5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

帝銀事件

1 :代行144:2006/02/13(月) 22:22:46 ID:tyiMQ0Tn
帝銀事件(ていぎんじけん)とは、1948年1月26日に東京都豊島区の帝国銀行
(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)椎名町支店で発生した強盗殺人事件。
東京都衛生課員を名乗る男が「近くで赤痢が発生したので予防薬を飲んでもら
う」と偽って行員16人に青酸化合物を飲ませて殺害(12人死亡4人生還)、
現金16万円と小切手を奪って逃走した。
当初は青酸化合物の扱いに熟知した旧陸軍細菌部隊関係者を中心に捜査されて
いたが、その年の8月21日にテンペラ画家平沢貞通を北海道小樽市で逮捕、
1955年4月6日に死刑が確定した。しかし、審理に不審な点が多く、冤罪である
としてその後何度も再審請求が出された。平沢貞通は刑を執行されないまま
1987年に八王子医療刑務所で病死したが、その後も支援者が名誉回復の為の
再審請求を続けている。
この事件については松本清張が『小説帝銀事件』『日本の黒い霧』で旧陸軍
細菌部隊(731部隊)関係者の犯行を示唆している。また横溝正史の『悪魔が
来たりて笛を吹く』やエラリー・クイーンの『エラリー・クイーンの国際事件
簿』等多くの推理小説が、帝銀事件を題材にして書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E9%8A%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 23:26:58 ID:bimKkbL0
2げっちよ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 01:33:54 ID:???
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/teigin.htm

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 01:34:24 ID:???
http://www.tokyo-kurenaidan.com/teigin.htm

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 22:54:47 ID:???
で?真犯人は?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 09:05:18 ID:???
元731でGHQが真相を揉み消したとか聞いた気ガス

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 14:10:49 ID:/YYN2Mgm
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/teigin.html

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 16:38:45 ID:QNhZUBs9
ハンニンハ

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/02/post_bf43.html#comments

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 18:40:28 ID:???
犯人は歯医者

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 21:17:19 ID:ucspNc0Q
そんなことより>>1よ、ちょっと聞いてくれよ。
スレとあんまり関係ないけどさ。

http://www.geocities.jp/handwashmethod/shokuyakudoku.html
↑『広域流通の医薬品・食品・ その他の毒物混入対策』

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 23:17:36 ID:+WLcro/7
若い頃の平沢貞通はカッコイイね

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 12:41:17 ID:Bz//FEpU
真犯人のS大佐は昭和24年に亡くなられたんだって

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 20:06:58 ID:VYlC0yCQ
うん かなりの色男(死語)

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 03:07:54 ID:hLELWHwA
おもいっきりテレビでやってた

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 18:06:31 ID:t8GoEOCV
映画化されとる

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 21:20:39 ID:IDlWBkRL
一審の東京地裁で死刑判決を出した江里口裁判長と、後年話す機会があった。平沢は間違いなく真犯人と自信をもって話していたのを思い出す。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 22:45:06 ID:QFan9zKk
紅林麻雄軍団が
次々と犯人をつくりますよ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 01:07:03 ID:k+13vQ2g
以前テレビ朝日かなんかでドラマ化されたような気がする。

平沢・・・仲谷昇
居木井警部補(ドラマでは別名)・・・田中邦衛
刑事部長・・・浜田寅彦
真犯人S中佐を追った刑事・・・中谷一郎

だったような・・・

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 16:28:04 ID:???
いまや跡地はマンションと変わった。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 17:01:53 ID:k+13vQ2g
アセトンシアンヒドリン

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 17:41:38 ID:I+ZdfPAy
疑惑αという本が面白かった。
真相にどれくらいちかいかはわからんが。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:47:52 ID:7qzYEKBC
初めてモンタージュ写真が捜査に使われた

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 04:09:51 ID:???
実際、事件やらかして捕まった死刑囚は、
自分が殺した被害者の霊に悩まされ、
死刑の執行日に怯え、
日々、手を合わせて、その恐怖から逃れようとするのだそうな。
当然、日に日に神経衰弱するのだと。

が、しかし、この平沢はそれらの症状が一切見られず、
毎日キョトンとしていたらしい。
看守はその様子から、「こいつは白だな」と思ったらしい。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 19:03:49 ID:y3i+NUOg
ただし事件後平沢の金回りがよくなった真相は謎である。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 19:36:46 ID:???
同級生の平澤君に、サダミチって仇名つけた。スマソ。懺悔する。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 11:29:44 ID:iL9aoLp2
名刺捜査のきっかけとなった松井博士。
博士は几帳面にも名刺交換した日付を記録していた。



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 12:01:38 ID:F5VdTGdg
当時の帝国銀行椎名町支店は質屋の建物を使用していた。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 21:28:54 ID:fRFi3r4r
帝銀事件、犯人平沢→×(?)
ロッキード事件、犯人田中角栄→○(?)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:06:21 ID:A9uK1TDo
椎名町か。懐かしいな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 02:17:25 ID:7tyN9Mqf
平沢は不運な人。
GHQの圧力により731部隊の残党の犯行を消すために犯人に仕立てあげられちゃって・・・
当時は強要した自白だけで死刑までもっていけるんだから、トンでもない世の中だったんだな

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 22:04:00 ID:eJ9EPesU
新刑事訴訟法が施行されていたら・・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 10:42:19 ID:YtQdu0PE
帝銀事件で使用された毒物は登戸研究所で開発された青酸ニトリールである。
ただし、裁判上では単に青酸化合物とされた。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 17:29:54 ID:wEw7c3F0
犯人「東京都のものですが、支店長は?」

支店長は不在だったため、吉田支店長代理が応対した。
なお、支店長代理は事件の数少ない生存者の一人である。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 18:44:05 ID:201zb22T
>>26
その松井博士を真犯人とする説もある。
博士も捕虜の人体実験か何かに関与していた事実があるので。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 10:50:55 ID:PvHOOi2R
平澤と松井名刺の関係

青函連絡船上で名刺交換

三河島(?)駅でスリにあい盗難(確かに被害届はあった)


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 23:49:01 ID:pnDRoXbS
確か住み込みで働いていた使用人の親戚(?)でたまたま遊びに来ていた子供も犠牲になったはず。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 15:32:23 ID:QIYFcEpk
跡地のマンション、賃貸なんだけど。借りてる人ってわかって借りてるのかな?
うちの子供が自転車でそこを通るたびに気持ち悪いって言う。
神社の横だからかな?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 16:04:40 ID:???
>>37
そんな事言いだしたらここもあそこも・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 20:42:51 ID:???
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.41.53.1N35.43.25.8&ZM=12
このあたりかな

大学が近所にいくつもあるから学生が住んでるのかなあ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 00:04:54 ID:???
>>18
懐かしいなあ。ビデオテープが擦り切れるほど観た記憶があるよ。

当時の捜査を指揮した高木一検事、名張毒ぶどう酒事件にも関わっていたみたいだけど、
同姓同名の他人なのかな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 23:24:27 ID:+vO5UbSs
>>40
スレ違いだが、同様にもく星号墜落事件を題材にした松本清張の「風の息」もドラマ化された。

事件の真相を追いかける二人・・・栗原小巻、根津甚八
五色沼の男(もく星号のボイスレコーダーを拾う)・・・浜田寅彦
アイガー航空社長(元航空事故調査委員)・・・中谷一郎

だったような・・・


スレ違い失礼

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 16:00:49 ID:6Qxi3Atm
ついでに中谷一郎は「謀殺下山事件」にも社会部デスク(?)役で出演している。

スレ違いスマン

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 21:28:25 ID:Cetf5ZkB
諏訪さ〜ん

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 12:42:05 ID:???
この事件の良い入門書ありますか?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:40:44 ID:eANvaZFH
劇画帝銀事件 佐藤まさあき著

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:51:29 ID:wfX7sOrt
>>18
このドラマを見た夜は眠れなかった

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:28:09 ID:???
政界真相社の男「その中に毒が入っているかもしれませんよ。」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 16:08:58 ID:F4zbxcLM
>>44
松本清張「日本の黒い霧」

