5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

張藝謀、パトリス・ルコントを語る会

1 :シューブリック:2007/03/10(土) 06:38:31 ID:rBJkkc2H
映画とは、視覚を直接的に刺激する娯楽であるということで、色彩感覚や間接的映像表現に
長けているふたりの巨匠を中心に映画を語り、考えてみよう!

2 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/10(土) 07:08:06 ID:qCfjAtwO
>>1のアナル感覚を直接的に刺激しながら2get

3 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/10(土) 09:50:10 ID:Bsa1pxQi
「髪結いの亭主」も「仕立て屋の恋」もすごく面白かった
まぁ、マイナーだけどね

4 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/12(月) 02:18:04 ID:DW4oPUwd
なんで「ハーフ・ア・チャンス」なんか撮ったんだろ?俺は好きだけど

5 :シューブリック:2007/03/13(火) 23:03:41 ID:2ogOO7yS
『ハーフ・ア・チャンス』はキャスティングに惹かれたのでは?若しくは、
カナル+から次回作と引き換えに撮れ撮れプレッシャーをかけられたのでは
ないかな。

6 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/14(水) 22:40:41 ID:G1CEpdO7
さっきまで橋の上の娘見てたけどパトリスルコントの映画って気持ち良い重さと暗さが無い?


7 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/15(木) 04:32:29 ID:ScDJGIva
>>6
橋の上〜はそう言えるかもしれんが
暗くて重い作品の方が多いのでは


8 :6:2007/03/16(金) 19:27:09 ID:cMaf68ve
>>7その重さと暗さが良くない?見終わったらなんか逆にほんわかするんだよね。
髪結い〜なんか特にね。


9 :シューブリック:2007/03/17(土) 23:25:04 ID:dvOn8HKF
 ルコントは、悲恋オチのメロドラマが多いけど、ライティングが明るいし、台詞や物語自体が
ウィットに富んでいるから暗くならないよね。

10 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/18(日) 09:05:28 ID:/tRdiggz
>>9
ああ確かにそうね。
登場人物もユーモラスだし
世間の暗がりにいる人達を生き生きと
描写するのが良いよね。
ただイヴォンヌの香りだけは見てて辛かった印象が

11 :シューブリック:2007/03/19(月) 01:36:51 ID:yKEpnksK
そうだね。『イヴォンヌの香り』は暗かったね。陰湿な感じあった。『サン
・ピエールの生命』も重たい映画だったよね。ダニエル・オートゥイユの表情
が何ともいえんアングルで捉えられていて、ぐっときた記憶がある。

12 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/19(月) 03:17:31 ID:l9pXDAmK
近作では歓楽通りは好きだったな。
今までより絵画的な魅力が増した感じだった
列車に乗った男は正直見てて苦痛だったよ


13 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/19(月) 13:38:46 ID:/4rNAssK
1はアホ
ついでになぜ共通項を見出せない2人の映画監督を並列で語ろうと思ったのか?
という疑問を持たず、何も無かったかのようにルコント映画のことを語ろうとする
>>3-12も ア ホ !

14 :無名画座@リバイバル上映中:2007/04/17(火) 14:52:27 ID:/uEToUW2
ルコントの映画マジで大好き!
でもあまり評価されてない?

15 :無名画座@リバイバル上映中:2007/05/06(日) 11:55:06 ID:WN17YTnu
ルコントはわかるけどかたわれはまったく知らない
ルコントみたいな映画つくるの?

16 :シューブリック:2007/06/09(土) 01:28:16 ID:jmHPM4dD
ルコントの評価はそれほど低くないよ。フランスはもちろん、日本やアメリカ
などでの知名度が高いからね。特に日本は、ルコントを常に歓迎してきたよう
に思うけど。
ルコントはフランスの映画監督で、張藝謀は中国の映画監督。彼らの違いは、
国籍ばかりではなく、ルコントは政治色の強い映画は作らない。対して、張は
中国政府から上映禁止、映画活動禁止処置を受けるほど政治的な映画を作ってる。
だから、発信しているメッセージに類似性はない。でも、映画を映像表現という
言葉に置き換えた場合、彼らに類似性が見られると思うんだよね。一例を挙げると、
ルコントは『橋の上の娘』において、ナイフ投げのシーンをアブシーンのように
撮った。張は『菊豆』で水に濡れた木綿と木綿が重なり合う様をラブシーンのよう
に魅せた。これは一例だけど、こういったことに共通点を見出すことはできると思う
んだよね。当然、これに対して否定的な見解もあると思うけど。
 

17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:21:17 ID:emps0ouO
親密すぎるうちあけ話どうだった?

