5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆小中学校時代(2)&高校時代のHな思い出◆

1 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 02:12:11
前のスレッド「小中学校時代のHな思い出」のスレッドが終了しましたので
立てました。

2 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 02:14:02
前スレ http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1136698981/

                               からの続き。


翌日、K田君が僕を訪ねてきました。「信じられない。姉貴にも何度も本気か聞いたけど、本気だっていうし。
それで頼みがあるんだが、どうやったら可愛い子にモテるか俺に教えてくれ」というのでした。
僕は高校入学後にK田君のお姉さん、★沙さんがクラスにやってきて、僕に親しげに話しかけ、しかもどう見ても恋人
のような素振りで接したので、クラスメイトに質問責めにされました。彼女は「有名な美形才女」だというのです。
僕ははっきりと「彼女だよ」というとみんあ呆気にとられていました。
その日の帰りから僕と彼女は一緒に帰り、通学も一緒にするようになりました。
セックスはK田君の家族や僕の家族が不在の日を選んで、どちらかの家でしましたが、最早お互いにセックスがしたくて
たまらないというより、一緒にいたいという関係でした。
彼女はWのつく私大に進学し、僕とは二年間離れ離れに暮らしましたが、僕も彼女の進んだ大学のライバル校に
進み、僕の卒業まで双方の両親公認の同棲を続け、卒業後にさらに進学した彼女と僕は四年間の同棲を経て、僕の就職が
決まった今年目だたく結納となりました。結婚は来年です。「兄貴かよ、オマエが」と言っているK田君は自衛隊員になっ
ていますが、R沙によれば「J一はまだ童貞じゃないかな」ということでした。
僕は童貞卒業の相手と結婚することになってしまい、女性経験は一人だけですが、それが惜しいとは思いません。


3 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 02:21:28
>1乙 
>>2
>女性経験は一人だけですが、それが惜しいとは思いません
痛恨の極みなんだろwww

4 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 03:42:06
>>3の言葉に隠された意味は「俺はいまだに童貞だし、披露できるHな思い出は
皆無である上に、ニートだから、>>2が羨ましい」ということだ。

>>1
今まで小中学校時代の思い出に限定されていたが、高校時代まで含まれるように
なったので、俺もいずれ思い出を幾つか披露するよ。

5 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 13:43:46
わたしが生まれたのは漁業の盛んな海辺の町だったせいか、性に対して開放的で、
小学校の高学年になる頃には漁を終えて港でのんびりしているおじさん達に、目
立つようになった胸をからかわれたり、「ちょっと触らせんね、おじさんが触っ
たら、大きくなる」みたいなことを言われたりしましたが、誰でも笑っているよ
うな雰囲気でした。小学校でもブラジャーを着用する子はかなりいて、クラスの
女子19名のうち、多分1/3くらいの生徒はブラジャーをしていましたし、背中から
ラインが透けているも普通でした。中には「見栄ブラ」の子もいましたが、ブラを
つけているのが一種のステイタスみたいになっていました。
中学校は夏服(ブラウスからブラが透け透けなのは当然で、男の子からバストを触
られるのも日常茶飯事でした。女子はお返しに男の子の股間にタッチするようなこ
とも普通で、「あ、勃起してるぅ」というような声があがることもありました。
セックスを経験する生徒も少なくない上に、親にも「うちの娘は勉強はしないのに、
アレをもう覚えてしまって」と笑って話すような人もいましたから、セックスに罪
悪感はなく、夜、学校近くの神社には高校生のカップルが数組たむろして、そのまま
セックスまでしてしまうというようなこともありました。




6 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 13:44:18
そういう町でしたから、わたしも学校の男子にバストを毎日触られていましたし、普
段着もみんなと同じようにバストラインを強調するような服を着て、ブラの透け透け
は当たり前でしたし、時にはノーブラということもありました。
ところが中2の夏休みに父の転勤で県庁所在地のある町へ引っ越すことになりました。
当時のわたしはつきあい始めたばかりの高3の彼氏がいて、セックスはしていません
でしたが、上半身は裸になってバストに色々なことをされていました。彼氏は別れ別れ
になるならセックスしたいと言い出し、わたしは引っ越すまでに10回くらいはセックス
をしました。


7 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 13:44:52
引っ越して、新しく暮らす町を歩いた時に同世代の女子の服装がわたしみたいにバスト
を強調していないし、どちらかというと地味だったので、少し違和感を覚えました。
2学期になり、わたしは前の学校と同じようにブラウスからブラジャーが透ける姿で
登校しましたが、新しく通う中学校にはそういう生徒は殆どいません。みんなブラウス
の下には別の下着をつけてブラが透けないようにしているようでした。初日は白いブラ
にしたのですが、普段はピンクとブルー、黒、黄色というように色のローテーションを
組んでいたので、白をたくさん持っているわけではありません。日が経つにつれて、わ
たしの透けているブラの色は男子の好奇の視線を浴びるようになりました。
また体育のときにわかったのですが、女子はバストが小さい子が多く、わたしは凄く目
立ってしまいました。その上、「●●(前に住んでいた町)にいたのだから、セックス
経験がある」みたいな噂が流れたようです。毎日、男子の「攻撃」を受けていたバスト
に手を出す男子はいないし、女子同士の会話でもセックスの話題は皆無でした。
わたしにはとても居心地が悪く感じられました。
それから女子はスカートの下に全員がブルマを履いていました。前の中学校では生パン
が普通だったので、これにも驚きました。わたしもブルマを履いてみましたが、慣れな
いためか、暑苦しい感じがして、すぐにやめてしまいました。


8 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 13:45:35
その町は学習レベルが高いということで、わたしは塾に通うようにしましたが、そこで
もわたしの服装は浮いていましたが、男子の視線だけは集めました。
衣替えがあったときも、セーラー服の丈を短く詰めているのはわたしだけでした。前の
中学校ではセーラー服の下もブラだけの生徒がほとんどだったのに、それとは全く異な
る様相でした。
こうして初めての中間考査を迎え、わたしは普通に予習・復習をこなしていただけでし
たが、学年で1位の成績でした。これが学年の生徒の目をさらにわたしに集めるきっか
けになりました。「本当は18歳じゃないのか?」といわれたりもしました。
期末考査も1位で、その後の冬休みを控えていた12月中旬にわたしは同じ学年の男子に
交際を申し込まれました。わたしの当時の認識ではデート2、3回目でキス、それから2、3
回目のデートでセックスというものでしたから、冬休みには久しぶりにセックスするのか
な、と思いながら(期待しながら)OKしたのですが、彼は会っても手も握らないし、キス
する気配もありません。3学期の期末考査を終えたときにわたしは思い切って「キスとか
セックスとかしたくないの?」と尋ねたのです。それに彼がひいてしまったようで、別れ
てくれみたいに言われました。わたしは特別好きでたまらない相手ではなかったのでOKし
ましたが、学校では「セックスしたい」とわたしが言ったことになっていて、それがとん
でもないことのように思われていたので、それにわたしは驚きました。
わたしは成績はよいが、だらしない変な女子というように見られるようになり、わたしも
それを受け容れて、夏にはブラウスから派手派手なブラを透けさせたり、露出度満点の
(バストが半分は見えているような)タンクトップとか、襟ぐりの広いTシャツを選んで
買い、それを着て歩くようになりました。近所でも「凄くスタイルがいい」と言ってくれる
人もいたようですが、大半の人はあまりいい目でわたしを見ていなかったようです。


9 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 13:46:26
前の彼とのセックスから1年が経過した中3の夏に、わたしは「里帰り」しました。
2泊3日で生まれた町に遊びに行ったのです。宿泊先は友人の家で、新鮮な魚介類をたくさん
食べさせてくれました。彼女のお母さんは「★ちゃん、都会の男と遊んで益々オッパイが大きく
なったね」と言われましたが、都会の男とは遊んでいないので、それを正直に言うと、「まあ、
もったいない。こんな子がおったら、おばちゃんならすぐにアレするよ」と笑いだし、おじさん
も「今夜はおじちゃんと一緒に寝んね?」と言うような具合でした。友人もそれをゲラゲラ笑っ
ていましたし、「うちの娘はオッパイが全然大きくならんのに、男と遊ぶことだけは上手になっ
た」と親が堂々と言うような家庭でした。
翌日はかつてのクラスメイトと一緒に海で遊び、たっぷり触られてしまいましたが、とても楽し
く、わたしはもう一回転校してここに戻りたいと思いました。
わたしは町の中学校で成績はずっとトップでしたが、自分の居場所ではない感じがしていたのです。
ところが、願いは叶うもので、8月に入ったその日に父の再度の転勤が決まり、わたしは前に通った
中学校に再度転校できることになりました。
残りの中学生としての期間は僅かでしたし、受験勉強も本格化していましたが、わたしは迷わず転校
することを選びました。
戻ると、すぐに二人の旧知の男子(同学年)から交際を申し込まれました。わたしは二人のうち一人
を選ぶことができませんでした。それを友人に相談すると「◆君はチ●ポが小さいからダメよ」という
のです。そういうものなのか、とわたしは思いながらも中1のときに、わたしが高校生からからかわれた
時に殴りかかっていった◆君に惹かれるものがあり、友人の発言をきっかけに◆君と交際することにし
ました。4回目のデートで彼の家でセックスを迎え、彼のペニスは前の彼氏よりは大きく、友人の言った
ことは本当だったのだろうか、と疑問を感じました。久々のセックスはとてもステキでした。
ですが、◆君とは2ヶ月で別れました。理由は日常、バストを触ってくる男子には拒否せずに応じていた
のですが、それを怒って、わたしの胸に手を伸ばした男子に殴りかかることが起き始めたからです。
◆君はわたしに暴力をふるうことはありませんでしたが、血の気が多い人でした。後年、傷害事件を起こ
したのも頷けるのでした(20歳の時に交際中の女性をめぐってのトラブルで中年男性を殴って警察に捕ま
った)。
わたしは受験を控えているとはいうものの、寂しくなりました。
卒業まで一人というのは堪えられないと思いましたが、どうしようもありません。
わたしはそれから半年間、また誰ともセックスできないままになってしまいました。
毎日、誰かにバストを触られていたし、時には後ろから抱きつかれて揉まれるような
こともありましたが、それだけで終わるので、かえってつらいものがありました。
中学生時代はちょっとだけ経験したセックスのせいで、性欲だけは高まったものの、
それを消化できない日が続き、結構つらかったです。

10 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 14:03:43
楽しい思い出で羨ましいです。
私は好きだった男子から中1の10月に、誰もいない教室で押し倒され、
パンツを脱がされて、いろいろされました。消しゴムやスティック糊を入れられたり、
スッとするミントのような香の何かをつけられたりしました。セックスはされませんでしたが、
その夜は悲しくて眠れませんでした。しばらくして自分のあそこが爛れたようになっているのに
気づきました。それ以来、私のあそこは少し臭うようになってしまいました。でもスティック糊
を入れられた感触がよくて、それからオナニーをするようになってしまいました。今日で最後に
しようと思ってもやめられません。
今高1ですが、彼氏ができたら「臭い」といわれるんじゃないかと思い、悩んでいます。

11 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 14:44:02
高1〜高3まで同じ彼女だったけど、3年間にわたって徹底的にセックスを
研究し、実践した。バイブとかも沢山買ったし、アナルまで試した。
卒業後、俺はO市にある市立大学に、彼女はY県にある国立大学に
進んだ。彼女によればY大学は同棲率が高いらしく、彼女も2回生から同棲
したけど、後日会ったときには俺と研究・実践に励み、新たな快感を見つけて
喜んでいたような日々ではなく、惰性でセックスを繰り返していたらしい。
俺も4年間で3人とつきあったけど、以前の彼女とのセックスのような興奮は
得られなかった。
高校3年間で燃え尽きたのではないかと思う。卒業から2年たった今も感動を
覚えることは全く無い。

12 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 15:05:23
中3のときに大人の女性相手に初めてセックスを経験した俺は、
中1で一番可愛かった女子を騙してセックスした。彼女は泣いていたけど、
後で「気持ちよかった」と言われ、俺は悪いことをしたにもかかわらず、
いいことをしたような気分になった。
その女子がそれ以来何度もセックスをせがむので、それに応じていたが、
段々要求がエスカレートし、毎日かつ3回/日という状況になり、逃げ出したく
なったが、「犯された」と警察に届けると脅され、俺は応じていた。
いつまでこんなことが続くのだろうと思っていたが、俺にとっても性欲の処理に
はもってこいだった。
結局半年目に彼女が他の男子(中1)にやらせたことを知り、それをネタにして
「セックスの奴隷」状態から解放された。解放されたらほっとしたものの、毎日
やっていたことができなくなり、性欲が高まって困った。
高校では彼女はできたものの、セックスはできなかったので、俺は大学2年生の
秋まで4年以上にわたってセックスから遠ざかってしまった。


13 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 17:09:49
凄く晩生で、女子とまともに喋れない俺のチンチンをモテモテでいつも彼氏がいた双子の妹が見て笑った。
「小さい!」と。俺はカッとなって妹にとびかかり、押し倒してオッパイを触ったら、凄く柔らかくて、
指が吸い込まれるような感触だった。部屋着の妹はノーブラだった。俺が揉んでいると、「キャー」と
言ったが、本気ではなく、ふざけているようだったので、俺は硬くしこった乳首をコリコリと刺激してみたら、
妹の息遣いがおかしくなり、俺も興奮してTシャツをまくって生乳を揉みまくった。
妹と目が合った瞬間、俺はハッとして妹から離れた。だが妹は「今までで一番気持ちよかった。すごく感じたよ。
お兄ちゃんは上手だわ」と言った。妹が男性とどの程度まで経験があるのかわからなかったので、「誰と比べてる
んだ?」と尋ねた。「今の彼氏と前の彼氏たち」と妹が答えたので「何人だ?」と重ねて尋ねた。
「6人」「全員とやったのか?」「ううん、4人」
俺はショックだった。俺は童貞で、セックスなど先のことだと思っていたのに、双子の妹は高2で既に4人とセックスして
いたし、当時の俺は女性がそんなに気軽にセックスするとは思っていなかった。
だが妹に誉められたことは俺の自信になった。俺は女性に対しても気後れしなくなったし、妹にも時々「揉んでやろうか?」
と冗談を言えるようになった。実際に妹は「お兄ちゃんのタッチが最高」と言って、ほとんどの場合はオッパイを揉ませて
くれた。
その半年後に俺は妹の友人とつきあい始め、男性経験2人という彼女のお陰で童貞とおさらばできた。
でも妹の友人というのはみんなセックスやりまくりだったので、それには驚いた。
大学2年生が終わる頃、俺の女性経験は6人になった。妹に「オマエ、何人とやった?」と訊くと、「まだ7人だよ」と言ったので、
「あと1人で追いつくぞ」というと、「大学に入ってからだよ。通算は12人だよ」と言われ、またショックを受けた。


14 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 17:20:50
やるな!

15 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 18:14:28
小学4年生の夏休みに神社の夏祭りで、クラスメイトの姉(高1)が浴衣
姿だった。浴衣の生地が薄いのか、はっきりと乳首が透けていたので、僕
は驚いたし、ドキドキした。その人は一緒にいる男性(顔を思い出せない
ので年齢は推測すらできない)と人気のない薄暗い森の方に行った。
クラスメイトが「今から姉ちゃんが、いやらしかごとするったい。見に行
かんね」と僕と他の友人数名を誘った。僕は「やめようよ」と言ったが、
「絶対におもしろかけん、行くばい」という友人に連れて行かれた。
森の脇にあるベンチに腰掛けた二人はキスをしていた。物陰から見ていた
僕たちに弟である友人は「今からが見ものたい」と言った。
男性が浴衣の胸元に手を差し入れて乳房を触っているのがわかった。友人
の姉は眉間に皺を寄せていたので、「きついんやなかね?」と俺が小声で
友人に尋ねると、「いや気持ちよかとよ」と友人は言った。やがて男性の
手が浴衣の裾に伸び、股間を触っているのがわかった。「姉ちゃんはパン
ツば履いとらんのばい」と友人が小声で言って、クスクス笑った。僕には
それが何を意味する行為なのか、また彼の姉がなぜパンツを履いていない
のか理解できなかった。
だが僕ははっきり勃起を自覚していたし、女性の裸を見るとそうなること
も既に知っていた。
その日を境に彼の姉を見ると、自然と勃起するようになった。普段はTシ
ャツにジーンズで化粧しているわけでもなく、普通の高校生だったが、浴
衣姿のときは凄く艶かしく、その記憶が僕をなぜか興奮させたのだった。
5年生になるとおぼろげながらセックスについて知るようになり、あのと
き友人の姉はセックスをしていたのだと思った。実はキスとバストや下半
身を触る程度で、それ以上のことはなかったのだが、5年生の僕はセック
スとはそういうものだと思ったのだった。
友人によれば彼の姉は中3の頃から「男といやらしかことば、するように
なった」そうで、僕は中学生くらいになるとセックスをするのだと思い、
僕も2年弱で中学生になるから、セックスをするんだろうと思いこんでいた。
6年生になるとクラスの女子でもバストが目立つ子が数人出てきた。その中
の1人である恵●を僕は好きだったので、彼女とセックスするのは僕だと心
に決めていた。体育の時間に恵●が走ると胸が揺れ、それを見ていると僕は
勃起した。ある日、彼女の揺れる胸を思い出しながらペニスを何気なく弄っ
ていたら、急に背中を熱いものが流れるよな感触があり、ヌルッとした液が
ペニスから出た。これもセックスの一部だなと思った。
中学校に入ると、胸が目立ち始めていたクラスメイト達はセーラー服姿にな
って胸の大きさがわからなくなったが、夏になるとブラウスからブラジャー
をしているのがわかり、僕はそれに興奮を覚えた。そしてブラジャーをする
くらいの女子はセックスをするのだと思った。
恵●も背中からブラジャーが透けていた。僕はどうしても彼女のバストに触
りたかった。


16 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 18:15:03
当時の僕は級長で、副級長は恵●だったので、クラスの掲示物を貼る仕事を
二人で放課後にやっていたが、その時に我慢できなくなり、彼女に後ろから
抱きついてしまった。「キャッ」と声を上げた恵●だったが、僕が彼女のバ
ストを掴むと「ダメよ」と言いながらも、抵抗はしなかったので、僕は彼女
のバストを撫で回してみた。彼女の裸を見たいと思ったが、そこまではでき
ず、スカートの中に手を入れてみようとしたが、これには恵●が抵抗した。
彼女は僕の頬を張った。そして「ごめん、びっくりしたよ、もうこんなこと
しないで」と言った。僕は何もいえなかった。その僕に「でも、これちょっ
と気持ちいいね」と言った。
その日から僕と恵●の間は何か特別な関係であるような雰囲気になった。


17 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 18:15:34
1週間後に恵●から「家庭科室に来て」と言われたので、行ってみた。そこ
には恵●がいて、「あのね、この前したみたいなことをもう一回してみて」
と真っ赤になりながら言うのだった。
僕は同じように彼女に後ろから抱きついてバストを撫で回した。彼女は時折
「うん」とか「あ」と声を出したので、気持ちいいのだと思った僕はブラウ
スの釦をはずして手を差し込んだ。ブラジャーの上からバストを触ってみた。
右手で釦をどんどんはずしながら、左手でバストを撫で続けた。ブラウスの
まえをはだけた彼女を後ろに引き倒した。そして僕が上になり、彼女の生肌
を触った。凄くスベスベして気持ちよかった。なんとかしてブラジャーをは
ずそうとしたが、はずし方がわからず、無理に押し上げようとしたら、彼女
自身が体を起こし、背中に手を回してブラジャーをはずした。そして胸の前
で手を交差させてバストを隠したが、僕が彼女を押し倒すと、すぐに手を開
いて生のバストを見せてくれた。大人の女性と比べると小さい感じがしたけ
ど、ふくらみはしっかりあった。それを僕は撫で続け、堅い乳首の先を指で
軽く弄ってみたら、彼女は急に眉間に皺を寄せて「いやん」と言ったので、
「感じているんだ」と思い、僕は乳首を重点的に弄ってみた。彼女がかつて
の友人の姉と同様に息を荒くしたので、スカートの中に手を入れてみた。
女性器がどうなっているかを全然知らない僕は手探りでショーツの中に手を
差し込んで、彼女の股間を探ったら、「いや、ダメ」と言いながら、時折
「あうっ」と体をびくつかせるので、「あ、気持ちいいんだ」と思い、その
反応を出させるために色々と指を動かした。やがてどこを触ったら反応があ
るかわかり、そこばかり触ると、彼女は「はぁ」と言っていただけだったの
が「あああー」と大きな声を出し、体をブルブル震わせた。「あう、あう」
と僕の指の動きに合わせて彼女が声を上げ、僕にしがみついて体を震わせる
と、急に脱力した。
僕には何が起きたのかわからなかったが、恵●が凄く気持ちよかったのだと
いうことはわかった。
その日から僕と恵●はほぼ毎日のように同じ事を繰り返した。僕は家でオナ
ニーをするだけだったので、これはセックスなのだろうかと疑問を感じ、本
で調べてみると、まだセックスはしていないことを知った。
それで7月の夏休み前に決心して、いつものように放課後の家庭科教室で、
これまで通りに彼女のバストを刺激し、下半身を弄り回して彼女が体を震わ
せるのを確認すると、さっとズボンを脱ぎ、パンツも脱いで、勃起したペニ
スをスカートの中の彼女の股間めがけて押し当てた。しかし、ここで重大な
ことに気づいた。彼女はショーツを履いたままだったのだ。一瞬僕の動きが
止まったので彼女が気づき、上半身を起こした。彼女の目の前には勃起状態
の僕のペニスがあった。「そっか、これを入れるんよね」と彼女は言うと、
腰を浮かしてショーツを脱ぎ捨てて、再び横たわった。僕はスカートをまく
り、彼女の股間をじっと見つめた。「恥ずかしいから、早くして」という
彼女の声に僕はペニスに手を添えて、彼女の股間に押し当て、軽く突いてみ
たが、全然入らない。それでもう一度手を添えてねじ込むように腰をくねら
せてみたら、先が入った。そのままグッと力を入れて押し込むように腰を動
かすと根元まで入り、彼女が「あああん」と大きな声を出した。入れたとい
う満足感と彼女の表情を見ただけで、僕は射精した。
それから僕と恵●は毎日セックスするようになった。二回目からは避妊にも
気をつけた。彼女の親戚の家が薬局だったのが幸いし、彼女がしばしばコン
ドームを盗んできた。ひと月に2箱くらいのペースで使っていた。
誰にもバレず、卒業まで僕と恵●の関係は続いたが、彼女が父親の転勤で静
岡県に引っ越すことになり、高校生になってからは彼女とのセックスは途絶
えた。でも夏休みには彼女が親戚の家に行くという名目で、僕とセックスす
るためにやってきたし、冬休みや春休みもそうだった。高校生のときは長期
の休みに彼女と集中してセックスした。
今、大学1年生で神奈川県に住んでいるので、週末に限らず、彼女とセック
スできるけど、お互い1人の異性しか知らないままでいいのかな、と思う。

18 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 23:04:56
なんで伏字や句読点の使い方がそっくりな“体験談”が連続するんだ?


19 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 23:15:06
色々な人が来てマネしたんだろ、まぁ新スレなんだし硬いことは言うなよ
どうせならアソコを硬くさせてくれw

20 :大人になった名無しさん:2008/05/18(日) 23:47:33
どれもなかなか読ませるじゃないか。
もっとセックスシーンを扇情的に描写してくれよ。

21 :大人になった名無しさん:2008/05/19(月) 18:13:21
童貞野郎のくだらない妄想

22 :大人になった名無しさん:2008/05/19(月) 19:11:08
だいたい成績がどうたら、という描写も似てるし、
エロ小説の練習するなら別の板へ行けよ。

23 :大人になった名無しさん:2008/05/20(火) 00:41:26
オデッセー 死ね

24 :大人になった名無しさん:2008/05/20(火) 05:55:39
まぁなんだかんだ言って勃起してるけどね

25 :大人になった名無しさん:2008/05/20(火) 06:26:33
なかなか期待されている書き手さんに嫉妬

26 :大人になった名無しさん:2008/05/20(火) 09:49:39
中学生の時、サッカー部の部室で毎日、後輩のお尻を犯していました。

27 :大人になった名無しさん:2008/05/20(火) 23:21:22
俺は中学校では全然もてなかったし、勉強もダメ、スポーツもダメ、
公立高校の受験に失敗するわ、滑り止めの私立高校の入試の帰りに
犬のウンコを踏むわで、散々だった。
だけどウンがついたらしく、急に勉強ができるようになった。高校
で習った先生が素晴らしい人ばかりだったからだろう。
高2のときには世界史が大得意になった。俺は本気で有名大学に進
もうという野心を抱き始めていた。
そういう時は何か良いサイクルに入っているらしく、同じ系列の私
立女子高の女の子K美ちゃんと予備校で知り合った。彼女も中学校
時代はどちらかというと落ちこぼれだったのに、高校で勉強に目覚
めた人で、俺と彼女は話が合ったし、帰宅のバスが途中まで一緒だ
ったので、いつしか一緒に帰るようになった。予備校の講習がない
日にも会うようになって、あ、もしかして彼女ができたということ
かな、と思った。でも一度もつきあって、とか好き、みたいなこと
は言っていなかったし、彼女からも言われたことはなかった。
もう季節は冬になろうとしていた。俺はK美ちゃんに告白しようと
思ったが、彼女のことを好きなのかどうか、いまひとつわからなか
った。そうこうしているうちに冬休みが近づき、俺はクリスマスイヴ
には何かプレゼントしないと、と思って、マフラーを買った。そして
終業式の後に彼女と待ち合わせた公園へ行った。彼女もなんと俺にプ
レゼントを用意していた。俺は「実は言わないといけないと思ってい
たんだけど」と切り出したら、彼女が「私も言わないといけないこと
があるんだけど」と言った。お互いに譲り合って、俺が先にマフラー
の包みを差し出して「つきあってください」と言った。すると彼女は
「ごめんね」と言ったので、俺は目の前が真っ暗になった。多分俺の
表情が絶望的になっていたのだろう、彼女は凄く気の毒そうな顔をし
た。そして急に笑い出した。「私から先に言おうと思ったのに、ごめんね」
俺は一瞬何を言っているのか理解できなかったが、すぐに彼女も俺に
告白しようとしていたのだと気づき、体中が火照ってくるのがわかった。
俺は今でもそのような行動をとれたことが不思議なのだが、いきなり彼女
を抱き寄せてしまった。その時に初めて心から彼女を愛おしく思った。
交際が始まったものの、お互いに中学校時代へのリベンジに燃えていたから、
勉強を優先したし、清く正しい交際を守り続け、キスもしないままだったし、
抱き合ったのも告白のときだけだった。
俺は生き生きした日々を過ごすことができた。彼女の裸体を思い浮かべて
オナニーするようなことはあったが、彼女を犯したいとは思わなかった。
受験ではお互いに関西の私立大学を目指し、第一志望の大学(学部も)には
不合格になったものの、第二志望の大学に合格できた。第二志望の大学は
同じ学校だったので、第一志望に落ちたショックはなかった。
春休みになって、お互いに1人暮らしを始める準備で、一緒に大阪に行った。
その日は一泊する。俺と彼女は同じビジネスホテルを予約していたので、俺は
ドキドキした。その日に彼女と結ばれることを願っていた。夕食を終えてホテル
に戻ると、彼女はそっけなく「じゃあおやすみ」と言って自室に入った。
俺はどちらかの部屋で話ながら、自然にムードが高まって、みたいに期待してい
たので、がっかりした。
夜10時過ぎ、当時の番組であるニュースステーションを観るとはなしに観ていたら、
部屋がノックされた。俺はK美ちゃんだ、と急いでドアを開けた。そこには思った
通り彼女が立っていた。俺は彼女を招き入れると抱き締めた。彼女と野初めてのキス、
そして・・・・・・というわけで俺は高校の卒業式後の春休みにHな思い出ができたよ。
彼女とはそれから2年間つきあったけど、最後の半年はほとんど同棲していた。でも
それがよくなかったみたいで、だんだん喧嘩するようになって、別れてしまった。

28 :大人になった名無しさん:2008/05/21(水) 20:57:11
高校時代のHな思い出は・・・犯されそうになったことです。
高1の6月7日19時45分でした。部活(テニス)を終えて自転車で帰宅しようとしていた私は、
海岸沿いの人気のない道路で、いきなり草むらから飛び出してきた男に抱きつかれ、草むらに
ひきずりこまれました。わたしはテニスウェアのままで、そのときスコートの下はショーツだけという
状態でしたから、犯される!という恐怖感で悲鳴をあげたつもりが、声すら出ませんでした。
押し倒された私を押さえ込んで、男はショーツを脱がせにかかりました。しかし私の抵抗で男は脱がせる
ことを諦めたのか、力いっぱい引きちぎったのです。「もうダメだ!」と観念しました。
私は実は処女ではなくて、セックスも中2の時から相当経験していました(経験人数は3人でした)。受け容れる
ふりをして、男の股間を掴んで●●を潰そう!と思ったのですが、男は何もしません。
ふと気づくと私のスコートをまくり、下腹部を露出させた状態を眺めながら、ペニスを勃起させて、しごいていました。
オナニーをしていたのです。私は「えっ!」という感じで、抵抗することを忘れてしまいました。
男はそういう私に気づき、「俺のチンポを舐めてくれんかのう」と言います。フェラチオは中3で経験していましたが、
そんなことに応じる気にはなれませんし、あまりの言い分に驚いていると、男が「ああっ」と声を出し、射精しました。
私は正気に戻り「キャーッ」と悲鳴をあげました。ですが民家はないし、誰も通らないので効果はありませんでした。
男は「ねえちゃん、ごめんな、ねえちゃんのパンツが見えてムラムラしたんじゃ。許してな」と謝り始め、「パンツ破って
ごめんな、でも破れたんじゃけえ、わしにくれるやろ。そのブラジャーもわしにくれんかのう」と胸元から少し見えている
ブラのカップを指差しました。このままだとオッパイを触ってくる、しかも精液まみれの手で、と思った私は思い切り男を
殴りました。「ぐえッ」と声を出した男は、きつい目で私を睨みました。今度こそ犯される、と思った私は地面の石(拳くらいの
大きさ)を拾うと、立ち上がり、男をそれで殴りました。「ぐえっ」と男はまた変な声を出し、切れた頬の血を拭っていたので、
私は道路に走り出ると、自転車を起こし、全速力で走らせて逃げました。
恥ずかしくて事件のことを両親にも誰にも言えませんでした。
翌朝そこを通るとき草むらを見ました。私のショーツはありませんでした。
すごく怖かったのですが、逃げる時にノーパンで短いスコートだけ履いて自転車を走らせたときの感触はちょっと良かったような気が
しました。それで時々夜中にノーパンのままミニスカートで散歩したりしました。今もそのクセが残っています。

29 :大人になった名無しさん:2008/05/21(水) 22:07:17
>>28
それはまだマシですよ。私はもっと酷いHな思い出があります。
私は俗に言う巨乳です。高2の時にはGカップ(90)になりました。
高1で交際していた大学2年生と初めてのセックスを経験し、
事件が起きた高2の夏休みには別の大学生(1年生)とつきあっていました。
もうセックスも何度もしていたし、前の彼よりも優しい人だったので、この恋を大切にしたいと思っていました。
9月になってすぐのことでした。私はピチTで自慢のバストを思い切り目立たせて、彼と腕を組んで歩いていたのです。
私のバストを振り返る人がいて、得意でした。
事件はある餃子店で起きました。彼が座ったのは私たちに因縁をつけてきた人と目が合う位置で、目つきがきつく見える
彼に対してヤクザ風の男が「何、ガンつけとるんじゃ!」と声をかけてきたのです。彼は正義感の強いタイプだったので、
「僕はそんなことしてません」と言い返したのです。「なんじゃ、こら」ともう1人が彼に歩み寄りました。そのとき最初に
声をかけてきた人が私を見てニヤリと笑ったのです。私はいやな予感がしました。
店主が「お客さん、揉め事は外で」と言い、男は「よっしゃ、外いこ」と彼の腕を掴むと店外へ連れ出しました。
もう1人の男が私たちの分まで勘定を済ませたので、私も外に出ざるを得ませんでした。
「こら、なめとんのか!」と男は彼の鳩尾を殴り、彼が「うっ」と声を出して体を折りました。
すると男は彼を路上にとめていた車の後部座席に連れ込み、もう1人の男が「はいはい、ねえちゃんもな」と
私の腕を取って、車に乗るように促しました。
私はそのまま車に乗ってしまいました。


