小説はさらにひどかった。
「推理小説」じゃなくて「推理小説もどき」だな、あれは。

38 :大人になった名無しさん:2008/08/27(水) 04:38:41
>>37 みたいな人はクリスティーとか読めば満足するんだろうな。

39 :大人になった名無しさん:2008/08/27(水) 14:53:06
怪奇大作戦の中の一話「霧の童話」は、「八つ墓村」のパクリ
こんな盗作が堂々と罷り通ったのは、金田一が世間に知られてなかった証拠

40 :大人になった名無しさん:2008/08/27(水) 15:55:12
↑どんな話だっけ?

41 :大人になった名無しさん:2008/08/28(木) 15:14:08
角川文庫に横溝作品が収録され始め映画「犬神家」の公開までの約五年間で
同文庫の横溝作品の年間売り上げ総数は約100万部

「犬神家」以降ブーム収束までの年間売り上げは、約1000万部だった

42 :大人になった名無しさん:2008/08/28(木) 23:48:25
「霧の童話」は


その昔、落ち武者を村人が襲った・・・
その祟りから以後村は不幸続き、という寒村が舞台
落ち武者たちの墓・「呪い墓」を、開発のために撤去することに
祟りを恐れる迷信深い村人もいる
そんな折、「落ち武者の亡霊を見た」という村人が続出
ついには殺人事件が起きる・・・
ホントに「呪い墓の祟り」なのか!?

落ち武者の亡霊のトリックは? そして犯人は?その動機は?
その謎に挑むSRI・・・


って話


43 :大人になった名無しさん:2008/08/30(土) 12:28:49
ぜんぜん八つ墓村じゃないような・・・よくある因縁話とも

44 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 02:42:32
映画やドラマで見てきた八つ墓村を初めて読んだら

好きでもなかった典子に辰也が落とされた話にしか見えなかった

45 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 02:46:16
「八つ墓村」の原型である事件を小説と映画で楽しむ方が絶対にいい。
「丑三つの村」だが、知ってるか?

46 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 03:39:50
「八つ墓村」の冒頭での「26年前の大量殺人」が
津山三十人殺しをヒントにしてるに過ぎない

よく、津山事件は「八つ墓村」のモデルと言われるが
それは間違い


47 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 05:32:50
>好きでもなかった典子


あれだけ存在感の薄いヒロインも珍しいな。

48 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 12:10:18
昭和46年頃には日テレが、「犬神家」「悪魔の手毬唄」「三つ首塔」をドラマ化していた
けど、タイトルは犬神家が「蒼いけものたち」になるなど、すべて改竄され
舞台も現代に改められていた

もし金田一がブームなら、原作のままの放送をしてるはず

49 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 19:29:18
>>48
ブームってそのあとのマガジンでのまんが版連載あたりからだからね
ただ日テレのそのドラマが導火線だったとは思う

50 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 20:01:28
影丸のマンガは44年だろ?
大体、そんなマンガの人気=世間の人気、ではない

51 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 23:03:52
1000万売れてても世間の人気でない
なにがあっても世間の人気ではないわけね

つまり映画の人気が世間の人気っていう答えがが初めからありきで
あとはなにがあっても全部違うってことでおk?

52 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 23:59:06
あの角川映画で、世間に浸透した金田一探偵

それは動かせない事実
それを否定されても、議論のしようがない

53 :大人になった名無しさん:2008/09/07(日) 02:38:43
51は読解力がないな

41は、映画以降文庫の売り上げが激増している
ってことを述べている
それを
>1000万売れてても世間の人気でない
>なにがあっても世間の人気ではないわけね
と受け取るのは、相当に頭悪い

まあ、例の映画がブームの爆発点であることは間違いない。
全国津々裏々にあの「両足が水面から突き出した」ポスターが貼られ、
「犬神家の一族」という凶々しいタイトルが人々の脳裏に焼きついた。
実際に映画を見たのは数百万人(それも凄い数だが)に過ぎないが、
公開半年にしてテレビドラマで横溝作品が次々登場した。
「横溝」「金田一」、に興味を示した人は、こぞってそれを見た。

全員集合でおなじみになった「金田一コント」も、映画「犬神家」のあとに登場している。
もし、それ以前から横溝ブームだ、というなら「加藤・金田一」なんてのがあったはずだ。


54 :大人になった名無しさん:2008/09/08(月) 15:13:04
>>34
絶対にちょっと違うと思う

近所のオバサンまでが金田一を知ったのは、志村の金田一コント

と私は断言する

55 :大人になった名無しさん:2008/09/08(月) 22:52:58

負け惜しみ wwwww

56 :大人になった名無しさん:2008/09/09(火) 18:50:07
もうさあ負け惜しみとか言い出す人が出はじめたら、こういうのってまともな話には
ならないから、次の話題へ・・・

57 :大人になった名無しさん:2008/09/11(木) 01:13:52
事実が捻じ曲げられる例なんだな、これも


若貴フィーバーは、平成3年3月に突如発生した
しかしこれを、昭和のうちに起きたと記述をチラホラ見かける
「花田兄弟が角界入りした、昭和63年に始まった」・・・

あの突然の相撲人気が起きるまで、「世間」は相撲など関心なかった
若貴フィーバー以前から相撲ファンだったからわかるが、
あのフィーバー以前に、千代の富士がいくら勝とうが小錦がどうなろうが
世間は一切話題にしなかった
それどころか相撲に関心がある者は、ほとんど犯罪者に近い扱いを受けていたもの

あの若貴人気で相撲見出した輩が、「花田兄弟が入門して相撲人気が起きた」
と、事実の捻じ曲げばかりか、自身の記憶まで捏造しているのだ


そうやって、嘘が世間に浸透してゆく・・・

58 :大人になった名無しさん:2008/09/11(木) 12:26:27

ウルフマン・・・

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)