18 :無名画座@リバイバル上映中:2007/08/04(土) 20:43:19 ID:XDZKd33d
>>11
サンピエールの未亡人だろ

19 :ファラスケ:2007/09/02(日) 23:02:26 ID:jOIGdTV/
>>18
サンピエールの生命は映画館で上映していた時のタイトルです。
サンピエールの未亡人というタイトルはDVD化するにあたって変更したものです。

20 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/03(月) 03:42:34 ID:bi8qvBKq
ルコントってどうも古臭くてトゥーマッチな感が否めない。
上手いけどベタちょっとベタ過ぎる。
イマジネーションを刺激しないというか
作品から一歩も広がりを感じない
閉塞的な完成度が妙に息苦しい。

21 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/03(月) 03:48:26 ID:EiYEIYYD
確かにどの作品も似たり寄ったりな感はあるよね
それを男優の雰囲気やわざと映像をモノクロに設定したりして
カモフラージュしたりはしてると思うけど
根本は変わらない

22 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/03(月) 04:06:20 ID:bi8qvBKq
そうだね。
ルコントってどうしょうもなくウェットでロマンチストなんだろうな・・・と
容易に察しがつくし、やりたい事、描きたい世界が解り易過ぎる。

完璧な世界を描くけど、知的好奇心を刺激してくれないから飽きてしまう。

23 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/03(月) 04:37:14 ID:EiYEIYYD
その点を気にするなら「リディキュール」みたいな
知的な雰囲気を楽しめる映画はおそらく気に入る思う
ルコントの映画の中でもセザール賞みたいな有名な賞をとったのはこの映画だし
彼の恋愛映画のファンには見ててつまらないと感じるかもしれないけど
まぁルコントの映画は若い人向けだよね
まだ映画を見て感銘を受けたり涙を流したり
できるぐらいの感受性のある頃でないと
知的な部分のないルコントの恋愛映画は
感動できなくなった人には見てて物足りない、飽きるってなるだろうね

24 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/03(月) 06:28:09 ID:bi8qvBKq
知的好奇心の意味が違うんですよね。
ルコントにはイマジネーションを掻き立てる作品の広がり、可能性を感じないんです。
例えばオゾンなんかはルコントにはない瑞々しい感性とか
知的好奇心をそそる作品世界の広がり、作品の外にまで広がる余韻があります。
ちなみにルコントのよさを訴える自分の周りの
30代とか40代以上の人が多いですよ。
あと個人的にセザール賞のような大衆的な賞をとる作品はあまり信用しません。
要は現代的な洗練を感じないんです。

25 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/05(水) 22:23:58 ID:h1MaWT/S
オゾンかー。オゾンは個人的には苦手だなー
こういう話しは個々の価値観の話しになってくるので
不毛なのでもう辞めにしましょう

26 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 05:57:13 ID:T+33ApUB
何年かぶりで髪結いの亭主見た。
前観た時はそれなりに面白かったけど、今回はつまんなかった。

あれって、男の理想だろうね。愛した女が一番美しい時に死ぬっていう。妄想のひとつだ。
他の男に取られるでもなく、お互い飽きるでもなく、
最高に幸せな状態で美しい方が死んでくれたら愛は完璧なままだ。

憎しみ合いもせず、愛したままの思い出で美しく死んでくれたら。
映画の中でだけは、どう理想を描いても自由だもん。
美貌も衰えず、愛情も枯れず、思い出のまま。
仕立て屋の恋でも思ったけど、この監督はロマンティストだけど、
平凡で変態な相当なエゴイストだと思う。


