5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大松崎 (オマツ) 短編集

1 ::2008/08/23(土) 22:04:43
オマツの間抜けな短編集、たまに長編をお送りします


2 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:06:17
アスレチック・・・ そういった遊びが昔あった

そこには、天然の遊具が並び、自分の体力だけでコースをクリアするというもの・・・

天然、自然と言えば、定番が池である。
その池に落ちた「大松崎忠吉」 通称(オマツ)

水に濡れて腹を冷やしたオマツは、途中で脱糞していた。


3 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:08:08
一通り、コースをクリアし、更衣室で着替えていると、その密室から異様な臭いがただよっていた・・・
白髪 「なんか臭くねぇか?」
つる 「うん、臭ぇな!」
大松崎 「そっそっそっそっそうでもねぇべ・・・」

白髪 「いや、やっぱり臭ぇよこの部屋!」
つる 「糞みてぇな臭いだな・・・」

クンクンクンクン、鼻を効かせて臭い臭いの方に向かっていくと、そこには大松崎が・・・

白髪 「くっくせぇ!!オマツおめぇ糞むらしたっぺー!!」
大松崎 「しっしっしっしっしゃあめぇよ!! いっいっいっいっいっ池に落ちて腹がひえだんだがらよ!」
「おっおっおっおっおっおめぇらだってむらすはずだっぺぇ」

誰もがむらすわけじゃない・・・・・


4 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:09:01
中学生にもなって、それも起きているときに糞をむらすとはこれいかに・・・・

恐るべしオマツ!! オマツ恐るべし!!!















5 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:10:07
今日の朝礼を始めます。
では、順番に作業内容と手順、KYとその対処についてお願いします。
次々と、出入り業者がご安全にの最後の締め言葉と共に安全宣言をし
あさの挨拶を終わっていく。
次はオマツの番だった
オマツはいつもの事ながら、そわそわ落ち着きが無かった。
この朝礼ってものがどうしても苦手だったのである。
次!大松崎工業さんお願いします!!
いそいそと朝礼台に向かうオマツ

「おっおっおっおっおっおはようございます」
「おっおっおっおっおっお大松崎工業です」
「きっきっきっきっきっ今日の作業は掃除です」
「きっきっきっきっきっ危険なことは埃を吸うことです」
「かっかっかっ解決法はマスクをすることです」以上

ごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっ

所長: ・・・・次の業者さんお願いします!!

オマツ: ご安全にぃ まだ言ってねぇよおおおおおおおおお!!!


6 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:15:01
あれは、オマツが生意気に色気が付いてきた中一の秋であった・・・
早熟だったオマツは、中一にしては体が大きかった
当然、女を意識するようになり、同級生の女の一人を好きになった
「谷口ミカ」である
とりわけいい女ではないが、如何せん田舎である為、この十人並みの女がいい女に見えたのだろう
まぁ不細工ではないし、濃い可愛い顔でもないが、涼しげな感じがする女であった

オマツは親友の、緒諸見つる に相談したところ、告白してみろと言われ、意を決し、電話で告るのであった

まず、つるに頭をさげて電話を掛けてミカを出してもらうところから始まる
つる 「谷口さんの御宅ですか?」
母親「 はいそうです 」
つる 「大松崎ですけどミカさんいますか?」 
母親「ちょっと待ってね」
つる「 おい!ミカに替わるからお前でろよ」

オマツに受話器を渡した!
数秒待つとミカが電話に出た「はいもしもし」

オマツ 「 あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ 

ガチャ・・・・・ ツーツーツーツーツー・・・・・・・・・・・・・

オマツの恋は終わった・・・・・・・


7 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:15:58
ごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっご安ずぇんにぃ byオマツ

















8 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:18:35
 *           ,,--'''""`ヽ'   -/"~   ̄`ヽ、    +
      .      /       ヾ''"         ~`ヽ   
          /       _,,,...  ヽ;:  /""ヽ    ヽ         .
   +       /       ;'"  "\ l /;:;;:::-'''"ヽ,   i    *
      .   /       /::::::::-'''''"~        ヽ,   .|,
  .        /       |;:"               ヽ   !  .      +
          /       /                 |  |
      *   /       人      、   ´"'':;;::''''' i,  |     .
         i        ';  ,,,,;;:::::::'''ヽ   .:    ,__ヽ ヽ 
         |        |  "     .::     "ゞ'-' |  |  *  「 じっじっじっじっじっじっ自画像似てるべ……。 」
   +      |        |:    ..,,;;;;;,,,. ::::.      ... |. i    .
          |        i::     "“”... :::::  i  .:.::.:.:.| ,;|   
          |       ヽ.   .:.:.:;:;:;:;:::.:.. :::: , _〉 .:.:;:;:.:.:| ,| .   
       +   |        ノ::    ::.:.:.:.:.:.:      :.:.:.:.:.| |,      .
           |       人::::..          _,,,,,,,. 、j |  |  +
.. *         |     ;:'" `、ヽ       r'  ヾ /⌒ヽ⌒ヽ     +
           |        ヽ:: \   i.ノ  ~"''--r'ιヽj Y.  ヽ       .
           |        ::;|::.  `ヽ、_   u  /      八  ヽ
    +      ,/.   ::::::::::::;;:::人:.     `'''----.(   __//. ヽ,, ,)
         /;:;:;:;;:;;;;;;;;;;;;/   `ー、.       丶1    八.  !/
  .         ,.-'"  \       \      ζ,    八.  j


9 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:19:35

                               __
                            l ̄/.  ___
                            / /.  / ___ノ  
                        __/ /_/ / 
      クソにモドレーー!!!      Y人, ' ',人⌒ヽ、, '
                      Y⌒ヽ)⌒ヽ、 人,ヽ)人'、, '
        へ, --- 、         ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
     / ̄ ̄ ̄  、____\       (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
    / _/ ̄「~|\ __ \     / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
   | |  | | ( 、 A , \ミソ   (        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
   し'   し'  ∨ ̄∨       \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ




10 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:23:02
共同風呂











どんなおぞましい最後になるのか・・・・


11 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:24:08
           ノ从川川川川川川从
            ノノ从川川 川川川川从
           从川川川  川川川川从
           从川川〓〓  〓〓川川从
          从川/ (●)  (●)川川从        彼女
              ヽ   ・・    ノ| 
              | /⌒ ⌒\.  |            キレジ参上!!馬鹿にするとキレジを見せるぞ!!
              | /⌒_⌒\._ |  
              .ヽ\|_|_|//|  
               ヽ、___,/ |      
|          ,、'"´        /     `、   / ,'|
|         /      `ヽ、    /     l   l. |
|        /          `'      ,  |   l. !
|、       /      ,..、            /'  i   /. |
| \ ,、'´     ,ィ'ヽ_            l    i /   |
|   `'      ,、'゛ 〈;イ;;;;;ヽ、_   Y   _,、:'l    ∨   |
|     ,. '゛   <;;};;ヽ:::: : `´` ゛´`´  :ノ',    /   i|
|` 、_,.、 '´      ノ;l;:::::::`:;:;::::::::::::::::::::;:;:、'゛ ',  /    ' |
|           ノ;;j::::::::::::::;::::::::::::::::::::ィ゛     ',    / .|
          /            ノ_
          | ノ     ヽ    丿 \
       /⌒l |.          /     \
       /  l,丿 ,       っ     .  \
      |  /  ´      /⌒`l        \
     丿 /   ,     ./   ヽ   ヽ    |
    /  |,   |    /      )\      ヽ
   ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
   (_)__)|___,/          (__)_)_)ヽ、__/



12 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 22:50:53
なにこのスレ?

13 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 23:03:16
オマツって誰?

14 :日本昔名無し:2008/08/23(土) 23:08:01
大松崎忠吉

15 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 00:55:05
手下にパルキーと凸ッパチがいる

16 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 09:41:50
オマツと愉快な仲間たち

「手下」

パルキー{谷崎秋樹}、 市朗{山辺谷市朗}、 温男{飛田温男}


「親友又は兄弟分」

ツル{緒諸見弦}、 {湯落正章}

「兄貴分」
マー{永嶺正和} 


こんな感じか?

17 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 09:56:44
湯落は、今頃どうしてるんだろうか?

自分が信じて疑わなかった中国の虚構に気付いて、過去の自分を消しに掛かってるのか?

ここで予言しよう! 中国拳法や、中華の針治療の神秘的な力について、それが単なる幻想だったことについて
湯落は、過去の言動を撤回するのではなく、実際はまがいものと知っていて、単なる実験だったとかそういう感じで
正当化するに違いない。
あれは自分の無知による、若気の至りなどという自戒の念は一切無いと予言しておく

そしてあの湯落という男は、また懲りずに別の神秘的な力について、マニアックに傾倒しているだろう
いわゆる教科書的な知能はあるのだが、現実の社会においては、馬鹿は死ななきゃなおらないを地でいっている男である
オウム教徒に、高学歴の優秀な信者がいるのと似ているのではないか?

18 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 10:19:40
湯落の話に対等に渡り合ったのはあんただけなのでは・・

マ・ニ・ア

19 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 12:27:50
LPガスという特殊なあだ名の付いた女がいたが、なんでそんなあだ名が付いたんだろう?

20 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 13:06:29
知識があるのと、それを盲信するのは別…
湯落はリアリズムの欠落したアホ

その両方が無いのがオマツ
両方あっても危険度の高い所、又はなんの安全策も無いことを平気でやるのがツル

まぁそれぞれ欠落したアホたちだな…

21 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 17:29:00
>>19

ただ単に 「菅○」 という苗字だったから、すがを逆さに読んで「ガス」なんだが

ガスというネーミングが実に似合う、醜女だったのだ!

どこでどうしたらこのような物体が人から生まれるのかという不細工ぶりを発揮している女だった
顔だけならしょうがないが、性格がまた不細工であり、品性下劣という言葉はこの女にこそあると
誰もがいうだろう・・・

理科の担当であった、小○保 先生は、なぜか 「杉山」 と呼んでいたが・・・・ 

22 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 17:53:38
石松・・・ そう、石松という名で、みなさんは何を思い浮かべるだろうか?

ガッツ石松、森の石松等、ちょっと頭は弱いが喧嘩は強い男気のある男
こんなイメージではないだろうか?

矛田町にも、石松と呼ばれる男が存在した!!
次は、この男と対峙した、無謀な中学一年生達の恐ろしい体験をお話しましょう・・・・

23 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 17:57:22


(^_^)v




24 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 18:20:27
誰が言い出したのか、一年五組と、六組のお馬鹿集団の中で
石松という、変人が矛田にいるんだという話になっていた・・・

この石松とは、数々の武勇伝と、伝説を持つ男であった!!

そのいくつかを語っておかねばなるまい

1・ 自転車で10tダンプトラックと競争して勝った!
2・ 腹巻の中にいつも出刃包丁を持っていて、凶器として使用する
3・ 一心太助のような魚売りで、自転車で売りに来る
4・ 昭和50年代にもなっているのにバラックに住んでおり
   風呂はドラム缶である
5・ 裏山から出てくるマムシを一升瓶に入れ、マムシ酒を飲んでいる
6・ 子供だろうが大人だろうが、かまわず喧嘩をし叩きのめす
7・ 若い頃、現在の広域暴力団の下部組織の組員だった
8・ 片目であり、これが石松と呼ばれる由縁である

言い出したらキリが無いのでこの辺にしておこう


25 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 20:44:48
中学二年生にとって、こんなミステリアスな男はいないだろう!
どれだけのモンスターなのか、実際に見てみたくなるのは必然だった・・・
このお馬鹿グループには、数人がいた
オマツ、ツル、秋樹、一豊、芥辺、畑口 この辺りだろうか
芥辺と畑口だけは6組の生徒だった、あとは5組
いつも、5組の生徒が校内放送で呼び出されてると、ついでに6組の
芥辺か畑口が呼び出されるといった、不良集団であった

26 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 20:48:28
ある日、この仲間で下校途中に、喫茶店に寄り道したことがあった
県立の矛一高の前にある喫茶店、「ピット」だった
この店には、当時大流行だった、インベーダーゲームがあり
一豊の得意技であった、名古屋撃ちもこなす一豊に高校生も
大興奮! そこは、ゲーマー一豊の独り舞台になっていた!








27 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 20:54:37
ゲームも一段落し、熱狂も収まると、高校生がなにやら笑いながら話していることがあった
「 野球のグラウンド下にいる石松って、ボールが落ちても拾わせてくれないんだって?」
「 おー!こないだなんてよ、あの裏山を登ってきて、そのボールをライトの野手にぶつけたんだってよ!」
「 すっげーオヤジだなー!!、でっ野球部は何もしないのか?」
「 まぁな、あんなゲスなジジィとまともにやりあったら、こっちも同じレベルになっちまうだろうよ!」

この当時の高校生は、今と違って大人だったのだ! 高校生となったらどうすべきかといった品格を考えて
行動していたし、不良という者達にも、それなりに備わったイケてる雰囲気があったのだ!

まぁ格好つけてるだけだったのかもしれないし、冒険心が無い野郎達がこの場に居合わせただけなのかもしれない・・・

28 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 21:00:02
この喫茶店を出ると、既に薄暗くなってきていた
帰り道を、みんなで石松のことについて話しながら帰った
「 石松ってよぉ、本当に出刃包丁持ってんのかな?」
「 持ってるって話だよなぁ!でも俺たちの自転車のスピードにかなうか?」
「 あっ俺は勝つ自身あるよ!」
「 俺だって、じじぃに負けるかよ!!」
「 じゃあよ、明日石松の家に行ってみるべよ!、そして本当に追いかけてくるのか」
「 そして、出刃包丁を腹に差してるのか、実際に確認してみるべ!」
芥辺が言うと、みんなが 「んじゃあ、やってみっぺよ!」
決まりだった! 明日は、学校の近くまで、それぞれが自転車を乗ってきて
学校帰りに、石松の家に行って、挑発してみようということに決まったのだった・・・・・



29 :日本昔名無し ◆pDu38o6Yi. :2008/08/24(日) 21:15:53


30 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 22:08:01

中学1年の出来事ですね。



31 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 23:04:42
そうです

32 :日本昔名無し:2008/08/24(日) 23:44:58
間違いないかな?

33 :日本昔名無し:2008/08/25(月) 08:01:34
あげ

34 :日本昔名無し ◆aXghJ1jXV6 :2008/08/25(月) 08:38:26


35 :日本昔名無し:2008/08/25(月) 09:06:06
トリップの練習すなよ
誰だゴラァ!

36 :日本昔名無し:2008/08/25(月) 21:32:41
今日はインスタントラーメンの日。

世界で初めてインスタントラーメン「チキンラーメン」が発売された日らしい。

まさに、オマツの日だね!!

37 :日本昔名無し ◆f9fM3nkHsc :2008/08/26(火) 19:16:12
 

38 :日本昔名無し:2008/08/26(火) 20:42:52
だからトリの練習すなよ( ̄^ ̄)

39 :日本昔名無し ◆f9fM3nkHsc :2008/08/26(火) 20:46:29
 

40 :日本昔名無し:2008/08/27(水) 13:38:14
↑おいっ!(-_-;)やんなよ

41 :日本昔名無し ◆zrLzMrixws :2008/08/27(水) 22:07:43
 

42 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 07:41:26
石松・・・・ こういった町の奇人変人の類を捜索に行く探検は大好きなグループ

オマツ一派・・・ 今回は謎の変人、「石松」を探せ・・・がタイトルの行動であった!