30 :29:2008/05/21(水) 22:08:37
連れて行かれたのは町外れのラブホテルで、前の彼氏と何度も使ったことがありました。
男は彼に「店で恥かかせて、謝らんとはいい根性やな。落とし前つけたる」と言いました。
そして再び鳩尾を殴りました。男はもう1人の男に「おう、押さえとけ」と彼氏を押さえ込む
ようにいい、私に迫ってきました。逃げ場はなく、私はベッドの上に倒されました。
「ねえちゃん、いい体やな」と男は胸を触ってきました。実は私はバストが凄い性感帯です。
何かに少し触れただけでも感じるし、乳首はちょっと撫でられただけで声が出てしまうし、頭の
中が真っ白になってしまうのです。その胸を触られた私は思わず声を出してしまいました。
「おう、兄ちゃん、この姉ちゃんは俺とやりたいみたいやぞ」
私は怖くて動けませんでしたが、男がバストを撫で回し、押しつぶすように揉んでくると、もう駄目でした。
抑えようとしても声が出てしまいます。男が私のTシャツを脱がせにかかり、簡単に脱がされてしまいました。
「Hなブラジャーやな」と男が笑いながらブラのホックをはずし、私は思わず自分でブラを取り去ってしまったのです。
「見てみ、兄ちゃん、ねえちゃんはすっかりやる気やで」と男が言ったので、私は自然にブラを取り去ったことに気づきました。
彼を見ると悲しげな目で私を見ていました。どうしよう?と思う間もなく、私のバストは男に揉まれ始め、私は快感に身をゆだねて
しまったのです。「すごい感度やな。乳首黒いな。相当遊んでるな」とか「ねえちゃん、好きなんやな」と男が言ったことは覚えていますが、
乳首を男が舐め始めたときから記憶が飛んでいます。次に正気になったのは「乳首ビンビンや」と男が笑った時です。
私の乳首は男の唾液で濡れて鈍く光っていました。男はそれを指で弄り始め、それを見ているともうどうにでもして、という気分で、そこから
また快感のために記憶がなくなっています。いつの間にか私は全裸になっていて、クリトリスを指でじらすように刺激されていたのです。
時折気づくのですが、もう何もわからなくなっていました。悔しいけど過去のどのセックスよりも気持ちよく、こんな凄いのがあるんだと気付かされたのです。
次に気づいたのは「入れて、言うてるから入れるで、兄ちゃん、悪いな、でも姉ちゃん、入れて入れて言うたの聞いたやろ」という男の言葉でした。
私はそんなことを言った記憶がないのですが、後で男達が言うには「もう入れて、早く」とか「ああ入れてー」と大声をあげたというのです。男達は彼にも
同意を求め、彼も肯定しましたので本当のようでした。
男がペニスを入れてからも拷問のようでした。それまでつきあった男性二人のセックスはドンドン突いてパワーで私を喜ばせてくれたのですが、
男は緩急自在という感じで、私がもう駄目だと思うと、すっと引き、もっと欲しいという状態になるとジワジワ動いたり、私を翻弄するのでした。
私は何度も何度もいかされました。彼の見ている前で何度もです。
死ぬかと思うほどでした。
終わった後、私は放心状態でしたが彼が「千●子、千●子」と私を何度も呼ぶので、正気に戻りました。そして
後悔が押し寄せてきたのです。抵抗もそれほどせずに、バストを触られて感じてしまった私は途中からは積極的に男とセックスしたのです。
男達が笑っていました。「いい女やな。オッパイも凄いけど、あそこは超一級品や。スケベな彼女がおって、兄ちゃんは幸せやな」
私は恥ずかしくて涙も出ませんでした。
解放された私たちは町まで歩くことになりました。私は彼に「ごめんね」と言いましたが、彼は何も言いません。凄く気まずい時間でした。
町が近づいた時に彼が言いました。「あんなお前を始めてみた」そして「もう俺は駄目だから」と別れを告げられました。
この経験は誰にも話せませんでした。でも本当に悔しいけど、あのセックスが今に至るまで最高に気持ちよかったのです。
私はその後の高校生活で3人目の彼ができ、セックスしましたが、物足りませんでした。彼が終わった後も自分から彼の上に乗ってみたり、
服を着ずに暫くいて、彼がもう一回という気になるのを待ちました。そして何度もセックスしたのです。あのときの快感をもう一度得たかった
からです。でも駄目でした。この彼とはたぶん100回くらいのセックスをしました。
短大に入ってからも次の彼を二年間つきあって、たぶん200回はセックスしたのにあの快感は得られませんでした。
もう一回でいいからあの因縁男にされてみたいと思い続けています。

31 :大人になった名無しさん:2008/05/21(水) 23:07:24
中3の夏休みに廃墟となってチェーンで立ち入り禁止になっている
鉄筋の公団アパート(3階建て)に忍び込み、彼女とセックスして
いたら、近所の幼稚園児4名に見られてしまい、それが双方の親に
伝わってしまった。
父親からは殴られたが、彼女の父親からかばってもらえ、涙が出た。
「娘の父親として恥ずかしいけど、お互い好き合っているんだから
許してあげて」と俺の父親をたしなめてくれた彼女の父親が俺の高
校の恩師になるとはその時は思わなかったが、結果的にそうなり、
彼女以外の女性に惹かれたこともあったけど、彼女と別れづらくな
って今に至っています。別れづらいけどセックスするのは躊躇われ、
年数が経ちました。俺、21歳大学生。

32 :大人になった名無しさん:2008/05/21(水) 23:23:24
小四の時の同級生の女に小四なのに胸が発育している女が一人いた。当時どうしても胸が見たかった俺達は休み時間に羽交い絞めにして服を捲くり上げて胸を見てからかってやった。見た後、俺達はそいつに追い掛け回され蹴飛ばされた

33 :大人になった名無しさん:2008/05/22(木) 11:26:57
おっぱいって柔らかいの?(*´Д`)=зハァハァ

34 :大人になった名無しさん:2008/05/22(木) 21:13:36
>>28
彼氏の前でほかの男とやってしまい、しかも最高によかったとは・・・かなりのスキモノだな。

35 :大人になった名無しさん:2008/05/22(木) 22:51:17
バストがGカップで、しかも性感帯なんて羨ましいです。
わたしは中3の2学期の始業式の日が初体験でしたけど、
胸が小さい上に、全然感じないんです。乳首はちょっと
気持ちいいけど、「あん」と言ってしまうほどではない
し、揉まれても大きくなりませんでした。胸が小さいと
いう理由で2年後の高2のときにふられました。

36 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 00:29:23
俺の高校時代の彼女もバストが凄く感じるらしく、触る度に悲鳴に近い声を上げて、
隣の家にいたネクラな工業高校生(1学年上)に聞かれていたらしく、こいつが俺たちを
覗こうとして警ら中の警察官に見咎められ、職質かけられてゲロしたので、俺と彼女の
やっていたことまでバレて、とんでもない迷惑を被った。

37 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 00:38:07
>>36 で、彼女とはどうなった?

38 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 01:14:02
>>36
>悲鳴に近い声を上げて
工業高校生は正しい、正義の見かただろ

39 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 06:25:52
>>38
>正義の見かただろ
「味方」と書きたいのか?それともシャレのつもりか?


>>36
彼女について詳しく!

40 :36:2008/05/24(土) 17:21:19
彼女は他校の同学年で、バストは当時で88だと本人は言っていました。カップはFだと
いうことでした。
見かけはアイドル風ではなく、大人びた陰のあるタイプで、落ち着きのある性格、声も
低めという女の子でした。身長は160ちょうどくらいでした。
胸を触ると凄く感じるようで、すぐに声が出て、首をふりながら「もうダメー!」とか
「イヤーン」「死ぬぅ〜!」というようなことを言うので、こちらもその反応の激しさ
により激しい刺激を与えてしまい、彼女は更に大声で喘ぐという繰り返しだったのです。
クリトリスを触っても同じような反応なので、最初から最後まで大声を出しているという
騒がしいセックスをしていました。
工業高校生が俺と歩いている彼女をいつもチラチラ見ているのはわかっていましたし、
彼女も「あの人、気持ち悪いね」と言っていたのですが、まさか覗かれるとは思いません
でした。
夏になる前だったのでエアコンをかけてなく、窓を少し開けて風が入るようにしていた
のです。隣とは庭を隔てていましたので、聞こえるとは思いませんでした。
工業高校生は我が家の庭に侵入し、窓の外から覗いていたのですが、それを通りかかった
おばあさんが見つけ、しかも部屋の中から彼女の「死ぬー!」が聞こえたらしく、あわて
て交番に駆け込んだそうです。
俺もよくしっている巡査部長さんが工業高校生に声をかけたそうですが、俺たちは気づかず、
まさにクライマックスを迎えているという時に窓を外から開けられて「大丈夫か?」と声を
かけられたので、繋がったまま凍りついてしまいました。
当然ですが、何をしていたかを説明しないといけないので、俺は巡査部長さんに「生物の勉
強で生殖行為の実践をしていた」と言うと、バカうけしました。
巡査部長さんは工業高校生に「お前、今日見たことを喋ったら、お前がやったことにそれなり
の対応をするからな、絶対喋るな。それからもう覗くな」と言い、そのまま帰らせました。
それに不服そうに見えたのか、俺と彼女には「アイツをどうにかしたら、お前らがやってたこ
とが親に知られるんだから、これでいいだろう。勉強熱心なのもいいが、熱心さのあまりに興
奮して大声を出すなよ」と言いました。
結果的には誰も傷つかなかったのですが、彼女は「アイツ許せない」と工業高校生を恨んでい
ましたし、会うたびに「アイツ、絶対包茎ね」とか「オナニーばかりしてる暗ーいバカよ」と
罵っていました。ある夏の日に「またアイツに訊かせてやろう」と言い、俺の部屋の窓を全開
にしてセックスしたいと提案してきたりもしました。俺はさすがに応じませんでしたけど、女
は怒るとしつこいなと思いました。1年たっても「アイツを何人かで襲って、解剖してやりた
い」とか「肛門にキュウリでも突っ込んで首輪をつけた写真を撮ってばらまいたら面白そう」
みたいに怖いことを言っていました。1年たった時には工業高校生は滋賀県の自動車工場に就
職していたので、もういなかったのに。


41 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 19:52:04
俺の場合は偶然にも覗いてしまったというHな経験がある。
中1の夏休みに公園の敷地内にある芝生が腰の高さくらいの植え込みに囲まれた一角の横を
通りかかったときに蚊取り線香の臭いをかいだ。時間帯は20時過ぎで塾の帰りだった。
俺は何だろう?と思い、近づいた。俺の足音がしたはずなのに、そこにいた女性は気づかず
目を瞑って、顎をガクガクさせていた。よく見るとその女性は50mくらいはなれた家に住む
教育大生だった。何をしていたか?彼女はジーンズのファスナーを下げ、手を股間にはわせ
ていた。これは女性のオナニーだ!と直感した俺は目が離せなくなった。やがて息が荒くなり、
左手でポロシャツの胸元を激しく撫で回すというか揉んでいた。抑え目ながら「ぁぁぁぁ」と
声を上げながら、女性は持たれていた樹木の幹を背にして体をそらした。
俺は気づかれないように脚を忍ばせてその場を離れた。
その日から毎日20時前後に「観察」に出かけた。彼女が現れたのはその1週間後だった。俺はあ
らかじめ下見をして観察場所に決めていた場所に腰を下ろして彼女の行為を見ていた。
彼女は蚊取り線香を用意すると、その日はジーンズの中に手を入れる前に黒いTシャツをめくった。
俺は「あっ」と声が出そうになり口を押さえた。下着をつけていなかったのだ。今思い出すと、彼
女のバストはそれほど豊かではなかったが、中1の俺には刺激的だった。彼女は自分でバストを揉み
はじめ、陶然とした表情になった。すぐにジーンズのファスナーを降ろし、手を股間にはわせた。
このとき俺は初めてパンツも穿いていないんじゃないだろうか?と思った。そう思うと俺もたまら
なくなり、ジーンズのファスナーを下ろすと勃起しているペニスをとりだして、彼女のオナニーを
見ながら俺もオナニーした。彼女が「あ」と声を上げて体をそらしたときに、俺は発射した。だが
彼女は終わっていなかった。それからもまだバストを撫で回しながら、時折乳首を指先でコリコリ
とさせるように弄っては声を上げていたし、股間を触ってもいた。暫くすると彼女は「あうっ」と
大きな声を上げ、その場に倒れこんだ。肩で息をしているのがわかった。俺はまた勃起していたが、
そのときはオナニーを繰り返すことなく、彼女の様子を見ていた。
その翌日も彼女はやってきた。俺は19時30分くらいから待機していたのだが、彼女はその10分後に
やってきて、これまで通りの手順でバストを弄り始めた。が、やがて何かシャンプーのような容器
から液体を手にとったようで、それをバストに塗り始めた。街灯の光がバストに反射していた。た
ぶんオイルみたいなものだったのだろう。その後は同じように彼女のオナニーショーだった。
俺は夏休みには雨が降らない限りは観察場所にでかけた。彼女はその後7回やってきた。
2学期が始まっても俺は観察を続けたが、9月になってからは彼女は1回しかやってこなかった。
10月は1度もこなかったので、俺は観察を打ち切った。
母が冬休みに合計7日間だけ家庭教師に来てもらうと言い出した。俺は成績はよかったが、母は
超のつく私立進学校に俺を入れたかったのだ。
もう想像がつくと思うが、やってきたのは彼女だ。家にやってきた彼女を見た瞬間に俺は勃起した。
別にブラジャーが透けていたわけでもないし、バストが目立ったわけでもないが、彼女のオナニー
を思い出すと、しっかり勃起した。
年末年始を挟んで7回ほど数学と英語を習った。1日4時間という猛特訓だった。
最後の日に俺は「質問がある」と切り出した。正確に月日と時間を言い、そのときどこで何をして
いたか覚えているかを尋ねた。彼女は顔を真っ赤にした。「そんなの覚えていない」という彼女に
「蚊に刺されませんでしたか?」と俺は次の矢を放った。彼女は「もしかして見てた?」と俺の顔
を覗き込んだ。俺は「何をですか?」ととぼけた。「黙っててくれるでしょう?」と言う彼女に意
地の悪い俺は「条件は?」と訊いてみた。「じゃあ、オッパイ触らせてあげるわ」と彼女が言った
ので俺は「ラッキー!」と言ってしまった。今から考えると実に浅薄だし、もっと攻めて条件をよ
くすることができたのに、中1にとって「オッパイ」はあまりに魅力的過ぎた。
彼女のブラジャーをはずさせてもらい、両手でオッパイをギュッと握ったら「はい、おしまい」と
言われてしまった。


42 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 23:17:30
>>41が次にオッパイをニギニギしたのはいつだ?

43 :大人になった名無しさん:2008/05/24(土) 23:49:15
>>41
オナニーしていた女性は教育大生だったということだが、教員になったのか?

44 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:15:19
中1でブラをする子はたくさんいたし、背中から透けて見えるラインに勃起するくらい俺たちは
まだうぶだったけど、クラスに1人だけノーブラで透け乳首の子がいた。胸はぺっちゃんこだっ
たので、いまひとつ興奮しなかった。むしろ背中からラインが透けていたり、たまに光の具合で
カップが透けているブラの子に興奮していた。
その子とは中2,3でも同じクラスで、彼女はずっとノーブラだったし、ぺっちゃんこだった。


45 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:16:19
だけど一度だけ日曜日に彼女とデパートで会ったときに白いポロシャツから乳首が透けていたのに
凄く興奮してしまった。中3のときだった。
この子は今でいえば多部未華子にそっくりだった。
高校も一緒になり、相変わらずノーブラかと期待したら、高校ではブラをしていた。
俺は急激に彼女に関心を抱くようになった。彼女はおとなしく、静かな女性だったが、
思い込むと一直線だった。高校入試でも彼女の学力に比べややレベルが高い高校に入
りたい一念で猛勉強して、入試を突破したし、小学生時代にはピアノに熱中していたという話も聞いた。
同じ中学校からその高校に進んだのは8人だったので、自然と彼女とよく話すようにもなった。


46 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:17:29
俺は夏休みが始まる前に彼女に「つきあって欲しい」と告白しようと心に決めた。
どうするかだったが、俺は帰り道にストレート勝負をかけることにした。
その日、帰り道に一緒になった俺と彼女にもう1人の女子。駅からは俺の家が一番近く、
俺はとりあえず家に帰った。そしてすぐに迂回路を走り、彼女の家に向かった。
彼女の家が一番遠いので、彼女1人が帰ってくるはずだった。予定通り彼女が見えた。
俺は彼女に歩み寄った。彼女は驚き、怪訝そうな表情になった。白いブラウスの肩のあたりに
ブラのラインが見えて、俺は不覚にもドキドキしてしまった。普段は緊張しないのに。
俺は思い切って「話があるんだけど」と切り出した。「暑いからうちに入って」と彼女に言われ、
俺はちょっと戸惑った。歩きながらさりげなく言うつもりだったのだ。家にあがりこんで話す展開
までは考えていなかった。


47 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:18:04
彼女の家には誰もいなかった。それが俺を一層落ち着かない気分にさせ
た。彼女は「ちょっと待ってて」というと俺をリビングに残して消えた。
水の音がしてシャワーを使っているだろうと思った俺は、更に落ち着か
なくなった。今、脱衣場にいけば彼女の裸体を見ることができると思う
とそわそわして、帰ろうかと思ったら、彼女が「ごめんね」と言って現
れた。彼女は白無地のTシャツにショートパンツ姿だった。ブラをしてい
ない。乳首がかなりくっきり見えた。俺は鞄で股間を隠すはめになった。


48 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:19:18
彼女はカルピスを用意してくれた。「なに?話って。まさかつきあってとかじゃないよね」と
彼女は楽しそうに笑った。「どうして?」と俺は尋ねた。彼女は「だってD本君はK島さんとつ
きあってるでしょ」と言った。K島さんとは当時のクラスで俺が比較的よく話す女子だった。K島
さんはほがらかでいつも笑顔なので人気があった。体型もかなりグラマラスだった。というよりは
ぽっちゃり型という方が正確か。つまるところ彼女とは正反対のタイプだったのだ。
俺はK島さんに誘われて土曜日の午後にCDを一緒に買いに行ったことがある。音楽の趣味が似通って
いたので、話をしていたら、彼女が今日の午後一緒に行こうというように誘ってきたのだった。
だが彼女はあくまでも「友達」だった。


49 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:20:00
俺は否定した。「K島とはつきあってないよ」と。「デートしてなかったっけ?」
と彼女は俺に尋ねたが、「一度CD買いに行っただけ。それだけ」という俺の説明
に「へえ」としか言わなかった。納得したのかしていないのかわからない反応だ
った。「で、話は?」と俺は促されて、益々言いにくくなった。だが言わなけれ
ばならない。だが「いや、最初に言ってたようなことなんだけど」と情けない言
い方になってしまった。彼女は首を少しかしげていた。「だから、僕とつきあっ
てくれないかなと思ったんだけど」と何とか言った俺に「ええ、嘘でしょう。だ
って中学校時代からずっと一緒にいたのに、全然そういう感じじゃなかったじゃ
ない」と彼女は唖然とした表情になった。俺はまさか高校に入ってから彼女のブ
ラが透けて見えたので気になり始めたという本当の話はできないから、「ずっと
近くにいたからわからなかったんだけど、実はずっと好きだったと思う」と嘘を
ついた。でも彼女は「正直に言うと、すごく嬉しい。けど私はどうしたらいいの
かわからない。だって私もD本君がずっと近くにいたから、そういう目で見てい
なかったもの」と言った。ダメなのか・・・。俺は「今日からそういう目で見て
みるのはどう?」と言ってみると、彼女は「そうね、私たちも15歳だし、男女交
際してもいいかも」と笑顔になった。俺はほっとした。だが次の彼女の言葉に俺
は耳を疑った。「じゃあキスしないといけないよね」と表情が真剣になったのだ。


50 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:21:47
俺は反応のしようがない。だが「そうだな」と言った。言ってみたが他人が喋っているような感じだった。
「どうすればいいの?」と俺に彼女は近づき、ソファの隣に座った。俺は「目を瞑って」と彼女に言い、
彼女が「こうね」と目を瞑ったのを確かめてから、キスをした。舌を入れるようなことはしなかった。
「やわらかいね」唇を離した俺に彼女は目を開けて言った。「じゃあ次はセックスなの?ペッティングして
からなのかな。私何も知らないし、どうしよう」と彼女は呟いた。俺はこの流れはそのままセックスできる
のではないかと感じたが、さすがに彼女の浮世離れした反応につけこむようなことはできなかった。目の前
に透けて見えている乳首があるにもかかわらず、俺は紳士的に振舞ってしまった。
翌日から彼女は朝の登校で俺の横に来て手をつなぐようになった。俺はそういうことをする気は全然なかっ
たのだが、彼女の観念というのはカップルはそうするものだというものらしかった。朝手をつないで登校し
た俺にK島さんの視線が冷たかった。高校で親しくなったS川が「おい、どうしたんだよ?」と俺を廊下に引
っ張り出した。
俺は手短につきあうようになったことと、キスの件等々を説明したら、S川は「おい、すげえチャンスじゃ
ないか。T村(彼女のこと)はカップルはアレするもんだと思いこんでいるんだろ。それを利用しないテは
ないぞ」と1人ではしゃいでいた。


51 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:24:10
だが俺は迷っていた。彼女のそういう観念を利用したものかどうかと。S川はそれを察したのか、
「そんなんじゃ損するぞ。向こうもその気なんだから何も悪いことないぞ。俺ならすぐにやる!」
と俺をけしかけた。
その日授業が終わり、彼女に手をとられるような格好で俺は帰宅の途についた。彼女の家まで行くと、
彼女が「今日はペッティングまでにしてね」といきなり言った。俺は彼女の人のよさを利用すること
はできないと思った。彼女のことが本当に愛おしくなった。俺は着替えてTシャツ姿(つまりノーブラ)
の彼女を抱き締めた。「そんなことはまだ先でいい。本当にM美(彼女のこと。T村M美)が僕を好きにな
って、自分からそうしたいと思ったらでいいんだ」と言うと彼女は泣き始めた。「あのね、昨日からあまり
眠れなかったの。初めて男の人に好きみたいに言われ、キスして、いよいよその先に進むのかと思うと、
ドキドキして。キスのことを思い出してずっとドキドキしてたの」と涙声で俺に言う彼女を更に強く抱きしめ、
唇を重ねた。今度は舌を入れてからませてみた。彼女も俺の唇に対して積極的に応じた。唇を離した俺は自然な
感じで彼女の胸に触れた。Tシャツの上からだったが、ブラをしていないので肌を触っているような気がした。
ふくらみは僅かだったが、乳首が硬くなっているのに俺は我を忘れそうになった。彼女も俺の指の動きに「はん」
と小さな声を上げ、眉間に皺を寄せて目を閉じた。だが俺はこれ以上はいけないと思い、彼女から離れようとした。
すると彼女が「続けて」と小さな声で言った。俺はその声に本当に我を忘れた。彼女をソファに押し倒し、Tシャツ
をまくって胸を撫で回した。というのは揉めるだけのふくらみがなかったのだ。乳首が硬くなっているのを指先で
転がしてみると彼女が「はんはん」と息遣いを荒くしたので、感じているんだと思い、口に含んでみた。下でぺろ
ぺろと舐めてみると「はああん」と彼女の声が大きくなった。
その日は胸だけを触り続け、キスすることを繰り返した。


52 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:25:14
翌日はいよいよセックスするのだろうかと俺もドキドキしたが、彼女への愛おしさが胸に満ちて幸せだった。
翌日、彼女は俺をじっとみつめた。彼女の視線は感じ方によってはきついものがあるし、見つめられていると
吸い込まれそうな瞳だった。俺は欲望を見抜かれている気がして、恥ずかしかった。「D本君のこと、ずっと信
じているから、今日・・・」と彼女が言ったので、俺は抱き締めて彼女を脱がせた。その日はリビングのソファ
ではなく、彼女の部屋に布団を敷いてだった。なかなか入らずに焦った。十分にヌルヌルしていたので、これで
いいんだと思い、ペニスに手を添えて挿入を試みること数回、ようやく先っぽが入ったが、彼女が痛がり、一度
抜いた。それからもう一回試みて、彼女が痛がったが、ここでは俺の欲望がそれに打ち勝って、やや強引に挿入した。
その瞬間、俺は「うわっ」と声をあげそうになった。グーンと吸い込まれたような感じで、ペニスの周りに何かがまとわりついて締めてくるようだった。俺は腰を動かしてみた。彼女は指で触った
ときは凄くいい感じの声を出していたのに、俺が動くと「うがっ」とか「ぐぅっ」と変なうなり声
をあげた。必死で痛みに堪えているようだった。初めてというのに俺は持続してしまい、かなり腰
を動かしてから射精に至った。彼女の中にどっと精液を注ぎこんだ。「妊娠したらどうしよう?」
と一瞬醒めた気分になったが、初めてのセックスを終えた感動の方が大きかった。
彼女は「したね」と呟いた。出血していたが、彼女は布団に別の布を敷いていたので汚さずに済んだ。
それからはしばしば彼女の家でセックスした。コンドームを買うのは恥ずかしかったが、スーパーで
堂々と一緒に買うことが多かった。制服姿のままということもあった。レジでは冷ややかな視線を浴び
たけど、レジのおばさんからは何も言われなかった。一度だけ「▲高校の生徒は勉強も進んでいるけど、
ほかのことも進んでいるんやね」とニヤつかれたことはあった。
彼女は俺にとって重かった。一途過ぎるくらい一途だった。3年間俺と彼女は続き、誰にもセックスして
いることは知られずに済んだ。S川にも黙っていた。
だが大学進学のときにお互い我慢してセックスしなくなったら、だんだんセックスはどうでもよくなった。
そして進学先が離れていたので、そのままフェードアウト・・・したつもりだったが、彼女はそうではなか
った。彼女はセックスをセーブしている時も俺としたかったらしいし、俺の進学先に土曜日になると泊まりに
来るようになった。夏休みは俺のアパートか彼女のアパートで過ごそうと言い出した。
四六時中俺と一緒にいたがるようになり、後期には俺のアパートに入り浸りだった。俺は大学に通うように、
そのためには帰るように言ったが、彼女は聞かなかった。
彼女は留年した。とうとう双方の親にばれた。このあたりのことは大学入学後だからスレ違いになるので、
省略するが、俺は彼女とは結婚していない。彼女は他の男性と24歳で結婚し、今は3人の子持ちになっている。

53 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 01:34:52
中学校時代・・・死ぬほどオナニーした。

高校時代・・・・1年生で先輩女子生徒とセックスを経験してから依存症
        気味になり、3年間で一晩だけのつきあいの女性を含め
        23人と関係した。

そのせいで大学に入ってから純愛路線を歩んでしまって、一時は童貞君だ
と思われていた。

54 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 02:14:52
俺も高1でセックスを覚えたけど、やってないと不安になっていた。
これも依存症なんだろうな。年齢が離れた女性としては12歳上の28歳のOLと
高2のときにやった。下は高3で17歳のときに13歳の中1とやった。
3年の間に一番やったのは女子大生で11人だった。中学生は2人だ。高校生が5人で、
OLとかその他が3人だった。だから21人だ。
大学に入ってからの方が落ち着いたというか、大人しくなり、4年間で3人という少なさだ。
俺の友達には17歳で49歳の主婦とやったヤツがいて、こいつも依存症で、3年間で14人とやったと
言っていた。コイツは主婦に強く、過半数が主婦相手だったらしい。

55 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 09:30:15
>>54
折角なので内容を一人でいいから教えておくれ
…できたら年下キボンヌ

56 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 23:16:54
私は高1の5月に人目があるのにヌードを披露したことがあります。
自慢っぽくなりますが、私はその時バスト87、ウエストは59、ヒップは87で、
背も高く、自分ではグラビアアイドル級だと思っていました。
すでに処女ではありませんでした。初めての経験は中2で、その時点での経験人数は3人でした。
当時も高校で彼氏ができていて、キスと服の上からのバストタッチまでは進んでいましたが、
その人は真面目で、童貞らしく、すぐにセックスしようという感じではありませんでした。
その日も彼氏と会うつもりでした。帰宅後に2階にある自室で着替えようとしていた時のことでした。
道路を挟んだ向かいに家を建てていたのですが、2階の骨組みができて、そこに若い大工さん(の見習いだと思う)がいたのです。
私の部屋は丸見えでした。
それまでもその人は学校や外出から帰ってくる私をじっと見ていました。普段着は自慢のボディラインがわかるような服ばかりでしたから、
男性の視線を集めていましたから、それを何とも思わなかったのですが、
セーラー服姿の私にもかなり熱い視線を送ってくるのがわかっていたのです。
その人が私をガラス越しに見つめているのです。
私はいたずらをする気になりました。カーテンを閉めずにセーラー服を脱ぎ、スカートもとって、ブラとショーツだけの姿になりました。
その日は可愛いペパーミントグリーンの下着でしたし、彼もそれを喜ぶだろうと思っていたのですが、いたずらとして、私は大工さんに
ブラをはずしてあげることにしました。その人はじっと私を見ていました。私はブラをはずしました。
表情がどうなったかはわかりませんが、まだじっと見ています。私はバストを軽く撫で、ちょっと揉んでみせました。
そしてリブ編みのピチピチのニットをノーブラで着ました。次にノーパンになろうとかとも思いましたが、それは恥ずかしくて思い切れませんでした。
ソックスを脱いでジーンズを穿き、1階におりました。これから外出ですが、大工さんはどういう目で私を見るだろうと思うとわくわくしました。
私は玄関を出て道路に出ました。向かいの家の2階を見上げると、大工さんが私を見ました。
目が合ったので「こんにちは」と明るく声をかけました。
その後どうなったかはわかりません。彼の家ではセックスまでは進みませんでしたが、ノーブラの私に彼は大興奮でした。
次の日も大工さんにサービスしました。その時はもっとバストをいやらしい感じで揉んでみて、ツンツンになった乳首を
指で弾いてみせたりもしました。
それだけですが、私の中では結構Hな思い出です。


57 :大人になった名無しさん:2008/05/25(日) 23:34:52
>>56
もっとHな経験をいっぱいしていそうですね。どんどん披露して下さい。

58 :大人になった名無しさん:2008/05/27(火) 23:20:16
中2の11月に転校してきた女の子に一目ぼれ。凄く可愛かった。
クラスの男子だけでなく、学校中の男子にとってアイドルになったと言っても
過言ではないくらいだった。スポーツ万能で成績もよく、性格も朗らかで非の打ち所がない女の子だった。

中3になった4月、その女の子が掲示物を剥がすために、ジャンプしたら、セーラー服がめくれてお腹が見えた。
その時にそれを見ていたのは多分オレだけ。ドキッとした。
セーラー服の下には何も着ていないんだと思うと、もう1回お腹が見たくてたまらなかった。
5月のちょうど今ごろに夏服になったときに、背中からブラが見えたので、もっとドキドキした。
ある日、光のあたり具合で胸からカップが透けて見えたときは、ドキドキではすまず、オレの体に現れた変化に
気づかれないかとヒヤヒヤした。
他の女の子の背中からブラが透けて見えても何とも思わなかったのに、好きな女の子のときは緊張するものだと知った。

高校はお父さんの転勤でまた遠くの県にある学校に進んだので、それっきりになったけど、もう一回、彼女にジャンプしてもらって
セーラー服がめくれてお腹が見えるのを目撃したかったし、ブラが透けて見えるのを楽しみたかった。
夏に撮った写真の中に偶然彼女の体操服姿のものがあって、それもうっすらブラが透けているし、バストラインが綺麗に出ているので、
10年たった今でも宝物にしている。

59 :大人になった名無しさん:2008/05/27(火) 23:57:42
修学旅行で女子の部屋ではおっぱい揉みっこがあったらしい。
何人かで1人を捕まえて、脱がせておっぱいを揉んだらしい。
多くの女子は「いやぁん」とか「あん感じる」と言ったそうだが、演技だったという。
だが久美子だけ本気で喘いだと参加していた優子からきかされた。
久美子の乳首は1センチくらいまで立つ、色は黒いと聞かされて俺は勃起してしまった。
久美子は巨乳だったし、スタイルが凄くよかったからだ。その久美子が裸でおっぱいを揉まれ、
乳首が立ちまくっているのを想像するだけで、オナニーする気になった。
後日、彼女の乳首が立っても1センチなかったことを目の当たりにする機会が訪れるとは中3当時は
思ってもいなかった。色は黒かったけどね。

60 :大人になった名無しさん:2008/05/28(水) 20:06:19
いいなあ、みんなませているなあ。
俺なんか高校の柔道部時代に、人数の都合で女子部員(軽量級の普通の子)
と寝技の稽古して、ちょっと興奮したくらいだよ。
彼女の汗のにおい、激しい息遣い、汗のしみた白い柔道着の下穿きに
透ける白いパンティ。どさくさに紛れてケツや、大事なところを触って
いた。ごめんね。

61 :大人になった名無しさん:2008/05/28(水) 23:50:21
>>59
その「目の当たりに」したときのことを詳述されたし!

