5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【1999年】東海村臨界被曝事故【9月30日】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 19:14:26 ID:dU3sRYcY
あまり語られないこの事件について語ろうか・・・


http://csx.jp/~gabana/genpatu/jco-list.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 19:17:25 ID:dU3sRYcY
東海村JCO臨界事故(とうかいむらジェイシーオーりんかいじこ)は、
1999年9月30日、茨城県那珂郡東海村でJCO(株式会社ジェー・シー・オー)
(住友金属鉱山の子会社)の核燃料加工施設が起こした臨界事故。
初めて被曝による死者2名を出した日本最悪の原子力事故である。


1999年9月30日、JCOの核燃料加工施設内で核燃料サイクル開発機構の
高速増殖実験炉「常陽」向けの燃料加工の工程中に、
ウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が発生。約20時間持続した。
至近距離で致死量の中性子線を浴びた作業員3人中、2人が死亡した。


ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E6%9D%91JCO%E8%87%A8%E7%95%8C%E4%BA%8B%E6%95%85

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 19:19:18 ID:dU3sRYcY
事故は、製品であるウラン溶液(硝酸ウラニル)を均質化する工程で発生した。
溶液は本来、中性子が外に抜けやすいよう細長く作られた(形状制限された)「貯塔」で均質化を行う事になっていた。
しかし、「沈殿槽」と呼ばれる、ずんぐりした形状で周囲を冷却水のジャケットに包まれた装置を使用したために、
中性子が容器内部に過剰に保存され、臨界状態に至った。

ttp://csx.jp/~gabana/genpatu/joc-zu.htm

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 19:21:39 ID:dU3sRYcY
国際原子力事象評価尺度はレベル4。周辺の多数の住民が緊急避難を強いられた。
テレビでは当時の内閣総理大臣・小渕恵三が国民に向かって外出しないようにと呼びかけた。
現地では事故現場から半径350m以内の住民約40世帯への避難要請、500m以内の住民への避難勧告、
10km以内の住民への屋内退避/換気装置停止呼びかけ、現場周辺の県道、国道の閉鎖、
JR東日本の常磐線水戸 - 日立間、水郡線.水戸-常陸大子・常陸太田間の運転見合わせ、
常磐自動車道東海パーキングエリアの閉鎖、陸上自衛隊への災害派遣要請といった措置がとられた。
(以上の措置は全て日本で初めて)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 19:26:03 ID:dU3sRYcY
この事故では3名の作業員が推定1シーベルト以上の多量の放射線を浴びた。
彼ら3名の被曝者はヘリコプターで放射線医学総合研究所(以下放医研)へ搬送された後、
2名は造血細胞の移植の関係から東大病院などに転院され、集中治療がなされたが、
17シーベルトの被曝をした作業員(O氏・放医研→東大病院)は事故後83日後の12月21日に死亡、
また10シーベルトの被曝をした作業員(S氏・放医研→東京大学医科学研究所付属病院→東大病院)も
事故後211日後の翌年4月27日に死亡した。
死因は何れも、放射線被曝による多臓器不全である。
短時間に全身への8シーベルト以上の被曝をした場合には、ほとんど手の施しようがないのが現状である。
特に国内では、このような大量の放射線被爆をした患者の治療自体が初めてで、治療に当たった医師団も
毎日のように発生する新しい症状に、試行錯誤をしながらの治療であったと言われる。
また、最高線量の被爆をした作業員の場合は、細胞の遺伝子が強力な放射線によってズタズタになっていて、
細胞の再生が不可能だったとも言われている。
推定1〜4.5シーベルトの被曝をした作業員(Y氏・転院なし)は、
一時白血球数がゼロになったが、
その後回復し、12月20日に放医研を退院した。

↓O氏の臨床記録
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/shisaku/jco/tokaihib.htm

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 09:20:41 ID:h7dqm6jc
日本人より外国のほうがこの事件を記憶していたりしてな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 14:03:15 ID:???
青い光を見た

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 14:59:09 ID:ArcOFst2
壁越しとはいえ臨界の光を見て生き残った人がいるのが信じられない

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 17:17:55 ID:/MWcp0p2
被曝した人は亡くなるまで意識あったらしいね

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 18:06:21 ID:h7dqm6jc
>>9
正確にはO氏被曝から59日目に心停止を起こす時までな
心停止で脳に酸素がいかなくなり脳死になったと推定される

F氏は全身の皮膚がはがれ移植した皮膚がカチカチに硬直して
目が開けられなくなった状態でも意識があったらしい
亡くなる一週間まえまでな・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 13:08:23 ID:uBnQEP9B
死んだ人に注目が集まっているが住人で被曝した人の中にはDNA損傷した人もいるんだよなww
楽して仕事をしようとしたツケは余りにも大きかったw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 16:15:19 ID:HOLDFKtf
確か中日がリーグ優勝決めた日だったな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 07:27:44 ID:Y4r06VO1
で、地元民の損害賠償はどうなっている??

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 17:08:08 ID:JWS/LRjX
放射線を激しく浴びると・・・(心臓の弱い人は見ないように)

http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1134678245796.jpg
http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1133699619431.jpg
http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1133700067635.jpg

・・・文字通り、正常な体を作る能力が崩壊してしまう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 21:10:45 ID:Xl37kwA+
>>14
上の二つもこの一件のものなの?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 23:32:52 ID:0NlwXc2w
>>15
上の二つは多分Oさんだ…

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 23:58:24 ID:???
痛みとか苦しみとかはどの程度感じるのだろうか。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 01:39:09 ID:Hl9BJ/Ni
当日、仕事で茨城にいたが、高速道路が無料通行になったな

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 20:32:13 ID:IW4IC/Lh
この事件で自分は材料さえあれば核分裂現象を簡単に起こせる事を知った

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 22:23:55 ID:OwT4sBHL
この事件の時隣町の日立に住む県会議員○○は、いの一番に高速道路使って都内に逃げたからな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 12:16:00 ID:fUbI7cOZ
常磐道使うとバレるからわざわざ磐越道使って東北道から都内に逃げたらしいね

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 22:27:02 ID:51EydJiz
>>20 国会議員じゃないの?せがれがいるよね

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 12:12:15 ID:Ctc9KUqj
>>14は本当にお家さんなの?
一番上とか、なんか海外の写真っぽいし、
一番下は「皮膚移植」とかの時期が違う気がするんだけど…

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 12:14:23 ID:???
チェレンコフ!チェレンコフ!
そんな私は原子核物理やってます。
これは常識では考えられない罠。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 13:29:05 ID:???
>>23
一番下がSさん
この写真は週刊現代に掲載してあったのでよく憶えている

2枚目はOさんでガチだと思う
確か闘病の記録本によると背中の皮膚は正常に見えるが体の前面は綺麗に皮膚がはがれていたそうだ
普通の火災による火傷でこんな症例はありえない

一枚目の写真が微妙なんだが
これもOさんの可能性が高い
この事件はむしろ海外の方がメジャー
被曝者の症例として海外の研究者医療従事者にデーターが回されているはず
海外→日本のサイトへ逆輸入されたんじゃないか?

海外ではスリーマイル島の次くらいにこの東海村の事故は認識されている

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 16:02:41 ID:???
原子力事故は大抵DQNな理由が引き起こされている


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E4%BA%8B%E6%95%85

27 :sage:2007/10/19(金) 22:47:48 ID:3ooF62Ow
>>25
一枚目は、上段・中断・下段で色が違うけど、なんで?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 23:52:39 ID:???
新潮文庫の「朽ちていった命」にも>>14に似た写真が掲載されてる。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 07:50:36 ID:???
>>27
上段、下段は同一人物だな
手の形と枕の形がいっしょなので

30 :sage:2007/10/20(土) 11:30:25 ID:z3PxuRok
>>10
F氏ってのは、どの事故で亡くなった方ですか?
日本の事故ですか?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:31:29 ID:???
ぁぁ、また間違えて名前欄に「sage」って書いてしまった orz

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 12:51:51 ID:Izu9o5Fj
>>30
Sさんの間違いじゃないか?
東海村臨界事故で被爆した人の一人

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 13:44:56 ID:???
この事故当時は、
広島の原爆のようなものを想像して
爆発が起きて火傷をした作業員がいたのかと思っていたけど
そうじゃないんだな。
今でもそう勘違いしている人がいそうだけど。

爆発なんてしてない、
目に見えない匂いもない中性子線を浴びた作業員は
瞬時に遺伝子が破壊され、新しい細胞は一切作られなくなり、
日に日に朽ちていくだけ。

事故がなくたって
原発の現場では毎日少量ずつ被爆してる作業員がいる。
人間はいつまでこんな恐ろしいエネルギーに頼るんだろうな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 18:40:52 ID:???
そういえば、この事故の直後に写真週刊誌に原発かなにかの元作業員で明らかに被爆による癌にかかった人が出てて、
管理の危険さと杜撰さを訴えていたのだがどうなったのだろうか。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/27(土) 15:47:03 ID:YB1gus08
柏崎原発、地震で放射能の汚染プールの水を被った人の続報がでない…

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 06:40:22 ID:???
>>35
命に別状は無くても足くらい切断しているんじゃないか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 17:23:05 ID:KSPi8yuy
真ん中の写真は間違いなくOさん。上は違うと思う。下はわからん。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 18:17:56 ID:UpYyuI12
医療チームに参加したドクターの話聞いたから、写真があながち間違いでもないように思えてしまう。 
中(内臓など)が溶けてドロドロって表現があってるって言っていたのが印象的。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 19:13:23 ID:DBU0igUd
私、その当時白方小学校の児童でした。急に、窓を閉めろと言われて最初は何かわかりませんでした。しかも午前中に事故があったのに、午後になってから情報が回って来たのだと後から知りました。情報は早く回して欲しいものですね

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 19:32:40 ID:rCIYF8t4
>>39
それもこれも事故隠ししたJCOのお陰だw

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 12:43:56 ID:???
>>37
下はO氏と一緒に作業して被曝したSさん
週刊現代が学会に発表された治療経過写真を無断で掲載して問題になった