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 01:46:02 ID:???
数年前の「フラッシュ」だったか「フライデー」だったかに、
帝銀事件の生々しい写真がいくつか載って衝撃を受けた。
白目向いて股間濡らした死体が十数体横たわってるのとか、
吐瀉物の瓶詰めとか。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 18:05:36 ID:l+nSwCl5
>>49
吐瀉物の瓶詰めといえば・・・

吐瀉物をしょうゆ瓶に入れたために毒物の鑑定が困難になったそうだ


記憶違いならスマン

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 11:14:42 ID:???
平和な椎名町で起こった事件。
これがきっかけか椎名町という地名はなくなった。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 11:45:45 ID:0h/vZXDQ
犯人は誰なのだろう。
他の人が犯人だったとしても、もうこの世にはいないはずだけど、
もしそうなら、何を思いながら事件後生きていたのか。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 03:11:49 ID:vBeRE4Om
真犯人ハ諏訪トイウ満731部隊ノ軍医中尉ダッタ男。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:29:16 ID:???
結局「日本の黒い霧」にある通り諏訪某が犯人なのか?
この説に反証って出てないの?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:41:18 ID:???
あるサイトでは
「元中佐は、昭和29年に死亡。」
となってるな。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:21:56 ID:Yugc4Ty1
>>54
秦郁彦「昭和史の謎を追う」

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 10:45:47 ID:n+9nXq5e
前日から降り続いた雪は雨に変わり、
それも午後にはやんだ・・・

泥水でぬかるんだ道を帝国銀行椎名町支店に向かう男が一人・・・

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:34:25 ID:li9mDaa6
なぜ1年で最も寒冷な1月末を犯行の日に選んだのか?

これは犯行に使用されたとされる、アセトン・シアン・ヒドリンの物性と
大きく関係ある。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 23:24:04 ID:fKodS2/p
在日ども! 寄生虫 中国、韓国、北朝鮮!!
そしてキャツラと同根の日教組! 民主党!共産党!社民党!公明党!加藤紘一など一部の自民党!
糞サヨ知識人ども! 売国マスコミ 朝日!毎日!


嘘、歴史の歪曲、捏造を即刻中止し日本国及び日本人全員に土下座、謝罪せよ!!!!!!

http://www25.tok2.com/home2/ghfsaydefsy/1/



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:19:59 ID:???
「日本の黒い霧」の帝銀事件の表紙写真に
人の上半身みたいなのが写ってるのが怖い

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 16:13:11 ID:???
【731】戦争犯罪を立証、旧日本軍「細菌戦研究」 米、機密文書を公開
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169093351/

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 03:57:18 ID:swPPoxwu
冤罪

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 15:54:53 ID:6A4VBIZ0
こえー

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 07:49:31 ID:NoYvXA3w
平沢は詐欺を働いていたのが致命傷になったね

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 18:29:28 ID:???
あれで証言が不自然になったからね。

66 :勃起王子:2007/02/05(月) 00:40:24 ID:oTMJFfvz
冤罪ってここ二・三年前に本読んだりして知った

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 00:43:13 ID:wS3sG7kf
>>44
和多田本がいいよ
「ドキュメント帝銀事件」

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 07:34:21 ID:???
犯人はO山さん?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 22:04:15 ID:???
錠剤配る変な事件が発生したらしいのでage

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 00:20:06 ID:???
これも大量殺人事件だったわけだが。。。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 17:30:46 ID:???
だね。12人はすごいなあ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 02:07:58 ID:FR44Idnr
>>18
みんなあのドラマ見てるんだなあ。俺も再放送された時ビデオに録ったよ
ラストシーンの平沢の自画像か何かがすごく気味悪かった

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 04:38:41 ID:LWjG6HfX
>>1
1月26日って31年後に梅川が・・・

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 00:31:26 ID:???
『帝銀事件・死刑囚』は面白い映画だった。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 20:48:09 ID:FcpahgnR
>>49 見た。もう10年以上前、小学生ぐらいの時に見たけどあれは頭からこびりついて離れない…。



76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 09:37:04 ID:35buKarB
冤罪といえば、志布志町の事件は酷いな。
未だにあんなことが平然と行われていると言う美しい国ニッポンw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 14:05:07 ID:5bJQuXsE
この映画化での次々と人体実験をするシーンが虎馬

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 22:43:08 ID:aRQn/KKd
コンビニで「凶悪犯罪ファイル」とやらを買ってみた。今回は世田谷一家殺害事件、グリ森、帝銀、下山、三億円だったんだけど、帝銀が1番せつなかったなぁ…

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 03:16:33 ID:KkVQLmQY
おれ平沢と字は違うけど同じ名前。
うちの親は何考えてたんだ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/14(金) 00:44:21 ID:???
 どうでもいいけど、帝銀事件の6年後に起きた精米業一家毒殺&放火事件(容疑者自殺)は
関係ないのだろうか。 

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/14(金) 23:28:53 ID:???
>80
緑志保か。手口はそっくりだね。
彼が帝銀事件の真犯人だったのかも。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 02:29:39 ID:???
ui

83 :新推理:2007/09/30(日) 23:30:28 ID:U2OjBaYt
犯人は、その後、3億円事件をやらかす。
僕は、同一犯人と思う。それか、アメリカが仕組んだのか。
731の人間を命と引き換えによく、使ってる。
帝国銀行への脅しの為か・・。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 13:46:46 ID:QUPScFLt
>>83
何故アメリカが帝銀を脅したの?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:36:28 ID:MCQePL8R
不謹慎ながら帝銀跡地見てきました。つーか交番(たしか事件当時からあるはず)から
徒歩30秒ぐらいだし人通り多すぎ。あんなとこであんなことやらかすのはプロ以外ありえない。
偶然かも知れませんが見に行った晩は体調崩れました。タタリかも

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:42:32 ID:MCQePL8R
あとちなみに平沢供述のように池袋から歩いて行きましたが結構遠いので
最低でも20分は見ないと無理です。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/04(日) 02:51:49 ID:wtHBhLJN
ともかく平沢を逮捕した刑事は「俺は真犯人を捕まえた」と叫んだらしい
その刑事は平沢の有罪になる証拠を探し集めた!(熱い中・寒い中歩き周って)
ようやく証拠固めに持ち込み上司を説得(中々採用されなかった)
それを知ってか知らずかある組織が動く
その組織が平沢にクロに持ち込み警察当局に圧力をかける
次第に刑事の証拠が採用される
そして平沢逮捕へ

逮捕した刑事は努力が報われたと言っても過言ではない
ある意味幸せではないか


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 10:41:38 ID:???
努力賞のために一人の男が一生を獄中で過ごしたのかよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/19(月) 16:55:38 ID:AB/9RBd0
確か平沢を拷問したのが平塚八兵衛だっけ。
平塚は名刑事とか言われてるが、この事件含め
他のエピソードを聞くと甚だ疑問に感じるね。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 05:22:24 ID:9Ig9awz2
平沢は生活のために、止む無く春画を書いて売っていた事があった。
芸術家としての彼のプライドが、当時その事実を話す事をためらわせた。

これは後年、平沢本人から聞いた話であると、故 遠藤誠弁護士が生前語っていた。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/21(水) 14:25:48 ID:ZRJ6Dwgg
いや平沢を取り調べたのは別の刑事だと聞く
(名刺班の刑事)
平塚八兵衛は確かに帝銀事件に関わっていたけど
平沢を取り調べた話は聞かない

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/22(木) 15:31:16 ID:3jF75OvB
平塚はお茶くみ係

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/23(金) 04:59:08 ID:???
毎日毎日他人のお茶を次ぐばかりの繰り返し、その中で、
『ハっ、毒物を混入させたらいつもと違う刺激の有る展開がっ!』
ってのがこの事件の・・・、

おいっ!八兵衛を此処に呼べ!