62 :大人になった名無しさん:2008/05/29(木) 23:53:56
私は中2で転校してきたM美さんに嫉妬していました。
彼女は色白で背が高く、おまけにバストが凄く大きい上に形がきれいで、
腰は細く、ヒップは丸く膨らみ、脚は長くて細いという絵に描いたような
スタイルの人でした。
その彼女はブラも派手なものを着けていて、体育の前の着替えの時など、セーラー服を
脱いだ彼女の大きいけれどツンとしたバストがカラフルで鮮やかなブラに包まれているのを
見ると、同性なのに気持ちがざわめきました。
夏服になるとブラウスもタイトで、うっすらと透けているブラのカップが、彼女が歩く度に
プルンプルンと揺れていました。男子の視線は彼女に釘付けでした。
私はブラが透けてしまうのに抵抗があり、ブラウスの下にTシャツを着ていたし、冬服の時も
下はブラだけみたいにするのは不潔でHな感じがして、嫌悪感を抱いていましたが、M美さんを
見ていると健康的なセクシーさで、自分もしてみたいけどできない悔しさを感じていたのです。
彼女は綺麗だし、成績もよく、スポーツも万能でしたから、それまで地味ながら成績だけは誰にも
負けない私としては一層嫉妬心を抱きました。
中3になった時に私は遂に決心して変身することにしたのです。セーラー服の丈を短く詰め、下は
ブラしかつけないようにしました。大きさではM美さんに敵わないので、セクシーなブラを買い集め
ました。黒や紺、赤、紫といったセクシー系でカップもごく小さなものにしたのです。
髪型も変え、校則違反でしたが、少し染めました(染めたとはわからいくらいでしたけれど)。
クラスの視線が私に集まるようになりました。セーラー服の下にはブラだけしかつけていない子が
多い中、真面目に下着をつけている地味な私がセーラー服の丈を短くし、お腹が時々見えるような
姿になった上に髪型も変わっていたのに驚いた友達もたくさんいました。
体育の着替えではもっと驚かれました。私のようなセクシー系のブラをしている子は誰もいません
でした。M美さんは屈託なく、「わあ、かわいい」と私のブラを見て言いました。
彼女も黒系のブラをつけるようになり、クラスでそれが流行りました。
私は自分が流行らせたことにとても満足しました。
夏服になると男子の視線が私の胸元に集まるのがわかり、凄く快感を覚えました。
私はM美さんは処女なのだろうか?もしそうなら、私が先に男性経験をしてしまえば、
彼女に勝てる!と思いました。
いろいろな情報ではM美さんは男性と交際した経験はなく、見た目の華やかさに比べると
地味な性格で、派手な交友関係などはないようでした。
私はチャンスだと思いました。ですがそういうことをしたいと自分から言うわけにはい
きません。男子をその気にさせることしかないのですが、私はその術がわかりませんでした。
ですが私には好きな男子がいました。その人になら何をされてもいいと思っていたので、
私は土曜日の午後に話したいことがあるからと、彼T博君を誘いました。
待ち合わせ場所に私は黒ブラがバッチリ透けて見えるピチTを着て行きました。
「話したいことって何?」とぶっきらぼうにT博君は私に言いました。私は心臓がバクバクする
のを感じながら「ずっと好きだったの」と言い、「ああ心臓が凄いドキドキしている、ほら」と
彼の手をとって私の胸に導きました。彼の右手が私の左のバスとを触る形になったのです。
でも彼は「おまえ、何考えてるんだよ、乳でも揉まれたいのか?だったら揉んでやるよ」と
乱暴に私の胸を触ってきました。昼日中、人目のある広場の隅のベンチでの出来事でしたが、私
は罠にかかったと思い、そのまま彼の手の動きに身をゆだねました。でも思っていたより感じないし、
ここでセックスまでできるんだろうか?と迷いました。T博君の目はギラついていて、もうその気およう
でした。「脱げよ」と言われ、私はTシャツを脱ぎ、ブラをはずそうとしました。
そこに他のクラスの女子数名が通りかかり、「えーっ!」と私たちを指差して、大声を出しました。
それで私は慌ててTシャツを着ました。T博君は「コイツが自分から乳揉ませようとしたんだよ。オレは
騙されたんだって!」と叫びました。
週明けの月曜日から私は完全に色情狂扱いでした。しかも「オレにも触らせろ」「オレが乳を揉んでやる」
と頼んでもいないのに、昼休みに数人の男子に胸を揉まれるようになってしまいました。
卒業まで私のバストは男子のオモチャにされてしまいました。

63 :大人になった名無しさん:2008/05/30(金) 06:21:30
なげーよ

64 :大人になった名無しさん:2008/05/30(金) 20:48:10
セーラー服姿のまま野外セックスして、人に見られてしまったことがあります。
高校2年生のときで、学校に通報されましたが、私であるとは特定されませんでした。
でも野外でのセックスはスリルがあって、やめられませんでした。

65 :大人になった名無しさん:2008/05/31(土) 08:44:34
俺が大学生の時のことです。俺は某地方国立大学の農学部に入学しました。
2年生になったとき、俺は巨乳ハンターの異名をとっていました。理由は1年生のときに
つきあった近くの短大に通う彼女がDカップ、合コンで意気投合してそのままホテルに行った
地元の信用金庫の女性がFカップ、そして高3のときの彼女がGカップだったからです。
みんな巨乳でした。高校のときの彼女は処女で、高3の夏に初めてセックスをしたのですが、
童貞だった俺は彼女の巨乳に凄く興奮しました。だから大学に入って彼女と離れ離れになると、
すぐに巨乳の女性を求め、結果的に5月には新しい彼女ができたのです。その彼女はかなりベテランでしたが、
俺は巨乳であることだけを追い求めていたので満足していました。しかし11月に彼女の部屋に行くと、別の
男と鉢合わせしてしまい、彼女の三股が発覚し、破局しました。その直後に信金の女性との合コンがあり、最初から
俺は巨乳だけを狙っていたので、顔はブスでも巨乳の女性に集中攻撃し、それでホテルに連れ込むことができたのです。
2年生になった俺は友達2人と街で遊んでいて、女子高生と思われる3人組をナンパすることに成功しました。
その中に巨乳の女の子がいたので、俺は久々にセックスしたいなあ、と思い、あとの4人とうまく別れて、彼女を自分
の部屋に連れ込むことに成功しました。「へぇ大学生の部屋ってこんなふうなんだ」と彼女は感心していました。俺はすかさず
後ろから抱き締め、バストの感触を試しました。その感触はこれまでの3人よりもずっと張りがある感じで、指を弾き返しそうな
錯覚を受けました。「いや、ダメ」という彼女でしたが、抵抗はありません。俺は彼女の着ていたニットをまくり、ブラをはずしに
かかりました。彼女のブラはニットの上からは黒に見えた(少し透けていた)のですが、濃紺でした。ホックはフロントにあり、俺は
それをすんなりはずし、こぼれそうになるバストを両手で抱えるように掴みました。Eカップは間違いない!と俺は思いました。
ゆっくり揉みながら、彼女をベッドに導き、俺が彼女を後ろから抱えるような形でベッドに座りました。彼女のバストを揉みながら
勃っている乳首に爪を立てると、それまで吐息だけだった反応が急に「あああー」という喘ぎになり、俺は乳首を指先で転がしながら、
揉む速度を速めました。彼女は「ダメ、いや」と言いながら「うん、もっと」とか「ああ、もう・・・」と声を出し、明らかに歓んで
いました。仰向けに寝かせるとたっぷりバストを吸い、乳首を舌で転がしました。彼女の首が左右に揺れ、荒い息に喘ぎ声が混じり、
体が桜色になっていました。俺は彼女のミニスカートの中に手を伸ばし、ショーツを抜き取りにかかりました。
「ダメ、そこは・・・」という言葉とは裏腹に彼女は腰を浮かせます。俺は「好きなんだろ」と言いながら自分もジーンズを脱ぎました。
彼女も自分で全裸になり、俺は思い切り中心部を責めました。彼女は大きな声を上げながら、自分でバストを揉んでいます。今までの女性
でそういう反応をした人はいませんでしたから、俺は興奮しました。
彼女に入れると、その感触もこれまでの女性に比べ、ずっとまとわりつくような感じで、俺もこんな気持ちいいのは初めてだと思い、腰
の動きがついつい早くなってしまい、わりと早く射精してしまいました。
そのまま2回目をしましたが、今度はもっとゆっくりと余裕をもって彼女を何度もいかせることができました。
終わってからシャワーを浴びた彼女に「高校生なのに遊んでいるだね」というと、「そんなに経験はありません」というので、「何人?」と
尋ねてみると「3人めです」という答が返ってきました。意外でした。もっと経験していそうだったのです。
「どこの高校?」「・・・・」「言いたくないの?」「いえ、そんなことないですけど」「教えてよ。また会いたいし」この時点で俺は彼女の
肉体目当てでしたし、彼女も凄く感じていたようなので、これからもセックスできるだろうと思っていました。
「●●中学校」「えっ!」彼女は中学生だったのです。それもまだ2年生。どう見ても普段着の彼女は高校3年生くらいに見えたし、肉体は
大人そのものでした。まだ2年生なのに3人目の男性・・・俺は混乱しました。
               ■■■つづく■■■


66 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 00:17:40
                 ■■■つづき■■■
彼女によれば、初めてセックスを経験したのは中1の冬休みだったそうです。それ以来、何度もセックスを
して、セックスしないといてもたってもいられないようになってしまったというのです。
セックス依存症です。それを俺は指摘しました。俺は軽い気持ちで「相当好きなんだよ」と笑いました。
「中学生のくせにHなんだなぁ」と言い、彼女のバストをつつきながら「これから何人とやりまくるんだろ
うね」と笑いました。彼女も軽い調子で応じると思っていたのですが、待っていたのは号泣でした。俺は慌
てました。「ごめん、悪気があって言ったわけじゃないんだ」と言い訳したら、彼女は「いいんです。私、
たしかにセックスが好きだし、中毒だと思います。だけどそうなりたくてなったんじゃないんです」と泣き
じゃくるので、俺は彼女の身の上話を聞くことになってしまいました。
彼女によれば最初の相手は従兄だそうです。小6の冬休み、それもちょうど正月に親戚同士で集まる機会が
あって、そのときに犯されたというのです。悲しくて誰にもいえなかったし、自分のバストが人並み以上に
発育していて、それが従兄をその気にさせてしまったと思うと、自分の肉体を呪ったそうです。従兄からは
それ以降何度もセックスを強要されたそうです。その中で悔しいけど気持ちよくなってしまい、それを従兄
に悟られて、それを指摘され笑われて、自殺したくなったこともあったそうです。中1の夏休みまでは従兄
から毎日のようにセックスの相手をさせられ、快感の深さを知るにつれ、イヤと思う自分とされたいと思う
自分が同居していることに堪えられなくて、悩んだというのです。
さらに彼女を悲劇が襲ったそうです。夏休みに部活動の先輩で卒業した人を学校に招いて受験勉強のことを
質問する会があり、彼女は放送部だったので、そのスタッフをしていたのですが、そのときに某高校の1年
生だった男子生徒から帰り道が一緒だったので、連れ立って帰っている途中に有名ミュージシャンの生写真
を見せるという餌につられて彼の家に寄ってしまい、そこでも犯されたというのです。さすがに彼女は警察
に行くと泣き喚いたそうですが、処女じゃなかったのがバレた上、「おまえがオッパイぶりぶり揺らしてい
るんだから、オトコに何されても文句言えねーよ」と言い放たれ「処女じゃないことをばらされたくなかっ
たら、これからもやらせろ」と迫られたそうです。彼女はこれ以降は従兄とこの先輩に日々セックスの相手
をさせられ、時には1日に2人としなければならないこともあったというのです。する前はイヤだけど、や
り始めると気持ちよさに我を忘れるのが悔しいと泣きました。「本能がコントロールできない。イヤだとい
うのは頭の中だけで、本当はやりたいんだと思うと、私は動物みたいだ」とつぶやきました。
俺は聞いていて悲しくなりましたが、俺も彼女の肉体目当てのナンパをしたのですから、エラそうなことは
いえませんでした。
彼女は「初めて人に打ち明けたらすっきりした」とにっこりしました。
俺は残りの2人の女の子についても「彼女たちもセックスしてるの?」と聞いてみました。「たぶんしてい
いと思う。わたしくらいかもしれない」と彼女は寂しそうでした。
気になったのはその時も彼女がセックスの奴隷なのかどうかでした。彼女によれば、従兄には「他の男にや
られた」と言うとセックスを途中でやめて「おまえ、汚ねー」と言い、それ以来彼女に触れなくなったどそ
うです。この反応を逆に利用しようと思った彼女は、もう1人の加害者に「実は従兄ともやっている」と告
げたそうです。その先輩の反応も彼女の期待通りで「汚ねえ女だな」と彼女から離れたそうです。中2にな
ってすぐのことだったそうです。
でも彼女のブラはかなりセクシー系でした。中学生がつけるものとは思えません。俺はそれを伝えてみたの
です。「ブラジャーはかなりHっぽいけど、従兄か先輩がそういうのをつけろと言ったの?」と。すると彼女
は恥ずかしそうに「胸が大きいので、サイズ的に合うのが外国製のもので、白とかあまりないの」というこ
とでした(当時はそうでした)。
               ■■■つづく■■■

67 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 00:18:17
                 ■■■つづき■■■
俺は彼女がかわいそうになりましたが「どうしてナンパされてこんなことしたの?」と当事者であることを
忘れたような質問をしてしまいました。彼女はまた悲しそうな顔になりました。「時々、無性にしたくなる
んです。実はオナニーもしています(頬が赤くなった)。今日はしたくて我慢できないような気がして、ナ
ンパされたとき、優しそうな人だな、と思ったから、もうしちゃおうと思って・・・」と再び泣き出しまし
た。「私、不潔ですよね」と。
俺は悪いことをしたという罪悪感と、彼女を救いたい、彼女を明るく笑わせたいという思いで胸がいっぱい
でした。
「ごめんね。俺ははっきり言って体目当てだったんだ。オッパイ大きかったし。でも今は違う。もうセック
スとかはいい。キミを笑わせたいし、男性とつきあうのは楽しいし、ステキなことだと知らせたいんだよ」
とカッコイイことを言ってしまいました。彼女は泣きながら俺の胸に顔をうずめて「優しくされたのは初め
てだから、涙が止まらない」とむせびました。
そして初めてお互いに名乗ったのです。「俺はK藤K太っていうんだ。■大学の2年生で農学部だよ」
「私はF島S穂子です。さっきも言いましたが●●中学校に行っています。2年生です」と言い合って二人は
笑い転げました。「先にHしたのに、おかしいね」と彼女が笑い、「K藤さん、私、K藤さんのこと好き」と
言い、俺は慌てましたが、彼女を心から笑わせたいという思いもあり、中2には見えない大人びた雰囲気も
あって「今日からつきあって下さい、お願いします!」と応えました。彼女はそれにびっくりしたようです
が、「大学生なのに中学生とつきあうの?」と言いながら、「私、本当に嬉しいです」と俺の手をとりまし
た。そして「K藤さん、キス」とキスを求めてきました。俺は「いや、もうそういうことはやめよう。健全
で清く正しい男女交際にしよう」と言いました。彼女は「私、やっぱり淫乱なのかな・・・前に言われたん
ですよ。でもすぐにキスしてなんて、おかしいですよね」と悲しそうな顔になってしまったのです。俺はま
た慌てました。「ごめん。そういうのは淫乱とかじゃないよ。わかったキスしよう。よし今日はナンパした
悪い男に、それに応じた軽い女。今日だけ。明日からは清く正しい交際だ」と言い、彼女を抱き締め、キス
をしました。そしてそのまま三度セックスをしてしまいました。前二回は欲望にかられてだったり、テクニ
ックを弄して快感だけを追い求めたものでしたが、三度目は彼女に優しく、そして愛情を伝えようという努
力に徹したものになりました。彼女は吹っ切れたように大きな喘ぎ声をあげて、俺が射精するときに彼女も
達したようです。しばらく俺たちはベッドで抱き合っていました。
夕方になったので俺は彼女に帰宅を促しました。途中まで送っていった俺は彼女に「学校の勉強を俺がみて
やろうか」と言い、翌々日から家庭教師役として彼女に会うようになりました。俺の部屋に出入りするのを
誰かに見咎められないとも限らないので、俺が彼女の家に行くことにし、知り合ったきっかけは彼女の所属
する放送部に取材を受けたことにしました。彼女のご両親は絵に描いたような好人物で、父親は地場企業の
管理職、母親は週3回だけ友人の衣料品店を手伝っていました。無料というのはいくらなんでも悪いから、
夕食を食べていくように言われ、俺は週2から3回の家庭教師を夕食だけで引き受けました。そのほかの日
もよく外で会いました。彼女は一人っ子でした。母親は「いいお兄さんができたわね」と言い、父親は「本
人は恋人のつもりかもしれんぞ。K藤君、気をつけろよ」と笑っていました。
彼女の心配事は彼女を犯した二人がそれをばらさないかということでしたが、そうすれば彼らのやったこと
も明るみになるのですから、それはないよ、と安心させていました。ですが俺もそれが心配でした。
しかし問題は起きず、彼女は元々勉強がよくできたせいか、俺が教える数学と英語の吸収も早く、学力はど
んどん向上しました。中3になっても俺と彼女の間は清く正しい関係で、彼女の両親はもはや彼女が俺を好
きだということに気づいており、また俺が彼女を大事に思っていることも理解しているようでした。
彼女は地域トップ校の高校入試を楽々という感じで突破しました。

68 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 01:18:15
                 ■■■つづき■■■
こうして俺は大学4年生に、彼女は高校1年生になりました。彼女は益々大人っぽくなりました。
もう1年以上はセックスをしていません。彼女と知り合って以来、俺は合コンにも行かなくなり、
真面目に勉強し、彼女の家庭教師をこなしていました。不思議に巨乳ハンターとしての欲望には
火がつきませんでした。友達からも不思議がられました。まさか中学生とつきあっていて、彼女
はやっと高校生になったとはいえませんでした。
高1になった彼女に僕は引き続き数学と英語を教えていました。彼女がある日「中学校の卒業記
念にキスくらいしてもよかったのに」と言い、俺は高校生ならいいか、と思い、英語を教えてい
る途中でキスをかわしました。「入学祝もしていいかもね」と彼女は悪戯っぽく笑いました。彼
女も憑き物が落ちたように性的欲望がなくなったといっていましたが、この日の彼女の目つきは
セクシーでした。俺は危ないな、と思いましたが、若い健康的な肉体の二人ですから、その気に
なってしまうともうダメでした。彼女はしばしば俺のアパートを訪れるようになり、俺と彼女は
セックスを繰り返しました。


69 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 01:19:11
                 ■■■つづき■■■
でも彼女はもうそれに溺れるようなことはありませんでした。ただ俺はこのままのようなことを
続けてはいけないと思い、彼女に「この部屋にくるのはやめておけ」と言いました。誰が見てい
るかもわからないのですから、彼女が傷つくような噂が流れないようにするには、来させてはい
けないのです。彼女は悲しそうに涙をこぼし、「愛しているのに」と言ってくれました。だけど
聡明な彼女は俺の言うことを理解してくれました。夏休みを前にして、また俺はセックスができ
なくなりましたが、それは大した問題ではありませんでした。
しかし、ついつい彼女の家でおかしな雰囲気になってキスの後に彼女のバストに触れてみたり、
彼女も俺にしなだれかかってきたりするようなことがありました。
この2年間、夏休みには彼女のために帰省する期間を短くしていましたので、卒業前に一度はゆ
っくり帰省しようと思っていた俺は、思い切って彼女を誘ってみました。彼女は「行く、行く」
と嬉しそうでしたが、問題は双方の両親でした。
俺は彼女の両親に正直に言うことにしました。と言っても知り合ったきっかけとか、それ以前の
彼女に起きた事件は伏せなければなりません。単に彼女を真剣に好きになった。夏休みに帰省す
るときに自分の両親に紹介したい。交際を許して欲しい。この3点でした。俺は彼女にそれを告
げて、その日の勉強を終えた後に彼女の両親に話しました。母親は涙を浮かべて「まあ、でもK藤
さん、まだお若いのに、もう決めちゃっていいの」と言い、父親は「慌てるなよ、まだ結婚とか
そんな話じゃないよ」と苦笑しながらも「まさか娘が16の時にこんなシーンがやってくるとはなぁ」
と言い、「K藤君は本気で娘を大事に思ってくれているんだから大丈夫だろう」と俺の肩をたたき、
「まだ先かもしれないけれど、そのときまで気持ちが続いたら、娘を頼むよ」と言って下さったの
です。彼女も「ありがとう」と両親に感謝していました。その次のときでした。彼女に数学を教え
て夕食を頂いた後に、父親から「ちょっとK藤君と二人だけで話したいんだが」と声をかけられま
した。「家の中では何だから、出よう」と車に乗るように促されました。車を車庫から出すまでも
なく、俺を助手席に座らせると「5月ごろかな、キミのアパートに娘が行っただろう」と俺に話し
かけました。俺は顔色が変わるのが自分でもわかりました。ですが逃げようがありません。「はい」
と俺は短く答えました。「若いんだし、まだ娘が16歳とはいっても、いやあのときは15歳か、それ
でも男女のことを俺はとやかく言う気はないんだ。黙っていたのはキミを信頼していたからだし、
キミという人物を見込んでのことでもあるんだ」俺はじっと聞いているほかありません。「言い難
いことなんだが、父親としてこういう話をするのは凄くつらいし、俺は・・・」とハンドルを握り
しめました。俺はてっきり殴られると覚悟を決めました。「娘は男に無理に・・・そういうことが
あった。わかってくれ、これ以上の言葉を父親として口にできないんだ。誰かも知っているし、そ
いつを殺したいくらい憎い。だが・・・」「知っています」と俺は冷静に言えた。父親は驚きの表
情を浮かべました。「身内の方だったと聞いています。S穂子さんは全て話してくれました。最初に会っ
たときに彼女はそれを僕に話したんです。僕はつらくて悲しい顔ばかりしているS穂子さんを笑わせ
たいと思いました。だんだん彼女も僕に心を開いてくれました」父親は「すまん。俺の胸にしまって
おくつもりだったんだが、キミに申し訳ないと思うのと、キミなら受け止めてくれるというように俺
が甘えてしまって」と俺に頭を下げた。「そんな・・・過去は過去です。今、僕は彼女が好きで、将
来を真剣に考えています。若いから気が変わるかもしれないと思っていらっしゃるかもしれませんが、
僕はもう気が変わることはないと思います。S穂子さんがもし僕をいやになれば、それは仕方がないで
すが」父親は俺に何度も頭を下げ、こうして俺と父親は秘密を共有する間柄になった。もちろん彼女
に父親が事件を知っているとはいえない。父親によれば従兄の両親が異変に気づいていて、ある日、
従兄を問い詰め、彼女との関係が発覚したらしい。最初は彼女から誘われたと言っていた従兄に彼女の
父親が会い、それに耐えられずに従兄は本当のことを白状したという。兄の息子に娘を傷つけられた父
親は暫く悩んだが、彼女が僕を慕い、懸命に受験勉強に励んでいるのを見ると、一生胸にしまっておこ
うと心に決めていたのだそうです。


70 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 01:19:40
                 ■■■つづき■■■
俺の両親は彼女を快く迎えてくれましたが、さすがに息子の将来の嫁さんだとは思わなかったようでした。
彼女が僕のアパートに来ることはありませんでしたが、何となく彼女の父親にOKをもらった俺は彼女とセッ
クスしたいと思っていました。10月に父親の帰りが遅く、母親は同窓会で留守という日があり、その日に彼
女の家で俺と彼女は久々に思い切りセックスしました。
彼女は高校でも成績優秀でした。数学と英語は俺の日々の特訓があってバッチリでした。俺は卒業研究
が忙しくても彼女の「教育」の手を抜かなかったし、そのまま院に進むことになったので、最低でも彼
女の高校卒業までは一緒にいられそうでした。その頃の彼女は俺と同じ大学に進むという目標を立てて
いました。ただ彼女の成績なら医学部OKだったし、彼女も理系だったので、彼女が医学部に進んだ場合、
結婚は遠い先になりそうでした。
時々セックスしながらも、それに流されないようにして、彼女の高校3年間は過ぎ、俺の博士課程前期
課程も終わろうとしていました。彼女は俺と同じ農学部を選択し、俺は後期課程に進むことになりました。
18歳の彼女は堂々と俺の部屋に出入りし、俺の両親ともそれまでに何度も会いました。
もはや俺と彼女の間には何も障害はありませんでした。俺は博士課程2年目に彼女に正式にプロポーズしま
した。博士課程3年目、大学3回生の彼女と俺は結婚しました。その年から某高校の生物を教える講師の仕事
を始めたので収入が入るようになったからというのが理由のひとつですが、それはスズメの涙です。実は彼女が俺
の両親に結婚したいと言い出し、俺の両親が「じゃあ、そうしなさい」と返事をしたからでした。
俺はそれから正式にプロポーズしました。だから暫くは双方の両親から援助を受けなければならなりませんでした。
俺はできるだけ自分で稼ごうと思い、塾の講師もやったが、研究時間がなくなるので、結局は双方の両
親に甘えてしまいました。
今、結婚2年目。まだ稼ぎが悪いので、双方の両親に迷惑かけ続けですが、彼女とは幸せに過ごしてい
ます。きっかけはナンパ、そして知った彼女の悲惨な経験、どちらも二人にとっては問題ではなくなりました。この先に何
が起きても二人で乗り越えられそうな気がします。


71 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 19:22:22
彼女の中学校時代のHな思い出だね。
だけどHな思い出というより、ちょっと悲惨な思い出だけど・・・

72 :大人になった名無しさん:2008/06/01(日) 23:43:13
いい話だった。

73 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 00:17:35
高校1年生のときに神社に行ったら、そこで中学時代の同級生が巫女のアルバイトをしているのに遭遇、その衣装からブラジャー透け透けで、
俺は大興奮だったけど、巫女の衣装って透け透けなのだと当時は信じていた。

74 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 02:22:18
修学旅行で男女でトランプをしていたら、隣の部屋に先生が見回りに来た。
つぎはうちらの部屋に来るってんで、とっさに何人かの女子は布団に潜った。

予定どおり先生は現れて、点呼を取りはじめた。
そしたらそんな時に女子は布団の中でふざけて俺の股間をいじりはじめた。
声も出せないし振りほどけないしきつかったが、ギンギンで逝きかけた

75 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 03:30:34
おお、同じような経験をしたぞ!というか俺の経験のさわりの部分が同じような内容だ。
中学校のときの修学旅行は当然男女別室での宿泊だったが、俺たちは思春期真っ只中で、男女で一緒に寝てみたい
という願望があった。でも地味な男子・女子はパートナーができない。俺は幸いに即席カップルということで、H実
と一緒に行動していたので、夜も彼女のいる部屋に行き、一緒の布団に入った。たしか女子6名の部屋だった。男子
は4人来ていた。俺はH実と一緒にいるだけで嬉しかったが、彼女はもっと「大人」だった。俺の股間を触ってきた
のだ。俺の股間はすぐに堅くなった。彼女はクスクス笑って、小さな声で「これを私のあそこに入れるんやろ。大き
くて入らんかも。あれが初めてのときは痛かちね。でも大きかのが気持ちよからしいけん、カズのは気持ちよかごと
あるね。」俺は顔が熱くなっていたが、幸いに暗闇の中だった。そのとき部屋のどこからか「あん」と声が聞こえた。


76 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 03:31:08
俺はとっさにH実の顔を見たが、暗くて見えない。H実も俺の顔を見たようだった。すぐに「だめちゃ。もう好かん」
という声が聞こえた。Y子の声だった。ということはK一がY子に何かしたのだ。そう思うと俺も何かしなければいけ
ないような気がした。しかし何かをH実にすれば嫌われそうだった。するとH実がまた小さな声で「オッパイは男が
揉むと大きくなるんよ。」と言ったので、俺はギクリとした。「わたし、オッパイ小さかけん、男にいっぱい揉まれ
て大きくせんといかんとよ。」というH実に俺は躊躇すべきではないと判断し、彼女の胸に手を伸ばした。体操服の
上から触った彼女の胸はとても柔らかく、「小さかけん」というものの、意外にふくらんでいた。俺の下半身はギン
ギンだった。しかもこの頃の俺は女性は寝る時もブラをしていると思っていたので、体操服の下に何もつけていない
H実は俺に触られたいから、ブラをしていないのだと判断して、体操服の下に手を突っ込んで、生のオッパイを触った。
「あ」と彼女が声を上げたので、俺は凍りついたが、「気持ちよかよ」と彼女から囁かれ、すごく嬉しくなって、オッ
パイを撫で回していた。乳首がキューンと突き出ているのを感じ、俺は見えない彼女の裸を想像しながら、ああこのま
まセックスできたらいいのにと夢想した。そのとき「ああん、もう」とY子の声が聞こえた。俺はH実のオッパイを触り
ながら「Y子はしよるとやなかね」とH実に聞いてみた。H実は「わたしもしてみたか」と言ったので、俺はよしやろうと
思ったが、すぐにH実は「でもしたらいけんやろ。わたしもカズが気持ちよかごとしてやるけん、今日はせんとこう(し
ないでおこう)」と言った。そして俺の短パンの中に手を入れて堅くなったペニスを握り「熱かね。ドクドクしようごと
ある」と言った。俺は握られただけで発射しそうだった。H実がペニスをゆっくりしごき始めた。「このくらいでよかと?」


