5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人の命は】隠し砦の三悪人 2人目【火と燃やせ】

1 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/31(水) 22:31:26 ID:6VPn8h2k
リメイクの話が具体化してきたら前スレが落ちてしまった。
松潤主役なんて認めないぞ。

2 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/31(水) 22:32:32 ID:6VPn8h2k
前スレ
【美姫】隠し砦の三悪人【黄金】
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1087447466/

3 :映画館で見てください、黒沢初のワイドスクリーン作品ですから:2007/11/01(木) 00:17:26 ID:+6c/lm53
「ムフゥ・・・ワハハハハ、ようし、腹は決まった!」
「いやじゃ、いやじゃ、いやじゃ、いやじゃ」
「お前が、目ぇ、パチパチするのが気にいらねぇ!」
「今度こそ、仲良くすべぇなぁ」
「そちは、姫の心まで、オシにする気か!!!」
「姫は私です!、姫は私です!!姫は私です!!!」
そして、
「・・・・・・よし、燃やすぞ!ええい、○を引け、引かぬか!○○○○、御免!!!!」

4 :ビデオで見て楽しんだ人、劇場で見たらもっと楽しめますよ:2007/11/01(木) 00:28:07 ID:+6c/lm53
「また会おう!」
「○○は無用!○、在れば、続け!」
「いやだ、○○をくれねばここは動かん。ええい、○○だ、○○をくれ!」
「おおおおおおおぃ、お前達ぃぃぃ、そこで何をしてるだぁぁぁぁ?」
「言いたい事があれば、今の内に申せ!!!」

・・・それにしても何て「!!!!!」の多い台詞なんだろうね(笑)
この作品に高校3年で出会えて(七人の侍は中三、用心棒と椿三十郎は高一)幸せだったよ。

5 :飛行機極小液晶画面で見て「ツマラン」とか言ってる奴、逝ってよし:2007/11/01(木) 00:47:17 ID:+6c/lm53
「○、△。大判にして○枚、この○に埋めてある。
 いいか、そいつ掘り出すまでテメェラは人間じゃねぇ◇◇◇だ!
 さぁ掘れ、ぶっ倒れるまで掘りやがれ、この◇◇◇野郎!!!」

・・・つうか、スタジオシステムも、砧の東宝撮影所も崩壊した今、
千秋実と藤原鎌足の雑兵が演じた冒頭の大スペクタクルをどうやって再現するんだろうね>今度のリメイク

それにしても、あそこが、近年まで円谷が借りていた坂道とは・・・。
当時の黒澤組と東宝スタジオの力って凄いなぁ・・・。
この映画を劇場で見た後は、この本を読んで凄まじさを再確認しくください。

6 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 00:57:07 ID:3u2GdGqB
>>5
>それにしても、あそこが、近年まで円谷が借りていた坂道とは・・・。

それって今、円谷プロの旧社屋が建っているあの坂道のことですか?

7 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 01:10:42 ID:iZTcTF+5
東宝ビルトだろ

8 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 01:23:16 ID:TmZU0nWC
美センの事か?

9 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 01:51:49 ID:+6c/lm53
>>6-8
5です。
はい、東宝ビルドのことです。
出展は「黒澤明と黒澤組、その映画的記憶、映画創造の記録」全3巻のどれかから。
で、この本によるとあの場所で「用心棒」の宿場町も作っちゃったって言うんだから、ホントかよ?って感じ。
俺が行った時は、円谷の製作オフィス(ボロいプレハブでした)が点在するばかり。

ところで樋口、お前の感性の素晴しさは「ナディア」や「エヴァ」で堪能したが、「ローレライ」のレベルで、
マジでこんな世界的レベルのスペクタクルエンターティメントのリメイクに挑戦するのか?
お前は森田が持っている経験も才能も無いんだぞ。

10 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 03:39:51 ID:SoGu1OXX
隠し砦リメイクかよっ!

椿といい無茶苦茶だ…
叩かれるの分かってるだろぉ…?

次は悪い奴ほど…

11 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 03:58:21 ID:4iXlDsAK
世にはびこる

12 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 07:48:40 ID:MQHWATDP
このところ毎晩よく眠れますが、なにか?

13 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 13:55:56 ID:SoGu1OXX
わ、ワルですな…(;^_^A

14 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 18:33:13 ID:mXHI+nfq
三船が馬上で突撃するシーンかっこよすぎワロタ

15 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 20:23:55 ID:3u2GdGqB
>>9
その東宝ビルトも来年の2月には閉鎖されちゃうんだよな。

16 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 22:06:29 ID:uypV5Ppx
褒美をくれ!

17 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/02(金) 01:25:32 ID:eMzpAVjx
大根六郎太と大根姫の代わりは探せばいると思うが、又七、太平の代わりはいない
千秋実と釜足さんは神すぎる

18 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/02(金) 01:30:08 ID:EtGQ5fa1
黒澤監督の代わりだっていない。
しかし、よりによってアニメ絵コンテ屋の樋口とは・・・orz

19 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/02(金) 01:30:13 ID:4fKUSwMU
上原雪姫のかわいさは異常
たまらんよ

20 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/02(金) 01:46:01 ID:+Q5V8UjX
>>15
>来年の2月には閉鎖
マジで?もし、次のウルトラマンがあるとしたら、作戦室はどこに作るんだ・・・orz

>>14
あのシーン、何度観ても痺れる

>>17 >>19
激しく同意!

今、東京MXTVで樋口がリメイクの話をしゃべっているんだが、どんなもんだろう・・・

21 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/02(金) 02:03:27 ID:9NiRi+Rm
>>17  鼎談はご覧になった
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1199906


22 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/03(土) 02:48:55 ID:OL+NID0P
リメイク六郎太は坂口憲二にしろよ

23 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/03(土) 19:58:53 ID:qgQVzYsS
あぁ、それならまだ許せるな。

24 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/03(土) 20:02:15 ID:fiQMOJjy
坂口憲二はいいよな
もしラブロマンスにするならタッパのある男らしい男にしないと

25 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/05(月) 14:35:46 ID:DBuqSqj2
松本と長澤叩きが生き甲斐の二宮ファンはこのスレに書き込みするな。
自分の巣に帰れ。

二宮和也28(*.゚ー゚)
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1194166774/
嵐・二宮「あそこソフトクリームみたいに舐めて」
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1190692426/
【早漏チビ男】二宮カス也【趣味は出会いサイト】
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1189315061/
松潤436
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1190433120/
ソンベン432
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1194079141/
【ボン その4(仮)】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1192014827/
801の嵐[17]
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1193131223/

26 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/11(日) 04:42:51 ID:BIoVN7NT
>>25
あなたこそ、スレ違いです。
ここは黒澤オリジナルを語るスレですから。
あなたこそ、「映画作品・人」板のリメイクスレかジャニ板へ帰ってください。

・・・と、釣られてみるテスト。

27 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/04(金) 22:52:20 ID:qbc82PJW
隠し砦の三悪人の三人って誰のことなの?

28 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/07(月) 03:29:22 ID:b+yZEWSV
トシ、マッチ、ヨッチャン

29 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/07(月) 09:14:42 ID:yeVh9JhW
藤原、吉田、芳村

30 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/07(月) 14:45:16 ID:Vot3OXkC
オブライエン、ボーデン、マクドナルド

31 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/09(水) 19:57:02 ID:cApJ6rqa
とんきち ちんぺい かんた ・・・・おやつあげないわよw

32 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/11(金) 20:54:16 ID:Fub1sEQv
隠し砦に残った爺さんと若い男二人のことだよ。あの三人は一行を見送った後、嫌がる婆さんをかわるがわる・・・

33 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/12(土) 19:24:09 ID:asmyiV8k
婆さんは嫌がってない

34 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/15(火) 18:17:07 ID:mgxpAODH
リメイクの特報を観たが阿部六郎太はかなり良さそうに見えたぞ
全体に出演者は椿より期待できそうだ。シナリオと監督に不安は残るがな

35 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/18(金) 21:31:58 ID:8oGJCIpZ
あの場面を夜にして誤魔化してる時点で
終わってるw

姫が姫に見えないし
何のオーラも出てない。

36 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/19(土) 09:36:13 ID:coVEXQ4n
リメイク版の話なんかもういいよ。ローレライ、日本沈没の監督だろ?あの監督の個人的な変質オナニーなんか金もらっても観たくない。
糞映画であることは全くもって間違いない。それも下痢グソ映画だ。語る価値も無い。

37 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/19(土) 16:45:20 ID:jfFH1IkF
爺さんと婆さんだけ残してあの2人の若い衆連れて行けばよかったんじゃないのか?わざわざ信用ならん下衆の者を連れて行くのは解せないんだが。

38 ::2008/01/19(土) 19:15:06 ID:jxH10i7I
解せないまま死んでいけよ

39 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/23(水) 20:47:40 ID:E0+SsEkE
>>36
じゃあ友達の庵野がアニメで「隠し砦」を撮ったら見かね?

40 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/24(木) 05:19:58 ID:dgvqiFcU
これは気軽に見れて必ず満足できる
音楽がいいね、テーマソングのマーチが実に映画にあってて
見終わると登場人物がみんな印象に残る
映画館で見たいな

41 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/25(金) 01:07:21 ID:uh2dI0ly
良かったな、今度映画館でやるよ

42 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/26(土) 04:46:53 ID:8Y4T64jg
>>37
誰にでも 理解できるように製作されてるけどな
さすがに”サッパリ分からん”ようなアホの目線に合わせてまで作ってないってことだろ

43 :この子の名無しのお祝いに:2008/02/02(土) 09:11:10 ID:8wOk+ibS
お宝 黒澤明 1981年鼎談 千秋実 藤原鎌足 上原美佐.wmv 13,862,724 53b3bb728afe113b49d6a4e58a03274b

44 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/03(月) 13:10:35 ID:slQmz7uw
あのお姫様が良かったなぁ
お姫様役ってのはヘタな方がいいw
最後にちゃんと奇麗なキモノで出てきたのも嬉しかった

45 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/03(月) 22:10:07 ID:sTQeIaAB
シスの復讐のグリーヴァス将軍とオビワンのチェイスシーンは隠し砦からパクッたな。

46 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/04(火) 11:25:57 ID:SbLfPVv0
>ローレライ、日本沈没の監督だろ?

知りたくもなかった事を知ってしまった瞬間って死にたくなるもんなんですだな。

47 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/04(火) 11:43:11 ID:SbLfPVv0
もう頭きたからビール開けて昼間から書きまくってやる
書き込み的死を迎えてやんよクソ邦画めが
企画を通したすべての糞脳人どもは火星に出向し四次元クレーターの中で糞商売でもしてろ馬鹿め
金輪際地球に現われるな
銀河を目指しそこでおっちんで決してこの世に転生はせず末期の痔瘻に飛び込んで窒息しろ

48 :ルーカス:2008/03/06(木) 23:43:55 ID:BhI/vj3U
>>45
SW2のスピーダーバイクの追跡シーンでいただいてるよ

49 :ルーカス:2008/03/06(木) 23:44:33 ID:BhI/vj3U
>>45
SW2のスピーダーバイクの追跡シーンでいただいてるよ

50 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/07(金) 00:22:57 ID:ZfpCES6h
グリーヴァス将軍とオビワンの一騎打ちは真壁vs田所だな。
周りの兵が見守っている中で戦うところがソックリ。
ルーカスって本当に隠し砦が好きなんだなw

51 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/07(金) 08:46:22 ID:KHHMlkiD
織田三十郎だけでもかなりのショックだったのに、
今度はこの映画のリメイクだろ。
しかもわざわざ新たなキャラ作って、それをジャニーズの奴に演じさせるんだから、
怒りを通り越して呆れるわ全く。



52 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/07(金) 08:52:15 ID:FeyM5r5N
別にいいんでないの?
リメイクができたって本家に傷がつくわけじゃなし
本家に興味を持って見てみようと思う人も出てくるし

53 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/07(金) 09:21:07 ID:up2kYb5S
松潤って新キャラなの?又七・太平のどっちかと思ったけど・・・?

54 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/07(金) 13:45:12 ID:cWCigk6f
>>52
それは作品の出来如何の話しだよね。
制作側のエクスキューズは分かるんだよ。
オリジナルに勝てる訳もないからこそ我々が今のこの時代の新しい・・それがリスペクトだってね。

しかしリメイク映画はまず「新解釈がどう面白いか」という事だし
情けない結果になるであろう事は今までが証明してしまってる訳でね。
そこをクリアした物がもし作れたら喜んで土下座しますよほんと。
そん時ゃみんなでドゲザーしようぜ!なんつって。はあ

55 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/08(土) 09:30:01 ID:fc6DuNQK
>>52
織田三十郎が作られた時からそうだけど、そのセリフには聞き飽きた。
リメイクする側には都合のいいセリフだわな。

56 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 01:30:08 ID:pYsy8kyg
海猫 シーオブラブ の監督とか
踊る大捜査線 の監督とか
日本沈没 の監督とか

映画作成能力は4流でも、日本人相手にはヒットするのが不思議


57 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 01:36:58 ID:vQeOWtnT
なんでレスが付かないのか考えな

58 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 18:42:38 ID:aUacCwI5
>>56
日本人が馬鹿だからさw 



59 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 18:52:06 ID:aUacCwI5
>>52
こういう野郎はほんとムカツクな。
自分が好きな作品がリメイクされたらそれこそボロクソ言うくせにな。


60 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 18:53:15 ID:sshnimbp
言わないよ、バ〜カw

61 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/10(月) 22:59:52 ID:aUacCwI5
>>60
口では何とでも言えるよw バ〜カw

62 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/11(火) 08:47:21 ID:NHMSoNne
>>56
不思議でもなんでもないね。
美味くなくても場所さえよければ繁盛する食い物屋と同じ事だ。

63 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/14(金) 11:44:28 ID:bK6WYmkH
リメイク反対派って、池田先生の悪口をいわれた時の学会員に似てるなw

64 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/14(金) 21:15:36 ID:1AVih9BZ
>>63
悪いことは言わないから、学会の批判をするのは止めておけ。
慈悲で言ってやってるんだからな。


65 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/15(土) 06:42:09 ID:A6WMRS8Q
椿三十郎はリメイクの余地も意味もまったくないやるだけ無駄な映画だけど、
隠し砦はやりようによっては楽しくなる可能性が残されてる映画だから少し期待してる部分もある

66 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/15(土) 09:28:07 ID:LxoNMdDM
オリジナル三十郎を観た時は、これを今の役者やアイドルで作ったら
商売的にいけるんじゃね?って思った

67 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/15(土) 20:37:21 ID:pPwcryGY
>>66
実際には大コケだったし、商売的には駄目だったな。
ヤクチュウ春樹は黒澤リメイクっていう売りで
いけると思ったんだろう。
まあこの馬鹿がいかにも考えつきそうなことではあるw

68 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/15(土) 23:01:05 ID:pPwcryGY
>>65
ジャニーズ松本を起用するためにわざわざ新たなキャラを作って
それを主人公に据えたり、重要なキャラである田所兵衛が消えていたり、
あとスターウォーズの要素も入るみたいだから、もうリメイクとはいえない内容になってるんだな。
それなら最初から全くのオリジナル作品として作ってろって言いたくなるが、
結局は織田三十郎と同じで黒澤リメイクというのを売りにしたいだけだろう。
隠し砦のタイトルを変えずにそのまま残しているのもそのためだろうな。


69 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/15(土) 23:06:10 ID:LxoNMdDM
リメイク嫌いなのに妙に詳しいのが笑えるw

70 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 04:02:46 ID:USivBFVV
隠し砦の雪姫/上原美佐 って5年前に亡くなってたのな。
ソースは唐沢俊一のブログ。


71 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 08:14:53 ID:WbEoWCME
>>70
何で唐沢なんかが知ってるんだ。


72 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 09:39:35 ID:EB6Y5dCq
>>70
本当?知らなかった・・・

73 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 10:04:17 ID:4VXnQ53C
こんな感じでかいてあるね

関連してマイミクさんからのコメントで、『隠し砦の三悪人』の
雪姫、上原美佐さんも5年前に亡くなっていたことを知る。
『隠し砦』で雪姫、『日本誕生』でクシナダ姫、『戦国群盗伝』
で小雪姫。その数少ない出演歴で、これほど“姫”率が高い
女優さんは他にいなかったろう。

ttp://www.tobunken.com/diary/diary20080313151152.html

74 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 10:40:01 ID:1WBgg1db
>>70-73 知らなかった・・・(ため息)
この映画以外では「独立愚連隊」「太平洋の嵐」の印象も鮮やかです。
今さらながらですが、こころからご冥福を祈って合掌。


75 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 11:04:35 ID:4VXnQ53C
個人的にこの作品が好きな理由の半分以上が上原さんの魅力だった
才能がない、と言って引退したそうだけど、そんなものどうでもいいほど華があった
時かけの原田知世みたいなもんかな

76 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 14:31:53 ID:USivBFVV
亡くなったのが事実なら 明らかに本人(遺言)、遺族に公表する意思無し って事だろうな。
リメイクのキャンペーンで旧作引き合いに出さされそうだから、
その時マスコミが嗅ぎ付けるか?

ホント世界中にファンがいるんだよな雪姫。

77 :>>65:2008/03/16(日) 16:38:41 ID:xOXLtIo9
>>68
SWの要素が入るのはまあいいかなとは思う
それ以外については見てみないとなんとも言えない

>>69
詳細知った上で駄目だと叩いてるんならいいじゃん

なにも知らずに嫌ってる人にもどうせオマエはイチャモン付けるんだろうしw
オマエみたいなのが一番いらない

78 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 17:24:19 ID:4VXnQ53C
リメイクなんて物は、古い特撮を今の技術で作り直す時ぐらいしか意味はないね
それ以外では名作のリメイクはオリジナルに並ぶ事すら不可能
何か新機軸を盛り込むならオリジナルの題名を使う必要はないし
つまりリメイクは暇な映画好きか、その監督や役者の追っかけだけがみればいい

そんな物にいちいちメクジラ立てている人を見ると思わず笑ってしまうだけだよ

79 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 22:38:56 ID:WbEoWCME
リメイクに関しては作るのは勝手だが、あんなジャニ主演のアイドル映画にするんなら
せめてタイトルだけは変えろと言いたいね。この一点だけだ。
そうすれば別物として一切無視できるし、文句もないんだけどね。



80 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/17(月) 23:17:01 ID:FezVOUyM
タイトル変えたら変えたで「パクリだ!なぜ素直にリメイクだと表記しないのか!」と騒ぐクセにw

81 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 02:21:17 ID:NRz7Lh2O
言わねえよ、バ〜カw

82 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 16:02:31 ID:LzkUBaBh
ほんと、目くじら立てることないよ。

オリジナルよりツマランものになろうが(まずそうなるだろうが)
オリジナルを超えようが(まず無理だろうが)
どっちだっていいじゃん。

オリジナルの『隠し砦の三悪人』に鋏を入れようってわけじゃない。
オリジナルの『隠し砦の三悪人』がなくなるわけじゃないんだから。

83 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 21:52:58 ID:NRz7Lh2O
>>82
お前の下らない屁理屈なんかどうでもいいんだよ。消えろ。

84 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 23:21:01 ID:KIYj6GLr
や〜だよ

85 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 02:01:40 ID:xGgqdWab
>>82
よけいなお世話だ。アンチはうせろこの野郎。


86 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 07:15:49 ID:XsVsGED8
や〜〜〜〜だよ
それにどこがアンチなのかワカラな〜〜い 何言ってんの〜〜〜w

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな

87 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 09:11:44 ID:xGgqdWab
>>86
ファンのなりすましは止めろって。
お前みたいなアンチが一番性質悪いんだよな。



88 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 09:20:24 ID:XsVsGED8
繰り返す

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな

89 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 09:32:27 ID:xGgqdWab
うるせえ。アンチはここからさっさと消え失せろ。

90 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 10:34:50 ID:2nBVcUQQ
ではもういちど繰り返そう

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな

ついでに補足。

信者
「黒澤教」を奉る不自由で低能な人々。黒澤およびその作品を絶対神のごとく崇め奉り、
リメイクと聞くや「神聖な作品に対する冒涜だ!」「許さない!」と息巻いてみせる。
その根本にあるのは何か優れたもの、エライものに自分を帰属させたい、
そのことで自己のアイデンティティを保持したいという幼稚な欲求であり、
それと表裏一体の権威主義である(「消えろ」と言った物言いに良く現れているように)。
上にへつらい、下に高圧的な小役人タイプとも言えよう。

ファン
信者のような権威主義・絶対主義を離れた自由で頭のいい人々。
黒澤と言えど神ではないこと、一人の弱い人間であること
そしてその作品と言えど完璧ではないことを承知していて、
その誤謬、失敗、欠点も含めて理解し、共感し、支持し、愛することの出来る人々。
当然、リメイクは冒涜なんてアホを言う境地からはとっくの昔に脱している。

で、あなたの言う「アンチ」ってのはどういう意味合いなの?



91 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 13:52:18 ID:2nBVcUQQ
・・・黙っちゃったね。じゃ、黒澤ファンとしても一言語っておく。

黒澤映画の何が好きかって言えば、よく言われることではあるが
やはりその造形性(=スペクタクル性)とドラマ性(いわゆる黒澤ヒューマニズム
・・・人間に対する厳しくも温かい眼差、その正義感、怒りとユーモア、希望と絶望)、
このふたつのものの、素晴らしい融合(あるいは魅惑的なカオス)ということになるんだな。

とりわけ戦国もので顕著だが、俺は彼の作り出すスペクタクル(=造形性)にとても魅かれる。
『隠し砦』で言えば城塞の焼跡とか、捕虜の大脱走とか、奇岩の並ぶ隠し砦とか、視界いっぱいに広がる富士の裾野とか、
そういう雄渾で力感溢れる重厚なイメージを作らせて、この人の右に出る者はいないと思う。
そのスケール感にまず圧倒される。
彼の作り出すキャラの魅力、エンターテインメントとしての完成度については言うに及ばず。
長くなるのでそこまでは書かないけどね。

で、「アンチ」って何?