27 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 15:24:50 ID:ry6+BkNZ
人それぞれによって捉え方が違うね
どんな妄想を抱こうがこうやって価値観の相違を楽しめるのも映画レビューを読む楽しみのひとつ
レビューを読んで映画を選ぶには参考にはならないものが多いけど
ラストは男性側の視点、女性側の視点、で何を感じるかが大分かわってくるとおも
自分はこの映画ではヒロインがなぜ死んだのかという部分に深く考えさせられた
何を自分は思ったか等、ここで書いたところで
正しい捉え方にはならないから書こうとは思わないけど

28 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 17:22:59 ID:T+33ApUB
>自分はこの映画ではヒロインがなぜ死んだのかという部分に深く考えさせられた

簡単ですよ。ルコントが男性だから。
“理想の恋を作品の中で理想通りに描きたい”
この映画を撮る発端がこれなんです。
大切な理想の恋愛なんですから、ありきたりな醜い諍いや
ドロドロを描くなんて野暮だし、それこそ理想と違ったんでしょう。

大抵のルコント作品はファンタジー要素が強いけど、この映画も例に漏れず、
アントワーヌの初老になるまでの人生や生業などは描かれてないし、現実的な描写が極端に少ない。
それで、人間や恋の現実が描きたい訳ではなく、憧れの恋愛のエッセンスだけで
映画を構築していると容易に推察できます。妄想ではなく、当然の考察です。

ルコントは常に男の妄想を映画にしてるんですよ。
それが高校生で見た時は、大人の悲恋でドキドキしながら感動して見てたけど
実際にいろんな経験や恋愛をしてから観なおしてみると、
この監督は子供っぽい欲望や想像だけで、実際に女性を愛している訳ではないと理解できるんです。
男性には理解できないかも。男性っていつまでも妄想をやめないから。

大人になると意外に小さく見えてしまう監督です。ルコントは。


29 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 20:53:43 ID:HtVJM98X
ハーフアチャンス観た。
忘れたい(w

30 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 22:18:38 ID:ry6+BkNZ
“理想の恋を理想通りに描きたい”
これなに?ルコントがそう言ってたの?
ルコントがそう言ってたのならあなたは正しいし
勝手にそう判断したのならあなたはルコントではないのでただの妄想でしょう

ルコントが男性だからといって男性すべてがルコントの録るような恋愛に憧れてるわけじゃありませんよ
まぁ映画作りに理想は尽きものだとは思いますけどね
その理想を“良い映画を作るため”または“理想の恋愛映画を作るため”ではニュアンスがちがってきます

あなたは女性でしたか
男性はプライドの高い動物です
自分に酔いしれてしまうのもそのためです
しかし男性側の粋でロマンチックな演出を求める女性は少なくありません
“ロマンチック”これを妄想と言わずして何と言えば良いのでしょうか
女性に男性の妄想を求められてそれを小さいと言われてしまっては男性側には立場がありません
それにあなたが妄想や理想を子供っぽい小さいと判断してしまうのも
あなたが世間や物事に対する関心が減ってしまったからでしょう
先の見えてしまっている日常程つまらないものはありませんからね
この先、あなたをドキドキとさせるような出逢いがあったとしても
そのような男性らしさを“小さい”とは言わないでね

31 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 22:39:25 ID:ry6+BkNZ
ていうか本題からズレてしまっているw
ルコントが男性で理想の恋愛映画を作りたいってだけで
ヒロインを殺してしまうのはちょっとおかしいんじゃないかと思う
自分がラストのシーンの捉え方が男性側と女性側でちがうと判断したのも
男性側の自分としてはヒロインの死ぬ理由が良くわからなかったため
女性側はあなたみたいな判断をしたのかもしれないけど
ヒロインには死のうと思う理由がちゃんとあったはずという妄想が個人的にはあった
だからルコントの理想のためにヒロインを死ぬ設定にしたとは思えないわけよ
いきなり全てをわかったように言われても
人それぞれで解釈はちがうもので
その辺は本当に大人な人ならわかるはずでしょう
そんな自分も髪結い〜は2回目はつまらなく感じたは禿げ同w