77 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 03:31:42
俺は返事が出来なかった。するとH実が「カズ、わたしも気持ちよかごとなりたか」と言い、ペニスをしごくのをやめると、
俺の手をとって彼女の下半身に導いた。そのときY子とは別の女子が「ううん、ダメちゃ」と言った。H実が「R枝ばい。しよ
るとやろうか?」と言ったが、俺が彼女のショーツの中に手を侵入させて割れ目をなぞったので、すぐに「あああ」と大きな
声を出した。俺は一気に指を沈めようとしたが、「痛か、もっと湿らんとダメばい」と言われ、冷静になって、再び彼女の
股間を指でゆっくり弄り始めた。俺はうつ伏せになり、左手であらためてオッパイを揉み始めた。「ああ、ああ、ああ」と
H実は大きな声を出したが、もう関係ないと思い、周囲を気にせずに彼女の体を弄り回し、その度にH実は声をあげ、一度は
大きく体を反らせた。「あ、感じている!」と思ったときだった。うつ伏せで俺のペニスは布団にこすりつけられていた刺激
もあったのか、ドバーと精液を放出してしまった。俺は動きをとめてしまったので、H実が「どげんしたと、あ、出したんね」
と大きな声で言ったので、誰か女子がクスクス笑い、俺は手探りでティッシュを探したが見つからず、仕方なく灯をつけた。
俺は下半身を人目にさらし、Y子は「キャッすっごーい」と目を覆うポーズをしながら、しっかり俺のペニスを見ていたし、R
枝も「大きかねえ」とまじまじと俺のペニスを見ていた。それぞれの相手をしていた男子も「おまえ、いいなあ、触ってもら
ったんやろ」と言った。


78 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 03:32:21
このときわかったが、Y子とK一のカップルはK一がY子のオッパイを吸うところまではしたのだそうだ。R枝はS二郎からオッパ
イを触られたが、服の上からだったという。ということは俺たちが一番きわどいことをしていたみたいだった。
もう一組のカップル、S和美とE吾はE吾が眠り込んでおり、何も無かった。S和美は「私だけ損した」と怒っていた。
女子部屋の布団が精液で汚れているのはまずいと思ったので、慌てて隣の俺の部屋の布団と入れ替えた。H実はそれを手伝って
くれながら、「修学旅行が終わったら、させてやるけん」と囁き、俺は飛び上がるほど嬉しかった。
俺は修学旅行から帰った翌日が休みだったので、その日にH実とすることを決意し、H実にそれを言うと、「よかばい」という
返事だったので、明日の帰宅したら夜はオナニーはしないんだと堅く心に決めた。
いよいよ当日、俺はH実の家に行った。彼女は「初めてやけん、ムードが大事ち思うて、Hか下着を買ったんよ。」と言った。
そして来ていた長袖のTシャツを脱ぐと、H実は真っ赤なブラをしていた。ジーンズを脱ぐと真っ赤なショーツで、紐パンなので、
俺は「俺に脱がさせて」と言い、彼女を全裸にした。修学旅行の夜は暗くて見えなかった彼女の裸を見て、俺はもう辛抱できな
かった。震える手で服を脱ぎ、旅行の夜のような手順で彼女の体を触り、彼女が「男は女のココ(と股間を指差す)を舐めるら
しかよ。」というので舐めてみたら、彼女の反応が凄くよかったので、俺はベロベロ舐めたら、彼女が笑い出し、「犬のごとあ
るね」と言ったので俺も笑った。挿入前に射精するのではないかと心配したが、それはなく、俺は指をそえて慎重に的を定めて
ペニスを彼女の股間にあてがった。ズルズルという感じでペニスが入り、周りの肉が収縮して締め付けるようだったので、
俺は驚いた。彼女は「痛くなかけん、早くして。」と言った。俺が腰を動かすと彼女の眉間に皺が寄り、「はぁんはぁん」と彼
女の吐息が荒くなった。何回動いたかはわからないが、かなり持続できたと思う。ドバーッと射精した瞬間、「あ、妊娠せんと
やろうか」と言ってしまった。彼女は「子供ができたら産むばい。」というので俺は恐ろしくなった。
「気持ちよかね、痛くなかばい。気持ちよか、またしたいけん、今度はゴムのあればこうてこんね。」と俺は言われ、彼女が妊娠
を望んでいないのがわかり、ほっとした。


79 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 03:32:56
それからの俺は盛りがついた♂だった。毎日のようにセックスしたくてたまらなかった。コンドームを買って、使うと、勿体無い
ので洗って再利用したこともある。
だが8月のお盆の最中に誰もいないはずの彼女の家でセックスに耽っていたら、彼女の母親が突然帰宅して、バレてしまし、叱ら
れたが、「お父さんに言えばカズ君は殺されるばい。だからおばちゃんは黙っとくけん、もう二人ともやめとかんね。」と言われ、
母親の胸にしまっておいてくれることになった。
だが盛りのついた俺たちがそう簡単にセックスをやめることなどできなかった。友達の家を借りるわけにはいかず、俺の家に誰も
いないときは俺の家で、その他の時は学校の中でやっていた。
卒業式の日に別の高校に行く俺たちは忍び込んだ美術室でセックスをした。「高校に行ってもするばい。」と俺は言ったが、H実の
答は意外なもので「もう卒業やし、やめとかんね。」というものだった。
俺はショックだった。
高校入学後は全然会ってくれず、夏休みになって、R枝から「カンパしてくれんね、H実が妊娠したけん、
堕ろすったい。」という電話を受けたときは「俺の子か?」と一瞬思ったが、R枝の「X工業の男とつきあいよったら、すぐにアレして、
すぐに妊娠たい。まだカズの子やったら、頭がよかと思うけど、X工業やけんアホの子にしかならん。そうやけん堕ろすったい」と
変な説明を受けて妙に安心した。だが俺がセックスの快感を教えてしまったから、H実はそういう方向に走ったような気がして、俺は
責任を感じ、当時の俺にとっては大金の1万円をカンパした。H実から電話があり「ごめんね。あんたのことばふったのに、こげなこと
してもろうてから。今度お礼にさせてやるけん。」と言われたが、さすがに会う気にはなれなかった。H実からも連絡はなかった。
その後、H実は高2でまた妊娠した(X商業高校の生徒が相手)。R枝がまたカンパを頼んできたが、俺は断った。このときもH実は堕ろ
したらしい。
今年の同窓会で久しぶりに顔を合わせたが、30歳にして4人の子供の母親になっているという。R枝が俺に耳打ちした。「本当は7人や
ったのに。」ということは・・・俺はR枝に聞いた。「まだ堕ろした子供が・・・」「あれ、知らんやった?そうかカズにはカンパ頼まん
やったけんね。高3のときにZ大学付属高校の、それも1年生とばい。」
つくずくH実はスキモノだったということらしい。しかも妊娠しやすい体質だという。初回の発射分が命中しなくてよかった。洗って再利用
してまでコンドームを使って2回目以降はパーフェクトに避妊しておいてよかったと心底思った。

80 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 11:18:45
高校生のときに進んでオッパイ披露したことがあります。
夏休みに入って、きれいに日焼けしたかったので、真夏の正午頃に誰もいないのを
見計らって公園でビキニ姿になり、ブラをはずしてオッパイ丸出しの状態で、サンオイルを
塗って、1時間以上はベンチに寝ていました。たぶん何人かには見られたと思いますが、
誰に見られたかはわかりませんでしたので、ちょっと不満が残りました。
何日かやっていると、近所の人にかなり見られたのがわかりました。
お陰でブラの跡がないきれいな日焼けに成功しました。

81 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 13:10:55
>させてやるけん

これってH実さんの口癖???

82 :その1:2008/06/02(月) 15:24:01
俺の高校3年間を通じての恋人は、ほしのあきそっくりだった。
ほしのあきは165cmということらしい。俺の彼女、美来は高1のときにそのくらいの身長だった。
ほしのあきそっくりというのは童顔で細身の巨乳だったということなんだ。
俺は同じクラスになった彼女が、背が高くほっそりした童顔の女の子だと感じたものの、
俺の好みではなかったので、実は全く関心がなかった。俺はきりりとしたきつめの目をした女性が好みだった。
当時でいえば女優の中島ゆたかみたいなちょっと悪女っぽい大人の雰囲気の女性に憧れていた。
だから美来のことは眼中になかった。彼女は明るく世話好きで人気があったし、勉強もよくできた。
体育の時間に女子と一緒にグランドに出たとき、彼女の胸がただものではないことに男子全員が気づき、俺の周りは
「おい、H(美来の姓)、ブルンブルン揺れてるぞ、すげぇなぁ」と言っていたが、俺は巨乳(当時そういう言葉は
なかった)にもそれほど関心がなかったので、特に反応しなかったと思う。
5月下旬の中間考査が終わった日に、俺は美来から手招きされた。それまで親しく喋ったこともなかったので、何事かわからず、
俺は彼女に歩み寄った。すると周囲に素早く目を走らせた彼女はさっと俺にメモを渡した。その場で見るのはまずそうな気がして、
何気なく歩いて廊下に出てから見た。「今日の放課後に■(地名)の●(店名)に来て下さい。どうしてもお話したいことがあります」
と書かれていた。一瞬俺ラブレターかなと思ったが、俺と親しく話したわけでもないし、彼女から俺に親しく話しかけてきたこともない。
すると彼女と仲のよいE美が、俺を・・・・と思った。というのはE美は細身のきりりとした顔立ちで、俺は好きというわけではなかったが、
ついついE美とよく話していたのだった。
俺は指定された●に出向いた。そこには美来が待っていた。
「ごめんね。試験の後なのに。あのね」と彼女は何か言いそうになり、「うん、その前に何か飲もうよ、わたし奢るから」と店員さんに合図した。
俺は自分の好みで紅茶を頼んだ。美来はそれを聞いて「あっ」という表情になり「私も」と同じものを頼んだ。
俺はかなり紅茶好きだった。だから●にあるような「紅茶」とだけ書かれたメニューでは美味しいものが飲めないと思っていたが、
日頃の好みで頼んだのだった。
紅茶が運ばれてくるまで俺は話すことは無いし、彼女も黙っていた。変な緊張感を漂わせている彼女に俺はいらいらした。
彼女の童顔も俺をいらつかせるのだった。
紅茶が運ばれてきた。ひとくち飲むと彼女は「ふぅ」と息を吐き、「わたし、T田君(俺)とつきあいたい!」と大きな声で言った
ので、俺は思わず周囲を見回してしまった。彼女は立て続けに言った。「高校の入学式で会った瞬間にこの人だって思った。運命だって。
同じクラスになったときに死ぬほど嬉しかったし、傍でT田君を見ていて、思った通りの人だったので、本当に運命なんだって思った。」
そして俺が答える間もなく「ね、いいでしょ!」と同意を求めてきた。
俺は断りにくくなった。彼女の上気した満面の笑みを見ていると、仕方ないなと思い「いいよ」とOKしてしまった。
だが紅茶を飲み終わってからはどうすればいいのだろう?そう思ったが、彼女との話は尽きなかった。話しているうちに
性格的にも俺と凄く相性がいいことがわかり、俺は驚いた。俺にとっても運命かもしれないと思った。俺は正直に最初は
断ろうと思ったこと、だけど美来の笑顔を見ていると断れなかったこと、でも話しているうちにこんな出会いがあるのか
と驚いたこと、今このとき美来を本気で好きになってしまったことを話した。
美来は笑っていた。その日の内にお互いのことは語りつくすくらい語り合った。


83 :その2:2008/06/02(月) 15:24:37
翌日から二人並んでの登校。俺の周りは「おまえ、どうやって落としたんだ?全然関心ないみたいだったのに。H島なんか、
喋っていて感触がよかったので申し込んだら、あっさり断られたんだぞ、運命の人がいるからって。おまえかよ、運命の
人って」とN野は呆れ返っていた。
俺と美来はいつも一緒だった。毎日一緒に登校し、一緒に下校した。だが平日はずっとくっついているわけでもなかった。
美来はしっかり者で、平日はちゃんと予習・復習するなど真面目だった。だが休日は遊びまわった。彼女の巨乳を振り返る
男性は多かったし、童顔とのアンバランスな魅力に俺もとらわれていった。
期末考査が終わって、二人で海に行ったときには彼女の水着姿はビーチで注目を集めていた。飾り気のない彼女はスクール水着
だったが、多分それが男性をそそったのだろう(今はそうだと理解できる)。普段からそんなにおしゃれをしない彼女はTシャツに
ショートパンツが夏の定番で、ほとんど変わらなかった。


84 :その3:2008/06/02(月) 15:25:07
俺はキスしなければと焦っていたが、俺と美来の間にはもうそれも不要であるような気がして、先延ばしにしていた。本当はキスを
求めて嫌われるのが怖かったのだ。だけどチャンスがきた。体育祭が終わって二人で帰っていると、雨が落ち始めた。降り方がどんどん
強くなったので、俺と彼女は公園の屋根つきのベンチで雨宿りしていた。土砂降り状態になり、視界がとても悪くなった。「風邪ひかない
ようにしないとね」と美来が体を寄せてきたので、抱き寄せていきなりだったがキスをした。美来は驚いて体を離したが、俺の目を見ると、
今度は自分から抱きついてキスをしてきた。大雨の中、二人で何度もキスをした。雨のカーテンが周囲から俺達を隠してくれていた。それ
を美来に言うと、「素敵だね、雨のカーテンって」と嬉しそうだった。
その日、なぜか美来を両親に紹介したくなり、家につれて帰った。彼女は両親を前にしても朗らかだった。
父は「可愛い子やなぁ。おまえの学校はがりがりのがり勉ばかりかと思ったけど、あんないい子もおるんやな」と彼女が帰ってから感心
していたし、母も彼女に「本当に素直な可愛いお嬢さんで、どうしてあんたなんかと付き合うのか不思議やわ」と言っていたが、俺は美来
から俺に言い寄ったことは言わずにおいた。
俺と彼女は何度もキスを繰り返したが、セックスには進まなかった。彼女の巨乳は俺を夜な夜な悩ませる存在になっていたが、そこだけは
踏み越えないようにしようと心に決めていた。


85 :その4:2008/06/02(月) 15:25:41
こうして2年間が順調に過ぎ、交際開始当初は背の高さがかわらなかった俺達は、俺の急速な伸びもあって、美来が2cm伸びたものの、かな
り背の高さに差ができた。美来が並んでいて、俺を見上げるときの視線が可愛くて仕方が無かった。
俺は幸福だった。将来は美来と結婚するのかなとさえ思った。美来も「こんな家に住みたいね」などと言うことがあり、明らかに俺との将来
を意識していた。
5月だった。美来が倒れた。貧血だということだったが、俺は胸騒ぎがした。
大事をとって検査のために入院するという彼女のもとに駆けつけた。翌々日彼女は退院した。彼女から打ち明けられた。
「白血病だって」と明るく。俺は美来が死ぬんだと思った。そう思うともう涙が止まらなくなり、声を上げて泣いてしまった。
「本人が泣いてないのに、おかしいよ。わたし、一度も泣いてないんだから。よし闘うぞ!って思ったから。絶対に死なないわ」
こうして美来の闘病が始まった。俺は神様に祈った。俺の命を削って美来に与えて下さいと。
だが病状は好転しなかった。夏休みには入院して本格的な治療をすることになった。
美来から彼女の家に来て欲しいといわれたのは夏休み直前だった。
「もしかするとね、わたし、もう帰って来れないかもしれないから、今日、たぶん最初で最後の思い出を作っておきたいの」
俺にはそれが何かわかっていた。俺は美来を抱き締めた。キスをした。
「ダメだ。美来がよくなってから、そのときにきっと・・・だから必ずよくなって・・・」
俺はまた泣き出してしまった。彼女は俺から離れると服を脱ぎ始めた。
「私の全てを見て。覚えていて。必ず帰ってくる」と彼女は微笑んだ。俺は彼女に歩み寄りまた抱き締めた。


86 :その5:2008/06/02(月) 15:27:54
俺は毎日を彼女の病室で過ごすようになった。そこで受験勉強もしたし、彼女に乞われることは何でもやった。
もう泣かなかった。彼女は言った。「こんなに大切にしてくれる人がいるんだもん、必ずよくなるよ」
彼女の勘は鋭い。だから俺はそれを信じた。
夏休みが終わり、秋が来て冬になった。俺はずっと彼女に付き添った。彼女の両親は俺を気遣ったが、俺は
自分の受験結果よりも彼女が治ることが先決だった。
共通一次試験を終えて、俺は希望の大学を受験できるだけの点数をとることができた。その大学に入れば、
彼女のもとに通うことが出来る。その一念で勉強したのだ。
彼女も喜んでくれた。明らかに彼女の病状は好転しつつあった。俺が志望校に合格し、それを彼女と共に
彼女の家で祝うことが出来た。そのときのことだ。彼女のお母さんが「この子は本当に言い出したら聞かないし、
大胆というか向こう見ずというか。でもT田君がしっかりしてたからよかったわ。」俺は何のことかわからなかった。
彼女のお父さんも笑っていた。そしてお父さんが説明し始めた。「入院の前日に美来が明日H樹さんとひとつになる、
なんて言い出してさ」そこでお父さんはゲラゲラ笑った。俺はあっと思った。美来は「もう!わたしは真剣だったん
だから、笑うこと無いでしょ!」と怒った。お父さんは「ごめん、ごめん」と謝って「わたしは死ぬまでに愛する人
と何もしないまま人生を終えるのはいやと真剣に言ってね、父親としてはこんなことを娘に言われるとは思いもしな
かったし、聞きたくもないような話なんだけど、病気が病気だったし、娘にとって本当に最後の願いかもしれないと
思ったんで、好きにしなさいと言ったんだよ」と言い、「でも君が娘を大切に思ってくれ、娘に生きる希望と戦う勇気
を与えてくれたんだ。本当にありがとう」と最後は涙声になった。お母さんも涙を流しながら、「T田君のお陰よ」と
言ってくれた。
その後、美来は検査を受けなければならなかったものの、とりあえず「治癒」という診断を受けた。医師もすごく運が
いい、医学的には手を尽くしたので、あとは患者の生命力次第だったといったそうだ。
彼女は卒業はできたものの、大学受験は1年遅れになった。それでももともと勉強のできる子だったので、俺の後輩
として入学してきた。
その年には医師から「完治とみていい」と言われた。俺の両親も交えての祝賀会で、美来の父親が例の話を披露した。
俺は恥ずかしくて何も言えなかった。というのはこのときは既に美来とは何度もセックスしていたし、「治ったらする」
という話まで出てくるのだから、双方の両親の前で「めでたくやっちゃいました」と宣言しているようなものだったからだ。
俺の父親などは「おかしいですね。こいつにそんな自制心があったとは。私の子供じゃないかもしれません」などと言う始末
だったし、母親まで「この子はそんなカッコいいことができるわけがないですよ。美来さんが美談にしてくれただけで、本当は
体の調子でも悪かったか、極度に緊張していたんだと思いますよ」と笑いをとろうとするのだった。
もう40歳近くになったけど、今でも美来は童顔で巨乳だから、振り返る男性は多い。彼女もほしのあきの活躍を見て、私も
今からグラビアに挑戦しようかななどと言っている(実際に大学2年のときに某大手プロダクションにスカウトされたが、彼女は
断った)。

実は彼女が入院前に全裸になったとき、「やろう」とその瞬間は決意したのだけど、なぜかできなかった。今そうなれば、彼女は
永遠に戻ってこないと思った。でも実はその姿を思い浮かべてオナニーしたことは何度もあるし、彼女とセックスするようになっても、
あの姿が一番エロティックだったように思っていた。


87 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 21:21:58
美来さんが治ってよかった!
でも全裸になったとき、「させてやるけん」と言ったら、あなたもその気になったのかな?

88 :大人になった名無しさん:2008/06/02(月) 22:27:07
美来さんは本当に純真で一途な可愛い女性なんだろうな・・・それに比べてH実さんは・・・
「させてやるけん」を何人に言ったのやら・・・

89 :大人になった名無しさん:2008/06/04(水) 20:37:15
>>82
>女優の中島ゆたか

懐かしいね! いいね! まさにセピアだぜ!

90 :大人になった名無しさん:2008/06/04(水) 21:43:16
高2の衣替えで夏服になったときに透け透けブラウスの下にメッシュのブラをして学校に行きました。
透けて見えるブラの中もよく見ればわかるので、一瞬立ち止まる人や目を凝らすおやじがいて、ちょっと
楽しかった。それだけ。

91 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 00:00:48
>>90に「させてやるけん」と言われたい。

92 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 15:28:59
中3の夏休み直前のある日のことだった。
その日は午後に水泳の授業があるはずだったのだが、
昼前から雨が降りだして水泳は中止。
結局教室で自習ということになった。
10分くらいしたら先生が「おまえらちゃんと時間まで自習してろよ」と言って教室から出ていった。

最初のうちはみんな静かに自習をしてたんだけど、15分くらいしたら
クラスの中でオチャラケた2人が突然黒板の前に出てきてズボンを脱いだ。
クラスのみんなは「えっ?」と思ったが、よく見たら海パン姿だった。
そしてその2人はプロレスごっこをはじめた。

そのうち誰かが「単なるプロレスじゃ面白くねーよ。
海パンを脱がされた方が負け、ってことでやれよ。」と言った。
2人はギョッとした顔をしてたが、誰かが「やーれ!やーれ!」と言い出すと、
仕方無く海パンの脱がしあいを含めたプロレスごっこをはじめた。

5分くらいしてバックをとったヤツが相手の海パンに手をかけ下ろし始めた。
みんなは「ぬーがせろ!」「ぬーがせろ!」の大合唱w
バックをとられたヤツは海パンを脱がされたあとでフルネルソンにされてチンコを晒された。
海パンを脱がされたヤツのチンコはなぜか勃起してたw
女子たちは苦笑いをしながらも、そいつのチンコをじっと見てた。

93 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 15:50:43
その後別の男子が「次は男子対女子でやろうぜ」と言った。
他の男子たちも「やろう。やろう。」と言って乗り気になった。
女子たちは顔面蒼白になってた。
さすがに水着姿になってる女子はいなかったし、
着替えるのに時間がかかる。
そのうえ、ほとんどの女子は夏服で下着はブラとパンティしか付けてない。
だから、そのままの姿でやることになった。
また、「女子の服を脱がせるのはかわいそう」という声もあり、
背中にB5サイズの紙をセロテープでとめておき、それを取った方が勝ち、
というルールでやることになった。

第1戦はオレとクラスで一番でかい女子。
その女子はブスではないが美人でもない。丸顔の普通の女子だった。
オレはその女子より3センチ背が低い。「負けるかもしれない」と思った。
試合開始直後、オレはその女子に突進して両腕でその女子をはさみ、ぐっと抱きしめた。
その女子は「えっ?何?」と戸惑ってた。
そのすきに女子の背中に貼ってあった紙を両手で取った。

オレは一瞬で勝ったのだが、他の男子たちは「早すぎるよ〜」と言い出した。
そこでオレはそのままその女子を抱きしめ続けることにした。
その女子は「もう終わったんだから離してよ。」と言ったが、オレはそのまま抱きしめ続けた。
そしてオレはその女子の唇にオレの唇を重ねた。
その女子は最初バタバタと抵抗したが、オレが唇を重ね続けていたら抵抗する力が弱くなった。
少しして離れると、その女子はオレにもたれかかってきた。
みんなは「ひゅーひゅー」と言ってはやしたてた。

94 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 16:27:48
その女子はちょっと潤んだ目でオレを見てた。
その日の放課後、オレはその女子と一緒に家に帰ろうと思った。
オレがその女子の家まで一緒に行ってやると、
その女子はものすごく嬉しそうな顔をしてた。
そしてそれからオレはその女子と付き合い始めた。
とはいえ、中3だから高校受験がせまっていて勉強をおろそかにできない。
週の半分は学校が終わったら塾に行く。
のこりの半分はその女子の家に行き、一緒に勉強することにした。

年が明けて1月の寒い日のことだった。
いつものようにその女子の家で一緒に勉強をしてたら、
その女子がオレに抱きついてきた。オレはいつものようにキスをした。
普段だったらそれで勉強に戻るのだが、その日はその女子が積極的で、
オレの手をとってその女子の胸のところにもっていった。
オレはその女子の胸をもんでみた。その女子は「ああん。」という声を出した。
ちょっと小振りだったが柔らかくてでも張りのあるバストだった。
オレが揉み続けてるとその女子はオレのチンコに手を伸ばした。
オレのチンコはすぐに勃起した。その女子は「大きくなった。」と言うと
オレのズボンのチャックをおろし、パンツの中に手を入れてチンコをさわった。
その女子はオレのチンコを撫でまわした。
最初はたんに撫でてるだけだったけど、そのうちにいろいろな形でチンコを刺激した。
オレのチンコはだんだん気持ちよくなっていき、思わず射精してしまった。

95 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 16:46:16
その後オレは「今度はオレが彼女を気持ちよくさせる番だ」と思って
その女子の胸をもんでた手をその女子の下半身にもっていった。
そしてスカートの中に手を入れパンティの上からアソコを撫でた。
その女子はそうされることを待っていたかのようだった。
そしてパンティの中に手をすべり込ませ、指でアソコを触ると「あん」と声を出した。
オレはその女子のマンコのスジのところを指で撫で続けた。
少しするとマンコの中が濡れてきた。
オレは人指し指をマンコの中に入れてみた。
その女子は「ああ〜っ」と言ってオレに抱きついてきた。

オレは人指し指をチンコにみたててその女子のマンコの中で動かしてみた。
その状態で親指でクリトリスを触ると、「ああん。あん。あん。」と声をあげた。
マンコの中はもっと濡れてきた。
オレは意を決してその女子のパンティをおろし、自分もズボンとパンツを脱いだ。
そしてその女子に「いいかい?」と聞くと「うん」と言って頷いた。
オレは手でチンコをマンコの入り口に誘導すると、力を入れて腰を前に出した。
チンコがヌプヌプという感じで少しずつマンコに入っていった。
彼女は痛そうな顔をしてたが、黙ってオレのチンコを受け入れた。
彼女のマンコの中は温かく、その熱がチンコに伝わってきた。
オレが「一緒になれたね。」と言うと彼女は「うん。幸せ。」と言った。
オレはチンコを動かした。そして彼女の中に思いっきり出した。気持ちよかった。

それから2ヶ月後。2人とも第1志望の高校に合格した。
そして彼女は妊娠してた・・・

96 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 19:01:16
こういう経験はありますか?
http://karimohu.com/uploader/src/nejitsu10693.jpg

97 :大人になった名無しさん:2008/06/05(木) 22:32:06
>>95 それでどうなった? まさか産んだとか。
堕胎のためにカンパを募り、男性からのカンパには彼女が
「お礼にさせてやるけん」と言ったとかいうオチはないの?

98 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 20:53:05
>>97
いや、さすがに産むことは許されませんでした。

ここからは、Hな思い出ではなく、
ちょっと重い話になるので、イヤな人は読みとばしてください。


彼女が妊娠に気付いてオレに相談し、2人で話し合った時には、
オレも彼女の「産みたい」という気持ちを尊重したのですが、
それぞれの両親とオレたちの計6人で集まって話し合った結果、
2人とも未成年で生活力が全く無いし、
仮に産んでも誰がどうやって育てるのか、
という部分についても解決策が無く、
問題点が多すぎるので結局「ダメ」ということになりました。

彼女の両親はオレと彼女を別れさせようと思っていたみたいですが、
彼女が「別れるのなら私は死ぬ。」と言い出し、
オレが土下座をして「マジメに勉強をして学校を出て、
きちんと働いて彼女を幸せにします。
ですから一緒にさせてください。」と懇願しました。
結局、彼女の両親だけでなくオレの両親も、
オレたちが一緒になることを認めてくれました。

彼女の堕胎手術の時にはオレも一緒に行き、
術後は彼女にずっとついてました。

99 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 20:54:33
>>98のつづき


>>93に書いた、彼女とプロレスごっこをした時には、まだ彼女のことを
好きというワケではありませんでした。キスした時も、イタズラ半分でした。
でも、キスされた彼女がオレのことを好きになり、付き合い始めてからは
オレも彼女のことがだんだん好きになっていきました。
で、2人の思いがそれぞれ大きくなって、>>95に書いたようにセックスをしました。
その時には2人とも「将来一緒になろう」と考えてました。
だから1日も早く結婚したかったのですが、
結局2人とも社会人になって3年たってから結婚しました。
彼女の堕胎手術の時の費用とか、親に返さなければならないお金もまだありますし、
生活はなかなか豊かになりませんけど、楽しい家庭を作ろうとがんばってます。

100 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 21:00:06
ちなみに、高校〜大学、そして社会人になってからも、
彼女以外の女性とは付き合ってません。
彼女もオレだけです。

でも、彼女もオレも実はエッチなことが大好きで、
風呂は一緒に入ってお互いに相手の体の隅々まで洗ってますw
だからそのままセックスしちゃったりもしてます。

最近やっと家計に余裕が出てきたので、子供を作ろうと思ってます。

101 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 21:01:42
>>97
というワケで、
>堕胎のためにカンパを募り、男性からのカンパには彼女が
>「お礼にさせてやるけん」と言ったとかいうオチはないの?
これ↑はありませんです。

102 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 22:10:15
中二の時腹痛で人が滅多に来なくて誰もいない静かな便所で下痢をし、排便後苦しみから解消されたら急に俺の股間が立って興奮し射精した。尻拭く前に射精したんだけどあまりにも気持ちよくて尻拭く前に下着を履いてしまい下着を捨てノーパンで過ごした

103 :大人になった名無しさん:2008/06/06(金) 23:10:29
>>101
オチはなかったけど、面白く読めました。
高校生時代はH封印ですか?
ご結婚はおいくつで?