この手の話で、計画を練るのは大体が芥辺であり、特に協議するほどのことはいつもなかった・・・
今回も芥辺が言うには、自転車、それも変速機のあるものがいい、そして逃げるルートを考えておくといった
綿密な計画が練られた
普段は、ここまでの計画はせず、ある程度適当なのだが、なにせ今回は、狂犬石松が相手だ!!
今思えば、よく中一のガキが、出刃包丁を振り回す、元ヤクザの所へ行ったものだと感心するやら
呆れるやら、ぞっとするやらである・・・

43 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 21:18:03
計画当日の朝、遠くから登校してくる、ツル、オビ、畑口、一豊、秋樹は、オマツの家に自転車を置いて
みんなで歩きで学校に行った
下校した後、オマツの家に集合し、石松の家を襲撃するからである
帰り際、畑口と秋樹が気の弱いことを言い出した・・・
「俺たちよぉ〜、ママチャリなんだよ・・・ とても石松に追われたら勝てっこないと思うんだが・・・」
畑口が言うと、秋樹もうなづいていた
それもそうだなぁとみんなが思っていた・・・
そりゃあそうである、石松の自転車は一文字ハンドルで、後ろのギアは、スポーツタイプの自転車の
一番小さなギア!! トップギアしかない、そんな自転車である、その競輪選手が乗るようなギアの
自転車を、自在に乗りこなし、車と競争して賭けた一升瓶を勝ち取るといった伝説がある男だ!!
ママチャリで勝てる訳が無い・・・
ガキ共が、計画を中止にしようかと思っていたところへ

44 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 21:20:49
芥辺の提案があった!
「全員が逃げれるのがベストだが、もしもに備えて、五段変則組みの方に石松が追ってくるように仕向けよう!」
「ママチャリ組は、石松が追ってこないルートで逃げればいい!」
「そして俺たちは、石松が俺たちのほうに来るように挑発もする!これでどうだ?!」
芥辺が言うと、畑口は「そりゃあいいな!そうしてくれるなら行くか!!」 秋樹も納得していた!

45 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 21:27:18
いっせいに、石松の家に向かう、オマツ一行!!
不安と期待、そしてなにが起きるか分からないスリルに一番興奮していたのが
緒諸見弦であった! こいつは、脳の前頭連合野という部分が異常な為、危険極まりない事を
平気でやらなくてはいられないという、脳の異常者であった・・・
それは、数十年経過した今でも変わらないという!
話はそれたが
ついに、石松の家の前まで到着した
芥辺が、すぐに逃げれるように、自転車を帰り道の方に向けておき、足もペダルをすぐにこげるように
しておこうと皆に言う
みんなも、今回ばかりは危険なアドベンチャーなので、自衛隊並みに規律が整っており
皆が言うことを聞いた!

46 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 21:31:22
数人の小隊が、同じ方向を向き、自転車で一つの方向を見ているといった絵・・・
実に滑稽であるが・・・
石松の家は、行動から30m程度奥にあった、そして道路を挟んで向こう側に我々はいた
じぃーっと家を見ていると、家の中からオッサンが出てきた
なにやら風貌が石松のようである
上着がダボシャツ、腹巻をその上にしている、ズボンは良くわからないが、ダボダボだった・・・
間違いない! 石松だ!!
皆で観察をしていた、とっその時

47 :日本昔名無し:2008/08/28(木) 21:36:34
「なんだおめぇらぁ??、何見でんだぁ?!」 怒鳴りつけてくる石松!!
知らん振りして、ひそひそと
「やっぱりあれが石松だよ!!」 「噂通りだな!」 みんなが言う
そのうち、いつもの調子でオマツの馬鹿が

「 石松来いよ!!石ま〜つぅうう!!♪」 といつもの調子で馬鹿を言ってしまった!!!
怒る石松、「 なんだこのガキゃあ!!、たたっ殺すぞ!! 」
しかし、石松も大人だ! すぐにはガキを相手にすることは無く、怒鳴るだけだった!
だが、ここに、前頭連合野が破損している男、ツルがいたことが仇になった・・・・・・

次回、決死の逃走劇、「石松に追われる中坊」 にご期待ください!

48 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 08:06:09
つるは、この当時は結構因業な男だったが、現在を見れば分かる通り、社交性はあるのであった
それは、よく言えば人に合わせられる和を持てるということ、だが悪く言えば集団真理に弱いということでもある
つまり、場の雰囲気に飲まれて合わせてしまうのだ! 新撰会の大事件の日も、場の雰囲気に飲まれ
警察と衝突している時に、「やめろやめろ」と、配下の者たちを止めてはいたが、暴動が始まった瞬間
自分も大暴れしてしまった男である・・・・
竹尾と芥辺の二人が、車のところで待っていると、返り血をあびた格好で戻ってきたつるであった
これが18歳の時である

この石松事件の時は12歳、それこそ歯止めが効かない年齢だ!! つるはオマツに合わせて
「石松来いよ!!いしまつぅうううう!!」 「はいぷぅうううーーー」等と、石松を大挑発し始めたつる!!
オマツとつるの、勢いに負けていられるかと、畑口も大声を上げる、オビも同じだ!!


49 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 08:14:24
芥辺は、もう少し様子を見たかった! なにせダンプより速い脚力と、出刃包丁・・・
一歩間違えば大惨事になると予見できるからだ!
しかし、もう時既に遅し・・・ 石松と少年たちの馬鹿にし合いのボルテージが絶好調になっていた
秋樹も、畑口に「おめぇも言えよ!!」と言われ、「 きーーーーー石松、きーーーーー」と
訳の分からない奇声を発していた・・・

芥辺は
「しょうがねぇ・・・ここまできたら俺も覚悟を決めて、もしもの時は逃げるって段取りだしなぁ」
「でも、オマツ等のような、変な悪口でもなぁ・・・ 何かダメージのある台詞は・・・・・」

あった!! 石松の家の前にある物干し竿に、敷布団が干してあった
その布団に、ダラダラと汚れたシミがあったのだ、

「こっこれだ!!」 芥辺が・・・ 「 おーい石松ぅううう! いい歳してしょんべん漏らしたのかぁああ!!!」
「しょんべん漏らし石松ぅううう!! 寝小便たれぇええええ!!」
これをきっかけに、石松来いよから、しょんべんたれに、悪口が変わって、みんなが大合唱!!

50 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 08:22:51
しょんべん漏らしの大合唱が始まった瞬間、異様な空気が50m四方に漂った!!
石松が玄関から外に飛び出してきたのだ!!
外に置いてあった、愛車の一文字ハンドル「黒王」に乗り込んだのだ!!
今思えば、あれは殺気だったのだろう・・・
全員がそれを察知、鳥肌が体中にたっていた!!
誰が発したか、「にっ逃げろぉぉぉおおおおおおおお!!」

石松の家の前から、タイガーボールの方へ全員で逃げる
庭から道路に出るのに、多少手間取った石松が、公道に出た!
このとき、ガキ共は、振り返ることなく、トップギアに入るまで全力で走った!!
一番スピードが乗ってきた時、後ろを振り返ると、石松は200m近く離れていた
全員が、「なんだあの程度か!だったら振り切れる」と思った
タイガーボール付近まで来て、もう一度振り返る
すっすると、そこにはぁあああああああ!! 先ほどの半分位の距離に石松がいた!!
なっなんだ?? ワープか?! 瞬間移動か!! 超絶スピードで追いかけてくる石松!!

51 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 08:32:11
だっ駄目だ!! 伝説通りの男だった!!

芥辺は、「計画通りだ! 二手に分かれるぞ」 「上杉医院のほうに俺とオマツ、ツル、オビで引き付けるから」
     「畑口達は、細い道で角樫屋の方に逃げてやりすごせ!」
そういうと、畑口と秋樹は、二人で並走するように、芥辺達と離れた

三光院と上杉医院の分かれ道のT字路を、上杉医院のほうに行くオマツとツル達
三光院方面に行き、そこから田山スポーツ方面に曲がり、さらに小さな路地に入り
角樫屋方面に逃げ、隠れる予定の畑口と秋樹

オマツが先頭! 芥辺とツル、オビがほぼ横並びで、上杉医院方面に差し掛かった
しかし、後ろを見ると、ツルとオビがいない??? どこに行ったんだ??
しかしそんなことはどうでもいい、T字路を曲がって、上杉医院の前に来た頃には
石松は、無言で30m近くまでオマツと芥辺の後ろに差し掛かってきていた!!!
予定通りの展開だが、石松の脚力を見くびっていたのが、盲点だった・・・・



52 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 08:39:32
芥辺は、あまりの恐怖に、「オマツ! おいオマツ!! やばいぞおいっ!!」
当時体格もよく、体力的に芥辺より優れていたオマツは、芥辺より一歩先に走りながら
その声を聞いてはいたが、あまりの恐怖に、返事はできず、無心で強烈にペダルを漕ぎ続けるのだった!!

だが、その先は、新町からきている道との十字路!! 一時停止しなければ、車にはねられてしまうかもしれない
しかし、そんなことは、なったらなったまでだ!! 石松に切り刻まれるなら車にはねられた方がいい!!
オマツも芥辺も、同じ考えだった!! オマツが振り返る、芥辺とアイコンタクト!!
どっちが発したか、 「このまま突っ切るぞ!!!」 「 いっけぇえええええ!!」
二人で 「うぉおおおおおおおお!!」 と唸り声を上げながら交差点に突っ込んでいく!!

ジェイソンのようにどこまでも追いかけてくる石松・・・ 必死で逃げるオマツと芥辺・・・
消えたツルとオビ、そして畑口と秋樹は逃げ切れたのだろうか・・・

53 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 14:40:39
オマツと芥辺が十字路のど真ん中を通り過ぎようとしていたとき、新町方面から車が来ていた!!
「キキィーーーーッ!!」 タイヤの鳴く音が鳴り響く! しかしそんなことは関係ない!!
オマツ芥辺コンビは、車にひかれそうになりながらも交差点を突っ切るのに成功!! 北浦病院の前まで一気に走った!
走りながら後ろを振り返ると、横の道から車が何台も通りだしたので、石松は立ち往生!!
交差点の向こう岸で、歯ぎしりを噛んでいた!!
「車が途絶えたら、また追ってくる、今のうちに行くか?」芥辺が言うと、オマツが
「見てみろ! 石松がUターンしていくぞ・・・」 本当だった・・・ゆっくりと石松が戻る・・・
だが油断はできない、とりあえずオマツの家に急いで帰って、部屋で夜になるのを待つ
計画通りに、二人はオマツの家に急いだ

54 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 14:51:12
オマツと芥辺が、死にそうな目にあっている時、ツルとオビは既に串挽方面に逃げていた
上杉医院の裏に、細い路地があり、オビの機転で、石松に見られないうちにそっちへそれていたのだった!

さて、畑口と秋樹であるが、既に角樫屋方面に行き着いていた・・・
オマツと芥辺が、オトリになって犠牲になっていると安心しきっていた二人は、そのまま家に帰ることにした
しかし、ギャンブル好きな畑口は、駄菓子屋の戸田で、ジャックポットゲームがしたくなり、店に入っていってしまった
そして夜までギャンブルに高じるのであった・・・
一人になった秋樹は、一応オマツの家に向かおうと、角樫屋からおおかじ屋方面にゆっくりと向かい
中須から本町へ行こうと、一人で走っていた
大堀パン屋の辺りに来ると、首筋から脳幹に向かって、「ピッィーン!!」とくる、冷やした針で刺されたような感覚に
襲われた・・・・・
「なっなんだ〜〜・・・・、なぁんなぁんどぅわ〜〜???」 と振り向くと、金丸木の十字路に石松が来ていた!!

「キーーーーーーーー!! まぁずぅういぃぶぅえーーーー(;O;) キーーーーーーー」 奇声を発しながら
中根魚屋方面に、逃げる秋樹!! 
馬鹿な事に、キーーーと言わなければ、石松も気付かなかったかも知れないのに・・・・・

55 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 14:57:27
さっきの悪口の中に、キーーーという声を上げた子供がいたことを憶えていた石松は
「 おめぇもさっぎいだよなーーーーー!! まっどれやゴラァ!!」

追いかけてくる石松!! 縮地と呼ばれる石松の高速走行、そして名車「黒王」の前に
秋樹は、おおかじ屋の前で捕獲されてしまった!!

この後、どんな目に遭ったのか・・・ 想像するだに恐ろしい・・・・・

恐るべし石松
石松恐るべし


オマツ探検隊は明日も行くだろう! 矛田のUMAを探して・・・・・

56 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 15:13:41


次回、金曜スペシャルは、「オマツ探検隊、幻の草舐め女を探せ!!」(未定)になるかもしれませんがならないかもしれません


















57 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 21:38:50
糞漏らしがリーダー?

58 :日本昔名無し:2008/08/29(金) 22:16:54

    ζ
 ζ 人
  (_) ζ
ζ (__) 。
゜( __ )____
∩(〃'∀')〜〜〜/|
 ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄υ ̄| |
ι  υ   ι| |



59 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 08:58:20
「 草ナメ女 」

日本の秘境、日本のチベット、陸の孤島とまで言われる地域がある・・・

「 矛田町 」 この未開の地に、幻の生命体が数多く生息しているという
この町に、命知らずの集団、UMA捜索隊 「オマツ忠吉探検隊」がいた!!

ある情報筋から手に入れた情報に、「草ナメ女」と呼ばれるUMAがいることをつかんだ
オマツ一行は、またまた危険な探検に出向くのであった!

今回もどんな波乱が待ち受けているのか?! それは、畑口からの情報から始まった・・・・

60 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 09:26:18

何だ、何だ?

糞してんのか??

61 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 14:51:04
畑口・・・・ 今は亡き男、畑口・・・ いいキャラクターだったのに・・・

この男の住んでいる所は頭魔「とうま」という所、そしてこの頭魔に 「草ナメ女」が生息していると
畑口が言うのだった
教室で畑口が芥辺に言うと、信じてもらえず、隣の5組の仲間、オマツ達に言いに行った
すると、オマツ達の冒険心に火が付き、早速放課後に探索に行くことになったのだった
しかし、あまりの嘘くさい話に、芥辺は今回は参加しなかったのだ・・ 

62 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 14:56:05
メンバーは、オマツ探検隊
オマツ、ツル、秋樹、畑口に加え、今回は、自分自身が現役のUMA、柏部次郎・通称「じぃさん」が参加したのだった
じぃさんは、子泣きじじぃにそっくりという実に不幸な顔立ちをしている為に、小学生の頃からじぃさんと呼ばれる
悲しい男だった・・・ 今では四十になるので、歳相応になっているという噂だが、なにせ飲み屋のネ〜ちゃんの話だ
どこまでがお世辞かわかったものではないが・・・・

話を戻そう、じぃさんの住んでいる所は、東台という所だが、畑口の頭魔とは、同じ町境で隣通しだった
当然、UMAの「草ナメ女」についても、じぃさんも知っており、畑口が言う草ナメ女の話とほぼ一致していた


63 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 15:01:30
じぃさんと、畑口を案内役として、頭魔へ乗り込むオマツ探検隊!

そこは、畑しかないような所であった、人家も少なく、あったとしてもサスケの家のような
吹けば飛ぶようなホッタテ小屋ばかりであった・・・
もっと林があれば、ブレアウィッチプロジェクトのような、入れば出られない森のような恐怖感を味わえる場所とも言えた
オマツ一行は、夕方、いや日中でも一人で歩くと寂しくて鬱になりそうな、畑道をどんどん奥深くに歩いていった・・・・


64 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 15:02:44


妖怪草舐めババア




65 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 15:08:32
色々な畑があるようだが、この場所はタバコの葉っぱが多く作られているようだった

さらに歩いていくと、数メートル先に、そのタバコの葉っぱを摘んでいる、太った百姓の女がいた
黒のスパッツかジャージの格好に、上はボロボロの、奇妙な模様のポロシャツ姿
頭はザンバラ髪、まぁ百姓の女なんてこんなものなのだろうと、オマツ一行は通り過ぎようとしていた

オマツとツルは、女に近づいていくと、仲間の気配が少なくなっていくのに気が付いた
不思議に思って、後ろを振り向くと、首を振って立ち止まっている畑口とじぃさん・・・・
ツルが 「なんだ?どうした?」 とじぃさんに聞くと
さっきの百姓の女を指差し、「 草ナメ女だー!! 」と叫んだ!!
大声を出された、草ナメ女は、オマツ達に気付き、摘んでいたタバコの葉っぱをくわえながら
持っていた鎌を振り回し、向かってきた!!!