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 18:14:40 ID:rWyWA1iM
救急隊員も大変やな

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 19:29:01 ID:???
>>14
背中部分も酷い状態だったんだな…

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 19:42:43 ID:bsQEBDFI
>>43
これでも身体の中で唯一皮膚が残った部分だったんじゃなかったけ?
背中の皮膚がなければもっと出血が多くて
ベッドにも寝れなかった

もっともそのくらいなら早いところ楽になったんだろうが


>>42
被爆した救急隊員はその後どうなったんだろう?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 19:53:00 ID:???
「資料」として生かされてたんだろうなぁ
電気ショックしてまで蘇生させて

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 20:00:31 ID:???
公表していない事故も結構あるんだろうな・・・

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/17(土) 20:02:13 ID:nmWOR2or
本人に鏡とか見せられないな、これは。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 00:45:46 ID:???
尋常じゃない痛みを感じるのかな。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/18(日) 11:04:01 ID:DcvdwVma
>>14
この写真、昨日別板で見たばかり。URLですぐわかった。
もう見れない・・
人間の体がこんなになってしまうなんて・・悲しすぎる。

私、勘違いしていた。これ全部同じ人かと思っていた。
一番下だけSさんで、上の二つがOさんということでいいのかな・・
まだOさんが必死に生きていた頃のニュースで、足の部分だけが
写った写真が放送された。もう真っ黒になっていて、それだけでも
すごくショックだった。

一番上のは、三つ写真あるけど一番下のはもうすでに
亡くなられているように見える。上の二つは包帯巻かれてるから
まだ生きてたのでしょうか?もしそうだとしたら、本当に言葉が出ない・・
気の毒すぎる・・
Sさんの写真も、小さいけど顔写真まであって、一番右なんか
すごく苦しそうにしている・・この人もその後亡くなられたんですね。
もう絶対、こんな悲惨な事故は起きてほしくない。心底そう思った。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 15:37:18 ID:???
当時茨城県内に住んでいましたが、
とりあえず家の金属製の雨戸を全て閉めました。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 15:48:38 ID:sBzqe97Z
発生日から2週間分くらいの新聞の切り抜き保存してあるから、
順番にうpしようと思います。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 16:24:47 ID:???
放射性物質の拡散ではなくて放射線だけが飛んでるわけだから
家に籠もるよりも逃げたほうが早いんだがなあ。

当時の所轄大臣かつ核物理の専門家だった有馬センセも
後日、指示のミスを認めている。

また、直後に内閣改造があったので政治的には誰も責任を取らずに
うやむやで終わったような記憶が

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 22:52:04 ID:fA8dk+sU
>>51
yorosiku

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 09:19:06 ID:xFfjzc5z
>>14の写真を見ました。
見た途端、私は気絶してしまいました。
意識が戻ったのは、40分後でした。
世の中で起こった現実をしっかりこの目で見なくてはという思いで
見てしまったのです。
あまりにむごいです。

被害者のご家族の気持ちを思うと、やりきれません。
ご臨終の際には、奥様も立ち会ったのでしょうか?
お葬式で、棺に入れるときどんなに悲しかったことでしょう。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 09:56:22 ID:xFfjzc5z
でも・・
自分の子供とか夫がこういう目にあったとしたら、
どんなにむごい姿だったとしても、
やっぱりちゃんと本当の姿を見ると思います。
むごい姿で亡くなった家族の姿を脳裏にやきつけ、
事故を起こした人たちへの責任追及を
一生していくと思います。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 11:24:46 ID:???
>>54
瞼が閉じられなくて泣いたと
裁判の意見陳述であったな

瞼なんてもうなかったんじゃないか?・・・あの遺体の様子では

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 13:33:54 ID:???
よく、「死ぬことに比べれば辛いことは無い」と、
声高らかに説得する奴がいるが…

嘘だな。

それがよく判った。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 13:57:58 ID:xFfjzc5z
>>56
「目をつむらせてあげるための瞼がなくて、目を開けたままの状態で
お棺に入れた」ことが悲しかったということなんじゃないでしょうか?

あのご遺体の様子では、薄い皮で出来ている瞼はきっと消滅していたでしょうね。
ご遺体写真のお顔には眼球が見えています。

亡くなった方を、目をつむらせてあげられないままで
荼毘に伏せるなんて、悲しかったことでしょう。
せめて、目をつむらせて天国に送ってあげたいですよね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 14:08:03 ID:xFfjzc5z
私には医者にも(なれるほどの頭じゃないけど)看護師にも
救命救急士にも、戦場ジャーナリストにも、
なれないなと思いました。
義父がガンで亡くなったときでさえ、私は全身身震いして
血の気が引いたのに・・・
放射線被爆者の治療をしていた医師は看護師さん達は
「命の重み」を感じながら毎日使命感でがんばってたんでしょうけど。
それにしても、これほどまでの酷い状態を
目の当たりにしたら、医者や看護師だって
精神的に参ってしまったんじゃないでしょうか?


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 21:07:17 ID:xFfjzc5z
>>14の写真の一枚目ですが・・・
全身が黒くなっていますね。
黒いというのをどう解釈すればいいのでしょうか?
皮膚は剥げ落ちたそうですから、皮膚の下の筋肉がそのまま
見えているということなのでしょうけれど・・
黒色の筋肉をどうとらえればいいのか?
火事で焼け焦げたときの炭化と同じような現象なのか?
あるいは、筋肉が壊疽すると黒く変色するということなのか?

人から聞いた話では、ガンで亡くなった奥様の皮膚が土色だったとか、
重い血友病の子供が亡くなる直前に真っ黒な皮膚だったとか・・などを小耳に
はさんだことはあります。
これらの、末期がん患者さんや、血友病患者さんも
>>14写真一枚目のような、黒い状態であったのかどうか?

あるいは、ここまでの黒い状態は、中性子線被爆独特のものであるのか?
どなたか詳しい方おられますか?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 21:20:03 ID:???
>>14の一番上は
二人分の遺体の写真のように見えますが、他の放射線事故?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 21:46:54 ID:xFfjzc5z
>>61

>>14の一番上の写真のうち、

上段と下段が同一人物であり、東海村臨海事故被害者のOさんだそうですよ。
中段のは、誰なのかはわかりません(外国人?チェルノブイリ??)
写真は、日本→海外の医療研究者→日本へと、
逆流入してきたということが、ここのスレでは、語られていますよ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:09:30 ID:k8niFbV1
フィリピン人 VS イケメンホスト キックルール試合映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_071120043538_1.htm
試合中に金玉を蹴るイケメンホスト 反則映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_071119043394_1.htm
イケメンホスト VS 元プロのキックボクサー ガチ勝負映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_071116042598_1.htm


64 :60:2007/11/21(水) 00:38:31 ID:L/S12d70
http://hica.jp/kono/kogiroku/anaerobe/gangrene.html
壊疽で調べてみましたら・・・
血液がいきわたらなくなって壊疽すると、黒くなって乾燥して
ミイラのようになるということだそうです。
>>14の、一枚目の黒色の遺体は、全身壊疽ということなのかもしれませんね。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 02:09:39 ID:L/S12d70
東海村臨界事故の本
「朽ちていった命」の中に、
亡くなったOさんが、まだ意識のあるときに発した言葉が
載っています。

「こんなのはいやだ。このまま治療もやめて、家に帰る。帰る。」
「おれはモルモットじゃない」

心肺停止状態になっても、電気ショックを何度もかけられて
蘇生させられ、亡くなった後は解剖・・・

放射線被爆の研究モルモットとして
死なせてもらえなかったのだとしたら???
被害者が可哀想過ぎます。
苦しみから一日も早く解放させるために、延命治療を
やめるべきではなかったのでしょうか?


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 09:52:21 ID:???
>>64
最後の頃は昇降剤で心臓動かしていたからな
体の末端には血液が行っていなかったと思われる
全身壊疽になっていたと推定


一度心停止したときに脳に血液が回らなくなっていて
その時点で脳死になったと思われる
死体をそれから三週間「生かしていた」わけだ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 14:31:26 ID:???
研究モルモットと言うよりも、
被爆で死んだと言われない為に、
誰かの願いで、必死で生かそうとしたって感じがしてしょうがない…

DNAの破壊が判明したのが被爆7日目。
「DNAの破壊」がどんなことで、これからどうなるか、判っていた筈だ。
DNAの破壊は、細胞の分化が行われないことを示す。
そもそも細胞は、ほぼ2ヶ月で入れ替わる。半年で完全に変わるんじゃなかったかな?
つまりその時点で、越えられないXデーが見えていた筈だから。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 21:30:02 ID:???
何か火葬も土葬もできなかったというような話を聞いたんだが、
結局どうしたんだ?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 06:42:41 ID:???
>>68
その話は初めて聞いた
ソースはあるか?