92 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 21:11:19 ID:xGgqdWab
90-91
ファンになりすまそうと思っても無駄。アンチだっていうのがバレバレなんだよ。
だからさっさと自分の巣に帰りなさい。そして二度とここには来るな。




93 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 21:23:04 ID:8940fKOu
ではまたまた繰り返そう

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな


94 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 21:27:34 ID:8940fKOu
で、バレバレだとする根拠を説明してみてください。
あなたの思い込み、妄想としか俺には思えない。
なぜって俺は実際に黒澤ファンだし、この映画も大好きなんだから。
(ただし「信者」ではないがな)

さあ説明しろ。

95 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 21:42:42 ID:8940fKOu
あと、「アンチ」って何? それにも答えてないよ。
ちゃんと説明しろよ。

96 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 22:16:53 ID:xGgqdWab
>>93-95
お前まだいたの? ほんとしつこい奴だね。
お前みたいなアンチをいちいち相手にしてる暇はないの。
迷惑だからさっさと消えて。
>あと、「アンチ」って何? それにも答えてないよ。
アンチの意味もわからない馬鹿w 


97 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 22:43:31 ID:8940fKOu
なるほど。マトモな説明なんてなんにも出来ないってことね。
何の根拠も無いあなたの妄想ってことね?
あなたはそういう根拠の無い言いがかりを平気で他人につけられるバカヤロウってことね?
はいはい、そうですかー。恥ずかしい人ですね、とことん。

で、しつこく繰り返そう

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな



98 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 22:52:23 ID:8940fKOu
それと、アンチの意味はわからないよ。
俺のどこがアンチ? あなたの言うアンチって何?
・・・どうせ答えられないだろうけどw

99 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:01:13 ID:xGgqdWab
>>97
いいからもう自分の巣にもどれよ。そこで好きなだけほざいてろばーかw






100 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:04:05 ID:8940fKOu
俺には巣なんてありませ〜〜ん
なのでここでもういちどほざきま〜〜す

なるほど。マトモな説明なんてなんにも出来ないってことね。
何の根拠も無いあなたの妄想ってことね?
あなたはそういう根拠の無い言いがかりを平気で他人につけられるバカヤロウってことね?
はいはい、そうですかー。恥ずかしい人ですね、とことん。

で、しつこく繰り返そう

俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな


101 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:22:57 ID:xGgqdWab
>俺は黒澤ファンだしこの映画も大好きだ
ただし「信者」ではないがな

もうわかったからこんなとこで粘着してないでさっさと巣へ戻れよ。



102 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:24:37 ID:8940fKOu
俺には巣なんてありませ〜〜ん


103 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:44:45 ID:xGgqdWab
独り言もたいがいにしとけよ、バーカ。

104 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:56:20 ID:8940fKOu
独り言じゃありませ〜〜ん
あなたのレスにレスを返してるだけですよ〜〜

バ ー カ

105 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 23:59:15 ID:8940fKOu
さて明日早いんでもう寝ますね
あとはお好きにドウゾ
またあさってにでも読ませてもらいます
ヨカッタネー

106 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/20(木) 02:21:41 ID:RgEVrWGO
まだなんか独り言言ってるバカがいるなw 


107 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/21(金) 01:45:16 ID:gDOM7ugF
オレは、大の黒沢明ファンだ、黒澤信者ではない

よろしく


108 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/21(金) 01:46:58 ID:Kr4RqqDA
いつも上げてる人、下品でバカだね。

109 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/22(土) 08:58:37 ID:vj5MaXBu
黒澤信者に下品とバカは似合わない
スノッブならよく似合うがw

110 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/22(土) 22:10:17 ID:Za3f2W3u
>>109
消えろこの糞アンチ。くたばって地獄に落ちろこのクズ野郎。

111 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/22(土) 22:39:08 ID:vj5MaXBu
几帳面に句点を打った罵倒がなんともかんともw
絶望先生の千里ちゃんかい、って感じwww

112 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/23(日) 00:22:50 ID:P/Rc0jMA
へえ、この映画リメイクされるんだ。
個人的には七人の侍に次いで二番目に好きな黒澤映画だけに
ちょっと複雑な気分。

リメイク作品は一つも見たこと無いけど
噂ではどれもひどい出来だとか。

113 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/24(月) 01:46:51 ID:kcN1NxSp
隠し砦で好きなシーン


・冒頭の城の階段を大群が下りてくるシーン:ダイナミック
・秋月のフラッグをバックに雪姫が泣くシーン:優雅でダイナミック
・火祭りのシーンとその前のバックにかかる太鼓:優雅でダイナミック
・姫が村娘を助けるシーン:ヒューマニズム
・R2D4に襲われそうになった姫が、毅然と立ち向かうシーン:お色気
・脱出シーンで、三船が村娘を片手で馬に乗せあげるシーン:ダイナミック
・裏切りご免で、兵衛が一発で馬に飛び乗るシーン:ダイナミック






114 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/24(月) 02:27:43 ID:+s1hqBR4
R2D4って何?

115 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/24(月) 10:36:10 ID:kpVeTaau
>>114
ttp://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/top/sado/sado.html

116 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/24(月) 22:00:07 ID:RL/8p6GX
まぁ姫はそのシーンで立ち向かってはいないんだが

117 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/25(火) 01:49:15 ID:rBX/jkLC
>>116
記憶違いだった
村娘が姫を助ける だった
>>114
C-3PO、R2-D2だった

118 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/25(火) 05:31:19 ID:Wxg577N/
あの百姓ふたり、ホント足手まといだな。百姓はだから嫌いだ。

119 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/27(木) 20:14:42 ID:IzOTv+l7
>>118
太平役の千秋実は「七人の侍」では
林田平八という一番役立たずの侍。本格的な戦いの前に死ぬ。

同じく又七役の藤原釜足は
万造という戦いに反対するハト派の百姓。
しかも娘の髪を切って男に変装させ、村人に余計な不安を抱かせたり、
落ち武者狩りで手に入れた品を見つけられ、侍たちをキレさせたりして
とかくトラブルの種を作るやつ。

この二人はそういう役柄のようで。
藤原なんか、腹黒そうな風貌だしね。

120 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/28(金) 18:20:13 ID:8UknJxsN
千秋さん、お腹に脂肪が。あの時代でも良いもの食べてたんだね。
ってかその前に戦国の世にあんな脂肪のついた人がいたのか?

121 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/29(土) 00:06:43 ID:6poq8wpb
戦国ドキュメンタリーを見てるわけでもあるまいに

122 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/29(土) 00:18:32 ID:I+oXf80t
戦国時代含め昔の人だからって農民はみんなガリガリとでも?
てか千秋実そんなに脂肪気になるほど太ってたか?

123 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/29(土) 02:16:38 ID:6vs1AAlk
>>121
黒澤はドキュメント並に時代考証をこだわるだろう。

124 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/30(日) 12:48:56 ID:2h7B75YZ
こだわらない。

125 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/30(日) 21:41:22 ID:xRLuDzHd
それは黒澤好きじゃなくて思考停止の信者だな。

126 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/30(日) 21:48:03 ID:gZSbaFHG
>>123
お前の日本語が意味不明。

127 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/30(日) 21:52:53 ID:2h7B75YZ
>>125
お前の日本語も意味不明。


128 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/31(月) 05:31:31 ID:BeJBRqBu
雪姫を見て「ひょえーーー」と沢村いき雄が言うシーン好き。

129 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/31(月) 18:41:10 ID:Da5CN1Vy
日本語といわず国語と言え。何だ、日本語とか他人行儀な言い方は?
日本史じゃなくて国史だ!

130 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/31(月) 23:26:14 ID:3dzmHeOQ
>>129
お前のレスも意味不明。
何か最近日本語の不自由な奴が多くなったな。困ったもんだ。

131 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/01(火) 00:22:15 ID:8w8nDD9V
日本語ってのは日本語教師など、対外的な場合に使うべき言葉だろう。
それも分からないのか130は?
普通に国語って言え。

132 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/01(火) 00:34:34 ID:8w8nDD9V
あ、130が外国人なら話は別だがな。

133 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/01(火) 01:28:56 ID:MKRPq+Q/
まあ言われてみれば確かにそうだな
通常の場合は国語と言われるべきだよな
ただ外国人に指摘する場合はそいつにとっての国語は向こうの言葉になるからな

134 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/01(火) 01:31:31 ID:8w8nDD9V
すんなり理解されるのも逆に釈然としないものだな。。。
まあスレ違いなんで。

135 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/01(火) 02:38:53 ID:mQksbFud
>>131
やかましい。お前の下らん屁理屈など知ったことじゃない。
日本語で何も問題ない。
いちいち下らんことで突っかかってくるな。不愉快な野郎だよ全く。

136 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/02(水) 11:04:31 ID:W6+pTrSr
>>131
対外的に使うとは限らない。
ひとつの言語として「他人行儀に」対象化する(=客観視する)ときにも「日本語」を使う。
で、「日本語がおかしい」というのは、まさにそれに当てはまる場合だ。
「おまえの言葉遣い(=表現)は
日本語(=「日本語」として客観視されるひとつの言語体系の用法)としておかしい」
ということだ。
それを「お前の国語がおかしい」なんて言ったら、それこそ「日本語がおかしい」。
それも分からないのか。普通に日本語って言え。


137 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/05(土) 20:26:44 ID:CfZkj5Fj
見所のあるシーンが
馬上での殺陣ぐらいしかなかったな。
音楽もあの場面だけやたらと印象的だったし。
七人の侍が名シーン満載なのに比べると
どうしても見劣りする。

138 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/05(土) 21:25:13 ID:IDmQsljC
出てくるキャラクターが皆いいし、音楽も格好良いし、
見所があるシーン満載で、娯楽として最高に楽しめる。
演出、脚本もすばらしいし。まさに傑作。





139 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/08(火) 12:24:02 ID:qiVb8wmv
ケチをつけるならカメラだろう。
宮川や斉藤ならもっと凄かったね。

140 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/08(火) 14:37:16 ID:MVags11t
宮川にあんな画はとれないよ。

いや、彼は名手ですよ
ただ、まあねえ。

これBキャメラはやっぱり斉藤だろうね。

141 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/09(水) 12:28:13 ID:tIBK9o24
七人の侍とこれ見た。
次はなにをみればいい?

142 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/09(水) 12:41:27 ID:9OLOb3RZ
がむしゃらに全部観れ!

蜘蛛巣城

143 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/09(水) 21:23:02 ID:8ltWEy5K
>>141
自分の見解としては、
七人の侍以外の黒澤映画は
どれもイマイチな感じ。

別に出来が悪いわけじゃないんだけど、
七人の侍があまりにも突出してるせいでそう感じてしまう。

同時代の、他の監督の名作と呼ばれている作品の方が面白いと思うけどね。
東京物語とか浮雲とか山椒大夫とか二十四の瞳とか。

144 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/09(水) 21:40:34 ID:Xph/M1X8
>>143
アンチ乙。
>東京物語とか浮雲とか山椒大夫とか二十四の瞳とか。
全部見たけど、どれも糞つまらん映画ばっかり。邦画が嫌いになる作品ばかりだw
特に二十四の瞳は最悪だったな。



145 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/11(金) 05:20:08 ID:rVJvjwQ1
>>141
そのどちらも面白いと感じたなら、
次は「用心棒」「椿三十郎」を進める。

146 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/11(金) 21:25:41 ID:6BctySi2
>>145
七人を100とすると
3悪人は70くらいかな。

どっちか決め打ちにして。

147 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/11(金) 23:33:21 ID:uDPAG7BI
黒澤監督作は時代劇ももちろん良いが現代劇(と言っても昭和30年代だが)も良い。
「悪い奴ほどよく眠る」と「天国と地獄」を観よう。

148 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/13(日) 15:11:11 ID:n2yOKU97
ついこないだ「生きる」観たけど
良かったよ。志村の演技とか特に。

それまでは黒澤映画は時代劇だけしか観るべきではない、
っていう偏見持ってたけど、考えが変わったね。

149 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/14(月) 01:13:39 ID:ard+q7bR
戦国の世に咲いた一輪の名花 ・雪姫には、オードリー・ヘップバーン
に対抗できるビジュアルを求めて、郵送公募を含め4000人にのぼる
大オーディションが敢行された。
 
しかし、どれだけ探しても黒澤のメガネに叶う女性は現れなかった。
そんな時、全国に網を張っていた東宝の関係者が、地方の映画館で
ひとりの若い女性を見いだし、黒澤に写真を送った。
写真には 「素人さんですが、凛々しい横顔に思わず声をかけていま
した。話してみて 意志の強さを感じました。一度会ってみませんか」
というコメントが添えられていた。
写真を見た黒澤は、この二十歳の短大生を一目で気に入った。
このような経緯で、ズブの素人・上原美佐を起用することになったが、
その説得は 親の反対もあって大変だったそうだ。

しかし、本当の苦労はそこから始まる。
彼女の最大の難点は “演技経験がない” ことだった。
撮入前の黒澤によるマンツーマン指導は 数十日に及んだ。
それは、“人形に命を吹き込むような” 絶望的な試みだった。
しかし黒澤は その難事に敢然と挑み、見事成功する。
完成した映画を観て、皆 稀代の演出家の成し遂げた“奇跡”に
目を見はった。

http://white-knight.blog.so-net.ne.jp/2007-01-25

150 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/14(月) 23:28:30 ID:1oV77ap+
>撮入前の黒澤によるマンツーマン指導は 数十日に及んだ。

このとき黒澤は美佐とやったな

151 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/15(火) 05:21:59 ID:okoufSXt
つまんね

152 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/15(火) 14:44:35 ID:w8QqJpSo
ガッキーのほうが合ってるような

153 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/16(水) 00:42:13 ID:zGk6KqNh
撮入前の黒澤によるマンツーマンSEXは 数十日に及んだ。

154 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/16(水) 01:37:48 ID:KhguUIvv
ツマンネ

155 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/18(金) 20:43:27 ID:+7wba2fO
リメイク作はキャストからして観たいと思わないけど話題になったのがきっかけでオリジナル作が観たくなった。
で、レンタル屋さんで探すも同じ事考える人が多いのか常時貸し出し中…まだ観られないorz

156 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/18(金) 21:10:42 ID:cPUZD/+u
隠し砦はたまに見たくなるから手元においておきたい

157 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/18(金) 22:02:19 ID:6i5NS2k7
>>155
リメイクのほうはもう改悪しまくってオリジナルとは
似ても似つかぬ酷いものになってるから、もう全く別物と思ったほうがいいぜ。
まあ個人的にはオリジナルと同じタイトルを名乗ってるが
非常に気に入らないけどな。

158 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/19(土) 08:59:18 ID:j+7Ubbto
>>157
>オリジナルと同じタイトルを名乗ってるが
“黒澤作品リメイク”という看板が欲しいだけなんだろうね。

159 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/19(土) 19:21:18 ID:4TBqlQdj
本来なら「The Last Princes (”隠し砦の三悪人”より)」ってタイトルにすべき映画

160 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/20(日) 00:08:26 ID:LrPSVkfL
以前、黒澤明版の隠し砦の三悪人、見終わったときは、
え?もう終わっちゃうの?
やけに短かいな。これからが本番でもいいくらい
って感じで、1時間くらいしか観てないように感じた。

139分=2時間19分もあったのに短く感じるなんて
これだけ観て、まだまだ続きてほしい、もっと観たいて感じるなんて不思議な感じだった。
こういうのが娯楽超大作っていうんだろうな。
黒沢明は天才だと感じたよ

樋口監督の日本沈没やローレライなんて、30分観て、イライラしてきて
帰りたくなった。
今度もまた樋口監督の隠し砦がそうならないことを祈る


161 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/20(日) 02:16:41 ID:782eXq64
二度あることは・・・

162 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/20(日) 05:53:17 ID:+wEWVGmJ
監督は「ローレライ」「日本沈没」の樋口真嗣。脚色は「阿修羅城の瞳」「天元突破グレンラガン」で脚本を務めた中島かずき氏(劇団☆新幹線)。出演:松本潤(嵐)、長澤まさみ、椎名結平、宮川大輔etc…。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2540912

163 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/20(日) 08:12:46 ID:h4xVzg4d
>>162
不愉快だからそんなものここに張らないでくれよ。

164 :上原美佐 43歳:2008/04/20(日) 17:06:35 ID:+wEWVGmJ
http://fout.garon.jp/?key=Gx3VjLEF7OsBLK3MlNh-iDz:tRA1&ext=wmv&act=view
http://fout.garon.jp/?key=GR2S1RFYIQ1WoSaC0U0L4-N:zU9&ext=jpg&act=view

165 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/21(月) 18:47:11 ID:N1o5vckj
リメイクするのは勝手だが、
せめて諸外国に知られないようにして欲しい。
日本人として恥ずかしい。

166 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/21(月) 20:09:28 ID:H8jS3iF/
あの糞リメイクをアメリカへ持っていって公開するらしいよ。
どこまでずうずうしいというか恥知らずというか。
もう呆れてものが言えない。

167 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 01:42:31 ID:DJmvf53r
すごいよなあ。
上原美佐のあのキリっとした立ち振る舞いとあの美しく高貴な顔とスラリとした脚
全編とおして気品を感じさせる演技を素人の上原にみにつけさせた演出
まさに、これぞ戦国の世の姫って思わせる





168 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 01:48:21 ID:9k+ylxp8
立ち振る舞いは能の先生のところで
修行させたんだっけ。
樋口は・・・・

169 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 03:06:55 ID:abHwI3Nm
同意ですばい
この映画の要は姫なんだなぁーとつくづく思ったわい
長澤まさみはどう考えても違うだろ
せめて柴崎コ・・・すまん

170 :すっぽんさん:2008/04/23(水) 12:42:26 ID:ImXUfEvT
オレ結構クロサワマニアです

この映画のポイントを上げるとすれば
1 シネマスコープという大画面だということ
  従って映画館で見て初めて良さが解ると思う
2 姫が泣くシーン
  真壁「姫こそ生け贄です」といって場面が変わり姫が涙を流すシーン
  一国の頂点に立つ人間の決して表に出す事のない心情がこの涙で表現されている
  バックの音楽もそそられる
3 馬上の戦い
4 宿場町の美術 まるでタイムマシンに乗って見てきたみたいだ
5 馬のかわりに荷車になった事
6 火祭りのシーン
7 最後の場面
  左端から右端へと一直線に続く山間を馬に乗って掛け抜けていくところ
  ワイドスクリーンならではの迫力見ていて圧倒された

  とりあえずこんなところかな

171 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 12:51:49 ID:yG0KbGK2
ラストカットの城門、
あれどこなんだろう?

172 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 13:02:47 ID:TnHzPnr1
たぶん岐阜城じゃないかな。

173 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 13:03:27 ID:jPU8Be0U
>1 シネマスコープという大画面だということ
>  従って映画館で見て初めて良さが解ると思う

映画館で『天国と地獄』を初めて観たときにはそれまでのビデオ鑑賞の感じと全然違うのに驚いたな。

174 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 13:05:02 ID:ZhH9Nf4e
ほんだぷりもこうわつぶれろろっくたうんのはんばいぜろになれけいこのはんばいぜろになれこうわのしゃちょうしね

175 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 13:10:59 ID:TnHzPnr1
悪い、正確には郡上八幡城ではないかと…あくまで“たぶん”なんだけど。

176 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 13:30:30 ID:R6BkMrod
>>136
他人行儀に対象化するときに日本語という言葉を遣うって
いかにも取ってつけたような理屈だな。負けず嫌いな人だという事は分かった。

177 :171:2008/04/23(水) 19:49:11 ID:yG0KbGK2
>>175
レスありがとうございます。
郡上八幡城の大手門は昭和63年に改築されたそうですね。
確かに雰囲気は残っているけど、改築前の写真ってどこかにないだろうか。

178 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 20:44:37 ID:6vNsWNts
>>176
日本語の用法としてそうだということを言っている。
(↑まさにこのように。こういう場合、「国語の用法として」なんていう表現はしない)
あなたがまともな日本語も知らず、まともなレスも返せない人だという事が分かった。
いや、最初から分かっていた、と言ったほうがいいな。

179 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 22:25:54 ID:SFEcj/m1
>>170
確かに、それらのシーンは非常に素晴らしい。

もう一つ、

「雪姫が『さらばじゃ!』と言ったときの、百姓二人の反応」

も、ポイントに加えておいて欲しいところ。

180 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 23:18:58 ID:mrh4555w
>>167
4000人が集まったオーディションでもなかなか見つからず、
スカウトを全国に配してやっと見つけてきた人だからね。
個人的にはこの映画は彼女に魅力につきると思う。
もちろん三船や他の役者も素晴らしいけどね。



181 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/23(水) 23:46:14 ID:VuXdx43t
(1)
真壁六郎太となんとか、って侍が
一騎打ちして、なんで逃がしてあげるの?

40人で取り囲んで逮捕すればよかったのに。

(2)
ラストの黒い登場シーンは
トレイ&マットの「チームアメリカ」の
登場シーンでパクられてるよね?

182 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 00:02:16 ID:q9yutpLr
>>178
日本語の用法ねえ。そんな用法はあなたが思いつきで
こんなものだろうなと思って私的に書いたんでしょう。
日本国は方言はあっても国語は統一されてるんだから同一人を他人行儀に対象化して
日本語などと無機的に言う必然や慣習的使用法はないと思うけどね。
2ちゃんねるで日本語でおkだとか、斎藤孝著『声に出して読みたい日本語』がベストセラーになったからって
何の疑問も持たず「日本語」と安易に大衆が遣ってるだけさ。
斎藤孝には日本語という対外的な言葉はいかがなものかと意見が来た。
すると今の日本人を皮肉ってあえて日本語と遣ったっていっていた。
これなら十分意見として分かるがね。

ま、無為に言葉を遣ってるタイプではないようだからあなたの用法感覚は尊重するけどね。
それとスレの迷惑になるんで俺はもう一切この事で反論はしない。

183 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 02:32:32 ID:gNPGSWZw
リメイク、日本文化のイメージを損なわせるための謀略か?

184 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 08:22:21 ID:dxeAbwQY
城門はセットですよ。

信じられないけど。

185 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 08:51:28 ID:A45oTMgI
東宝ビルトだったっけ?

186 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 09:07:57 ID:ES9UkYb+
階段落ちは「戦艦ポチョムキン」のパクリ

187 :すっぽんさん:2008/04/24(木) 12:14:09 ID:t+zLi4fq
179> 「雪姫が『さらばじゃ!』と言ったときの、百姓二人の反応」

つまり、“おし”の雪姫がしゃべるとは思わず、
誰がしゃべったのか判らない百姓達の驚きですね

188 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 14:34:31 ID:DLcXGv2M
>>186
パクリというと安易な著作物盗用に聞こえる。
アレンジとかオマージュでいいじゃん。

189 :171:2008/04/24(木) 15:09:46 ID:2Bd98heO
>>184
映画の前半で一揆が起こる秋月の城が、東宝ビルトに組んだオープンだってのは知っています。
ご本人が『村木与四郎の映画美術』の中で細かく語ってくれていますから。
僕が聞いているのは、最後にエンドマークがかぶさる城門(早川の城)のことです。

190 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 15:27:21 ID:x5/PXgnA
前半の一揆 エキストラの一人が眼鏡したまんま出ちゃってて
リテイクしたらしいね。

191 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 17:48:56 ID:DFzaYCgc
しょっぱなの千秋と藤原のシーン、最近スターウォーズ見てそっくりなシーンを見つけて感動した。

192 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 21:05:40 ID:mhyOUcDW
>>191
他にもいっぱいあるでしょ。
喧嘩別れした二人が再会して喜ぶシーンとか、
ラストの大判一枚もらって階段を降りていくシーンとか、
六郎太の一騎打ちのシーンとか。

スターウォーズはずいぶん昔に観たけど、この映画はつい最近観た。
確かにオマージュ作品だな、と納得する場面が随所に見られた。
どっちも好き。

193 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 21:15:22 ID:ES9UkYb+
ダースベイダーの傷は田所兵衛(藤田進)の傷とおなじ位置とか

194 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/24(木) 23:01:57 ID:xcUOCoQA
ヨーダが頭をさするのは7人の侍の勘兵衛から

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/25(金) 05:07:28 ID:iqs5jcaI
火祭りのシーンには、ほんとダイナミックで感動した

196 ::2008/04/25(金) 05:50:02 ID:3bf9YORK
モスラ島でも大量出演の日劇ダンシングチームですね
おひょいはこの頃在籍してたのかな

197 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 14:01:48 ID:jZl/Rrn+
エピ6の熊ちゃん祭は火祭かね

198 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 21:52:26 ID:uDyXxXQn
俺は唯一あの火祭りだけがダメだなぁ、あそこで突然東宝怪獣映画になっちゃうんだもん。
真ん中に高堂国典の酋長がいないのが不思議なくらいだよ、アレ。

199 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 22:01:45 ID:sbmJz2an
火祭りは面白くはあるけど安っぽい。
黒澤は効果のために役者にりきませる設定や演技を要求する。
三船が出てくるところも上手い人が演出したならあんな大まかな登場ではなく細部から見せただろう。

200 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 22:54:53 ID:6i31/ZGc
いやじゃ!