104 :大人になった名無しさん:2008/06/07(土) 00:22:36
俺の高校時代の彼女とは1年生の秋に肉体関係を持った。彼女は肉感的だった。
彼女は俺が2人目、俺は彼女が3人目の異性という、年齢にしては早熟すぎる二人は
獣のように交わりまくった。
そのうち彼女が避妊しないで、生でやりましょう、と言い出した。
俺は危険だから避妊しようと言ったが、彼女は生の方が気持ちいいから、生でやりたいと言う。
それが高2の夏休みだった。
俺と彼女は夏休みの終わりに、例によって何度もセックスして疲れ果てていた。
彼女は自分の部屋である安心感もあったのか、すやすやと寝息を立てていた。
デスクの上に彼女の日記があり、書きかけていたらしい。
俺はそれを読んで戦慄した。


105 :大人になった名無しさん:2008/06/07(土) 00:23:06
「●●君との間に子供を作る目的になかなか近づけない。敵は避妊したがる。
何とかしなければ。彼は資産X億円の跡取りだから、今のうちに捕まえるぞ!
私は食虫植物の心境なのだ。」と書かれていたのだ。
確かに俺の両親は事業で成功して裕福だった。だがX億円もの資産はないはずだ。
せいぜい数千万円だろう。
彼女はそれを狙っていたのだ。俺は女性が怖くなった。彼女に対する恋愛感情は一気に冷めた。
どうやって彼女と別れるかを考えた。
その日、帰宅して俺はふと母親に尋ねた。「うちって資産いくらくらいあるの?」と。
母親は答えた。預貯金は「Y千万円くらいかねぇ。株とか有価証券がZ億円分くらいあるねぇ。
あとは不動産が・・・・・」と俺の知らない土地の話が続いた。母親の話では彼女が日記に記していた
X億円相当の資産だった。俺は知らなかったのに(関心すらなく、ただうちは金はあるな、くらいにしか
思っていなかった。この辺がおぼっちゃんなのかもしれない。)、彼女はかなり正確な金額を把握していた。
土地の価格まで計算していたらしい。


106 :大人になった名無しさん:2008/06/07(土) 00:23:37
別れを切り出す以前に俺は彼女と裸になっても下半身が反応しなくなった。彼女は俺を勃起させようとして
努力してくれたが、俺はもうダメだった。その日、俺は怖くなってオナニーを試みたら、しっかり勃起したし、
十分すぎるくらいに射精した。
そうだ!俺は閃いた。病気になったことにして彼女と別れよう。
俺はわざわざ泌尿器科を仮病で受診し(単に尿道が痛いというだけにした)、薬の処方を受けた。そして彼女に
それを見せて、もう勃起しないから、君を幸せにできない、だから君とはつきあえない、と言ってみた。嘘の涙まで
流してみせた。彼女も「嘘でしょ、嘘でしょ」と目を潤ませた。
「とにかくそういうことだから」と俺は彼女を残して帰宅した。その夜以降、彼女から何度も電話があった。毎日のように。
でも俺は彼女に「もう会う気はない。」「電話をかけてくるな。」と言い続けた。
やがて彼女は俺に何も言ってこなくなった。
別々の高校だったから顔を合わせることもなくなった。


107 :大人になった名無しさん:2008/06/07(土) 00:24:05
ちょうどその頃に俺に1年下の女の子が「つきあって欲しい」と言ってきた。俺は交際した。
半年後にうまくベッドに連れ込めた。彼女は前の彼女と違ってスレンダーだったが、セックスの快感を
知ると、虜になるのは同じで、毎日のようにやりたがった。彼女の家にはいつもお母さんがいたので、
俺と彼女はホテルに行くか、野外でやっていた。それを前の彼女に見られてしまった。俺達がホテルから
出てきたのを見たというのだ。俺は「いやぁ治ったんだよ」と嘯いた。「あんな痩せてガリガリの女がいいわけ!」と
迫る彼女に「うるせー!この銭ゲバ!」と言い返してしまった。
その後は彼女と関わることは無かった。


108 :大人になった名無しさん:2008/06/07(土) 00:25:04
14年後、俺は31歳になった。30歳のときに相次いで亡くなった両親の残した資産を管理しながら、
マンション経営で暮らしていた。独身の俺は酒を飲むわけでもなく、博打をすることもないおとなしい生活をしていた。
その年に俺が経営している駐車場に糞尿がまき散らされる事件が起きた。次に俺の車(当時はベントレーに乗っていた。)が
ボコボコにされた。マンションのロビーが荒らされる事件も起きた。
仕事では人に恨みを買うようなことはないはずで、警察も捜査してはくれたものの、手がかりがなかった。
俺は何かうらまれるようなことがなかったかを思い出そうとした。そして彼女のことに思い当たった。
俺は恥をしのんで警察官に話した。警察官は調べてくれた。というようりは「その女性ならいわゆるマチ金ですよ。」と教えてくれた。
「女性なのに、えげつない手をつかって追い込みをかけるみたいですからねぇ。」と言う。「いわゆるマル暴の親交者ですから、
この事件はその筋が彼女に頼まれたなんてことは・・・ないと思いますけど、一応調べますかね。」ということで、調べてくれた。
その結果、「その筋」から自首があったそうだ。だが彼女から頼まれたとは言わなかったという。警察官によれば、「★★(彼女)
が話をもって行ったとすれば、組の上の方にでしょう。実行犯は下っ端ですから、そういう背後関係は知らされてないんじゃない
かなぁ」というのだ。
でも警察官は一応彼女のところに事情を訊きに行ったそうだ。彼女はこう言い放ったという。
「そんなED男とつきあったなんて、私の名誉に関わることです。」と。
つまり「ED男」とわざわざ俺と彼女しか知らないことを告げることで、俺に伝わったときに彼女の仕業だということを
知らせようとしたのだ。
俺は警察官からの知らせを受けたときに、そう説明した。だが「犯罪の実行に関与したという証拠にはならないから、
彼女を共犯で引っ張るのは無理ですね」ということだった。
その後は平穏な暮らしになったものの、あの1年は本当に精神的に追い詰められ、つらかった。
女の恨みは怖い。逆恨みだと思うのだが・・・・。
蛇足だが、俺は、事件が起きた年の2年後に知り合ったスレンダーな女性と結婚した。


109 :大人になった名無しさん:2008/06/08(日) 00:21:18
中3のときに同じクラスの圭子とHな会話をしたのがよい思い出です。
そしてその圭子が高3のときに他の男性に胸をもまれているのを覗き見したのが卑猥な思い出です。
彼女は他の女子に比べると、なぜかブラがよく透けて見えた。ブラウスが薄いのだと
気づいたのが中3のときで、中2のころから「あいつ透け透けだな」と男子同士では密かに注目していたが、
なぜ透け透けなのかわかっていなかった。理由は単純なことなのにだ。
透け透けでも、彼女のブラはいつも白ばかりで、透け透けではないクラスメイトがピンクとかブルーを着けたり、
プリント柄のものを着けているのに比べると、観察の面白さはなかった。
でも真横からはカップが透けて見えたり、時には普通に前から見てもカップが見えたりして、俺にとっては凄く
ドキドキする存在だった。
俺と彼女はよく話す間柄だった。その時は何について話していたか記憶が定かではないが、カップの刺繍まで透けていて、
俺の視線はどうしてもそこに導かれてしまうのだった。圭子がそれに気づいて「いやだ、バカ、見ないで」と言って胸を隠す仕草をした。
俺としては見せられているようなものだったから、なぜ悪者になるんだ、おかしいじゃないか、と抗議したかったが、彼女の胸を見つめていた
のがバレて、焦ってしまったのか、何もいえなかった。
翌日、彼女が初めてピンクのブラつけてきた。俺はずっと白だった彼女の変化に驚いた。彼女が俺においでおいでというように手招きをした。
俺が近づくと耳元で「今日の透け具合はどう?いい感じ?」と訊いてきた。俺は思わず彼女の顔を見つめてしまった。彼女はニコニコしていた。
ピンクのブラはクラスメイトがつけてくるものより色が濃いようで、遠目にも目立っているのに、間近でそれを見せられて、俺は勃起を隠すのに
必死だった。
その日から彼女は毎日のように俺に「今日はどう?いい感じ?」とか「今日はバリバリ透けてるでしょ!」と言うようになった。
俺はひょっとして彼女は俺のことを好きなのかと思ったけど、俺から何か言うと、透け透けに惹かれているようで恥ずかしかったので、
何もいえないまま卒業してしまった。
その彼女は地域のトップ校に進み、俺は地域の中位校に進んだから、会う機会はなくなったが、高1の夏に学校帰りに商店街に行ったら、
駅の方向から透け透けのブラウスの女子高生が歩いてくるのが見えた。圭子だった。彼女は俺には気づかなかった。透けているブラはペパーミントグリーンで
可愛かった。俺は彼女に恋をした。
だが俺には何も言えなかった。学力コンプレックスだった。
そうこうしているうちに高2の夏になった。また彼女の透け透けを見た。そのときは鮮やかなオレンジのブラだった。バストが大きくなったのがわかった。
俺は焦り、早く告白しなければ、あのバストを俺のモノにしなければ、と思ったが、できるのは彼女を思い浮かべてのオナニーだけだった。
俺は彼女が黒いブラを透け透けにして歩いているのを妄想しながらオナニーしたりした。
そしてまた1年たった。彼女は俺達の中学校の先輩で、高校は彼女と同じ学校に行き、その年に某有名大学に入った人と歩いていた。透けて見えるブラは白だった。
俺は尾行した。二人は森林公園に入っていった。俺は森の中を樹木に隠れながらあとをつけた。
公園の奥までいくと二人は道をそれて森の中に入った。俺のいる森と通路を挟んで反対側だったので、俺もそちらに移った。近づくと二人はしっかり抱き合ってキス
をしていた。先輩の右手が彼女の胸に伸び、バスとを揉みしだいた。彼女は「だめ」と小さな声で言ったが、先輩はそのまま彼女の胸を揉んでいた。彼女が目を瞑り、
天を仰ぐようにしていた。口は半開きだった。先輩がブラウスの釦をはずし始めたのがわかった。
俺は彼女のオッパイを生で見ることができると思うと、無意識に手を股間に伸ばしていた。
先輩は背中に手を回し、彼女のブラをはずしているようだった。先輩の手が彼女の胸元に入った。
しかしオッパイは見えない。胸を揉まれて彼女は喘いでいた。首を「いやいや」のように振った。
だがそれ以上には進まず、彼女は恥ずかしそうに釦をとめはじめた。ブラははずれたままのようだった。
そして先輩に抱きついた。俺はそのときになって初めて悔しくて涙が出そうになった。
彼女は先輩の大学の近くにある女子大に進んだ。
それから数年して二人が結婚したことを聞いたとき、俺はなぜかほっとした。

110 :大人になった名無しさん:2008/06/10(火) 22:33:37
>>108
女は怖いな。だからといって「アッー!」になろうとは思わないが。

111 :大人になった名無しさん:2008/06/11(水) 16:21:12
まんちょ

112 :大人になった名無しさん:2008/06/11(水) 22:07:01
中学校時代のHな思い出:オナニーばい。
高校時代のHな思い出:セックスばい。

113 :大人になった名無しさん:2008/06/13(金) 20:42:22
中3のときに1学年下の男子二人にオッパイを同時に吸わせたことが一番の思い出。
初体験が中1だったわたしは、その日から男性に肌を触られない日がなかった。
といっても彼氏だけだった。
ところが彼氏が大学受験に打ち込むために、週1しかセックスしてくれなくなったので、
欲求不満爆発寸前だったわたしは、今から7年前の今日、後輩2人を誘惑して2人にオッパイを
吸わせたのです。乳首をベロベロされたときは死ぬくらい気持ちよかった。
もちろん二人とも挿入許可を出しましたが、すぐに終わってしまったので、そちらはイマイチだったです。

次のHな思い出はその夏休みに海に泳ぎに行って、ナンパされた男とホテルに行ったこと。
名前も知らない男とからんでいるだけで大興奮したし、その男が凄いテクニシャンで、わたしは何度も気をやった。
男もわたしを気に入ってくれたけど、名前を教えるのは躊躇われ、中学生だとバレるのもイヤだったので、それきりに
なったけど、もう一回してみたい相手の一人です。

高校のときのHな思い出はレズ行為です。高1のときの彼氏とわたしがやりまくっているのを彼氏のお母さんが知っていて、お母さんは
それを積極的に応援してくれたのです。母一人、子一人で水商売をしていたので男女のことには寛容というかさばけた人でした。
わたしを連れてHな下着を買いに行ったり、お母さんとデートすることもありました。その中で一度だけ、お母さんとレズみたいに
なったことがあります。彼氏がまだ帰っていないときに、わたしのHな下着姿を見たがったお母さんは、脱いだわたしのオッパイを
揉み始め、あそこを指で責め始めたので、わたしもついついそれに応じてしまいました。女性なのでどうされたら気持ちいいか知っていて、
お母さんの指は凄くわたしの弱い部分を的確に責めてくれ、気絶しそうになりました。
その後でわたしもお母さんを色々責めました。

高3のときのHな思い出は、わたしが中学生のころからずっと観察されていると感じていた男性を虐めたことです。
そのときはその男性は浪人二年目でした。いつもわたしがその時々の彼氏とデートしていると、その人が現れてじろじろ
見ていました。キスするところを見られたこともありますし、オッパイを揉まれているときに、気づくと公園の植え込みの
中に隠れているその人を見つけたことがありました。その公園ではセックスしたことも何度もあるので(それも違う男と)、
それも見られていた可能性があります。
その人が昼間に一人でいるのを確かめて、家に押しかけ、下半身を裸にしてペニスをしごいて虐めました。
わたしも上半身裸になってオッパイを見せ、勃起できるようにしてあげたのですが、勃起しても7センチくらいのペニスだったので、
笑いそうになりました。一人前の顔をしてわたしのオッパイを揉み始めたときはペニスが折れるくらい強く曲げてやったりして、最後は
洗面所から歯磨き粉を持ってこさせ、それを塗りたくってしごいてやりました。
「はああん」と変な声を出して射精したので、それをデジカメで撮影して、「二度と覗くな」と脅しつけました。

114 :59:2008/06/13(金) 23:33:04
59 :大人になった名無しさん:2008/05/27(火) 23:57:42
修学旅行で女子の部屋ではおっぱい揉みっこがあったらしい。
何人かで1人を捕まえて、脱がせておっぱいを揉んだらしい。
多くの女子は「いやぁん」とか「あん感じる」と言ったそうだが、演技だったという。
だが久美子だけ本気で喘いだと参加していた優子からきかされた。
久美子の乳首は1センチくらいまで立つ、色は黒いと聞かされて俺は勃起してしまった。
久美子は巨乳だったし、スタイルが凄くよかったからだ。その久美子が裸でおっぱいを揉まれ、
乳首が立ちまくっているのを想像するだけで、オナニーする気になった。
後日、彼女の乳首が立っても1センチなかったことを目の当たりにする機会が訪れるとは中3当時は
思ってもいなかった。色は黒かったけどね。

を書き込んだ59です。「目の当たりにする機会が訪れ」たときのことを書きます。次のレスを読んで下さい。

115 :59:2008/06/13(金) 23:49:54
卒業した俺はX高校へ、優子はY高校へ、久美子はZ高校へ進んだ。
学力的には俺>久美子>優子で、高校もそれに応じた選択になった。
俺達3人は中学校時代に通った塾が一緒だったこともあり、仲が良かった。そのため
高校進学後も時々誰かの家に集まって喋ることがあった。1年生の秋、俺が待ち合わせ場所になった
優子の家に行くと、久美子が一人でいて、優子はまだ帰っていないという。優子から鍵の隠し場所を
教えられていたので、それを使って家に入ったということだった。俺と久美子はよく知っている優子宅
の居間で、勝手にコーヒーを淹れて飲みながら喋っていた。
その途中、久美子の視線が釘付けになった。ラックの中にエロビデオと思しきものが無造作に入れられていた。
俺と久美子はそれを取り出した。そうなると鑑賞するしかない。
画面の中では某有名AV女優が巨乳を揉みまくられて喘ぎ、最後は顔射された。
見終わるまで俺達は口を聞くことはなかった。
久美子が「気持ちいいんだろうね・・・」とつぶやいた。そして自分でセーラー服の上から胸を揉み始めた。
「ねえ、わたしのも大きいから、今のビデオみたいにムギューッと握ったりできるよ」と握って見せた。
俺はどうすればいいのかわからず、久美子の行為を見ているしかなかった。
「ねえ、ビデオみたいにしてみて」と久美子は俺に彼女の胸を揉むように迫った。
気後れしていた俺もその誘いを断れば男が廃ると思い、彼女を後ろから抱き締めて服の上からオッパイを揉んだ。
「ぅん」という小さな声を何度か上げていた久美子は「脱ぐね」と言い、セーラー服を脱ぎ、ブラも外した。
優子に聞かされていた通りの色の濃い乳首が勃起していた。しかし1センチもあるようには見えなかった。
彼女はショーツ1枚の姿になり、俺もブリーフ1枚になって、抱き合い、彼女を仰向けに寝かせると、俺はオッパイを
揉み始めた。すると彼女の乳首が更に大きくなったように思えた。間違いなく大きく勃っている。
たぶん7ミリ。俺はそう見当をつけたが、既に興奮状態で、ビデオでの予習の成果をいかんなく発揮し、久美子は「はぁはぁ」
と荒い息を吐いた。俺が乳首を舌先で嘗め回すと「あはぁーーー」と大きな声を上げながらのけぞった。
俺は「やってしまおう!」と決意し、彼女のショーツを脱がせにかかった。
間が悪いことに優子が帰ってきてしまい、現場を見られた。
「何してるの!」と怒ったものの、顛末を話すと、「しようがないわねぇ」と笑っていた。
罰ということで何故か俺だけが優子に勃起したペニスを見せることになってしまい、優子と久美子は俺の
ペニスを見てゲラゲラ笑う上に、メジャーまで持ち出して採寸しやがった。

この日はこれでおしましだったが、後日談はまだあるよ。

116 :大人になった名無しさん:2008/06/14(土) 10:10:40
時間の無いリーマンには、長文私小説は読めん。
もっと短くまとめてくれ

ホレタ→ヤッタ→別れた でいいだろ

117 :大人になった名無しさん:2008/06/14(土) 13:02:49
【地震】ダムに転落するも助かったバス乗客「ネッシーが助けてくれた」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1213409612/

118 :大人になった名無しさん:2008/06/14(土) 22:17:12
>>116
この程度の文章の長さに苦しむようでは新聞すら読めないだろwww

119 :大人になった名無しさん:2008/06/14(土) 22:40:16
>>118
お前、駄文読んでも苦痛はないのか?


120 :大人になった名無しさん:2008/06/15(日) 00:10:59
>>119
駄文だと思うのなら、読まなければいいし、

このスレを見なければ済むんだが、意味わかる?

俺にとっては駄文ではなく、なかなか面白かった。

個人的好みを感想として書くのは構わないが、

それが普遍的な考え方ではなく、

あくまでも個人の感想に過ぎないことを自覚してね。

121 :59:2008/06/15(日) 00:58:20
後日談です-------

その後も俺達3人はよく誰かの家に集まって過ごしていたが、どうしても
久美子と俺のHな行為に話題が及び、そのつど久美子は「気持ちいいんだから、
すごくいいんだから」と興奮して説明するので、俺は「じゃあ今からやってみようか?」と
言ったが、許可は下りなかった。というのは当時の久美子は同じ高校の先輩に惚れており、
俺など男として眼中になかったのだった。
久美子があまりに「気持ちいい」を強調するので、優子の方が俺の「技」に興味をもった。
技といっても一度だけビデオで見たようにしてみただけで、全然基礎がなっていないような技術
だから、俺は自信がなかった。
だが優子は「一度でいいから久美子みたいに気持ちよくなってみたい。最後までするのはダメ。
それは好きな人とするから。胸だけよ、あっ、あそこも触らせてあげる。触るだけ」と俺に「技」
を使うように迫った。
それで春休みのある日、久美子には内緒で俺は優子の家で「行為」に及んだ。セーターをするっと
脱いだ優子のブラが黒だったので、俺は興奮が高まった。俺は黒い下着が好きだった。
ついつい俺は飛び掛り、彼女を押し倒してブラをはずした。乳首の色は久美子よりずっと淡かったが、
乳輪が大きかった。バストの大きさは同じくらいだと感じた。
いきなり乳首をベロッと舐めると優子は「うぅぅん」と声を出したので、俺は舌を使って嘗め回したり、
堅くなった乳首を上下に動くようにレロレロした。「はあああ〜」と首を振る優子に
「気持ちいいか?」と訊いたら「すっごくいい・・・」といいながら、自分でスカートの中に手を入れていた。
俺は指で乳首を責め続けながら、優子のスカートをめくってみると黒いショーツの隙間から自分で指を入れて
あそこを弄っているようだった。俺は更に興奮が高まり、ショーツを脱がせにかかった。
優子は腰を浮かせ、簡単にショーツを抜き取ることが出来た。俺は初めて見る女性の股間に激しく欲情してしまった。
「やってしまおう!」と決意した俺は彼女のオッパイに吸い付いたまま、ジーンズとブリーフを脱ごうとした。
だがビンビンになったペニスにブリーフが引っかかり、手間取ってしまった。
俺が下半身裸になろうとしているのに気づいた優子が「キャッ」と短く叫び、「バカ、ダメよ!」と俺を睨んだが、
俺としては収まらないので、「じゃあ、俺も気持ちよくしてくれよ」と言い返した。
優子は「じゃあ、フェルチオしてあげる」と言った。「フェラチオだよ」と俺が訂正すると、
優子は「どっちでもいいけど、どうすればいいの?」と俺に尋ねた。俺もしたことがあるわけないし、されたこと
もないから、実はよくわからなかった。「優子がチンポを口で咥えて舐めたりするんじゃないか・・・」
「うぇーっ汚ぁ〜い。お風呂で洗ってきて!」俺は風呂でペニスを洗い、すっかりおとなしくなった
状態で部屋に戻ると優子は既に服を着ていた。「やっぱ、やめとく」「そりゃないだろー」
こうして優子はそれなりの快感を知り、俺は奉仕しただけになった。

実はまだ後日談があるんだ。

122 :大人になった名無しさん:2008/06/15(日) 20:04:40
で、やったのか、やってないのか?

123 :大人になった名無しさん:2008/06/16(月) 21:20:37
後日談を書いて、早くやるシーンを!

124 :大人になった名無しさん:2008/06/17(火) 23:23:42
つづきまだぁ〜?

125 :大人になった名無しさん:2008/06/17(火) 23:48:05
もう30年近く前だが、同じ中学校に乳見せ女がいた。

126 :大人になった名無しさん:2008/06/18(水) 00:17:57
13年前の中学校卒業時にグラビアアイドル体型が自慢だったわたし。
当時のサイズは88(E)、59、87で身長166。
ところが高校でもっと凄い人に出会ってしまった。その人は身長が
170あって、サイズは89(F)、59、89。
僅かな差だけど、負けて悔しかった。でも親友になったよ。
上で話題になっている乳首の色はわたしの方がちょっと濃い目、
乳輪の大きさはわたしの方がちょっと小さめだった。
二人とも清らかな処女のまま卒業しました。


127 :大人になった名無しさん:2008/06/18(水) 00:39:53
俺なら、二人のうちもうひとりの子よりアンタの方を選ぶだろうネ。
胸もケツもデカけりゃいいってもんじゃなかろwww

128 :大人になった名無しさん:2008/06/18(水) 09:59:05
半ズボンにタイツはかされた。

129 :大人になった名無しさん:2008/06/18(水) 20:27:10
>>126 バストの張りはどちらが上でしたか?

130 :大人になった名無しさん:2008/06/18(水) 21:33:22
>>127
ありがとうございます。

>>129
それは・・・・自分でいうのもどうかと思いますが、わたしの方が張りがある
ように見えたはずです。
修学旅行で見た時にわかったのですが、彼女の方が引力の影響を受けているようでした。



131 :大人になった名無しさん:2008/06/21(土) 23:57:18
>>125 生で見せてくれるのか?
ブラジャー透け透けは何人もいたけど、乳見せはいなかったなぁ。詳細よろしく!

132 :大人になった名無しさん:2008/06/22(日) 01:21:46
雨の季節で思い出すのは、土砂降りの日に電車の乗った時に
ずぶ濡れになったバレーだかバスケだかの大会帰りの
少女達の集団が乗り込んできた時だな。
15人程いた全員、雨に濡れた白いTシャツから
乳首がくっきりと透けて見えてた。
彼女達が駅をおりるまでの約30分、誰一人胸を隠す仕草もせず
談笑したり行き来したりする様は、ある意味圧巻だったな。

133 :大人になった名無しさん:2008/06/29(日) 22:41:36
そういうのは色気ないね。
隠しているけど、はみ出てしまうとか、大きくて隠し切れない・・・がいいね。

134 :大人になった名無しさん:2008/07/01(火) 21:00:02
他校の生徒だったが、近所に引っ越してきた女の子がブラ見せ女だった。
某私立高校の制服のブラウスはよく透ける素材だったが、黒や赤といった濃い目の色のブラを透け透けにしていたし、
私服になると、たとえばダンガリーシャツの釦を全開し、裾を結んだ着方で生ブラ見せをしたり、
スゥエットのファスナーを鳩尾あたりまで下ろしてブラ見せしていた。
背中が大きくえぐれたニットで背中からブラ見せとか、編み目の荒いニットでブラ見せとか、日々楽しませてくれた。
バストの大きさは普通だったけど、透けないときはやたらに形が浮き出る服を着ていた。
顔は可愛かったし、色気もあった。
通っている高校では成績がよかったのに、ご近所のおばさん達の評判は最悪だった。
ちなみに俺の初めての相手になった。彼女は非処女だと思っていたら処女だったのには驚いた。
ブラ見せしている理由をきいたら、単に「見られたい。」だった。

135 :大人になった名無しさん:2008/07/01(火) 21:57:42
>ちなみに俺の初めての相手になった。彼女は非処女だと思っていたら処女だったのには驚いた。
KWSK!

136 :大人になった名無しさん:2008/07/02(水) 16:24:31
〉〉126
俺も、あんたの方が好みな気がする。
身長も170あると引く男も多いのでは?
胸は張りがある方がいいし。
それより中学の時に、少し憧れてた女子を思い出して、ちょっとホンワかした。

137 :まだ知らない人はコレ見て怒れ!!:2008/07/02(水) 17:55:04
【ニュー速報+板からきますた】口コミで出来るだけ多くの人達に広めて下さい!!!

69:名無しさん@全板トナメ参戦中 :2008/06/30(月) 17:36:03 ID:2aGz0rPl0
【世界中から信頼される日本記者クラブの毎日新聞が英語版で、世界に向けて9年間も発信していた記事】

■思春期の受験生の集中力を増すために母親はフェラチオで息子の性的欲望を解消する
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーン(10代)たちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブレーターを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
■20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■六本木のあるレストランでは、コックは食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
■日本の最新の流行:70歳の売春婦
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■かつてパールハーバーと南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている
■熱海の伊豆山神社のある木は、屠殺人の木またナギと呼ばれ、その後イザナギと呼ばれたが、
■イザナギは神道伝説の神話の神であり、日本列島は彼のこぼした精液から生まれた

138 :大人になった名無しさん:2008/07/05(土) 00:40:52
>>134
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1136211047/


139 :大人になった名無しさん:2008/07/06(日) 17:48:30
http://karimohu.com/uploader/src/nejitsu12026.jpg

140 :大人になった名無しさん:2008/07/08(火) 21:07:23
同じ高校に通う1学年下の後輩が、夏になると全体に皺が入ったような
ごく薄いブラウス姿で、いつもブラジャーが透けていた。
同じ中学校に通っていたのに、中学生時代にはそういうことはなかった。
高校がブラウスの指定が無かったので、そういうファッションにしたら
しく、濃い目のピンクのブラが定番で、時々コバルトブルーのような濃
い水色のブラもしていた。
彼女が歩いていると、ブラウスを通してカップの揺れがわかるので、俺
も他の友人も無言で顔を見合わせたことは一度や二度ではなかった。
彼女の夏服姿は2年間楽しめたが、一度も私服姿を見たことが無いまま
に終わった。
・・・・というところまでが高校時代のHな思い出のひとつで、彼女との
後日談は番外編ということで・・・・

俺が大学に入った最初の夏休みに郷里に帰省した時、あるデパートの前
(通学路)で彼女とばったり出会った。お互い同じ中高の先輩・後輩で
あったということ、もちろん話したことも何度もあったということ、彼
女も受験前の最後の夏休みを迎えて真剣に受験で悩んでいたということ
もあって、なんとなく並んで歩きながら話をした。並んでいても彼女の
胸元が気になって仕方がなかった。
そのまま、まさに「なんとなく」喫茶店に入り、お茶とケーキでおしゃ
べりした。そして、「なんとなく」翌日の彼女の補習授業後に一緒に昼
食を食べて、英語の長文読解のコーチをすることになった。
彼女の家にはお母さんがいて、俺を歓迎してくれた。一応、地元中学校
から有名大学に進んだということで、狭い田舎なので俺は周囲の扱いが
よかったのだ。
彼女の部屋で2時間くらい、長文読解の特訓をやった。初めて彼女のT
シャツ姿を見た。白いタイトなTシャツからは、例によってピンクのブラ
が透けていた。肩を寄せ合って速読しながらの大意把握を教えていると、
ついつい彼女の頬にキスをしてしまった。
彼女ははっとした表情になり、俺から離れた。だがすぐに俺の胸に顔を
埋めてきた。そのまま頬を両手で包み、キスをした。そうなると女性経
験をそれなりにしていた俺としては、その先に進みたくなる。彼女の両
肩に置いていた手をすべらせて胸を軽く触った。
彼女はまた身を離して、両手を交差させて胸元を隠した。
その間、お互いに無言だった。
俺は「ずっと気になっていたんだ」と言った。そして再度抱き寄せた。
夏休みの終了までには彼女のバストもしっかり拝むことができたし、そ
の先にも進んだ。
英語の特訓を続けながら、恋愛の訓練もしてしまったのだが、彼女は志
望校に合格した。
俺と彼女との間は2年ほどで終わったけれど(遠距離のため、うまくい
かなくなった)、高校時代に狙っていた女性と思い通りの関係になれた
ことは凄く嬉しかった。


141 :大人になった名無しさん:2008/07/09(水) 01:49:03
忘れじの爆JC篇より

混乱する頭が落ち 着きを取り戻してからゆっくり思い返してみれば、
やはりあの時 彼女は風呂上りの全裸だったように思えます。でもあ
の窓はリビン グルームの窓だし、いくら自宅とは言え、ティーンエ
イジャーが 裸でリビングを歩きまわるものなのか?再び私は彼女の
肉体への 激しい欲望と格闘する羽目に陥りました。翌日の同じ時間
まで私 は悩み抜きました。それをしたら、もう彼女に相応しい男で
いら れなくなる。しかし昨日の光景を思い出すと、以前の何百倍も
彼 女の身体を渇望してしまいます。結局私は愚劣な欲望に支配され
てしまいました。

ttp://n2ch.lazy8.info/moe/part20/703.html

142 :大人になった名無しさん:2008/07/12(土) 19:56:21
高校2年のとき、クラスの女の子に告白して振られた。悔しくて放課後レイプした。


143 :大人になった名無しさん:2008/07/18(金) 01:31:25
>>141
ttp://machiomo.com/bbs001/joyfulyy.cgi?page=5
タイトル『セーラー夏服』

この写真を見ながら141の全文で抜いた。これ最強かも

144 :大人になった名無しさん:2008/07/20(日) 01:25:28
中1の6月に教室でHなことをされてしまった思い出があります。
私は入学時にB80でした。クラスでは一番バストの発育がよかったようです。
痩せていたこともあってCカップでした。
夏はブラウス1枚だし、ブラが透けるのが一種のステイタスだったので、
私も透け透けのブラウスで登校していました。5月下旬に衣替えした時は
クラスの女子19名のうち2/3くらいはブラをしており、基本的にはブラウスの
背中から透けているのが普通でしたが、私とほかに2名は更に薄いブラウスで、
カップも透けるような感じだったので、男子の視線が集まるのを感じていました。
ですが中1の男子がタッチしてくるようなことはないし、平穏に時間が過ぎていたのです。
ところが6月の中旬、私は教室に残って何か作業をしていました。私は級長だったので、
たしかその仕事をしていたはずです。というのは一緒に残っていたN田君が副級長だったからです。
教室には2人だけでした。突然N田君が私に後ろから抱きついてきたのです。N田君の両手は私の
バストをしっかり掴んでいました。そのまま私は後ろに引きずられるように倒され、N田君がのしかか
ってきて、ブラウスの釦を素早くはずしました。今から考えると凄く手際が良かったと思います。
私は「やめて」と何度も言いましたが、なぜか大声を出した記憶はなく、抵抗にも必死さがなかった
と思います。というのは当時の私は既に処女ではなく、つきあっていた彼氏(高1)と毎日セックスを
していたので、どこかで余裕があったと思うのです。
N田君は必死にブラジャーをはずそうとしていましたが、うまくいかないためか、いきなり力づくで
引きちぎってしまいました。そして私の右のバストに吸い付き、左のバスとを激しく揉み始めました。
そうなってしまうと私は駄目でした。バストが凄く感じる私は抵抗することなど忘れて、それに身をゆだねて
しまったのです。舌先が乳首に触れる度に体全体にしびれるような快感が走りました。
ああ、もうこのままセックスしたい、と思ったのですが、N田君は暫くの間、私のバストを揉んだり、吸ったり
すると、急に体を起こしました。そして私が何も言わないうちに「おまえがブラジャー見えるような格好している
からいけないんだぞ」と叫んだのです。私はおかしくなって笑ってしまいました。N田君に「凄く気持ちよかったよ」
と言ってみると、N田君は真っ赤になり、突然泣き始めたのです。私の方が慌ててしまい、N田君を慰めなければ
いけませんでした。「誰にも言わないから心配しないで」と。それでも悪戯心が起きた私は破れたブラジャーを
N田君に「はい、記念にあげる」と渡し、ノーブラのままブラウスの釦を留め(乳首スケスケ!)、帰宅しました。
その途中、いつものように彼氏の家に寄りました。彼氏はノーブラの私に驚き、「学校にその格好で行ったのか?」
と尋ねたので、ブラのホックが壊れたので、学校ではずして捨てたということにしました。
そのままセックスが始まりましたが、彼氏から下半身が最初から潤っているといわれ、「おまえ、直ぐにトロントロン
に濡れるんだな」と言われてしまいましたが、N田君のお陰だとは言えません。私とN田君だけの秘密です。
その後、私も彼氏以外の男性とも経験したりして2年以上経過した卒業式の後、N田君からは「もう一回あのときみたいに
させてくれ」と頼み込まれ、N田君の家で彼の筆降ろしをしてしまいました。

145 :大人になった名無しさん:2008/07/20(日) 08:35:15
531 大人になった名無しさん 2008/07/14(月) 20:18:18
http://g007.garon.jp/gdb/GG/3z/YC/6x/eS/sD/hS/5S/6K/QK/0Y/C1G-.jpg
こういう経験はありますか?