66 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 15:12:08
にっ逃げろぉおおおおーーーー!!! オマツの怒号で、いっせいに逃げる探検隊!!
今回は、畑口の家に自転車を置いて、歩きでの探検だった為、みんな走るはめになってしまった

天才は天才を知るという言葉があるように、奇人は奇人を知るのだろうか

奇人秋樹は、いつもの奇声 「キーーーーーーー!!!」を連発しながら、一目散に逃げるのであった
全員が、健康な中学一年生である、中年太りの草ナメ女に、走りで負けるはずがなく
畑口の家に無事着いた・・・・

67 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 15:16:56
石松と同じように、刃物を携帯している為、女とはいえあまりにも危険すぎる
しかも、今回は、uma捕獲&格闘担当の芥辺と湯落が不参加だった為
ここで探索は終了となってしまった・・・
現在のように小型のデジカメでもあれば、記録が残せただろうに、実に惜しい事をした・・・・

しかし、いた! 伝説のUMA 「草ナメ女」は実在したのだった!!

今回もオマツ探検隊は収穫があった! イケイケオマツ!! UMAがこの世に存在する限り
オマツ探検隊は今日も行く!! 







68 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 19:19:24
柏木と草舐めばばぁは親戚という・・・



(^_^;)

69 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 21:42:03
>>68

妖怪としては、同じ種族と言えるのだろうか?
水木シゲル先生に聞いてみたいな! (-_-)

つーか、柏部なんだが・・・・ 小説の中では・・・・
じぃさんも強く生きてるよなぁ・・・ あの顔でさ
南中の、不細工部門では、五本の指に入るだろう?!
答えてもらおうかこの質問には!














70 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 22:34:04

妖怪部門でキレジと張ってますな!!!

今思うと辛かったろうな。(-_-;)

71 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 22:44:03
男女の不細工ベスト3は誰だ?
女はダントツでキレジがナンバーワンだが…

72 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 23:09:53
女 1:キレジ
 2:ガス
   3:ガマ
こんなところだろうか? ベスト5にしたら甲乙つけがたいのもいるが・・・・


男 1:じぃさん
   2:輝彦
 3:塩洋品変質者
こんなところだろか? 答えてもらおうか?









73 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 23:45:57
女のトップ2は誰もが認めるトコだな。ガマが思い出せないが・・

男はやっぱこなきジジィだろうな。次が洋品屋の眼鏡か。あいつ金に物を言わせてスッチーと結婚したんだよな。

74 :日本昔名無し:2008/08/31(日) 23:49:34
離婚してないとこをみるとスッチーも変態を開発されちまったのか?

75 :日本昔名無し:2008/09/01(月) 00:02:42
まぁスッチーみたいな人種ほど、ブランドとかそういった生活が大事なんだろうな。 俺には考えられないが・・

76 :日本昔名無し:2008/09/01(月) 17:34:41
>ごっごっごっごっごっごっごっごっごっごっご安ずぇんにぃ

これが今頃になってものすごいツボにはまってきた
会社だってのに笑いを噛みこらえられない・・



77 :日本昔名無し:2008/09/01(月) 23:03:09
建設業界では、伝説のドモリとして君臨してんだろうなぁ・・・・

オマツ恐るべし
恐るべしオマツ

オマツ工業が帰った後は大爆笑の渦なんだろうな、現場wwwww
わーはっはっは(^_-)-☆











78 :日本昔名無し:2008/09/02(火) 08:36:56
所長: 「いやーーーー、今日もオマツの兄ちゃんは、朝から笑らかしてくれんなー (^_^)」
主任: 「所長も人が悪いよなー・・・ (^_-)、あれの兄貴もいんのにわざわざドモリの弟にやらせんだもんなー!」

下職: 「でもよぉ、やっぱあのドモリがないと、現場が始まらんよぉ!! がっはっはっはwwww(^0_0^)!!!」

全員: 「 わははははははははーーーーーーーwwwwwwww(*^_^*)!!!!!」



板金屋: 「ゴッゴッゴッゴッゴッゴッゴッゴッゴッゴっご安ずぅえんにーーー!!! わーはっはっはっはっはーーーwwwwwww」













79 :日本昔名無し:2008/09/02(火) 12:51:23
なにこのスレ?

80 :日本昔名無し:2008/09/02(火) 15:04:42
>>78
直行して今帰社した俺を笑い殺す気か!!
出回り先で吹き出しそうになって困ったよ・・ヒッヒッ(;∀;)



81 :日本昔名無し:2008/09/02(火) 21:05:13
何やってんだッ??

82 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 07:57:08
ラーメンライス

83 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 08:10:46
朝からラーメン?

84 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 09:02:04
すごい胃だね

85 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 13:24:50
それにしても"大松崎"って三つの苗字を一つにしたよーな苗字だよな。
大松でも松崎でも大崎でもいーし。
で、あだ名が「オマツ」と・・。


86 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:18:54

そ言われると小松に小松崎もあるゾ!!





87 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:20:38
テスト


88 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:31:00
>>86

あんたねぇ・・・・ その字を出すのはまずぃんだよねぇ・・・・

ふ・せ・字・・・ 伏字ってのを知らんのくぁあ!!(-_-;)



89 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:37:01
そう・・・・あれは、中一の秋・・・ 口裂け女とかが流行った後・・・ 地元の心霊スポットに探検に行くのが
流行りだしたのだった・・・

心霊系の話は、地元でもハズレのほう・・・町境に近い集落の者が得意であった
そりゃあそうである、都市伝説とか、今でこそ街場での心霊話が横行しているが、昔は街灯もない町外れにこそ
妖怪・魑魅魍魎の類が闊歩していたのである・・・・

今回は、ネタ話ではなく、いや今までもネタではなく、実話に基づいた話だったのだが、今回も完全ドキュメントにて
話を進行していくことを、前もって宣言しておこう・・・・

あれは、今は亡き、畑口が言い出した事だった・・・ これでさえ、この話は・・・・な話なのだ・・・


90 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:46:18
秋樹の家と、柏部の家の中間位に、軽トラがやっと通れるような獣道があった
これは町道からそれていく、私道なのだが、その先には、廃工場しかなかった
そこは、詳しいことは分からないが、経営者が破綻した工場で自殺したとか
借金取りに拷問にあって、絞首刑にあった場所とか、とにかくいわく付きの場所であった・・・・
大人もそこには近寄りたくなかったのか、以前は回りにあった畑も休耕となり、廃工場の周りは
ボーボーの雑草の林に埋もれた雑地に成り果てていた・・・・
今回は、こんな誰も近寄らない、心霊廃墟に敢然と立ち向かい、そこに侵入、実際にそこが
心霊スポットと呼べるのかを検証してきた勇気ある探検隊の物語である・・・・

毎度のことであるが、UMA捜索隊・「オマツ探検隊」のメンバーの出番であった!!


つーか、こんなアフォなことを放課後に夢中になってやってんのはこいつらしかいねーっつーの (-_-)

91 :日本昔名無し:2008/09/03(水) 21:51:54


えっ、何々??
良くわからんけど、そういう事?




92 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 09:42:08
畑口って亡くなってんのか・・・
ご冥福をお祈りいたします

93 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 12:55:00
ガマットのオリジナル版に畑口はでてくるな〜

死んだシーンもあるし

94 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 13:39:54
ホントだ!すごい事故

95 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 14:57:43
廃工場の自殺場所・・・・ こんな心霊スポットの探検はあまり好きではなかった、メンバーの芥辺は
今回の探検には乗り気ではなかった・・・
こういった心霊関連の話に食いついてくるのは、湯落と畑口だ
あとのメンバーは興味はあるが、怖いもの見たさ程度であって、ノリノリにはあまりならなかった
中でも、人に対してはどうみたって「ドS」としか言いようの無い凶暴な男、「緒諸見弦」通称ツルは
この手の心霊話にはものすごく臆病であった・・・・しかし、探検隊のメンバーでもあるし、しかたなく
参加したのである
このツルのエピソードにこんなのがある・・・ 成人近くになっていた頃、芥辺と、鉱山跡地にあった
廃病院という心霊スポットに、海でナンパした女二人とデートした時である、一通り病院の中を探索し
怖いと騒ぐ女と肝試しをした後、怖かったねぇ〜と帰ろうとした時、いざ車のエンジンをかけようとしたら
うんともすんとも言わない・・・セルが全く回らないのだ!! 普通、バッテリーが弱くなったとかなら
セルがちょっとは動いて、キュ・・・キュ・・・キューーーーと小さな音はするはずだが、全く動かない・・・
芥辺は、こういうシチュエーションではどうなるか先読みしたところ・・・ 大体がホラー映画では
ジェイソンとか、レザーフェイスとかの、猟奇的な殺人鬼が襲ってくるはずであった・・・


96 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 15:03:20
芥辺 「 ツルよぉ〜・・・こういうシーンってよ、ホラー映画では、なんか出てくるよなぁ・・・」

ツル 「 そういうこと言うなよ!」

芥辺 「ねぇ女Aさん、ホラー映画とかではさ、ジェイソンとか出てくるよね!! つーかなんで、この車動かんの?」

女A 「やめてよ怖いこと言うの! マジ怖いんだから」

芥辺 「だってよぉ〜、だったらこの車、なんで動かんの? ツルよぉ、後ろからなんか出てきたら怖いよな!」

ツル 「 馬鹿言ってんじゃねぇーよ!!!!(ー_ー)!! もうそれ以上言うな!!!」

怒られてしまった芥辺・・・・ 「そんなに怖かったのか・・・ツルは・・・・俺だって怖いけどよ、いくらなんでもジェイソンは出ないよなぁ・・」
「 怖さを紛らわす、軽いギャグだったのに・・・そんなに怒鳴らなくても・・・」

芥辺は、女A、Bの前で、ツルに怒られてしまって凹んでしまった・・・・

97 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 15:11:30
↑ のように、結構臆病なツルなのだった!

中一の時は、どれほど怖かったのだろうか? 、いやこの時はまだ心霊体験が怖いとは思っていなかったかもしれない・・・
この時の、壮絶なあの光景を見てしまうまでは・・・・・

今回はシキリ魔の湯落が参加していた為、全ては湯落の計画通りに動く事になった・・・つーか動くしかなかったw
まず、今回は学校帰りに、自転車通学じゃない者の家に寄り、自転車に乗らせ、全員が自転車で行こうということにした
そして、まず目的の廃工場の手前に位置する、秋樹の家にいったん集合し、工場の場所と、もしもの為の逃げるルートの
確認を全員で周知するmeetingが行われた、そして湯落お決まりの「 よし時間を合わせろ! 」と戦争映画の決めせりふを
言うが、時計なんて誰も持ってはいなかった・・・・ コンバットごっこでもしたかったのか、本当は???









98 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 15:14:14
補足


芥辺の車は、通りがかった人に頼んで、その車でバッテリーをリード線で繋ぎ、エンジンをかけたら
一発で始動!!! まさに心霊体験だった・・・・ いまだに、あの時の車の異常の原因がわからないのである・・・・




99 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 15:39:48
最近来た者なんだけど

緒諸見←この苗字、何て読むの?
おしょみ?おもろみ?

100 :1:2008/09/04(木) 16:50:03
おもろみ

101 :99:2008/09/04(木) 17:46:28
>>1さん直々にレス頂けて感激でつ(*^。^)
ありがとうございますゞ



102 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 20:52:16
秋樹の家から廃工場へ向かうオマツ一行は、期待と恐怖に胸を躍らせていた・・・・・
13歳位の子供の好奇心はすごいものがあると、中年になってから気付かされるこの探検!
既に死んでいる者・・・・ 既に廃人と化している者・・・既に乞食と化している者
既に中国に飛んでいるもの・・・・・元から奇人だった者・・・・・ 多角経営で財を成している者
最初から悪魔だった者・・・・
それぞれが数十年後の今、この時での出来事が未来を決める一つのタイムパラドックスになっていた事に
気付いていない恐ろしい出来事だったのだ・・・・









103 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 20:56:04
ほ〜ほ〜

104 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 20:58:38
湯落は、仕切り屋で完ぺき主義者だった!
芥辺にしたら、ただの廃工場の見学だったのに、時計を合わせろだの、撤退経路の確認だの
馬鹿馬鹿しい計画にうんざりだったj・・・
廃工場に向かうに当たっても、隊列の布陣まで決めに掛かっていた!
湯落は自分はいつだって安全な場所、先陣でもなければ、しんがりでもない、ど真ん中・・・
先頭は、いつだって特攻隊の畑口と、どうでもいい秋樹、湯落の右脇には芥辺、左脇にはツル
右利きと左利きがそれぞれガードする役だったのだろうか?
しんがりには、オマツと湯田のサッカー部コンビが湯落を囲む、これがどういう意味を成すのかは知らんが
湯落が一番安全な場所にいるのは確かだったが、これに気付いたのは芥辺だけだった・・・
いや、みんな気付いていたのかも知れんが、言えなかっただけなのかもしれん

105 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:03:07
湯落ずるがしこいんだね

106 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:04:05
秋樹の家からほどなく走った所に、町道から左にそれて、廃工場に向かう獣道があった
昔は車が普通に通れる広い道だったが、心霊スポットになってからは、荒れ放題で
人が二人程度、やっと歩けるような道であった・・・・
湯落は、隊列を乱そうものなら、鬼軍曹のように、「列を乱すな!」と怒鳴るのであった
いや、別に湯落は番長でもなんでもなかったのだが、こいつがひとたび自分の世界に入ると
どうにもならないので、誰もが逆らわずに言うことを聞いていただけだった・・・










107 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:04:58
オマツはまだ静かだな

108 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:10:14
この鉄壁の隊列のまま、例の廃工場へ到着したオマツ御一行・・・

そこは、鉄骨にスレートが貼り付けてある、安っぽい工場の跡地があった
工場には、部屋を仕切る壁もほとんど破壊されていて、がらんどうだった・・・
しかし、何かを作っていたような跡が多々見られるし、苛性ソーダ等の入った袋が点在していた
「苛性ソーダ・。・・・ウーム・・・・」 湯落が意味有りげが言葉を吐くが、ただのポーズだったのだろう・・・

みんながみんな、適当に廃工場を徘徊していると、畑口が

「 おいっ!!見ろ!! 首吊りのロープがあるぞ!!」 と大声でみんなに知らせた!

みんな走って畑口の元へ向かう! 確かに鉄骨にロープがくくりつけてあって、ちょうど大人の首の辺りの
高さにぶら下がっていた・・・・


109 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:14:03
湯落は、「こっこれだ!! これが自殺したロープなんだ!! なんと言うことだ・・・本当だったんだ・・・」

確かにロープはあった・・・しかし決め付けるには早すぎるだろうよ! 木曜スペシャルのナレーターかこの男は
芥辺は冷めた目で湯落を見ていた・・・・
しかし、他の誰もが、集団心理なのだろうか、面白ければなんでもいいのだろうか、そうだそうだとはやしたてるのだった!
湯落が心霊系の自論を展開し、どうしたら成仏できるのかだの、どうだのこうだの言っているその時
芥辺が信じられない行動にでたのだったーーーー!!!!(;O;)

110 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:20:46
首吊りロープの真下で、湯落が講釈をたれている時、その部屋の端っこで
なんと芥辺は小便をしだしたのだ!!!

「じょぼじょぼじょーーーーーーー・・・・・」 

あ然とする、オマツ一行!! 湯落は 「 なっ何してんだ芥辺!! ここは首吊りで人が死んだ場所だど!!」
「 呪われてしまうがら、すぐにやめろーーーーー!!」 叫ぶ湯落

しかし、芥辺の反対側で、また 「じょろじょろじょろじょろーーーーー・・・・」 と嫌な音がする
まっまさか、そんなことは?! 誰もがそう思いながら、後ろを振り向くと、そこには
芥辺に負けじと小便をする畑口の姿が!! 激昂する湯落!!

「 なにやっでんだおめーらわーーーー!!!、 大変なごどになるどーーー!!(-_-メ)」

芥辺も畑口も小便を出し切っていた・・・・

111 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:29:14
もうこうなると、湯落のシリアスな探検も台無しであった・・・
ある意味、ただのサイクリングでしか無くなっていたのだ
「ふっ・・・ 現実はこんなもんか・・・」 湯落も、自分の世界から客観的な世界に戻ってきていた

もうこうなったら子供である、川口ひろし探検隊のような、芝居がかったお遊びは終わっていた
この廃工場の獣道を抜けると、そこには蒼山羊小学校があるはずだった
そこまで行って、みんなでなにかして遊んで帰ろうということになり、いつものガキの集団に戻っていた
隊列もそこには無く、適当に馬鹿話をしながら自転車で走るオマツ御一行・・・・
蒼山羊小学校に到着すると、みんな自転車から降り、さっきの廃工場で、色々触りまくって汚くなった手を
グラウンドにある水道で洗い出した
芥辺が、オマツが、ツルが、湯落が、畑口が、最後に湯田が・・・・・・

そして水で手を洗っている湯田に驚愕の事態ぐぁあああああああ!!!!

