5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■学生音コン■ピアノ編2

1 :一ノ瀬恵&野田海:2007/12/22(土) 02:42:13 ID:q8937nUO
全日本学生音楽コンクール ピアノ部門について語ろう

■学生音コン■ピアノ編
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/piano/1158565193/

2 :ギコ踏んじゃった:2007/12/22(土) 11:03:14 ID:KNutP49D
どなたか、高校ピアノの得点、載せてください〜。

3 :ギコ踏んじゃった:2007/12/25(火) 21:43:17 ID:S3wALMm1
◆ピアノ・小学校の部

 ◇完成度高く喜び

 今回のトピックスは、なんといっても小学校の部の1位高尾奏之介であろう。
表の通り、全審査員最高点しかも24点、25点でまとまった。
体操競技でいえば10点、10点、10点……の世界だ。
芸術的完成度とは必ずしも年齢によるものではない、
ということを証明するかのような貴重な瞬間に立ち会えた喜びを味わえた。
と同時に、誰の目にも素晴らしいものは、はっきりとそのように感じ取られてしまうものだ、
という意味での厳しさもまた感じさせられた。

 第2位の横山瑠佳のモーツァルトとラベルの透徹した響きはホールの隅々にまで響き渡った。
同第2位廣尾公亮のショパン作品10−12エチュード「革命」の一音一音の明確さ、
的確な表現に強く印象づけられた。
第3位の鈴木杏奈のラベル・ソナチネの端正な音楽づくりは大いに聴き手を納得させるものであった。

 中学校の部第1位の佐藤元洋は、
ともすれば冗長になりがちのわき立つ霧のようなつかみにくい曲をよどみなく曇りのない繊細な音で弾ききった。
同第1位の生熊茜は天性のしなやかさを持って彩りある世界を繰り広げた。
第2位阪田知樹はリストで迫力、パワーを見せつけた。
第3位松葉朋樹はメンデルスゾーンの変奏曲を誰しもが納得する確かな音楽性を持って、一語一句丁寧に歌い上げた。

 高校の部第1位の今田篤は曲の出だしから、コロラトゥーラのようなトリルの魅力的な音で会場全体をひきつけた。
あたかも一幅の絵のような既に完成されたステージを見せてくれた。
第2位西岡沙樹は難曲を見事に自分の世界に取り込んで表現した。
第3位野上真梨子の演奏は誰しもが欲するであろう圧倒的な持続性を感じさせた。

 各得点を見ていただければおわかりのように、総じて高得点が並んだ。
もちろん選曲の時にステージでもっとも楽しんで弾けるよう予感を持って曲を選ぶ点などアドバイスすべき事はあると思うが、
ホールの明るい響きも相まって表現するという音楽の魅力がコンクール全体の演奏を通してよく引き出せていたと思う。
第61回、ふた回り目の初めの年のもう一つの特徴であった市民審査員の見事な審査ぶりなかんずく真剣な審査の姿勢が、
凛(りん)とした厳かな空気を会場にもたらしたこと、加えて大勢の聴衆が示してくれた温かでエレガントな反応からも音楽の持つ社会参加の意味、
そして人々の根底にある表現し続けようという強い願いを感じた2日間であった。(村上弦一郎)

http://mainichi.jp/enta/art/news/20071222ddm010040083000c.html

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)