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 20:21:11 ID:9wbEM1oH
うっかりハチベエである




95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 20:50:40 ID:???
T豚Sで特集やってたね。
それほど目新しい情報はなかったけど、平沢貞道が獄中で松本清張の「小説帝銀事件」を読んで
本の余白にものすごい量の書込みをしていたというのは知らなかった。

本人コルサコフ病だからあまり当てにならないのかもしれないけど、どんなことが書いてあるのか
一度読んでみたいなあ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 21:04:04 ID:???
俺も今日の番組みた。彼が持っていた金は春画を書いて得たもので、
銀行で奪ったものではない。
その事実を彼は裁判で言えなかった。(春画の件)
と言うような内容があった。
少なくともコルサコフ病の元画家が薬物に詳しいとは思えない。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/02(日) 23:46:06 ID:PTLWF1ka
犯人って諏訪中佐ですよ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 20:53:42 ID:???
冤罪だとは思うが、何で平沢氏に白羽の矢が立ったのかが疑問だ。
平沢氏は画家として身を立ててて、一応は名士だったんじゃないの?
そんな人より身よりのない傷痍軍人でも犯人にしたてるほうが簡単だし、自分が捜査員なら
そうするなぁ。別に政治的な思想のある絵を描いて睨まれてたってわけでもなさそうだし
たまたまなのかねぇ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/03(月) 23:21:30 ID:rVxYvtIy
居木井のいんちき占いでたまたま当たっただけ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 00:18:58 ID:TBAycjL6
平沢氏は事件当日に帝国銀行の近辺にいてアリバイが無かったからかな。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 17:21:01 ID:hRlv0rw5
椎名町といえばトキワ荘と帝銀事件

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 19:39:57 ID:???
>>100
そんな条件にあてはまる人ごまんといそうなのに、あえて社会的地位のある人を選んだ理由がちょっと
思い浮かばなくてさ。>>99説もいくら当時でも周囲を説得できたか?って考えると、ちょっと信じがた
いし。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 19:44:41 ID:1XasaARo
>>98
冤罪だとは思うが、何で身よりのない傷痍軍人に白羽の矢が立ったのかが疑問だ。
たまたまなのかねぇ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 21:58:17 ID:???
最初に平沢氏が浮かんだのは名刺の線じゃなかったっけ?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 00:18:39 ID:VWtC6th4
その通り!
場所は忘れたが、平沢は医学博士と名刺交換している。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/06(木) 07:37:51 ID:RxMY+m5i
そして紛失している




107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 12:37:06 ID:gK9mUVTr
事件当時(1948:昭和23年)に平沢が所持していた14万円。
大体昭和23年の貨幣価値は今の15〜20倍検討。
おおよそ300万円もの金を、
春画のギャラとして払うのだろうか。

当時の物書き・絵描きの収入はそれこそ乞食に毛が生えた程度だったそうだが
春画のギャラが300万円もあるのだろうか。

春画を描いた事を恥じ、どうしても隠したかったのも事実かもしれない。
しかし平沢が逮捕時に所持していた約14万円の出所は謎のままだ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 14:06:03 ID:0pXyZlS1
春画を買った人間がいるはずでしょう
そいつらは、何と言ってるんだ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 14:21:12 ID:???
そのころに売った春画は1枚だけじゃなかったっていう話もどっかにあったし、文展無鑑査の高名な画家が
ウラで描いた春画なんだからそれなりの値段では売れただろう。いずれにしても、生活に困るほどでは
なかったのは確か。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/07(金) 14:33:13 ID:9aAd9Xi8
893 VS グレイシー柔術 ボコボコに893が倒される映像 普通グレイシー柔術の道場に殴りこみに行くか?
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_071205047052_1.htm


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 15:09:47 ID:???
ただ、命にかけて隠す秘密じゃないんだよな。春画なんて。
もし冤罪だったとしてもかなりの部分、自業自得だよ。
金の出所だけは本当にはっきりしない。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 18:24:28 ID:wF5x7vKA
金の出所さえ話してしまえば、平沢は死刑にならなかったのでは?


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 17:05:07 ID:???
>>107-112 この前の6チャンの特集によると春画を買ったのは小樽のお大尽らしい。
春画はポルノと言うより「蔵に入れておくと火事にならない」縁起ものだから。
そのお大尽に迷惑掛からないように売った相手の名前を出さなかったということも
考えられる。まあ命と引き換えにするほどの義理もないだろうし、買った相手なんて
警察が捜せばすぐ見つかったんだろうが、濡れ衣要員だしなによりコルサコフ病なんで
理不尽なこともそのままにしたんだろう。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 11:25:27 ID:???
弁護士や支援者にきちんと説明しなかったんだからやっぱ平沢が犯人なんでは。



115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 14:36:16 ID:RPBnvGFE
今日の「そこまで言って委員会」で帝銀事件が取り上げられたぞ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 14:37:41 ID:AV6U2gT4
>>115
今も、し鱈ァ

馬鹿たれ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 15:09:08 ID:???
結局、詐欺師だったことははっきりしている。平沢。
平沢冤罪の意見で、やっていたら罪の意識のさいなまれたはずなのにそうじゃなかった全然平然としていたって話があるけど、
生まれつきのサイコパスで嘘や人を殺すことに罪悪感がなかったとすれば説明つく。
金をまともに説明しないのもそれなら当然。
冤罪を演じとおした役者だったかもしれない。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 17:55:54 ID:XS16spLO
主任弁護士遠藤が限りなく黒に近い灰色と話してたとファンタジー北芝が力説

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 18:16:39 ID:???
そこまで言って委員会面白かったな。
実況にいたが、実況の連中はこの事件にほとんど反応してなかった。
話題が世田谷になったとき、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!だって。

俺は一人でwktkしてたというのにorz


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/17(月) 15:27:21 ID:??? ?2BP(3072)
みんな帝銀事件知らないゆとりなんだろうな・・こんなに魅力的な事件なのに。
遠藤とやらはコルサコフ氏病で脳がやられていたことを鑑みても平沢が黒だと思っていたのかなぁ?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 20:20:18 ID:8o5Ztaf5
 平沢が持っていた15万円、今の金にして300万円の出所を彼が説明できなかった。
これが大きい。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 22:35:51 ID:8o5Ztaf5
 平●のコルサコフ病なんて実際は大したことないんでは。
 ただ、名刺を平●に渡した博士は、裏に住所を書いて渡した、しかし銀行に残された名刺の裏には何も書かれていなかった、とどこかにあった。それが本当なら、平●は冤罪。しかし博士の記憶違いの可能性もある。

 

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 23:25:32 ID:???
このスレで伏字にせんでも・・・

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 22:34:21 ID:???
本当に病気がひどくて自分の情況良くわからずにどうでもよくてちゃんと説明できなかった可能性 2割。

平気の嘘つきで稀代の殺人鬼だった可能性 8割。

125 :彼だろうと疑っています。:2007/12/28(金) 19:12:11 ID:/I8gkb+h
>124
賛成。

理由
1、実在の博士が配った名刺の内、回収できなかった約30枚の内の1枚を持っ
ていた。
2、事件の同時間帯に現場から遠くない場所にいて、かつ、アリバイが不完全。
3、以前に銀行を相手の詐欺事件を起こしている。

126 :彼だろうと疑っています。:2007/12/28(金) 19:16:28 ID:/I8gkb+h
125に追加。
4、事件直後に被害金額とほぼ同じの約15万円を預金している。その金の出所を彼が説明できなかった。

127 :彼だろうと疑っています。:2007/12/28(金) 19:20:02 ID:/I8gkb+h
126に追加
預金した約15万円は現在の300万円に相当。しかし、終戦直後の貧しい日本で
は皆貯金などなく、さらに数倍の価値になる。

128 :124:2007/12/29(土) 11:42:55 ID:???
だけど、3000万円だとしてもすごい安い金で殺人したもんだなあ。
誰がやったにしろ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 01:50:19 ID:??? ?2BP(3072)
平沢がやったという物的証拠は?