チェルノブイリでは被曝死した消防隊の人の棺をコンクリで固めて
埋葬した
放射線を浴びた結果、遺体も放射性物質になっていたからな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 07:37:28 ID:???
>69
ごめん、ソースは2chなので信憑性は全くない

しかしコンクリで固めたってのもすごいな

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 07:56:47 ID:???
>>70
d、しかし考えられない事じゃない

イギリスで元KGBの人が放射性物質を飲まされて死んだが
この人も棺をコンクリでしっかり固めて埋葬された
>>26に乗っているSL1事故なんて放射汚染の酷い部位を切断して
放射線廃棄物として処理されたもんなw

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 15:48:25 ID:Pk9kp8vp
被爆者は土にも還れないのか…

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 15:57:06 ID:???
致死量分の放射線を浴びた被曝者は放射性物質扱いになるから
おいそれと土に還すわけにいかないんだよ、酷い話だけど

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 16:58:38 ID:44Q3li1q
でもさ、この東海村臨海事故の被害者は
「放射能汚染」ではなく「中性子線被爆」だよ。

「朽ちていった命」という本を読んだけど、
治療にあたった看護師達は、当初「患者の体に触れると、自分も被爆するかも?」という
不安にさいなまれていたそうな。
しかし、この事故の場合の被害者は、その心配が無かった。
逆に、なんでもないような雑菌で感染症を起こして死亡する可能性があるので、
治療に当たった医師や看護師たちは自分らの消毒に余念が無かったそうです。

チェルノブイリのときとは、違うので、
「埋葬も土葬も出来ずコンクリートで固めて埋めた」なんてことを
東海村臨海事故被害者スレで書くなんて、ひどいです。
亡くなった被害者やご遺族への中傷になりますよ。

尚、この事故のことをあまりよく知らない人が多くて
勝手に、他国の事故と混同する人がいますので
ぜひ「朽ちていった命」の本をお読みください。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 17:10:40 ID:???
広島・長崎の原爆被爆直後には、あまり注意が払われなかったが、
次第に放射線学者から出てきた問題提起がこれだった。
中性子線が放射された物質は「放射化」する。
たとえば人体を例に取ると、構成要素のカルシウム、カリウム、リン、マグネシウムなど
生存に必要な要素が「放射化」して、「内部被曝」を続ける。


つまり中性子によって体内物質が放射物質化するわけだ。
汚染云々ではなくて被曝者本人そのものが放射物質化している。
O氏に移植された妹さんの骨髄細胞だが
正常な細胞を移植したにも関わらず一、二週間で染色体が破損した。
一説によると放射物質化した本人の細胞から発生した
放射線によって破壊された可能性がある。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 18:42:23 ID:???
体内メルトダウンかよ…

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 20:52:13 ID:???
>>74
放射線被曝の心配がないのに、治療者が日和見感染症を恐れるのはなぜ?
また、「被爆」と表記するのはなぜ?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:01:42 ID:???
>>77
治療者が恐れたのはOさんが感染症を起こすことでは?
確か一度目の心停止の時は
医師が消毒してる暇はないってそのまま病室に入ったような…

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:14:40 ID:???
それなら理屈は通るんだが
治療者が自分の感染症を心配してたように読めてねえ。

日本語ってむずかしい。
失礼しました

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:32:55 ID:MoCT40fw
治療に当たった医師の人達は毎日精神的に限界だったろうなぁ・・・

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 22:44:34 ID:???
俺この事故の記事読んでから原発に抵抗を感じるようになったわ…

シムシティではつい原発建てちまうけどな

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 23:15:52 ID:???
推測に過ぎないが
グロテスクな光景やRI管理はプロだから慣れてるとは思うが、

「なるべく長く持たせろ」みたいな政治的圧力とご家族の気持ちの狭間で
疲弊しただろうと思われ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 23:50:09 ID:???
治療をする=患者さんの苦しみを長引かせるって苦悩はやはりあったみたいね
諸々複雑な事情はあったんだろうけど
安楽死が行われなかったっていうのが恐ろしい


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 02:24:37 ID:4h9Z9kTn
>>14 写真のうち、真っ黒の全身壊疽遺体は
Oさんとは違うんじゃないですか?

遺体を司法解剖した筑波大法医学教室のM教授の弁
「正面から一見すると真っ赤に火傷したような状態だった。
 しかし、全身が真っ黒になった焼死体とは違っていた。
 放射線が当たったと思われる体の前面だけがひどい火傷のような
 状態になって、皮膚の表面が全部失われ血がにじんでいた。  
 背面はあくまでも白く、正常な皮膚のように見えた。
 放射線が当たったところと、そうでないところの境界が
 くっきりと分かれていたのだ。
 このような遺体を見たのは初めてだった。」

後で亡くなったSさんの解剖では
「皮膚はまるで鎧のように硬くなっていた。」
「メスを入れた際、ザザッ、ザザッと、かつて解剖で聞いたことの無い
 音がするのを聞いた。」

とあります。(朽ちていった命ー被爆治療83日間の記録)

つまり、Oさんの遺体は全身黒ではなくて、火傷みたいに赤くなっていて
血がにじんでいたということですよね?
しかも、全身が同じ状態ではなくてマダラ模様であった。

>>14の中の、黒い写真は完全に全身がひからびて黒変し、ミイラ化のような状態ですから、
Oさんではなく、海外の放射線被爆被害者なんじゃないでしょうか???

しかし、二つ目の写真(背中にガーゼを張っていて、全身から出血と体液が染み出ているもの)
は、Oさんでしょうね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 05:53:10 ID:ADNwzVGW
もともと皮膚がない
時間経過と共に体の表面が乾燥して…

と思ったが包帯で巻いている状態で黒いからどうだろうか?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 08:39:52 ID:???
このようにして死亡するに至ったO氏の遺体の状態は、全身血まみれであり、
頭部は、頭髪が抜けて全体的に浮腫を生じて膨張するとともに、前頭部から後頭部
にかけての表皮が濃い灰白色に変色し、本件臨界事故発生時に沈殿槽に向けていたと
目される顔面は、全体的に放射線熱傷により表皮が剥脱して膨張を生じるとともに
紫褐色、帯赤黄白色等に変色し、赤黄色の膜を被ったがごとくに両目を見開き、上肢
・下肢の前面の表皮は前記熱傷によって広範囲にわたる剥脱を生じて真皮面を露出
させ、全体的に濃赤褐色、帯黄赤褐色に変じて浮腫を生じ、所々びらんを伴い、
腹部を中心に著しい膨張が生じている。
そして、上肢・下肢の背面は全体的に濃い灰白色に変じている(証拠略)など、
生前の同人を想像することができないほどの凄まじい様相を示し、正視に耐えない
その無惨さは、見る者に言葉を失わせ、臨界事故による大量被ばくがいかに壮絶な
結果を招くかを思い知らせるのみならず、そのような事故を引き起こした者への憤怒
の念を沸き立たせずにはおかないものであった。


とりあえず、ぐぐって拾った
O氏となっている部分は本名だったので変更した

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 08:42:49 ID:4h9Z9kTn
Oさんを介護した日本の看護師の言い分
「手の指同士がくっつかないように、指の一本一本に包帯を巻いた」
日本人的な細やかさ、丁寧さの表れ。

しかし、>>14の黒い遺体の手は、無造作に
ぐるぐると包帯が巻かれている。
日本人的細やかさが見られない。

よって、>>14の黒い遺体は海外の被爆者だと思う。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 09:14:45 ID:4h9Z9kTn
又、>>14の黒い遺体の写真は
胴体に対する脚の長さの割合が平均的日本人に比べて長い。
脚の長さから鑑みて、外国人ではないかと思う。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 09:37:39 ID:Z26eRtNT
自分なら殺しちゃうかも 


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 12:08:16 ID:4h9Z9kTn
Oさんを解剖した医師の話だと
体表の皮膚や、内臓などは完全に破壊されてたのに
心臓だけは全く完璧に残ってたそうですよね。
心臓の細胞だけが犯されてなかった。

これってなぜなんでしょう?
そんなことってあるんですね。胃や腸や腎臓、肝臓などは
壊滅的にやられてて、心臓だけ無傷なんて不思議ですね。
人の心臓には神様でも宿っているのでしょうか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 12:26:37 ID:???
良く判らんけど栄養を吸収する胃腸や、血液ポンプの心臓では
影響が違うんじゃないかねぇ
代謝に直接関係ある臓器とそうでない臓器と


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 12:59:55 ID:???
まあ別に神様は関係ねえだろうな

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 13:24:30 ID:OzDWzDtA
>>14 の2枚目も海外のだって聞いたけど
背中側は殆ど無傷な状態の筈とか何とか

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 14:24:03 ID:???
>>90
一度心停止した後に心臓を動かす為に投与していた昇圧薬が関係しているのかもな
末端の毛細血管に圧力かけて心臓に血液を集中させる事によって
心臓を動かしていた
他の内臓や筋組織には血液が行き渡らず壊死を起こし
メインの循環器だけが生きていた状態だったのかもな

皮膚と消化器は日々代謝していたので被曝後一週間で影響が出始めた
被曝が酷いところから徐々に火傷が進行していったそうなので
>>75にあるような内部被曝が連鎖して悪化していったのだろうか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 14:37:56 ID:???
臓器別の細胞の寿命によるんだな。

粘膜は回転が早いから、DNAズダボロにされたらすぐにダメになる。
再生不可能。

逆に神経細胞なんかは寿命が長いから最後まで生き残る。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 15:01:08 ID:???
>>95
痛覚はギリギリまで生きていたわけか・・・

97 :51:2007/11/23(金) 15:02:51 ID:???
http://garyuu.dip.jp/g/ggg/share.DownData?fid=2515

とりあえず10月1日朝刊の分だけPDFでうp。
記事が大きすぎて一度にスキャンできなかった部分については上下に分けてあるので
読みにくいかもしれません。許してつかあさい。

98 :51:2007/11/23(金) 15:03:25 ID:???
追加
蓮はcentral

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 15:04:13 ID:???
だからモルヒネの100倍の薬を投与したんだな

100 :51:2007/11/23(金) 15:47:19 ID:???
http://garyuu.dip.jp/g/ggg/share.DownData?fid=2516

続いて10月1日夕刊分。
蓮は同じくcentral。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 16:10:08 ID:???
51さん、サンクス
なんともいえない記憶が思い出されたよ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/26(月) 08:56:14 ID:EojmAmVF
OさんやSさんの葬儀に参列した代議士とか官僚(科学技術庁??)
には、誰がいますか?
当時の首相は小渕さんだったけど、小渕さんも参列したのかな?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 05:56:14 ID:???
どんなに立派な人がお葬式に来ても
その死を美辞麗句で飾っても
死んだ人は無残なだけだ。

ウルトラマンのジャミラ思い出すな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 10:09:55 ID:???
朝にこの板を見て憂鬱な気分になった…
が、自分がどれだけ原爆とか原子力のことを知らないのか、よく分かった。
もっと学ばないといけないね。
本買ってくるよ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 02:13:06 ID:???
19才の時だ。懐かしいな。
あん時はまだ日立に住んでて、消防車のアナウンスでびびってたわ。

そういや高校の先輩が東海の廃棄物の保管所っつーの?それの壁のコンクリをはったとか言ってたな。木っ端とかゴミとか見えない様に埋め込んで、ひでぇ工事だって愚痴ってたのを思い出した。