532 大人になった名無しさん sage New! 2008/07/15(火) 01:18:56
>>531
もちろんありますよ
ttp://www.loose-loose.com/gazo/hhh/img-box/img20080715011753.jpg


146 :大人になった名無しさん:2008/07/24(木) 20:49:12
俺の初体験は中3の秋。
友人の紹介で知り合ったアッキーナそっくりのAという女子とヤリました。
付き合って半年以上経ったにも関わらず、Hをしてないと思った俺は映画を見に行った後、家にAを招待し、
そのままベットイン。
Aは女子校に通っていたためHには興味あったみたいで、童貞と処女ながらも気持ちよかったです。
アッキーナ似のAの胸はBぐらいあり、そのときのブラの色は黒でした。
まずはいつもどおりのキスをしたあと、胸を揉んだら「あぁん」、乳首をなめたら「あぁぁぁん」
僕はその声に興奮してしまい、下の方もたってきたので
「そろそろ合体しようか?」
「うん・・・」
そして、僕とAは合体しました。
初めて入れたので彼女は痛がっていましたが、その痛みも気持ちかったみたいで
僕は責めまくりました。
「あぁぁん、Iの最高・・・」
可愛い容姿とは反対に彼女はHの時凄い激しくてびっくりしましたが、僕もそれに反応するように突きまくり、果てました。
「I最高だったよ。」
「A、君も最高だったよ。」
こんな感じでした。

その後Aは高校入試の為に別れましたが、Aとの初の思い出は忘れません。



147 :大人になった名無しさん:2008/07/26(土) 21:17:13
小学校時代のHな思い出
@小5のときにブラを初めてつけたら、それがTシャツから透けて、近所のおじさんに指摘されたこと。
A小6のときに眠っていたら、従兄からオッパイを揉まれたこと。恥ずかしかったけど気持ちよかった。

中学校時代のHな思い出
@中1のときに黒いビキニを買って海水浴に行ったらナンパされそうになったこと。
A中1のときに椅子の上に立って作業をしていたら、クラスメイトの男の子がセーラー服の裾を下から
 覗いていて、生ブラを見られたこと。
B中2の春につきあい始めた高2の彼氏をセックスしたこと。
 それ以来、急激にオッパイが大きくなり、Bだったのが、夏休み明けでC、中3になるときはDになった。
C中3の衣替えの日に初めて黒ブラをつけて学校に行ったこと。
D中3の夏休みに海水浴に行って、大学生にナンパされホテルに行ったこと。
E卒業式の日に告白された男子となんとなくキスし、そのまま彼の童貞を奪ったこと。

高校時代の思い出
@高1の春に電車で痴漢からセーラー服の裾から手を入れられたこと。
A高1の夏に電車で痴漢から下半身を見せられたこと(デカ!と思った)。
B高1の春につきあい始めた彼氏の童貞を奪ったこと。
Cその彼氏の弟(中3)と浮気してしまい、童貞を奪ったこと。
D夏休みに祭でナンパされ、浴衣姿のまま野外でセックスに及んでしまったこと。
E夏休みに海水浴でパットの入っていない水着(オレンジのビキニ)で透け乳首してしまったこと。
 その日にナンパされた相手と海岸(松林の中)とホテルでセックスしてしまったこと。
つづく

148 :大人になった名無しさん:2008/07/26(土) 21:52:43
>>147が勝手に童貞だと思い込んでいたということ。

149 :147:2008/07/27(日) 01:06:10
>>148
そうじゃないよ。本人達がそう言っていたし、全然下手だった上に、
緊張でなかなか・・・という状態だったから、残念だけど、>>148さんの
書いていることはハズレです。

つづき
F他校の文化祭に露出度満点の服装で出かけたこと。
Gその文化祭で大学生にナンパされ、彼の住んでいたアパートで窓を開け放ったままセックスしたこと。
Hその大学生とつきあいだすと、ローターとかバイブレーターを使われて、新しい快感を知ったこと。
Iその彼の好みでHな下着(カップがメッシュのブラなど)をプレゼントされ、それをつけて登校したこと。
Jその彼に野外でセーラー服をまくられてオッパイを揉まれ、それを小学生に目撃されてしまったこと。
K高2になる前にできた新しい彼に告白されたその日に関係を持ってしまったこと(彼は童貞ではなかった)。
L彼と夏休み前に海水浴に行ったときにトップレス同然の姿で過ごしたこと。
M彼と彼の友達にその彼女(私の友達でもある)の4人でエロビデオを観て、そのまま4人でセックスしたこと(お互いのパートナーと)。
N庭でホースを使って水撒きをしていたら、手元が狂って自分が水を浴び、ノーブラのオッパイが透けてしまい、それを隣の家のおじさんに
 見られたこと。
O彼と近所の公園でデートしていて、ついつい催してしまい、彼が私のカットソーを捲くってオッパイを揉んでいるところを知っているおばさんに
 目撃されたこと(近所で噂になってしまった)。
P高3の5月に彼と別れて、寂しかったので、ついつい後輩の男の子を誘惑して童貞を奪ったこと。
Q6月につきあい始めた同じ学年の男の子が意外なくらい巨根で、しかも童貞だったこと。
R夏休みの受験用補修が休みのにクラスの有志で集まった時にノーブラで乳首を透けさせて、男子にサービスしたこと。
S10月にFカップでないときつくなったことを彼に告げ、「●君が揉みすぎるから大きくなっちゃった」と言うと、校内で
 いきなりオッパイを揉んできたので焦ったこと。

くらいかな。中学校から高校卒業までの男性経験数11名は多いのかな?1年平均で2名いかないから、いいかなと思う。
大学4年間では14人だから年平均3.5人。私の友達に話すと、「意外と少ないね」と言われた。
彼女は中3で初体験、高校時代に8人、大学に入ってから23人だという。これは多過ぎると思うけど、最近の女の子は
どうなんだろう?


150 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 02:34:14
妄想は自由だよね

151 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 06:20:34
♪妄想イズフリーダ〜ム、妄想イズフリーダ〜ム、一緒に!

152 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 06:23:59
みんな何年までブラ付けずに頑張れた?

153 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 06:36:18
♪妄想イズフリーダ〜ム、妄想イズフリーダ〜ム、もっとォ!

154 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 09:09:38
中二まで

155 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 10:45:47
>>150
>>151
>>152
>>153
で、アンタは妄想しながら一晩中シコシコやってたのか?

156 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:35:57
>>147
高卒までに11人は多すぎます。せめて3人でしょう・・・てわたしの場合が3人なんですけど。
大学時代は色々あるから仕方ないけどね・・・でも2桁は多すぎます。

157 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:38:21
どう見ても腐女子の「こうだったらいいな〜」ってレスだよねw
あんな長文、満たされてないキモいメスでもなきゃ書かないってw

158 :156:2008/07/27(日) 11:40:23
>>157
女性としては、そうは思いませんよ。
そう思いたい貴方がもてないメタボのニートさんじゃないかな、と想像しますね。

159 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:44:55
はいはい自演自演

160 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:46:13
頼まれてもないのにあれだけの長文書く動機が欲求不満以外なんだっていうんだろうw

161 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:48:28
>>160

ここは依頼されて書く場じゃないだろwww

162 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 11:57:17
依頼されて書く場でもないところにわざわざ自分から労力をかけて長文を書く動機…

よりみじめになりませんか?

163 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 12:00:37
数百あるスレから依頼されて書く場でもないこのスレを探し出し、わざわざ自分から
ものすごい労力をかけて、2レスに分けて書かなければいけないほどの長文を書く動機w

164 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 13:46:26
俺の認識ではこのスレッドは「思い出」を任意に書くためにあるのだから、
思い出として何を書いてもよいのではないかな?
そういった書き込みに対して、わざわざ時間を使って何か難癖をつけよう
とする自分の性格を少し客観的に見直した方がよいと思うよ。

165 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 13:56:12
>>164
まともに相手するな。どうせ妄想の中でしか女とやれない連中だ

166 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 14:16:15
>労力をかけて
>ものすごい労力

そうだろうか?あの程度の長さの文章を書くことを「労力」と表現するべきかな?
それも「ものすごい労力」なんて。>>163さんはきっと文章が凄く苦手なんだろうけど、
誰もがあなたと同じじゃないから、それは理解してね。
このスレにしろ、どのスレにしろ、わざわざ探し出して時間をかけて書くのは書き手の
自由だし、探し出したわけでもなく、たまたま見つけたから暇つぶしやちょっと思い立って書くのも
自由だよね。
>>162さんと>>163さんは自分の価値観だけが正しいと思ってない?
そういう視野の狭さというか独善性の方がみじめだと思うけどな。
思い切って自分のHな思い出でも披露してはどう?

167 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 15:17:49
>>162
>>163
女性と何も無い人生を送っているんだろ。
色んなH関係のスレを探して、それを読んで勃起するけど、
自分で何とかするしかないのが情けないんだろ。
それで悔し紛れにイチャモンつけて、唇の端を歪めて笑ってるんだな。
情けないヤツだな。
・・・・・・・・・・・・というわけで、>>162>>163はこれ以上は
書き込むな。オナニーにふけっていろ。
後は各自のHな思い出を続けてくれ。

168 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 18:29:08
http://karimohu.com/uploader/src/nejitsu13056.jpg
http://www.new-akiba.com/archives/2008/04/post_15099.html
「ハリー・ポッターと賢者の石」のイメージが抜けないせいか、まだまだって言うかこれからもずーっと子供のまんまだと思ってたんだけど、すっかり大人になってしまったようです。嬉しいような悲しいような。

169 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 20:36:27
>>166>>167

長文乙w


170 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 20:47:46
私の場合、中3で初体験したけど、痛かったですよ、すごーく。
その1回だけで続きはなかったから、気持ちよさがわからないままになりました。
高校に入って出来た彼氏とちょうど今くらいに初めてのセックスをするときも
セックスが1年ぶりくらいだったせいか、1回しかしていなかったせいか、
すごーく痛かったです。出血もひどかったですよ。
その彼氏との2回目までは5日間空けました。あそこに何かが挟まったような感覚が
抜けず、痛みも少しあったので。
2回目も痛かったけど、3回目は全然痛くなく、5回目くらいで初めて気をやりました。
今から考えると、この2人目の彼氏はその後に経験した人と比べても、あそこが大きかったので、
それが痛みの原因だったかもしれません。計ってないけど20センチくらいあったんじゃないかと思います。
初めての人の1.5倍くらいの長さだったような気がします。太さも一回りは大きい感じでしたから。
この人と別れたのが高2の2月で、3人目の人とするまで2ヶ月開きましたけど、3人目の人と初めてしたときは、
全然痛くなかったです。その人が童貞だったため、反対に物足りないセックスでした。

171 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 21:42:54
俺の場合、中学3年生の6月に、隣のクラスにいた仲のよい女子(M)が友達数人と帰宅中に
痴漢に遭った現場に行き当たったのが第一のHな思い出だ。
彼女達(4人だったか5人だったか覚えていない)の少し後ろを歩いていた俺とNは、彼女
達の突然の悲鳴に何が起きたのか?と立ち止まった。すると中年男性がペニスを露出させ、
彼女達の前でしごいていたのだ。俺とNは走って彼女達のところへ行き、M達は俺とNの後ろ
に隠れた。その中年男性はニヤニヤ笑っていた。気持ち悪かったが、なぜかその時は勢い
で飛び蹴りみたいな感じで、その男性に体をぶつけた。よろめいた男性は逃げようとした
ので、Nが進路を塞ぎ、俺は後から羽交い絞めにしたが、その瞬間気分が悪くなるような
きつい体臭に怯んでしまった。それで力が緩み、男性はその隙に逃げ出し、停めていた50
ccバイクに乗って逃げた。警察を呼んだものの、ナンバーを控えるようなこともしていな
いため、容貌を説明しようにも彼女達もペニスばかりが記憶にやき付いていたためか、あ
まり情報を提供できなかった。だがスレンダーな美形のMからは凄く感謝された。
「もう死ぬかと思った。そのときライダーキックで痴漢をやっつけた」と彼女は俺のこと
を説明してくれ(死ぬかと思ったは大袈裟だが)、俺はヒーローになった。
Mは「お礼に何でもするから、遠慮なく言って」と言うので、「じゃあ俺の彼女になって」
と言ってみた。実は女性として彼女を見ていたわけではなかったが、何となくMを困らせて
みたかったのだ。


172 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 21:43:26
ところがMは「それホント?」と怪訝そうな顔で俺をじっと見つめた。「本気で言ってる?」
俺は本気ではなかったが、「本気だよ」と言った。するとMの目から涙が溢れ始めた。俺は
「やりすぎたか」と後悔したが、Mは「嬉しい!凄く嬉しい!夢みたい」と泣き始めた。昼
休みの図書館で、多数の生徒がいる中、泣きじゃくるMを前にした俺は冷たい視線を浴びた。
周りがヘンな目で俺を見ていた。ところが周囲が唖然とすることが起きた。Mがいきなり
「好き!」と言って抱きついてきたのだ。Mの大胆な行動に俺も驚いたが、周囲も話し声が
完全に止まってしまい、M以外の全員がそのシチュエーションに一瞬ポカンとなっていた。
しかし、すぐに「うぉーっ!」というどよめきが起き、「ひゅ〜ひゅ〜」と囃された。
そのときの俺は抱きついてきたMの意外に膨らんだバストを感じ、下半身が堅くなっている
状態で、それをMに気づかれないように必死だった。その上、抱きついているMの背中に手を
回した時に触れたブラの感触が更に俺を慌てさせた。俺はMを突き放すようにして体を離した。
自分でも真っ赤なのがわかるくらい顔が熱かった。Mも真っ赤だった。
こうして俺とMは多くの目撃者を前にしてカップルとなった。彼女の友人達もNも当然のように
俺とMを二人だけで帰らせようとしたし、手をつなぐように促した。俺とMは周囲のお膳立てと
期待に乗って、手をつないで帰った。そうすると本当に俺とMは愛し合っているのだという気に
なった。それが嬉しかった。
カップルになった以上はキス、そしてその先も、と俺は想像した。Mの意外に膨らんでいたバス
トを思い出すと、また勃起してしまった。
Mは前から俺のことが好きだったけど、俺はタイプ的には勉強や体育を頑張っても、男女交際と
かには興味を示さない真面目だけのタイプだから、全然脈がないと思っていたらしい。それが
危機を救った上に、「俺の彼女に」とまで言われたので、映画みたいにカッコイイと感じたと
いう。
俺もMのことばかり考えるようになった。彼女は誰が見ても美形だったし、スレンダーでスタイ
ルもよかった。しかも俺が知る彼女のバストの感触は凄くふくよかで弾力があった。俺はラッ
キーな幸せ者だと思った。
Mの背中からブラが透けていたりすると、いつかあれを俺がはずして、と思った。
その時期は意外に早くやってきた。
中3で進学を前にした俺とMは日頃は登下校を一緒にするくらいだったが、夏休み直前の日曜日
にデートらしいデートをした。映画に行き、食事をして買い物というありきたりの内容だったが、
二人ともはしゃいでいた。行く先々でクラスメイトやら先生にまで出会ったが、それもまた楽し
かった。夕暮れ、と言ってもまだ明るさが残る 7時30分、街中の公園で誰も見ていないことを確
認した俺はMを抱き寄せキスした。Mもそれを待っていたように応じた。
その日から俺は益々Mのことが愛おしくなった。夏休みは俺の家で一緒に勉強することも多かった。
その合間にキスしていたが、彼女のブラがTシャツからうっすらと透けているのに我慢できず、つい
に俺は彼女のバストに手を伸ばした。思った以上に柔らかく、弾力があったし、目を瞑って唇を半開
きにして声にならない声を上げる彼女とセックスしたくて仕方が無かった。俺はTシャツの上からブラ
のホックをはずした。驚いたことにMは自分でTシャツをまくり、ブラのカップをずらした。
俺は硬く尖ったようになっている彼女の乳首に触れてみた。そのとき初めてMが「あん」と声を漏らし
た。俺はMをゆっくり押し倒し、バストを揉み、乳首を吸ったりした。だがセックスはさすがにできな
かった。

-----------つづく-----------


173 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 22:15:23
あのさぁ、男になったり女になったり忙しいみたいだけど、
文体で1人だって丸バレなわけ腐女子さん。

174 :大人になった名無しさん:2008/07/27(日) 23:58:55
やはり合いの手が入ったわwww 釣れた釣れたwww

で、続きを--------------------------------

結局俺とMの間はそこまで止まりで、受験が近づいても時々そういうことになったけど、
最後まで進むことは無いままだった。
私立高校、県立高校の受験を終えて、終業式にも二人仲良く手をつないで登校したもの
の、「卒業記念」をしたくても、そうとは言えず、春休みになった。
春休みは高校入学のための準備で忙しかったが、それでもほぼ毎日のようにMと会った。
高校は別々だったが、その時は二人ともそのまま交際するつもりだった。
4月になって新しく高校生活をスタートさせたが、俺とMは毎日のように会い、そして
それなりにHなことを続けた。
だが6月になるとMの様子が普段とは変わってきた。俺は何かあったのか?と尋ねた。
Mは居住まいを正して「もう恋人はやめよう。友達に戻ろう」と言った。涙目だった。
俺は驚いた。Mは「ずっと待ってたけど、最後まで行こうとしないのは、どこかで私の
ことを本気じゃないってことでしょう?」と言った。俺は虚を突かれた。確かに最初
はジョークだったけど、Mのことを本気で好きだった。そのはずだった。だが何度も
何度もチャンスがあったのに、最後までは行かなかった。それがなぜかは俺にも今も
ってわからない。
Mの決意は堅く、俺はそれに応じざるを得なかった。
だが友達に戻れるはずもなく、自然にお互いに離れていった。
ところが、その約1年半後、2年生の後半に俺とMは再び結ばれることになった。
Mは俺と別れてから他の男の子と交際した(とMの友人から聞いた)。だが3ヶ月
しか続かず、冬には別れたという。俺は、といえば、暫くは男女交際なるものと
は無縁でいるつもりにしていた。
だが、そういう気持ちのときに限って、なぜかそれを覆すような事件が起きる。
俺の高校では美人が少なかった(極端に)。その中の数少ない一人であるSが、なぜ
か俺に好意を持っていたらしい。俺の友人がお膳立てをしてくれて、俺とSはデート
した。Sは理系志望で、俺は文系志望だから、あまり接点がなく、俺も彼女の存在くら
いは知っていたが、彼女が何者かは全く知らなかった。一方のSは事前取材を十分にや
っていたらしく、Mのことまで知っていたし、なれそめまで知っていた。Sが俺に興味
を抱いたのは、そのなれそめ、痴漢撃退事件が原因だった。
Sとの会話は俺にとってはさほど楽しいものではなかったが、Sは別れ際に次のデートの
日程を決めたがったので、俺は惰性で応じた。そうやってずるずると交際らしき状態に
なっていった。
だがSと手をつなぐこともせず、ましてや抱き寄せるようなことはしなかったし、Sも恥
ずかしがり屋だったので、何も求めてこなかった。
1年が経過したが、俺はSとだらだらとした交際のようなものを続けているのに疲れ、
俺から「もうやめよう」と言った。Sはプライドが高いのか、「私もそう言おうと思っていた」
と答えた。だが後でお膳立てをしてくれた友人には涙を見せたらしい。俺にも多少罪悪感があった。
惰性で1年も相手をさせたわけだから。
高2の夏休みが明けて2学期になり、秋も深まった11月の夜に偶然にもMと会った。
家が遠くないのに別れて以来これまで一度も彼女に会っていなかった。お互いに「あ」
の形に口を開けて立ち止まった。そしてお互いに微笑みながら近づきあった。
そのまま俺とMはしっかり抱き合ってしまったのだ。今までの満たされないものが一気に
埋められた気分だった。キスもしないまま暫く抱き合っていた俺達は、体を離すと、何も
言わないまま見つめ合った。Mが言った。「あのときはわかていなかったの。恥ずかしいわ。
Hなことをしたがってたみたいで」俺は「俺も今わかったよ、あのときMに何も出来なかった
理由が」それ以上はお互いに何も言わなかった。
冬休みの初日、二人でしっかり腕を組み、体を寄せ合って歩いていると、中学校時代の友人
であるNに久しぶりに会った。Nが俺だけに囁いた。「凄くエロチックな雰囲気だけど、つい
にやったのか?」俺は答えた。「いや、まだだけど」
高校卒業まで俺とMは結ばれることなく交際したけど、お互いにそれを理解してのことだった
から濃密な雰囲気が十分に出ていたのだと思う。


175 :坂井輝久:2008/07/28(月) 02:23:30
ハアハア・・・
Mさんはブルマを重ね穿きしてたのかな?
ぱんちゅは普段どんなの穿いてた?

176 :大人になった名無しさん:2008/07/29(火) 16:01:52
これだけ引っ張ってコテの自演だったわけか

177 :大人になった名無しさん:2008/07/30(水) 12:19:18
http://shanbara.jp/bike/data/dscn0184.jpg

コンビニに買い物行った帰り道
ちなみに30分くらい前。あんま顔見えてないけどモザイク掛けた方がよかったかなww
撮った瞬間ダッシュで逃げたwww俺が

178 :大人になった名無しさん:2008/07/31(木) 21:06:08
高校1年生の夏休みにTシャツやタンクトップのときはほとんどノーブラだったので、
登校日についブラをつけ忘れて登校してしまい、ブラウスから透けているのに気づいたのは
友達に指摘されてから。開き直ってそのままにしていたら、先生(男)に手招きされて、
「見えてるぞ」と言われてしまった。男子はジロジロ見るし、中には「ビーチク立ってるじゃん」
とか言われたけど、意外に恥ずかしくなかった。
それ以来お尻が見えそうになるのは恥ずかしいけど、オッパイが見えそうになったりするのは
気にならず、ノーブラでも堂々と外出してしまうようになった。
つきあっていた彼からは「色気がないからブラしろ」と言われた。


179 :大人になった名無しさん:2008/08/01(金) 00:18:51
そして今では立派な垂れ乳になって、乳首は下向いて透けようもなくなりましたとさ、めでたし、めでたし

180 :大人になった名無しさん:2008/08/01(金) 21:15:16
私の場合はノーブラもあったけど、ノーパンかな。
高2のときにつきあっていた彼=大学2年生を驚かそうと思って、デートのときにジーンズの下にショーツをはかなかった。
いつもの流れで彼の部屋に行って、ベッドに寝かされて胸をモミモミされ、ブラをはずされて乳首を舐められて気持ちよくなって、
いよいよジーンズを脱がされた。彼が「えっ!」と大きな声を上げて、動きを止めてしまった。
「おまえ・・・」と絶句していたけど、その後はいつも以上に激しい動きで楽しませてくれた。
その後にノーパン癖がついて、ジーンズやショートパンツのときはノーパンをよくやった。
ナンパされたときも、相手の男が驚いていたけど、「おまえ淫乱だな」と言われて、私も興奮した。
その後はノーパン癖に加えて、スケベとか淫乱と言われて快感を覚えるようになってしまった。
今思い出してみると高校生のとき、普段着ではノーパンのことが多く、ジーンズとかちょっと汚れてしまった。


181 :大人になった名無しさん:2008/08/01(金) 22:42:06
俺の場合も高2で最高にHというか危ない思い出がある。
当時の俺は2歳上の短大生とつきあっていたんだ。彼女が高3で俺が高1のときに
つきあい始め、処女と童貞が目出度く結ばれたんだが、彼女のH好きが度を越していて、
俺は高2にして大人のおもちゃで女性を責めることを覚えてしまったし、ソフトSMまでやらされた。
中でも最高にHで危険だったのは俺のバイクに彼女を乗せて走っていたときに、彼女が俺のジーパンの
ファスナーを下ろしてペニスを取り出し、しごき始めたことだ。当然勃起するし、彼女はノーブラの巨乳を
背中に押し付けて、乳首に刺激を与えているらしく、小刻みに揺らしながら耳元で「はぁはぁ」いっていた。
ただでさえ彼女のバストの動きが気になっていたのに、ペニスをしごかれ始め、運転に集中できなくなり、
危うく事故を起こしそうになった。信号停車中に周りから見られて恥ずかしいこと。
ついには射精してしまい、自分のバイクだけでなく服にまで精液がついてひどい思いをした。
他にもこの彼女には電車の中での痴漢ごっこや痴女ごっこ、二人が卒業した高校のグランドで夜中にセックスとか、激しいことを強要された。
俺が高3になったときに関係を「発展的に解消しよう」と言われたので、意味が解らない俺は説明を求めた。
彼女いわく「もっと他の男ともやりたいから。H君(俺のこと)も他の女とやって、もっと経験を積まないとね」

182 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 00:31:00
私も思い出は高2のときですね。高2って受験まではまだ間があるし、
高校生活にもなれて、一番Hなことしたくなるのかもね。
実は中3で初体験を済ませ、高1のときの彼氏とは年間300回近くしてしまい、
高2の春につきあい始めたのは年上、大学3年生でした。
その彼がH下着が好きで、私に色々つけさせたがったんです。
タンガショーツは可愛かったけど、Tフロントのショーツとかはつけていると痛く
なってHな気分にはなれませんでした。それでも彼に言われるままにそういうH系下着
をつけていたのですが、ある日、彼からオープンブラとオープンショーツをつけるように
言われ、渡されたのはゴールドのやつ。
指定された日に学校につけていったけど、その日に体育があることを忘れていて、着替えの
時にセーラー服を脱いだら、クラスメイトが一斉にわたしを見て、愛美が「わぁかわいい色!」
と言ってわたしの傍にきたとたん、言葉を失っていました。ブラの中央からは乳首がこんにちは
していたし、ショーツも中心部が開いているのに、驚いて口をあんぐりとあけていました。
しかも私の高校の体操服はTシャツタイプでブラがよく透ける素材でした。
オープンブラが透けて、乳首もうっすらわかる状態で体育の授業に出たので、先生(女性)もまじまじと
私の胸を見ていました。
でもその話をすると彼が喜んで、普段よりずっと長く続いて、わたしは激しく気をやってしまいました。
その彼とはその秋には別れたけど、おかげでH系下着はたくさん集まりました。

183 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 00:49:25
同一人物の連投がうぜー

184 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 01:34:44
俺は大学2年生のときに高3の彼女とドライブ中にフェラチオされたぞ。

185 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 02:10:26
部活で遅くなり、暗い道を一人で歩いて帰っていた中1の冬に、
道路脇に人がしゃがんでいるのが見えた。やや離れていたので、
驚かしてはいけないし、病気かもしれないと思ったりして、足音を
立てないようにして近づくと、同じ中学校の3年生の女子だった。
その女子は溝の中に放尿しているのだった。俺はおかしくなって
ゲラゲラ笑い、その女子は慌てて立ち上がったために尿がスカートに
かかったようで、パニックになった。
俺は翌日学校でそのことを喋るつもりはなかったが、その女子が俺の
クラスにきて、手招きをしたので、何事かと思ったら、喋らないでいてくれたら、
何でもさせてあげるというのだ。
今はそのときに何かさせてもらえばよかったと後悔しているが、当時の俺は初心で
脅して何かさせてもらうとかいう発想がなかった。本当に惜しいことをしたと思う。


186 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 20:37:05
私も最高にHな思い出は高2のときだった。
夏休みに入ってすぐのころに、彼氏(大学2年生)からバイクで夜のドライブに誘われた。
彼氏は私にノーブラ・ノーパンで、ミニスカという姿で来るように言うので、ノーブラとミニスカはOK
でもノーパンはイヤだと拒否したら、紐パンならOKだと言われたので、従った。
バイクで彼に連れて行かれたのは夜景が有名なデートスポットで、私たちが着いたときには数組のカップルが
来ていたし、暗闇でよく見えなかったけれど、抱き合っているカップルもいた。
そこで彼から抱きすくめられ、オッパイを触られた。そして彼に求められるまま、大きな樹(たしか巨木で有名になっているクスノキ)
に両手をついてミニスカの中の紐パンを脱がされ、立ったまま後ろからされてしまった。
抑えようとしても声が出たので、周囲のカップルにバレていたみたいで、恥ずかしかったけど、興奮も大きかった。
次のデート(翌々日だった)のときは求められなかったけど、ノーパンで行きました。ミニだと中が見えてしまう危険性があったので、
ショーパンにしたけど、彼の部屋で脱がされた時は凄く喜ばれた。

187 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 20:44:28
もういいってばアンタの妄想は

188 :大人になった名無しさん:2008/08/02(土) 21:00:26
昨日私の地元で花火大会があって、浴衣姿の女の子がたくさんいたので
思い出したのですが、中3のときに神社の夏祭りで見ず知らずの中年の
男性に浴衣の胸元に手を入れられて、生まれて初めておっぱいを揉まれ
たのが私のHな思い出です。私もその日は186さんみたいにノーブラ
だったんです。まだそんなに大きくなかったし、いいか、みたいな感
じでブラしなかったのが、生で揉まれてしまう結果になっちゃいました。

189 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 00:01:35
男性も女性もいいなぁ。俺なんか中学校時代のHな思い出といえば、
クラスメイトの女子がTシャツ姿で前かがみになったときに生乳首
が見えたくらいだ。ブラジャー不要の大きさだったからノーブラ
だったというだけだから、色気も何もあったものじゃなかった。
高校時代は満員電車で他校の女子が、電車が揺れた弾みで俺に
抱きついてきたくらいしかない。
清い童貞とおさらばしたのは一浪を経て大学に入った20歳の秋
だぜ。悲しいよ。
でも今夜もオナニーに耽る>>187よりはマシかもな。

190 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 00:45:05
某アナウンサーの「年300回発言」が話題になっているけど、
私もそれくらいしていた(笑)
激しかったのは中2のときと高1、高2のとき。
たぶんこの3年間は平均300回超えてると思う。
受験のある年はたぶん150回以上200回未満。やりまくった
年のだいたい半分という感覚だったから。
高1のときに他校の友達から「ねぇ、何回くらいしてる?」と
訊かれ、私は週に何回か訊かれたと思い「8回とか、そのくらい」
というと「意外に少ないね、K子だったら15,6回してるかと
思った。私は先月は13回かな。」と言われた。私はその友達、H美の
ことを凄いな、と思い、「じゃあ月に40回近くらいはするんだ!」
と言った。
反対に彼女が驚いて、「ええっ!月に13回って意味だよ!」
と言った。そして「じゃあK子は週8回なの!月に・・・24、5回な
の?」と訊かれたので「うん、少ないかな?」と言うと、「多すぎだよ」
と笑われた。
夏休みなどはそれ以上のペースでやってたから、300回は超えている
と思う。
高校卒業直前にH美から「今まで何回したの?」と訊かれたので、上に
書いたような私の感覚を説明したら、「じゃあこれまでを仮に1200回
にしよう。大学卒業までに通算2000回達成できるね、2000本安打、
名球会入りよ!」と言われてしまった。彼女は最初から回数をメモしていて、高校卒業までに通算
445回だと言っていた。
大学に入ってからは私もメモをつけたけど、最初の年は彼氏ができるまで
に時間がかかり104回で、2年生のときはガンバッテ309回、3年生
のときも295回でかなり努力したけど、4年生のときに浮気がバレて彼氏
と別れ、次の彼氏ができるまでにお留守になった時期があるので134回
で、合わせて842回で、冬休み明けに2000回達成だったけど、一時は
焦った。
春休みに帰省したときに中学校の同窓会でH美が「K子は無事2000本安打
を達成しました!」と発表してしまったけど、焦ったのは私だけで、誰も意味
がわからなかった。H美は4年間で通算902回で、私を上回ったとはしゃいで
いた。
H美とは人数の話になり、私は高卒までに4人だったけど、H美は7人、大学に
入ってからは私が5人で、H美は12人だったので、H美の圧勝だった。
その同窓会の夜に私は通算10人目と、H美は通算20人目とやってしまったけど、
大学の卒業式を終えているので、卒業後の人数にカウントした。
私はそれ以降はカウントするのをやめたし、年に100回くらいしかしなくなった
けど、H美はカウントを続けていたし、彼女が年に300回くらいするようになった。
だから300回なんて話題にするほどじゃないと思うんだけどな。


191 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 00:55:53
バレバレだって気づいてる?