130 :彼だろうと疑っています。:2007/12/30(日) 11:20:42 ID:ELnQkePp
自白がないカレー事件の林でも死刑判決。まして自白のある平沢は限りなく
怪しい。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 10:40:31 ID:FD4cDWmw
これは免罪だよ当時の731部隊の存在を知られるのが嫌で罪もない人を捕まえたんだろ?たしか731部隊の関係者の一人がアリバイがないし

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 11:38:35 ID:???
平沢は今でいう
エロ画を描いて
闇で売って儲けてた

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 21:26:30 ID:???
平沢の養子にはいった人、まだ平沢名で活躍しているのかな。
彼も職業は弁護士なんだっけ?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 17:39:36 ID:SuF2B7pZ
今月号の「実話GONナックルズ」連載「ミステリーの交差点」
本橋信宏氏と苫米地英人氏の帝銀事件現場でのプロファイリング
が載ってます。
苫米地説、洗脳学の第一人者ヒルガード博士が極秘に来日していた事実と
帝銀の関連性、当時のプロファイリングといまのプロファイリングの違いによる
推理が面白い。平沢黒説も紹介されてます。
獄中での元死刑囚から見た、平沢の当日のアリバイ記憶が詳しすぎる点、
取り調べた検事の、平沢のごく自然な自白過程など、リアルな回想記が
興味深かった。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 23:40:14 ID:xJ8iZs9F
>>134 読んでみたいけど「実話GONナックルズ」って18禁?w

136 :彼だろうと疑っています。:2008/01/09(水) 21:17:24 ID:bEYY65ye
 死刑か否かの瀬戸際で、春画を売った金があの大金です、と言えないわけがない。
春画と発表すれば画家としては名声は大暴落するが、死刑回避されて命が助かるかも
しれないんだから、名声を気になんかしてられないのが自然。
 つまり、持っていた大金の出所が不明。しかもその大金を、事件の直後にどこかの
銀行に預金している。つまり、事件の前後に入手した大金である、と推測できる。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 01:09:26 ID:???
素人平沢に遅効性青酸兵器(?)は入手不可能って問題点どうなったのかな?

138 :彼だろうと疑っています。:2008/01/10(木) 21:38:50 ID:P3yQRNa7
 物証があったら、死刑執行されてるがな。残された茶碗に指紋とか、自宅に
同じ毒物や器具とか。
 帝銀の前に他の銀行で毒物飲ませて失敗している。つまり専門家ではない。
731と結び付けたい松本清張とかの反日左翼がくっつけているだけでっせ。

139 :彼だろうと疑っています。:2008/01/10(木) 21:46:04 ID:P3yQRNa7
>>118 
 大阪読売テレビ「たかじん委員会」より。北芝氏の父親が内科医で、遠藤誠弁
護士の主治医だった。その遠藤氏が、北芝氏の実家で酒を飲んで話したのが、
平沢はグレーの中でも黒に近い、というもの。
 「実話GONナックルズ」では、平沢の弁護士がグレーとテレビで発言していた、
となっているが、間違い。黒に近いグレーが正しい。遠藤氏は事実上平沢を信じて
いなかった可能性がある。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 22:12:54 ID:SqOKj2ks
ようは遠藤はんは
検事や国とケンカしたかっただけやねん

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 02:29:36 ID:1OT9C6xR
遠藤さんは
その後
山口組の顧問弁護士になる

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:20:46 ID:FQift27M
>>138
荏原の事件は失敗じゃないだろう
出て行った巡査がすぐに帰って来るのが分かっていたから
毒を飲ませられなかったんだよ

143 :マリノスサポ:2008/01/17(木) 21:53:28 ID:cHkfG0n0
                 ャ、                    i;;i
                 ゙ヾッ、,_                  |;;|
                   `ヾッェ、,_              |;;|
                      `ヾキュ、            i;;;|         ,,
                        `''пA          i;;;{         ,シ
                         ヾキッ、         {;;i        ,;シ'
                          ヾ、ハ,        i;;;|        /ソ
                  ヽ   /\___/ヽ       ノ,,ノ      ノ;ノ
                  つ  /    ::::::::::::::::\     /;;;/      //
                  わ .|  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|   ノ;;;/       //
                 ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| /シ    _,,,ッ';r'´
   ,,_              あぁ  |    ::<      .::|/;;;;シ'  _,,r;;'~ン'´
  `''''≡ッ;、,,,_         ああ \  /( [三] )ヽ ::/ヾレ‐''~;;シ'~´
      `''‐ニッュ-、,,,_    ぁあ   `ー‐--‐‐r-´::::: ̄`ヾくソ‐'´
          `''''‐-ニッッェ、,,,,,,,_,,,,,,,,,,,,r===┬{::::::::::;;;;;;;;ノ,)i'''''‐--、,,,,_
               `''''──----------弋i,::::::;;;;;;//''‐-、'''''ヾ、,,;;゙~二二ニニニニ====─
                         ,,r'~シィミッr、く‐,:;;;メ;;;;;\   ̄
                      ,,,r‐'~,シ'″i:;;;;i⌒iバヾ,::;;;;;;;;ハ
                    _,イ~;;シ''~   {;;;;;;|  ヾ、\゙''‐-、,,,ノ
                _,,,r‐'~シ‐'       |;;;;;|   ゙ヾ;\
            ,,,,r‐''~r-‐''~´         j;;;;ソ     ヾ;゙i,
         ,,r‐'~,r‐''~´             /シ´      ヾ;;i!
    ,,,r-‐ニ-‐''~´               /シ         ゙i,ハ
 ,rッニ‐''~´                   //          ゙iハ,_
  ̄                       //            ゙i;;リ
                       ,,;;;シ´              ゙i;;i,
                      ィ‐'                 ゙i;;!
                    /'~                  ヾ!


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 22:44:49 ID:QPUDy9C3
犯人は諏訪中佐というのが自然だな。
諏訪中佐は事件の翌年に死んでいる。


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 22:48:41 ID:QPUDy9C3
諏訪中佐は病死ということになっているが真相は分からない。
自殺あるいは他殺ということも考えられる。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:16:27 ID:QPUDy9C3
しかし陸軍第9研究所(青酸ニトリールを開発した)が疎開した
伊那は平沢が6歳までいた故郷だった。これは偶然なのか?
平沢の絵が総理大臣官邸にあるのはなぜか?
本当に謎が多い事件だ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:27:08 ID:QPUDy9C3
こういうのもついでだから。

昭和18年10月(1943)―上海特務機関の一室。相手は中国人捕虜。
3人づつ部屋に入れられ、白い手術衣の軍医(実は第9研究所員)が
「 いま伝染病がはやっている。もし発病したら日本軍も困るし、
君たちもつらい。それで、今日軍医が予防薬を持ってきた。
飲み方は @第一薬を飲み Aすぐあとで第二薬を飲む」と説明し、
軍医も衛生兵(憲兵)も茶碗へ注いだ薬を飲んだ。もちろん毒薬は
捕虜のみに飲ませた。結果は予想通りうまくいった。
5〜6分たつと激しく苦しみだし、四股を引きつらせ昏倒し、2〜3分
の後絶命した。青酸カリなら即死だが、5〜6分後に倒れるという
この毒物の成果は、これで実験済みとなった。

148 : ◆Z4QuahB5rY :2008/01/19(土) 19:59:05 ID:UY3nhtIu
>>147
その「第9研究所(登戸研究所)員」ってのは、おそらく

伴繁雄

さんのことですね。

149 : ◆Z4QuahB5rY :2008/01/19(土) 20:03:42 ID:UY3nhtIu
平沢貞通氏の本籍は、現在の
「長野県伊那市西春近小出」です。

陸軍第九技術研究所(登戸研究所)の本部の疎開先は、現在の
「長野県駒ヶ根市中沢菅沼」です。

そんなに離れていません。

150 : ◆Z4QuahB5rY :2008/01/19(土) 20:11:23 ID:UY3nhtIu
私、◆Z4QuahB5rYは、登戸研究所が終戦間際に疎開していた
「長野県駒ヶ根市中沢」で生まれ育った者です。

帝銀事件が起きてから60年過ぎようとしている今、
この事件について調べたことをカキコしたいと思います。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 04:33:16 ID:PMth9prh
だれがやったにしても、金の出所の説明をしてほしいね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 04:50:28 ID:PMth9prh
えん罪事件は狭山事件もあるよ

153 ::2008/01/20(日) 07:48:23 ID:???
本人が裁判で認めてるので冤罪とは違う

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 09:19:54 ID:lqsTCsAB
ガリレイの相対性原理も、アインシュタインの相対性理論も
破棄されました。!