ちなみに日立の電気代はよそと比べると値引きされています。一世帯50円くらいだった気がするけど…。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 02:37:10 ID:g/VQd4Tb
オレ S氏の葬儀に行ったけど会場には入らずにいた。
オレの記憶が正しければ 代議士は誰も来ていなかったんじゃないかなぁ。
確か 日立の多賀消防署の上のほうにある葬儀場でやったんだけど。
平和台?なんか そんな名前の霊園と一緒の葬儀場だった。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 17:02:40 ID:mZ8PAcOb
この事故の時ちょうど東海村にいました。
その日TVのニュースを見るまでまさか近くでこんな事が
起こっているとは思わなかった。お天気も良かったので
洗濯物を干してパートに出かけた。事故を知り家に帰ると雨が降っていた。
洗濯物が濡れていた。放射能の汚染が怖いのでそのまま捨ててしまい
ひとまず県外に急いでで脱出した。。家族や友達から携帯に何件もの
メッセージがあった。翌日、主人の仕事でどうしても東海村に帰らなくては
いけなくなり。。。2人で泣く泣く朝一で東海村にUターン。
その日の光景は今でも忘れない。。。村に入りたいがどの道も通行止め。
村には人影がなくまるでゴーストタウンのようでした。昼間なのに
どのコンビニも閉まっていて。。。村全体がシーンと静まり返っていました。
その後引っ越しましたが、あの事故は今でも忘れられません。


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/14(金) 18:05:00 ID:???
>>107
やはりあの日、雨が降りましたよね。
私は高校生で、何も知らず帰りに水戸駅に寄りました。駅では号外が配られていて驚きました。早めに家に帰ろうと雨の中、バスを待ってると母親から携帯に着信があり…。

雨に当たっちゃダメと強く言われたことをよく覚えてます。

最近、よく思うのですが、意外に茨城以外の人はあまりこの事故を知らないんですよね…。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 00:24:49 ID:???
当時俺は 2ちゃんねるではあまり良く思われていない○○ゴミと言われている仕事をしていたのだが
発生直後は 全くと言っていいほど情報が無く 会社からの指示も「良くわからないから とりあえず行って!」というものだった。
事故発生から2時間後 俺はJCOの正門前にいたのだが それでも情報は断片的にしか入って来なかった。
当初CNNなんかは 原子力施設の爆発事故で施設の屋根が爆風で飛ばされ放射能が放出された と伝えたらしい。
消防や警察 周辺の原子力施設の車が出入りしてるだけで 差し迫った危険は感じられなかったが
俺が正門前にいたまさにその時 臨界は続いていて放射線に曝されていた。
目に見えないだけに 原子力事故は恐ろしいと思ったよ。
あのような粗末な施設で核物質を扱っていたっていう現実にも驚かされたけどね。
長文スンマセンでした。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 02:44:24 ID:???
100円ショップのバケツじゃなく500円〜数千円のバケツだったら事故は起こらなかったって事?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 06:45:11 ID:???
>>110
バケツで起こったんじゃない
バケツで高濃度のウラン溶液を樽のような大型の容器に大量にいれて
臨界反応を起こした

http://csx.jp/~gabana/genpatu/joc-zu.htm


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 08:45:22 ID:79Y1zs7V
ウンウンオクチウム

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 14:40:10 ID:???
>>110
そもそも使われていたのは、ステンレスのバケツで、
100均のバケツじゃないしw

そしてステンレスのバケツは、お値段8000円クラスだよ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 16:31:25 ID:???
亡くなった方の遺体は特注の鉛の棺に入れられ
地下10メートル以上の完全に放射能を遮断する設計の墓に埋葬された

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 19:24:42 ID:fM9Hd49z
>>114
ソースを出してくれ
事故関連本では火葬されたと読んだ記憶があるが・・・

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 22:53:33 ID:phla/klD
>>108
>意外に茨城以外の人はあまりこの事故を知らないんですよね…。

少なくとも自分の周りでは知らないやつはいないと思うが…
(千葉県内、東京都内)

どういう環境??

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 12:18:51 ID:???
>>116
事故は知っているが事故の重大性がわからないという事ではないかな?
確かに国内ではあまり報道されていない気がする。
海外の方じゃスリーマイルの次くらいに有名な事故なのにw

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 13:07:47 ID:???
チェルノブイリ最強

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 14:04:38 ID:???
チェルノブイリですらあまり報道していないなw

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 20:08:50 ID:???
チェルノブイリのはディスカバリーチャンネルでやってたね

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 21:10:32 ID:9cKv/QL9
NHKの番組で被爆者のOさんを担当していた看護婦さんが
「この人は何なんだろう…って思ってました」
みたいな事を泣きながら言ってたのが印象的だった。
その気持ちは週刊現代の写真を見て理解できた
医療のプロにそこまで言わせるような状況・・・恐ろしかった。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 22:41:51 ID:TEx7omIA
>>117
そういう人は、そもそもあんまりニュース見てないんじゃない?
かなり報道されてたよ。
反核=マスコミ大好き だし。

確かに海外と比べると
報道の内容の質は日本が格段に落ちるけどね。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 19:13:24 ID:???
>>121
NHKの番組なら、最終的に事態を収拾するために
冷却水を抜きに行くときに、上層部の関係者がこの期に
及んでも自分の手を汚さないで済ませると思っていた
って証言が印象的だった

作業をする際に現場でレクチャーをする人員が必要だった
んだが、現場でその話が出たときにそこにいた関係者は
一刻を争うのにもかかわらず、自分たちがそれをすると
いうことに思い至らなくて、消防士?に「あんたたちがやる
んだよ」と怒鳴られるまで席を立ちもしなかったって話

人間ってどこまで鈍感になれるんだろう……

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 13:36:48 ID:???
>>123
Q. 人間ってどこまで鈍感になれるんだろう……

A. 社会保険庁あたりまで

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 13:47:36 ID:???
今年の流行語だしな鈍感力。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 13:59:48 ID:???
意味が全然違うけどなw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/01(火) 17:35:03 ID:???
あけましておメルトダウン

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 13:30:58 ID:???
誰か新聞記事もう一度うPしていただけませぬか

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 19:02:06 ID:a2YSKois
この事故って、臨界しただけで放射線なり放射能による汚染はなかったんだよね?


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 02:20:19 ID:YSWfFUyd
放射線防護服ってどの位耐えられんの?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 07:24:04 ID:???
>>129
中性子被曝じゃね?
中性子にあたると物質が放射物になる。
自動的に放射性物質になるから汚染云々じゃない


>>130
現在のところ無きに等しいんじゃないか?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 20:55:43 ID:NjrEghfG
中性子爆弾って恐ろしいな…
米中露あたりは持ってるのかねぇ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 17:01:13 ID:???
>>132
原爆も爆発する直前に中性子を発生する。
広島の検証番組を見ただけでうろ覚えだったが
爆発する十秒前(爆弾落下中)に中性子は出ている。
爆発する数秒前には爆心直下の住人は中性子の直撃で即死している。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 23:52:04 ID:taP5FZ/6
俺はモルモットじゃない!

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/27(水) 00:30:40 ID:r7Rf3V21
>>134リンク先にあるなw

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 16:28:47 ID:???
寿命で死にたいよな

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:24:35 ID:DMlK2yzJ
医師団のー人が語る。
「正直に申し上げて、生きられるはずがないような大量の放射線を浴びながら、
よくもあそこまで頑張られたと思います。
大内さんのように中性子線の影響が非常に強く、
内臓までやられるケースは、世界的にみても珍しいケースです。
その意味で、大内さんの死は、放射線医学に対して、
多くの貴重なデータを残したことになります」



結果的にはモルモットだったんだよな

「ジョニーは戦場へ行った」を思い出す。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:26:51 ID:DMlK2yzJ
「ジョニーは戦場に行った」


ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD4512/story.html

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 23:54:43 ID:FkupVVkW
>>130
防護服の目的は、放射能を帯びたチリとかホコリが体に付着したり
体内に吸い込むことで起きる体内被曝と放射能汚染を防ぐための物。
放射線に対しては防護能力はほとんど無いよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 07:49:32 ID:1tUlU4hl
放射線と放射物質の区別ができない人が多いな。
自分もこの話を知るまではごっちゃにしていたが。


>>132
中性子爆弾についてだが
人間だけを殺して施設は占領して戴くという思想で開発された記憶がある。
もっとも放射線浴びた時点で施設そのものも放射性物質に変化しているから意味無い。
最近は話を聞かない。過去に作った在庫はあるんだろうが。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 08:48:41 ID:d12l6sXG
創造者の罠って漫画を思い出した
バイオハザードな内容だが
放射能ブレス食らって一瞬で被曝死するシーンはトラウマ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:07:16 ID:2HT3jC0T
>>117
事故から1年?ぐらい経ってから『NHKスペシャル』でOさんの治療記録を取り上げたのをやってたけど
あれを見なかったら、ただ「あぁ、亡くなってしまったか」としか思わなかったかもしれん。

あれほど苛酷な治療が行われ、Oさん本人の苦しみ、治療に携わった人達の苦悩というものが
如何ばかりのものだったのか…。今でも強く印象に残ってる番組だよ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:32:30 ID:kO9kl6pV
>>139放射線を防げる様な装備はまだないのか。
てか鉛って放射線通さないんだっけ?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:45:08 ID:sR1r4W8N
グレイシー柔術 VS 総合格闘技パンクラス 沖縄で行われた総合格闘技対決映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080308067577_1.htm


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 02:18:51 ID:???
日本の会社はどこも頭がいい人より社交性重視だから日本オワタ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 00:05:33 ID:yKEZTn5x
むしろ日本人は社交性がなさ過ぎる

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 18:27:13 ID:l2elqYYo
どっちも中途半端
今の日本人は根本的に弱すぎます