201 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 23:08:59 ID:d3EQ+CZC
火祭りは「だっぱいだっぱいだっぱいだっぱい」って叫んでいるの?

202 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/25(金) 23:21:30 ID:PSSqpeKb
不評だらけなのに映画板で東宝工作員が必死ですなw
都合悪いレビューは見なかったことにしてるw

yahooで不評→「yahooなんて相手にするな!」
2chで不評→「2chは馬鹿ばっかり!」
レビュー専門サイトで不評→「素人の意見なんて無視しろ!」
ゲンダイで不評→「ゲンダイ鵜呑みにするなんて驚き!」
mixi(東宝工作御用達)でついに工作員が負けて不評ラッシュ→「ゲンダイに洗脳された奴らは相手にするな!」

松本潤主演のリメイク版『隠し砦の三悪人』は比較以前の作品か 「かなりレベルの低い内容の作品」
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1209087151/l50

203 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 00:48:35 ID:oky1W4Vd
火祭り凄い迫力あるなぁ。
座頭市のタップダンスより遥かに凄いよ。
あと六郎太が踊るのも面白いと思ったw

http://jp.youtube.com/watch?v=umxweyMVvsg

204 :オマージュ捧げまくり:2008/04/26(土) 02:18:14 ID:eyBQyLY+
Sources of STAR WARS
http://jp.youtube.com/watch?v=--BVUTOrYP8&feature=related

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 06:39:59 ID:6GfQFuvB
>>203
サンクス。
六郎太の堅くぎこちない踊り
デコボココンビのへっぴり腰のヨレヨレ踊り
雪姫の楽しそうでいて気品のある踊り
ちゃんとキャラを出して演出しているのがいいね

この火祭りシーンと、
最後の裏切り御免のシーンが俺のベスト1.2のシーン
兵衛が馬に飛んでのって、
そして六郎太が村娘を片手で走る馬に乗せあげるシーンはダイナミックでしびれた。

ちなみに、ベスト3は、美しい雪姫が秋月の旗をバックに泣いているところ
ジーンときた



206 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 09:20:40 ID:6Be5xMRq
>>198
土人の酋長といえば小杉義男もなww

207 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 09:36:29 ID:81rIoPQD
ラストの脱出するシーンは
今まで見た邦画の中で最高のシーンの1つ。


208 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 09:56:40 ID:aDLTG8r4
>美しい雪姫が秋月の旗をバックに泣いているところ

スターウォーズで二つの太陽を見ながら物思うルークのシーンと
似ている気がする



209 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 14:40:42 ID:tWuc8+sA
>スターウォーズで二つの太陽を見ながら物思うルークのシーンと
似ている気がする

意識してるでしょう。
バックに音楽かぶせて情感もりあげる演出も。


スターウォーズのテーマは
六郎太のテーマに似てる。
インディ・ジョーンズの方がもっと似てるけど。


210 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/26(土) 23:25:46 ID:eyBQyLY+
(ゲーム)トゥームレイダーはインディ・ジョーンズw

211 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/27(日) 02:35:28 ID:85ANJrlF
>美しい雪姫が秋月の旗をバックに泣いているところ

このシーンを撮ったのは野長瀬らしいね。
役者を泣かせるのが上手いので任されたらしい。

212 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/27(日) 14:06:13 ID:nlDkGGqu
「パンツ脱げ!」事件だっけ?

213 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 00:04:17 ID:VOlP4jbO
見たよこの映画。
砦に残った4人のうち、2人は若い侍だったけど
何であいつらを黄金を運ぶ役にしなかったんだろう。
こういう娯楽映画で内容に疑問を持つことは野暮でしょうかね?

一番好きなシーンは、田所との一騎打ちの直前での馬上での殺陣。
ノリのいい音楽が特にいい。ああいうシーンがもっと見たかった。

214 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 00:19:14 ID:iQU3SvU2
>>213
お前自体が野暮。
かりそめにも秋月の重鎮と乳母に護衛も残さないなんて事があるかよ。
それにいずれは知れるといっても敵が襲ってくれば全滅する事が分かっていたって
応戦をして少しでも姫達に逃げ延びるアドバンテージを作っておきたいだろーが。
そりゃ運び役が見付からなければ最悪そういう事も検討したかもしれないけどな。


215 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 07:56:13 ID:sHFLuN5y
213のようなゆとり世代には、

樋口監督のつくった映画は最高の出来なんだろうな


216 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 10:10:31 ID:aMbIGCyh
本物の農民を使ったほうがバレにくい

217 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 11:07:50 ID:lb3eqwAi
まあしかし若い侍を姫の警護にあてるか、逃げ延びるアドバンテージを選ぶかは自由だが
黒澤さんの映画でアラ探しをしだしたらキリがない。

218 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 11:17:20 ID:iQU3SvU2
黒澤の映画に限らず、アラ探しに苦労する映画なんて存在しないよ。

219 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/28(月) 23:22:44 ID:desqZBKR
若くても良い物は時代に関係なく良いと
自分の同時代性に執着しない奴はいるんだけど
大抵はそこまで貪欲な奴はいない。
だからエンタの神様しか知らない世代はあれで笑える奴も多いし
隠し砦のリメイクもここ数年の映画あるいはドラマしか見ていない奴は
面白いと思えるだろうね。
これが大衆社会の愚かなところだ。

220 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 00:34:51 ID:ZJk76nAd
最近は西遊記を観て面白い、感動するって連中ばかりだからなんだろうなあ


ハリウッドの1流作品を100本くらいみたら
日本沈没や、踊る大走査線なんてみたら、
樋口なんか徹底的に馬鹿にされて軽蔑されても仕方がない監督



221 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 03:50:49 ID:HqgdfZkz
>>21

ニコニコのこの動画、すでに削除されてるんだけど、
誰か保存してる人はいないのかな?
ぜひ見てみたいんだけど。

222 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 04:32:39 ID:agUqADTp
>>221   黒澤明 1981年対談 千秋実 藤原釜足 上原美佐
http://www.toel.sytes.net/~toel/cgi-bin/upload/stored/up2250.mpg

223 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 05:11:48 ID:GnNt4M+8
↑ありがとう

224 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 14:29:37 ID:Bf5aMym8
わしの中ではスターウォーズはスカだけど、隠し砦は大当たり
これはもうレイア姫と雪姫の差なんだけどな

225 ::2008/04/29(火) 16:28:08 ID:4gg2YvU4
秋月城の場面はセットと彦根城じゃないの?NHK鞍馬天狗で彦根城の同じ階段とか見えたけど…

226 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 17:58:49 ID:J6vcKES/
リメイク版、テレビでやっていたが
ありゃ酷いね。
メイクもハンサムな顔が台無し。

227 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/29(火) 21:48:22 ID:sLmUQBlN
>>193
今気付いた。
そういえばジェダイの帰還で見せたダースベイダーの素顔は
田所兵衛にどことなく似てた。

こんなところまでこの映画に似せていたなんて。
偶然・・・・じゃないよね。

228 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 00:32:57 ID:cfQVwxSq
>>204参照
黒澤明をいただいたルーカスが告白
http://fout.garon.jp/?key=G_2UdRCW7HtYj_UG1Ab_cDL:oLK5&ext=wmv&act=view

229 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 01:09:29 ID:PH2Mb7YC
毎日新聞スイーツ(笑)認定wwwwwwwww

■展開速く仕掛け派手
樋口版「隠し砦の三悪人」、展開が速い、仕掛けが派手、そして若い。開巻早々から大爆発、
切り結んだ刀からは火花が散る。主演は人気アイドルグループ「嵐」の松本潤、相手役に長澤まさみ。
身分制度の理不尽さや戦争の非道さを批判し、ロマンスまであってテンコ盛りだ。
敵陣を突破して黄金と姫君を運ぶという設定は同じながら、黒澤監督らの脚本を劇団☆新感線の
中島かずきが大幅に脚色、樋口監督がハリウッド映画並みのスケールで料理した。製作陣は
「リボーン(再生)」と称する。山内章弘プロデューサーによれば、「ケータイ、ネット時代に
合わせたスピード感の、ノンストップアクション」である。

他社
■長澤の巨乳が(ry
■映画の出来については厳しい声が…長澤の緊縛エロスが(ry

小林少女の次はリボーンケータイオワタ\(^o^)/

230 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 11:21:43 ID:pP5mjUcg
>>229
椿三十郎といい、世界のクロサワを冒涜してるとしか思えない。

もう、日本の映画レベルはよく分かった。
つまらない期待を抱いた俺はバカだった。
頼むから、七人の侍だけはリメイクしないでくれ。

231 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 13:32:50 ID:ngiYRPSt
>>230
見てきたけど、隠し砦じゃなくて
深作の薬師丸がやってた里見八犬伝のリメイクだと思えば
腹も立たないよ

232 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 19:28:29 ID:bCc4ZwBS
>>230
日本映画のレベルと言うよりも「平成日本人」のレベルと言った方が正確かな。

233 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 19:49:22 ID:W+YvpIDl
>>231
そういう考えがあったか

234 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 23:20:10 ID:AWg8TTnf
日本でヒットする映画の監督は、異様にレベルの低い5流アイドル映画ばかり

例:3大バカ監督のつくった映画
・踊る大捜査線、1,2、少林少女
・日本沈没、ローレライ、隠し砦
・海猿1.2

観ていて面白い映画はゼロ
でも、なぜかゆとり教育を受けた観客にはウケ、おかげで映画会社は金儲けできる




235 :この子の名無しのお祝いに:2008/04/30(水) 23:54:46 ID:cfQVwxSq
市場調査だけはきちんとやってる
この程度の観客にはこの程度の映画

236 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 01:51:07 ID:SXf2BMup
そう。だから平成日本人のレベルが問題なんだよ。
あまりに大衆化してるっていうか。

237 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 02:52:27 ID:euVD5pSd
>平成日本人のレベルが問題

久し振りに地上波TV見たら、
洋画劇場の中間CM提供の余白に 
「ショック!この後2人目の犠牲が!」とか「セクシーなシーン続々!」
みたいな 繋ぎ&煽り表示 が出るのな・・・

238 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 03:11:49 ID:2ZS1tXEQ
>>231
おまえのそのふざけたレスに腹が立つね。
とっと死んでくれ。


239 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 09:38:24 ID:f4ELhI2U
リメイクの話題に触発されて黒澤作品を久々に観ましたが面白かった!

六郎太の強さに痺れますな。

240 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 12:25:00 ID:R1ow1YwW
しかしなぁ、どうせダメダメなリメイクしかできないんなら、
東映にリメイクさせてみたかった。


241 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 15:42:04 ID:ev7LuSpZ
金200貫(750Kg)って当時ではどれくらいの価値があったんだろうか。
今の金相場にすると24億円相当だけど、当時と今じゃ全然違うし。

大判5000枚相当で、あの延べ棒10本ぐらいあれば一生左団扇で暮らせる時代で。
太平と又七は最後に大判1枚もらってたけど、あれで売り払った家を買い戻せるのかな。

242 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 20:59:39 ID:2ZS1tXEQ
>>240
リメイクなんて最初から必要ないの。

243 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 22:23:30 ID:jhC+QyOD
ところで、三悪人って誰?

244 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/01(木) 23:24:01 ID:mK3v9J8q
小沢鳩山管直人

245 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 00:33:22 ID:4e7/yroc
>>242
リメイク自体の可能性を消しちゃいかん。
表現の一つの形はあっていいはず。
今回のリメイクが糞だったとしても。

246 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 00:36:09 ID:fp+ci+UL
古賀伊吹町村だろ

247 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 00:37:12 ID:6GWofIUQ
リメイクの成功例、ベン・ハーぐらいじゃないですか

248 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 01:38:55 ID:LSgwrQlX
リメイクかリボーンか知らないけど
メインキャストに根っからの役者がいないんだよなあ
長澤ナンとかは女優らしいが、これも、素人だった
上原美佐にも到底かないそうもないし・・・
だめなんじゃない?

249 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 02:37:46 ID:cmW6X40R
>>247
ダイヤルMを回せは結構良かったと思う。
音楽はカヴァーで成功してる例は多い。
また演劇界はリメイクが普通の世界。だからリメイクって言葉が使えない。

250 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 04:21:40 ID:0VRs4Eal
>113 :名無シネマさん:2008/04/30(水) 04:30:31 ID:hjT/fwtC
>隠し砦の三悪人

>黒澤版から現在まで幾度となく使いまわされた設定で既出感いっぱい。
>これといった改良点や斬新感もなく、むしろ黒澤版より安っぽい。
>イメージとしては地味な「あずみ」、「あずみ」に出てくる忍者達が
>山の民(農民)にスケールダウンした感じ。
>樋口監督の実写だけあって演出が酷く役者の演技はC級レベルのコスプレ時代劇。

251 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 04:22:53 ID:P/z4DrpC
>>245
リメイクって言う行為自体は全く興味がないから別にどうでもいいことだが、
この作品についてはその必要はないってこと言いたいの。
>今回のリメイクが糞だったとしても。
糞だったら余計にリメイクしたことがマイナスになるだろ。
オリジナルのイメージがぶち壊されるんだからな。





252 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 05:29:28 ID:lDX9QDqq
>>251
前半はいいとして後半はなん癖だなあ。

253 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 09:09:39 ID:fp+ci+UL
>>252
前半もよくない

「リメイクには興味ないから別にどうでもいい」と言っておきながら
舌の根も乾かぬうちに「この作品については必要ない」って否定している。
興味ない云々はまったく無意味。

254 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 11:05:44 ID:PcJuOATY
>>243
自分もそれ、疑問に思ったんだよね。
まあ無難に六郎太、太平、又七でいいんじゃない?

255 :アノ甲冑はな:2008/05/02(金) 11:13:53 ID:rbXoLlhG
ルーカスがベイダーを漆黒にしたのは「俺たちはカラーなのにジャップは白黒なんだな(笑)」みたいな
意味だったり・・とかネガティブ発想したもんだが。
邦画の意地で白黒に変換すると黒っぽくみえる形容不可能な新色に今からでも良いから替えてくれないかなぁ。

256 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 11:43:32 ID:P/z4DrpC
>>252
難癖?意味がよくわからんね。
>>253
お前の文章も全く意味不明。まともな日本語が書けないみたいだな。

257 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 11:59:07 ID:0uEomw1F
精神が未熟な奴ほど心が狭いのでリメイクなどは
受け付けないと思うよ。

だいたい演芸のどの分野でも「ソイツ1代限り」の
ものはやがて廃れていってしまうもので、リメイク
という作業によってその作品は永遠性を獲得する
ものなんだけどね。

それがされてきたから歌舞伎や能、落語などの
演目は様々な演者による違いを楽しむ成熟した
文化として残ってきている。

映画の作品内容も時代の経過とともに少しずつ
時代との乖離(かいり)、陳腐化が進むので、
そのような事がもっと行われても良いと思うが
コスト的に高くつくし映画会社の思惑も絡むので
はるかに頻度が少ない。

その点で黒澤映画は幸福だと思う。
オリジナル自体が真の古典扱いになってゆく
過程だと思えば「オリジナルとの比較の楽しみ」を
提供してくれる作り手達にはサンキューと言いたい。


258 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 12:05:57 ID:fp+ci+UL
>>256
お前は理解力がないようだなw
「必要ない」って発言自体、リメイクに興味を示してる事そのものだろと言ってるんだよ。
興味なかったら糞リメイクだろうとなんだろうと黙って黙殺してりゃいいじゃないか。

糞リメイクが出来たってオリジナルのイメージなんて壊れねんだよ。

259 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 12:19:55 ID:P/z4DrpC
>>258
まずお前は>>240なのか? 話はまずそれからだ。
>糞リメイクが出来たってオリジナルのイメージなんて壊れねんだよ。
いや壊れるよ。馬鹿にはわからんだろうがねw




260 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 12:43:18 ID:ZPanhxSl
リメイクについては>>78の意見に同意する。

261 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 12:58:51 ID:fp+ci+UL
>>259
キッパリ言っておくが俺は240ではない。
言っておくがお前がイメージ壊れるいったところで、もう公開までされてしまって
どうにもならないんだからな。諦めて見守ってやれ。
ここでワーワー言ったって椿三十郎もリメイクされてしまうんだから。

まぁリメイクごときでイメージが壊れると思ってるのはニワカだけだけどww

262 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 13:54:01 ID:P/z4DrpC
>>261
俺は>>240に言ってんだよ。関係ない奴が余計な口出しするな。
さっさとくたばれこの基地外野郎。













263 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 14:29:21 ID:xqe2xK22
喧嘩はならぬぞ!

264 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 19:47:06 ID:0KfJYUzj
酷いデキのリメイク版が実際に「隠し砦の三悪人」と呼ばれているからね。

265 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 20:23:34 ID:Ac4LwLAh
矢沢永吉のライブだと思って見に行ったら
矢沢永作が出てきたような感じだよな。

266 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 01:24:53 ID:x29UraZu
原一平が主演の「男はつらいよ」みたいなモンか。

267 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 03:33:54 ID:8xmmfMSz
あんなジャニタレ主演のアイドル映画と
同じタイトルを名乗ってるのがほんと癪に障るな。
それだけは絶対に止めて欲しかったな。
オリジナルのイメージが汚されるだけだし、とても不愉快だ。
織田三十郎もそうだけど話題作りのために
安易にリメイクするのはもういい加減に止めてほしいわ。








268 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 12:32:33 ID:33XzNtOt
そんなだから日本映画は衰退したんじゃないの。

269 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 12:47:06 ID:gQB9HjDG
衰退したからそんな映画しかつくれなくなったんじゃね?

270 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 15:11:10 ID:rupXa2rm
このリメイクのyahoo!映画の評価が高得点と低得点の極端なのは何故?
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id329346/s0/or1


271 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 15:37:26 ID:p2wG+87P
60年代までは、傑作駄作含めて映画がバンバン作られてたじゃん
今なんか企画通すのも大変なんじゃねえの?
で、ますます安全パイな映画(ジャリタレ漫画映画&リメイク)しか
作られない、、これじゃあねえ

272 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 16:17:18 ID:gQB9HjDG
>>271
その通り!

生活も豊かになり始めて娯楽も映画だけじゃなくなってきた上にテレビも普及し始めて60年以降
観客動員が落ち出すんだからまぁ、映画界の怠慢もあるけど映画館に観に来なきゃねぇ…
才能も育たないし人材もテレビに流出しちゃうし。今でこそ「赤ひげ」良いなんてそれなりに評価されてる
けど、当時興行的にはコケたワケだからねぇ…後は転落の一途。

悲しい

273 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 17:21:01 ID:yayS5jpA
赤ひげは東宝的には成功。

東宝にぶったくられて
黒澤プロは赤字だったみたいだがw

274 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 17:37:44 ID:33XzNtOt
赤ひげって面白い?
時代劇にしては派手なチャンバラがなさそうで地味なイメージがあってまだ見てないけど。
黒澤映画の集大成、ってどこかで見たけど。

ちなみに自分の観た黒澤映画のランク。
七人>>>用心棒=隠し砦>生きる>椿>>羅生門>夢=どですかでん

275 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 17:53:25 ID:gQB9HjDG
コケたっての言いすぎだったかな。
期待よりもヒットしなかったって意味ね。この映画スケジュールの遅れやオープンセット費用
なんかでかなり金かかってるんだよね、活劇じゃないけど。それに製作も黒澤と東宝とかなり揉めたしね。

>>274
個人的には好き、ただ少し甘いお話になってるのが気になるけど。
集大成ってのは確かだな。観るべし

276 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 18:36:06 ID:33XzNtOt
>>275
どうも。ツタヤ行って借りてきます。

277 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 19:34:23 ID:H4aqTV4b
639 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 07:26:09 ID:f2lCiyOM
USCの映画に留学してるやつがいてそいつが今度某英語だけど
この映画の現地試写のホントの所を書きますわって言ってたから
そのブログ?今度訳してみます。
なんでも日本語じゃ書けないよーって言ってた
どういう意味だろ

278 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/03(土) 20:51:01 ID:swmcAXsZ
活劇もあった、常田富士夫が三船に関節はずされてた

279 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 00:15:32 ID:kRoR6fov
杉村春子がダイコンで殴られるところとか

280 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 08:15:04 ID:6Fhap4T4
これ、中世ヨーロッパに翻案してリメイクしたら面白いんじゃない?


281 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 09:21:01 ID:zYgrj6o8
>>280
「ふむ… 着眼点は面白いかも…」と一瞬思ってしまったが、領土を巡って領主が争いをするなんて
日本の戦国時代以外では古代ローマ〜中世ヨーロッパや中国の三国時代くらいしか思いつかないもんな。
近代の戦争じゃ金塊を持って戦場をウロウロするなんて考えられないし…。

しかし、問題は
監督(演出)、キャスト、脚本の人選をよほど注意してもらわないと…
…ってことはプロデューサーが一番重要だな。

後はヨーロッパ人が日本のサムライほどの忠誠心を持ってる、なんて事を観衆が納得出来るか、だよな。
ああ、美女が出て来るとなると欧米人は恋愛要素が欠かせないからなあ…。

って、問題山積やん!
やっぱダメぇ。

282 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 14:04:54 ID:H3pRx+7d
いっそのことSFにしたらどうだ?