112 ::2008/09/04(木) 21:32:47
訂正・・・・・

芥辺と一緒にしょんべんをしてしまったのは、湯田でした・・・・・ ごめんなさい・・・・

只今、ツルのモデルから苦情が出ましたので、訂正いたします!m(__)m




113 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:40:59
グラウンドにある水道で手を洗っていると、腕をゴシゴシゴシゴシ擦りながら
「なっなんだ!! なんだこれっ!! なんんだんどぅわーーー!!!」と叫びだす湯田!!

一同が、「どうしたんだ?ゆったちゃん?!」 と聞くと
湯田は 「手っ手から血が!! 血が噴出してくる!!! 」
      「そして真っ赤な血がいくら洗っても落ちネェんだよぉ!!!うぉおおおおおおお!!!」
と今にも泣きそうな顔で絶叫しているのだったぁあああああ!!

心霊スポットに行った帰りに、いきなりの心霊現象が襲ってきた!! この後、この13歳の少年たちに
いったいなにが起ころうとしているのくぅあーーー?????!!!!!!

次回、阿弥陀様の他力・・・・ ご期待ください

114 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 21:53:38
オマツのうんちたれは出てこないのかな〜

115 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 22:26:49
今回は脇役やろ

116 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 22:32:38
今回の主役は湯落?

117 :日本昔名無し:2008/09/04(木) 22:35:08
いや湯田だろ!

118 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 06:32:43
何気に芥辺かな?

119 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 07:06:29
いやツルやろ!

120 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 07:25:07
何言うてまんねん秋樹に決まってますやろ!

121 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 07:51:48
畑口にしてやれよ

122 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 07:55:13
タイトルは オマツ ですやろ!

123 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 08:08:00
湯田が取り乱し、グラウンドにある水道の蛇口の横で、手から流れ出る血にパニックになっていた
しかし、その血が見えるのは湯田だけであり、誰も湯田の手から血が出ているようには見えなかった

「うぉーーーーー!! 血が!血がとまんネェーーよーーー!!! 」叫び続ける湯田!

それを見て、滑稽に思った芥辺が 「 わはははははははーーーーw(~o~)」と大笑いし始めた!!
その大爆笑に釣られて、畑口も 「うはははははははーーーw(^0_0^)!!」と大爆笑!!
ますます、湯田の一人芝居のような構図になり、余計に滑稽に見えてきた・・・・
しかし、後に悪魔のような男と呼ばれる芥辺や、死をも恐れぬ大不良に成り上がった畑口とは違い
他の者達は、この心霊現象を笑うことはできなかった・・・・

124 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 08:15:57
大笑いする畑口の背中を叩き、「 笑ってんじゃーねーよ!! やばいごどになっでんだがらよ!!」と
大声をあげて、笑いをやめさせる湯落、「芥辺ちゃんもいい加減にしろよなっ!!」 芥辺も怒られてしまった・・・・

笑いがやんだ頃、湯田の心霊現象も落ち着いてきたのか、動きが小さくなってきた
湯落が「ゆったちゃん、まだ出でんのが? 血が?・・・」 聞くと、湯田は「あぁ〜〜だんだん出なぐなっでぎだ」と
心霊現象が終わろうとしていると答えた・・・ とっその瞬間!!
今度は、今まで大爆笑していた畑口が 「俺も手から血が出でぎだ〜〜!!!うひぃーーーー(*_*)!!」と
湯田以上に、パニックになっていた!! 「寒い、寒気がするっ!! 血も止まんねぇーー!! 」一同絶句しながら
その様子を見ていると、またまた湯田が! 「 俺の手にもまた血がででぎだーーー!!」
湯田と畑口は 叫びながら 「うぉーーーーー!! 血がぁ! 血がおりネェーーーーー!!」
※ 畑口の家の辺りは、方言で 「落ちる」を「おりる」と言うのだった

125 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 08:23:54
ププッ (^^) 芥辺は、「この馬鹿共、どこまで芝居ぶってんだよ・・・・ いい加減にお寒い芝居でもう笑えネェのに・・・」
「ギャグは止め時が肝心なのになぁ〜・・・でもまた湯落に怒られるから黙ってよぉ〜っと。。。。。」 と心の中で呟いていた・・・

しかし、その他のメンバーは顔面蒼白!! リーダーのオマツが、湯田に近寄り

「ゆっゆっゆっゆっゆっゆっゆっゆっゆっ」 ドモリが止まらなくなっていた、しかし何かの衝撃でドモリを止める術を知っていたオマツは
湯田の背中を叩くと同時に、ドモリが解除され 「ゆっゆったちゃんよ!! だっだっだっ (ぽんっ) 大丈夫が?!」
オマツの背中を叩く行為に、我に返った湯田・・・・
「あっあれ? なんだ?俺、こごでなにしでんだ?!」 湯田は今までの記憶が無くなっていたという・・・・
オマツが、「たったったったったっ叩げ!!、背中を叩ぐんだ!! そっそっそっそっそうすればおさまるべ!!」
湯落が畑口の背中を、平手で二度叩いた、 パーんパン!! すると畑口も湯田と同じく正気に戻った!
しかし、畑口の寒気が取れず、ブルブル震えていた・・・・・

126 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 08:30:51
「 いやぁ〜、今の芝居、上手だったなぁ〜、マジびっくりしだよぉ〜!!」芥辺が言うと
メンバー一同が、ギロッと芥辺を睨み、「 そんな訳ねぇべよ!! マジでとりつかれたんだよ!悪霊にぃ!!」

お前ら信じてるのか悪霊なんて?? 今のが本物の心霊現象だと?! どうしても信じられん・・・・・
芥辺は、多勢に無勢で、しょうがなく信じるふりをして、後は仕切っている湯落に全てを任せ、今回の探検では
ただ付いて歩くだけにした・・・・

「もう帰っぺよ!!」 ツルが言うと 「だな!この辺から早く帰っぺ!」 湯落が言った
しかし、畑口の震えが止まらない・・・・ ブルブルブルブル・・・・・・

ツルが、「このちょっと先にお寺があったよなぁ、あそこでなんとかしてもらうが?」そう言うと
湯落が食いついてきた 「んだな!それがいいべ、御祓いしてもらっで悪霊退散といぐべや」

一向は、お寺に向かった・・・・

127 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 09:52:56
>>113
横レスすみません。
それまでの流血惨事の描写が激しいところに持ってきて、
最後の"阿弥陀様の他力"というくだりで、
なんだか脳内で巣鴨を行き交うおバァちゃんたちの映像が浮かび
思い切り吹き出しました。
笑うところじゃないですよね。ごめんなさいw

128 ::2008/09/05(金) 10:36:15
実話に基づいたギャグストーリーなので、思いっきり笑って下さい (^_-)-☆

このメンバーたちのモデルも、笑い転げてくれてますのでw
昔を思い出しながら・・・

129 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 10:44:30
お寺に向かう、オマツ探検隊のご一行様・・・・ 精神的にみんなまいっていたが
芥辺だけがシニカルな雰囲気をかもし出していた・・

お寺への細いくねった道をだらだらと自転車で向かうオマツ達、とっその時
聞きなれた甲高い声の奇声が発せられた!!

「キーーーー・・・キーーーーー・・・きもぢが悪いべーーーーキーーーーー!!」
「ギーーー・・・キーーーギ・・・・・・・・・・・・キーーーーーー!!」

「 うるせぇよ!! このダボがッ!!」 芥辺のローリングソバットが秋樹を襲った!!

ドバッ!! 秋樹のミゾオチにめり込む芥辺の踵・・・ 秋樹の奇声が止み
自転車ごと倒れこんだ秋樹・・・・・

この非常事態に、いつもの奇声を発して仲間をイライラさせるとは悪質極まりない!
誰もがそう思い、芥辺の凶行を咎める者はいなかった・・・・

しかし、今思うと秋樹も悪霊に取り付かれていたのかもしれない・・・芥辺のソバットで悪霊退散したようだが・・・・

130 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 13:30:38
早く書いて 上げ

131 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 14:23:47
奇人秋樹でつね

132 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 18:10:03
死霊のはらわたのような顔になっている秋樹の事は誰もが知らんぷり・・・・
ノックアウト状態の秋樹を置き去りに、お寺に向かった
お寺に行くと、住職は出かけていて留守であった
寺の脇の玄関に行くと、住職のお母さんが出てきて、何事ですか?と優しく聞いてきた
湯落が、いつものごとく、マシンガントークで、これまでのいきさつをまくしたてるように
お婆さんに喋りだした
最後のころは、悪霊が悪霊が・・・と言葉にならない程興奮し、霊にとりつかれた二人を
どうすればいいのかおばあさんに聞いていた!

この寺は、浄土真宗で、親鸞聖人が開祖の寺であり、迷信や霊媒等とは無縁の由緒正しいところなのだ
当然、悪霊退治なんてやるはずもなく、気違いじみた湯落のしゃべり方や、オマツのような歯の抜けたドモリの
ご一行様をまともに受け付けるはずはなかったのだ・・・・






133 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 21:30:53
このメンバーをまともに相手にするほうがおかしいんじゃ・・・

134 :日本昔名無し:2008/09/05(金) 23:32:12
という事は、このメンバーは、皆奇人変人だと…

(-_-;)

135 :日本昔名無し:2008/09/06(土) 07:12:47
とくろう
十九朗

136 :日本昔名無し:2008/09/06(土) 10:25:27
他力が受けられない予感(◎д◎)、ゴクリ・・・

137 :日本昔名無し:2008/09/06(土) 22:38:43
変態オマツ


138 :日本昔名無し:2008/09/07(日) 20:13:05
どもりオマツ

139 :日本昔名無し:2008/09/07(日) 20:15:51
>>138
お願いします。このスレ建ててください!お願いします。
建ててくださったら、僕もこのスレもり立てていきます。大好きです。お願いします!
【板名】学歴板
【板URL】http://tmp7.2ch.net/joke/
【タイトル】■明治1人当たり研究費0円w科学研究費
【本文】
早慶理科MARCH学習院の科学研究費採択額
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/04/08042104/003.pdf

慶應義塾23億4232万8千円
早稲田大19億1252万8千円
立命館大 6億7741万8千円
東京理科 5億3189万2千円
同志社大 4億4346万1千円
中央大学 3億3468万4千円
法政大学 3億3141万円
関西大学 2億9138万5千円
立教大学 2億6447万9千円
青山学院 2億4968万円
関西学院 2億3507万円
上智大学 2億2728万9千円
学習院大 2億1276万1千円
---------------------------------------
明治大学 2億円(理工学部)
明治大学 5434万5千円(農学部)

なんだコレ?w 両方足してもたった2億5千万wwwww
学生数はこの中で3番目に多いのにこの研究費www
研究力マーチ関関同立学習院で最下位死亡www
学生・教授1人当たり研究費は常盤大以下の劣悪環境大学www

140 :日本昔名無し:2008/09/07(日) 21:41:32
銭湯オマツ

141 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 07:14:13
おはよう、ツルちゃん

142 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 08:00:08
しかし、このお寺には、「幽霊伝説」があり、その幽霊の肖像画の掛軸まであるのであった
子供を残して、流行り病で死んでしまった母親が、子供の行く末を案じて、成仏出来ずに
毎夜、村に現れたのを、親鸞聖人がお念仏を唱えて、安らかに成仏させたというもの・・・
こんかいの悪霊による憑依事件についても、寺のおばあさんは、半信半疑の顔をしていたが
浄土真宗の、南無阿弥陀仏を唱えれば、阿弥陀如来が必ず救ってくれるという教えを簡単に
アフォがき共に教え、お堂の前で「南無阿弥陀仏」と唱えさせた!
既に血が噴出す幻覚は消えていたが、畑口の震えもだんだんおさまってきて
念仏の効果か、芝居に飽きたのかは定かではないが、一連の騒ぎはやっと収まった

とっ・・・みんながみんな、周りを見渡すとオマツの姿が無い・・・今の今までいたオマツが・・・
まるで神隠しのように忽然と消えてしまったのである!

寺の周りを探す探検隊メンバーだが、どこにもいない

先に帰ったのだろうか? 不審に思いながらも寺に近い者はそのまま家に帰り
寺から遠い者は一度、街場にあるオマツの家に寄ってから帰ろうということになり、急ぎオマツの家に向かった
オマツは家におり、なんで先に帰ったんだと聞いたところ
「なっなっなっなっなっ何の話だ?!」 「つっつっつーか、おっおっおっ俺に黙ってなんで、たったったっ探検してんだよ!」

一同「はぁ??」 「お前頭狂ったのが?」「さっぎまで一緒にいただろうが!」 

なっなんですと??? もしかして、さっきまで一緒にいたのは・・・・・・・・ うわわわわわわ〜〜〜

これ以降、UMA捜索だけにし、オカルト探検は封印されたのだった・・・・・

そして、緒諸見弦は、ホラー、オカルト系の話がものすごく苦手な男になってしまったとさ




143 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 08:06:37
                          ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
                         ,i':r"    + `ミ;;,
       __,、           ≡     彡オマツ    ミ;;;i
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡  彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..   ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ, ≡
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"."ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'  ≡  俺は根無し草なんです
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=ヽ  `,|  / "ii" ヽ  |ノ
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l  ''t ←―→ )/イ^    ≡ あなたとは違うんです
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / ト=-|:|-─ ( l   /
         / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/:::::(ヽ--─  / |  /
         ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/:::::::::`<==-- ノ / /


144 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 10:25:07
「秋樹」

奇人と呼ぶにふさわしい男

頭頂部が尖ってる男で、カモメの一本眉毛、体はガリガリのやせ細った男
中学まで鼻を垂らしている、まさしく百姓の馬鹿せがれという感じだ
「キーーーー!」という奇声を発しながら、人の肘の急所をつかんでくるという奇怪な行動をとる
ずる賢く、人にたかるところもあり、芥辺からはだいぶおごってもらったり、おもちゃを貸してもらったり
していたが、わざとなのかめちゃくちゃに壊して返したりしていたことから、芥辺が友人から奴隷に扱いを変更!
奇っ怪な行動をしているところの写真等を芥辺に撮られ、弱みを握られてからは、その奴隷ぶりに拍車がかかった
金のためなら、身内も死に追いやるというまさに魑魅魍魎の心を持った男

他人の家にある廃車に石をぶつけて遊んでいる時に、その家の男の人が出てきた時に

「おとごだ〜!!」 と騒いで逃げた為、「おとこ」と呼ばれる時もある

秋樹の一番情けない姿の写真は、ア○サのバッケで、センズリをこかされて恍惚の表情をしている姿だろうか・・・・・
ちまみに、そのイチモツは、細長かった事を付け加えておこう

芥辺達に、いじめられると、「うーーう↑うーーー↑」と横目で卑屈な顔をする

こんな秋樹だが、鯨人間の市郎との死闘を演じたこともある

145 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 12:45:31
「オビ」


子供の頃に飲んだ、病気の薬により、小学生の頃から白髪が生えてきてしまった悲しい男
後頭部に、土星のリングのように白髪が生えていることから、それを帯に例えられ
「オビシラガ」と呼ばれるようになり、後年短縮され「オビ」となる

ノボセだが、あまりパッとしない男であった

146 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 12:53:38
「湯田」 ゆったちゃんの愛称で呼ばれる

基本的に滑稽で、人を笑かす事が好きな男だが、武闘派な一面もある
中学で1・2を争う巨漢の「ブーゾ」との死闘は有名な一戦だ
奇人秋樹による異物混入事件では辛酸を舐めたり、西野けんちゃんによる
膝蹴り連打事件でのノックアウト等、無謀な戦いをしてしまう「かませ犬」的な
ところもあり、幸薄い男としても有名
家庭環境、その他の総合的な境遇に疲れ、三年の中盤からは暗い男に変貌する

いまだに、廃工場での血液噴出悪霊憑依事件では、記憶が無いという











147 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 12:55:34
「湯落」

中学生にして、オウム真理教のサリンテロを予言! 通販にてガスマスクを購入
有事の際にいつでもかぶれる様に部屋に設置してある
中国4千年の秘儀を尊び、経絡秘孔の研究に勤しむあまり鍼灸師となるが挫折
その後、自分の体力を過信し、フランスの外人部隊に入隊する為にフランスに飛ぶが
語学力が無い為、日本では通じていた専門知識の与太話で人を圧倒するという
得意技が通じず、はったりだけでは駄目なんだという事を、自分自身も痛感・・・
今までの自分を内省し、ただのはったり人生だったことに気付く
自分で自分を騙していたような人生だった事に気付き、一からやり直す事を決意
何かを実際に証明しなければ、人は信用しないという根本的な事にいい歳になってから
気付くという愚かさを恥じて
「王 智民」 という、中国奥地にいる達人の元を訪ねる為、香港から密入国し、過酷な旅に出た!