21世紀の科学、物理学は支配の法則が支配する!!!!!

http://home9.highway.ne.jp/cym10262/fenomina.html

155 :彼だろう:2008/01/21(月) 22:07:57 ID:Jr1EY2ti
 特務機関というプロなら、銀行に本物の松井博士の名刺を使わない。そこから
足がつくのは容易に分かるはず。事実、警視庁の平塚八兵衛刑事も名刺が配られた
先を70枚全て訪問して潰している。

>139
>「実話GONナックルズ」では、平沢の弁護士がグレーとテレビで発言していた、
となっているが

すまん、書き間違えた。「平沢の弁護士が」ではなく、正しくは北芝氏が平沢の弁護士
から聞いた話として、その弁護士が実は黒に近いグレーと言っていた、と北芝氏がテレビで
発言したというもの。

 まあいずれにしろ、遠藤弁護士は平沢の事を信用していなかったようだ。

156 :彼だろう:2008/01/21(月) 22:28:25 ID:Jr1EY2ti
>142
>荏原の事件は失敗じゃないだろう。出て行った巡査がすぐに帰って来るのが分かっていたから
毒を飲ませられなかったんだよ。

違う。薬を飲ませることに成功している。
WIKI参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E9%8A%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6
さらに、刑事一代(平塚八兵衛の昭和事件史)新潮文庫の97ページ参照。


157 : ◆Z4QuahB5rY :2008/01/26(土) 22:29:11 ID:VmgI91oU
きょう1月26日は、帝銀事件が起きてからちょうど60年。
ということで、真犯人を発表します!

真犯人はですね・・・






















































陸軍登戸研究所の所長だった
篠田鐐陸軍中将。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 07:29:30 ID:8NLEraZs
犯人はおまえだ

159 :彼だろう:2008/01/30(水) 01:45:51 ID:gUdy1JMv
犯人は最高裁の判決通り、平○だ。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 04:20:03 ID:???
昨日の中日新聞に、平沢氏は狂犬病の予防接種の副作用で虚言癖が出た可能性ありという記事が出てた。
脳を調べたみたいだけど、保管してあったのか。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 15:12:11 ID:GI4SYrXa
帝銀事件については冤罪だと当初は思っていたが、
興味を持ち関係書籍を読み重ねたが、平沢冤罪説を主張する著書を読めば読むほど
彼が真犯人だったのでは?との思いが強まっていく。

特に印象が強かったのが、「死体は語る」の検死官上野正彦氏が
沢木井刑事と懇談した際に沢木井が語った、

『松井名刺を印刷屋に作らせた人物と椎名町支店に現れた犯人の顔の特徴が酷似している事』
(左頬の2つのあざが有った事)

『平沢を見た瞬間に真犯人に違いないとの確信を抱き、”興奮”して本部に叫ぶ様に電話を掛けた事』

左頬に特徴的(印刷業者がそれだけは記憶に残っていたと言う位の)な2つのあざ。
これが平沢にも見事に左頬に2つのあざが有り、
そして 「絶叫に近い」声で興奮して本部に真犯人発見の報を伝えた沢木井。
冤罪説にはこの沢木井を張本人と捉えて非難するものが数多くあるが、
警察が誰かをスケープゴートに仕立て上げる作業において
『歓喜の絶叫』に近い興奮をもって、本部に報せを送るだろうか?

そして更に印象的なのが、沢木井刑事が”自腹”で小樽まで単独で向かった事。
平沢を犯人に無理やり仕立て上げるのが目的の場合、スケープゴート自体に逃亡される可能性を
当然考慮し、万全の体制で「スケープゴート確保」に臨むのではないだろうか?
一刑事が単独で自腹を切ってスケープゴートを確保しに行くだろうか?もし逃げられたら?


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 15:33:04 ID:GI4SYrXa
ああ 訂正
沢木井→居木井

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 12:29:30 ID:???
>>161
でも思い込みの激しい人、いつの時代にもいるからねw

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 14:33:39 ID:v/IelTrM
ていうか、警視庁の当初の捜査方針では、犯人の毒を飲ませる手際の鮮やかさから
軍関係で医学・化学関連のの知識・経験を有する者って犯人像を推定していたわけでしょ?
顔が似てるとかなんとかってよりそちらのほうがよほど重要なんじゃないかと。
いくらコルサコフ氏病だったとはいえ経歴上医学がらみの知識経験が皆無だった平沢に
あれだけの犯行をやってのける蓋然性があったとはとても思えないんだが。そのことに
関しての説明は検察の論告を読んでも判然としないし適当にごまかしてるようにしか
思えない。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 15:18:09 ID:???
自身の名誉のために春画のことを言わなかったのなら、冤罪を受け入れるつもりだったってことだろう。
言いたくないことは言わないが無実は証明してくれってのは甘えすぎ。

それ以前に、メンヘラ画家と呼ばれていたことを恥じるべきだった。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 16:57:15 ID:pTR+IO+p
>>165
春画は事実じゃなく推理だろ。

てゆーか銀行から盗んだ金、銀行に預けるかな?


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 03:22:32 ID:Ol4LlMQF
う〜ん。。この事件だけは本当に難しい。

・手際のよさ。堂々たる手際。(スポイトがまったく震えない等)
・銀行から盗んだ金を銀行に預けるか。

この2点は確かにそのとおりの様に思う。
731か平沢かって事だけは言えると思うんだけどなあ。。。難しい。

そこで俺が長年の推理の上に辿り着いた一つの結論。
それは

『731部隊出身者が実行犯。平沢はその731出身者の共犯もしくは何らかの理由で犯罪を知っていた。』
だ。

731部隊出身者が平沢と共謀し、松井博士の名刺や銀行詐欺の経験等有る平沢がサポート、
731が実行犯。もしくは、
731部隊出身者が犯罪を犯した事を知った平沢に、『口止め料』として15万渡した。
いずれにしろ731出身者と平沢は知人の間柄。

違うか。。。orz

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 03:30:58 ID:Ol4LlMQF
当時、生活苦ではなかったにせよ、大金を実行犯の731者から渡された平沢。
平沢が逮捕され、平沢自身逮捕直後はすんなりと自供している。それは他でもない
平沢は紛れもない「共犯」だから観念して白状した。
しかし、「実行犯」自体ではなかった為、取調べ最中から一転して否認に転ずる。
なぜならその方法が731者を守る(ここに何らかの因縁がある気がする。「実行犯」の名前を隠し通さなければならなかった「理由」が。)
事にも繋がるしなにより決して実行犯ではない自分自身の刑を少しでも軽くする為。
自分が事件の実行犯だと決め付けられていくにつれ平沢には複雑なパラドックスがあったに違いない。
「実行犯は知っているがその名前を明かす事はできない。しかし自分は決して「実行犯」ではない。「共犯」なだけなんだ」
と言う複雑な。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 18:00:32 ID:FUkSY+Kc
サヨって何でも731に結び付けたいんだね。

731部隊の細菌戦研究、米が機密文書公開

> 3 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2007/01/18(木) 16:41:43 ID:KvwCSjmY
> 単なる防疫部隊

> 6 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2007/01/18(木) 16:44:27 ID:1W5i84og
> 相変わらず、使った証拠が出てこないですね

> 13 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2007/01/18(木) 16:48:36 ID:OFemrHia
> 研究はしていた、だがそれ以上では無かった
> また従軍慰安婦の証拠は今回も見つからなかった

ズコー
   ヽ(・ω・)/ 
   \(.\ ノ

> 16 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2007/01/18(木) 16:50:09 ID:KKEiDSM1
> >米側は日本の細菌兵器使用を終戦まで警戒していたほか
> 使ってないじゃん。 
> これでもサヨは(ry

> 18 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2007/01/18(木) 16:50:49 ID:kgwjPMEj
> これが731部隊は悪魔の部隊と主張してる連中が得意気に語ってた
> 「石井四郎が保身のためにアメリカに引き渡した人体実験の証拠」とやらか?
> 10万ページも調べたのにそれらしい証拠は見つからなかったようだが

> 25 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2007/01/18(木) 16:53:33 ID:oAoYy8Yy
> これ結局、従軍慰安婦も、石井部隊の人体実験も、南京大虐殺も、証拠がない、
> と言う事でしょ。
> 全部中国の捏造。 韓国の捏造。

http://com-nika.osask.jp/bbs/bbs.php?http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169106005/



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 20:02:07 ID:???
>164,167,168
無理やりストーリー作らなくても平沢犯人、ただし物証がでなかったから、
死刑は執行されなかったでええやん。
本当に犯人じゃなかったら、金のことでもアリバイでもはっきりしたはず。
平沢が犯人。

171 :彼だろう:2008/02/02(土) 15:11:50 ID:SKJgQlZc
1、731部隊は日本を守る部隊。それが日本人を大量に殺すには、よほどの理由
が必要だが、ただ金のためでは根拠が弱い。
 
