5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

砂糖湯の思ひ出

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 23:56:05 ID:yZjhyPxl
父親推奨だった。カフェインは子供に良くないからと。
毎晩食後に、空いたばかりの飯茶碗に入れて作った。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 23:28:40 ID:nl5i1cCN
砂糖湯にパンを浸して食べたっけ。
美味かったなあ。ご馳走だったよ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 23:46:35 ID:nl5i1cCN
あと、クリープを入れるとホットミルクに変身。
たまにそんな贅沢をさせてもらった。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:13:52 ID:Tw/JxmQA
魚肉ハムを厚く切ってフライパンで焼いたもの、
実家ではそれをステーキと呼んでいた。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 23:12:28 ID:Tb5PbdqO
デザート皿に冷奴を乗せ上面に醤油かけて
プリンだよ、と母親にボケかまされた。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 22:47:16 ID:CFKK50KS
たまに親父と一緒に出掛けると、おやつは決まって5ケ入りアンパンだったな。
駄菓子買い与えるのは抵抗があったのだろう。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:42:35 ID:bDvDGeAu
砂糖湯を箸でかき混ぜ砂糖を溶かす。
その後いつもぺろりと箸を舐めていた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:45:30 ID:bDvDGeAu
砂糖湯に浸した食パンは耳の部分が美味かった。
白い所はどろどろの濡れた綿のようで今ひとつ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 22:50:19 ID:bDvDGeAu
おれは毎晩角砂糖2つ。
オヤジはひとつ。やはり大人は違うんだなと思った。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:06:15 ID:bDvDGeAu
家族で初めてカップラーメンを食べた時、
このままだと栄養バランスが悪いからと、キャベツの千切りを麺に載せ湯を入れた母。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 23:34:21 ID:bDvDGeAu
ピンク色の角砂糖の時には狂喜した。
これと冷麦の色付き麺、シール付きバナナは、子供時代おれの三大美食といえよう。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:40:34 ID:U0abU6Pp
縦長のちゃぶ台。オヤジは作業服、お袋は前掛け、
兄貴とオレは薄汚れた木綿の長袖Tシャツ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:45:28 ID:U0abU6Pp
ある晩のパンにはアオカビが生えていたな。詮議の末カビを取り除いて食べたが、
腹痛起こした記憶は無いから大丈夫だったのだろう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 23:54:10 ID:U0abU6Pp
角砂糖のケース、底のカスは黄色く変色していた。
上のものを小さなトングでつまみ上げ、湯に落とす。泡を見るのが面白かった。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 06:07:49 ID:XCpnwC7u
言う所の後妻の連れ子だった自分が
冬の夜遅くまで中学の受験勉強をしてた

母が蜂蜜湯をそっと運んでくれた。
普段優しい言葉さえかけてくれない

人だったので身に沁みたねぇ〜。
60年も前の話だけど。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 22:21:02 ID:KFPmrUws
いい思い出ですね。後妻という立場上お母様は子供に厳しくしてたのかな。
ところで、きっちり2行毎に区切らなくてもいいですよ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 22:27:56 ID:KFPmrUws
今の時期には蚊取り線香と蝿取り紙が活躍した。
蝿取り紙は地獄絵図の縮小版だな。グロテスクな糞色トラップと蝿の大量死体。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 22:34:50 ID:KFPmrUws
当時内風呂はあったけど、3日に一度しか風呂を沸かさなかった。
元々面倒臭がりなので全く異論はなかった。臭ってたかもね、でもまあいいや。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 16:57:56 ID:rY8+2qsO
砂糖湯で思い出すのは、昭和初期の縁側で日向ぼっこの茶受けは
手の平に盛られた三盆白をお茶飲みながら嘗めていたっけ。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)