283 :スターウォーズ:2008/05/04(日) 14:18:59 ID:kCeIMt0Y
30年前にもうできてしまってることをなぞっても仕方ないだろ

284 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 14:29:04 ID:fFee1v4x
↑282のウィットに富んだ書き込みに釣られたバカ一人。

285 :274:2008/05/04(日) 19:03:26 ID:Kwvlhx+Y
>>275
赤ひげ観ました。確かに黒澤映画の集大成的な作品でした。
面白さとしてはあのランクで「生きる」と「椿三十郎」の間ぐらいかな。

時代劇でありながら現代ヒューマンドラマのように感じられたし。
あれをもっとどぎつくしたのが「どですかでん」なのかな。

286 :10点:2008/05/04(日) 19:41:20 ID:kCeIMt0Y
http://movie.maeda-y.com/movie/01103.htm

287 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/04(日) 22:36:13 ID:630MV6G1
>>286
20点のスシ王子よりも評価低いじゃないか。
これはほんと文字通りの隠し砦の改悪人なってしまったな。

288 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 07:02:41 ID:IlLRlHPj
この映画を劇場の大スクリーンで観たオレは勝ち組

289 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 08:55:24 ID:heFAIvPG
黒澤にとって初ワイド画面、当時の評判はどうでしたか

290 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 11:02:40 ID:RXBzfEpa
どういう意図でリメイクを企画したんだろう。
まあ、このリメイクで一発当てて金儲けしたいという意図なんだろうが。
それだったら、監督・脚本家の選定、キャステングを熟慮してほしかったな。
実際はあまりにもずぼらすぎた。
監督・脚本家の選定、キャステングをきちんとやれば
原作の完成度が高いから自然に良い作品に仕上がり、観客動員も上向くと思うのにな。
残念!


291 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 11:36:30 ID:DNgGXQvg
>>286

>レイア姫とハンソロの恋愛は米国のアレンジだから許されることで、日本ではありえない。

>日本人はアメリカ人に比べ、分相応という考え方を好む。

>現代でさえ、眞子さまや佳子さまにいち民間人が同じセリフをはけるだろうか? とてもじゃないがおそれおおい、という感覚を持つのが普通だろう。


この評論家は考え方が片寄っている。

292 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 12:35:16 ID:jK8zfxBe
偏ってるよw
偏りが売りなんだもんコイツ(売れてないけど)

赤尾敏に「コイツは右翼だ!」と突っ込んでるようなモン。

293 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 15:13:34 ID:60kVaBVM
>>291
お前が日本人じゃないから分からないんだろ

294 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 17:21:26 ID:hs14gokW
>>291
小林よしのりあたりに洗脳されて
ウヨになりましたという感じだな。

思想的にきわめて底が浅い。

椿の織田の演技をほめるぐらいの
奴だからw

295 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 23:09:47 ID:Y5c26+aQ
超・映画批評
ttp://youtube.com/watch?v=O3jx3H-ITTI
出演者のヲタにしかお勧めしない
内容がなく特撮しか見所がない。
前田さんは実に的確にコメントしてるね



296 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 23:54:04 ID:uquk6POW
>日本人はアメリカ人に比べ、分相応という考え方を好む。
前田さんは嫌いではないが、この部分比較文化論の弊害を受けている。

皇室ネタを書いているが、いくら現代のアメリカ人でもエリザベス女王が目の前
に来たら「ベス」などと呼びつけだりしないと思う。陛下とか尊称で呼ぶだろう。

297 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 08:18:09 ID:H8oic270
>>294
別人だが底の深い人は小林よしのりだろうが誰だろうが安易に見下さないものだよ。
西部邁くらいの人でも見下しはしなかったわけで。

298 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 13:40:55 ID:7gV3aisX
174 名前:名無シネマ@上映中 メェル:sage 投稿日:2008/05/05(月) 21:42:18 ID:g8Xh8pA0
C-3POとプリンセスレイアが恋に落ちる脚本を書いた奴は最低。

299 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 13:46:48 ID:ntwlFkg7
楽しいのは現場だけと言う映画はどうかと思うな

300 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 14:52:59 ID:cv+AzF3h
こいつは沈没の時もそうだったけど、オリジナルに比べて安易に恋愛要素を大きく膨らませるんだよな、
で、本来のテーマが全くぼやけちまうんだが、あれ本人がそうしたくてやってるのか?
それとも会社側が「動員のためには恋愛要素が不可欠」とか言われて押し切られてるのか?

301 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 16:14:40 ID:8N2za+IA
>300
樋口に押し切られるような
「描きたいもの」なんてないよ。

恋愛も単に外面なぞってるだけ。

302 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 17:18:24 ID:n9z33iWn
作り手としては最高のステージで、
松潤と長澤のラブストーリーを作りたかったんだろうね。

別にそれはいいんだけど、
何か敵の大将がチープな感じ。

303 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 22:15:24 ID:Ha5DlEO7
今回は千秋実が主役なのかい w

304 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 00:35:49 ID:wMDvXeGL
ジャニが絡むと脇役が主役+恋愛が追加されます

305 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 11:50:04 ID:vAbcYCt4
何か昭和と平成の日本人って違う民族みたい

306 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 12:47:43 ID:gw9SBs2W
262ってなんか哀れだなw


307 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 16:21:45 ID:kYI0H27v
>>305
昭和の20年代、30年代の日本人とは別物になってると思うよ



308 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 16:37:19 ID:/+YkR1zU
>>302 最高のステージで、 松潤と長澤のラブストーリーを作りたかった

頼むから黒澤リメークでやらないでくれ。

ルーカスとか、黒澤組の人とかの本音の感想が聞けるのはいつ頃かな。

309 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 20:23:09 ID:yAR8aLyH
長澤は今回の出演で初めて
黒澤映画を見たそうだw

310 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 21:08:23 ID:meCgM26r
>>302
>松潤と長澤のラブストーリーを作りたかったんだろうね
そういうことやりたいんならオリジナル作品で勝手にやってろって。
この作品利用しないでくれ。
>>309
当然じゃないの。今の連中なんて昔の邦画なんて見てるわけないから。


311 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 21:09:26 ID:Gatu+B2e
>>305
司馬遼太郎もそんなこと言ってたっけ。
時代が変質してしまうと、昔の自国民は
同時代の外国人よりも理解しがたい、って。
明治と昭和の日本人が同じ民族とは思えないとか。

平成生まれの日本人に黒澤映画を楽しめる奴は少数派だろう。

312 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 07:49:44 ID:d//iKpwq
日本沈没を観ていなかったら超期待して今頃は
ワクワクしてただろうな。

樋口真嗣の仕事はアニメから特撮までリアルタイムで
観てきた、映像センスがすごいのはよくわかってる。

黒澤作品もほとんど観た(初期の小品とデルス・ウザーラだけ観てない)
隠し砦はなんというか映画のたのしさがすべて詰まった作品。
これを機会にアイドル俳優目的で、見に行く人にもぜひ観て欲しいな。
DVDレンタル字幕付きで。

日本沈没はDVDで観て、余りのひどさに画面から目を背けて音だけ聞いてた
(結末だけ知りたかったので・・)
まあ何が言いたいかというと、隠し砦関連のスレを読んでだんだん樋口が
可哀想になってきてねぇ。叩かれまくってるのでw
まあ仕方ないのだろうけど、今までの樋口の仕事を知ってると・・・。
またアニメ畑から出てきたヤツはろくな作品が作れんとレッテル貼り
されるだろうなぁ。

やっぱり映画って難しいのだと実感したわ。
今の映画界はほんと人材が少ないのだろうな・・・。
ただこれを日本国内だけでならどんな評価があって良いけど
外国の黒澤ファンが観ると思うと気が重いなぁ。

313 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 12:30:30 ID:TM0Os7lc
これがアメリカだったら、映画制作はビジネスだから、
シナリオ、監督の選定、スタッフの選定、キャステング等、
全てに亘って周到に準備する。

これが日本だと芸術派の監督が制作する場合は周到な準備するが、
それ以外の映画だといい加減になるのはどうしてなのかな。

314 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 12:34:48 ID:7iJr1Jj+
芸能界が事務所のコネと利権で動いてるからねえ

315 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 12:35:33 ID:UE12FRmn
でも今の日本の芸術派の監督ってシュール風なんでどうもダメだ。
何かお笑いも映画も表現全般がシュールっぽいけど、誤魔化されてるような気がする。

316 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 13:35:32 ID:Grnzfmpt




隠し撮りトイレの三悪人






317 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 14:05:06 ID:SUk4wnMq
リメイクは長澤の乗馬騎乗位シーンだけ楽しみだなぁ。


318 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 15:09:17 ID:JQIxEoOq
>312
結局「監督」の器じゃなかった、って事だよな。
分をわきまえ、「特撮監督」として特撮アクション場面の演出「だけ」担当してろ、と。

319 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 17:24:07 ID:3SLl7agn
特撮に限らずもう二度と樋口の馬鹿には実写映画の現場には来てもらいたくない。
ちまちまとアニメのコンテ用紙にお絵描きでもしてるのがお似合い。


320 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 18:15:56 ID:2Tho+GNX
>映像センスがすごいのはよくわかってる。

あくまで職人として、それなりの仕事ができます
というレベル。

321 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 19:27:52 ID:dwlQi8t2

こんなくだらない男は、早く映画監督から引退に追い込むべき

ぜったいに、この映画をみないで。
みなで映画館をガラガラにしよう

才能ゼロの男を引退させるべき


322 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 20:22:41 ID:HAb83bC6
>>281
現代の中東じゃダメかな?
フセインの隠し財産の金塊を持って彷徨って最後はバハマの海辺のビーチでfin
FBIに娘を人質に取られてる設定で忠誠心を親子愛に変えてとかで・・・

323 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 21:20:13 ID:UyZJ9XMv
つまねえんからリメイクはもういいよ。

324 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 21:37:20 ID:Zt9wojEd
近々、スカパーとかで放映予定ないの?
オリジナルを見たいなぁ。

325 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 00:26:23 ID:kwTrkTKR
上原美佐さん2003年になくなっていたんだな。
知らなかった。合掌。

326 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 01:06:23 ID:wbauzGsf
筒井康隆の「乱丁文学大辞典」に「批評家がけなしてる作品は
すぐにチェックしろ!」ってあったから
(要するにこれまでの古い思考の枠組みでは評価できないって
ことか?)この凡百の凡人共が叩く作品は是非とも要チェックだなw

黒澤信者は池田大作(黒澤明)に帰依した狂信者と大して
変わりねぇ糞尿だから気にしないでおk

327 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 08:10:53 ID:Agus0+OJ
>325
それはショック

凛とした姫らしい雰囲気と美貌で熱演だった、
強烈な印象を残して旅だたれた




328 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 10:59:11 ID:Ti1rJqVo
いま若手女優にも上原美佐ってのがいるね。アテンションプリーズなどに出てる。

329 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 16:38:22 ID:l60KhT+6
50年前の映画、スタッフも含めほとんど死んでるよ

330 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 16:57:03 ID:xWLd6nD6
>>329
皮肉な事にこの映画の冒頭で殺された武者は今でもピンピンしておられますよ!

331 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 17:07:46 ID:l60KhT+6
加藤武だったかな、お守りのおかげかな。

332 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 17:41:41 ID:wzVtTjDs
樋口さんは存命なのかな?ウィキには載ってないから消息不明!?

333 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 18:06:10 ID:2SPeAlA2
>>332
今、このスレで樋口って言ったら樋口真嗣のことと思われるぞw

334 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 18:53:38 ID:eEvRsj9J
>>330
あの落ち武者、殺された後も
微妙に動いてない?
あんな両手上げた苦しい姿勢で長いカットを撮影して可哀想だと思った。

335 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 19:23:55 ID:xWLd6nD6
>>334
微妙というかめちゃくちゃ動いてますよ!特に大画面で見たら顕著に分かります。
上げた手はワナワナ震えてるし、呼吸してるさまが胸の動きではっきり分かるし。
黒澤明は完璧主義者と聞くけど、それでよくあんなんでOK出したよなあと。

336 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 19:37:30 ID:jXRMrHNe
あのシーンは加藤武が馬に頭踏まれてたり、釜足さんのセリフが
でたらめだったりと色々エピソードがあるんだよね

337 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 20:26:27 ID:mG/23sgA
>>335
娯楽映画だよ。大体あんな格好で死後硬直するわけがない。
その程度で目くじら立てるなって。

338 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 21:47:54 ID:usu+Hcj+
こないだDVD借りて見てみたけどセリフ聞き取りにくいね。
黒沢映画はみんなその傾向あるみたいだけど。
日本語字幕つきで見たほうがストレスたまらないかも。
あ、でも映画は面白かった。すんごい数のエキストラ使ってるよね。
藤田進かっこいいー

339 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 00:06:47 ID:kbn5VrCP
セリフ今でもわからない部分がある。最後に藤田進が味方になって暴れて姫達
を助けるシーンで、

藤田進が姫に 「あっぱれ、将に将たる器大事にせい」(これでいいんだよね)
姫      「兵衛、てきぎは無用? ○○○?に続け」

知ってる人教えて。

340 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 00:14:26 ID:KzAOcT8t
>>339
「敵に情けは無用!志在らば続け!!」

カス松潤がハリウッドだってw
カスはカスなりにブサ子にチヤホヤされてろw

341 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 00:16:39 ID:vSf7dRpp
>>339
あの映画のココがわからない まとめサイト 「隠し砦の三悪人」
http://www.movie-faq.com/main-687.html

342 :339:2008/05/10(土) 00:39:00 ID:kbn5VrCP
>340、341

ありがとうございます。
「犬死は無用、志あらば続け」ですね


343 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 02:18:44 ID:oSpDRVuM
>>342
かっこよい台詞だなあ。
あんなかっこいい姫に、こんなこと言われたらついていくって観客に思わせる演出だね。
それにこの台詞を言う時の雪姫の乗っていた馬の動きも躍動感あふれていて
画面から飛びださんばかりだった

長澤の姫様は躍動感あふれる動きで台詞をはいて観客をうならせてくれるのだろうか。



344 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 05:13:07 ID:AnfQMlDc
この作品の上原さんってむしろ今に合ったメイクだね。
今風な顔だと思った。

345 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 08:13:16 ID:JSSTXMOF
リメイクもこの(DVDの表紙の写真)シーンがあるの?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000UH4TT6/ex-product-22

346 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 09:11:39 ID:Ir8SdQSl
スターウォーズの第一回映画が、ルーカスによって
CGを挿入して作り直されたのは記憶に新しいが、

「隠し砦」も、銃弾の着弾シーンや
釜足の鍬が千秋の顔すれすれに地面に刺さるシーンなら
なんとかならないものかな。

347 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 12:40:15 ID:rjCmg05N
>>334
動いていても不思議じゃない。

完全に死んでなければな。

348 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 14:48:02 ID:FpdH3EE/
>>346
あれを黒澤監督がオッケー出したのは、当時の感覚では、
ま、いっかレベルなのかな?

349 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 16:01:54 ID:facxR1cU
リメイクはクローズアップ多すぎ。
まるでテレビドラマ見ているようで安っぽい。
黒澤の隠し砦は能舞台の整然たる様式から取り入れて
クローズアップをあまり用いずフルショットで撮っているから
絵画的で美しいしスケールが感じられる。

350 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 17:35:21 ID:L4c1Lzxz
まあ今の我が国の映画はゲームと同じでバーチャルリアリティーを楽しむようなものだし。
もう製作側が生活感のあるものを作るにはあまりに平成的すぎるんでしょう。
昔の映画のセットのこだわりとかを聞くとどうでもいいとこまで生活感を出してるけど
今は製作側も生活館という概念がないし、観る側もそれを余計だと思うだろうし。
わが国では映画というコンテンツ自体もう別物になったと割り切れば腹も立たないでしょう。
プロレスもそうだし文学も何でもそう。すべて別物になっちゃったんだよ。

351 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 17:36:30 ID:L4c1Lzxz
生活館→生活感

352 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 18:52:48 ID:Hp4XNkHx
>>335
やっぱり。うちは20インチの薄型ワイドなのではっきりとは確認できませんがね。
胸まで動いてるとは。もっと自然な形で死んでれば良かったのに。

あの無理のある死に様もまたこの映画の娯楽性を求めた結果なのかな。
リアリティの追求とは対極にある。

353 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 19:04:59 ID:JyicbVW/
>>346
もう、ILMに丸投げでいいからさ、デジタル修復して欲しいよな。
ルーカスは余生を全部、黒澤作品の修復に費やすとかいいんじゃないかな。

354 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 21:30:07 ID:YghBj1y9
リチャード・ギア は ホントはこんなンに出たかった と逝ってたらしいね。

355 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 00:46:26 ID:lxNTUYn9
>>350
まあそうだね。ハリウッドもそんな感じだけどw
映画というメディアの流れのような気もするがCGを含めて
それで言うと(詳しく言うと時間がかかるのでやめるけど)
自分はアニメが一番いいな。

356 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 00:50:54 ID:KA+hiBn5
六郎太、姫、百姓娘が銃で追い詰められる場面、周りを鉄砲の弾が
ピュンピュン飛び交ってるのに姫はどっかり座って肝の据わった
とこを見せてたが、なんか映画のナウシカのクシャナを思い出した。

357 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 02:39:31 ID:+ykT6EOP
宮崎監督が黒澤の影響を受けまくりだしね

358 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 04:08:52 ID:d6b90/P0
761 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2008/05/10(土) 18:48:11 ID:YG0VkQN7
「50年前にこの映画を作っておいてくれた先輩に感謝」
「プレッシャーは全然なかった」
「俺達の冒険活劇作ろうぜって気分だった」


豚がCSでほざいとるwwwwwwwwwwwwwwwwww

359 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 10:43:28 ID:UJrgAf+9
こっちを地上波で放送してくれ!
でないと樋口版のこけっぷりで「黒澤なんてツマンネ」って思われそう

360 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 13:04:13 ID:qTr8cFM5
アッコにおまかせで知ったけど
スピルバーグ、ルーカス、フォードがよりによってこの時期に同時来日かww

361 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 15:28:31 ID:N63KK+Lc
>>348
人殺したことがない奴は
これだから困る。

362 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 19:35:23 ID:oWyfdsUt
良い刀は、鞘の中におさまっているものですよ

363 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 20:34:26 ID:k36g42DV
僕の肛門も鞘に収まりそうです。

364 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 21:04:28 ID:lmojUk94
リメイク版のTVCMを見たけど、
何だか全然違う映画みたいに思った。
雪姫を口説いてたボロ着たイケメンとか、何だよあれは。
もしかしてあのイケメンが太平か又七のどちらかなのか?

365 :171:2008/05/11(日) 21:14:19 ID:y5j94Ews
その通り
タイトルだけ一緒で
別の映画です。

366 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 21:50:25 ID:lmojUk94
>>365
左様ですか。じゃあ見るだけ時間と金の無駄だな。
ただ、ちょっとSM趣味のある者としては
長澤まさみの緊縛シーンが見たくはあるけど。

367 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/11(日) 22:18:51 ID:pVRuT8Sh
レンタルでよくね?

368 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 08:45:52 ID:10RkVOkh
リメイク隠し砦がカンヌを足がかりに、
世界を席巻するらしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080511-00000004-dal-ent

369 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 09:04:13 ID:D8TvvYv2
予告編見た感じだと結構よさそうだと思ったんだけど反応イマイチだね。
原作に比べて何が悪いの?

キャスト?おれはジャニーズの人はあまり知らないから新鮮でいいと思った
んだが、普段テレビをよく見る人には軽く見えちゃうのかね?


370 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 10:41:45 ID:ol32TmDk
何が悪いって、そりゃあ監督の樋口が一番の癌でしょうなあ。

371 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 11:22:14 ID:2PD4Yvf2
昨日『さくらん』という蜷川実花監督の作品をテレビで観たけど、なんていうか
俺30代前半だけど平成世代は時代物を撮っちゃいけないかなあと思った。
もちろん現代人の感覚で江戸時代を描く姿勢は必要だろうけどさあ、
黒澤や溝口らの時代考証のアカデミックさや想像力で補う努力、細部の汚れにまでこだわる慎重さ、
そういうものがまったく感じられない上っ面さなんだよねえ。

とにかく赤や緑、黄色の原色を乱用し、花街の女の服も華美すぎてananなどの
女性ファッション誌をそのまま江戸時代に置き換えたようなセンス、
現代劇と全く変わらない俳優陣の台詞回しなどなど、
女の浅はかさというか平成世代の創造力の貧困さというか、そういうものを感じて
頭に来たよ。一回見始めたから最後まで見てあげたけどさ。

372 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 12:47:56 ID:39EUDiP4
ジャニーズ自体はバカっていうだけで悪くない。単なるバカ。

ジャニーズに土下座して何1つまともな演技もできないバカガキの演技を大絶讃する東宝と

勘違いバカのジャーニーズに何1つ演技指導もできない史上最高の無能監督が

悪いだけ


373 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 13:37:28 ID:T2qcntF5
この際リメイクに携わったやつら全員有罪

374 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 13:46:33 ID:sRecl7Ln
>昨日『さくらん』という蜷川実花監督の作品をテレビで観たけど、

おれは、予告の映像だけで見るのを止めた。
下卑た映像だった。

375 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 15:14:24 ID:HEAeGZUD
「さくらん」は俺も昨日はじめて見たんだけど、あくまでも花魁は素材にしか過ぎなくて、
その実状をリアルに描く、とかそういうものではないと思ったので、
細かい考証とか、セットのリアリティとか、その辺については別にあれで構わないと思った。
バリバリ外人顔の土屋アンナを主演にすえてる時点でそれは意図的にやってるはずだから、
花魁が現代風の細眉描いたメークしてても、それはそういう映画なんだから気にはしない。

じゃあこの映画の意義は何か?と考えたらそれは写真家蜷川実花の持つ映像美、この1点。
ところがこれが全くいけなかった、「 陳 腐 」の一言しか出てこない。
女性ならではの新鮮な描写を期待したがそんな物は皆無。
SEX描写をわざわざ入れるなら女性にしかできない描写をして欲しいと思うんだが、
実際にやってたのは過去の日本映画で「脱げない女優」をごまかすために生み出されたような、
あの手この手の誤魔化しテク、スローモーションにして手先や足先を写したり、
手前の花なんかで乳を隠してみせるアングルだったり、新鮮さなどカケラもありはしなかった。

写真家だけあって、ごくたまにいい「画」が出てくるんだけど、前後のカットと「流れ」が全然繋がらず、
結果として「映画のシーン」になりえていない、木村佳乃が首から血を噴出して倒れる場面が典型だけど、
「写真」としての画面構成しか考えてないカットが連続しているだけで、
それらを通して見た時に「映画の場面」として全然成立していないレベルの酷いシーンだった。

現代劇でドラマを成立させる自信がなかったので映像美に逃げられる題材を選んだ、
ところがやってみたら肝心の「映像美」を「映画」として提示する能力が全くなかった。
こんな印象だな。

376 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 15:33:31 ID:uGKN2rFv
まあ『さくらん』は映像美が核心なのはわかるけど、結局それを容認しすぎたところに
CGなどで作った綺麗すぎる映像作品が目的のような作品が増え、
脚本やカメラワークなどで昭和より退化してしまったと思うね。

その映像美にしてもまったく陳腐なのは上の人が書いてることに同意。
写真集をパラパラ見せつけられているような違和感があった。

377 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 15:34:05 ID:uGKN2rFv
映像作品が→映像が

378 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/12(月) 16:16:25 ID:Llil51eS
土屋アンナや夏木マリといった如何にもという感じの女優を使ってたけど、
だからと言って花魁が素材にすぎないというには中途半端だった気がします。
コメディーだったら単に花魁は素材ですと割り切ってこっちも観られますが。

隠し砦の三悪人、雪姫のメイクは「喝食」という能の面を摸してるんだってね。
いま女性誌のモデルはキリリ系のメイクが全盛だから全く違和感がなく今風にみえる。
ストーリーも能の影響が強くて最後の舞台はいざ知らず、六郎太が関所で褒美をごねて
追い出された後、関所奉行の所に伝令が来て怪しい者の情報を持ってくるとこなんて
すぐ追いかければ捕まえられそうなのに、実は時間が相当経過してるんだよね。
その時間の超越が能の影響だって論を読んだ。

379 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 08:30:49 ID:G0PAxHYF
<映画興行成績>「三悪人」3位と苦しいスタート 「相棒」、2週連続1位
黒澤リメーク作品は昨年、織田裕二さん主演の「椿三十郎」(森田芳光監督)も初登場4位に終わっており、人気俳優を使って名画をリメークしても、必ずしも観客に受け入れられないことが浮き彫りになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080512-00000012-maiall-ent

380 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 08:48:27 ID:R0NQsGSv
ほかのスレにも書いたのですが、今週でも観にいこうと思ってるのですが、元のほうで途中からでてきて最後まで同道する
小娘の役は誰がやってるのでしょうか。教えてください。しらべたけどわからなくて。
1700円は結構な値段なので。お願いします。

381 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 10:21:00 ID:xbgcfQ/F
相棒って、テレビ俳優の大根バカ役者二人がでている完全にテレビドラマだろ

もっとくだらん企画



382 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 12:14:20 ID:nVuCO7l9
>>380
樋口年子のこと?
椿三十郎でも「こいそ」の役をやっていたね。

383 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 13:31:47 ID:tmj0SH9/
あの人は雪姫ODを受けたひとりなんだよね。
結局百姓娘に抜擢されたけど。

384 :樋口年子:2008/05/13(火) 13:50:37 ID:G0PAxHYF
姫はわたしです 姫はわたしです!