2、犯人は、帝銀事件で奪った現金を持っているだけでは飽き足らず、小切手
を翌日に別の銀行で換金している。その場でばれて逮捕の可能性が十分あった
のに、そんな事をしている。だから犯人は特務のようなプロでなく素人だよ。
 よって、盗んだ金を直後に銀行に預けるという事も説明できる。平沢は極め
て怪しい。

3、和○山カレー事件の犯人も、別に砒素の専門家でもなく、単にシロアリ駆
除に使っていただけ。そんな奴でも、多くの人に砒素入りカレーを食べさせ
る事に成功し死に至らせている。帝銀事件も、犬でも使って練習すれば青酸の
必要量なども素人でもできただろう。

4、冤罪ヒーローが一転して、数年後自宅の庭から別の殺人事件の頭蓋骨が発
見された小○悦○の例もある。己の命欲しさに平気で多くの人の善意を裏切
るサイコ野郎がいるんだ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 02:27:33 ID:3dDTHx3p
小○悦○や免田○は確かに(免○は無罪を勝ち取ったが)
「黒に《限りなく近い》グレー」だからなあ。
談志の免田発言も至極自然だったんだろう当事。
小○悦○は「支援事件に関しては絶対にやっていない」なんて
ほざいているらしいが信用出来んわな当然。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 12:27:30 ID:EK0nQvhJ
社会復帰できなかった旧日本軍化学兵器部隊関係者いるはず。
そーゆー人物が真犯人だろうね。
医学知識なきゃ起こせない事件、常識あれば解るはずだけどね。

174 :彼だろう:2008/02/17(日) 15:41:21 ID:Q+zi4FiZ
 小○悦○は、数年後の別件で自宅から頭蓋骨がでて有罪決定。免○も殺人は無罪判決
だが、強盗では有罪が確定している。

 平沢がどうして説明のできない大金を持っていたのか。
 帝銀事件の犯人は素人だよ。翌日に小切手の換金をしたり、本物の名刺を
使ったり。特務機関のようなプロはそんな証拠を残す事はしない。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 18:18:42 ID:Gm5QSg6W
>>171
>>174
他の、いわゆる「冤罪事件」の例を持ち出されてもなぁ。例はあくまで例であって、
それが帝銀事件の平沢真犯人説の根拠にはならない。

和歌山カレー事件は、人々の目を盗んでカレー鍋に砒素を混入させただけで、
普通に素人だってやろうと思えばやれる。帝銀事件の犯人は十数人もの面前で
あれだけ堂々と、手先一つふるわさず自然に毒を飲ませることに成功した点が
大きく異なる。これはただの素人では絶対にできないこと。

それに特務機関のプロだなんて、誰も推定してないのでは? 警視庁が推理した
犯人像は「旧軍関係で医学・化学関連の知識・経験を有する者」。毒薬を扱うことに
ついてプロであっても、その他の手口で素人くささが露呈したとしても不思議では
ない。ともかく犯行当時の犯人の毒殺に至る態度・手際のよさと、平沢の経歴とが
どう考えても結びつかないのが平沢クロ説における致命的な点だと思う。
何度も何度も繰り返されている論点だとは思うけど。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 14:31:55 ID:faarWw2P
 現実に日本では発覚しない殺人事件が素人により日常的に行なわれてるよ。
 保険金殺人がそれ。警察によって殺人事件にされる事もなく、保険金が支払わ
れてる。民事で殺人とされてから警察が動いた件もあった。

 確かに毒物に慣れていた事が平沢の経歴とは一致しない。しかし経歴が必要
条件ではなく訓練・知識収集によって克服可能ではないとはいえない。
 しかし、平沢がどうして説明のできない大金を持っていたのか。この点の説明
ができないのは致命的。
 死刑になりたくないんなら大金の出所を説明するよ。
 いくつか説明したが、全て虚偽だった。
 サイコな詐欺師だよあいつは。痴漢の植○教授支援者と同じで、平気で支援
者を騙している。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 14:37:21 ID:faarWw2P
 1960年代の3億円犯人も、白バイに詳しい犯人だとして、犯人=警官説が
でていた。短絡的。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 17:38:33 ID:mz9Q7i0Z
しかしどれもこれも、状況証拠からの憶測。
直接証拠が無いんだからどうしようもない。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 08:49:46 ID:44VnBZXl
3億円事件は真犯人が結局逮捕されてないし、、犯人=警官説(現役と元含めて)が
100%否定されたわけじゃないでしょ。犯行の手口が専門的な知識・経験を要すると
考えられるなら、それに関係すると思われる人物に的を絞るのは至極当然の考え方で、
短絡的でもなんでもないと思うが。

大体毒物をあつかった経験が皆無の平沢が、わざわざ金を強奪するためだけに大汗
かいて自己訓練を重ねてたと想像するのがよほど不自然な気がする。実際平沢は
銀行で金を詐取した事実があったが、それは人の目を盗んだ類のやり方で、帝銀事件
の手口とは似ても似つかないもの。確か帝銀事件は平沢の詐取の後だったと思うが、
そんな窃盗程度のやり口に成功したからといって、その次に一念発起して毒物の訓練
を自らに施してリスクの遙かに高いことをやろうとするだろうか?

平沢の大金の出所が不明なのは確かに大きいが、逆に言えばそれしか平沢に対して
疑惑を濃厚にするポイントがないということでもある。それ以外の、人相やアリバイ、
専門的知識・経験の有無といったより事件に近い点では、平沢以上に疑わしい者が
ほかにもいたようだし。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 11:24:58 ID:???
北沢が関西の番組で話したの話だと、父親が医者で担当した弁護士と
仲良くて酒に酔ったとき帝銀事件の話を聞いたが
反権力的志向の思想を満足させるにはいい事件ではあったが、弁護士
の心象としては「黒に近いグレー」であったそうだ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 16:08:08 ID:???
冤罪派は、名刺という物証、手がかりがあって、和歌山だとか素人でも毒殺している事件があるのに説得力はないわな。
あの当時の技術で厳密には何の毒か確定してはいないのにものすごい難しい事件にしたてているのは犯罪マニアだよ。
詐欺と毒殺は違うとかの素人プロファイリングは爆笑もの。こりかたまると怖いね。

普通に考えれば一生かけてまともな弁明しなかった平沢が犯人なことは動かない。
サイコパスの殺人者。ただ死刑執行できなかったのは妥当だろう。
直接の物証があの時代の技術では検出できなかったから仕方がない。

百歩譲って平沢が犯人じゃないにしても731部隊とか旧軍の関与とかは妄想もいいところ。
やったやつが別にいたとしたらまったく関係のない素人だよ。可能性は低いが。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 10:35:34 ID:YNaL6X7e
つまり、家で洗濯機に洗剤を入れるような感じで人の眼を盗んでカレー鍋に砒素を混入
させた和歌山事件と、

 1.十数人が環視注視するなかで
 2.堂々たる態度で、手先一つふるわさず
 3.毒の入った薬瓶から自分は害を受けないように巧妙に偽装して飲み方を指導し
 4.致死量に最小限にして必要十分な毒をスポイトで正確に量り分け
 5.さらに第二薬と称して水のようなものを飲ませて、毒が効き始めるまで約1分間手元にひきつけておく

といった帝銀事件の手口は、レベルとして全く同じもの(ずぶの素人でも我流の訓練で容易に
習得できるもの)と言いたいわけですね? 和歌山事件などは訓練の必要すらありませんが。仮に
そうだとすると、帝銀事件の手口では独習ということはまず考えられないから、同じように衆人環視で
訓練を重ねねばならないが、不思議なことに平沢に関してそういう証言が出てきたことはないようだ。
未遂事件として1週間前に三菱銀行中井支店で同様に行員に飲ませており、これがそうだとも言える
が、このときも十分に対人経験を積んだかと思われる落ち着いた態度で、行員もなんら不自然を覚え
ず素直に飲んでいる。平沢が独習を重ねた後でいきなりここまで出来たのだとすれば、実に驚嘆すべき
ことと言わねばなりません。もし自分が同様にやってできるだろうかと考えたらとてもとても無理と
思わざるを得ないが、非冤罪派の方は「いや、容易にできる」と。いや、化学薬品の取り扱いや、
衆人環視のなかでの飲み方の指導などは、十分な修練と経験が伴わなければ不可能だと思って
きましたが、そんなにも容易なものだったのですね。実に感じ入りました。まあ、まさか「じゃあやって
見せてよ」とは言えませんから、これは結局水掛け論になりそうですが。

それから松井名刺はなにも平沢だけの手がかりではないし、松井名刺つながりで出所不明の大金を
持っていて、人相・アリバイ・専門的知識・経験の有無で平沢以上に事件に近い人物はほかにもいた
ようですが。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 23:52:33 ID:8VAevdHw
で、事件に使われた薬品って何だったの?

