5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★違法ドラッグは好きかい?

1 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 10:47:21
かなり長文だけどごめんにょ(´・ω・`)
7年前まだマジックマッシュが合法だった頃
当時21歳だったオレは、むちゃくちゃハマって、んで死にかけた話。

最初にハマったキノコの種類は笑い系だった。
当時、いつもよく行ってたエロビデ屋のレジ横にソレはあった。
ビニール袋に入った、パリパリに乾燥して、しぼんだキノコが3本入っていた。
気になったので店員に話を聞いたら夢の様な世界が6時間ぐらい味わえるとか言っている。
その店員はいつも音楽を聴きながらキメてると言うが
アッパー系なのかダウナー系なのかその説明ではよく分からなかったが
買って試してみようと思った。
何gか忘れたが一袋4500円だった。
高いのか安いのかも分からなかったが、とりあえず買ってみた。
その日は飲みに行った帰りだった事もあり少々ぐだぐだ気味だったので、その日は何もせず爆睡!
翌日、まだ試してはいなかったが、友達にそのマッシュの事を話すと、
鼻息を荒くし是非是非一緒に!!との事。
なぜか人数は増え、結局6、7人で夜にまたその店に買いにいった。
店が狭かったせいか、その狭いエロビデ屋店内のレジ前に6、7人の男が
あーだこーだと言いながら群がっている光景は異様だったと思う。
入ってきたサラリーマンがそのままUターンで帰っていったのを覚えている。
そして一人一袋ずつ購入し、当時、オレらの中で秘密基地と呼んでいた
友達の家に車で向かった。

             >>2以降つづく



2 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 10:50:43

その友達の家とゆうのは一軒家なのだが、その当時は空き家で誰も住んでおらず、男数人が夜中に遊ぶには最適だろうとゆう理由で決定した家なのだが、
なぜ空き家かというと、その友達はいわゆるお金持ちの家柄で、そいつのお婆ちゃんがマンションの部屋や一軒家を何件か所有しており、それを人に貸しているらしいのだが、その空き家というのはお婆ちゃんがそいつに「入居が決まるまで使っていい」との事。
うらやましいソイツは、その家を遊び部屋として使用していた。
毛布が数枚とCDが数枚、オーディオ機器とテレビしかない家だったが、庭が広く、そして家の中も広いし隣の家との距離も離れていて、コンパをしたり、男友達と騒ぐには最高の秘密基地だった。
マッシュの食い方を店員に聞くと、
とりあえず臭いから袋の上から砕いてジュースと一緒に飲んだり、砕いたものを味噌汁に入れたりと、色々あるから自分に合った食べ方をしろと言う。
途中、コンビニに寄った。
そして全員みそ汁を買った。
腹が減っていたせいもあるが、夜中に全員カップみそ汁を手に持ちレジに行列を作る。
全員が感じてたと思う、、、「こいつらオリジナリティ無さすぎやろ」と。
そして給湯器にも行列が出来る。
お湯が足りない奴が続出するなか、仕方なしに一人がコーヒーと飲むと言い出し、それに続いて何人かはコーヒーやジュースで飲み、何人かはみそ汁で飲んだ。
ものすごく臭くて、マズかった。
一気飲みの様な感じだった。干ししいたけを何倍にも圧縮した匂いだったのを覚えている。
飲み終わった後、体が「ブルブルッ」と震えていた。

        つづく


3 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 11:05:19
それから数分で家に着いたオレ達は薄暗い部屋でタバコを吸いながら
寝そべったりして、みんなでその時を待った。
それから10分ぐらいだろうか、足がしびれる感覚がした。
そのしびれる感覚は段々と強くなり、歩けなくなるぐらいだった。てゆうか立てない!
気持ち悪いしびれだった。寝てる時に足がしびれて起きた事はあるがそんな感覚が10分以上続いた。
ようやくしびれが収まってきたが、少し体の震えはあった。
次はどんな感覚が襲ってくるのだろう?それを乗り越えた時どんなパラダイスが待っているのか?
とタバコをくわえながら考えていた。
そして、そのタバコを灰皿に押しつけながら消し始めた時、
タバコが「ズブッズブッ」と灰皿にめりこんでいった。
「?」と思ったが、あっという間に吸い込まれていった。もうキマっていた。
他の奴を見てみると、オレと同じ足のしびれ症状がいたり、オレと目が合って大笑いしてる奴もいる。
「なんなんこれ〜」と笑いながらゴロゴロ転がっていって、そのまま違う部屋へ入っていった奴もいた。
そんなオレも他の奴がおかしくてたまらない!どうやら全員パラレルワールドに到着したみたいだ!
なんて思っていたら一人だけ笑ってない奴がいた!顔もしょんぼりしている。
どうやらキマってないみたいだ。「かわいそうに、、、」と思った、、、
      