385 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 14:43:01 ID:OjiHH2MU
>人気俳優を使って名画をリメークしても、必ずしも観客に受け入れられないことが浮き彫りになった
単純に「映画として出来が悪ければ客は入らない」っていう当然の視点が完全に欠如してるだろ、この記者。

386 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 14:55:46 ID:R7uheHTn
いや、デキが良くても必ずしもヒットするわけではないし、またその逆も然りだから
その点についてはスルーしたんだろ。その記者は。

387 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 17:47:38 ID:zB3vzmgP
六郎太の関所突破はフォースを使ったに違いない。

388 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 18:12:15 ID:x7www308
最初サブタイトルTHE HIDDEN FORTRESS とか言ってなかったか。
隠し砦の三悪人のリメイクだけどあくまで姫がメインです。THE LAST PRINCESSです、
黒澤ファンに向けてないし、リメイクとして見ない方が良い。みたいな。
なんじゃそりゃ。そんなのが許されて良いのか。

389 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 19:13:08 ID:mfVCKSnF
THE LAST PRINCESS
これをタイトルにすれば良かったのに。
羅生門のリメイクみたいな映画も別名にしてたじゃん。

390 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 19:20:03 ID:G0PAxHYF
>>387 これな
http://youtube.com/watch?v=r4FM6a5VAdQ

391 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 19:29:17 ID:b+76/UkY
サンクス
それ見る限りSWに出演しなくて正解だったなw

392 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 19:40:57 ID:xbgcfQ/F
>>386
驚くべき低レベルの「踊る大捜査線」が、
驚くべき大ヒットした記憶がある。
そしてその派生作品(柳葉とかサンタマリアとかが主演)も、
驚くべき低レベルの内容なのに、まあまあのヒットした記憶がある。

これら踊る大捜査線の関連作品は、ビデオ屋でいつも日本映画第1位の棚にあったので
全部みたけど、どれもこれも、ひどすぎ。
まともな作品はまったくなかった。
ひどすぎ


393 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/13(火) 19:44:31 ID:OjiHH2MU
踊るは普通に面白く観たよ、TVでだけど。
さくらんとかデビルマソみたいな破綻作品に比べれば、かも知れんがね

394 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 11:12:59 ID:beOgWZdq
妖怪大戦争、あれは今時の妖怪映画にしては面白かった。
妖怪百物語の延長として観られる。
役者やコメディアンが妖怪を演じて、妖怪をCGでしなかったのが功を奏した気がする。

395 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 16:16:21 ID:eqbAw1AH
今どきの日本映画は厳しく批判するのに、
黒澤が批判されたらムキになる奴もヤだね。

396 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 17:51:46 ID:HQ3Zpx5w
その批判が批判のための批判だったり、10代のような下らない煽りが多いんじゃないか?
よく知らないけど。2chって大凡そんなものじゃん。

397 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 18:00:18 ID:UOG47bQ/
隠し砦の三悪人
http://jp.youtube.com/watch?v=ZoCJ2_aMbAg
戦艦ポチョムキン
http://jp.youtube.com/watch?v=euG1y0KtP_Q

隠し砦のほうが迫力あるなぁ。

398 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 21:23:28 ID:R7vVsCrr
カメラが近寄りすぎで、
顔のアップが多すぎなので
いったい何の場面なのかすぐにわからないんだよね

火祭りの踊りも草もって踊ってみすぼらしかった

399 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/14(水) 23:35:12 ID:UX2GtmaF
ナウシカのクシャナ様のモデルは、雪姫様だな。反論は許さん。

400 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 00:35:28 ID:CLpYnIZv
クシャナは敵役じゃないか。
ナウシカとクシャナを足せば雪姫様だな。反論は許す。

401 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 05:48:48 ID:LNnJh1Us
11 :名無シネマ@上映中:2008/05/15(木) 05:40:40 ID:e9CtxYi+
http://garth.cocolog-nifty.com/

隠し砦の三悪人 (2008)
重たい腰をあげて見に行ったが、休憩時間に流れている主題歌を聴いた段階ですでに死亡。
これはなんかのギャグなのか!?
別に黒澤版と同じものを作れとは言わないが、
オリジナルからの改変部分があまりに幼稚で泣けてきた。
なんでこんな幼稚な映画しか作れないのか。
しかもパクリ(これをオマージュとは言うまい)。
独自要素はすべて『ロード・オブ・ザ・リング』と『スター・ウォーズ』からのパクリ(音楽までハワード・ショア風)。何が悲しくてダースベーダーを出さなければならないのか。
大画面で『スター・ウォーズ』ごっこをするのが樋口の夢だったのか。
だとしたらあまりに志が低すぎる。
阿部ちゃんはまともな監督につけばちゃんと殺陣もできそうだった。
だが刀がぶつかりあったところにCGで火花を足せば格好良くなると思ってるような監督ではなあ。
宝の持ち腐れとしか言いようがない。
『どろろ』もそうなんだけど、要するに今の映画の作り手にとっては時代劇っていうのはすでにファンタジー世界なんだろうね。
だからこういう幼稚きわまりない「戦国世界」が作れてしまうんだろうな。
でも、残念ながらぼくは日本人なので、本物の時代劇の世界もちょっとは知っているのだ。



402 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 12:04:48 ID:OOJ0NOcz
>>397
ポチョムキンを観ると黒澤も大したことないなと思った。
そういえば世界的には七人の侍より評価が高いがナットク。

403 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 12:13:56 ID:UQ6gNef+
黒澤って大したこと無いって言っちゃう俺って、なんか凄くね?

404 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 16:15:00 ID:582hoJ60
>>402
俺は逆だな。
>>397見るとエイゼンシュタインのほうが大したこと無いわ。
黒澤映画最高峰の七人の侍もそうだけど
隠し砦のほうがポチョムキンより遥かに凄い。
>そういえば世界的には七人の侍より評価が高いがナットク。

七人の侍のほうが高いだろ。

405 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 16:41:57 ID:582hoJ60
七人の侍が10位でポチョムキンはランク外
IMDb Top 250
http://us.imdb.com/chart/top

七人の侍が23位でポチョムキンは79位
The Village Voice Newspaper-投票の映画ベスト100ランキング
http://aokiuva.web.infoseek.co.jp/mvv.html

七人の侍が75位でポチョムキンはランク外
Empire Magazine 読者投票:歴代の映画ベスト100ランキング
http://aokiuva.web.infoseek.co.jp/mem1999.html

七人の侍が1位でポチョムキンは6位
95'キネマ旬報名作映画ベスト150
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/4162/099.htm

世界的に評価が高いのは七人の侍

406 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 16:52:48 ID:wf/uPQg/
無駄な比較だなあ・・・

407 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 17:01:48 ID:582hoJ60
黒澤明11位 エイゼンシュタイン72位

英TOTAL誌選出「史上最高の映画監督ベスト100」
http://blog.walkerplus.com/ezaki/archives/2007/10/total100.html

408 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 17:04:27 ID:OOJ0NOcz
ごめん、ごめん、間違えた

sight & soundの、映画評論家による番付では
6位黒澤「七人の侍」
9位エイゼンシュタイン「戦艦ポチョムキン」


409 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 18:09:05 ID:GTJaiCbc
黒澤の方が!…と言いたいところだけど、ポチョムキンと比較するとなるとなぁ…
総合的にみてもエイゼンシュタインと黒澤の優劣は俺には付けられない。

410 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 18:31:56 ID:pBNMg6pQ
この程度の映像なら黒澤でも撮れるだろ。

ttp://video.google.com/videoplay?docid=-1630669376406423668

411 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 19:24:27 ID:GTJaiCbc
トーキーとサイレントを比較するのかぁ〜
後付で何とでも言えちゃうだろ。俺はどっちがスゴイとか大した事ないとか
いえんな、やっぱり。

412 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 20:32:54 ID:pBNMg6pQ
ドラマ版踊る大捜査線とファーストガンダムで
千秋の顔にクワが刺さりそうになるシーンへのオマージュがあった。

413 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 20:43:41 ID:XGofu4J+
>時代劇っていうのはすでにファンタジー世界なんだろうね。

それはそれで成功しているのならそれでもよい。
問題は失敗してることだ。
単なるハリウッドの物まね。

黒澤もフォードの影響受けてるが
きちんと昇華させてる。

414 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/15(木) 23:55:24 ID:BimzrvSx
2008年5月15日発行 ゲンダイ
黒沢時代劇のリメークは打ち止めが賢明

「隠し砦の三悪人」は不発

●「用心棒」が控えている
映画関係者に落胆ムードが広がっている。黒沢明監督の映画をリメークした「隠し砦の三悪人 
THE LAST PRINCESS」が芳しくないのが最大の理由だ。
松本潤、長澤まさみを起用し、日本テレビ系列を中心に大宣伝した「隠し砦の三悪人」。
週末2日間の興収は1億8000万円弱で、現段階では興収10億円以上の見通しが立っているものの、
大きな数字は期待できそうにない状況だという。
「この映画は製作費が約5億円、宣伝費が2億〜3億円程度で、ペイラインの興収は15億円程度。
配給の東宝としては20億円以上を見込んでいました。しかし、20代のコアな女性が客層の中心で、
今後の伸びを期待できず、昨年公開された黒沢映画のリメーク版『椿三十郎』と同じ
12億円程度になることも考えられる。興行的には明らかに成功とはいえない」(興行関係者)
このことが映画界に影響を与えている。黒沢物では代表作のひとつ「用心棒」のリメークが予定されているが、
「隠し砦の三悪人」が不発に終わり、映画化が実現しない可能性も出てきた。
「黒沢物の時代劇は監督の強烈な個性とエンターテインメントに支えられている。
どんな形でリメークしてもヒットしないことがわかったわけだし、
今回でリメークを打ち止めにするのが賢明だと思う」(映画評論家)
「用心棒」は角川春樹プロデューサーが権利を所有。配給はおそらく東宝だろう。
世界的な名作を残した黒沢監督のためにも、これで幕引きにしてはどうだろうか。

415 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 00:36:03 ID:dDI4Hzw3
ジョージ・ルーカス
「実は「スターウォーズ」を作る時にロボット映画を作りたかったが自信が無かった。
そこで思い出したのが「隠し砦の三悪人」です。
ズッコケた農民二人が駆けずり回ってあの映画の狂言まわしをしていました。
それが非常に効果的だった。
そこで私もロボットにこれをやらせることにした。
あの映画を見ていたから「スターウォーズ」は出来たんです」

416 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 02:55:50 ID:qpe7Uy79
>どんな形でリメークしてもヒットしないことがわかった

オリジナルをデジタル処理でカラー化すればメガヒットの可能性高いと思うぞ。

417 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 09:47:22 ID:uQ0hWXw5
ルーカス、スピルバーグ、フォードが三人そろって来月くるよ

418 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 12:04:11 ID:8BOjoRmn
ルーカスかスピルバーグにリメークしてもらいたかった。。。orz

419 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 13:02:33 ID:R1m95EwR
松本の貧相な髭面見て、見に行くの止めた人が俺の周りに三人います

420 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 13:10:57 ID:qqPHH0dM
>ルーカスかスピルバーグにリメークしてもらいたかった。。。orz

そうだね。
ルーカスかスピルバーグにリメイクしてほしかったね。

舞台は諸侯入り乱れる中世ヨーロッパ。
隣国に攻め滅ばされた世継ぎのお姫様が、忠義の家臣をお供に
お家再興の為の軍資金とともに同盟国に落ち延びるという
「隠し砦」の設定がそのまま使える。

421 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 13:34:39 ID:Al2ingNi
>>420
いいね、いいね。

422 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 14:32:56 ID:ur2GUgwM
もう『スター・ウォーズ』でリメイクしてるやん。

423 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 14:39:19 ID:HeuAGR0N
7人の侍リメイク

コッポラ制作
ルーカス総合監督
スピルバーグ特撮監督
音楽:ジョン・ウイリアムス

主演:菊池よ:トムクルーズ、韓米:ロバートデニーロ、剣豪:トムハンクス
   村の長:マーチンスコセッシ、村娘:ジュリアロバーツ

がベストでしょ。



424 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 16:13:09 ID:Rh/YP6Cz
>>423
いややはり集客力を見込んでジャニーズの誰かに
人気若手女優、コメディ的要素も加味して吉本から誰か

425 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 18:32:47 ID:giRokL8e
黒澤はエイゼンシュタインの影響を受けているでしょ?
エイゼンシュタインなくして黒澤なし、じゃないかなぁ。


426 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 20:21:52 ID:82UDZHAG
ゆとり世代が足りないアタマで
一生懸命考えてみたんだろうが、
あまりに陳腐すぎてワロタ。

427 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 21:06:55 ID:mFmtjGVH
>>416
さすがにメガヒットはないでしょ。
面白い映画だけど、50年も前の作品だし
さすがに今では古臭さは否めない。

あと、モノクロの黒澤映画は変にカラーにしない方がいいかも。

428 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/16(金) 21:33:12 ID:07fi4GOS
お前。ジュリアロバーツとトムクルーズって20年前ならいざしらず。。。

それにコッポラなんて。。ゴッドファーザーの1と2は何かの間違いなんだぞ。

429 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/17(土) 10:38:24 ID:2dpVFJhK
黒澤とエイゼンシュタインは
例えは悪いが、「目糞鼻糞」だよ。

430 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/17(土) 12:30:20 ID:3Z5wvHYN
>>429
よくこんな不適切な言葉が浮かぶな。

431 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/17(土) 18:14:28 ID:QETyyg4a
構うな構うな。スルースルー。

432 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/17(土) 18:49:36 ID:vF6wjJHN
椿三十郎はモノクロの方がいい
それから、黒澤のシネスコ作品はビデオで観ても
観たとは言えないね

433 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/17(土) 19:53:27 ID:sKFQI2HJ
今はホームシアターがあるからな、スタンダード「蜘蛛の巣城」も大画面でないと
だめだ
ただカラー化すると怪獣映画と区別しにくいシーンもあるが

434 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 10:57:25 ID:HucQI08K
>>429
実力が拮抗していることを表現する言葉はろくなのがない

50歩100歩
ドングリの背比べ

435 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 11:15:10 ID:4bmz7p3m
甲乙つけがたい、ってのがある。

436 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 11:44:03 ID:ilPjSg6g
優るとも劣らない、もいいな。

437 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 12:53:41 ID:PQ6ZaecY
50歩100歩・ドングリの背比べは実力の無いものどうしの比較に使い、
甲乙つけがたい・優るとも劣らないは実力のあるものどうしの比較に使う

ような気がする

438 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 13:30:19 ID:4bmz7p3m
黒澤とエイゼンシュテインなら、まず後者を使うだろうな。
「ドングリの背比べ」なんて普通は使わない。ましてや
「目糞鼻糞」なんて論外。

439 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 14:33:20 ID:HucQI08K
目糞、鼻糞を笑う
どっちが上かの論争を揶揄したんだろ

440 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 17:20:31 ID:8yr0jDxv
424 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2008/05/19(月) 15:47:40 ID:qW99a1rM
>>423
いいや、今回はリボーンの方がオリジナルを遥かに凌駕している。
それを黒澤オタは認めたくないだけ。バカバカしい話にも程がある。

頭の中があぼーんしてる

441 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 17:23:28 ID:8yr0jDxv
451 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2008/05/19(月) 16:49:23 ID:bo8/aqZz
20年来の黒澤ファンです。
TVの天国と地獄・生きる 映画 椿三十郎が駄作だったのでどうなるかと心配してました。
今日観てきました。
正直、おもしろかった。オリジナルを超えていたかも。
期待してなかった長澤の演技、前半は前作の上原さんより数段良かった。
黒澤隠し砦→スターウォーズ→隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESSの流れかな。
音楽もスター・・ぽくて、いい感じがした。

これも笑えるwww

442 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 17:30:32 ID:eMJpMU6f
はい次の方どうぞ

443 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 18:07:56 ID:cJ2ScuZS
440と441はリメイク版は見てないに1000ウザーラ

444 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 18:27:25 ID:y82gq++W
>>440の ID:qW99a1rMは映画作品板の本スレに常駐している粘着基地外


445 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 18:30:33 ID:4PiZmc9c
リメイク版が楽しめた人がいるというのは
別にいいと思う。


446 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 20:02:41 ID:pS1/9fPM
>長澤の演技、前半は前作の上原さんより数段良かった

ここが巧妙だね。
前作の一番の欠点をわざわざ取り上げて「アレよりは良い」ってw

唐突だが、こないだの再結成サディスティック・ミカ・バンドの時にメンバーが、
「今回は歴代の中で一番歌の上手なボーカルです」って言ってたのを思い出した。
そりゃそうだろ、前の2人はどっちもド素人だったんだから。
その点以外で初代を超えた所が何もないからこうでも言うしかなかったわけだ。

447 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 21:36:32 ID:JVgQDjkp
443は黒澤版を観てないに黄金二百貫

448 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 22:13:19 ID:br1LpP07
リメイクはヤフー映画の興行成績が3位みたいなんだけど、3位じゃだめな方なの?

449 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 01:13:42 ID:8U6Q/T3K
負けてる相手がよりによって「相棒」だろ?その時点でもうね(ry

450 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 02:50:23 ID:fTyCVdlz
>>448
全国で300館も上映した数字だからねえqqq

451 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 04:46:15 ID:6htFt3GZ
15億の制作費
300以上のスクリーンで
初動1.7億

見事な大コケ。

452 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 07:53:34 ID:KSuyK9XU
>>446
ミカってブスだったじゃん。
カエラのほうがはるかにかわいいよ。

453 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 08:00:42 ID:99qvmiiz
映画の感想なんて人それぞれだから、
リメイクの方がオリジナルより面白いと言う人がいても別にいいと思う。

454 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 09:25:51 ID:pXBC5swW
味の感想なんて人それぞれだから、
ウンコの方がカレーより美味しいと言う人がいても別にいいと思う

455 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 10:07:26 ID:wCSb6u5d
いい年してそんな小学生みたいな書き込みせんでも・・・
まあ織田裕二の三十郎は全然見に行く気がなくて実際行ってないけど
リメイクの隠し砦は見てみたいけどなあ
ジャニーズの百姓2人組が主役級というのがわけわからんけど、長澤まさみの雪姫は見てみたい

456 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 11:39:17 ID:2/+qwZ8D
織田三十郎もジャニーズ隠し砦も、見たいとも思わなかったし、見に行ってもないが、
今、思うと、織田版の方が好感が持てる。オリジナルと全く同じ脚本らしいね。
どう、再現してるのかな?という興味だけだけど。
よって、織田版だけ、地デジで放送したら見てやってもイイ。
ジャニーズ版隠し砦は、地デジでやったら、録画してやってもイイ。飛ばし見するけど。

457 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 13:32:42 ID:14sx5wX9
お姫様女優と若殿俳優は演技が上手くちゃダメなんだな

458 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 16:47:10 ID:OIiPJSa6
隠し砦のあまりといえばあまりの上っ面さに
リメイク三十郎が素晴らしく思えてきた。

459 ::2008/05/20(火) 17:09:42 ID:QQSy4H2u
そろそろ出番なんすね

460 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 17:47:09 ID:5T59FqpL
??

461 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/20(火) 18:31:39 ID:C8UE9uU8
>>429
コッポラは地獄の黙示録のロケ地に
戦艦ポチョムキンと七人の侍を持ち込んで何度も観ていたらしいよ。

462 ::2008/05/20(火) 18:39:05 ID:QQSy4H2u
で死にたくなったと

463 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 00:26:32 ID:pRXRjfXy
地獄の黙示録と七人の侍、どういう関係があるのか思い出せない

464 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 01:31:14 ID:XzJic7bU
>458
脚本は素晴らしかったね

465 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 01:47:40 ID:zELXeiXb
コッポラは撮影中のインタビューでカーツ大佐を
蜘蛛巣城の城主になった三船をイメージするようなことも言ってたな。

サントリーのCMで使っていた地獄の黙示録のシーンは
たしか黒澤がCM用に編集したものだった。

466 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 22:17:02 ID:V9PHUWxu
740 名前:名無し草 [sage] 投稿日:2008/05/21(水) 16:37:44
黒澤は、現代における映像のシェークスピアだ!とスピルバーグが、言っているが、
私は脚本家(共同)としてもシェークスピアだと思っている。
どのリメイク作を観ても脚本が素晴らしいと思う。隠し砦の三悪人は、原作の脚本を 
陳腐な脚本に書き換えられた頓珍漢映画としかいいようがない。
主演二人のキャスティングが 良くない。
主演の二人が未熟ゆえ、アイドル映画と言われるのでは?

同じアイドルを使っても 「青の炎」や「硫黄島からの手紙」が、
アイドル映画と罵倒されないのは、監督としての力量が 歴然とある。
後者は、興行成績51億という数字を たたき出したではないか。
もうすでにこの映画の失敗は、興行成績に現れている!
黒澤作品のリメイクは、米アカデミー賞作品賞を リメイクすることと同じようなもの。
黒澤作品のリメイクは、もういい加減やめてほしい。




467 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 04:21:44 ID:GNU/mDx7
ジャニは映画ドラマ出演を法律で禁止

468 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 13:02:33 ID:zNFfA6KF
>>446
木村カエラのことか。Vocalに素人を採用したのは、当時RoxyMに見られるように
音楽的玄人の行き詰まりの打破だった。あの頃素人センスが音楽業界をリードする
ことが流行のようになっていた。カエラのSMB採用は沈滞するレコード業界の
要請ではないか。バックの連中はかつての恩返しのつもりだろう。この件は
寛容に見守ってあげようよ。

469 ::2008/05/22(木) 14:22:52 ID:VHNAbeqY
桐島カレンも天晴だったよ、椎名恵もよいけど
やっぱ顔でしょ

470 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 19:35:32 ID:X/S0McKz
いや、だからド素人であるハンデをおぎなって余りある魅力、
っていう点で加藤(旧姓)ミカと上原美佐の類似性を指摘しただけでしょ?