192 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 01:29:03
他人のレスだけど、これよかった。
--------------------------------
474 :大人になった名無しさん:2008/02/19(火) 14:42:04
正式な林間学校ではないのだが、俺が高1のときに最高にHな思いでができた。
クラスから進学校に進んだ俺とHは初めての夏休みを前にしてキャンプの計画を
立てた。誘うのは美形だったKとC子のつもりだった。この二人は他校に進学して
いた。同じ高校に親しい女子はいたが、真面目で堅物だったのでパスした。とい
うか、これは全て俺の個人的な計画で、Hはやはり真面目で堅物、彼を誘ったのは
この計画が人畜無害にみせかけるためだった。
KとC子は通学のときに駅まで一緒だったので、毎日のように接していたから、誘う
のも簡単だったし、中学校卒業時に違うクラスだったものの、通学友達という理由
もつけられた。なぜこの二人かと言うと甲乙付けがたい美形であったし、ことにC子
は誰が見ても明らかなナイスボディの持ち主だったからだ。
夏休みの2週目までに俺たちは何度も会って計画を立てた。その度にC子のせり出し
たバストやパーンと張ったヒップを何とか触りたいと思うのだった。
8月に入った最初の月曜日に俺たちは市内の渓谷でキャンプを張った。テントは二つ
用意した。
当日、C子はなんと上半身はビキニという姿で現れ、俺の夜への勝手な期待は高まった。
Kは細身で、キリッとした感じの美人だが、この時点の俺は完全にC子の肉体に関心を
奪われていた。
現地に着くとテントの設営にかかったが、揺れるC子のバストが悩ましく、尿意を催して
森に入る度に堅くなったペニスに「もう少しの辛抱だからおとなしくなれ」と説諭しなけ
ればならなかった。テントを張り終え、俺たちは川遊びに興じた。Kの水着姿もスレンダー
で決まっていた。俺はこの2人を選んでよかったと心底思った。
Hが「なあ、ずっと思いよったばってん、なんであの二人を誘ったと?」と俺に尋ねた。
俺は「二人とも可愛かろうが」と答えたが、Hは「おまえ、どっちかをどけんがする気やなかろうね?」
と心配顔で迫るので「あたりまえたい!今夜で清らかな童貞ともおさらばたい」と答えた。
Hは「まだ高校生やけん、そげんことしたらいかんとやなかね?」と子供みたいなことを言うので、
「おまえもさせてやるけん、よかろうもん」と俺が言うとHは「ほんにさせてくれるとね?」
と真剣になった。
だがこういうときは必ず邪魔が入るのが俺の人生だ。なんと俺の高校のクラスメイトである
B場とH田が来ていたのだ。しかも女子2人連れ。その内の1人は比較的俺と親しいS子だった
(もう一人はM子という他校の子だった)。
結局俺たちは8人で夕飯の準備をして、一緒に花火をするようなハメになった。
B場はC子が気になるらしく、「どこの子や?」と最初から彼女に関心を示していたし、
H田はM子とつきあっているため、二人の世界だった。そうなると彼らのグループではみ出した
のはS子だったが、俺はうまくHをS子にあてがい、B場の関心をKに向けさせようとしたが、
Kが俺を森の方に誘い、「あんた、C子ば狙うとるやろ?」と切り出した。俺は「そげんことなかよ」
と否定したが彼女は「最初からどーもおかしいと思うとったんよね。あんたはホントに悪いわ。
小学生の頃から優等生の顔ばして、陰で悪さばかり企んで、一番たちが悪か!」と俺を詰った。
俺は急場凌ぎで「どげんしたとね、機嫌ば直しんしゃい。俺が思うとるのはKたい。Kとキャンプ
したかったけん、計画したとがわからんとね」と言ってみたら、Kは「それホント?信じてもよかとね?
嬉しい!」と俺に抱きついてきた。だんだん俺も自分の言ったことが本当だったような気がして、
そのまま俺とKはキス、Kの豊かではない胸をちょっと触ったりした。

193 :192:2008/08/03(日) 01:29:46
475 :続 き:2008/02/19(火) 14:42:28
それぞれカップルで少しはなれて話したりしていたが、テントの中にまで一緒に入るようなことはなく、
男子は男子と、女子は女子とという組み合わせで眠った。
翌朝B場の頬が腫れていたので「どげんしたとね。虫に刺されたと?」とHが聞くと、「C子に殴られた」
という。C子にキスしようとしたら、思い切り拳骨で殴られたらしい。朝食のときはC子は何事もなかった
ように振舞っていたが、B場たちと別れると、俺に向かって「もう信じられん!あんたが誘ったから来たのに、
わたしをほったらかしにして!なんね、あの変態(B場のこと)は!」と怒るのだった。
唖然とするKやHを前にしてC子は「もう好かん!ずっとあんたのことが好きやったのに!Kの方がいいなら、
もう勝手にし!」と泣き出した。慰めるKと何もできない俺、部外者状態のH。
帰り道もずっとふくれっ面だったC子だが、「相手がKならわたしも許す」と言い、雰囲気はよくなっていった。
後でKが「内緒よ」と教えてくれたのだが、C子はキャンプに行くにあたりコンドームも用意していたと打ち明け
たそうだ。「あいつ(俺)はうっかり者やけん、わたしが用意せんばと思った」と言ったというのだ。
ああ、何たる不覚!Kは俺の告白を信じきっていたから、今さら裏切れないし、C子も俺とKの交際を「温かく見守る」
と言ったので、もうどうにもならない。
こうして1年が過ぎ、俺はKの体を色々触ったけど、童貞のままだった。俺もKの性格に惹かれるようになって、
これでよかったのかな、と思っていた矢先、Kの父親の転勤でKが神奈川県に引っ越すことになった。
別れを前にしてHを入れた4人で旅行に行くことをC子が計画し、俺たちは島原に遊びに行った。
ホテルの部屋は俺とH、KとC子でとっていたが、C子は当然のように俺とKを一緒にしてくれ、戸惑うHに「変な
ことしたら承知せんきね!」と言い放ち、Hもそれに従った。俺とKは結ばれた。
翌朝Hが「やったとね?どげんやった?」としつこく聞いてきたが、俺は適当に受け流した。
こうしてKは神奈川県(藤沢市)に引越し、通学は俺とHとC子という3人になってしまった。
そうなると離れているKよりも、もともと好きだったC子に俺の気持ちは傾斜した。Hは相変わらず「どげんやったね。
気持ちよかとやろ?」と毎日のように俺にセックスの話を求めたが、さすがに詳細を語るのは
憚られたし、C子を前にしてそのような話ができるはずもなかった。
だがKからC子に「あいつのことを宜しく」という手紙が届き、俺にも「C子ならうっかり者のあんたを支えてくれる
から安心」という電話があったので、俺は「解禁」とばかりにC子に「俺たちでつきあおうよ」と言ってみた。
そうすると「あんたはほんま尻が軽かね!誰でもいいとね?Kと別れてつらいのはわかるけど、もう少し男らしゅうせんね!」
と叱られてしまった。


194 :193:2008/08/03(日) 01:31:04
476 :475:2008/02/19(火) 16:38:41
さらに後日談があって、翌年の夏休みにKは里帰りしてきた。
俺はC子とつきあってなくて本当によかったと思った。というのはKのボディが
大きく発育を遂げていたからだった。
彼女は「彼氏はいないし、仕方ないから、あんたとつきあい続けてもいいよ」と
言うので、俺は二つ返事でOKした。だがセックスするわけではないまま、その夏休みは終わった。
俺はKとやりたくて神奈川県にある国立大と東京の私立を受けた。
結局両方に合格し、俺は私大を選んで4年間Kとつきあったし、Kとも無事結ばれた。
C子からは「お調子もの!」と叱られたが、Kとの交際は楽しかった。今も続いているから、実は過去形では書けない。
これからどうするか?C子はもう結婚しているし、俺も迷わないと思う。
-----------------
それと、>>191>>187>>183は邪魔


195 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 01:45:24
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|悔|_|〜プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ〜
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜
  | ∪< ∵∵   3 ∵>
  \        ⌒ ノ______
    \_____/ |   | ̄ ̄\ \
___/      \   |   |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___   \|   |    |__|
|:::::::| \____|⊃⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


196 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 14:16:14
自分の文章の癖に気付いてないのかな

197 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 19:09:05
中学、高校で付き合ってた女いたな。

198 :大人になった名無しさん:2008/08/03(日) 21:20:05
普通いるだろwww

199 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 08:17:25
小学校の頃、年一回は普段のメニューより詳細に身体測定するんだけど低学年と六年生女子が一緒だった。
六年生の乳首見てガチガチに勃起してた。
年上好きなんだけど、あの時の体験が年上の女性に目覚めたキッカケだったかも。

200 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 16:48:56
いい加減そういう妄想やめたら?
男に興味を持ってもらえないからって子供に興味を持ってもらう
妄想でオナニーって虚しくない?

201 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 18:16:04
瞑想じゃねえよ

202 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 19:53:55
子供もブスは嫌うよねw

203 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 22:10:39
中3のときに俺が生徒会長で彼女が書記長だった。
夏休みに受験勉強の合間にデートして、ついつい彼女のTシャツの胸のふくらみに
ムラムラしてしまい、真昼の公園でベンチに座ったまま襲い掛かってしまった。
それまでペッティングまではしていたが、そのペッティングも胸だけで下半身には触ったことがなかった。
このときも胸だけしか触らなかったけど、炎天下で彼女のブラまではずして触りまくったら、誰かが見ていて
通報されたらしく交番のお巡りさんが来る姿が見えたので必死に逃げて、彼女とゲラゲラ笑った。
夏休み中の登校日に職員室に呼ばれ、しこたま怒られた。一応優等生代表で、清く正しいカップルみたいに思われていた
俺と彼女が不純異性交遊みたいなことをしたので、「お前達がやっちゃいかんだろう!」と担任に言われた。
「じゃあ●●と■■だったら、いいんですか?」と俺が反論したら、担任は「あいつらなら、しょーがねぇーなーで納得
できるけど、お前達はダメだ!」と言い放った。
理不尽な担任の論理に悔しかったけど反省文を提出し、親には内緒にしてもらった・・・つもりだったが、当然バレて殴られた。
彼女との交際を続けることは認めてもらえたけど、二人で会っていても監視されているような感覚が残って、イマイチ楽しめなかった。
それでも俺は最後までやってしまおうと試みたけど、彼女が今度バレたらタダじゃすまないと怖気づいて、下半身も触らずじまいだった。

204 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 22:24:37
                         ┏                   ┓
                                 彡川三三三ミ      
┏━━━━━━━━━━━┓             川川 ::::::⌒ ⌒ヽ >>191
┃     解析結果.      ┃             川川::::::::ー◎-◎-)    doutei
┣━━━━━━━┳━━━┫   neet       川(6|::::::::  ( 。。)) / ̄ ̄ ̄ ̄
┃粘着度        ┃100%  ┃   ̄ ̄ ̄\   ._川川;;;::∴ ノ  3  ノ
┣━━━━━━━╋━━━┫         /;;;:::::::::::::::\_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
┃迷惑度        ┃100%  ┃        /::::  /::::::::::::    |::::|
┣━━━━━━━╋━━━┫       (:::::::: (ξ: ・ ノ:::・/:::|
┃妄想度        ┃100%  ┃        \::::: \:::::::   (::: |
┣━━━━━━━╋━━━┫        /:::\::::: \:::    ヽ|     houkei
┃悪臭度        ┃100%  ┃        /::::   \::::: \::: ヽ )  / ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━━━━━┻━━━┛        |:::      \::   ̄ ̄⊇)___  〜
                           |:::::::      \;;;;;;;;;;;(___3  〜 モワー
                    kitty guy  \::::::::::   ξ(;;; );; )      〜
                     ̄ ̄ ̄ ̄\  \::::::::::::    ) )
                              ):::::   // 
                             /::::::::: //
                           /:::::  (_(_
                         ┗                   ┛
                                  ピピピ・・・


205 ::2008/08/04(月) 22:30:07
坂井輝久か?

206 :大人になった名無しさん:2008/08/04(月) 23:35:16
>>203
いいねぇ!優等生同士なら、さぞや色々知識があって試したんだろうな。

207 :大人になった名無しさん:2008/08/05(火) 00:39:39
ものすごい分かりやすい自演w

208 :大人になった名無しさん:2008/08/05(火) 20:45:40
>>207 おまえ>>191だろ. 非常にわかりやすいよwww

209 :大人になった名無しさん:2008/08/05(火) 22:16:13
>>207
粘着質だな。気持ちわりぃなぁ。

210 :大人になった名無しさん:2008/08/05(火) 23:12:42
>>207さんって女性とつきあった経験が少なそうですね。

わたしのHな思い出は高校1年生のときに、高3の彼氏が大学に合格したら
地元を離れるので、わたしの写真を撮っておきたいというので、何も考えずに
OKしたら、Hな写真のことで、ノーブラの透け乳首写真を何枚も撮られ、わたしも
モデル気取りで色々な服に着替えてポーズをとっていたら、彼が「じゃあ脱いでみようか。」
と言うので、ついついヌードを撮ってしまいました。
彼は無事大学に合格し、その写真をもって東京へ。

翌年の夏休みに彼の住んでいるワンルームマンションに泊まりに行ったら、彼の友達2人が来ていて、
わたしを見てニヤニヤするので、何事かと思ったら、わたしのヌード写真を買ったという話になり、
わたしはキレてそのまま帰ってしまった。

211 :大人になった名無しさん:2008/08/05(火) 23:15:27
ものすごい分かりやすい自演w

212 :大人になった名無しさん:2008/08/06(水) 21:09:17
>>211
粘着質だな。気持ちわりぃなぁ。


213 :大人になった名無しさん:2008/08/07(木) 01:18:51
放っておけよ。
小学生の頃から他人とのコミュニケーションがとれなくて
一人寂しく生きてきたヤツなんだろうから・・・

214 :大人になった名無しさん:2008/08/07(木) 01:50:06
そうそう。
こんなところで妄想作文するしか生きる楽しみのない奴なんて
放っておかないとそのうち第2のアキバ殺人事件が起こる。

215 :大人になった名無しさん:2008/08/07(木) 23:13:23
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ ! 
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |

216 :大人になった名無しさん:2008/08/09(土) 17:17:43
高1の夏休みに公園の目立たないところでフェラしているところを幼児3人に見られたこと。

217 :大人になった名無しさん:2008/08/09(土) 20:54:13
私は中3の夏休みに夜の公園でキスしているところを、
ちょうど花火をしに来た小学生に見られたことかな。

218 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 03:49:37
その“ワンパターンシリーズ”どうにかして…

219 :大人になった名無しさん:2008/08/10(日) 22:23:07
私が高2でクラスメイトとつきあい始めて、3ヶ月めの夏休みにセックスして、
それからは3日のうち2日というペースで彼の部屋でするようになっていました。
私はデートでラブホテルとか利用してみたかったので彼に提案したらOKしてもらえ
たので、お礼のつもりで彼を驚かせようと思い、ジーンズの舌に何も穿かずに行き
ました。
ベッドで脱がされて、私のジーンズに彼の手がかかり、ジッパーを下ろした瞬間、
彼がニヤッと笑いました。そして立ち上がると彼が脱ぎ始めました。彼がジーンズ
を下ろした時、私は驚きました。彼もノーパンだったのです。
お互いに考えることは同じなんだなって笑いあいました。

220 :大人になった名無しさん:2008/08/11(月) 01:06:20
きんもー☆

221 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 20:37:30
粘着レスつけて自己満足に浸っているヤツはオナニーで忙しくて来ないのか?

222 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 22:32:38
中学生の時、吹奏楽部のことデートして1年間ほど付き合った。

223 :大人になった名無しさん:2008/08/12(火) 23:23:48
小6のときに親戚が集まった席で、毛が生えているかどうかで俺のことが話題になって、
伯父から「見せろよ」と言われたが、既に生えていた俺は恥ずかしくて見せなかった。
その日は「見せろよ」の伯父の家に俺だけ泊まったのだけど、夜10時くらいに風呂に入っていると、
高3の従姉が突然入ってきた。そのくらいの年齢の女性の裸なんて見た事もなかったし、
おまけに従姉のオッパイは凄く大きく見えて、俺は慌てたが、ポコチンは完全に勃起してしまって隠しようがなかった。
従姉は何事もないように「一緒にお風呂に入るの久しぶりねー」と笑っていて、俺の背中を流してくれるというので、
俺は素直に従ったが、背中に従姉のおっぱいが当たったりするようで、俺のポコチンは収まりがつかない状態だった。
やがて従姉は背中から俺の股間に手を伸ばし、石鹸をこすりつけてきた。しごかれていた。
俺は緊張して体が動かなかったが、すぐに背中を何か熱いものが駆け上がり、腰がふわっと浮き上がるような感じになった。
従姉の手が止まり、「出たねー」と言うので、我に返ったが、最初は何が起きたのかわからなかった。
それが俺の初めての射精になったのだけど、後日従姉からは事あるごとにからかわれた。
何年もたってから思ったのだが、従姉は高3なのにああいうことができたということは、それなりに男性経験があったのだろう。
大学に進んで郷里を離れた従姉と顔を合わせる機会もなくなって、そのことを聞けないままになっている。

224 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 11:12:56
また妄想か…

225 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 19:48:22
>>224
また粘着か・・・

226 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 19:56:49
>>224 思い出がないと寂しいよなwww

227 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 20:20:01
>>224の相手をするな。誰ともコミュニケーションがとれず、ここで誰かに遊んで欲しいから書き込んでいるんだから。

228 :大人になった名無しさん:2008/08/13(水) 20:58:18
>>227
ここは彼を語る場ではないから、もうやめよう。
そうしないと話題のヒーローだと勘違いして、勢いづくぞ。
と書いている俺も>>224を煽っているわけだが。

229 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 00:50:41
自演の仕方でも勉強してくれば?

230 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 00:52:57
>>229
他のスレで君のことが話題になっているよww

231 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 01:24:12
女教師とかパンチラでオナするってマジ?こうふんしすぎじゃね?帰ったら冷めてるべ
むらむらしたら
おれのじだいはエロ番組とかやってたから毎夜それみてた

232 :坂井輝久:2008/08/14(木) 01:41:16
ここにも無学無職の身障が出没してるなw
学校通ったことないからな妄想乙!マンは。
あっ養護学校は学歴に入らないよ。

233 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 01:47:13
流れが読めんのだが・・・

234 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 02:09:34
つまりだ、まともなヤツはほとんどいない、ということだw

235 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 02:24:13
                         ┏                   ┓
                                 彡川三三三ミ      
┏━━━━━━━━━━━┓             川川 ::::::⌒ ⌒ヽ >>229
┃     解析結果.      ┃             川川::::::::ー◎-◎-)    doutei
┣━━━━━━━┳━━━┫   neet       川(6|::::::::  ( 。。)) / ̄ ̄ ̄ ̄
┃粘着度        ┃100%  ┃   ̄ ̄ ̄\   ._川川;;;::∴ ノ  3  ノ
┣━━━━━━━╋━━━┫         /;;;:::::::::::::::\_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
┃迷惑度        ┃100%  ┃        /::::  /::::::::::::    |::::|
┣━━━━━━━╋━━━┫       (:::::::: (ξ: ・ ノ:::・/:::|
┃妄想度        ┃100%  ┃        \::::: \:::::::   (::: |
┣━━━━━━━╋━━━┫        /:::\::::: \:::    ヽ|     houkei
┃悪臭度        ┃100%  ┃        /::::   \::::: \::: ヽ )  / ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━━━━━┻━━━┛        |:::      \::   ̄ ̄⊇)___  〜
                           |:::::::      \;;;;;;;;;;;(___3  〜 モワー
                    kitty guy  \::::::::::   ξ(;;; );; )      〜
                     ̄ ̄ ̄ ̄\  \::::::::::::    ) )
                              ):::::   // 
                             /::::::::: //
                           /:::::  (_(_
                         ┗                   ┛
                                  ピピピ・・・


236 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 02:49:00
腐女子の粘着って怖いんだね

237 :大人になった名無しさん:2008/08/14(木) 15:55:46
>>232
何こいつ?


238 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 00:22:15
中1になったばかりの4月に、近所の進学校に入ったばかりの先輩に
「いいこと教えてやるからパンツを脱げ!」と命じられ、言われるままに
パンツを脱いだら、後ろから羽交い絞めにされチンポをしごかれた。
「やめて下さい、●●さん(先輩の苗字)。」とお願いしたが、先輩はそれには応えず
俺のチンポをしごき続けた。
やがて俺は腰が浮くような初めての感覚を味わった。そしてピュルッというような感じで
俺のチンポから粘液が飛び出した。
先輩は「これがせんずりじゃ。これから励めよ。」と言った。
励むも何も、すぐにやみつきになってしまった。

239 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 04:10:21
>>238
このサル!誰の手でもイクのかセンズリキチガイ!w
てかセンパイもどうせならパックンチョしてくれりゃ良かったのにね。

どんな事考えながらピュッピュッと飛ばしたの〜?


240 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 04:36:04
腐女子の妄想きんもー☆

241 :大人になった名無しさん:2008/08/15(金) 05:09:38
バター犬にナメられた。

242 :大人になった名無しさん:2008/08/16(土) 22:42:26
>>238
俺の友達も下級生のをしごいていたぞ。
小6だと射精するが、小5では出ない、なんて言ってたが、
俺は気持ち悪いヤツだな、と思っていた。
これが中2時代で、この友達は工業高校に進んだけど、
その後「アッー!」の世界に入ったらしい。
>>238のをしごいた先輩も「アッー!」じゃないのか?

あと、>>236も「アッー!」っぽいね。

243 :大人になった名無しさん:2008/08/16(土) 23:56:23
中3の夏に水泳の時間になると私ともう一人、N子の下着がなくなる(盗まれる)
ことが2回続いたので、犯人探しが始まり、隣のクラスで目立たないM山君が二回とも
体育を休んで保健室に行っていたということがわかった。保健室の先生はその時間には
テレビで時代劇の再放送を見ていたことも判明し、M山君が抜け出して盗んだのではない
かということになった。でも証拠がなかった。
この推理は密かに友達と一部の男子と話していたことなので、M山君には伝わっていなかった。
次の機会にわたしとN子は出来る限り派手な下着(フリルがついた明るいピンク)を準備して水泳に臨んだ。
でもそのときは盗まれなかった。盗まれたのはわたしもN子も白い下着だった。
とうとう方法がなくなってF澤君とK斐君の二人がM山君を問い詰めた。
M山君は白状した。やはりM山君が犯人だった。
盗んだ理由はわたしとN子の下着にオチンチンをこすりつけると気持ちいい、普段からわたしとN子の裸を
想像して枕にオチンチンをこすりつけていたから、というものだった。
F澤君が「M山のヤツ、オナニーのやり方知らないらしいぞ。」と言うので、わたしが「えっ!うそ!わたし
だって知ってるのに!」と思わず言ってしまった。そうしたらN子と男子2人が「え、知ってるって・・・・」
と絶句してしまった。わたしも事の重大さに気づいたけど、知っていたのだからしかたない。N子がわたしに
「じゃあ普段もしてるの?」と聞いたので、N子は女性のオナニーのことだと思ったらしいとわかった。わたし
はしていたけど「してないよー」と言い、「男子のあれをこうするんでしょ?」と仕種で男子2人に聞いてみた。
N子が「どんなふうにするか見たい。」と食いついたが、2人は絶対拒否の構えを崩さず、そのうちにM山君に
罰としてやらせてみようという話になったが、実現しなかった。

244 :大人になった名無しさん:2008/08/17(日) 01:11:30
>>243
M山君じゃなくてS井T久君じゃなかったか?

245 :大人になった名無しさん:2008/08/17(日) 13:11:42
腐女子って他にすることないのかなw

246 :大人になった名無しさん:2008/08/18(月) 14:06:35
小学校時代・・・・小6のとき
道を挟んだ向かいの家に中3の女の子が住んでいて、夏休みのある日、
俺の部屋(2階)からふと向かいの彼女の家に目をやると、彼女が椅子
に座って、白いポロシャツ(に見えた)を捲り上げて、バストを露出し、
指先で乳首を触っているのを目撃した。バストはあまり大きくなかった
が、彼女の表情は見えた。目を瞑り、口が半開きだった。

中学校時代・・・・中2のとき
秋だったと思うが、同じようにふと向かいの家を見ると、カーテンを閉
め忘れているのか、彼女が着替えをしていた。セーラー服を脱いで、ブ
ラ姿になったときに慌てて俺は双眼鏡を用意し、身を屈めて覗きを実行
してしまった。スカートを脱ぎ、上下白の下着姿になった彼女に俺は「脱
げ、脱げ」と念じたが、彼女は脱がずに、そのままトレーナーを着て、ジ
ーンズを穿いた。「ああ、つまんねぇ」と思った瞬間、彼女がトレーナー
を脱ぎ捨てて、ブラをはずした。中3の頃よりバストは大きくなっていた。
それを鏡に写しいるのか、ポーズをとったりした後、乳首をつまんで弄って
いた。俺は既にいきり立ったペニスを出してしごいていた。ひとしきり乳首
を弄った後、今度はブラをつけないままトレーナーを着た。
暫くすると彼女は家を出た。ノーブラのままのはずだった。
あとをつけなかったことが悔やまれる。

247 :谷岡:2008/08/18(月) 14:48:29
>>245
汚いレスだなぁ

248 :大人になった名無しさん:2008/08/18(月) 20:04:17
腐女子(笑)

249 :大坊:2008/08/19(火) 20:49:45
>>248
いやだよ、腐女子なんて

250 :大人になった名無しさん:2008/08/19(火) 21:03:01
谷岡って誰だ? 大坊って何だ? 俺には腐女子もイマイチわからない。

251 :谷岡:2008/08/19(火) 21:33:33
>>248
何か足んねぇんだよなぁ

252 :大人になった名無しさん:2008/08/19(火) 21:48:33
>>250
このスレで名前欄に名前いれてる奴が書いてるような
どこがおもしろいのか全く分からない定型文レスで
2ちゃん全板 ジャンルを問わず荒らしまくるキチガイ集団が腐女子。
野球板なんかこいつらのせいで潰れた。

253 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 00:12:59
>>252
でも>245や>>248のようなレスの方が荒らしのような気がする。
誰が何を書こうと自由だろうし、読みたくなければ読まなければ
いいのに、足を引っ張るようなレスをつけている方がうざったい
と思わない?


254 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 00:44:56
誰が何を書こうと自由なら>>245>>248も読みたくなければ読まなければいいんじゃない?

255 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 00:47:11
つかそういうレスはすぐスルーできるけど、
腐りそうな長文で、読んで明らかに
キモイ妄想の方が労力使うから迷惑

256 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 19:53:40
「読んで明らかにキモイ妄想」とわかっているのに労力を使って読むアンタはいったい???

257 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 22:09:06
                _,,-ー----.、
              <"      "l     
              '; ,、、__ソ^`7, i、     
               ';'___  _,,, リ >>252 汚いレスだなぁ     
           ,--ーートーj 'ーー rー-、_  
          /    ハノL ヽ ノ | `ー、_
         /    /  lヽ∀ /  |    l  
        /  Y L  |,) ー'↑  ,> ィ   |  
      /    |ヽ  |,バ  |  


258 :大人になった名無しさん:2008/08/20(水) 22:48:06
読まないで分かる妄想を書けばいいんだよキモ腐女子さん

259 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 22:29:03
          ,. ' "  "ヽ
         , '  ;  ;  ";
         ,' ; ,─--、___  ;   >>258やらないか
         '; r" ;    '! ;    
   ____i"! _ー- -- レ: :___
   |_____:{ j ` ゚` :.; "゚` |__/|
   |       .|;   ,_!.!、 ;ノ     |
   |⌒⌒⌒つ人 _---, /⊂⌒⌒⌒|
   | :| :| :| :| ̄ ̄ヽ  ̄ / ̄| :| :| :| :|
   .U.U.U.U     `ー  "  .U.U.U.U


260 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 23:26:19
                   _., .,、._,r hh.、 y...u,_ 、 、.,.,
                .yl!).彳}゙.^゙冖^^^゙゙'⌒゙゙「{ .〕:!|ァ_ l.r.
               .rl!.「.゙.′            .゙.^゙「.|^|'!.,.ri,、
            _,.u:l 「″        _,..vv-─--v、、.,__゙ ´「 リ゙ .r
          .-i(┴^        ,.v‐ ′    i!、  厂^'ー、_ .'゙/
         .,l|         .,.‐'゙r  '=,  .|ト!  ..     /_ ┘ _,
         .[.′      .,r(,,vv!冖h厂 _,、、、,_ ¨゙()   .゙゙il|リ冖ミ(ミ,.l|/レ'
         .||     _,yr!^″   [.zli》ニ《)ミ|l;, |ノ冖ーu「.,zzzzy,{丁′
        .!ミ   .yr(l「′      〔″    `.,i^   .〔.!!干「「)v)《フ
        i|  __,/′.}     .    \,,,,,_,,,,,,vr″    .゙)z    ,メ゙'ly
        |゙/|レr》!  }     .}..       /,v--r ,、u_:rフ'¬ー^″ ゙ミ
        》゙|′ .ミ .|     .∨   ,、    {lzトrr┘ \从,,)     }:! .《
 }}.,rー ミ,,ェ    ,     .'|フ      .,,zu厶  ̄     ゙'^ l!
        ゙|从  》″    | r          -:(工ェ」zミv_   n.    〔 アッー!
         .》ト  .′    ∨       7vv=(干=─干ミl||l,_,z ″    》
         .《l,_ .'|!                 .__     , . ゙̄..     〕
         《^¨′                 .゙冖'^^'''冖   v\    }
         [      、        .           〕   〔 .′ .」_ .ll′
         .|      | 」       ._}         .hノ   .:| ,.. .,.トト 〕
         .}     .^′      ゙《,_           .、,ノ ...厂、 .il′ ←>>53
          }          _  .、 .゙゙'〜 .y,_      _,r;|¨ <、、‐ . ノ
          .{,         〔 」  ´ ‐ 「ilリiアアァァァ;lllllli(リ゙} ┌ 冫.. .ア
           \        ∨゙ . _ .- . ' .`゙厂¨厂゙厂'. .゙ 、' .゙. ヽ‐,r|′
           .ノy           .´ 、 .: ' ..:  .、 ' ` ' _ . .冫 -.',y;|^
          .i|)v¬v,         ''  ' 、 .、 _´ .' .、.、. ¨ -: .、,yl》^
         .,rニ‐   .¨'〜:、    .`   -     ゙ .` .`.-゙ ,,/゙,i「
         ^′             >>258       ._,ノ'″ .ノ
                                .ー''^′ .v-′


261 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 23:31:00
AA(笑)

262 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 23:44:31
>>259
すみませんが、鏡をみてから言ってください。
腐女子とヤれる人間はいません。

263 :大人になった名無しさん:2008/08/21(木) 23:47:29
>>262
いや、>>259はホモスレのAAだから、>>258をホモと認定したんじゃないか?

264 :大人になった名無しさん:2008/08/22(金) 00:01:29
ホモスレ大好き腐女子さん









ってことだろ常考

265 :大人になった名無しさん:2008/08/22(金) 21:51:14
>>263
ホモ関係のAAなの?
>>264
それがわかる貴方もホモ好きの方では?