32 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/17(月) 11:53:25 ID:0Vy+eMnA
あんな、家族も居ない、過去もない、色っぽくて無口でしかも巨乳、
突然やってきたハンサムでも性的魅力があるわけでもない
初老の男の一見キモい唐突なプロポーズを即答OKするような女、
どう考えても現実的じゃないし監督の理想に決まってるよ。
少なくとも『髪結いの亭主』という映画において、ルコントが思い描く理想像だったのは確か。
劇中、女の人格が独り歩きする訳じゃないんだから
なぜ死を選んだかなんてw監督のさじ加減ひとつで死なせただけでしょ。
じゃあなぜ彼女に突然死を選ばせたか・・・。
その伏線は何度も途中で見せてたじゃん。
『愛してるフリは止めてね』『愛が醒めたらそう言ってね』
女は幸せや愛は永遠には続かないと知っていたんでしょう。
いつか憎み合ったり、どちらかが心変わりしてよそ見をしたり、
互いに顔を見るのさえ嫌になったり・・・そんなことは悲しすぎるから
死んで彼の中で完璧な愛を留めておきたかったんでしょう・・・。
という夢のような純粋で健気な女性像(老けたり、愛が冷めて綺麗じゃなくなって
ヒステックになったり、愛が醒めたのに図々しくしがみついたりしない)
を描いただけ。
ルコントは女性に憧れ過ぎて、真の女性を描けない永遠の童貞野郎だと思う。

その辺が萎える。

33 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/17(月) 23:45:53 ID:kmY5SZgz

>なぜ彼女に突然死を選ばせたか・・・。
その伏線は何度も途中で見せてたじゃん。
『愛してるフリは止めてね』『愛が醒めたらそう言ってね』

では彼女が死んだ理由とは最後アントワーヌとの
SEXに愛を感じなかったということですかね?
>完璧な愛を留めておきたかった
と言ってますが彼女は愛を感じなくなったので死んだという
あなたの持論だと矛盾してることになるんじゃないんですか?
アントワーヌは愛してたのにヒロインには伝わらなかったとでも言いたいんですかね^^


 >少なくとも『髪結いの亭主』という映画において

ほんとそのとおりですよ
イヴォンヌの香りでは髪結い〜のヒロインとはまるで対極な
儚げな魅力のある女性との恋愛を描いてます
結婚まで約束し一途に愛されながら別の男性の元に走ってしまったヒロイン
この映画も彼の“理想の恋愛”になるんですかね?
ひとつの映画だけで個人的な妄想により童貞野郎とまで判断してしまう
あなたの視野の狭さが他人の意見に柔軟になれないのを今までのレスに如実に現れてますよ

34 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/18(火) 00:29:04 ID:rmJmVllM
イヴォンヌの香りは当然見てますよ。
うーん疲れるし、説明も不毛なようなので、これで最後にしますね。

同性同士では見えないことってあると思いますよ。
童貞野郎っていうのは勿論、精神的なものです。
少なくてもルコントはモテるタイプの男ではないですよ。
それは、作品世界に如実に表れています。
人間って、恋愛経験が多ければ多いほど、異性に対する美化や
盲信を止めて等身大で見れるようになりますから。
嘘もうまくついてくれれば、気持ち良く騙されることができるのですが、
ルコントの映画を見てると毎回、どこかで白けてしまう。
子供っぽくてもファンタジックでもいいけど嘘が下手が人は嘘は描かない方がいい。
そうでないとこちらが、気を使って一段上から大人になって見てあげないと作品世界が成立しない。
こんな作家は片手落ちです。
ルコントの描く男女は極端でありきたりで、夢のような女性、あざといまでの女性が出てきます。

あなたは自己投影でもされるように、必死でルコントを美化したいようですが、
それが作品を見る目を濁らせているのに気づいていないみたいです。

何しろ、ルコントは小さい。自己憐憫的な男性の描き方や
現実味のない妄想世界ばかりで成長がない映画作家です。
面白いことに恋愛を描かなかった列車に乗った男は悪くなかった。