それに「セールス重視で起用された中途半端なプロ」っていう点でカエラと長澤もダブるわけで、
スキル関係なしに初代が持ち合わせていた不可思議なオーラを持ち合わせていない、っていう点も同じ。

471 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 20:00:09 ID:Em/i9kNb
ここは長澤と三代目ミカ・バンドのヴォーカルを同時に叩くスレですかw

この間のミカバンドと「隠し砦」のリメイクとはなんの関連もないし
そこで類似性を指摘したところで意味なしスレ違い。

472 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 23:09:37 ID:9m3Ik7Ia
もうリメイク作の話は止めようよ。
ここはあくまでもオリジナルを語る場。

473 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/22(木) 23:10:26 ID:4j8L68kT
どういじくったところで
隠し砦もミカバンドも時代遅れってことでは共通

474 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 07:25:46 ID:Ohf6yr7h
でかい態度の姫が嫌いなので、この映画はイマイチ。

475 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 09:23:32 ID:nBtmEAYp
黒澤映画ではベスト3に入るぐらい好きだね。
あらゆる名シーンの数々。
特に最後の脱出シーンなんかは見てて鳥肌たっちゃったね。
それに出演者もそれぞれ皆魅力的で良かった。


476 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 11:13:23 ID:AZzLeFwg
三船と藤田の決闘は長すぎる

あとは完璧

477 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 13:26:47 ID:teOIjsve
千秋の顔を狙ったクワのところと、木に隠れて銃弾をやり過ごすところの
アラが残念。(ま、これらは昔は当たり前によく使っていた手法なので、しょうがない感はあるが)

あとは完璧。

478 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 13:51:36 ID:/ybP3Q/R
姫の行水シーンがないのが残念

479 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/23(金) 20:23:37 ID:Qb0g++Gw
ストーリー展開はけっこう強引で、ツッコミどころが多いんだけど、
それを補って余りある面白さがある。観ててスカッとする。
やっぱり娯楽映画はこうでないとね。

480 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/24(土) 20:47:59 ID:h3IRWwWX
いくつか欠点があっても、
それを凌駕する全体的な面白さや筋の通った芸術的映像
心の奥深く魅了させられるような映像シーンのあるこれぞエンターテイメント映画っていう感じだ

最後の脱出シーン
(特に好きなのは三船が村娘を一発で馬に乗せあげるところ。ジーンとした)
と姫が楽しそうに踊るシーンなどは、
テープがすり切れるほど、100回はリピートして見た


481 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/24(土) 21:46:55 ID:Ewok66vi
さんざ言われているし、黒澤映画すべてに言えることなんだけど

知らなかったら「日本以外の国でロケしたんだ」と言われても
信じてしまいそうな豪壮な風景が素晴らしい。
地平線がかすむような荒地、早川領との国境の峠からの遠景、
ラストの馬の走る稜線。

腕のある人間が切り取れば、日本の景色だって決してチマチマ
しただけのものにはならない証明だね。

482 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/24(土) 23:26:59 ID:t8C3IZ8j
確かに雄大な景色が随所に見られるな。
あの早川領の景色は日本とは思えなかった。
50年前とはいえ、日本も狭いようで意外と広いんだな。

関係ないけど、もののけ姫でアシタカが旅立って通り過ぎる景色やシシ神の森は
壮大すぎて、戦国時代の日本にこんな大陸っぽい景色があるか、と思った。
決してありえないとは限らないんだよね。

483 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/25(日) 14:37:57 ID:jp4qrMOq
太平と又七が崖の上から隠し砦を見ているところ。高所恐怖症気味なのか
テレビ画面で観ても怖い。

484 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 00:48:11 ID:XVmxZnwy
そう、私も思った。勾配が急で二人の頭からとっているよね。じゃあカメラは
竿にでも吊るしたか?ともかく撮影用にあの勾配を作ったと思うけどすごいな。

485 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 02:56:26 ID:geDwwSQ0
「隠し砦の三悪人」
基本的にタイトルが悪いね。
三悪人に太兵、又七の二人は入るとは思うけどもう一人は? 六郎太か?
それと隠し砦は前半ちょっとだけしか使ってないぞ。

俺が黒澤ならこうタイトルをつける。
「黄金二百貫〜真壁と姫と時々農民」



486 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 09:38:09 ID:CBAEVDnA
兵衛が抜けてるぞ。

487 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 12:36:19 ID:p+gEskaM
>>485

ダサ!2時間ドラマかよ。
三悪人はジョン・フォードの映画からきてるって聞いたけど、そっちも見たい。

488 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 13:43:24 ID:geDwwSQ0
>>487
パロったんですけど・・・。

489 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 15:18:20 ID:GgO7IM4c
>>488
あんなのをパロらなくても…

490 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 18:50:35 ID:Ojr2P8Fu
「六郎太びんびん物語」

491 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 19:24:34 ID:mP4A0iSK
リメイク版、15カ国からオファーが来てるって。
あと興行収入も目標に達するだろうって。
黒澤信者、もう日本の大衆と感性が違っちゃってる事に気づけ。

492 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 19:30:30 ID:q81HGPVu
黒澤脚本の「銀嶺の果てに」も
仮題「山小屋の三悪人」だったらしいから。

>確かに雄大な景色が随所に見られるな。

ロケーション選定のよさもあるけど
望遠レンズを使って景色を作ってるよ。

実際には、映画で写ってるようには
見えない。



493 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 20:03:37 ID:XVmxZnwy
ココで言う「悪」は所謂善悪のそれではないだろう。
すげえ奴、いかした奴に近い、「悪漢」「ピカレスク」の意味合いに近いと思う。

494 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 21:12:42 ID:ob+54H6f
上原美佐っていい女だなぁ。


http://sleepyluna.exblog.jp/1066955/

495 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 21:32:09 ID:Q8sfYcFr
>>491
リメイク版壮絶にコケてるみたいねw おめでとうw
実に嬉しいこと。

496 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 22:15:54 ID:Ken/2+hU
>>485
サブタイが蛇足杉

497 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 23:48:38 ID:L6plu2SI
>>495
15ヶ国からオファー

498 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 01:36:51 ID:zlQwCGme
>同じアイドルを使っても 「青の炎」や「硫黄島からの手紙」が、
>アイドル映画と罵倒されないのは、監督としての力量が 歴然とある。

納得。

演出も演技指導も何もできない。
バカ監督樋口。

ていうことが完全に明らかになった。


499 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 03:52:36 ID:a2Cyj5kv
>>497
オファーと公開決定は違うからな。
オファーを受けたなんていくらでもいえる

500 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 04:10:19 ID:cz55Qc8p
500

501 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 08:23:43 ID:sCMQ78Nl
この映画好きだけど、残念に思うのは、
最初のシーンで、あの二人が何であんな有様になったかが
二人の会話で説明されてること。
あの二人が村を出るところからスタートして欲しかった。

戦に間に合わず、さらに負けた方と間違われて死人の穴掘りをさせられる場面を
映像で見たかったな。

502 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 10:03:28 ID:IgGqD7iG
>501
それだと言い争いながら河原を歩く導入のシーンが重複しちゃうな。
>戦に間に合わず、さらに負けた方と間違われて死人の穴掘りをさせられる場面を 映像で見たかったな。
穴掘りと、戦(反乱)は後で出てくるから
やっぱりいらねえーじゃないの
なんでも映像で見せろというのは今の風潮か?

503 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 10:43:04 ID:u1ar22xq
素人に映画を撮らせると、やたらに歩いてるシーンが多くなるっていうな
省略ができないんだそうだ

504 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 11:30:51 ID:/wOuhbQe
雪姫が泣くシーンは中々上手くいかなかったそうだが、
釜足が横で「み〜えた、みえた♪」とささやけば良かったんだよな。
(わかる奴にはわかる)

505 ::2008/05/27(火) 14:41:43 ID:UUq2f2XM
久米宏が司会やってた頃のピッタシカンカンみてなきゃわからんだろ

506 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 14:47:26 ID:xnfZeOT/
上原はそれで泣いちゃったんだよな。

507 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 15:27:52 ID:g2upIU7t
>「み〜えた、みえた♪」

ぐらいであんなボロボロ泣くかね? 常考

508 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 15:50:05 ID:UUq2f2XM
釜さん「リラックスさせようとおもって」
黒澤「泣かすまでやることないでしょ」
その一件の後釜さんちにtelして叱りつけている

509 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 15:57:29 ID:xnfZeOT/
>>507
釜さんの泣かしたエピソードと、あの泣いたテイクは別。
泣いたテイクは確か泣けない自分のせいでスタッフに迷惑掛けてると思ったら
涙が出てきてOKになったらしい。

510 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 16:57:35 ID:VCsxXHyD
>>501  ←気の毒だが コイツ本当に馬鹿だな。
  
米の一般客は、話が説明的に順番に展開されないと映画理解出来ない らしいが
それと同レヴェルだな。

511 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 17:32:56 ID:/wOuhbQe
>>509
助監督の野長瀬三摩地が何か言ったらしい。

512 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 17:36:10 ID:/wOuhbQe
>>501
主役・・・というわけでもないからね。
あまり長い前置きはちょっとな。

513 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 17:41:40 ID:xnfZeOT/
>>509
野長瀬は誰に何言ったの?

514 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 17:42:54 ID:xnfZeOT/
アンカ間違えた
>>509×
>>511

515 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 18:17:30 ID:/wOuhbQe
>>513
雪姫が泣けないので困っちゃった。
それで野長瀬が雪姫を呼んで何かを言った。
言った内容は>>509のような事だったらしい。

516 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 18:47:46 ID:sCMQ78Nl
>>510
順番とかじゃなくて、説明的な会話シーンがあまり好きじゃないというだけ。
だからといって何もかも映像だけで説明しろ、というわけでもないけどさ。
ただ、あれは何だか、予算や上映時間の都合でカットされたような感じがして。
一番の理由は>>512で言ってることだと思うけど。

千秋と藤原のヘタレ百姓コンビが好きなもので。
それに、三船が他の黒澤映画に比べてやや存在感が薄いし。

517 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 23:47:47 ID:1b1hb6LF
この話は武士の物語ではないと思う。製作者の目線は武士と農民の両方に
均等に向けてる。前半の虐げられた姿に嫌に時間を割いたり、千原藤原の
長い愚痴にも時間を使ってる。ありえない二人の「人種」の協力がこの話
の最大テーマだろう。脱出劇が終了するとこの2種は各々元の鞘に納まる。
でも何かが違う。協力して事を行う達成感の素晴らしさをお互いが知ったということだ。
信頼なくして事は成せないということか。そこは穏やかな人生訓として終わらせてる
ところがすがすがしい。

518 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/28(水) 01:39:03 ID:Rj9res97
黒沢と脚本チームは時代背景をどの作品にも巧みに取り入れいるよ。
隠し…の場合はもう一つのテーマは「人徳」。戦後の混乱期、何して儲けてもいいという
世情を戒めた作品。一番色濃く出たシーンは山狩りで追いつめられ、これまでと思い
六郎太は雪姫に短刀を渡す。野郎二人は逃げるが娘は事情を察し身代わりになって
飛び出そうとする。徳のある人間、徳を理解した人間、徳を忘れた人間を表現した
素晴らしいシーン。

519 :517:2008/05/28(水) 02:48:23 ID:2MLVejNK
>>518
私はそこを理由に農民二人を製作者が責めているようには見えない。現代の倫理で
この時代の彼らを責めるのも、ちと違う気がする。それならば農民二人は
最終的に裏切った。彼ら二人を「売り」、報酬を狙った。一方の武士側も
彼らを「利用」した。この時代の彼らにそれら形而上の美徳の意識より生き
抜くことが最優先、武士には露骨なお家のエゴがある。両者そこを責める風には
この作品はかたっていない。
本の数日、ありえない奇跡が生じたという作り方だ。協力が大事だよ程度の
軽い人生訓程度の主張しかこの作品はしていないように見える。

520 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/28(水) 03:05:05 ID:7k0emDdx
R「骨折り損だったけど、まあお姫様も助けたことだし
まあ、いっか」
C「だなや」
R「んだんだ」
C「ほうびの金はおめえ持ってろ、ちょっと気分いいし」
R「なにゆうだ。おめえこそ持ってろや」
R&C「てへへ」

R&C『安心させといて、夜中持ち逃げしてやっか』

この程度の連中だと思うよw





521 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/28(水) 04:00:06 ID:Rj9res97
>>519
責めている云々じゃなく、最終的には「仲良く分けるのだぞ」と雪姫に諭され、
または二人が今までの道程を理解し、今度は徳を知るに至る。
もう一つのテーマが「人徳」ということが言いたかった訳です。
CSでつい「田園に死す」見ちゃってレス遅くなったうえに9時に起きなきゃないんで、
あとは明日という事で…

522 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/28(水) 09:03:11 ID:qIDKgfIT
>>518
二人の百姓は金の分け前で釣られている上に、雪姫の正体も知らないんだから逃げて当然。
徳は関係ないと思うよ。

一方、身代わりに飛び出した娘は、人買いの手から救い出されたという恩がある上に、助けて
くれたのが秋月の雪姫だって知ってた訳だから百姓とは事情が違いすぎるよ。
しかし、雪姫の正体を知ってからの娘の動きには感動させられた。
普段は恐れ多くて傍に寄らないが、危険が迫った時には素早く敵と姫の間に入って姫の盾と
なるんだからなぁ。

523 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/28(水) 09:19:26 ID:qIDKgfIT
追加で書くと、娘も雪姫の正体を知ったという理由だけでは身代わりにならなかったと思うよ。


524 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/30(金) 00:50:21 ID:8nIIgUHM
既出かもしれないが、、、

ラスト前の脱出シーンとSW・EP6序盤の脱出シーン似てると思ってる部分で
何だかんだ、全員脱出!みたいなのが、スカーッ!とするんだけど・・・
あの、秋月のオナゴまで・・・

急な脱出でバタバタしてるのに、忘れずに拾い上げて、、、偉い!六郎太
って感じなんスけど。。。どうスか?


525 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/30(金) 01:15:11 ID:CT8Ft1Fh
話の締めくくりとして登場人物各々の行き先に落とし前をつけるのは定石でしょう。
でないと、あの人はどうなったんだともめることになる。何よりこの話は
シリアスなものでないので、そんなにうまくいく分けないんだということにも
強引に持って行ったところで不自然じゃない。

526 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/30(金) 01:25:34 ID:8nIIgUHM
たしかに、そう
ハリウッド全盛期の作品にはハッピーエンド定石ってのがあったし大好物
なので、全然不自然じゃないし予測はできる

作る側も、観るほうもそんなアホじゃないと思って当然だよね

でも、それをわかってても騙されたってのが、ちょっといいかなと

フェードアウトしても、助かってるだろ!?と思えるキャラなのに・・・


527 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/30(金) 22:08:24 ID:MAWxch/H
>>492
そうなんだ。てことはうちの近所の河原でも
建物さえ写さないようにすれば撮影可能かも。

馬に乗って脱出するシーンにそっくりな土手があるし、
夏場は草が生い茂ってジャングルに見えないこともない。

528 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 05:06:03 ID:n3FgIP6+
黒澤作品に、恥ずかしそうに照れながら出てくるヒューマニズム
卓越したストーリー展開の上にこれがあるから、俺は好きなんだよ。

単なる秀でたエンターテイメント性と芸術性だけでは、
これほど多くのファンを世界中から引きつけられないと思う。




529 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 15:36:19 ID:828NqEcd
その恥ずかしげ、が後年どんどんなくなっていくのが見てて息苦しくなるんだよ…

530 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 17:28:15 ID:3lfEzEl9
え? その恥ずかしげ、が後年どんどん大きくなっていくの間違いじゃねぇの?

531 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 19:27:36 ID:Ypyygmw2
>>529
前期の作品とか
「赤ひげ」も見たことないんだろなw

532 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 19:54:04 ID:828NqEcd
「恥ずかしげ」や「照れ」がどんどんなくなって、臆面もなく堂々と「ヒューマニズム」だけが出てくるようになる、
とまで書かなきゃ読み取れないかね?

533 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 20:17:51 ID:4RkTO5lx
>臆面もなく堂々と「ヒューマニズム」だけが出てくる

「静かなる決闘」で既にそうだったような気がするが

534 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 23:59:20 ID:jL5tMVv4
喧嘩はならぬぞ

535 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 02:07:39 ID:S637FftG
あの頃はまだそういうウザさを気にさせないパワーが作品全体にみなぎってたんだよな。

536 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 02:27:05 ID:PVgUsuBY
>>532
「素晴らしき日曜日」のカメラ目線の訴えの臆面のなさは二度と超えられなかったし
「静かなる決闘」の三船のモノローグの青臭さは二度と再現されることはなかった
とか書かないと理解できないか?


537 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 08:07:40 ID:IeQTL9mC
村娘が売春させられそうになるのを姫がわざわざ助けるのも
ロクロウタが前を見ながら村娘を一発で馬に引きあげて助けるシーンも
昔の封建社会を考えればありえない話かもしれないけど
わざわざそういう設定にして、必ず物語りに入れ込む。

用心棒で、ヤクザに奪われた妻を三十浪が身の危険を冒して助けだしたのも
赤ひげで、おとよを救いチューボーを助けるのも
黒澤流ヒューマニズムだろ、
世界の誰がみても心に響くシーンがあるから、
黒澤作品が、映画専門家だけでなく、世界中の一般人から高い評価をうけている。、
単なる映画造りの高度さだけでなく、そういうヒューマンなシーンがあるから

まあ、ヒューマニズムなど内心嫌いな日本の映画専門家には黒澤作品は受けなかったらしいけどな
おそらく、日本の映画専門家は青臭いとか、うざい、とか斜に構えた連中ばかりだったのだろうな
キネマ旬報でも、ほとんどが一位をとれなかったらしいし
今でもそうだと思うが、そういう細かいことにこだわって難癖つけて、
作品全体のすばらしさなど忘れてしまうんだよな
ジャーニーズが出てくる作品をほめあげる連中だしな



538 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 08:46:53 ID:eeOqJMZ9
あなたの傍に、危険な【成りすまし】はいませんか?
【成りすまし】とは、偽名を名乗る在日朝鮮人の事です。

日本に60万人も居る朝鮮人は、日本の社会を破壊する事に快感を覚える民族です。
その犯罪志向性から本名を名乗らず、偽名を使って日本人に成りすまして犯罪を犯しているのです。
朝鮮人は戦後、駅前の一等地に住まう人々を襲い、強姦し、殺し、土地を占領してパチンコ屋、サラ金屋を立てました。
駅前があのような惨状を呈しているのはこういった経緯の為です。警察は敗戦で壊滅していました。

戦後、朝鮮人は余りに大々的に犯罪を犯しまくったが為に、
朝鮮人である事が暴露されると、犯罪者であると告白しているも同然と言う状況になってしまっており、
此れが為に朝鮮人は、偽名を使い出し日本人に成りすましました。

社会を害する違法賭博のパチンコ、サラ金、派遣業(奴隷商)で富豪となって日本経済を支配しています。
又、外国人でありながら「国民の為」と定める生活保護を、日本人よりも優先して受け取り、
小平市では年金を払っていなかった在日に対して年金の支給を決議しました。
しかし、これらを隠そうとするマスコミによって、これらは殆ど知られされていません。
在日が、戦略的にマスコミに縁故主義で多数の同胞を送り込んで、
スポンサー(パチサラCM)、記者、社員として内外から放送を支配して彼らの悪事を隠しているからです。
テレビや新聞の自虐的報道は成りすましウィルスによる症状なのです。

【成りすましの巣窟】
パチンコ サラ金 派遣業 TBS 暴力団 朝日新聞 読売新聞 毎日新聞 宗教団体(カルトだけではありません) 芸能プロダクション
自民、公明、社民党、民主党

李慶子容疑者  →朝日新聞が真実を曲げるとこうなる→  山縣慶容疑者

李初枝容疑者  →朝鮮工作員が記事を書くとこうなる→  清水初枝容疑者

朴哲浩容疑者  →朝日新聞が日本人差別するとこうなる→  新井哲浩容疑


539 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 13:59:29 ID:hlJhD8/e
>>537
語るね語るね。語りすぎて>>538同様、まったく読む気しなかった。

540 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 19:55:42 ID:uG3NB394
>>539
このひと言で>>537より上であると思い込んでるんだろうな。
典型的ゆとりというかw

古い文学に影響受けた視点だよね。
俺は「虐げられた人々」のネルリを使ったおとよのシーンが大好きだ。

541 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/01(日) 20:55:39 ID:S637FftG
>536
その2つに違和感を感じるのはただ単にそれらが「生煮え」なだけ。
ヒューマニズムだのお説教だのも劇中で自然に溶け込んでいれば何の問題もないんだよ、
「赤ひげ」なんぞ全編がお説教とヒューマニズムだらけだがそれで押し切るだけの魅力に溢れている。
それがカラー以降どんどん「生煮え」のまま提示されて辟易する事が多くなる、「八月」とか「夢」の一部とか。
橋本忍が複眼の映像で書いてた説がこうなった理由の良い説明だと思う。

542 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 06:24:52 ID:O2zB8MHh
840 名前: 名無シネマ@上映中 Mail: sage 投稿日: 2008/06/01(日) 04:05:21 ID: Hwcu1oQD
黒澤リメイクがこけまくってる理由は何だろう。

まず俳優。当時も今も時代の人気俳優を使っている点において、差異はない。
次に、脚本。これも、椿とかはそのままのリメイクだし、差異はないと考えていい。

となると、あとは、演出か。

実は、黒澤の演出はものすごいものなのかもしれない。



543 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 11:09:26 ID:Zum6nPl1
黒澤ファンは厳しいな。
リメイクものを否定しているが、よく考えてみれば黒澤晩年作にも
ダメ出ししているからな。

544 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 18:23:57 ID:Ez85Q8jW
>>542
つ時代性

椿三十郎なんかそのまんま脚本使っても
今の時代の観客には共感できる要素が少ない
大体織田裕二自体がべらんめぇ口調を消化できてなくて
三船のモノマネに終始していた
現代の時代性を繁栄した話に書き替えるか、
最低でも現代的な言葉遣いに変えるべきだった
今の若い奴等なんか黒澤の名前自体知らないし
時代劇ってだけで=ジジババが見るものと思って敬遠する

545 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 18:45:51 ID:SLyBuRBS
若い奴とジジババの線引きはどこでしてんだ?