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 08:52:48 ID:eVXmW5z4
広島長崎では、あれと同じような被爆者がそれぞれ数万人は発生した
(即死や焼死したものを除く)。
だが、何も実質的に意味のある治療は出来なかった。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 17:40:58 ID:???
>>148
全員一週間以内に亡くなっているはずだな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 15:22:47 ID:/FCPxPHk
工場ぐるみで、勝手にQC運動をして規制を無意味にして操業していたな。
死んだり、被爆した作業員の上に、技術者がいて、自分は現場から離れて
指示をする(要するに、やばそうな所には近寄らないで安全を取る)、
そうして、いい加減な計算で、まあ大丈夫だろうてな感じで、いつもの
ように作業をしたが、あいにくといつもとは違う高濃縮ウラン燃料だった
(化学的には低濃縮も高濃縮もまったく同じ)為に、臨界を起こして
しまって、1ミリグラム相当のU235が核分裂した放射能(中性子線)を
1メートル程度以内の距離で浴びて、広島がた原爆の爆心地から300〜
500メートル相当の被爆量で、アウト。
アメリカ軍が小躍りして、情報収集にはせ参じていたのが、醜かった。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 15:21:13 ID:mt9W05em
原子力産業で働きたい方はhttp://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.htmlを御覧下さい。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/06(日) 00:18:58 ID:???
>>151
またこれか

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 02:05:21 ID:RmoWoD9p
>>151
これってどうなの?マジ?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 17:59:34 ID:???
「死ぬ寸前まで意識があった」は間違い。
お前らも火傷したことがあるなら分かるだろうが、火傷っつーのは猛烈な痛みがある。
全身を覆うような大ヤケドの場合は、鎮静剤を持続投与して眠らせるのが普通。
ヤケドが酷くなったある時点から二人とも意識は無い状態だった。

あと心筋は細胞分裂しない。産まれてから死ぬまで同じ細胞。だから放射線に強い。
脳細胞も同じだが、脳細胞どうしを接続する神経膠細胞がダメージを受けるので
放射線を浴びるとある時点でいわゆる痴呆症状を呈してくる。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 22:53:21 ID:???
今古館のニュースステーションでやってたが、
青森の六ヶ所村の施設は放射性廃棄物の一部を煙突から垂れ流してるんだそうだ・・・

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 01:39:08 ID:VRZMC8tM
中性子線を浴びると、神経繊維のどこかあるいはごく近くを中性子線が
通過するときに、水素などの原子核をたたき出してイオンの筋状の軌跡を
描いて通過する。(霧箱の中の線や泡箱の泡のようなもの)
すると、神経のイオンチャンネルが脱分極してしまい、蓄電池に例えれば
放電してしまって、神経を使って信号が伝えられない状態が持続する。
そのために、からだが動かなくなったり、脳などの組織が動作不能になる。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 16:22:59 ID:HLy/Hd9N
JOCは住友金属鉱山の子会社

158 :157:2008/04/16(水) 16:23:40 ID:HLy/Hd9N
JCOでした。スマソ

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 22:59:46 ID:???
>>156
神経死というやつか

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 00:08:43 ID:???
脳が駄目になるというのはこの場合救いかもしれんな

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 02:01:51 ID:???
上の方のレスで脳や神経にダメージはないって言ってるけど

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 00:44:48 ID:???
ニコ動にNHKスペシャルの奴があがってると思ったら消されていた

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 01:07:45 ID:???
>>162
俺も見ようとしたら消えてた
2ヶ月くらい前だが

消すなら完璧に消して欲しい('A`)

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 03:56:20 ID:2Fr8baLP
350mとか500mとかw
チェルブ事故はヨロパ全域が汚染されました
えーと、何メートルになるのかな?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 09:59:06 ID:???
>>162
すぐ消されるな

そういえば「東海村臨界被爆治療83日間の記録」は発売されてからあっという間に絶版になった

題名変えて新潮から出版したがね

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 21:53:56 ID:???
大内氏の息子は今高校3年ぐらいか

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/20(日) 10:38:26 ID:???
>>166
そんくらいかな


週刊誌の話だが
Oさんの奥さんと息子さんは村をでて暮らしているらしい

今考えてみると事故の張本人の家族で色々あって村から去ったのかな

葬儀の火葬の時も放射能がどうのと焼場から断られたらしいし

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 13:24:04 ID:YAC3CuzI
>>91
放射線は細胞分裂をできなくするから時間がたつにつれ臓器がボロボロになる
心臓は細胞分裂しない。
他の細胞は

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 13:24:35 ID:???
>>91
放射線は細胞分裂をできなくするから時間がたつにつれ臓器がボロボロになる
心臓は細胞分裂しない。から被曝してもボロボロにならない


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 19:37:47 ID:F7dDVFmO
近くに、鈴木隆行師匠の家があったのだった。

県民だが、南の方でも外出している奴は少なかったよ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 07:10:47 ID:GRnHEyYv
今丁度NHKの見てるんだけど危険性を知らされてなくバケツで作業してたってのは解せん・・・
低脳な俺だって危険すぎるってのが解るってのに

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 14:35:50 ID:???
>>171
そのNHKのやつネットで見れる?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/30(水) 14:38:02 ID:342aj1mN
>>171
そんなのやってたの?気になる

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 19:55:43 ID:???
>151
これおもろいな

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 23:58:43 ID:???
http://w-hinanjo.net/up96/file/1206674451.jpg

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:51:43 ID:2X73j7Hj
>>175
なんだこれは!!!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 00:56:38 ID:???
ニュー速で東海村だとか言われてるのを見ましたが。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:25:29 ID:???
たまげたなぁ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:34:06 ID:???
>>151
一つおしえておくよ
原発の中で働く人は日本人じゃないんだぜ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:38:13 ID:???
>179
書いた人はもう死んでるぞ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 01:42:42 ID:???
>>180
昔原発にいた人なんだろうね
今中で日本人働けないよ

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 03:01:43 ID:a/+SMYcw
>>90
消化器官の細胞分裂はすごい早く、筋肉や神経はすごいゆっくりで
脳細胞ほとんど起こらない、と聞いたことがある。
なので心臓は、DNA破壊によって異常な細胞に置き換わることが
あまりなくて、最後まで機能し続けたんじゃないかな?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 04:14:31 ID:???
>>175見れないけど何なんですか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 14:53:37 ID:???
被曝患者らしい。グロスレに貼られてた

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 15:28:13 ID:Z/PJEM9Y
腕と足を上から吊ってるような状態にしてるのは
何の意味があんだろう?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 18:08:24 ID:Zw+n1tXZ
>>185
溶ける皮膚の癒着防止
まあもうとっくに死んでるなありゃ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 01:54:16 ID:YG+t0l/Z
右足ないじゃん、だれだ?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 03:44:46 ID:aWLv/0fv
>>175
なんだこりゃ
全身の皮膚が剥がれてる感じだけど
東海村の被爆者なの?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 04:14:24 ID:q1lseth6
>>106
ソウカガッカイの専用霊園だね

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 09:54:10 ID:???
>>175
ベットの形状からするとOさんの可能性が高いな・・・・・・

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 09:59:03 ID:???
>>182
ただ脳細胞のニューロンは新しくできないから
徐々に細胞が消えていって痴呆化していくのではなかろうか?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 10:07:58 ID:???
>>190
と、思ったけど周囲が雑だ。
外国の人か?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 10:43:38 ID:YG+t0l/Z
結局週刊誌に載ったSさんの写真以外は外国のじゃないの?

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 11:04:45 ID:zr8V/GU7
Oさんの写真じゃないよ。
海外の写真だよ。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 11:09:35 ID:zr8V/GU7
>>84から>>88を見よ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 11:55:16 ID:???
>>175は海外じゃないかね〜。
確かOさんは全身赤向けになっていたときには人工呼吸器つけていたから。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 13:39:18 ID:???
本物?病室にしては不衛生な感じだし、血が絵の具みたいだ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 18:13:47 ID:zr8V/GU7
>>197
チェルノブイリだろ。まだソ連だった頃の。
旧ソ連なら、この汚らしいっぽい病室も有り得る。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 19:07:00 ID:gMXDE33V
>>14の1と3はチェルノブイリ 被曝者でぐぐると出てきた
http://images.google.com/images?q=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA+%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E8%80%85&ndsp=20&um=1&hl=ja&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja:official&start=40&sa=N

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 19:09:53 ID:???
早漏だった
781 :名無しさん@八周年:2007/07/21(土) 12:06:33 ID:itw6wr7J0
被爆して死ぬとこうなる。東海村のやつな

http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1134678245796.jpg
http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1133699619431.jpg
http://magical.s6.x-beat.com/futaba/grtsq/src/1133700067635.jpg


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 01:29:10 ID:???
一番上は違うからね。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 00:08:25 ID:???
まじめな話、NHKスペシャルは感動したよ
あの番組、なんか賞取ったんだよな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 04:24:35 ID:???
中性子線ってとこまで到達するの?
東海村の農作物は大丈夫だったの?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 05:23:01 ID:WjuThA9h
>>203
中性子は距離によって半減する
当時の農作物は全部破棄されたかな
今は心配ないと思いたいが

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 07:00:06 ID:???
近隣地域の建物や土壌は汚染大丈夫なのかな。
先のほうで、中性子を浴びた物は放射物質化するとかあるけど、普通にヤバそう。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 07:42:18 ID:???
>>205
なんか今でも広島市のガン発症率は他の政令指定都市より高いらしいからな・・・
しかし表には出ないんじゃないか??