あれから数年・・・ 湯落のその後を知るものはいない


148 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 13:06:41
「一朗」 イぢロー、マッコー、デコ等、悪口の愛称は多々あるが、基本的に
「イヂロー」と呼ばれる

前頭部、デコの部分に脳が片寄り、大脳のある脳の中心部には空洞があると推測され
白痴と健常者の中間的な位置に存在していると言われている
人間とサルの中間と言われた「オリバー君」的なそんざいであろうか・・・・
自分の能無しぶりを自覚していない為、知力体力共に格段の差がある者にちょっかいを出し
立ち直れない程の暴虐を受けること多数あり
又、そんな性格な為、「畠口及三」通称 「おいちゃん」のような、完全な変質者に執拗に
変態行為を繰り返される事になる
中三にもなると、自分の非力さを自覚できたのか、無抵抗主義を貫き、空気のような存在となる

三年一組の前の廊下を通るたびに、芥辺にドロップキックや、タックルを食らってしまい、その度に
軽く失神してしまうのは、有名な話だ

中卒で就職した為、風俗デビューは早かったが、性病デビューも早く、今は金玉が腐ってるかもしれない・・・・・

149 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 13:27:22
「緒諸見弦」 苗字が「緒諸見」オモロミ  名が「弦」ツル
オモロミツルである

通称 ツルの愛称で呼ばれるこの男、小学校ではちびっ子ギャングと呼ばれる程の暴れん坊であったが
中学に来てもそれは変わらなかった
誰にでも喧嘩を売るそのスタイルは、まさにギャングであろう
中学の時、朝の朝礼で、ツルを馬鹿にした、現在議員をしている先生を半殺しにしたのはあまりにも有名な話であり
伝説の一戦として残っている
この男、先天的に、脳の一部、「前頭連合野」という部分が欠損しており、危険を察知したり、危険な行為をしないという
感情が全く無いという、欠陥を持っていた
その為、普通の人間がしないような超スリルを味わう行為を平気でしてしまうのだった
子供の頃は、こういった無謀な行為が勇気ある行為として賞賛され、英雄視されていた
性格は単純で、絵図をかくような権謀術数は使わない、真っ向勝負タイプである
知能も優れ、中一の成績をずっと継続していれば、どこまで行けたかも分からない程の潜在能力を持つ
怖い者知らずの男であるが、ホラー系には弱いという一面も合わせ持つ
あの変人しかいないようなメンバーの中で、一番一般人に近いかもしれないが、あのメンバーの中ではって事に注意が必要だ

現在、メンバーの中で唯一成功している男で、事業家でもあり、多角経営でどんどん拡張中である


150 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 13:48:20
「 芥辺 」 当時からもそうだったが、後年も「悪魔のような男」だったと言われるほど
精神が狂っている男で、自分自身も自覚がある
卒業文集の寄せ書きでは、自分自身を「狂人・芥辺」と書いているところが徹底していると言えるだろう
この男、悪戯をさせたら、その能力をいかんなく発揮するというところがあり、数々の伝説の事件を巻き起こしている
又、血も涙も無いという性格でもあり、天に召された狂犬は数匹にのぼり、犬殺しと呼ばれていた時期もある
人に対しても、見限った者に対しては人の所業かと、笑えない見られないような程の拷問をかけたりすることもしばしばで
職員室に呼ばれた回数では、同年代ではトップクラスであろう
プロレスが大好きであり、得意技はキャメルクラッチ! 、奇襲攻撃はドロップキックが得意であった
キャメルクラッチが得意技なのは、アラビアの怪人ザ・シークを尊敬しているからであり、自分自身も
党ヶ先の怪人ザ・ヨーシと、田下に呼ばらせていた
手下に秋樹、活児等がおり、パシリとして使っていた
ツル、オマツらと、UMA探検隊及び、エロバッククラブの創始者の一人であり、学校で起こる騒動には何らかの形で
関わっていたようだが、ガマット事件には無関係だと本人は言っている

現在の芥辺のその後を知るものは誰もいない・・・・・

151 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 14:02:03
「大松崎忠吉」 通称オマツ

オマツ探検隊リーダーであり、エロバッククラブの会員bPでもある、エロい人

小学校低学年の時、二つ上の兄貴が少々ドモリになってしまったのを真似しているうちに
自分の方が酷くなって治らなくなってしまったが、兄貴は治ってしまったという実に間抜けな男
元々、脳が足りない低脳児だったが、高校生の頃のシンナーでさらに馬鹿が加速してしまった
この物語の主役と思わせるのだが、主役ではない
洋物の女が好きで、プレイボーイとバチェラーが愛読書であり、封鎖されている家の便所の壁には
切抜きの外人グラビアが貼り付けてある
チンポを縛ってオナニーをし射精できないようにして、何度も快感を得るという離れ業を使ってストレスを解消する男
本宮ピロシの漫画をこよなく愛し、漫画の主人公になりきってしまうという馬鹿であり、家出をする時は
「男一匹ガキ大将」を全巻バックに詰めていくというアフォである
戸川万吉の真似をして、義賊集団を結成しようとし、それがどれだけアフォなことと気付かないうちに
毎日の食い扶持も無いのにそんな事不可能だと気付き頓挫する

ストゥールオブがマットでは、第一容疑者であり、最重要人物もある、ウジケンと呼ばれる体育教師も確定的な判断を下している・・・・

現在は、毎日の 「ごっごっごっごっごっごっごっごっご安ずぇんに!」 をドモらないで言えるように特訓中であるという

生きていると思われるメンバーの中では、ただ一人電気代も滞納してしまうような・・・・・な男だ

152 :日本昔名無し:2008/09/08(月) 14:10:42

    (_)
   (__)
   || |  | .\      .∩
   || |  |   |\    ..| |     ______________
   || |  |   |  |    .| |    /
   || |  |   |./    .| | ∠ 先生。うんこはおやつにはいりますか?
   || ヽ_ノ  ./      .| |   \________________                 
   || .[__]、/  ∧_∧  | | __     ______   
   || |  |   ( ´_ゝ`)ノ ノ==='l     ,'============='    _______ 
   || |  |  /     /.__/l    /_______|  / 
  / ^〜'  / /     /_  ||/||     |L ∧_∧ __  || < まさにヤケクソだな,オマツ
/   ___( ゙ー'つ |__|_.||    __(´<_`  )ヽ |_|__  \_______
   /     ̄ ̄ ̄ ̄   /    /  (_久___ノ   .|
 ∠_________/.!    /__________|
  ||________||/.||     ||________||
  || ||   i .i  i .i    || ||     || ||  ) i | /     ||
  || ||  ノ l  ノ l   .|| ||     || || し' / |       . ||
  ||   ー-'  ー-'   ||       .||     し'        ||



153 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 08:41:51
兄者、こうして二人きりで
話すのも久々だよな
      /ヽ  ,
    /´  `´ |      /ヽ_____/l
    '、      ,l      /     '、
  / ̄  ,_,..ノ        l      l で、話って何だ。
  /    '、       _,ゝ    _,.ノ  
 /    , ヽ     l´      `ヽ  
 |    /`ヽ、`'‐‐-、 _|        |
 l   '`   ` ̄_,.' ヽl i     / l, 、
  ヽ、__,. -‐ '' ´   .ヽ`' |     l.,_,! /
              ヽ '      /
               `、.,____  ,. ′


俺、毎日仕事しようと思うんだ
      /ヽ  ,
    /´  `´ |      /ヽ_____/l
    '、      ,l      /     '、
  / ̄  ,_,..ノ        l      l  そうか。
  /    '、       _,ゝ    _,.ノ
 /    , ヽ     l´      `ヽ
 |    /`ヽ、`'‐‐-、 _|        |
 l   '`   ` ̄_,.' ヽl i     / l, 、
  ヽ、__,. -‐ '' ´   .ヽ`' |     l.,_,! /
              ヽ '      /


154 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 10:14:21
>>152-153
吹き出しました。
こういうの好きです♪

155 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 12:26:22
オマツは毎日仕事してないんか?

156 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 14:19:21


157 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 14:21:21
キッズのスポーツウェアは着たら破れちゃいますよね!

158 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 14:31:39
スポーツウェア?

159 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 15:19:51
はい、強いて言えばサッカーユニフォームです

160 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 16:01:01
13歳〜14歳頃・・・・・・

心身共に大人へと変貌していく時期、声変わり、、髭、陰毛、子供からの脱皮
オマツ達もそうだった

1年5組・・・ 悪魔のクラスと恐れられた最凶のクラス・・・・ オマツのグループのほとんどがこのクラスであった
芥辺以外は・・・

ある朝、オマツ達は、便所に行く時に変な格好をみんなでしていた・・・・その顔は苦悶の表情で、格好は腰が引けている
芥辺は、「なんだその格好は?、なにしてんだ?」 と聞くと、みんな「いででででで・・・・・」 と言いながら便所へ向かう

小便をしながら、「今日はこれまで・・・」 と言うと、その瞬間から普通に戻る、緒諸見ツル・・・・秋樹・・・・・
オマツと湯落は、まだ続けるとか言って、教室に戻るのであった

さぁ何をしていたのだろうか?????

161 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 17:15:56
なんとそれは、チンコの皮むきだった!
そろそろ大人チンコになってみようかと思った、オマツ探検隊は、自然にムケるのを
待つのではなく、自分でムイてみたのであった・・・・・
しかし、今まで皮膚で隠れていた粘膜は、いきなりの摩擦で痛みを感じるだけだった
だが、この痛みに耐えなければいつまでたっても大人にはなれないと勘違いしたオマツ達は
包茎チンコを力ずくでムケチンにしてしまった
痛みに耐えかねたものは、すぐにやめたのだが、オマツと湯落はがんばっていたようだった
しかし、急にムケっぱなしになるものではなく、油断していると自然と元に戻ってしまうのだった
これについては、どうせまだ使う機会は無いものと判断した探検隊は、数日でやめてしまったのだった
この時点で仮性包茎だったメンバー全員は、真性がいなかったのが救いで、現在も童貞なのはいないようだが
一郎だけは素人童貞のままのようだし
結婚暦も一度も無い

162 :日本昔名無し:2008/09/09(火) 17:18:57
              )ル
       ,.. -──-=v⌒
     ./ノヽ 〜〜〜'(. ヽ   ホジホジ
    (イ ―   ―  `Y)
    /   (●)  (●)  \
    |     (__人__)      |
    \   mj |⌒´     /
       〈__ノ
      ノ   ノ
 
              )ル
       ,.. -──-=v⌒
     ./ノヽ 〜〜〜'(. ヽ   ・・・
    (イ ―   ―  `Y)
    /   (● ) (● )  \
    |     (__人__)      |
    \ .   `⌒´     /
    mj~i
    〈__ノ
   ノ   ノ
 
              )ル
       ,.. -──-=v⌒
     ./ノヽ 〜〜〜'(. ヽ
    (イ ―   ―  `Y)
    /   ━    ━   \ パクッ  腹が減ったらこれに限るな・・・・・・
    | ///  (__人__)  /// |
    \     mj |´     /
         〈__ノ
       ノ   ノ
       オマツ


163 :日本昔名無し:2008/09/10(水) 08:43:33
中学一年生・・・・ まさに性に目覚める頃・・・・

異性に興味を持ち、まずは雑誌等で知識を得ようとする時期
早熟だったオマツは、近所の先輩からもらったエロ写真集とかを収集していた
同級生には恥ずかしかったのか、あまりその系統の収集家としての自分を見せることはなかったが
ある一件を境に、オマツのエロパワーは全開となるのだった・・・・・・

次回、「エロバッククラブ」 にご期待ください
















164 :日本昔名無し:2008/09/10(水) 09:24:52
成長する順がなんか間違ってますよね・・・(^^;)
でも期待してます!ゞ

165 :日本昔名無し:2008/09/10(水) 13:09:08
エロバッククラブ・・・ 後にそういう名前で呼ばれる事になった闇のクラブ・・・
という格好いいクラブではなく、ただのエロ本を回し読みするガキ共の集まりだった

オマツと芥辺は、中一の頃、結構つるんでいた
登校は別として、下校や途中でふける時などはいつも一緒だった
文化祭や体育祭など、学校行事をまともに参加したことは皆無だった
みんなが、協力して行事の運営をしている頃、オマツと芥辺は街で遊んでいた!
そういう二人が、ある日近所の駅前に捨ててあったエロ本を発見する・・・・
興味がある年頃だ、二人は芥辺の家の裏山に行き、篠竹の藪の中でエロ本を
見るのだが、オマツが結構冷静なのが気になった芥辺は
「オマよぉ、なんでそんなにシラーっとしてんの?、結構興奮しねーが?これ!」
そういうと、オマツは 「じっじっじっ実はもっとあるんだよ、でっでっでっでっでも家では見れないがら、持っでぐっが!?」
と言うので、芥辺は、「いいねぇ! んじゃー、海野に行って、駄菓子も調達してくっか?」
「そっそっそっそりゃーいい、あっあっあっあど本を持ってぐるバッグが必要だな・・・・」 とオマツが言うと
芥辺が 「 俺んちにある親父が使い古したゴルフバッグの汚いのがあるがらそれ持ってくるわ」 というと
オマツが 「んじゃー、おっおっお俺は海野でラバーしでぐっがらバッグ持っでぎで」 段取りは決まった


166 :日本昔名無し:2008/09/10(水) 13:17:40
オマツが海野に行くと、そこには、緒諸見ツルと、五島育男が、ソースせんべいを食っていた
オマツを見つけた ツルは、五島を一人で帰し、オマツとラバーをツープラトンの攻撃で遂行しだした!
この後のエロ本観賞に、ツルを連れて行くしかないかもという状況になってしまったオマツ・・・・
だが、一人では無理だがツルの見えない左で、どんどんラバーが進み、むげにツルを帰すことは
できなかった・・・・
オマツの家に向かうツルとオマツ、ツルはオマツの家で駄菓子を食うのかと思ったが、そこには小汚い黒い
ボストンバックを持って待っていた芥辺の姿が・・・
照れ笑いをするオマツ・・・・ もうこのツルには隠し事はできんな・・・そう思ったオマツは、芥辺からバックをもらうと
家に入り、チャックが閉まらないくらい詰まった荷物をバックに入れて出てきた
ツルは、「なんだ?何が入ってんだ?教えろよ!!」 聞くが、ニヤニヤして教えない二人・・・
どんどんと、観音様のお堂の脇にある、崖の上に上がる階段を上り、例の藪の中に入っていくのであった・・・