            つづく



4 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 11:06:58

とゆうか、この家を提供してくれたカレではないか!これはかわいそうだ!
真っ先にこの話に喰いついたのはカレだし、今日来ている連中を誘ったのもカレだ!
マッシュが高いと言う奴にはお金を出してたりもしてたのに。
カワイソすぎる、、、
壁にもたれて、上を向き「なんでオレだけ〜」と困り顔でつぶやいている。
それを見たオレは大笑い!
悪いと思いながらも笑ってしまう!
笑いながらも「ごめんて!」と謝った
カレは「いや、ええで、、、オレの分まで楽しんできて!」と言うが完全にふてくされている。
そんなカレはおもむろにコンビニで買ったカワハギを取り出し、かじりだした。
カレは「カワハギめっちゃぁ美味〜い!!!!」とバクバクむさぼりつく様に食べ始めた!
どうやら若干キテるみたいだった。
唯一の救いだと思った。

           つづく



5 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 11:09:21

それからは完璧にキマりだしたオレたちは(カレは除く)、
巨大アスレチックと化したこの家で夢のような時間を過ごした。
「隊長!ここに隠し部屋があります!」と言いながら押入れを開けたりと家を探検する者、
暗闇の部屋でゲラゲラ笑いながら閉じこもっている者
行水のようにシャワーをあびている者
親父ギャグで大爆笑している者
電話で彼女に「愛してるよ」と言いまくってる者
一緒にカワハギを食べている者。
カワハギが無くなったのでコンビニダッシュしてる奴もいる。
世界平和と言うテーマで真剣に語りあったりもした。
とにかく何をしても楽しい。
そして気持ちいい!そして食べ物が美味しい!
まさしく草とエクスタシーを足したような感じだった。
いや、もっと気持ちいいかも知れない。
なにより笑いが止まらない。
みんなの事が好きでたまらない。
本当にlove&peaceな夜だった。

           つづく




6 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 11:11:24

そして朝が来て、夢のような時間が終わった、、、
「次もやろう」とか「いつ?」とか言いながら車で帰っていった。
その当時は学生もいたし、仕事持ちもいたし、プーもいたから
毎回、全員が集まれる訳じゃなかったが、
それでも最低1週間に1回は集まってやっていた。
プー組のオレも、もちろん必ず参加していた。
毎回、いろんな夢を見させてくれるマッシュに完全にハマった。
なにより合法だった事が大きかったと思う。
当時、オレ達の活動拠点は東京や大阪のように街に出たら、
違法ドラッグをすぐ買えるような街ではなかった。
オレ達のルートで手に入る事は入ったが、しょぼい売人が多かった。
連絡がつかなかったり(パクられた!?)、在庫が無いだとか、頼りないというか、、、
いつでも手に入る所もあったが、そうゆうトコに限って
ヤバすぎるお方から直に買える、知り合いサービス満点の老舗だったりする。
よく「売人やらへんか?」とスカウトされたり、裏仕事を持ちかけられたりと、
断るのにいつも必死の言い訳を考えるのも面倒くさかった。
特にジャンキーグループではなかったが、ノリでやるタイプだった。
今までは危険を犯さなければ手に入らなかった、あの快感が
今ではドコにでも売っていると言う。
ハマらない訳にはいかない!
そんなお手軽で夢の様なアイテムに見事にハマってしまった。
ハマらない奴もいたが、オレを含めその金持ちの友達などのプー組や
暇な学生組は綺麗にハマっていった。
       
           つづく



7 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 11:12:41
続けてヤると効果は薄くなっていくので、1週間に一回と決めてヤっていたのが、
3日に一回や2日に1回になっていた。
もちろん一回の服用量も増えていく。
一人でヤる時もあった。
もう脳みその形はキノコになっていた。
毎日、彼女の事よりもキノコの事ばかり考えていた。
次のトリップ場所はドコだとか、、、トリップ中に見るビデオを求め探しまわったりだとか、
マッシュの本が売っていると聞けば飛んでいき、栽培も試みた事もある。
その様子はさながらジャンキーそのものだったと思う。
「これホンマに合法か?」なんて言い出す奴もいないから
危険性なんか考えたりもしない。