若い奴=10代、20代
ジジババ=30代〜
って感じなのか?
黒澤の名前知ってる人の方が遥かに多いなw

546 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 19:22:28 ID:G2Deqr1c
市川昆の意味のよくわからない自身によるリメイクはすっかり忘れ去られている

547 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 23:03:39 ID:/YeC15aK
>>544
個人的には織田裕二より堤真一の椿三十郎が見たかったなぁ。

548 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/02(月) 23:31:16 ID:Ez85Q8jW
>>545
時代劇って現代からはすごく縁遠くなっちゃったからね……
黒澤が全盛期だった頃の戦後すぐの時代に
ノスタロジーを感じちゃうようになった現代だからこそ
「三丁目の夕日」みたいな昭和ものがウケるわけだし
それ以上に時代が離れちゃうともう現代人には想像力が及ばない世界になっちゃう
殺陣だの所作だの台詞だのが面倒臭いからやりたがる俳優もいないし
今だと昭和ものが黒澤全盛期で言う時代劇にあたるんじゃないかな?

549 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/03(火) 05:24:55 ID:P2fgEynx
リメイクがこけた理由

@確かに時代劇ってのが受けないのが大きいが。
Aいいかげんなおちゃらけ大根俳優ばかり主役に使っている
B監督が、主役より格下で、まともな演技指導もできないだ
・監督が、演技指導の能力もない
・監督に、演出のアイデアがない、演出センスもない
C脚色家に才能なし。アイデアもセンスもなし
D音楽も最悪。布袋とかいう勘違いバカに作曲させて勘違い音楽つくらせても
 監督が3流であるため、駄目だしもできない




550 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/03(火) 14:48:00 ID:jmaD+PvF
つまり、樋口が全部悪いんですね。よく分かりました。

551 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/03(火) 16:16:51 ID:JitXVs98
「どら平太」観たら三十郎そのものだと感じたな。
五十郎は役所広司がいいよ。
織田(笑)って感じだもんなぁ。


552 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/04(水) 16:51:18 ID:v60RFNRA
織田が「キターッ!」て台詞使えばウケタものをよう。
やっぱ、加山とか田中邦衛そうそうたるキャストだもんね。
奥方にしたって入江と玉緒じゃねぇ。伊藤雄之助と藤田まこと
ねぇ。むずかしいねぇキャスティングって。

553 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/04(水) 17:14:50 ID:RA0t89B1
加山も田中も当時は駆けだしだよ
だから青二才の役がピッタリだったんだけど

554 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/04(水) 17:15:36 ID:8xUbwMlj
覚えたての名前を列挙してみたかったみたいだなw

555 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/04(水) 17:17:25 ID:8xUbwMlj
>>554>>552に対して

556 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/04(水) 18:18:39 ID:JXUi5KQT
隠し砦のスレで三十郎の話題はやめれ。

557 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/05(木) 00:37:00 ID:nGIjlEgN
雪姫が横になってる姿本当にかわいいね

558 ::2008/06/05(木) 06:18:03 ID:hEbH8Uj6
http://fout.garon.jp/?key=GR2S1RFYIQ1WoSaC0U0L4-N:zU9&ext=jpg&act=view

559 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/05(木) 15:05:11 ID:pK37bgeG
そりゃレイア姫でパクろうと思うわな。

560 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/05(木) 21:24:29 ID:hEbH8Uj6
SWデジタル修復再発したときレイアをビビアン・リーに挿げ替えるとカスりゃよかったんだがな
Toshiro Mifune as Obi-Wan
http://jp.youtube.com/watch?v=r4FM6a5VAdQ

561 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/05(木) 21:36:48 ID:oPKxB0YH
>>557
かわいいなんてもんじゃなく、色っぽ杉
又七、太平のくじ引きの気持ちよくわかる


562 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/06(金) 09:09:49 ID:FQjnAIbe
上原美佐って、美人ではあるけど、
色っぽさとか、欲情することはないな。
あの能面みたいな吊り上がった目つきが怖くて萎える。
目尻が下がってればさぞかし可愛いだろうけど。
あれはああいうメイクにしたそうだけどさ。

断っておくけど、この映画を否定してるわけじゃないので。
この映画は大好きで、購入したDVDで10回以上見た。七人の侍の次に好きな黒澤映画。

ただ、雪姫で性欲が湧くことがないだけ。
上原美佐の他の作品を見てみたい。特にカラーで。どんな表情なのか。
お姫様の役が多いらしいけど、やっぱり気品があるからかね。

563 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/06(金) 12:16:31 ID:CmRDjpcm
高嶺に咲く花を、摘んじゃいたい人とそのまま眺めたい人の差だな

564 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/06(金) 13:42:17 ID:K5SfbCFV
>>562
気持ち悪い・・

565 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/06(金) 17:09:40 ID:+HLeu2A5
雪姫も一文字秀虎も化粧が濃いね。
狙いはよく分からんのだが、監督のこだわりを感じるね。

566 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/06(金) 19:58:02 ID:ZcUQIPPc
>>562
まあまあ、そうカッコつけなくても・・・
健全な成人男子には、あの寝姿のアンヨは、ムラっとくるよ


567 :562:2008/06/07(土) 06:14:21 ID:jtQuAcpG
>>564
うるせえ!
と言いたいところだが、確かにキモイ文章だな。
自分で書いたのに、読んでて恥ずかしくなった。反省。

568 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 07:02:19 ID:B4RpgHjI
色っぽいとか欲情するとかでの単純な女の子評価は20代までにしときなさい

569 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 18:24:38 ID:i4WWYuDm
>それ以上に時代が離れちゃうともう現代人には想像力が及ばない世界になっちゃう

リメイク椿を見た小学生が普通に喜んでたぜ、おじさん。

あのさ、そんなこと言い出したら、時代劇に限らず古典的作品は
現代人にはすべて理解不能という事になるが?

>今の時代の観客には共感できる要素が少ない

たとえばさ「火垂るの墓」のどこに現代人の共感できる要素が
あるんだろうね?
食うものがなくて困る体験なんてしたことがない
今の子供に見せてもちゃんと共感してるよ。

人間には想像力がある。
ちゃんとした作品なら、共感させることができる。

>最低でも現代的な言葉遣いに変えるべきだった

椿はもとから現代的言葉遣いの脚本だよ。

興行と作品の出来は直接関係ない。

「カリオストロの城」や「ラピュタ」は
興行的にはコケてるけど、それは当時の観客には共感できなかったという
のが理由ではない。
単に宮崎アニメが現在ほどのブランドになってなかったというだけ。


570 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 18:43:56 ID:B4RpgHjI
>>569
そういえば火垂るの墓を初日に観に行った時驚いた事がある
周りに幼児連れが多かったのでトトロはいいが火垂るをおとなしく観てくれるだろうかと心配になったんだ
その前にゴジラを観に行ったとき、怪獣が暴れるシーンは観ていても、地のストーリー展開場面では大運動会が始まったからね
でも、杞憂だった。みんなおとなしく観てる。幼稚園くらいの子が「なぜごはんがないの?」
なんて隣の父親に聞いたりしてる
しっかり作られたものは子供にもわかるんだなぁと思った

571 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 19:52:14 ID:DeB1wHQB
黒澤映画はさえない中年や老人世代の若い頃の男性版
ハーレクイン・ロマンスみたいなものだったんだな w
だから自分の夢を壊すようなリメイクされると、キモジャニヲタ
みたいな反応と同じヒス起こす


572 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 20:13:04 ID:Aosh8zBm
yahoo のレビュー、本家の『隠し砦』に何故かラスプリのレビューが
いくつか混じり込んでるんだが、あれなんとかならんのかな。
目障りとしかいいようがない。

573 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/07(土) 20:24:06 ID:Va/gjpx6
まぁ、リメイクは別の名前にすれば別物の映画として楽しめたのかもな。

今の若い人らも馬鹿に出来ないぜ。
いつの時代でも存在する歴史好きに加えて、歴史物のゲームから興味を持ったり
する人もいるみたいだし、実のところ67年生まれである俺と同年代の連中よりも
詳しかったりするんじゃないのかねぇ。

574 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/08(日) 13:45:43 ID:i3v7/MmW
>>573
オタって、好きなことに関しては
異常な知識を持ってるからね。

この映画もそうだけど、気に入った映画って、
終わった後の続きが気になる。
太平と又七はあの後どうしたかなあ、とか、
無事に軍用金を持って早川までたどり着いた雪姫や六郎太は
あの後、領土を奪還すべく、旧秋月に攻め込んだんだろうか、
だとするとその結末はどうなったのか、とか色々と。
一番気になるのは、百姓の娘の顛末だけど。悪いようにはなってないと思うけどさ。
雪姫たちのいるところで飯炊きでもして働いてるのかな。

575 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/08(日) 18:34:11 ID:JBrEaajR
そうやって色々と想像するのは楽しいよな。
でもそれを続編として映画化されるのは、また別の話。

576 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/09(月) 21:35:09 ID:JguHgFo8
>>575
そりゃそうです。
あくまでも脳内だけで楽しむもの。
実際に続編が作られたって、
自分で勝手に作ったマイストーリーを超えることはないし。
自分で作ったものは自分の評価だけなら世界一。

577 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/13(金) 21:26:09 ID:A3cBsr6s
>>569

「火垂るの墓」は別に太平洋戦争を舞台にしなくても、
阪神・淡路大震災とかを舞台にしてもほぼ同じ話が作れる
「悲惨な状況で」「飢え死にする姉妹」が描ければいいわけだから
戦争云々はまったく関係がない
その悲劇的な要素が万人受けしただけ
大衆は常に新しいものを求めているから、基本的に過去のことには興味がない
まして、自分の日常からかけ離れていて、難しい決まりごとが多い時代劇には尚更
「椿三十郎」は40年前当時の言葉遣いのままだったから
せめて現代の日常会話風に変えるべきだった
現代の会社を舞台にした汚職事件に置き換えたら大当たりしただろうな

578 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/13(金) 21:38:18 ID:18qGBqiJ
なんという浅薄で独善的なご意見w

579 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/14(土) 00:14:52 ID:2z3gq0XL
戦国時代とかに置き換えるならともかく、
ごく最近だと現実味がないって言われそう。

580 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/14(土) 01:35:38 ID:ZgSrsCvu
>阪神・淡路大震災とかを舞台にしてもほぼ同じ話が作れる
これはひどいw

581 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/14(土) 02:02:12 ID:KZv9gdFf
>>577
舞台にするなら、北九州市。

582 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/14(土) 21:36:40 ID:iiVC1EV/
ちなみにこの映画の舞台は明言はされてないけど
中国地方で間違いないでしょ。
早川って、家紋が毛利家と同じだし。
今の山口、広島、島根あたり。

583 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/14(土) 22:32:45 ID:ictlBOp2
間違いないも何も、俺としては普通に山中鹿之助がモデルだと思ってたわ。
他の人はどう思ってるんだろう?

584 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/15(日) 20:03:53 ID:N7BPTulU
どこでもいいじゃん

585 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/15(日) 20:55:09 ID:D7m3drlL
タトゥイーンじゃないのか?

586 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/17(火) 07:40:34 ID:chUeDrI7
>>584
いやあ、気になるよ。
リメイクの方は心底どうでもいいと思えるけどね。

587 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/19(木) 21:47:07 ID:SMMYL6el
>>579
時代劇は古臭いし汚いし難しい決まりごとが多いし芝居が臭いし、
今にも死にそうなジジババが見るものだって若者はみんな思ってそう
「荒野の7人」みたいな西部劇や「スターウォーズ」みたいなSFに置き換えたら
みんなイケてるって思って見てくれるのでは?

588 :◆hmih5cLT42 :2008/06/19(木) 21:54:19 ID:to9Hwa+g
柳専用スレッド5
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1213010766/
  ∧ ∧
  (,,゚Д゚)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  |< 2ちゃんねるでも五本の指に入るあの有名コテハン「柳」にリアルタイムで会える!
  (,,_/ │ 今が大チャンス寄ってらっしゃい見てらっしゃい。背骨を抜いたら立ってられへん!
/      \______________________________
よ〜しよしよし
よしよしよしよ〜し
かわいいかわいい
   ∧ ∧ ←柳
  ( ・∀・)
O ⌒ヘ⌒Oフ ))
(   (  ´ω`) ←ひろゆき
 しー し─ J 

特に馬鹿なコテハン大歓迎!例:ストライク ◆Nmg4.G.OXY

589 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/20(金) 00:25:58 ID:XBXMVJMP
山名はもそのへん

590 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/20(金) 20:38:14 ID:DZbg+1DJ
>>583
言われてみるとそんな感じだな。
97年のNHK大河ドラマ「毛利元就」見て以来、尼子ってあまり好きじゃないから、
なんか微妙な気分。

591 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/21(土) 01:34:32 ID:xe3wfSjF
尼子といえば八ッ墓村。

592 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/30(月) 17:57:04 ID:+D+jhEEW
馬上殺陣のシーンがあるけど、
あのカット割って、
スターウォーズのデススター側溝から排気口へ向かうシーンとほぼ同じ。
このあたりも参考にしたようだな。ルーカスは。

593 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/30(月) 22:22:43 ID:4U1THtxH
宇野重吉の倅がゴッホの絵のなかでぴょんぴょん跳ねてるとき
スタジオ見学に来てたルーカス、またいただきやがったな
首の脂肪抜いておくように

594 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/30(月) 23:55:02 ID:d6CuJl+L
ルーカスの首はどうなってるんだろうね。
鳥類じゃないんだから袋は必要ないだろう。

595 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/02(水) 08:55:34 ID:uJYaDtq7
味噌桶を探しに行く時の三船が
百姓の娘から毟り取ってかぶりついたのは何でしょうか?
魚のような、沢庵のような。あるいは干物か。

596 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/08(火) 12:56:53 ID:9owrcqE8
干魚っぽかったけど、干柿かもしれん。

597 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/08(火) 21:29:48 ID:TldIb73N
うーん、干し柿には見えないなあ。
やっぱり干魚かも。

ああいうワイルドな雰囲気が好き。
三船は特にそういうのが似合う。七人の侍でも川魚を捕まえる場面とかあるし。

598 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/09(水) 01:31:06 ID:Vx0Csw1u
あのどう見ても最初から死んでる川魚ですね、わかります。

599 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/09(水) 06:38:33 ID:DyMlo+/l
あの魚だけは撮り直すべきだったな

600 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/09(水) 09:57:31 ID:ReMjKHcu
三船のあの食い方からして焼き魚の干物じゃないの?

601 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/18(金) 19:57:53 ID:xHpT3+8y
最後に太平と又七がもらった黄金って
どれぐらいの価値があるんだろうか。
枝に仕込んでた延べ棒一本より高いのかな。

あの後、両替屋にでも行って、銀にでも交換して山分けしたと思うけど、
それで売り払った家や畑を買い戻せるのだろうか。

602 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/18(金) 23:12:19 ID:2hMfOrDa
「兵衛!犬死は無用!志あらば続け!!」
雪姫のこのセリフ。いつ聞いてもシビレる。

603 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/19(土) 01:49:50 ID:utMa0Jvr
六郎太と雪姫の、身分をきっちりわきまえた主従(しゅうじゅう)のやり取りがイイね。
いちばん好きなのは、山狩りに包囲されて伝家の銘刀?を渡すシーン。
これが今生の別れになるやも知れぬ二人の眼の会話にしびれるよ

604 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/19(土) 19:32:51 ID:bhW7IDwL
三悪人って、
平八と万造と菊千代のことか?

605 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/19(土) 22:27:59 ID:JJ3CkSaT
将に将たる器。大事にせい

日本語が不自由な自分には意味分かりません

どなたか優しく翻訳してください

606 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/20(日) 01:22:10 ID:srdbBGos
このお姫さまは、大将にふさわしい人格です。大切にご奉仕しなさい。

607 :この子の名無しのお祝い:2008/07/20(日) 01:57:18 ID:+cxS+lv2
おらの場合は
六カ田が、村娘を、走る馬上から片手で、一発で引き上げて走り去った場面に
心からシビレタ

あっというまの、ものすごいスピード感ある演出。
あんなシーン見せられたら
当時この映画を映画館で見た人は、
出来ればもう一度あのシーンをみたいと思った、と想像する
現在は、DVDがあるので、何回も見れるので幸せ




608 :この子の名無しのお祝い:2008/07/21(月) 04:32:52 ID:cu4TU/n2
>>607
俺はそのシーンと、三船の疾走馬上の斬り合いのシーンが何度も見たくて、
1日映画館で過ごしたことがある。
「用心棒」「椿」の3本立てリバイバルだったので・・・

ちなみにアメリカの名画座ではこのシーンになると、拍手喝さいに「Yea!」
「Go for it!」「Yo, did it」の大合唱でした。

>現在は、DVDがあるので、何回も見れるので幸せ
でもこの映画は劇場の大スクリーンで見てこそ、その真価が(以下略)

609 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/21(月) 12:44:50 ID:qXSDAjyD
前半の奴隷が反逆を起こすシーンって
怪我人がかなり出たんじゃないかな。
あそこが一番迫力ある。ありすぎて怖いぐらい。

610 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/21(月) 13:33:49 ID:CA1ew0j/
>奴隷が反逆を起こすシーン

昔あのシーン使ったサントリーリザーブCMがあった。
エキストラが眼鏡したまま出ちゃってわざわざリテイクしたとか。

611 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/21(月) 15:56:56 ID:09bhvo3h
階段で倒れて踏まれまくるとか、投げた木材(当然プロップだろうけど)に当って痛いとか
いろいろあったろうなぁ

612 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/22(火) 06:56:41 ID:fXfVvrFa
>>610
あれをリテイクしたの。そりゃまた豪気な。
ていうかそのエキストラ、かなり責められたんじゃないかな。

この映画で何気にゾッとする会話
「返答次第では切って捨てようと問い詰めた〜」と六郎太が話すところ。
あの二人、あの苦し紛れの説明で実は命拾いしてたんだな。
それを思うと何か怖い。

613 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/22(火) 14:06:41 ID:m16439u0
>>612
苔の一身軍略を産む

614 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/22(火) 16:17:29 ID:Y835jTQ6
虚仮の一心な。

615 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/22(火) 19:08:09 ID:KkkelWdu
三船vs藤田戦の槍による鍔迫り合いは
色んな映画やアニメに引用されている。
スターウォーズはもちろん獣兵衛忍風帖にもあった。

616 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/23(水) 16:09:55 ID:dKAObt6W
>>612
オレも思った。
返答次第でということだがどういう返答をしたら斬り捨てられたのだろう?

617 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/23(水) 16:49:13 ID:M/E/No9J
>>616
秋月にとって都合の悪いことだろ。
あの二人、すでに金を見つけてるから、
あのまま立ち去られ、誰かにその事を話されたりすりゃヤバイし。

つまり、太平と又七は、金を発見した時点で、
六郎太に協力するか、斬られるかの二択しかなかったわけだ。

それにしても分からないのは、どうして2本だけ金の入った枝があの山に置いてあったのか。
あれって六郎太が意図的に置いたのかな。

618 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/24(木) 00:54:54 ID:gaKdBGZu
>>617
煽るつもりはないが普通わかるだろw

619 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/25(金) 15:12:33 ID:8gbndPH3
>>612
そのエキストラは銃を構える兵に突っ込むシーンで最前列に・・・
その後ボロボロに踏まれる

620 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/27(日) 00:16:33 ID:q7Jd/8j3
>>619
一番危険な位置に回されたってわけね。

しかし、太平と又七は百姓なのに
落ち武者狩りが出来ないとはな。
そのくせ米や鍋は盗むし。食い詰めたら盗っ人の真似やってるじゃん。

621 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/30(水) 00:37:25 ID:7UNFx6Zw
>>618
わかんない。
とりあえずは娯楽映画のご都合主義として自分を納得させてるけどね。
他にも?なシーンは多いし。

622 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/30(水) 14:06:10 ID:O1YTkyd8
>>620
落ち武者狩りってこちらが多数か相手が弱ってないと腰が引けるだろ。仮にも相手は武士だし

623 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/31(木) 17:46:33 ID:kTTgK6xt
>>622
最初に、目の前で殺された武士から何も取らなかったじゃない。
「いくら食い詰めたからって盗人の真似は出来ねえや」
とか言いながら、そのくせ米は盗んでるし。
まあ、あの二人は行動も発言も一貫性が全くないけど。

624 ::2008/07/31(木) 18:27:24 ID:mH+i2erb
マタヒチは加藤武の鎧着用してたようにおもうが

625 :すっぽんさん:2008/08/02(土) 10:10:42 ID:U3tSeXLX
>613 

「「「 苔 の 一 身 軍 略 を 産 む 」」」

すみませんが、もう一度意味を教えて下さい


626 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/02(土) 11:37:39 ID:Nk1sjQ3D
>>625
愚か者がただ一つの事を心掛けてやり遂げようとすること

つまり・・・おまいみたいな神IDのような者をいうw

627 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/02(土) 11:53:23 ID:w+UA74rR
>>626
ワロス

628 :すっぽんさん:2008/08/02(土) 14:39:08 ID:U3tSeXLX
>626
早速のご回答 ありがとうございました

629 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/03(日) 15:43:45 ID:eDGMuMZq
>>626
まちがい

630 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/03(日) 18:34:31 ID:P0MSVEAP
>>624
見直してみた。確かに別れた後の又七は鎧を着ていたな。
太平と歩いていた時は丸腰だったのに。

つまり、あの死人から引っ剥いだわけだ。
多分、このシーンはカットされたんだろう。

631 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/07(木) 02:59:32 ID:w/QuJ/78
愚かな!
リメイクを生かすも殺すも監督の腕次第。
監督も監督なら東宝も東宝じゃ。
ジャニタレさえだせば、ファンどもが押し寄せると思っている。
わがままな姫にもようできぬ仕業じゃ。

632 :sage:2008/08/07(木) 03:10:38 ID:w/QuJ/78
>605
あれ、誰も答えてないのか。
将に将たりとは、将軍どもの上に立つ器の意味ですよ。
多数の兵卒を率いる将軍の器もあれば、さらにその将軍たちを
束ねる器もあるということ。

以下、某サイトbから抜粋。
----------
高祖は以前、ゆったりとした様子で、韓信に諸将がどれくらいの兵力を率いる将軍となれるかを聞いた。
高祖は言った、
「私のような者どれほどの兵力を率いる将軍となれるか。」
韓信は答えた、
「陛下は十万を超える兵力を率いる将軍とはなれません。」
高祖は言った、
「君の場合はどうなのか。」
「私の場合は、多ければ多いほどうまく処理します。」
高祖は笑って言った、
「多ければ多いほどうまく処理するなら、どうして私の臣下などに収まっているのだ。」
「陛下は兵士を率いる将軍とはなれませんが、将軍の将軍となる技量があります。
これが私、韓信が陛下の臣下となっている理由です。
また、陛下の能力は、いわゆる天授のもので、単なる人間一人の能力ではないのです。」


633 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/07(木) 18:58:41 ID:JtWawucR
>>631
うまい!