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 15:11:56 ID:???
東海村の農作物は安全と言って食べた小渕総理がその後すぐ亡くなった。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 15:17:30 ID:???
>>207
イヤなこというなよ……

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 19:30:22 ID:???
>>207
脳疾患だから関係ない・・・はず。
一度フォーカスかなんかで脳死状態の小渕さんを写した写真が載った。
朽ちていった命の全身グルグル巻きのOさんの写真を見た時
思い出したのは何故か小渕さんだった。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/09(金) 12:15:52 ID:???
あ!?!?!?!?
http://an.to/?fjfmvprt

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 00:16:05 ID:5lVDHQH9
懐かしいな 

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 06:18:15 ID:CBNK/NE7
水戸納豆の業者は納豆が売れずに激しく被害を被った。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 07:33:39 ID:nQ/Aw79s
愛知県豊田市 清水愛美さん(15)殺人事件の現場ではしゃぐテレビ局レポーターとスタッフの映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080510085437_1.htm

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 10:58:06 ID:???
わかってるとは思うが施設周辺の放射能レベルは公表数値以上であるし、一部基準をはるかに超えてる
その対策として東海村の原発関連施設に勤めてる人はビール券を会社から支給されてる
日々アルコールを飲むと良いから

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 07:08:02 ID:???
六ヶ所村・再処理工場の直下に活断層か、M8の恐れも
読売新聞(05月25日20時02分)

 今夏の完成を目指して試運転が進む日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ヶ所村)の
直下約1キロ・メートルに、長さ15キロ・メートル以上の活断層が存在する可能性が高いことを、
東洋大社会学部の渡辺満久教授(変動地形学)らが現地調査などで突き止めた。

 周辺の断層とつながって100キロ・メートルの長さで動く恐れもあり、マグ
ニチュード8クラスの大地震を警戒しなければならないという。
千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で27日に発表する。
渡辺教授によると、再処理工場の東側に、南北方向に伸びる地形のゆがみがあり、
この下に西向きに沈む逆断層型の活断層が潜んでいるという。この活断層は、再
処理工場の真下を横切っていることになる。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 07:56:41 ID:???
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1211721150/

【社会・科学】六ヶ所村・再処理工場の直下に活断層か、M8の恐れも
1 : ◆NASA.emcN. @びらぼんφ ★:2008/05/25(日) 22:12:30 ID:???0
今夏の完成を目指して試運転が進む日本原燃の使用済み核燃料再処理工場
(青森県六ヶ所村)の直下約1キロ・メートルに、長さ15キロ・メートル以上の
活断層が存在する可能性が高いことを、東洋大社会学部の渡辺満久教授
(変動地形学)らが現地調査などで突き止めた。

周辺の断層とつながって100キロ・メートルの長さで動く恐れもあり、マグニチュード
8クラスの大地震を警戒しなければならないという。

千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で27日に発表する。

渡辺教授によると、再処理工場の東側に、南北方向に伸びる地形のゆがみがあり、
この下に西向きに沈む逆断層型の活断層が潜んでいるという。
この活断層は、再処理工場の真下を横切っていることになる。

2006年の耐震設計審査指針改定を受け、日本原燃は周辺の活断層を調査。
昨年11月にその結果を公表したが、この活断層は見つけられていない。

日本原燃は、「十分な地質調査をしたうえで活断層を洗い出し、仮に直下で地震が
起きても耐えられるように設計してある。渡辺教授らの研究結果はまだ見ていない
ので、コメントできない」としている。

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080525-OYT1T00447.htm
読売新聞 2008年5月25日20時02分

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 08:03:15 ID:???
86 :アニ‐:2008/05/26(月) 00:36:54 ID:dhu9FQfb0
着工前から活断層はあると言われてた
ないと言い張る核燃側と反対する県民で、じゃあ地質調査させようとなった
その時、退任直前の弘前大学の教授が「活断層あるけど地震は起きない」と結論して
いまがある
確か名前は今井
まだ生きてると思うからこいつに返答させろ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 14:16:00 ID:In1Pzejn
>>14での写真が見られるサイトなどがありましたら教えていただけませんか。
真剣かつ神妙な気持ちでクリックしたらオナペット探偵団とか出やがって殺意が芽生えました。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 18:28:50 ID:Zmyh3BEj
サイトがあるのかどうかは分からん。
有名な画像だから、ニュー速なんかで原発スレが立つと貼られたりするよ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 20:41:12 ID:???
ホンマにオナペット探偵団だなワロスwwwwwwwww

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 00:23:45 ID:???
ワロタw

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 03:44:11 ID:Y8i9OKiW
>>218
すまんw
不覚にもちょっとワロタw
オナペットってw
しかも探偵団てw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 18:52:20 ID:a05b86ep
『朽ちていった命』読んだけど壮絶だったよ。

放射線障害との闘いと言うよりは…、
『生きながらにして体が死んでいく…』
『生きている証であるはずの苦痛が死んでいる事の証となった…』
と言った感じ。
死んで腐敗が始まる一歩手前、組織の分解・溶解が始まった状態で生きている…
生かされている。
医療側もどうしようもない…例えるなら猛烈な勢いで錆付くエンジン…部品を
変えても…防錆処理をしてもどんどん錆びて崩れていく…何も出来ない。
細胞が再生しない…体を維持しようとしても細胞が寿命を迎える事を止めることは
出来ない…。
正に朽ち果てていくのを見ている事しか出来ない。

何かで『明らかに致死量の放射線を浴びたなら100sv程浴びて即死したほうが良い』
という言葉を読んでその時は、『自ら死を選ぶのは間違ってる。可能性に
賭けるべきだ』と思ったが今は理解出来る。


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 02:59:38 ID:???
誰か大内さんの画像おねがいします

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 12:19:00 ID:???
http://csx.jp/~gabana/genpatu/jco-oouti-sikyo.htm

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 13:19:00 ID:???
>大内さんの画像
私は怖くて見れない。
大内さんの末期の画像は・・多分
広島の原爆でかろうじて生き残ったすさまじいケロイドをした人の
写真に匹敵すると思う。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 16:20:32 ID:???
すごく小さい画像でいいなら>>14の”1133700067635.jpg”とか末尾の部分だけ
検索ワードにしてグーグルのイメージ検索すれば見れるよ

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 23:24:00 ID:???
>>227
>>224じゃないけどありがとう、全部見れた
>>175も見たけど、グロいとかそう言う気持ちより
被曝するとこうなってしまうんだな…とただただ悲しくなったよ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 20:57:27 ID:???
生きながら肉体が腐敗していくのどんな感覚だったのだろうか…

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 09:31:05 ID:MOYg0NV3
昔派遣で○木工業行ったら東海村の仕事しつこく勧められた。時給900円くらいだった

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 15:17:40 ID:???
まさに人間が「壊れる」という言葉がぴったりだな
死ぬと言うより「壊れる」

OさんもSさんも辛かったろうな
そのご家族や治療に携わった人たちも辛かったろうな
日に日に体が壊れていくのは、想像を絶する苦しみだったろう
その苦しむ様をただ見守るしかないご家族の気持ちは・・
想像するだけで涙が出て体が震えて吐き気がしてくる

こんなにトラウマになったニュースは、コンクリート詰殺人以来だ
目を背けたくなるような事件だが、背けちゃ駄目なんだな
いつまでも忘れずにいること、語り継いでいくことこそ、犠牲になられた2人に対する供養になると思う


2chに来て初めて真面目なカキコしてしまったw

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 13:56:24 ID:???
すでに>>227のいうような「1133700067635.jpg」で検索かけても見れなくなってた
本のほうにもその>>14の写真は載ってるのだろうか?
ニコ動に動画があったらしいけど削除されてるし…

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 14:22:24 ID:???
載ってない。当時週刊誌に載って批判された画像。
ニコニコには一時期上がってて当時久しぶりに見たけど、NHK物とかは速攻削除されるね。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 14:42:07 ID:???
>>233
232です、即レスありがとう!
写真は載ってないとのことだけど店頭で見かけたら手に取ってみようと思うよ
動画も見たかったな、残念


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 17:41:29 ID:???
見れるよ。
表示設定いじってフィルタリングをOFFに汁。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 18:57:32 ID:???
ttp://vo8.jp/fourSeasons/gyousei/honbun.php

色々探してたら見つけた
週刊現代の記事(画像)が4枚真ん中あたりにある

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 20:49:20 ID:???
>>236
これはまた貴重な・・・ってよく探したなーこれ。
横からいただいた。感謝。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/26(木) 21:10:31 ID:???
2枚目の画像、
「(核融合の)青い光を見た」なんて書いてあるな・・・

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 22:13:35 ID:???
このスレに感化されて「朽ち果てた命」読んだよ
家族のおりつづけた千羽鶴とか、Oさんに見せてあげたかったな
読んでいて切なくなってしまったよ
被曝…やりきれないね


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 23:19:59 ID:???
朽ち果てた命、テレビ屋が書いた本の癖に良書だよな
テレビ放映されたやつも見たかったなあ

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 10:12:12 ID:KtowrZNG
体中から体液は10gも流れ出る日もあったとか、強烈ってか壮絶だよな

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 12:53:39 ID:IWhWQ4SR
ぬるぽ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 22:24:38 ID:???
ガッ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:10:49 ID:M5OK9P53
>>240
トラウマになるぞ・・・それでも再放送してほしいが

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 15:01:59 ID:/RRRNSLw
ニコ動でうpされてたときに保存しとけばよかったな。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 15:35:58 ID:EiHBH2ot
だれかようつべにうぷしてくださいお願いします

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 00:16:51 ID:Rkxf4UAW
懐かしい

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 20:16:40 ID:???
甲状腺の病気が県内で増えた感じする。
現に私も甲状腺癌になった。
私の周囲にも甲状腺の病気になった人が数人いるしね。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 02:28:38 ID:???
NHKスペシャル、あれの再放送は難しいだろうなあ、何となく。
遺族の感情みたいなものもあるだろうし、当時だからこそ放映できたって気がする。
DVDにもなってないし、、

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 13:22:20 ID:+NFZEE77
>>248
茨城の人ですか??

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 02:11:02 ID:m40+V6Zq


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 12:47:38 ID:???
青い光が見えた!

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 15:17:16 ID:sJQLGcY8
青信号とか言うんじゃねぇだろうな!?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 20:10:55 ID:???
青い光ってちょっと見てみたい気もするけど
見えた瞬間アウトだろうね。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:26:35 ID:uUVBfdG+
チェルノブイリで青い光見て生きてるやついなかったっけ?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 23:53:36 ID:???
DQNが乗ってる車のヘッドライトも青かったよ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 10:47:02 ID:???
青い光ってチェレンコフの光のこと?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 14:22:11 ID:4P0XKVdW
【速報】原発でウラン漏れ 作業員1人被爆した模様
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1215657245/l50

画像貼られてるよ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 18:46:34 ID:???
これか

151 女尼女尼(福岡県) sage 2008/07/10(木) 12:12:12.72 ID:O95S8mr80
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader696360.jpg


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 14:51:15 ID:???
画像ない

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 23:31:56 ID:Lxcd+sHu
まだ画像残ってるじゃん

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 16:42:47 ID:???
現場のすぐ近くに住む私が来ましたよ。質問に答えます

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 20:30:27 ID:???
第一村人発見!!