更なる境地を求めていた、そんな時だった。
当時、アメ村で働いていた友達から有力な情報をGETしてしまった。
アメ村にはもっと凄いキノコが存在すると言う。
実際に試した事があるらしく、なんでもダウナー系の幻覚メインのキノコらしい。
目の前の光景が綺麗な青やら赤やらに変化していく事。
人が絵に見えたり、動きが止まって見えたりする事。
レーザー光線のパレードが始まるという事。
砂漠に寝そべっている感覚になるという事。
そして地面に吸い込まれるらしい。
決定的だったのが一袋分に2shot以上は確実に入ってるらしく
しかも値段も安いという事だった。
さすがアメリカだと思った。
その日の内に大阪に向かっていた。

           つづく

8 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 12:08:57

アメ村にある怪しさ全開の雑貨屋にそのキノコはあった。
確認した所、確かに量も多い。3shot分ぐらいはありそうだった。
値段も3000円と遥かに安い。
一緒に来ていた金持ちの友達とオレは一袋づつ買うことにした。
なんの迷いもなかった。
そして店員は言った。
「従来の食べ方じゃ殆どの成分が吸収されずに排泄物となって100%効果を発揮できない」と。
じゃあどうするか?
「ミキサーで粉にして、ソレを鍋に入れたお茶と一緒に煎じなさい!」
「そうする事で効果時間は更に伸びて20時間以上はトリップする」
まるでLSDのようだと、、、
神の声だった。
LSDの経験はなかったが、LSDはそんなに素晴しい物だったのかと感動した。
そしてなんの疑いもなく帰りにミルミキサーを買うと
オレの住んでいた1ルームマンションへGO!!となった。
店員に言われた全くその通りに作ってみた。量を間違えないように一人分づつ、、、弱火でコトコト、、、。
コップ一杯に3shot分のマッシュエキス配合ドス黒い緑茶の完成である。
どうせなら効果を高める為、空き腹でやってみようという事なので、もちろん飯は食っていない!
中を見ると胡椒を振りかけた様にマッシュの粉が舞っていた。そして臭かった。
一気に飲み干した。

                     つづく


9 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 12:10:17

足のしびれが無い!その代わり強烈な体の振るえがきた。吐き気もする。もう既に時間の感覚は無い!振るえが止まるまでどれ位時間が過ぎたのかも分からない。
気がついたら、部屋の壁がぐにゃぐにゃと歪んでいた!そして鮮やかな青色が広がっていった!
目をつむれば人の形をした色とりどりのネオン管がオレにしゃべりかけてくる!今まで見た事がない色が降ってきた。
しばらくは楽しかったが、、、何か変だった、、、
上がり方が異常だった!今まではSTOPのラインが自分で分かっていたのだが、
今回のは明らか違う!際限のない上がり方とゆうか、どこまでいくのか分からない上がり方だった。
不安に駆られた瞬間、体が震えだした。体は熱いのに寒さも感じる。
家具や着ている服の色が識別できないぐらい、視界が灰色に変色していく。
ヤバい、完全にBAD入った!と思ったら死ぬイメージが湧いてきた!ますますヤバくなってきた!
今まで経験のない最悪な状況だった!死にたい衝動に襲われてベランダから飛び降りたくなった!
BADは伝染しやすい。友達に悟られない様に布団にもぐるが、
経験した事もない状況に完全にパニックになった。
気になってふと友達を見たら友達も危機的BADになっていた!
今にも泡を吹きそうな息使い。
「オレ死ぬわ・・・」とか言っている。目は完全にうつろ。
オレの体も力が入らない・・・「死にたくない!!」と強く願った・・・