167 :日本昔名無し:2008/09/11(木) 10:24:40
そこは、鬱蒼とした篠林の中に、2m四方程度の空間があり、秘密基地と言って子供達が遊んでいる所だった
作成者は芥辺と秋樹であり、カマで篠を切り、ゴザを下に引いて、回りにレジャーシートで囲った
今で言うホームレスの住み家みたいなところであった
オマツは、ゴザに座るとおもむろにバッグを開けて中身を取り出した・・・・
すっするとそこには、今まで見たこともない外人の裸がたくさん載っているエロ雑誌がイパーイ出てきたのである!!
もう最初のページで、股間がすごいことになり、痛みすら感じるほどパンパンに巨大化してしまった三人だった!!
当時、まだ皮も剥けてなく、精通も無かったが、全員がきちんと勃起する健康な男達だったのは確かだった
この日は、エロ本デビューした芥辺とツルを祝って、オマツ先輩がコーラで乾杯をしてくれた
「カッカッカッカッカッか乾杯!!」 乾杯もドモるのかよ・・・・











168 :日本昔名無し:2008/09/11(木) 15:12:26
すみません、「ラバー」というのはなんですか?
物語を100l楽しみたいですっ!教えてください★



169 :日本昔名無し:2008/09/11(木) 17:02:27
>>168

ラバーとは、かっぱらい(万引き)の事を仲間うちで言う時の隠語です・・・・

どこかの国でそういう言い方をするところがあったとか、オビか湯落が言っていたと記憶していますが
定かではありませんし、その信憑性や、言語的な確認はしていません・・・ w 子供が作った隠語と思ってくだされば・・・

この万引きは数ヶ月の後、ツルと湯落による歯止めの効かない暴走により、摘発されて処罰されています
オマツら数人は、親を呼ばれて大変な騒ぎになっていたのを憶えています・・・

後でこの時の事も書く予定ですw

170 :日本昔名無し:2008/09/11(木) 17:18:26
秋樹たちが作っていた秘密基地で、本格的なエロ本観賞を楽しんだ三人・・・・・
この日、新たな契りを交わし、秘密結社を作った!
その名も 「エロバッククラブ」 !! なんという安易な名前だろうか・・・
ラバーのように、隠語を使えばいいものを、「そのまんまやないかーい」、といわれてしまいそうなネーミングである
この日は少々寒かったので、焚き火をすることになり、タバコを吸っていたオマツと芥辺が、周りにあった枯れた篠竹や
お菓子の空箱に火をつけた
すると、飛び火したのか、周りの篠竹に燃え移り、山火事になりそうになってしまった、慌てる三人、学生服の上着で
火を消し止めるオマツ達!! なんとか、火は消したが、せっかくの秘密基地は灰になってしまった・・・・

だが、エロバックは無事だった! とりあえず芥辺の家に物置があるので、そこに一時的に隠しておいてくれと
オマツが言うので、そういうことにしたが、芥辺が「なんでオマの家では駄目なんだ?」 と聞くと
オマツが言うには 「あっあっあの、おっおっおっ俺のアパートでは、かっかっ隠し場所があまり無いんだよ・・・」
「つっつっつっ使ってない、べっべっ便所に、なっなっなんとか隠してんだけどよ、もっもっもう無理だっぺど思っでよ・・・」
そういうことだったのか・・・ 本来、エロ系の事はひっそりと自分だけで楽しむものだが、友人と一緒に見ようと言い出したのは
隠し場所に困ったからなのか・・・・
それに、このときはまだ、メンバーの誰もがオナニーすら、やり方をしらないような子供たちだったのだ・・・
エロ本を見ているうちに、したくなってしまうなんていう衝動にかられるようなことのない
ただエロ本を見て楽しむだけという、かわいいものだった

171 :日本昔名無し:2008/09/11(木) 17:43:35
秘密基地が燃えてしまったオマツブラザーズは、新たなアジトを求める為、三人で群議を繰り返したが
特にいい場所が見つからない・・・・ 困ったオマツ達は、秋樹の家のほうになんかないか秋樹に聞いたところ
仲間に入れてくれるなら、探すというので、とりあえず了承したふりをして、探させると、秋樹の家の奥のほうの
山奥には、百姓がシーズンの時だけ使っている物置が、あちこちに設置されているというのだ
しかも、百姓をやめてしまって、完全に使用してないものまであるという話だった為、そこへ行く事になった
秋樹に案内させると、秋樹の家とじーさんの家の間辺りに、奥地に入っていく獣道があり、そこをどんどん入っていくと
鬱蒼とした林の周りに畑があるという景色が現れた
その畑の脇に、ホッタテ小屋であるが、ガラス窓まで付いている小屋があり、最近は誰も使用してないような感じだった
「こっこっこっこっこれはいいべ! こっこっここにすっぺ!」 オマツがここを新たなアジトに決定した
まぁここまでいい場所を提供したという事は、秋樹もたまには役に立つという事で、会員ナンバー3、に秋樹を入れた!
秋樹に、エロ本を渡して見させると! そのオムスビ顔はみるみる赤くなり、いつもの奇声を発しまくるのだった

「 キーーーーーー!!きーーーーー!! チンポがでかくなっぢまーべーーー キーーーーーー!!」

これだからこの男と一緒の行動は嫌なのである・・・・・・







172 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 04:17:58
訂正
秋樹は会員ナンバー4でつ

173 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 08:43:28
人の性癖はさまざまだというが、オマツは外人が好きだったようだが、当時日本人のエロ本は
あまり充実していなかったということもあり、今思えば外人が好きだったのかどうかは疑問だ・・・・
エロバッククラブ創始者である、オマツ達三人の中で、当時はっきりとしていた性癖の持ち主がいた
緒諸見弦、ツルである! 雑誌が重いので、気に入ったページを切ったりするのに持っていたハサミで
女のパンティーの部分だけ切り取っているツル・・・・・・ パンティーフェチというのだろうか?
中一にして、なんというマニアぶりだろうか・・・・
多少照れながら「わははは!」と笑いながらパンティーを切り取るツル・・・ 変態である(-_-;)

その横で、浮かれてる秋樹の姿があった、「うひょひょひょ! キーーー うひぃ キーーー!!」
ついにオマツの怒りの鉄拳が秋樹を襲った! 「うっうっうっうるせー!!」 ドゴッ!!
ボディに一発入れられた秋樹は、「うーううーーー・・・」と言って、アンズ飴を食いだすのだった・・・・

チンポをカチンコチンにしまくった四人は、カウパーが出まくりで、パンツに冷たい部分ができてきていたw
「そろそろ帰るか?」 ツルが言うと
好みの切抜きを自分の学生カバンに入れ、家に帰るクラブ会員達・・・・

174 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 08:53:05
翌日、学校の教室で、ドギツイポーズをとっている、洋物のおねーちゃん達の写真を見せびらかすオマツ達
オマツ探検隊のメンバー達も集まってきて、「うぉおおおおお、俺にも見せてぐれーーー!!」 とズボンの前を
パンパンに膨らませている男たちが集結してきた!
「これをどこで手に入れた?」 とか、もっと見たいと言う者が続出!! しかし厳正な審査の元でないとクラブ会員には
なれない、エロバッククラブである為、その入手元や、閲覧場所は極秘事項だったのだが
秋樹の馬鹿が、「キーーー! うちの家の裏の小屋で、いづも見でっぺよ!!」と自慢げに余計な事を言ってしまったのだ!!
とっその瞬間!! 「トォ!!」 という声と共に、芥辺が宙に浮き、秋樹のあごに両足の揃ったドロップキックが炸裂したのだ!!
吹きとぶ秋樹、倒れこんだ秋樹に今度は、ツルのストンピングの嵐!! 「ダンダンダンダン!!」 完全にノックアウトされた
秋樹・・・・ 口は封じたが、既にしゃべってしまっていたので、みんなからの質問攻めにあってしまうのだった!
「さっき秋樹が言っていたごとは、どういうごとだっぺ? しゃべってもらおうか?・・・・・」 ウーム・・・秋樹の馬鹿め・・・・(-_-メ)











175 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 09:03:44
そしてここに、エロ本観賞集団 「エロバッククラブ」が拡大したのだった

会員NO. 1 オマツ
会員NO. 2 ツル
会員NO. 3 芥辺
会員NO. 4 秋樹
会員NO. 5 一郎
会員NO. 6 湯落
会員NO. 7 畑口
会員NO. 8 じーさん
会員NO. 9 オビ
会員NO.10 勝豊

計10人のエロイ人達の秘密クラブはここから始まった・・・・・・
勝豊の介入で、ものすごい量のエロ本が増えた! こいつは親の金をかっぱらって、中一にしたら多額の小遣いを使っており
隣町にいる怪しい集団と付き合っていた為、この手の雑誌などはとっくの昔に持っていたのだった!
だが、地元で手に入れるのが一番手っ取り早いので、オマツ達は近くの本屋で買う事にしたのだが、中一にエロ本を売ってくれる
本屋など無く、ラバーするしかないと思ったオマツ達は、駄菓子屋だけでなく、本屋にもその魔の手を差しのべるのであった・・・・

176 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 09:17:35
エロイ欲望は、枯れる事はないのだろうか? 同じ本では興奮しなくなってくるものだった
別の新しい本を求め、ラバーを繰り替えすオマツ達、しかし、まだオナニーのしかたも知らないし
精通もしてない子供たちにとって、ただ単にエロ本を見てるのはなんだかむなしい行為になってきていた・・・
そして、エロバッククラブは、ほぼ休眠状態におちいっていくのだが、ラバーの度合いはどんどん進行していって
しまっていたのだった・・・
駄菓子屋で食い物を、本屋で漫画と文房具を、レコード屋でレコードやカセットを・・・・ ありとあらゆる商店で
金を使わずラバーしてくるのだった・・・・ 結局みんなは、小遣いを使っていないので貯まる一方!
物は手に入る、金は貯まるで、こんなハッピーなことはないという、まさに悪党の理屈で楽しんでいるオマツ達だった・・・・










177 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 09:22:17
しかし、知能犯の湯落がメンバーに入ったのと、ツルの無鉄砲さが噛み合って、悪さはどんどんエスカレートしていくのだった・・・
文房具をラバーしたメンバーは、学校で売れば、さらに小遣いが増えるだろうと考えた!
家から、ざるを持ってきたメンバーは、そのざるの中に、シャーペンや消しゴム等の文房具を入れ、30円〜50円の格安で
売りさばきだしたのだ!!
あまりの安さに、初回の販売はあっという間に売り切れ!! また仕入れてこなければならなかった!!
しかし、もうプロ並みのラバーのテクニックで、次回は大量に仕入れてきたオマツ達、こんどは、違うクラスの連中にも
販売しようと、営業にまわったりした・・・・
またまたほぼ完売!! こたえられないオマツ達は、歯止めが効かなくなってきていた・・・・
まるでバブルがはじける一歩前といったところだろうか・・・・・









178 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 09:29:55
>>169
おはようございまつゞビシ
なるほど万引きの事なんですね・・・(*。*)
ありがとうございます。

>ボディに一発入れられた秋樹は、「うーううーーー・・・」と言って、アンズ飴を食いだすのだった・・・・
これツボりましたw

179 :日本昔名無し:2008/09/12(金) 11:56:45
ふ菓子

180 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 10:27:38
"乙"の漢字みたいな小さい入れ物に入った、小さい木のスプーンで掻き出して食べる酸っぱいクリームも捨て難いですぅ
(´・ω・`)

181 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 12:17:52
スモモ

182 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 13:42:30
梅ジャム

183 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 21:02:52
ラバーの摘発については、ツルにインタビューしているところなので
ちょっと待ってください

















184 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 22:36:40
オマツは変態だから、幼児のジャージを買おうとしたんだな?

185 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 22:37:53
答えてもらおうか!

新宿御苑!!!






186 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:05:42
プレイボーイとMr.ダンディーだったか。

綺麗な姉ちゃんがイッパイいたな

187 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:09:24
マッコー

鼻血ブー

朝太郎列伝

デゴッパチ

八郎



188 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:15:50
新宿!新宿御苑!!
わたせつねひこ

189 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:18:52
かにバケツ

190 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:36:30
マカロニほうれん荘

191 :日本昔名無し:2008/09/13(土) 23:46:12
おむつオマツ


最低




192 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 06:10:40
なんという畳の臭さか

193 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 06:50:32
カマで切りつけるという

194 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 06:55:09
八郎 祭り












195 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 06:59:49
早く結婚しろよ、八郎潟

196 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 07:43:13
出来ないのでは…

197 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 10:41:36
特定の女はいるみたいだぞ!!!


一般人かどうかは不明だが・・・

198 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 13:57:34
そろそろ執筆しろよ1

199 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 13:58:22
女・・・・・ 女には注意が必要だ・・・・・

太古の昔から、女による密告や裏切り等は歴史が物語っているところではあるが、実にやっかいな生き物である
正義感をふりかざしているように、一見は見えるが、その実、ただ騒動になるのが楽しいだけであり、女性週刊誌の
覗き見趣味の内容を見れば、女という生き物がどれだけ破廉恥な生物かは周知の通りであろう・・・・・

まぁ今回のラバーについては、やめ時を悟れなかったオマツとツル、そして後から介入してきたくせに仕切りだした湯落のミスであり
あの女のせいにするだけでは無かったろうが・・・・

「千賀子」 という女がいる、ガマットのキレジの章で出てきた女だ、芸能レポーターのような噂好きでおしゃべりな女であり
実にやっかいな女だ・・・
この女の前で、ザルに入れた文房具を売っていたのではたまらない! 

「 ちょっとツル! これってどこから持ってきたの? 言いなさいよ!!」と詰め寄ってきたのだった
しかも、さんざんいままで安く自分で買っておいてである (;O;) なんという図々しさ!!
ツルは 「安く仕入れられるところがあるんだよ」 というと、「それってどこよ?言いなさいよ!!」 と尋問してくる
もう完全に感ずいていたんだろう、千賀子は 「万引きしてきたものじゃないのそれって?!」 と言い出した
顔を見合わせるオマツ達・・・・ 間違いないと察知した千賀子は、教室から取り巻きらと消えた・・・・

200 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 14:06:11
まずい・・・ そう感じたオマツらだが、叩き売りが板についてきた秋樹と一郎は、大声で売りさばいていた
「らっしゃい!! らっしゃい!! 消しゴムが安いよ!! 一個20円、5個で100円だよ!!」
ものすごい大盛況!! もはや撤収の声を掛けるのが難しくなっていた
そこへ、担任の大林先生が、足早にやってきた!
「なにやってんだお前ら!! 、これどっから持ってきた?!」 その文房具の量の異常さと、飛び交う金
先生も、事態を一瞬で悟ったのだった・・・・
次の授業は、オマツ達には必要が無かった・・・・ 中学の取調室、放送室にオマツのメンバーたちは連行されてしまった

この時、既に足を洗っていた芥辺は隣のクラスで
「ふっ馬鹿な奴らだ・・・ 博打と犯罪はやめ時が肝心なのよ・・・・・・」と心の中で嘲笑っていたのだった


201 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 14:14:08
放送室には、担任の大林先生、学年主任の野田先生、教頭まで現れ、厳しい尋問が始まった
もうこうなったら、どんな嘘も通じないし、このアフォメンバー達では意思の統一等がとれているはずもなく
一切合切を喋ってしまうものと思われた・・・・・ そうなると芥辺達、既にラバーのメンバーでなくなっている者たちの
事まで、遡ってばれてしまう・・・・、芥辺はあせった!
しかしそれは杞憂でしかなかった、あのメンバーの中で唯一知能犯である湯落が、ラバーをしだした時期をできる限り
短くしようと考え、聞いてもいないのに、それを自分から言い出し、まだ個別の取調べが始まっていない時にみんなの前で
ラバーをやりだしたのは、つい最近、ここ2週間程度であり、この他に仲間はいないと、先生とメンバーの前で言い放ち
さらに、メンバーに 「なぁそうだよな!!」と相槌を打たせたのだった!! これはグッジョブ!!
まぁ自分たちの刑を軽くする為の、知恵を絞った行為だったのだろうが、芥辺まで名前を出したらそれこそ数ヶ月前からの
事に発展してしまうし、そんな仁義に反する事をしたら、ラバー以外の事まで芥辺に言われてしまいかねなかったってのもあっただろう

202 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 14:18:02
湯落の機転により、ラバーを開始した時期だけ、意思を統一したら、後は単純にかっぱらった事を言うだけだったので
取調べは結構簡単に終わった、それはそれで手柄といえるだろうが・・・
しかし、翌日親が学校に呼び出されることになってしまった、オマツ御一行・・・・
親に万引きがばれて、恥をかかせる事になってしまったメンバーの連中・・・・・ 
そんな中、
湯落の馬鹿は、ここにきて、自分たちの体裁を保つ為、また次なるアフォな計画を立てるのだった















203 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 18:06:51
千賀子おそるべし
おそるべし千賀子

204 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 18:24:28
チバシノ恐るべし
恐るべしチバシノ












205 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 18:58:32
オマツさんでないね

206 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 19:14:56
チバシノって何?