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 01:07:07 ID:???
生き残っている一人は、その後普通に生活しているのだろうか。
後遺症は無いのかな。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 17:01:28 ID:???
大内・篠原両氏の上司とかな。今どうなってんだろ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 22:14:31 ID:???
俺も村人ノ
自宅の2階からJCO見える。距離は直線で2〜3kmくらい?

>>264
家族、友人は何も変わらず元気かな〜。自覚症状もないけど、
範囲外ってことで検査受けてないから実際わからん

覚えてるのはヘリが飛び交い、知ってるキャスターがいっぱい
来てたくらい?


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 08:42:55 ID:ybevmZqg
>>264
二年位前には健在で雑誌か新聞のインタビューに答えていた。

Oさんと最初となりのベッドに寝かせられていたが
Oさんが転院するときにお互いにがんばれよとエールを送ったという。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 19:08:22 ID:ag6QBMwS
http://imepita.jp/20080719/675440


この女性も被爆してる




269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 13:53:19 ID:???
本当に被曝してんのはこんなツマラン画像で楽しめてるお前の脳みそだな

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 01:27:41 ID:???
確かに

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/28(月) 03:18:03 ID:Wv4zTzVu
           /) 
          ( i ))) 
   / ̄\  / / 
   |  ^o^ | ノ / < 仰るとおりですなあ・・・
   \   /  ,/ 
   / _   /´ 
  (___)/ 

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 22:43:39 ID:???
フランスの100人被爆した事故について調べてたら
いつの間にかこの事故のこと調べてた。
本当に酷いな・・


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 09:12:51 ID:HCk6Ym/p
今ではレントゲンでも被爆レベルだと言うし
後遺症が出ない訳が無いから

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/01(金) 22:24:24 ID:???
量はすくなくても、
被爆すれば一部のDNAぶっ壊れるの?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 20:08:29 ID:DF/JIJ/F
青い光見てみたいかも・・
不謹慎だが

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 20:37:44 ID:???
つ[ブラックライト]

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 20:43:09 ID:???
NHKでやってたよね。死ぬまでのドキュメンタリー。
被爆直後は全く異常なかったらしい。普通に会話して。
が、医師は死ぬのは初めからわかっていたみたいね。
初めは腸がやられる。下痢下血で死ぬ。その次は白血球異常。
癌になるのはもっと後の話。
この事件の被爆者は、本当は3日後ぐらいに下痢で死ぬはずだったのに、
全身が朽ちるまで生かされていたんだねー。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 21:30:04 ID:???
よくわかんないけど
細胞が分裂されない時点で死ぬの確実だったんじゃ?
完璧に研究目的だよね。
本人もモルモットじゃないとか言ってたらしいし

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 21:47:08 ID:???
>>275
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:TrigaReactorCore.jpeg
ここで見れるよ。青い光

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 22:15:48 ID:???
恐怖!

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 09:00:32 ID:???
>>278
病院が移った時点でもう研究目的だよな

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 00:40:30 ID:???
事故起こしてくれた、ってホントは大喜びしたのだろうね、反原発派は
だから、犠牲者に同情してる

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 15:48:50 ID:ndcbq3ge
チェレンコフ光を浴びたら最後

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 18:07:59 ID:???
>>275
施設見学に行けば見れるよ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 18:09:31 ID:???
>>278
死ぬから野放しってわけにはいかないじゃん。
最期まで全力を尽したという姿勢が要るわけだから。
それに研究して得られるほどのものはない。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/06(水) 23:05:56 ID:???
>>278
安全性を謳い原発建設計画を推し進めていた政府が
原発事故で使者を出す訳にはいかなかった

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/07(木) 16:01:04 ID:lBtRbRWY
>>285
研究して得られたもの
遺伝子ぶっ壊れた人間は死ぬしかねーよw


これから原発事故で重症被曝者は自分の意志で安楽死を選べる法律は作るべきだね

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/08(金) 17:29:11 ID:???
そういえば日本で原水爆を無効化する研究が進められてるってどこかのニュースで見た記憶が。
アレその後どうなってんだろ。
スゲーよな、それが極秘裏に完成したら世界の核保有国軒並みプギャースwwwwwだぜ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 17:17:09 ID:???


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 14:54:28 ID:???
誰か画像再UPして下さい

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 09:03:30 ID:???
>>288
ニュートロンジャマーかよ!!!

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 09:57:09 ID:???
>>288
イイ線いってるけど開発費が全然足りないそうだ。
おまい寄付してやれ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 03:28:33 ID:???
「朽ちていった命」読みたいけど写真が怖くて買えない
写真はどのぐらい、どんな感じで載ってる?
腕の経過は載ってると聞いたが

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 19:37:16 ID:???
>>293
写真が載っているのは

・腕の時間経過
・大腸の内視鏡写真の時間経過
・心臓と筋肉の細胞比較標本
(以上カラー)

・染色体の崩壊標本
・包帯グルグル巻きのOさん
(以上モノクロ)

正直いって写真よりも病状経緯の本文の方が惨い。
初めて読んだとき夜眠れなかった。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 20:08:56 ID:???
>>294
おおありがとう
それならなんとか買えそうだ
病状はひどいだろうが、O氏の意志が気になってね…
早いレスに感謝するよ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/09(火) 07:50:05 ID:???
>>295
一週間あたりから皮膚が剥がれ始める。
そのあたりから「家に帰りたい」とか「一人にしないでくれ」と叫び始める。
「俺はモルモットじゃない」
奥さんに「チェルノブイリの被曝者は咽が渇くと言っていたが本当に乾くんだな」

Oさんは自分が死ぬ運命だったことは重々気がついていたと思える。
果たして自分に待ち受けている運命を知っていたら延命を望んだのだろうか。
本に載っているのは事実の一部分だから実際はどうだったのか。
表に出ていない事もあったかもしれない。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 22:10:49 ID:???
>>279
貼るんならこのアドレスじゃないと
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/68/TrigaReactorCore.jpeg

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 22:22:38 ID:???
>>236
ありがとう
やっぱりあの画像、ご本人だったんだね・・・

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/12(金) 21:24:00 ID:???
>>236ありがとう 私も見れました
今まで原発事故といえばチェルノブイリと
思ってたけど。。
どっかのスレでJCOのほうが怖いってあって
あちこち読んでたんだけど
「酷い事故」を「より酷い事故」にしないために
自らを犠牲にしたってあった
救急車で搬送される画像は
涙がでそうだったよ



300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/12(金) 22:00:45 ID:???
7年前に放送したNHKスペシャルの東海村事故のavi持ってるよ。
希望ならうpするけど320Mあんだよね…。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/12(金) 23:30:02 ID:???
わたしNHKでチラッとだけ見たのね
なんか暗い気持ちになってスグ消したんだけど
今頃になって見たくてあちこち探したけど
削除されてるよね

なんか国の圧力でもあるのかな
アップしてもらえるなら見てみたいな
かなりドスンと落ち込みそうだけど

ちなみにもうすぐ9月30日でしょ
ニュースでやるかな
特番とかね

一切放送されなかったら...圧力かかってるのかもね

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 02:36:15 ID:???
上げ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 04:33:37 ID:???
>>300
axfcはどう?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 04:36:09 ID:???
>>236は大内さんじゃなくて篠原さんの写真なんだな。
なんか伝わってきた情報ではそんなにひどくないようなイメージだったけど
これ見ちゃうととんでもないな。悲惨すぎる。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 04:38:07 ID:???
>>301
本当に圧力かかってるのなら再放送もできなかったはず。
すぐ削除されるのは単にNHKの番組映像だから。
今は内容にかかわらず、テレビ番組の動画公開は厳しくなってるからしょうがない。
いつかCSあたりでまたひっそりと放送してくれたらいいね。
自分は初回放送も再放送も失敗してハンパな録画しか残ってないんだ。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 08:25:29 ID:???
>>304篠原さんだったんですね。。
なんというか言葉につまります。
>>305いつか再放送されたら、こんどはちゃんと見てみたいです。

時々CMでみかける「プルサーマル」?
あんまり気にしてなかたけど
東海村の話を知って。。なんだか怖いですね


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 08:45:12 ID:0zlvH7Kr
臨界したときバチンと音がしたらしいな
コンクリートの壁をムチでひっぱたくような音だったという
臨界の色は青というのは物理の教科書で知ってたが
臨界ってそういう音がするんだなと思った


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 10:50:11 ID:???
チェレンコフ光?だっけ?

怖い 青い光なんて
コンクリートをムチでひっぱたくような音ってのは
初めて聞きました



309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 23:27:15 ID:eW+dDmnI
臨界の動画。音声付(.aviファイルだけど・・・)
ttp://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/nsrr.htm
臨界の音かどうかしらんけど・・・

>>308
NHKスペシャルではなかったけど
クローズアップ現代か何かNHKの番組でやってた

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 13:39:41 ID:???
>>309 サンクス
確かにバチンという感じの音がしているね。
それよりもカウントダウンの声が妙にエコーかかってて不気味だな。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 15:07:24 ID:???
>>236の写真のカラーバージョン見つけた。
http://www8.cao.go.jp/cstp/project/anzen/haihu09/siryo9-6-1.pdf

鬱になりそうだ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 17:28:02 ID:???
>>311 なんか、なんて言うか、
言葉にならないよね..
「被爆治療83日の記録」を読んだんだけど
ここまで写真は載ってなかったんだよね

でも本の内容と>>311の画像を照らし合わせると
鬱になりそう

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 17:45:45 ID:???
>>311
Sさんの方かな?
これは家族はもちろん医療関係者も見ていて辛かっただろうね。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 15:09:13 ID:???
白黒だと最後のほうが途中より綺麗に見えたから、皮膚移植がある程度うまく行ったのかなと思いきや・・・
カラーで見ると最後の顔の詳細が分かったわ。キツイな・・・。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 18:22:43 ID:???
一日10リットルもの輸血で延命させていたらしいな
致死量の放射線を浴びるとどうあっても助からないということを再確認させられたわけだが

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 20:29:11 ID:???
関係ないが昭和天皇も毎日かなりの量の輸血受けてたよね。
立場は違うけど両者とも生かしておく事に意味があったんだろう。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 21:52:53 ID:???
sさんは皮膚移植の際、一度は皮膚がくっついた様に見えたそうですが
結局ガチガチに硬直したようになったそうです

亡くなった後解剖でメスを入れると「ザザッザザッ」
と音がしたそうです
沢山の遺体を解剖したけど、こんな音がしたのは
この方(sさん)がはじめてだったそうです

と本で読みました


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/21(日) 10:35:42 ID:pE3BYqx0
昭和天皇は政治的な意味もあったにせよ、理由の大半は感傷だろう
こっちの場合は研究だな

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 00:16:05 ID:???
Sさんは最後まで意識があったそうだな。
こんな姿で…

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 08:43:36 ID:???
口も開かないから、最後口周りの肉を切断していたんだな・・・

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 12:26:54 ID:???
>>320えー!?そうなのか...
言われてみれば口のまわりが...