青酸カリ?
アセトン・シアン・ヒドリン?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 17:30:32 ID:c9l/w2KT
>182
頭大丈夫か?
量一定でないと効果ないからスポイト使うだろうし、毒が効くまで間を持たせるのも当たり前なんじゃない?
何か特別なことがあるのか?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 20:13:38 ID:???
>>184
お前まともな化学実験やったことないだろw
スポイトで正確に量り分けるって結構熟練が必要だぞ。
特に手が震えたりするとほとんどムリ。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/25(月) 20:36:16 ID:???
毒をどうやって手に入れたかだ。
平沢が犯人だったとして。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 19:21:35 ID:???
結局あの時代の技術では、毒が何だったか、手に入れられたのか不明なんだよな。
逆にできなかったという証明もできない。本当に困難ならそれが争点になるがなっていない!

確かなことは平沢がまともな弁明しなかったことだね。
陰謀論は面白いけど全然説得力はないね。
帝銀事件では。ご苦労さまなことだ。

平沢が犯人だね。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 19:28:41 ID:???
同意ですが、裁判では無罪になるケースですね。
昔は警察も裁判所も厳しいっすね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:31:50 ID:???
物理的に実証が難しいからアバウトなのは仕方がないんじゃない。
今の基準押し付けてもしょうがない。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:36:05 ID:AcQS0Su/
犯人は旧日本軍関係者でしょ。常識で考えればわかると思うよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:44:43 ID:???
>190
ダウト!

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:12:57 ID:D+LFN9eR
>>187
久しぶりに書き込んだと思ったら、相変わらず思いこみの激しい人ですね。居木井警部補の親類縁者ですか?

弁護側が犯行の手口と被告の犯行適格性についてなぜ争点にしなかったのはわからないが、より直接的な
アリバイ証明のほうに力点を置く戦略をとったということなのかも知れない。「できる」「できない」の水掛け論に
陥る可能性があるから。しかしそれは出所不明の大金も同じこと。大体平沢は大金の出所については知人から
もらったと供述しているんだが、当時その知人は既に死去しており知人の妻がそれを裏付ける証言をしていない
ことから、これも「もらった」「もらってない」の水掛け論にしかならない。そんな曖昧な状況証拠と、拘禁ノイローゼ
で作成された自白調書だけで真犯人と決めつけるその神経が理解できないというのです。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:19:09 ID:???
>192
つまんない

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:21:56 ID:D+LFN9eR
>>193
ネタレス期待されても困るんですがw
まあ帝銀事件は自白を最大の証拠にできる旧刑事訴訟法下の最後の事件だったらしいし、
平沢は供述に一貫性を欠くコルサコフ氏病だったし、検察側にとって非常に都合がよかったのは
確かですね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:29:35 ID:???
弁護側にも信用されなかったからどうでもいい。

それはそれとして思い込みの激しい人ですね。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:38:22 ID:???
水掛論w、コルサコフ病w、拘禁ノイローゼw、検察に都合の良いw
冤罪w、伝聞なのにもっとアリバイも金ももっていた容疑者がいたw

弁護側の戦術はよくわかりませんがゲラ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:40:12 ID:???
旧日本軍w、毒の入手可能性w、731部隊w、国家がらみの陰謀w

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:41:36 ID:D+LFN9eR
>>195
「どうでもいい」とは、こりゃまたw
こちらは別に平沢が無実だと盲信しているわけではないですよ。「平沢を真犯人と断定するには、
蓋然性を構成する諸要件にあまりにも疑問が多すぎる」と言っているのです。

>>196
>>197
そういうファビョり気味のレスは余裕のなさを露呈するだけですよ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:45:02 ID:???
弁護側にも信用されない人間、まともな弁護戦術立てられなかった人間信用するのですか?
弁護側にも信用されない人間、まともな弁護戦術立てられなかった人間信用するのですか?
弁護側にも信用されない人間、まともな弁護戦術立てられなかった人間信用するのですか?

思い込みが激しいですね。思い込みが激しいですね。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:51:32 ID:D+LFN9eR
>>199
>>198

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 21:56:08 ID:???
水掛け論になるから証明できないとは無理筋です。アリバイでも金でも。
冷静になってください。
証明できなかったのは証明できなかったからです。やっていたわけです。

平沢が犯人である可能性が一番高いです。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:02:05 ID:???
正義の皇軍に犯人がいる、なんてことになるから平沢が犯人。

というのはからかいすぎとして日本軍の防疫は世界最先端を行ってたし、
そもそも知能が高いのを集めてたんだから今更全否定しなくてもいいでしょう。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:03:24 ID:???
>>201
「推定無罪」って言葉知ってる?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:07:49 ID:???
>203
誰が犯人にしろ、平沢でもそれ以外の人物でも過去の歴史の話。
歴史上の人物について制約取っ払って議論しているんであって、ここは法廷じゃないよ。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:13:12 ID:???
水掛論とか思考停止している冤罪論は話にならないだろ。
さすがにそれでは議論にはならない。
何故、弁護されなかったのか、まともな理由組み立ててからもってこいよ。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:15:45 ID:D+LFN9eR
>>201
ですから、それが平沢は真犯人だと断定する決め手にもなり得ないというのですよ。
それこそ無理筋というものです。「やったかも知れないし、やってないかも知れない」
の段階にとどまっていると解するべきです。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:19:26 ID:???
思考停止して無理やり筋のとおらないこと言い張るか、陰謀論が面白がられているだけだよ。
そんなに底がある事件じゃないだろう。
実際出てくる意見は192とか話にならないし。冷静に読めば弁護になっていない。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:31:12 ID:???
本当に絵を売ったんなら奥さん知らなくてもどっかで証明できるだろう。
家を探してもらうでも何でも。売った絵は一枚じゃなくその金とは別でも他の人間にだって売ったことあるだろう。
傍証にはなる。そういうものを積み上げて普通は証明するもの。
一生かけてまともな証明できなかった奴は、無実じゃないよ。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:34:59 ID:???
206の言い分だとそういうごく常識踏まなくてもいい。何でも、水掛論になってしまう。
そんなんじゃどんな犯罪者だって無実だよ。議論として意味をなさない。

まともな理由組み立ててからもってこいよ。
伝聞じゃなく、確かに平沢よりくさいという容疑者もってこいよ。
議論はそれからだ。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:41:39 ID:e2uiLD2A
陸軍登戸研究所の所長だった
篠田鐐陸軍中将


だと思うな。真犯人。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:44:01 ID:D+LFN9eR
>>207
弁護側のやり方についてこちらが勝手に推量しただけなんですから、それをもって「弁護」と
とられても困りますよw ただ犯行の手口と被告の相関関係について疑問が残るのは厳然とした
事実です。

>>208
だとしても、真犯人だという根拠としてはやはり弱いですね。状況証拠はあくまで状況証拠です。

>>209
平沢に直接結びつく物証が皆無である以上、断定できるものではないですよ。状況証拠と自白
だけで立件されて死刑判決までされるような社会のほうが恐ろしいですね。まあ現行刑事訴訟法
ではそういうことはあり得ないはずですが。
それから平沢が犯人たり得るかということについて話しているのであって、他の容疑者云々は
また別個の話ですよ。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:51:19 ID:???
刑事訴訟法どうこうの話しているんじゃないよ。あなたの正義感などどうでもいい。
状況証拠で否定できなけりゃそれで犯人だと思うしかないよ。
逆に直接的な証拠でわかるならはじめから問題になんざなっていない。
それは当然の前提だろう。法廷で訴訟しているわけじゃない。
こんなところで議論するんだ。議論の前提としてそれは当然だと思っていた。
それがわからないほどの馬鹿と議論していたのか。話がかみあわないわけだ。
俺が悪かった。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:52:52 ID:e2uiLD2A
アセトン・シアン・ヒドリンを製造した技術大尉だった方に
数年前にお会いしたことがある。
「甲斐手記」に名前が出てくる方。