266 :大人になった名無しさん:2008/08/22(金) 23:01:59
>>264 見つけてきたぞ! この顔、アンタだろ。
         、_、ト'i从ト,、_、
       、y':::::::::::::::::::::`:`'w、
      _'シ::::::::::::::::::::::::::::::::::厶、
    _z':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::そ_
     彡::, '" ̄``ー、≦==、:::::::::ミ、
    彳j      `` `  ヾ::::::ミ、
     l:f  __    ・  _,.、 `!::::::ミ
     }l 'ヾミミヽ  rz彡‐`ヽ |::fYj
     {|  、_tッ、,゙ ' r' rtッ_‐ァ' |::}}!       
     ゙l  `ー 'ノ  !、`ー '   |::リノ       
     l  . ,イ   'ヽ     }チ'       
     '、 ゚ ´...:^ー^:':...   ゚ 卞、
      ヽ  r ζ竺=ァ‐、   ,ハ
       丶  `二´  丶 // ',_      
      _ノ丶、    ,. ' /  !  ` ―- 、
  _,. - '´    ヾ` ̄´  /   l      `丶

267 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 04:22:02
腐女子がホモ好きってのは「腐女子」って言葉を知ってれば誰でも知ってることなんだけど
無知は怖いね

268 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 07:44:47
>>267
こういうのが好きってことかい?

                           ,. -ー─-- 、___
┏━━━━┓               ( ,        ̄`ー、          ┏┓┏┓┏┓
┗━━━┓┃            ;'""ノ';{  iー       ヽ.          ┃┃┃┃┃┃
    ┏┳┛┃┏┳┳┓┏━{  (e 人  |' ̄ ̄/`ー!  |.━━━━┓┃┃┃┃┃┃
    ┃┣━┛┃┃┃┃┃   ー-'"| !  |   |  /!  |___...,、    ┃┃┃┃┃┃┃
  ┏┛┃    ┗┻┫┃┗━━. _! ||  }━ ー─|  | / ヽ.. ━┛┗┛┗┛┗┛
  ┃┏┛      ┏┛┃      .''''ー'"{  |     |  /  /`ー’    ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛        ┗━┛         _ | ./      ヽ__ /        ┗┛┗┛┗┛



269 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 12:58:42
>>268
そうそう。一生男を知らずに妄想オナニーで一生を終える
どうしようもないほどキモいゴミ女のことだよ。

270 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 14:11:31
それで>>269はこの中のどれなんだ?
             .----ー-,,_               
            l"      ">  ,   ´` ヽ             
            、i'''''^ヽ___, ''';; 、'   ,.、、,.、   ';  , '´  ̄ ̄ ` 、           
            リ ,,,_  ___';.' ゝ > 、   `; ; i r-ー-┬-‐、i            
            (l  ーー' jー| .Yヘ|  -≧y ,_!ソ| |,,_   _,{|        
            | ノ ┘ V   ー   y、ュヾ/  .N| "゚'` {"゚`lリ       
             丶 ∀ /    ゝ  T三ゝ/   ト.i   ,__''_  !
            ノ   ー'     ノ`'ー ̄/    ノ\ ー .イ|
          / ̄ 丶  丶 / ̄ 丶    / ̄ 丶 ̄ 
         /      \ノ /     \ノ /      \ ノ    n
        │   \   ーーー \   ーーー \   ーーー┘ヽ
        ノ      \_____ \_____ \_____ }
      /      / /      / /      /
     /       / /       / ./       /
     {∴     V  {∴     V  {∴     V
     ヽ      ヽ■ヽ      ヽ■ヽ      ヽ■■■
       ヽ     丶  ヽ     丶   ヽ     丶
         \    }   \    }    \    }


271 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 14:49:54
無関係なAA貼りとはまた典型的な荒らしですね。

272 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 15:07:13
>>271

いや、無関係じゃないだろう。>>269の実態を鋭く指摘しているのだと思う。



273 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 15:26:25
>>271
そうかな?

途中から>>245みたいなレスがつき始めて、

それでつまらなくなったんじゃない?

>>269みたいなレスの方が荒らしじゃないのかな?

274 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 18:01:18
俺もそう思う。
以前はセピアというか、ちょっとピンクな話
を読めたのに、途中から余計なレスがつき始
めて、興醒めだ。

275 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 18:25:12
そうだよね、自演はもっとうまくしてくれなきゃ興ざめするよ

276 :274:2008/08/23(土) 18:51:45
おいおい(笑)。寝言は寝てからいいなよ。

277 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 20:08:44
高1の2学期が始まったばかりのときに、スリルを味わいたくて
深夜1時すぎに児童公園のベンチでオナニーしたこと。最初はスカートの中に
手を入れるだけにしてたけど、途中からついついTシャツをめくってバストまで
露出させてしまった。
誰かに見られている可能性もあって、ドキドキしてたけど、ちゃんとイケた。

278 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 20:25:42
こういうのならいいんだけどね。
いかにも創作の腐女子妄想丸出しキモ小説なんて誰も望んでない。

279 :大人になった名無しさん:2008/08/23(土) 23:46:09
>>278
ここのスレに書き込むにはアンタの好みに合わせないといけないのか?
その独善性、かなりイタイぞ。

「誰も望んでない」・・・アンケートでもとったのかよwww

280 :大人になった名無しさん:2008/08/24(日) 00:22:53
>>278は他のスレッドでも似たようなレスつけて指摘されてたな.KY過ぎだぞ.

俺の心に残るHな思い出は,中3の年の夏祭りの夜だな.
お互いの家が歩いて5分くらいのところに住んでいるMと待ち合わせたわけでも
ないのだが,神社でバッタリ会ってしまった.Mとは小学校の一時期と中1のとき
に同じクラスだったし,当時は同じ塾にも通っていたので,親しかった.
そのMの浴衣姿に俺はドキマギしてしまった.すごく色っぽかった.もともと目元
が涼やかで美人と言ってよいMだったが,俺は親しい分だけ女としては見ていなか
った.だけどこの夜は違った.すごく女のにおいを感じた.
そのMと何となく二人で祭りの会場を歩いていると,お互いのクラスメイトや他の
クラスの生徒とも会った.「えー!そうだったの?」とか「マジでつきあってるわけ?」
と言われた俺は恥ずかしかったし,否定しようとしたが,その度にMが腕を俺の腕に絡ま
せたり,肩に頬を寄せてポーズをとったりするので何も言えず,ひやかしを受けてばかり
だった.
会場のはずれでMが「楽しいね!」と俺を見上げたときの瞳がきらきらしていて,俺は
その瞬間恋に落ちてしまった.
きらきらしている彼女の瞳をじっと見ていると,彼女が「バカ,照れるじゃない!」と
俺の背中を思い切り叩いた.頬がほんのり染まっていた.
そのとき俺は彼女の気持ちに気づいた.黙って彼女の手をとり,しっかり繋いで会場に
戻った.
キスしたわけでもないし,それ以上のことなど何もない夜だったけど,彼女と見つめ合
った時はすごくエロティックな気分だった.


281 :大人になった名無しさん:2008/08/24(日) 00:31:27
>>279
新宿駅新南口で。

282 :大人になった名無しさん:2008/08/24(日) 00:33:04
>>281
関西ではアンケートとらへんのか?

283 :大人になった名無しさん:2008/08/24(日) 02:03:07
>>280
なにかドキドキしてくるな。で、高校あたりでピンクの思い出ができたのかな?

284 :280:2008/08/25(月) 22:26:19
>>283
うん,まあね.

でも中学校時代はその後はお互いにカップルだという自覚はあったけど,
デートらしいデートはしなかった.それは受験が迫っていて,気持ちに余裕
がなかったからでもあるけれど,やはり中学生としては,どこか恥ずかしかったからだ.
高校は別々になったのだけど,通学のバスも電車も一緒で利用する駅も一緒.
高校で出来た友人達も彼女の目がキラキラした感じであるのを目敏く見つけ,
しつこく「紹介しろ!」と言われた.
高校時代からは日々一緒に帰り,途中で遊んだりもしたし,夏休みには自然な
流れでキスした.
夏祭りにもまた一緒に行ったし,高校時代は3年間で数え切れない思い出ができた.
でも最後の一線だけは越えなかった.
なぜだろう?と思ったが,やはり彼女を大切に思っていたからだと思う.

285 :大人になった名無しさん:2008/08/25(月) 23:39:18
高齢処女の饐えた臭気に満ち溢れる妄想でしたね。

286 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 00:52:19
腐女子はリアルで男のみならず、誰からも無視されるから
ネットではかまってちゃんにならざるを得ないんだよ

287 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 13:26:05
ネットでもみんな無視しようとしてるけど、文字媒体だから
割り込み長文でウザがられたりしてるよねw
ウザがられても無視よりは嬉しいんだろうかw

288 :大人になった名無しさん:2008/08/26(火) 22:02:00
>>285 それが妄想だったりしてな

289 :大人になった名無しさん:2008/08/27(水) 21:14:38
中3のときに彼女に「オナニー見せて」と言われ、素直に応じようかと思ったけど、
ここがチャンスと思い、「じゃあオッパイ見せて」と条件を出して、彼女を脱がせた。
最初は黙ってシコシコして、彼女がしげしげとそれを眺めていたが、隙を見て彼女に
襲い掛かった。彼女は抵抗したけど、本気ではなく、そのまま初体験してしまった。
中出しすることに躊躇はなく(というよりは避妊など思いつかなかった)、オナニーの
とき以上にたくさん射精した気がする。彼女はあまり痛がらなかった。最初だけだった。

290 :大人になった名無しさん:2008/08/28(木) 22:39:03
俺はオナニーの思い出しかない(涙

291 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 02:14:11
>>290
俺は中1のときに従姉(中3)のオナニーを見た思い出があるぞ(自慢になるかな?)

292 :大人になった名無しさん:2008/08/31(日) 19:52:32
中3のときに友達の姉(高2)が乳首の片方にピアスをしているのを知り、
しかも偶然にそれを見てしまったこと。
その上、1年後の初体験の相手がこの女性になってしまった。

293 :大人になった名無しさん:2008/09/01(月) 11:47:54
>>291
どんなことしてたかkwsk

294 :大人になった名無しさん:2008/09/01(月) 21:49:27
家が近かった高校生の女の子が2年生の夏に、制服のブラウスの下に何もつけていないのを目撃!
日頃から白いブラジャーが透けていることが多かった女の子で、勉強はバリバリなのに、なにか
妙にHな雰囲気だったけど、当時高3(彼女の通う高校には逆立ちしても及ばないレベル)の俺は
注目していた。中学生の頃から目つきが色っぽかったし、胸が大きかったので、彼女を見ると、
俺は体が堅くなることがあるくらいだった。
その彼女とたまたま下校のバスが一緒になった。朝JRの駅で見た時はブラジャーが透けて見えて
いたから、何かの理由ではずしたのだろうが、バスに座った彼女のブラウスからは乳首がうっすら
と透けていて、乗客もチラチラ見ていた。
その頃まだ童貞だった俺は帰宅後にすぐにオナニーを2回連続でしてしまった。

ここからは高校卒業後のこと。
その後彼女の透け乳首を見る機会はなく、その翌年に俺は地場のメーカー代理店に就職した。
彼女は超がつく有名大学に進んだと聞いていた。
8月の夏休みシーズンに彼女が露出度の高いタンクトップ姿でオッパイをブリブリ揺らせて歩いているのを
目撃した俺は激しく勃起して、営業中にもかかわらず、スーパーのトイレに駆け込み、オナニーした。
冬も帰省中の彼女が体にピッタリフィットした服でオッパイをブリブリ揺らせていたのを見た俺は勃起したが、
そのときは貧乳の彼女と一緒だったので、オナニーはしなかった。その日のセックスはブリブリと揺れるオッパイを
想像しながらだったが、惨めで悲しかった。
その後に彼女を見ることはなくなり、俺は時々透け乳首を思い出してオナニーした。
俺はどうしても彼女のオッパイが見たかったし、揉んでみたかった。なぜか俺も大学に入ろうと思い、仕事の後に必死で
勉強して三流大学に合格した。親は俺が大学に合格しただけで喜んでくれ、学費を出してくれた。
大学では彼女のようなオッパイブリブリを探してみたが、デブかブスしか見つからず、できた彼女はまた貧乳だった。



295 :大人になった名無しさん:2008/09/02(火) 20:33:21
腐女子ってやっぱりニートなのかな。
これだけのムダ文書くってw

296 :大人になった名無しさん:2008/09/02(火) 21:08:45
>>295
おまえ惨めじゃないか?
そんなレスばかりつけてさ。

297 :大人になった名無しさん:2008/09/02(火) 22:58:20
>>295が腐女子だなwww

298 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 01:44:43
いい釣堀ですね

299 :大人になった名無しさん:2008/09/03(水) 21:31:59
>>295のような奴の入れ食い状態だな

300 :大人になった名無しさん:2008/09/06(土) 00:31:30
胸が小さかったわたしはブラは一応していたけど、
なくてもいいくらいだったので、中3のときに無意識に
ノーブラで学校に行ってしまった。気づいたときは後の祭りで、
透けている乳首に男子の視線が突き刺さり、女子同士でも
「どうしたの?今日はHな気分?」などと言われて恥ずかしくて死にたかった。
けれどそれがきっかけで晩生だったわたしはHなことに興味を持ってしまった。
それから急速に胸が大きくなった。
当時はHなことを知れば知るほどホルモンの分泌が盛んになって胸が大きくなるのかと思った。


301 :大人になった名無しさん:2008/09/06(土) 05:07:47
自分の彼女は胸全体が大きくならず、乳首だけ大きくなってしまい、
そういう自分も、体育祭で全力ハミチンをしてしまい、「わざとだろ!」と
皆に突っ込まれ、亀頭が発達した。
類が類を呼ぶとは言うけれど・・・w

302 :大人になった名無しさん:2008/09/07(日) 00:48:32
「類は友を呼ぶ」だろ

303 :大人になった名無しさん:2008/09/07(日) 05:11:43
「汚名挽回」と「汚名返上」みたいなものですね。

304 :大人になった名無しさん:2008/09/11(木) 22:19:20
>>300
刺激があればホルモン分泌が盛んになるんじゃないの?

305 :大人になった名無しさん:2008/09/11(木) 23:42:03
中3のときに友人同士でセミヌードなどの写真撮影をしたことがHな思い出です。
坂井輝久さんが喜びそうなブルマからのハミ尻とかも撮影しました。
ほかはノーブラで体操服を着て、胸の部分に霧吹きして透け透けにした写真とかね。

306 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 02:41:25
中学の時、友達の家に泊りに行った夜の事。彼はベット、僕は布団で寝ようとした。するといきなり   「ねぇ、一緒に寝ない?」彼が僕の布団の中に潜り込んできた。       「イヤだよ!お前1人で寝ろよ」         彼を布団から追い出した。

307 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 02:56:03
「僕の事、嫌いなの?」 彼が涙ぐんだ。困った僕は仕方なく彼を布団の中に招き入れた。すると彼は笑顔になった。そして    「ねぇ、Hした事ある?」 彼が急に訊ねた。僕はその頃、彼女が居たので経験済みだった。彼が色々聞いてくるので僕は答えてあげた。

308 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 03:07:24
「じゃあ、やって」   彼は起き上がり僕の体を揺すった。僕は面倒臭かったので無視した。でも余りにしつこいので、1回だけという条件で起き上がった。そして彼を四つん這いにさせ、ズボンを脱がせた。

309 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 03:13:51
白いブリーフが露になった。そしてパンツを脱がそうと手を掛けた。すると  「待って。やる前にどんな感じか、指でやって」  彼が言ってきたので、僕はパンツの上から穴に指を入れた。彼は少し痛そうにピクッと動いた。

310 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 03:18:00
「じゃあ、やるよ」   僕は彼のパンツを脱がした。白くて小さいお尻を見て僕は起ってしまった。そしてお尻の穴を少し広げた。まだ毛も生えていない、ピンク色だった。そこへ挿入!!バックから攻める。

311 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 03:26:29
しばらくすると     「あ〜っ。あ〜っ。痛い」彼が喘ぎ声を出してきた。それに触発され、ガンガン攻め立てた。一層、彼の声も大きくなる。疲れたので僕は止め、彼のお尻の穴と僕のアソコを拭いた。

312 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 12:03:48
「こんな感じなんだ。ありがとう。我儘言って御免ね。少し痛かったけど」  彼は少しグッタリしていた。もう寝ようとすると  「じゃあ、今度は僕にやらせて。早く寝て」    僕は正直イヤだったが、断って泣かれるのもあれなので、従ってあげた。

313 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 13:49:04
僕は四つん這いになった。すると彼は僕の後ろに座り、ズボンを脱がすとボクサーパンツが露になった。 「ボクサーパンツだ!格好良い!じゃあ、お尻はどうかな?」        彼が僕のパンツをゆっくり下ろした。

314 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 13:54:53
「お尻見ちゃった。可愛いお尻だね」       彼がお尻を撫で擦った。 「じゃあ、入れるよ」  彼のアソコが肛門にあたった。でも入らない。   「あれ!?入らない!何で!?」         彼は次第に焦り始め、泣き出した。

315 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 13:58:29
僕は起き上がった。そして「よく頑張ったね。難しかったでしょ?」     そう言って僕は彼の頭を撫で、頬にキスをすると優しく抱き締めた。

316 :大人になった名無しさん:2008/09/13(土) 19:37:03
某森林公園で高1の夏に彼氏(大1)とデートしていて、
人気がないのをいいことに、彼氏は私を森の中のベンチに座らせて、
私のTシャツを捲くりあげて、ブラをはずしました。
そのとき「おっ、黒や」という声が聞こえたのです。
わたしは誰かに見られていると思い、あわてて周囲を見回したのですが、
人気はありませんでした。彼氏にそれを言うと「空耳だろ」と言いながら、
バストを撫で回し始めました。背中側から抱き締められ、私の両腕の自由を
奪った状態で、彼はバストを撫で回し、堅く尖ってしまった乳首に爪を立てて
きました。私は耐え切れず声を出してしまいました。そのとき視線を感じたのですが、
もう私は彼の愛撫に身をゆだねており、このまま最後までしてしまってもいい、それを
誰かに見られても構わないというような気分になっていました。
そのときはバストへの愛撫だけで終わったのですが、そのまま私は彼に連れられて
ホテルに行きました。誰かに見られたかもしれないという気分のせいか、凄く感じてしまいました。
翌日高校で同じクラスで柔道部のSR君がニヤニヤしながら近寄ってきました。
「普段からブラジャーは黒なん?」と言われ、私は体が堅くなってしまいました。
高校には黒いブラはつけて行かないようにしていたからです。「え?何で?」と私はとぼけました。
するとSR君は「乳首も黒いんやな」と囁きました。私はSR君が見ていたのだと確信しました。
「見てたん?」と私は尋ねましたが、SR君は「何を?」ととぼけました。私は思わず「昨日のことよ」
と詰め寄ってしまいました。SR君が「ホテル☆☆のベッドはどんな具合なん?」と言ったので、
見られたこと、その上、尾行までされたことがわかりました。
その午後にはクラス中の知るところとなってしまいました。
あれほど恥ずかしいことはありませんでした。

317 :大人になった名無しさん:2008/09/14(日) 02:51:38
高3の5月下旬、その年に大学に入って大阪に行った兄の下着(Tシャツ)を
自分のTシャツと勘違いして着てしまった。
体にピッタリとフィットする上に、ブラが透けてしまうので自分のじゃないと
すぐに気づいたけど、鏡に映してみると、結構Hっぽくていいな、と感じたので
そのまま出かけた。
でも道行く人にはジロジロ見られ、恥ずかしくなったけど、待ち合わせていた彼
(大2)には「いいじゃん!」と言われ、それ以来、兄の下着を自分のTシャツ
にしてしまった。ランニングシャツなんかも襟ぐりを少し切ったりして、タンクトップ
代わりに着るとセクシーでカッコよかったので、やってみたけど、母から怒られた。

318 :大人になった名無しさん:2008/09/16(火) 21:11:47
>>519
んじゃこれは?
http://erkar55.hp.infoseek.co.jp/
レイプじゃないけど11歳の子の処女喪失動画。
泣き騒いでるし血が出てるよ?w

319 :318:2008/09/16(火) 21:13:22
誤爆すまん。後で削除依頼出してくる

320 :大人になった名無しさん:2008/09/16(火) 21:43:48
中3のときに1年後輩の女の子がテニス部の練習で、強烈な透け透けウェアを
着るようになって、俺の下半身が常時怒張状態になって困った。
何十回とおかずにして、高1の夏休みについに彼女を篭絡して、お互い初体験にこぎつけた。
そうしたら何か達成感のせいで、その後はどうでもよくなった。

321 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 00:57:52
私は>>320さんの後輩さんと似ていて、バスケの練習で着ていたTシャツが
透け透け度満点だったので、男の子が胸ばかり見ているのがわかったけど、
それが快感だった。中学生のときの話ね。

322 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 01:56:39
>>321
俺は胸なんか興味なくて腹ばかり見てた。
男の趣味嗜好は様々だから気をつけた方がいいですよw

323 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 04:19:20
>>322
女の子も、男のあそこしか見ない子、逞しい胸板にしびれる子、二の腕にしか興味の無い子、
いろいろだから、お互いさまw

324 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 08:11:36
今、外は大雨になっている。それで思い出した。
高3の夏休み前、受験が気になっている頃につきあっていた一学年下の彼女と公園で
帰りに待ち合わせをしたら、突然の雷鳴と叩きつけるような雨。公園には雨をしのげる
場所がない。当時は携帯電話もなく、連絡のとりようがなかった。
それでも俺は彼女の性格からして、待ち合わせ場所にいるかもしれないと思い、
雨に濡れるのも構わず、公園に向かった。
果たして彼女は待っていた。雨でずぶ濡れになった彼女のブラウスが肌にはりつき、
透けるブラジャーが見えないように両手を胸の前で交差させている彼女は俺を見ると
にっこり笑って、手を振った。そのときピンク色のブラジャーが丸見えになった。
俺は不覚にも強い性欲を覚えてしまった。彼女は「性格的に絶対来ると思ったから
(待っていた)」と言った。
お互いの性格がよくわかった者ど同士だった。
俺は彼女を思わず抱き締めた。それまではたまに手をつなぐくらいしかしていなかった
のに、そのときは躊躇いがなかった。彼女は「キャッ」と小さな声をあげたが、すぐに
自分から腕を俺の背中に回してきた。
初めてのキス。密着する冷えた肌から微かな温もりが伝わってきた。
俺と彼女は無言で歩き始め、彼女の自宅に行った。誰もいなかった。そのまま結ばれた。
その後、大学に進んだ俺は彼女と会えなくなり、はっきりした別れがないまま自然消滅
状態になった。夏休みなどに地元で会って関係を持つことは何度もあったが、つきあって
いるのとは違う状態だった。そのまま2年の間、俺は数名の女性とつきあった。でも
俺のことを本当に理解してくれる女性は彼女一人だと気づいた。もう「つきあって」と言う
時期ではないような気がして、3年生のときに彼女の通う大学にまで出かけて、いきなり
プロポーズしてしまった。



325 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 09:20:47
ぬれたブラウスから透けるブラジャー・・・う〜ん寝てみたい!

326 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 10:26:43
>>325
おやすみなさい・・・・・・・・zzzzz

327 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 10:51:42
>>326
夜勤お疲れ!

328 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 11:39:12
>>324
番外編になるけど、プロポーズの結果は???

329 :大人になった名無しさん:2008/09/21(日) 16:54:25
俺のHな思い出のはじまりも高校時代の彼女の透けブラに透け乳かな。
他校の同じ学年だったが、Fカップだった。しかも普段着のときは
「ブラすると肩がこる」という理由で体にフィットする服でバストを一応支えているものの、
ノーブラで透け乳が頻繁にあった。
その上バストが超性感帯だったので、初めてのとき(俺は2人め、彼女は処女)は
彼女のよがり声が演技だと思ってしまったけど、本気で感じていたと知り、もうのめりこんだね。
片方の掌には収まりきらない大きさだし、乳首の勃起は激しいし、あれほどエロい体はそれ以降の
俺の経験でもないままだ。

330 :大人になった名無しさん:2008/09/23(火) 00:54:49
中学校ですごーく興味を持って、やりたくなったけど勇気が出ずに、
ちょっと真似事をしてみただけ。キスはしたし、オッパイも服の上から
揉んでもらったりもして感じたけど、最後までやってしまう勇気が出なかった。

高1でつきあっていた1年上の先輩と思い切って最後までやってしまった。
そうしたら突き抜けてしまったのか、高2からはつきあう相手とは当然やるし、ナンパされた
ときもその気になってしまったこともあって、卒業までに6人とした。
最高記録は回数だと1日7回。人数だと1日3人だった(1日2人がほかに1回あった)。
高校時代で回数をこなし、体位もたくさん経験したし、バイブとかも使った。

大学生になってからはソフトSMとかに走ってしまった。
高校生のときにやりすぎたんじゃないかとちょっと後悔したけど、フツーのセックスばかりでは
感じなくなってしまった。

331 :大人になった名無しさん:2008/09/23(火) 10:09:50
熟してるのに処女の中高生は
よく濡れるし顔も赤くなるしで
男側からすると楽しいよ

誘惑して触ってるのに
濡れなかったり顔が青くなったりしたからと中断すると、
数日後に向こうから来ることが多いね

332 :大人になった名無しさん:2008/09/23(火) 11:03:17
>>331
そうなんだよ。
俺も大学1年生の夏休みに帰省中、偶然課外授業帰りの後輩(高3)に
会って、前から雰囲気がセクシーで気になっていた子だったので、声を
かけたら、元々中学校も同じだったということもあって、ホイホイつい
てきたので、歩きながら受験の相談に乗って、地元で有名な公園の展望
台に行った。人気がなかったので、「ずっと(高校在学中から)気にな
っていたんだ」と言って手を握ったら、真っ赤になたけど、拒否しなか
った。
それで両肩に手を置いたら、体が強張るのがわかった。
その日はそこまで。「また相談があったら電話して」と俺の家の電話番
号を書いて渡した(当時はポケベルすらない時代)。
思った通り翌日には電話があったので、同じ場所で待ち合わせて、キス
まで進み、Tシャツの上から胸に触ったら「そんな、ダメです」と真っ赤
になったが拒否しなかったので、触り続けたら段々体を俺に預けてきた。
でもその日はそこまで。
翌日は課外授業の帰りに待ち合わせて、ブラウスの中に手を入れ、ブラを
ずらして生乳を触った。彼女は目を閉じて「あぁぁ」と小さく喘いだ。で
もこの時はそれで終わり。
更に翌日も課外授業帰りに会って、スカートの中に手を入れた。ショーツ
の中に手を入れると、さすがに「ダメです」と俺から逃れようとしたが、
もう逃がすつもりはなく、割れ目に指を這わせ、クリトリスを触った瞬間、
「キャッ」と声を上げ、俺にしがみついた。そのまま近くのホテルに連れ
て行き、彼女に初体験をプレゼントした。
その夜に彼女から電話があり「明日も会いたい」と言われた。「じゃあ明
日もしてみる?」と言うと黙っていたが、当然翌日もセックスした。それ
からは毎日のようにセックス三昧で、それだけではまずいという俺独特の
バランス感覚が働いて、彼女の家で数学と英語の無料家庭教師をやった。
彼女の両親からはギャラの提供の申し出があったが、それはお断りした。
夏休み明けに俺が大学のある街に戻ると、すぐに彼女から電話があり、連
休に帰って来ないのか?とか冬休みはいつ帰ってくるのか?と言われ、完
璧にこちらが主導権を握っていたが、その頃には俺も純粋に気持ちを俺に
向けてくる彼女が愛おしかったし、細身でバストの大きさも大きすぎない
くらいで、形が俺の好み、しかもあそこは最高にいいという肉体的な面で
も惹かれていたので、彼女の受験を応援し、俺の欲望を封印してしまった。
その結果、翌年からは半同棲で楽しめた。
これじゃあ、彼女のHな思い出になっちゃったな。このスレは高校時代のこ
とまでが書けるみたいだし。

333 :大人になった名無しさん:2008/09/23(火) 11:25:33
小6のときに買ってもらった双眼鏡で、自宅2階にある自分の部屋から外を眺めていたら、
女性がシャワーを浴びているのが見えた。直線距離で100メートルくらいのところに住む中3
の女性だった。普段は制服姿くらいしか見た記憶がなく、勉強が凄くできて神童のように言
われている人だった。
双眼鏡の向こうにいる彼女のバストは凄く大きくて、母よりも確実に大きかったし、それを
自分の手で揉むようにしてシャワーを浴びていた。俺は勃起した。そして目を離せなくなった。
彼女はバストを撫で回し、気持ちよさそうに目を閉じてシャワーを浴び続け、やがて乳首をつ
まんだり、指先で弄り始めた。俺はする必要もないのに息を殺し、そのまま観察を続けた。
たぶん5分くらいのことだったのだろう。彼女はシャワーを終えたようで、姿が見えなくなった。
その後、勃起した状態のチンチンを無意識に触っていたら、背中を熱いものが駆け上がるような
感じになり、今までにない気持ちよさがあった。チンチンがヒクヒク動いているようで、何か
出たようで、俺はすぐにパンツを脱いでみた。ヌルッとした粘液が少し出ていたので、俺は気持
ち悪くなった。
その日からシャワーシーンを見たくて双眼鏡で狙ったが、見ることができたのは後にも先にも
その1回だけだった。
でも意識し始めたのか、普段着の彼女をよく目にした。俺は彼女を見ると彼女の裸を条件反射の
ように思い出し、勃起してしまうようになった。それとあの快感が忘れられず、彼女を想像した
り、自分でチンチンを色々触ったりしたが、気持ちよくなるものの、同じようなことは起きなか
った。
夏休みにたまたまスーパーマーケットで彼女を見た。そのときの彼女はTシャツの胸が極端に盛
り上がり、歩くと縦揺れしていた。俺は例によって勃起した。ショートパンツからお尻がはみ出
しそうな後姿を見て、我慢できなくなり、買うはずのものを買わないままに家に走って帰り、ベ
ッドに寝て、彼女の姿を夢想してチンチンを弄ったら、凄い快感が走り、チンチンが激しく律動
してビュッと粘液が出た。そのあとの脱力感が回復したら、また同じことをした。
それ以来彼女の姿を想像しながらのチンチン弄りが習慣化し、彼女の生の姿を見た日は何
度もしないとおさまらなくなってしまった。
夏休み明けに俺はそれを親友に話したら、親友もチンチンを弄ったらしい。だが粘液は出なかった
というので、俺は自分が変な病気ではないのかと思い悩み、こっそり本で調べた。そしてマスター
ベーションという言葉を知り、大人への第一歩だと知った。俺は誇らしくなり、親友にそれを教え
たら、親友も毎日チンチン弄りを始め、数日後には「液が出た!」と嬉しそうにしていた。親友を
問い詰めたら、同じクラスの特定の女子の裸を想像して弄っていたらしい。

後日談だが、その女子は俺の初体験の相手になった。それは高2のときだった。

334 :大人になった名無しさん:2008/09/23(火) 22:54:36
>>333
その後日談を書いてくれよ。

335 :大人になった名無しさん:2008/09/24(水) 19:24:59
10年前、中3の夏休み前、初めて黒ブラを身に着けて、ブラウスからの透け具合を
ちょっと気にしながら学校に向かったら、途中で凄い雨になり、傘を持っていない私
はびしょ濡れに。
当たり前だけどブラウスが体にピッタリ張り付いて黒ブラは丸見え状態になって、そ
のまま学校に到着。視線の嵐を浴びながら、急いで空いた教室で着替えたけど、ブラ
もびしょびしょなので、乾くまでノーブラで体操服・・・透けている体操服なので、
乳首に絆創膏貼ったけど、男子の視線が痛かった。その日は何人かそういう状態で、
男子の雰囲気がちょっと怖かったけど、気分はH満開だったよ。

336 :大人になった名無しさん:2008/09/24(水) 22:34:13
キリ番にキッショイ腐女子妄想談が…

337 :------------v------------------------------------:2008/09/26(金) 22:03:40
と書き込みながら、>>336はちんちんをしごきました。

338 :大人になった名無しさん:2008/09/26(金) 23:06:47
私は黒ブラ愛用者だったし、透けブラもよくやってたけど、
それに飽き足りず、高2の衣替え初日に開襟ブラウスの胸元を
開けて、生黒ブラ見せしたのがHな思い出ですね。

239 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>100 >>100 >>100 >>100 >>100 >>100 >>100 >>100:/test/read.cgi/sepia/1211044331/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)