634 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/08(金) 07:32:48 ID:UGyqzT47
>>631
でも実際にそれでファンが押し寄せるんだから仕方ない。
オリジナルが50年前の作品とか知らないだろうし、知ってても何の興味もないと思う。
あいつらは映画じゃなくて出演してる役者を見に来てるわけだし。

「あずみ」だって時代劇じゃなくて上戸彩の太ももが目当てで見に来た連中が大半だったっていうし。
時代劇見るために来た年配夫婦が気の毒だったって誰かが言ってたな。

635 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/08(金) 08:39:34 ID:EkndnZA4
>>631
ジャニタレ出しても大コケしちゃったし、

いずれにせよリメイクしたのは失敗だったということだ。



636 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/08(金) 12:51:47 ID:ivZwSp2p
なんていうかなぁ、
俺の憶測も入るけど、

日本人の鑑賞力は、それほど衰えていないし、むしろ
昔より色んな作品に接する機会が多い分、向上していると思う。

問題は作り手にあるのではないか?
はっきりいって、大衆をなめている気がする。

ジャニタレだして、ハリウッド風にして、10分で全員集合して脱出開始、
思わぬロマンスを入れて、布袋の歌入れて、、
要するに、お偉いさんに企画書を出すとき、説明しやすそうなセールスポイントを
作るんだよね。

しかし、ビジネスとしてのペイを、第一に考える余り、かえってビジネスとしても
まずいことをやってるんじゃないか?だって、この作品往年のファンにも
ジャニタレファンにも振り向かれなかったのでしょう?
15億の制作費で、収入は10億というのが冷厳たる結果。

監督はじめ、製作者達ははその枠内では頑張っておられると思う。
問題は、腹を括って100年先にも残る上質のエンターテイメントを作ろう!ていう、そういう風土が
作り手にも配給元にも無いことがもんだいなんじゃないか?

結局高い志を持つことが、今の眼の肥えた大衆をひきつける結果になると、
俺は希望的観測を持つのだが。

637 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/08(金) 14:36:18 ID:Z+yyx8e9
>要するに、お偉いさんに企画書を出すとき、説明しやすそうなセールスポイントを
>作るんだよね。

昔の映画は映画職人の現場で作られる
今の映画は広告代理店の会議室で作られる

だから何をやってもフツーの勤め人の発想に落ち着く

638 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/08(金) 22:37:55 ID:UGyqzT47
日本人ってどうも文化的なものに金や時間を使わないね。
半世紀前は映画がほぼ唯一の娯楽だったし、
理解のあるトップもそれなりにいたから黒澤や小津みたいな人材も出てきたけど、
今じゃそういう才能がいても、それを開花させる環境がどうも。
だからそういう才能の持ち主はマンガ、アニメ、ゲームとかに行ってしまう。

さらには、ガツガツと餓えた連中が今は少ないのよね。
同人活動とかである程度自分の考えが表現できたらそれで満足しちゃう。
あとは安定志向でサラリーマンになる。

639 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/09(土) 00:40:46 ID:M62wG+0l
盗賊襲撃シーンまでに予算使い切った黒澤明
予算内で映画製作なんかしても駄目、きちがい(天才)だけが

640 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/09(土) 19:12:57 ID:WSRahL3c
>>605
司馬遼太郎の歴史小説「項羽と劉邦」の
下巻171〜172ページを読むとよい。
文庫本じゃなくてハードカバーの方な。
まあ、内容は>>632とほぼ同じだが。

>>639
この映画に盗賊襲撃シーンなんてあったっけ?

641 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/17(日) 12:40:40 ID:MTg4mYbS
こないだ、ツタヤで中古のDS版DQ4を購入した。
18年ぶりに遊んだけど、うろ覚えながら、オリジナルと比べて
色々と遊びやすくアレンジしてて、面白い。

で、このゲームの第二章がこの映画を連想させた。
おてんばな姫が従者を連れての冒険。

642 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/31(日) 01:13:50 ID:ISoQao5F
>>641
お前リストラ食らったのか?

643 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/07(日) 01:06:04 ID:hQmcGHjs
ゼルダのトワプリで馬に乗ったリンクに剣を構えさせながら走らせるという
六郎太遊びをよくしてます。

644 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/07(日) 15:34:48 ID:Qruss14r
ワンダと巨像がいいと思ふ

645 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/08(月) 00:14:56 ID:1D6bOx8l
それやってみる

646 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/15(月) 17:53:38 ID:usyEfpwX
何でこのスレ伸びないのかねえ。
七人の侍は8スレ目まで行ってるというに。
黒澤映画ではこっちのが好きなんだが。

647 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/20(土) 18:50:02 ID:LoNEDkGj
本日9時BS放送あげ
ヤッ!ヤッ!ヤッ!ヤッヤッヤヤヤー!

648 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/20(土) 19:55:10 ID:yYybgD6G
千秋と藤原の絶妙のコンビがまた見れる、うれしい。

649 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/20(土) 20:25:26 ID:jEfc7W2Y
加藤武が追っ手に槍で刺される場面スゲー危険だな

650 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/20(土) 23:44:20 ID:RoskGpjH
雪姫役の人はこの板では亡くなったとかの書き込みがあったけど
BSではその事に対しては何も反応がなかったけど実際どうなんだろう

651 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 09:19:38 ID:vCJ3FxQu
音楽が良かった。
七人の侍も用心棒もこの映画も。
映画の中の音楽の存在って、あんまり評価されないみたいだけど。

652 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 10:59:26 ID:t7PBCPuc
昨日、BSで「隠し砦の三悪人」、見たけど

こりゃーリメイクするほどのレベルじゃないなー
失敗するの分かるw

完成度も内容も面白かった「七人の侍」、「用心棒」と全然違うね。
ま、小粒な作品、てとこかな・・・

653 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 11:11:09 ID:wYCq8BGE
ゆき姫の腰から太ももへのラインに萌えました。
薬師丸ひろ子がパクってたけど、浅黒くて気品が無かったなあ。

654 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 11:42:06 ID:dvQNec7V
>>652
「隠し砦」には
「七人の侍」、「用心棒」にはない
全然違うよさがあるんだけど
それを感じ取れなかった君が可愛そう。

隠し砦の「開放感」はすごい。
空前絶後。

655 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 12:19:18 ID:t7PBCPuc
「隠し砦の三悪人」
「椿三十郎」(原作が山本周五郎)
とかは、要は日本人向きなんだよ。
二人の小市民(千秋、藤原)を中心に描いているのを言っているんだろうけど

世界では受けない(分からない)だろうな。

このレベルの映画なら、黒澤でなくても
他の監督が、優秀な映画、一杯作っているよ・・・。

656 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 13:51:53 ID:tPZroDt4
雪姫死亡ニュース発信源は唐沢俊一ブログ
唐沢のインチキっぷりを徹底的に検証している暇人たちがいる。
死亡がガセなら徹底的に叩かれてる筈。

657 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 15:02:58 ID:cjg5vCmB
具体的に松本幸四郎はどこがダメだったんだろう?

658 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 15:07:10 ID:PsEKriul
ダメだったんじゃなくて撮影が中断になり再開のスケジュールが
大幅に変わった為に降板せざるえなくなった。

659 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 15:45:56 ID:+O3CySyH
>>652
君は馬鹿か?
リメイク版が大コケしたのは、リメイク版がどうしようもない糞映画だったからだろうが。

660 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 17:13:21 ID:EJbLtGeI
この映画の主役は千秋、藤原の凸凹コンビに尽きる、完全に三船を食ってる。

661 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 17:21:37 ID:3R14ORXD
昨日、初めて観ました。
藤原釜足の表情やセリフの言い回しがおかしくておかしくて…


662 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 17:36:37 ID:IGhCV0OG
この映画、日本でまだ黒澤映画のビデオがぜんぜん出てない頃、アメリカ
でビデオ発売されたのがCNNのニュースで紹介されたんだよな。
当時たまたまBSで見たんだけど、何でこれがニュースなんだって
驚いたよ。おれも欲しかったけどさ。

663 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 17:37:46 ID:2aVYKE0+
雪姫も三船を食ってたな

664 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 18:26:53 ID:iDGinOvK
昨日、BSで初めて見た。

面白かったー!ぐいぐい引き込まれた。
三船が「褒美をくれ!」と関所でもめるところで農民には見えないだろとつっこんだり(それだけ関所の連中は明きめ○らだったと事か)
三船が又七、太平に「苦労をかけた」と労いの言葉をかけてるところで「苦労をかけられた」の間違いだろとつっこんだり
変則的な楽しみ方もしたよ。

ところで田所兵衛が裏切ったのは雪姫の人望もあるんだろうけど、主君を見限ったってことだよね。
顔に傷つけられる前から御殿は人を従えられる器ではないって思ってたってこと?

665 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:10:29 ID:Cq2FGWXd
昨日久しぶりに見たけどやっぱ面白いわ。
特に前半の面白さは神懸かってる。


666 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:14:56 ID:cjg5vCmB
>658
いや、表向きそういう事になってるのは俺も知ってるんだけどさ。
撮影始めてみたらどうにも幸四郎がダメだって黒澤が言い出した、ってスタッフの証言を読んだ事あるんだ。
ただ、大御所に「あんたダメだから下りて」とは絶対に言えないから思案のあげくにとった苦肉の策として、
色々な理由をつけて撮影を長引かせ、どうしても動かせない舞台のスケジュールがある幸四郎が下りざるを得ない状況を作った、
という証言なんだよね。

667 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:17:31 ID:cjg5vCmB
>662
それの輸入版VHSを偶然レンタルで見つけて、狂喜して借りてきたよ。
いまでもあの時に落とした字幕入りのテープはどっかにある筈だ。

668 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:20:59 ID:KdhHf3cz
>>652
リメイクは関係ないだろ。
あれは全てにおいて糞虫ってことで。

自分もこの作品を最初に観たときは、その両作品ほどには面白くないな、
と思ったんだけどね、でも時間が経つと何だか気になってきて、
もう一回見ると、最初に見た時よりも楽しかった。

この映画、確かにアラが目立つ。役者の演技とか。
話の流れなんか矛盾だらけ。
けど、それを補って余りある娯楽性があるんだよ。
あまり考えずに頭をカラッポにして見る映画だよ。

669 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:48:03 ID:hjIleqSZ
上原美佐の寝姿美しすぎる
でもあの場面で六郎太はなんで寝てる姫を置いてエロ親父らと3人きりにさせたんだろう。
襲うとは思わなかったのかな

670 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 20:57:04 ID:PsEKriul
>>666
黒澤関連の本にはその幸四郎の件についての裏話って特別書かれてないよね?
少なくとも俺の知る限りでは。
初耳なんだけどそのスタッフの証言ってのは信頼性高い証言なの?

671 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 21:26:57 ID:C0gY40zS
歌舞伎の御大相手ならありそうなことだ、とは思うな。

加藤武の「幸四郎ごっこ」の話は笑ったからなあ。

672 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 21:50:33 ID:EJbLtGeI
歌舞伎役者に映画は無理、どうしても形が出てしまう、立ち回りなんて違和感がありすぎる。

673 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 22:11:36 ID:t7PBCPuc
俺が言っているのは、リメイクしても
元が元だから、面白く作るのは難しい、ということです。
まして、見る人の感覚が違う現代で、あの内容(スジ)では受けるとは思えない。

そこが、世界でマネされた「七人〜」とか「用心棒」と違う点。
スジから何から何まで、全然スケールがね・・・

あの内容(スジ)なら、当時の日本ではそれなりに受けたでしょうが。

674 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 22:25:58 ID:S1NBquMS
農民コンビ超おもしれー!!

675 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 22:46:13 ID:dawfE+dS
>>673
お前の下らん意見なんてどうでもいいよ。とっと失せろ。

676 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 23:16:28 ID:S1NBquMS
ラストの脱出シーンは
スターウォーズのクラウド・シティ脱出と
新デス・スター脱出に影響与えていると思った

677 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/21(日) 23:20:01 ID:YssNVwIv
バイクを馬に変えた暴走族映画ではないか!

678 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 00:03:51 ID:ofVtvrOH
元の映画が有名な割りにツマランのなら、やりようによってはさらに面白くできる可能性があるわけで…
>>673のリメイクに関する理屈はその辺りで破綻してる

たぶん、作中で‘唖’とか連発してるのが気に入らないんじゃないかな?>>673

679 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 01:18:34 ID:HYwMqYIv
顔が上原美佐でボディが長澤まさみなら最高の雪姫になる

680 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 01:27:28 ID:SLn0QFJq
上原はボディも最高だよ。

681 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 01:50:27 ID:KkzJFUcP
>670
具体的な書名は忘れたけど、図書館で借りた黒澤関連本のどれかで読んだ。
スタッフもメインのレギュラーだったように思う、村木さんとかあれくらいのクラス。

682 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 07:18:59 ID:ieZe9GPo
>>669
そういうツッコミはあの映画では野暮なことなの。
それを言い出したらキリがないから。
そもそもあの百姓2人を連れて行くことがおかしいんだから。

683 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 08:18:15 ID:ftlrMVTI
ポチョムキン風反乱に燃えた!
百姓コンビの脱走見せるだけの場面に あれだけの予算と人材投入は、
バランス悪いのは確かだが 娯楽映画の作り方としては最高すぐる。

684 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 08:25:58 ID:3X05NxbG
        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l                         rfh_
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l          ,.-、____ , --―‐ニ二/  ヽ
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′         .レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄::::::::::::::!   |
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′        /,. ̄/({_/ ̄>─────-〕  く
        ヽ ヽヾ三,'    :::.. _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.、,'           _」i:::::::|:::.イ-:〈─────‐r',. =、、!
         `ー',ミミ     : ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',′        〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!::::::::::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
         /:l lミミ     ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`','          frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ___二二二ヽニニ〃
      ,.-‐フ:::::| |,ミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''",          -く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
     /r‐'":::::::::| |ヾ       ,ィ'"     ト、    /        /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',.        / `^ヽ,_ノi    /ヽ,     //        / `ー77 L!_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ.    /  _,,...,_,,..,、l  /l |`ヾー--/|   _ヽ__  {    リ | _i
     ',\\:::::::::::::::ヽ  /  ,ィiTTTTTト, ,} /::| |     /::レ'  レ'  } /ノ  ̄、=ニ_.乂_ー-' |
     \\\;::::::::::::\ {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ /::::::::l |    /:r'    ,|   \     ̄ ̄`ヽ ー‐ヽ
       ヽ \`ー-、::::::ヽ l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/::::::::::ノ ./  ./::::|   |\    `ー-、〃        |
          `ー-二'‐丶 ヾ<Zェェェシ' ノ/二ー'".ノ   |::::::|   ヽ \ 〃   `ー-- 、_   !

黒澤明が生きていたら、こんなくだらん映画はゆるさなかっただろう。

685 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 14:10:52 ID:lSaWihys
>>683
予告編では、あの捕虜兵反乱シーンがクライマックスで
あるかのように描かれていたんだよな。クライマックス
にはエキストラ大勢だしときゃいいっていう安直な大作
映画への皮肉もあるのかな、と思った。

ちょっとだけ重箱すみつつきすると……。
「裏切り御免!」で田所兵衛が馬に飛び乗った直後、
ぱぱーん、と火縄銃らしき音が聞こえてきて、その
後に火縄銃もった雑兵が追いかけていた。あの最初
の銃声は誰が撃ったんだろ。

686 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 15:23:08 ID:0D8bMb/l
「だから、山名領へ先ず出てから秋月領へ入れば良いんじゃねぇの」
「む?・・・うははははうははははッ!」
このシーンなんスけど、往々にして犯罪物やマフィア物では
いきなり強いヤツが笑い始めると、笑われた方はかなりヤバいじゃんスか。
「うゎはははッ・・・・・バン!バン!」てな感じでサ。
タランティーノの「トゥルーロマンス」、C.ウォーケンとD.ホッパーのシーンなんかモロ、これ。

初見時、二人はここでぶった斬られる、てマジで心配したもんです。
今回久しぶりに観て、そのあたりもキッチリ計算して作ってることがよく判って
なんだか手荒く感心しちまいました。


687 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 17:02:44 ID:dItI7NoU
>>681
ああ、なんとなく思い出した…って気がしなくもないけど、ダメだやっぱ記憶ないなw
俺がその辺りのインタビューを読み飛ばしていたか、読んでないかなだ。
これから注意してみるわ。

688 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 18:35:02 ID:5IDF6GAU
ソースは志村喬から裏話として聞かされたという付き人のHPだったかな。

気に入らない幸四郎を降板せざるをえない状況に追い込むため
天候を理由に一向に撮影しようとしない黒澤。

「そろそろ東京に戻らないとけない
スケジュールの調整を」

「それは無理ですね」

「では降板させていただくことになりますが」

「残念ですが、仕方ないですね。ご苦労様でした」

表向きは天候不順で黒澤も後のインタビューで何度も
「山の天気は下とは違うのに
プロデューサーが”晴れてるじゃないか、はやく撮れ”とうるさく文句を言ってきて
閉口した」とか言ってるんだが。

この志村の付き人の証言が事実なら
黒澤は相当な狸だな。

689 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 20:07:29 ID:saoe0KMQ
上原美佐って、引退してから一度、テレビに出てた記憶がある、綺麗だった。
もうだいぶ昔のことだけど。

690 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 21:16:56 ID:FPN2FXLg
松本は隠し砦の前から、かねがね黒澤映画に出たいと言ってたらしいね。
ただ、松竹だから中々話がまとまらなかったらしい。ところが撮影が
始まると、松竹の「大江戸の鐘」と掛け持ちで出演して、大船と御殿場を
行ったり来たりしてたそうだから、それが黒澤の気に入らなかったと
いうのもあるかもしれない。

691 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 22:44:36 ID:k190Wgec
六郎太
ロクロウタ
ロークロウータ
ルークスカイウォーカー

692 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 23:00:54 ID:I0T/0wrN
しかし確か上原美佐はラストシーンの姫装束の場面から
撮影を始めたと本で読んだ気がするんだが、そうすると
上原美佐が撮影に入った段階で、もう御大は切られて
いたのか?
それともあのシーンは同じセットで藤田兵衛で撮り直し?



693 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 00:41:59 ID:r9OUy2Tv
又七「でもな兄貴、このままじゃ、にっちもさっちも」
六郎太「どうにもブルドッグ!!」
太平「ワォ!! 」


694 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 01:08:43 ID:FQ2uqRB5
>>689 これのことですか
黒澤明 1981年鼎談 千秋実 藤原鎌足 上原美佐
http://www.badongo.com/vid/884462


695 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 02:07:31 ID:4+cSw8v8
宿場にやってきた時に、槍を担いだ雑兵らが行軍してたが、
全員、ストームトルーパーの格好でも違和感ねーよなw

696 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 04:48:58 ID:wFk2JGqr
>>695
ストームトルーパーのコスはエイゼンシュタインがネタ

697 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 07:44:48 ID:zHT2MBYh
>>688
「雲の形が悪い」だので撮影中止だの、 完璧主義にも程があるだろと思ったてたが…

意外と俗物で 親近感が湧くな。

698 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/23(火) 09:11:26 ID:Zb2dCcBp
そこまでして降板させるなんて、
黒澤さんって役者に対して好き嫌いの激しい人だったんだね。


699 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 05:26:33 ID:K3vTTrkQ
リメイク版はみんな髪がボサボサでカッコ悪い。
ttp://image.blog.livedoor.jp/chocho1962/imgs/6/e/6e44c9af.jpg

700 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 10:47:01 ID:kYc2eSE0
>>669
姫の気性なら問題無いと思ったんじゃないかなぁ。
あれは絶対百姓より強い。

701 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 13:28:27 ID:tzhvqNJN
上原美佐のファンになってしまいました


702 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 20:38:13 ID:/vab+zKX
スターウォーズジェダイの帰還での
スピーダーバイクでの追跡は
この映画のモロパクリだな。

703 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 20:51:47 ID:vJTeb93X
「隠し砦の三悪人」(黒澤版)

うたた寝している姫を置いて、出かけてしまった六朗太。
姫がエロい二人組みに襲われる危険を考えてなかったのでしょうか?

704 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 22:07:58 ID:8xijNybq
エロビデオの見過ぎw

705 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 22:23:29 ID:pFF5TCRv
この映画がなけりゃ、スターウォーズも製作されなかった。

706 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/24(水) 23:50:29 ID:Qosq8CuN
土屋嘉男さん、どこに出てたかわからない。誰か教えてください。

707 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 02:07:59 ID:CwEp545M
ナウシカとサンのモデルは雪姫

708 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 07:22:03 ID:UpQraCt2
佐藤允もそうだね、どこに出てるか分からなかった。

709 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 15:01:23 ID:gfBv57Ut
>>706
「ただの百姓がどうしてこのような大量の金を」と言って
太平と又七を捕らえる早川の騎馬武者。
>>708
山名の足軽らしいけど、多すぎてどれだか分からない。

710 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 01:41:19 ID:vqgw3IvZ
この時に千秋と釜足がパンツ見えたと言って上原を泣かしたそうだ。
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200509%2F22%2F61%2Fe0042361%5F22185866%2Ejpg

711 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 01:54:39 ID:r3sdtWnG
>>710
よく見ると蚊に食われてるな
つくづくカラーで見たかったなあ

712 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 02:17:39 ID:tevtuEBP
それで黒澤が怒ったというかたしなめたんだっけな。

713 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 07:25:02 ID:afQKSZO2
この映画、「おし」というセリフ、よくカットしなかったね。
確かに「おし」の部分をカットしたら、映画の流れが止まってしまうからな。

714 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 09:15:07 ID:bVv3+1+A
>>713
当時は「おし」も「気違い」も問題なかったんだろ。
今じゃ無理だけど。

715 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 09:35:49 ID:r3sdtWnG
現代の言葉狩りが異常なだけだよ

716 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 15:38:06 ID:Hl/4KMos
久米宏が司会やってたころのぴったしカンカンでゲストが藤原釜足のとき
冒頭崖の上の雪姫登場シーンで黒澤が「もっと足を開いて」
恥ずかしがってなかなか開かないので
釜足「ひーらいたひーらいた」と歌ったりした「あとで黒澤さんから電話かかってきちゃった」
なんてすっとぼけた調子で語っていた

717 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 18:15:29 ID:OHCCJoh9
釜足氏は、この作品でも望遠で撮ってるのをいいことに
セリフを覚えてこないで口パクですませた豪傑だからなw


718 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 21:07:58 ID:g7sEySPg
口パクでなくて全く違うデタラメな台詞を言ってたんじゃなかったっけ?

719 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 23:32:31 ID:Hl/4KMos
>>694は死んでるねこれを
http://www.badongo.com/vid/888684

720 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/26(金) 23:56:04 ID:BNuSfGjk
>673
なんか、変な事いってるなー
スレ見れば分かると思うけど、隠し砦も、思い切りパクラレてるんだけど。
君の好みに合わないのは分かったけど、それを客観的事実のように語るのが訳わからん。

まぁね、脚本の橋本忍さんも、「金塊運びが重すぎて、爽快感に程遠い」とかいってるし、
好き嫌いが分かれる映画であることは認める。

ただ、俺の個人的な感想だけど、この映画の魅力は、
・いつ果てるとも知れないロードムービー的待ったり感と、
・そのまったり感が、最後の田所兵衛の裏切りごめん!以降の
 シーケンスでパーっ!と晴れる爽快感にある、と思う。





189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)