207 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 21:59:41

キントキ




208 :日本昔名無し:2008/09/14(日) 23:09:03
湯落は、家族に恥をかかしてしまったのはまずいし、家で怒られるのも嫌だということで
家出を決行しようと言い出した
みなさんも、宗教や狂信集団のリーダー(教祖)による世迷い事を信じてしまう下々の者たちを
ご存知だろう・・・・
心の弱い者、生まれつきの従者、信念の無い者、確たる生き様を備えてない者等は、楽をしたい為に
強いリーダーを求めてしまうのだ! その為に、自分の方向性を決めてくれるようなもっともらしい事を
力強く言い放ち、自分と一緒に突き進もうとか言う弁論者に惹かれてしまい、操られてしまうのだ・・・
この時も湯落に操られてしまったオマツグループは、湯落の言うままに家での準備を始めてしまった

しかし、このアホみたいな家での計画に疑問を持つ者はメンバーの中にもいたのだった!
もっと言えば、こんな窮地に立たされてるときに、家出までしたら収拾がつかない、さらに状況が悪化することは
明らかであり、それは中一の小僧でも、普通に分かる事であった

209 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 08:26:12
ふーん。。。。。(^^ゞビシッ!
オハッす
なんか哲学的でちゅー>^_^<


210 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 09:08:02
湯島御苑

211 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 09:42:21
てす

212 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 16:11:08
アスコン

213 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 17:21:13
うっかりカサゴ

214 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 18:06:28
シマホッケ

215 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 18:37:44
N706iθ

216 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 20:20:59
絵文字クリョ

217 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 22:08:40
ツルさんってオマセさんなんですね (~_~;)


218 :日本昔名無し:2008/09/15(月) 22:43:22
オマツがオマセ




219 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 00:18:02
オマセオマセ

220 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 00:26:11
おませおまつ

221 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 07:29:33
オマツはオマセだな

222 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 09:48:35
「盗んだバイクで走り出す」あの曲が浮かびました。。

223 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 10:47:53
盗んだバイクを盗まれた
(*_*)

224 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 11:15:57
盗んだマンガでパクられた

225 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 14:32:01
マムマム

226 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 15:11:45
はむはむ

227 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 16:08:45
家出少年団

228 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 16:15:59
まぁまぁ似たような話はあったがちょっと違うかな
名前も設定も事実とちょっと違うようだ
¥だが昔を思い出せるシーンが多々あるからオモロー!!



229 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 21:10:05
恐るべし尾松

230 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 21:22:22
おい、オマツ!
テメーが書いてんのか?
なんとか言え!
ドモリ野郎

231 :日本昔名無し:2008/09/16(火) 22:36:37
   おっ、おっ、おっ、おっ、おっ、おっ、おっ、おっ、俺じゃあね〜よ!!!!(−_−メ)

232 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 00:27:15
事務員G

233 :1:2008/09/17(水) 08:17:22
モデルになるエピソードはありますが、名前は変えてあります。
話の内容は、大枠は実話通りですが、細かい設定は変わっています。


234 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 08:22:46
湯落のアフォな計画に参加したのは、オマツ・秋樹・一郎の
三人のみだった・・・・
言いだしっぺの湯落が来ない、こういう奴なのだ
オマツの家で、秋樹と一郎が、いくら待ってても湯落やツルが来ない!
電話をしようにも、こんな事件を起こしてしまっては、親と話すのも
まずいので、連絡がとれない・・・・
「うっうっうっ裏切られた!」 オマツは落胆した・・・・


235 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 08:32:09
オマツのバックの中には、男一匹ガキ大将の単行本が全巻詰められていた・・・・
なぜ家出するのに、漫画本をバックに山ほど入れていくのか???
まったくもって変な野郎である

メンバーの中でも、知能の低さからいって、下から数えるとナンバーワンからスリーまでが揃ってしまった・・・・
一郎、秋樹、オマツの三人である
馬鹿なので、自分で考える事ができないので、結局湯落の計画通りに動くしかなかった・・・
単線の汽車に乗り、県内一の山へ篭ろうというアフォな計画だったが、立案者の湯落が来ない、ツルも来ない
他に誰も来ない・・・・ ってことは無謀な計画であったってことだが、そんなことすら気付かない馬鹿三人組・・・・

なけなしの小遣いで、汽車に乗り、終着駅まで向かうオマツ達には、寂しい哀愁が漂っていたのだった・・・・・






236 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 10:54:12
いるんだよねぇ・・
自分で発案しといて「じゃあとよろしく」ってな
世渡りジョーズ・・

237 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 10:56:10
で、それでも計画が成功すると今度は「俺の手柄ww」と
エバリ散らすんですよね・・・


238 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 11:57:32
まさに湯落はそんな風に〜

239 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 13:38:30
湯落

240 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 22:14:56
DC版にオモローな記事が! (^^)



















241 :日本昔名無し:2008/09/17(水) 23:52:30
ごっごっごっごっごっご苦労さん (-.-)Zzz・・・・

242 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 07:42:27
オマツの住んでいる街は、単線の終点である
そこからさらに始点の駅に向かい、そこから乗換えで、県内一の山へ向かうはずだったのだが
ろくに金を持っていない三馬鹿トリオ達は、始点の駅までしか行く事はできなかった
そこからは歩き・・・・・ 数十キロに及ぶ山までの道のり、そしてそこからの登山と過酷な徒歩が続くと
思われ、普通はやらないのだが、湯落のカリスマ的能書きを信じ込んでいたこの馬鹿共は
計画通りに山に向かった
しかし、学生服でうろうろしている、間の抜けた顔の三人組は、始点の駅から少し歩き出したところで
オマワリに、職質されてしまい、あっという間に補導されてしまった・・・・・
家に連絡されてしまい、親が迎えにくるはめになった馬鹿共! 明日落ちる雷の前に、自ら落雷を招くことを
してしまったオマツ達・・・
家で、親父に怒鳴りまくられ、ゲンコツを食らっている時に、湯落に対する不信感と、裏切り行為にふつふつと
怒りが湧き起こってくる、オマツら三人であったが、今頃まで湯落のアコギな性格に気付かないとは馬鹿すぎである

243 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 07:50:30
翌日、学校は朝から大変な騒ぎであった
1年5組は自習、ラバーにかかわった者たちは、職員室へ直行!
そして9時頃になると、その親たちが学校へ来ていた
その顔たるや、なんという恥ずかしそうな顔をしていた事か・・・・・・
既にラバーグループから抜けていた畑口と芥辺は、隣の6組から
「はぁ〜・・・・ あいつらと別れてよかったなぁ」と顔を見合わせて
胸を撫で下ろしていた

この日の夜、家出をしていなかったオマツのメンバー、湯落やツルなども
どでかい雷が落ちたと言う・・・・・

翌日、嵐の後の静けさのようになった学校で、湯落と会った芥辺は
湯落から言われた
「芥辺ちゃん、俺らは芥辺ちゃんの事は言わないでおいてやったんだからな!」
「そこら辺、わかってんだろうな!」
なんという言い草! 自分たちの刑を軽くする為に、ラバーをしていた時期を短くする為の
嘘をつくために、畑口や芥辺の名前を出さなかっただけなのに、最低の男である湯落!!

こんな野郎に、言葉巧みに騙される奴らって、知恵遅れ、今で言う知的障害者なのか!

244 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 07:53:15
この一件から、オマツグループは、グループで行動することはあまりなくなった・・・・
誰からともなく、メンバー全員が集まりそうになると、本能的に二つか三つに分かれるようになっていた

中一の冬・・・・・ そろそろ二年になろうかという年度末の頃の騒動であった・・・・・
















245 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 08:10:20
オマツが関係している場所には、必ずと言ってイイほどの難事件が巻き起こっている

これから話す事件も、オマツのクラスで起こった、いまだに迷宮入りの状態である猟奇事件だ

それは、ラバー騒動のずっと前、秋ごろだっただろうか・・・・・ あの大騒動は起こったのだった

















246 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 09:52:22
           _   _   _   _
          +   +   | |   | | | |   | |  +
                  | | Π| | | | Π| |     +
        / ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l +
      / ̄ ̄ ̄ ̄ /三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i、 ̄ ̄ ̄ i、
     / ̄ ̄ ̄ ̄ _/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄', ̄ ̄ ̄ ̄l
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',三二二ニl   +
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          古代都市ワクテカ (B.C.8000年頃)


247 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 10:33:49
あの凄惨な事件の日は、天候がすぐれず、体調が悪い者が続出していた
それが何故なのか、それは難事件に必ずといっていいほど現れる、悪戯の神
ロキ (Loki)が現れたからなのだろうか?・・・・・
学校を完全に休んだ者、遅刻した者、体育などを見学した者等、まともに授業に
出れない者が、10人弱ほど、1年5組と6組に集中して現れたのだった
この日の体育の授業は、2時間目と3時間目の2時限連続で行われ、5組と6組が
一緒に行う授業である、というか、二クラス一緒に体育の授業は行われていたのだった

小雨が降っているので、体育の見学者は、玄関の下駄箱がある所で見ていろと
体育教師の「ウジケン」 に言われ、そこで見ていた

男はサッカー、女はバレーで、何チームかに分かれて試合をしていくという授業だった
まぁまぁ楽しく行われた体育の授業だった

なんの問題も無く授業が終わり、二クラスの生徒、約60人以上がゾロゾロと教室に戻り始めた
1年6組に帰った芥辺は、隣のクラスから湧き上がるドヨメキと絶叫!! そして怒号を聞き
クラスを飛び出し、5組に向かった! 叫び声を聞きつけた他のクラスの連中も集まってきていた

とっ、そこで見たものは、驚愕の事態にうろたえている1年5組の連中の姿だっとぁあああ!!!!
(>_<)

248 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 10:41:59
そのクラスの中を覗くと、鋭利な刃物で切り刻まれている、生徒たちのカバンや制服、ジャージ等が散乱していた!!
まだ1年も使用していない学生カバンの裏側の革が、×印に切り裂かれていたり、学生服も、変な位置にベンツが
開いたりしていた・・・・・
その他、教科書やノート、筆入れ等の文房具類も、切り刻まれ、その教室には、かまいたちの集団が現れたかのような
光景がひろがっていた・・・

もはや使い物にならない、カバンや文房具が散乱し、オマツ達も被害にあった為、怒りで半狂乱になっていた
先生に言いつけに行く役目と化していた、千賀子らが職員室に向かった!! 急ぎ 担任の大林先生が駆けつけた!

「 なんだごりゃーーー!!(ー_ー)!!」 先生も叫ぶ、「誰だ!誰がこんな事を!!」 なんというクラスを受け持ってしまったのだろうと
思っていただろう・・・・・ 4月から今まで、気の休まる暇の無い、問題児の巣窟であるこのクラス、ノイローゼの一歩前になっていた
大林先生・・・・・ 実に気の毒である


次の授業は、急遽中止となり、生徒たちの取調べがクラスで始まったのだ

249 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 11:32:43
>「 なんだごりゃーーー!!(ー_ー)!!」 先生も叫ぶ、「誰だ!誰がこんな事を!!」
>なんというクラスを受け持ってしまったのだろうと

>なんというクラスを受け持ってしまったのだろうと
そこですかっwww

250 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:06:49
とっその時、遅刻してきた「ブーゾ」が教室に入ってきた



※ 
サブキャラ ↓

「岩田勇三」
通称 「ブーゾ」

デブのブーに、ゆうぞうのゾがミックスされた造語を蔑称にされたあだ名である

身長約180cm、体重110kg以上の中学生にしては巨漢の体躯で、筋力も並ではない男
普段は温厚だが、ひとたびキレると大魔神と化す! その剛力は同世代の標準をはるかに凌駕する!
自分の全力を出すとどうなってしまうかは想像がつくので、いつも力をセーブしている優しい男だが
公式でも数回は、マックスの喧嘩をしているはずである
もちろん、相手は惨劇の結果としてもろくも朽ち果てている
意外とオタクっぽいところもあり、無線などを趣味としていたり、当時バンド数の少ないFM放送を愛聴していたりした
デブで汗っかきな為、塩分を過剰に摂取するが、またそれが汗として体から出る為、ブーゾが運動すると
体から塩素系の汗が大量に発生し、プールに入る前に入る塩素の風呂に似たとても臭い体臭を発する!!
その体表面には、体から出た塩分がこびりつき、ザラザラの皮膚に変貌し、超鮫肌になっており
運動した後のブーゾに触れるのは、大根オロシ器に体をこすったのと同じであり、非常に危険であった
20代前半で結婚した時、披露宴で泣いたのは非常に印象的であると、後の西野けんちゃんは語っていた
相撲部屋に入ったら十両は確実ではなかっただろうか・・・


251 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:13:41
ブーゾは、教室のその異質な雰囲気に呑まれていた・・・・・ 何事かがあったのは間違いない雰囲気
先生もブーゾの事など知らぬ顔で、泡を吹きながら、犯人に対して呼びかけていた、しっしかし
この教室の生徒が犯人とは限らないはず、このクラスの中にいたとしても、今現在この中にいるかどうかは
全く持って確信が持てないはずなのに、もっと推理を働かせられないのか、教師と言う人種は・・・・・
今、このクラスで、被害に遭ってないのは、今登校してきたブーゾだけであり、その他の生徒は全て
被害者であった・・・ しかし自作自演で自分も被害者のふりをするのは可能である
だが、ウジケンの授業をフルに出ていた者に、実行する事は不可能であり、今来たばかりのブーゾ以外は
見学していた者しか、教室に戻る事はできないはずだった・・・・
これについては1年6組も同じである

ここで、いくつかの仮説が立てられる



252 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:18:47
1. 体育の見学者が、そーっと抜け出して教室に戻り、一気に切り裂き魔と化して、凶行におよんだ

2. 隣のクラスとは限らないので、1から4組、そして7組の生徒の誰かが、体育をしている5組6組に進入し切り裂き魔になった

3. ブーゾが遅刻したふりをしているが、実はもっと早い時間に来ており、いつもデブだの臭いだのと言われている鬱憤を
  晴らす為に切り裂き魔と化した

4. 全く関係の無い部外者が侵入し、切り裂き魔となった

5. ノイローゼ気味だった大林先生が切り裂き魔となった

5については、当時誰も言う人はいなかったが、今思うと、こういう推理もできることに気付くのだ

まぁ先生がやったとは思えないので、とりあえず5は省いて進行しよう

253 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:26:09
自首しろと犯人に呼びかけたところで、こんな悪戯をする犯人が、そうそう自首してくるわけがなく
とりあえず、この犯行について、細かい検証が行われる事となった
使用した凶器は、鋭利な刃物であり、分厚いナイフや出刃包丁では無さそうだという結論に達した
革のカバンの切り口を見ると、薄い切り口だった為、文化包丁より細い、カッターナイフの厚めの物だろうという
検証結果となる
そして、そういったカッターを持っている者を、持ち物検査で調べていく事となった

「この中で、カッターを所持している者は名乗り出て、それを先生に差し出しなさい!」
大林先生が言う! 


さぁ、取調室と化した1年5組の教室・・・・・ この後どういった展開になるのか????