35 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/20(木) 11:34:52 ID:H6OH55C3
注目や関心を持たれたいために普通とは違う人間性を装う
これは見栄っぱりな男女共通として言えることだと思うけど
「フェリックスとローラ」のヒロインは
現実みをおびてるような気がする
これも女性側からするとそうはとれないのかな
ルコントが女性を上手く描けてないといってもそれは
個々の主観でしか判断できないことだしそこまで躍起にならなくてもと思う
画面越しのリアル等、個人的には求めてない
それはリアルでは人と接する時緊張するが画面越しでは緊張できないから
音楽やその他芸術、創造的なものと比べても映画というのは個人的には最下部
如何に頭に残るか、印象的な映像を自分に届けてくれるか
リアルがどうこうよりもそれに限る話しだと思うけどね
個人的な主観で言えばシュールレアリスム的な普遍性のある映像の方が
ネオレアリスムよりもよりクリエイティブだよ

36 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/20(木) 11:47:22 ID:H6OH55C3
まぁ別の視点から見てみると
お国柄が元々ちがうからね〜^^
おフランスの男女の考えてることなんてわかりませんわ
それがまた1個人に絞られてくるわけだし
余計にね
彼等は私ら程恋愛に対してストイックじゃないし
そもそも恋愛の価値観自体が違うと思うのよ
あのおフランスで巨匠やってるような人にモテナイなんて言えるのがスゴい^^

37 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/20(木) 12:42:51 ID:5E00cfUJ
ID:H6OH55C3
って>>1さんですか?
同一人物にしては文章力に違いがあるような。
読解不能になってますよ。



38 :無名画座@リバイバル上映中:2007/10/18(木) 10:50:55 ID:FcxFF2Cd
歓楽通りを借りたけど、始まって10分くらいでゲンナリしてやめた。

毎回パターンが同じ。
暗くて主人公の男が不細工でキモい。
一方的で非現実的な夢を持っていて、
たいがい女のヒモになりたがってる。
こういうのも一度なら面白いがこう頻繁だと吐き気がする。

これしか引き出し持ってないんだよね。
知性とか奥行きを感じない。
展開も日本の安い2時間ドラマみたいに解りやすい。
要は多少映像凝ったメロドラマ。
見ないで悪口は言えないから、我慢して見たけど
今回で見限った。
この人はことごとくB級メロドラマ監督だわ。


39 :無名画座@リバイバル上映中:2007/10/22(月) 23:47:16 ID:kl8W4xeX
まぁ、歓楽通りはねぇ
そういう映画だわさ
どう捉えるかは人それぞれだけど

そういう映画を作ってても自分の周りのおっさん、お姉さん達やまだ若い女の子らで
ルコントファンは確かにいるんだよ
歓楽通りは彼女が見て喜んでたなぁー

まっ、僕も基本的には君の意見には同意なんだけどね
改めてそう言われると観ててつまらなくなるのでそう思わないだけ
余程、自分が他に見てる映画が高尚だと思ってるのか
それとも自分の意見が絶対だと思っているのか
自分にはそういう人を見ると滑稽に映ってしょうがないよ
ルコントにはそういう人を撮る力量は無さそうだねw

40 :無名画座@リバイバル上映中:2007/10/23(火) 02:50:06 ID:DYwFFR3I
ルコントの映画は自分には物足りないなぁ。
何っていうかこの人の映画はあまりに想定内すぐる。
ルコント映画には痺れることもできないし、
才能に嫉妬もしないし、平伏すような感動もしなかった。
けなす人に会った事がない髪結いの亭主なんて、
どのくらい期待したか解らないが、酷く平凡だった。

残念だけど見限った。

41 :無名画座@リバイバル上映中:2007/11/22(木) 09:48:42 ID:Bhnv3rf8
 言迷 

42 :無名画座@リバイバル上映中:2008/04/24(木) 20:12:03 ID:RiDIZ7Vl
「ハーフ・ア・チャンス」はルコントの黒歴史。

43 :無名画座@リバイバル上映中:2008/04/24(木) 20:22:09 ID:MTBTK3qn
なんだルコントヲタの巣窟か。

44 :無名画座@リバイバル上映中:2008/09/17(水) 15:27:18 ID:SvhcJ9sH
タンデムだっけ?男同士の哀愁漂うギャグロードムービーみたいなやつ。
あれ大好きだったんだけど、話が思い出せないっっ!
どんな映画だったっけ?


19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)