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 14:42:23 ID:???
一番右の写真、白いのはクリームか何かを塗って保護してるのかな?
それとも硬く変化してしまった皮膚なんだろうか…。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 15:12:49 ID:???
>>322
医学的資料で撮影されたものだから多分クリーム塗っていないと思う。
Sさんの致命傷はこの鎧化した皮膚だった。
腹の皮膚がどんどん厚くなって内臓を圧迫して機能不全を起こしたという文を読んだことがある。
たぶんOさんの経過写真もあるんだろうな、どこかに。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 16:04:57 ID:???
本によると...

血圧を上げるために使っていた薬は
体の中心に血液を集めるはたらきがあるみたいなのですが、
逆に末端に血液が行きにくくなり
抗生物質、抗真菌剤がいきわたらなくなり
「アスペルギルス」と言うカビが生えてきたそうです

銀白色のカビとのことなので>>311の後半の写真はそれかな?

面会の時は、あまりにも酷い状態だったので
トレックスガーゼと言うガーゼで覆い
見かけを少しでもよくしてあげたそうだよ
看護婦さんたちの心使いだって


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 16:30:43 ID:???
>>324
それはOさん。写真はSさん。

>>311の資料を読んでいると数字の書かれた無菌室の地図が載っている。
被曝した二人が放射化して放射線出していたのかな・・・。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 16:52:36 ID:???
生きている体にカビが生えるなんて恐ろしい…。

311の資料の7ページ目の右側にある沈殿槽を覗き込んでいるSさんの図が
なんだかかわいいと思ってしまった。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 21:20:49 ID:???
最後の方に被爆直後?の画像が
http://www.pref.tochigi.jp/hoken/sonota/kikikanri/pdf/utsunomiya1.pdf

最初の数ページに色々資料があるけど見方がわからない。
http://www.pref.tochigi.jp/hoken/sonota/kikikanri/pdf/utsunomiya2.pdf

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 00:50:57 ID:???
>>300
ファイルバンクの垢取ってくるのでうpして貰えませんか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 01:13:30 ID:???
俺も凄く見たい。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 01:35:46 ID:???
一応、NHKオンデマンドで配信候補にはなっているが・・・
http://www.nhk.or.jp/nhk-ondemand-blog/

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 02:19:02 ID:???
>>311
これよく見つけてきたね。GJ。
ちょっと前にうちの家族が、持病だった皮膚病でたちの悪い民間療法にハメられてさ、
悪化してるのにガンとして医者に行かないから、びらん→感染症起こして、歩けなくなって高熱出して
腐敗臭がするところまでいっちゃって、最後は大学病院で写真撮られるくらい酷い状態になったんで・・・
まあ比べるのは失礼かと思うが、この写真と近いようなのを見てたから
余計にリアルに迫ってくるわ。可哀想に・・・

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 02:23:58 ID:???
>>322
移植後の「強皮様変化」の見本写真を示しているわけだから、その通りですよ。
人間の皮膚があんな風になっちゃうんだなあ・・・。

>>323
> Sさんの致命傷はこの鎧化した皮膚だった。
> 腹の皮膚がどんどん厚くなって内臓を圧迫して機能不全を起こしたという文を読んだことがある。

それは初耳。てか篠原さんの状態もここまでひどかったとはね。
最初の頃は重症だけどなんとか助かりそうみたいな雰囲気ぽかったから
亡くなったのは感染症起こしたとか、ちょっとしたことが原因なのかと思ってたよ。
資料見たら、あーこりゃ助からんわ、最初から絶望的だったのねって・・・。

>>327
だいたいのとこは察しつくんじゃないかと思うが
具体的にドコらへんがわからん?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 07:58:09 ID:???
>>327
良く見つけてきてくれたな・・・トン

下の資料の二枚目読んだ・・・このカルテだとOさんもSさんもたぶん放置していたら長くても事故の数日後に死んだんだろうな。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 08:05:17 ID:???
>>333
×二枚目
○八枚目

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 08:40:14 ID:???
>>331 すげー いったいどんな民間療法よ
気になる チラ裏です


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 09:01:55 ID:???
シャクティパットですよ。
定説です。

337 :327:2008/09/23(火) 10:53:02 ID:???
>>332
何の資料かは見当が付くのですが、JCS1とかさっぱりです。
時間が空いたときにでもググります。

338 :300:2008/09/23(火) 11:07:31 ID:???
了解。何とかあげます。
画質はともかく動画サイズは期待しないでください。


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:00:39 ID:???
>>337
JCS

http://ja.wikipedia.org/wiki/Japan_Coma_Scale

意識判断、全部1だと思う。
このときは意識はあった。

リンパ球が急激に減少して細菌の侵入(体内細菌の活性化もある?)で
血液中の白血球が一時的に増大している?(WBC白血球測定)
被曝時の副作用の神経障害か血液中の電解質(イオンとか)の異常で
血圧低下→持ち直している?

この時点でいつ死んでもおかしくない状態だったと思う。
中性子被曝で皮膚には最初外傷がまったく無かったのが幸いだったが
これ運命の皮肉だな。
即死しなかったから後で地獄の苦しみを・・・。

340 :300:2008/09/23(火) 12:17:31 ID:???
ttp://muahome.ddo.jp/~Uploader/Action.html?Download=2950202031286
rarで。パスはnhk

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:45:46 ID:???
>>339
解説サンクス

>即死しなかったから後で地獄の苦しみを・・・。
想像するだけで胃が痛くなってくる・・・

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 13:08:11 ID:???
>>340
ありがとう。感謝

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 16:37:03 ID:???
ありがとう、久しぶりに見られました。

QOLなんて考えなくていいからサンプルとしてあらゆる薬を投与したんでしょうな。
まさに実験用丸太状態で、医者としては興味深い患者だったと考えられますね。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 04:37:43 ID:???
>>340
うpサンクス
家族が治療の継続を最後まで望んでいたというのは初めて知った
これは医師団も頑張らなければならないわけだ
本人の意思が置き去りにされてる感は否めないが

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 07:12:39 ID:???
>>344
家族も企業から「こう言えw」と言われて(脅されて)いたかもしれない。
事故の原因は被曝した三人だったし、それを楯にとられたら逆らえなかっただろうし。
そして企業の裏には・・・。

表に出ていないことも色々あるんだろうな。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 13:53:41 ID:???
東海村 臨界事故への道を見た。直接的原因は被爆三人だけど、
決定的になったのは許可した主任だな。主任がまともな最低限の知識すら持ち合わせてなかった。
企業体制が本質的原因なのは大前提での話だけど。本も読んでみるかな。

しかし家族ってのは直後は苦しんでいても生きて欲しいもんだと思うよ。あの状態が何年も続いてるならまだしも。
「こう言えw」って言われて千羽鶴折り続ける事まで強要してたのかね。
医者も最後は蘇生処置しないって告げてるわけだし。当然サンプルとして扱った面もあると思うが

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 14:08:24 ID:???
>>345 ええ?事故の原因って被爆した人なの?
あんなずんぐりむっくりな入れ物にバケツで大量に入れたから臨界がおこったんだよね。

会社の指示だろ〜。しかも危険もしらされずにさ〜。
作業したのと原因をつくったのは別じゃないか?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 16:23:33 ID:???
>>347
臨界のシステムを知らなかったのが大きいな。
関連書籍読んだら材料さえそろえば簡単に起こせることがわかった・・・。

>>346
そうだな・・・千羽鶴があった、万羽鶴だけどな・・・。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 17:54:05 ID:???
>>340
うp乙&あり!!
今日まで本でしか読んだことのなかった世界を今から視聴して参ります。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 11:04:00 ID:???
>>340 ありがとう。俺も初めて観たよ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 16:52:45 ID:???
ダウンロードしたもののファイルを開けませんってなるのだがorz
その先も英語だから何のこっちゃわからない…。
すみません、誰か教えて下さい。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 02:54:59 ID:???
>>351
RARファイルは解凍ソフトがインストールされて無いとだめ。
あとはご自分で。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 02:56:15 ID:???
>>345
>家族も企業から「こう言えw」と言われて(脅されて)いたかもしれない。

それはないだろ。むしろ被害者だったわけで。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 06:45:24 ID:???
ウラン溶液精製のために沈殿槽を使おうと提案したのはOさんかSさん、どちらかだった。
それを上司のFさんが主任に提案して許可されて使用事故に至った。

臨界の教育がされていなかったのは事実だったが
被曝の教育はしてあったのかな?
Oさんがチェルノブイリの被曝者に対して結構知識をもっていたみたいだ・・・。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 12:24:45 ID:???
>>352
ありがとう。
でもダメだった、音声しか出なくて映像が出ないんだ。
パソコンの勉強してくる…。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 16:17:03 ID:???
コーデック

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 21:26:54 ID:???
もうすぐだね9月30日

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)