254 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:40:05
持っていても持っていないと嘘をつかれる恐れがある為、カバンの中身とロッカーの中にある
バックの中身を全て見せるように言われ、順番に先生に見せ始まった・・・・

しかし、誰も持っていないし、被害者の中からは、
「なんで俺らがこんな取調べ受けなきゃならんの?」 「被害者なのに!」 という文句まで飛び出してきた

とっその時、全く被害に遭ってない、ブーゾの番になり、カバンの中を見ると、そこにはカッターが入っていた!!!
担任は、「なんでこんなカッターを持っている?! 何に使ったんだ?」 と問いただした
しかし、ブーゾは 「鉛筆を削ったりするのに持ってるんです」 と普通の答え・・・・まぁ誰でもそう言うだろう
カッターには、切った後はあっても、そこにこびりついている物は無く、カッターを持っていたというだけで
ブーゾに特定する事はできなかったが、最重要容疑者であることに変わりは無かった
それが決定的になったのが、他の生徒でカッターを所持している者が一人もいなかったからである!!
こうなると、ブーゾも分が悪い・・・・ 謎の遅刻、そしてカッターの所持、いつも小馬鹿にされているという現実
動機と、状況証拠は揃っていると言っても過言ではなかった・・・・


255 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 12:45:15
しかし、頑なに無実を訴えるブーゾ! クラスメイトからは、いい加減に白状しろとか言われる始末だが
顔を真っ赤にして、それを否定しながら、発狂しだしたブーゾ!! そのあまりの迫力と、詰め寄ってきた時の
メガトン級の突進に、みんなが一旦ブーゾを制す為に、なだめたほどである・・・・
聞くところによると、医者に行ってから学校に来たようであり、裏も取れたのだが、犯行に及ぶ時間はあるように思えた
もうこうなると、犯人の自首による解決しかなかったが、それは不可能に近い・・・・
学年主任の先生からも、早い解決を迫られてる担任の大林先生も頭を抱えた・・・・

事件にして警察に頼むことは出きる・・・・しかし学校内で解決しないと、また問題になってしまう・・・・警察の介入だけはしたくない・・・
ジレンマに襲われた大林だった・・・・・・







256 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 13:21:12
ロンブーゾ

257 :日本昔名無し:2008/09/18(木) 15:00:42
あれ
ロンブローゾーだったっけ

258 :宮元ただし:2008/09/18(木) 22:34:57
思考盗聴は日本では公安の盗聴手段の中心になりつつある。これは傍聴法の対象にはならない。
思考盗聴装置の機能は、
@他人の考えていること(思考)の盗聴 A他人の視覚映像のモニター B言葉、画像の他人への送信
C他人の脳へ送り込んで感知された画像の再モニター D暑い、寒い、気持ちがいいなどに感覚の感知
E入眠波(眠りに入る時に発生する脳波)の送り込みにより対象者を眠らせる
@、A、Cはスピーカーやモニターへ出力も可能 Dは脳内信号として直接自分の脳に送り込んで自分の
感覚として感知 (対象者がセックスをしていると自分の快感として味わえる)
D言葉以前の瞬間的思い付きひらめきも盗聴者にその意味する事が瞬時に理解されることや性感を自分の感覚
として感じ取れると言う事はから、感覚盗聴は頭や体に電極をあてて目を瞑って安静にして対象者と脳を連続的
に同調させる方法で行っていると考えられる。
E入眠波(眠りに入るときに発生する脳波)の送信により対象者を眠らせる
A思考盗聴による視覚映像のモニターの画像鮮明度や言葉、画像の送り込みを受信感知は対象者により個人差が大きい。
画像鮮明度の高い盗聴対象者はTVカメラとして利用される。

259 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 02:00:32
トマホークなら持ってたゾ!!!


ラバーしたやつだけど・・・・・





260 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 08:08:45
チェーザレ・ロンブローゾ(Cesare Lombroso、 1836年 - 1909年10月19日)は、イタリアの精神科医で犯罪人類学の創始者である。
ノーベル生理学・医学賞を受賞したカミッロ・ゴルジ(Camillo Golgi)の指導教官でもある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BE



261 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 08:51:33
困った大林先生は、警察に被害物を鑑識に出すと言い出した!
しかし、推測でしかないのだが、それはハッタリだったのかも知れない
そして、翌日の朝、先生は鑑識の結果、指紋がいくつも発見されたと言い出した
本人のもの、そしてその他のもの、恐らくは犯人も、被害物を持ちながら切り裂いただろうという推測の元
被害物には犯人の指紋が必ずついているだろという検証結果が出たのだった
そして、生徒全員からの指紋採取!! 
恐らくは、警察の鑑識になど出してはいなかっただろう・・・・ 恐らくハッタリである
ここまで追い詰めれば犯人が自首するだろうという、芝居掛かったトリックだったのだ
しかし、誰も出てこない・・・ ブーゾが怪しいと踏んでいた大林は、「鑑識の結果、指紋のサイズが大きかったようだ」等と
カマをかける言葉も発してきた
しかし、それに乗る犯人はいなかった・・・・・
結局は、警察沙汰にする事ができない学校側の完全敗北で、この事件は迷宮入りとなる
いまだにこの事件については、ブーゾが最重要容疑者である事には変わりなく、彼の事を「カッター大統領」と呼ぶ者さえいる

しかし、ブーゾは犯人ではないような気がする・・・そしてその真犯人とは・・・・・・・・・・




      

262 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 08:53:09

  /  \l',)   ̄ヽ  / ̄   | /  |  ( / ̄) ' ̄) 田 ↓  ┴┴    ̄ ̄)
  b  ‐┼‐    |  |     ┴|.ヽ|/.|    ̄| ̄  ×  口 ∠   白
 ‐┼‐ ‐┼‐    |  |  ]  / フ|ヽ| ヽ‐┼‐  ‐┼‐  ─  l  └─┘ll└─‐


                /     / ̄|   \
               |     /   |     |
               |    ( ̄人 ̄)     |
               |   __   __   |
               \  \・/  \・/ /
                \         /
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



263 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 09:38:49
>>261
「カッター大統領」て・・・
そして学校敗北に吹いたwwwww

264 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 11:08:58
オマツがやったのかな?

265 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 11:29:17
今頃になって、ナタでやったと真犯人が
犯行をほのめかすメールを・・・

266 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 11:45:54
ってことは、ガマットの犯人もそいつが・・

267 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 11:48:37


._________
|        |
|1年5組の人とは| 
|遊ばない様に。 |
|         |
|  。 ∧_∧ |
|___\(^▽^=) |
~ ̄ ̄ ̄ ̄⊂  つ ̄
┏━━━━━━━┓
  ∧∧  ∧∧
 (  ) (  )
"∧∧  ∧∧  ∧∧
(  ) (  ) (  )




268 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 12:20:53
↑ そういえば言われたな
(^.^)

269 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 14:40:12
マジ?! その真犯人は誰なの?










270 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 16:06:15
便器に糞入れたのも迷宮入りなんでつか?

271 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 16:50:11
迷宮入りの事件、いたずらは、過去も未来も
この当時、オマツ達がいた時期に、その頂点を極めている
なぜなら、1年5組オマツ隊がいたからなのだ
変態性と凶悪性を兼ね備えた男、オマツ!
今、彼は何をしているのだろうか・・・

272 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 17:51:43
「大松崎工業」
「おおまつざきこうぎょう」 通称「オマツ工業」である

個人経営なので、代表が大松崎忠吉なのだ

民家や工場、企業等の外塀を主に施工する業者であり、大手ゼネコンの曾曾曾孫位のところで働く事もある
大手企業の現場で働く場合は、毎朝の朝礼がある為、朝礼台に立って安全宣言をする時に、ドモリが非情に障害になり
オマツの一番嫌な瞬間であるというwww
現場では、この朝のドモリ朝礼が無いと始まらないとまで言う、ゼネコンの所長や、出入り業者の社長までいる始末で
ある意味、スター的な存在であるオマツ!!
彼のことは後世にまで語り継がれるであろう

ごっごっごっごっごっご安ずぇんぬぃいいいいい・・・・・・・・・・・・・

273 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 18:33:55
ほんと、ご安ずぇんぬぅい・・はクリテカヒットですw


274 :日本昔名無し:2008/09/19(金) 23:46:49
オマツ隊
一番隊 組長 陽炎の左…ツル








275 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 07:06:18
オマツ隊
二番隊 組長 奇人秋樹









276 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 08:09:50
オマツ隊
三番隊 組長 ハッタリの湯落














277 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 08:12:49
オマツ隊
四番隊 組長 カリメロ畑口












278 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 08:27:55
UMA捜索隊、及び エロバッククラブ

局長 「大松崎忠吉」  ドモリのオマツである

ドモリで能無し、変わった性癖を持ち、前歯も無い・・・・・
知能は低い癖に、もっともらしい嘘をつきまくるが、その低脳さが災いしすぐにバレる
リーダーとして祭り上げられているが、ただの御輿であり、湯落のような宰相が仕切っていることが多い
この男がいる場所、いる空間には、悪戯の神でも降りてきているかのような、信じられないような事件が
数多く起こっており、その重要容疑者になることもしばしば・・・・・・
だが、本人は完全否定しており、特に糞がらみの事件については頑なに否定している!
しかし、数十年経った現在、もう一度検証してみると、やはり怪しいと思わざるをえない部分が多々出てきた

もし犯人でなかったにしても、糞にまつわる事件、事故に必ずと言っていいほど現れる男、オマツ
キングオブスカトロの称号はお前の物だ!! イケイケオマツ、今日も糞の元へ!!!!

279 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 10:49:13
このスレッドに来るようになってなぜかつげ義春

280 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 12:59:22
柘植よしはる?

281 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 13:39:56
拓殖義春

282 :日本昔名無し:2008/09/20(土) 21:29:22

    ___   オマツが全部悪い!!
   /\,,/  \                    ___
 /( ●)( ●) \               /__.))ノヽ
 |  (__人__)     |  ドン             |ミ.l _  ._ i.)
 ヽ   )__丿   /  _,=-ー-、‘ ・ ,   (^'ミ/.´= .〈=リ
   `> ´`      ̄ニ三 ,r l l l | ☆ ∵   しi u. r、_) |・.' `
 __ /        / ̄ ̄ヽこ)JJJ =D`      |   ;)3ノ  ‘ブッ
((k/        〈                    )`ー―イ 
  /  ,--、  ヽ                 ⊂リ `y'⊂リ)
 〈  〈   ヽ  \               ノ======ゝ
.....(__)...........(___`)              ....し'⌒し'′.......



283 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 04:44:53
寝なさいよ

284 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 10:25:21
途中で送信してしまってたスマソ(;`皿´)

なぜかつげ義春の漫画の世界を思い出しました。(-.-;)

285 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 10:28:32
中傷されてる…

  (⌒"⌒)
ムカ|llll――ッ!!
 .∧_∧
 (#`-Д-) バンバン!!
_(つ〃/ ̄ ̄ ̄/_
 `\/___/

ドォォォォン!!
   \;.('.⌒;;)
 ……(;;.(^.;⌒)/
Σ∧_∧(;..(⌒;;).)
!(;゜Д)((;:,(,;))
.⊂ ⊂) / ̄ ̄ ̄/
 ̄ ̄ ̄\/___/ ̄



286 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 12:55:26
ツル恐るべし
恐るべしツル
。o@(・_・)@o。

287 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 17:50:56
中3の頃、当時自分たちよりませていた、中2の女達が、彼氏を求めて接触してくることが増えてきた
当時、オマツは身長も175cmと特別高くはないが、同級生の中では大きいほうであり、サッカー部の練習では
見栄えのする男であった
オマツ達の同級生の男たちは、結構奥手が多くて、女と付き合ってるような男はあまりいなかった・・・
ただ、何かと目立っているサッカー部の連中は、女のほうから言い寄られてくることが多く、中3にもなると
結構カップルが誕生してきた
オマツlにはバスケ部の一つ下の女から告白され、ぐだぐだしながらも、実は嬉しかったのか、オマツは付き合うことにした
しかし、中2とはいえ、遠くから見ていたのと、二人きりで近くで見たのでは、ぜんぜん違うことに気付き、あっという間に
この恋愛は終わってしまったのだ
終盤は、オマツのほうから復縁したいと、一郎に電話をさせ、代弁してもらったりしたのだったが、低脳な女でもなければ
ドモリで歯っ欠け、話してみれば頭が悪いのが見え見えの、ちょっと喧嘩の強いお兄ちゃんでしかなく
不良少女にでもなるような女でもなければ、このヤンキー一直線に向かっていくしかないオマツと、まともに付き合おうとは
しないだろう・・・・・
だが、このオマツ、女に対しては結構紳士的なところもあり、深い関係に持っていけないところがあった
それは、オマツ自身が少女マンガのような恋愛を理想としていたからなのだった・・・ なんという気持ち悪さか・・・・(-_-;)

288 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 18:00:44
そんな風だから、高校生になってからも、同級生が17位でどんどん行きずりの女と童貞を捨てていってるのに
夢のような初体験を望んでいる少女のように、なかなか捨てきれずにいたのだった・・・・ キモイ
一番笑えたのが、近所の先輩、「ツー」に、早く童貞を捨てろと言われ、童貞卒業宣言をしたまではいいが
肝心の自分専用の女がおらず、グループでシンナーを吸う程度の女としか出会う事ができなかった・・・
生来の嘘つきである為、ツーには、今日やるはずの女が家に来ているからと言ってしまっていた
そこには一郎が遊びに来ており、ちょくちょく、ツーからの「やったか?」電話が掛かってきており
その度に、いかにも女がいるように、生活音を出すように一郎に頼んでいた・・・・・ 馬鹿かオマツ!
「お、お、お、お、女が」
「 や、や、や、やらしてくんないんだもん 」 
ツーに、電話でこう答えていたオマツ・・・・ 虚言妄想狂か??


289 :日本昔名無し:2008/09/21(日) 21:51:09
             -― ̄ ̄ ` ―--  _        
          , ´         ,    ~  ̄、"ー 、 
        _/          / ,r    _   ヽ ノ
       , ´           / /    ●   i"
    ,/   ,|           / / _i⌒ l| i  |
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ● j'__   |   サッポロ一番 塩 ・・・・・・・・
  (´__   、       / /    ̄!,__,u●   |   
       ̄ ̄`ヾ_     し       u l| i /ヽ、
          ,_  \           ノ(`'__ノ
        (__  ̄~" __ , --‐一~⊂  ⊃_
           ̄ ̄ ̄      ⊂ ̄    __⊃
                   ⊂_____⊃


290 :日本昔名無し:2008/09/22(月) 00:26:46
あいつは中学の時から歯がなかったんだっけ?

291 :日本昔名無し:2008/09/22(月) 01:25:29
小学6年から無い
ブァバとのケンカで頭突き食らって折れた
カルシウム不足
インスタントラーメンの食いすぎ

292 :日本昔名無し:2008/09/22(月) 11:55:10
共同風呂

293 :日本昔名無し:2008/09/23(火) 08:39:21
次おながいします

294 :日本昔名無し:2008/09/23(火) 12:45:46
四寸ブロック

295 :日本昔名無し:2008/09/23(火) 21:29:58
     n  ____
     ll /__.))ノヽ
    n| ̄lミl _ノ 、_i.)
    ( `ミヽ/.´・ .〈・ リ  自動販売機の
   / .)\\ r、_) |    釣りが出ネェゾゴラァ!
  /\丿 | ̄ (ニニ' /    ドモってんじゃねぇぞ兄ちゃん 
    ノ   ノ `ー―i´  


296 :日本昔名無し:2008/09/23(火) 21:47:19
なんかやったっぺァ
って
言わないで〜、
なんかやったっぺ
って
言わないで〜、
なんかやったっぺ!
って
言わないで〜、

297 :日本昔名無し:2008/09/24(水) 03:15:19
バックだとソウロウ
騎乗位が長持ち
by・・

298 :日本昔名無し:2008/09/24(水) 09:29:55
>「 や、や、や、やらしてくんないんだもん 」

そういえば、
弟も昔自分の学校の先輩にこう言ってたのを思い出しましたwプ

299 :日本昔名無し:2008/09/25(木) 14:02:16
           ___
          /ノ^,  ^ヽ\
         / (・))  (・)) ヽ
        / ⌒(__人__)⌒::: l  <wwwww
   ⊂ ̄ヽ_|   |r┬-|    |
    <_ノ_ \   `ー'´    /
        ヽ  ̄V ̄ ̄ ⌒,
        /____,、ノ /
        /    (__/
       (  (   (
        ヽ__,\_,ヽ
        (_/(_/



300 :日本昔名無し:2008/09/26(金) 06:52:40
お、お、お、おはよう

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)