             つづく


10 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 12:12:22

オレは全身の力を振り絞って台所に向かった!水を飲むために!
水をたらふく飲んだオレはトイレに直行した!
指をつっこみ吐いた!何回も水を飲み吐き続けた!
友達にも何回も「吐け!」と言うが拒否する。
吐けないらしい。そうゆう体質らしい。
オレはずっと吐いていたから、少しづつマシになっていくのが分かった。
心配なのは友達だった。立つ事もできない。
オレは仕方無しに救急車を呼んだ。死ぬよりマシだと思ったし・・・
それに合法だから問題ないと思ってたから・・・
しかし119番の人は分かってくれない。
「マジックマッシュってなんですか?」としか言わない。
「LSDみたいな合法ドラッグ」と言うと、警察にも連絡すると言う。
「分かったから早くぅぅぅ」と言ったと思う。
ここまでかなりの時間が過ぎた。(番号確認のため折り返し電話とか)
救急車が来るまでの間、オレは意識がもうろうとしている友達を吐かそうとしていたが
まったく吐いてくれない。
やっと救急車は来た。おまわりさんと一緒に・・・
完全にオレ達を逮捕しに来たと思われるおまわりさんも
「合法ってなに?」とマッシュの名前も聞いた事がないらしい。
しかし友達の状況はヤバイらしく、すぐに吐かさないと危険だと・・・
不整脈がでているとか言っていた。
友達はタンカで運ばれていった。オレは車いすで運ばれそうになった。
すぐに「大丈夫!歩ける!」と言いながらヨタヨタと救急車に乗りこんだ。
フルサイレンの救急車の前にはパトカーの先導とゆうVIP待遇で土曜日の繁華街の中、病院に向かった。
途中、国道でパトカーが車止めをしてくれていたのが、かなりカッコよかった

                つづく

11 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 12:13:52

病院に着いて、また吐いた。トレーに吐いた。警察の見守る中で・・・
まだ胃の中にはたくさんのマッシュが入っていた。
そしてジュースのような下剤を飲まされた。CCレモンの味がした。
お医者さんは言っていた。
もし・・あのままだったら心臓が止まって死んでいた可能性もあると。
もしくはビルから飛び降りたり、もしくは人を殺していたかもしれないと。
確かにあの時、自分に羽が生えたような感覚になっていたし
家で吐いてからも意識を保つのに精一杯だった。マジで危なかった。

友達はまだ治療中だから症状の軽いオレは先に警察署に行って調書をとると言うので
オレだけ警察に向かった。
まだ少しラリッていたせいか、パトカーの中でおまわりさんの帽子を盗って遊んでいた。

取調べ室でおまわりさんに怒られた。久しぶりに怒られた。
参考にと思い持ってきたマッシュの本を見ながら、おまわりさんは教えてくれた。
「合法ドラッグは国が認可している訳じゃ無い!」と・・・
「法の目をかい潜った薬!つまり発見され有害と分かれば、すぐに違法になる!」
「安全性の保証は全くない!」と教えてくれた。
そして薬中か調べるために尿検査(最近薬を使用したか分かるらしい)をした。
マリファナは引っかからないのか?なぜかセーフだった。
そしてオレはマッシュの本をおまわりさんにプレゼントをして家に帰った。
もう夜中だった。

           つづく


12 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 12:17:14

帰りに友達に電話をした。友達はすぐにでた。
今から警察署へ行くらしい。
「早いやん?!」と驚くと胃洗浄をしたら回復し始めたらしい。
どうやら早期に治療したのが良かったらしい。
もうドラッグはしないと心に決めた日だった。

しかし、それからの数年にも続くフラッシュバックは辛かった。
自分の部屋が別次元に感じ、まだ続いてるんじゃないか?と不安になったり
その時の気持ちが甦ったり・・・意味もなく体が震えたり・・・
電車にもしばらく乗れなかった。ドアが開かなかったらどうしようとか・・・
とにかくちょっとしたきっかけで、不安になり気分が悪くなっていた。
今は全くする気にもならないが、1ヶ月後ぐらいはまだ若干マッシュがしたいと思った。
中毒性もあるらしい。

それからは全国で相次ぐ死者をだしたマジックマッシュルーム。
ニュースにも取り上げられ数年前には違法になった。
今でも合法と唱って違法間近のドラッグは売られている。
こんな危険な物にいくらつぎ込んだんだろうか。
これからもドラッグによって毎年、何人もの若者が死んでいくだろう。
この世に未練を残したまま。
最近、その友達が捕まった。奥さんと子供を残して・・・
今思えば、オレはラッキーだったと思う。
まだ合法だった時に痛い目に遭い、いろんな人に助けてもらい、そして命が助かったから。
そしてドラッグを嫌いになれたことも。

            おしまひ。。。

13 :日本昔名無し:2007/11/24(土) 18:29:42
スピリタスという劇薬ウォッカを五合(900ml)ほど一気に飲んだ。
体がしびれている感じがして、見た景色はグニャグニャ。
道路では、信号機がぐるぐる回って見えるわ、道路が右や左に動いて見えるわ、
笑った顔をした車が私を追いかけているように見えるわ、すごく怖かった。

お酒も、飲み過ぎると麻薬ですね。

14 :日本昔名無し:2007/11/30(金) 02:45:09
スピリタスは寝酒でのむ 
もちろん一杯だけ

最近一番オヌヌメ合法系って何?

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)