ご健在かなあ。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 22:56:38 ID:???
208で書いたようなことまともに考えないで関係ないと言われちゃ議論になんかまったくならないよ。
211のレベルは低すぎる。それにつきあって馬鹿を見た俺も悪いが。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 23:08:53 ID:D+LFN9eR
>>212
なぜそこで正義感が出てくるのですか?
状況証拠で否定できないから犯人と断定するのはいかがなものでしょうかというだけなのですが。
それに平沢が立件されて死刑判決までいったのは、状況証拠だけでなく旧刑事訴訟法で「証拠の
女王」とされていた自白も併せてのことですよ。状況証拠だけだったらそこまでいったかどうか。

>>214
一方的に相手のレベルを決めつけて無理矢理幕引きする、って2chではお馴染みの手法ですねw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 23:20:21 ID:D+LFN9eR
あ、それから「状況証拠で否定でき」ないとおっしゃいましたが、裏返して言えば
「状況証拠では全き肯定もできない」です。検察側も自白(無理矢理のものだったか
どうかは別にして)をもとに、犯行に使用したとされるスポイトやら筆跡やらをなんとか
直接の物証としてあげようとしてましたよね。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 23:25:39 ID:e2uiLD2A
前述の登戸研究所の所長の疎開先は
うちから車で2分の所。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 16:41:03 ID:o4aOUuL0
216は頭おかしいですね。病院行った方がいいよ。
素人が思いつくような金やアリバイ、毒の入手の問題、詐欺はできても毒殺なんてできないとか人間性の問題。
論点になりそうなこと、プロがついていて一生まともに証明しようとしなかった。
弁護士に協力しなかった弁護士も匙をなげた男をなぜ信じるの?
状況証拠がひとつや二つならともかくまともな無実の証明せずに、努力もしない。
何でそんな奴無実と思えるの?
名刺や目撃証言や自白証言、アリバイの不在、金の出所。
やったんじゃねえのと思うよな。

こりかたまると怖いね。厳密な証明なんてしていないし、する必要もない。
何でこんなに怪しいのに冤罪だと他人に納得させようとするの?
自分で思うのは勝手だけど。せめて議論できるだけの根拠をもってこいよ。
毒が入手できなかった、取り扱えなかったのは、法廷で争点にされなかった、
証明されていないんだから、逆にまったく根拠にならないですね。
頭おかしいですね。

また馬鹿につきあってしまった。後悔。

219 :カルカノではなくモーゼル:2008/03/08(土) 19:47:53 ID:0Jhi5NZ0
 自白してるし、持ってた大金の出所の説明ができてないし。最高裁も再審請
求を認めなかったし。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:40:05 ID:U8UG3ChH
そもそもあの毒物が一体何だったのか?

犯人は「手慣れた手つきでスポイトで湯飲み茶碗に毒物を入れた」ということだが、平沢にこのような技術に長けていたか?


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:58:48 ID:???
スポイトぐらい理科の実験でよく使ったからオレらでも扱えるだろ。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 21:43:45 ID:U8UG3ChH
(1)あの毒物は何だったのか?
(2)仮に平沢が犯人だとしたら毒物をどこで入手したのか?
(3)あれだけの極悪犯罪死刑囚として何故執行されなかったのか?(戦後獄死した唯一の死刑囚か)



223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 21:45:50 ID:???
看守に色目使ったからだろ、吊されなかったの。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 21:58:51 ID:U8UG3ChH
>>221
>>223
相手にするのも、くだらんw

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 22:00:29 ID:???
スポイトはオレらでも扱えるぞ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 03:29:43 ID:???
>>221
>>225
香ばしいなあ。
スポイトで本当に正確に量り分けるには熟練が必要。
特にこの事件の場合、ただ殺せばいいってわけじゃなくて、ある程度の時間は生かして通報されないように
しないといけないから、多すぎてもダメ。必要量を高精度で測定しないといけない。極端な話、スポイトって、
ちょっと斜めにしたり震えたりするだけで滴定量が変わっちゃうんだよ。まともな化学実験をやったことがない
ゆとりな方々は知らないだろうけど。

一人だけにその量を量り分けているのであれば「偶然うまくいった」ってこともあるだろうが、複数の湯飲みに
きちんと量を量り分けているわけで、その可能性もない。
結論として、化学実験に慣れた犯人としか考えられないということになる。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 17:08:51 ID:VlFDrN88
ところであの毒物って一体何?
過去レスでもこれに言及したのは皆無なんだけど。



228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 17:20:12 ID:+hRSIL6n
ただの青酸カリでなく、特種な青酸化合物と言われてるよね。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 17:52:38 ID:MeKXSw40
>>228
アセトン・シアン・ヒドリンでしょ。無色無味無臭。
登戸研究所で研究開発してた物だよね。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 19:55:51 ID:VlFDrN88
>>228
そう、その「特種な青酸化合物」ってのが問題。
化学はド素人の平沢がそんなもの持っていたのかが疑問。

「化合物」というからには化学の知識が必要だし、様々な化学薬品を調合しなけりゃできるものではない。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 19:16:14 ID:Pylk3ySr
事件当時、平沢がお金に困っていて、孫に買うたんすも月賦だと聞いた。

平沢が銀行関連の詐欺の事件がありそこも大きなポイント。
日本の黒い霧の松本清張は詐欺と殺人は根本的に違うとあったけど
帝銀事件も行員を騙したと言う詐欺事件だと思う。

その毒物の入手先は気になるが銀行相手の詐欺事件を
そうそう違う人の犯行なんだろうか・・と
思っている。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 22:45:44 ID:???
平沢がやった。
オレはそう思うね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 21:23:31 ID:ZNcYm6H1
  犯人は湯飲み茶碗に口をつけて飲んでいる。当然そこに唾液が微量なが
ら付着している可能性がある。その唾液を使ってDNA鑑定すればはっきりす
るのでは。そして再審請求すれば良い。
 確か、先日のロス疑惑再燃で似たようなのがあった。ロス市警が、20年位
前の殺人事件で、事件現場そばの喫茶店で押収していたコーヒーカップの一
つから採取した微量のDNAと犯人のDNAが一致して逮捕できた、という件があ
った。
 日本でも先日、15年位前の関東での幼女殺人事件で有罪確定して刑務所に
いる人の支援者が、最新のDNA検査をやってみたら一致しなかった事でもっ
て再審請求していた。本人の自白ありDNA型も一致していたので有罪になっ
たのだが、当時の初歩的なDNA検査では180人に一人は一致するアバウトなも
の。再審請求は、このDNAが本人のものとする証拠はない、とかで再審却下
されたが、これは冤罪だね。

 まあ、帝銀事件関係の物は保管期間が経過して、既に処分されているかな。
DNA鑑定ができればそれで白黒はっきりする。その手があるのに、支援者がし
ようとしないのは…


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 22:20:02 ID:???
その冤罪の幼女殺人事件ってどれよ?

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 23:46:52 ID:???
>>233
帝銀事件は何年前の事件だと思ってるんだ?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 10:30:28 ID:???
>>233
平沢のDNAはどこから?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 16:29:06 ID:???
DNA鑑定、有罪の証明にしか使えないでしょ、この事件では。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 21:18:27 ID:oB3R6qyQ
死刑制度の是非にかかっているから、国家権力は帝銀事件をあいまいな結末(被告獄死)にしたんだよ。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 01:00:38 ID:yPzWfapJ
>その冤罪の幼女殺人事件ってどれよ?
足利事件
http://www.watv.ne.jp/~askgjkn/

>DNA鑑定、有罪の証明にしか使えないでしょ、この事件では。
足利事件の再審請求をしている弁護団は、DNA再鑑定を使っている。
http://www.watv.ne.jp/~askgjkn/dnamon.htm
裁判所が採り上げるかは、別問題だが。ただ、DNA再鑑定からは足利事件は
冤罪だね。

>平沢のDNAはどこから?
平沢の実子の髪の毛とかからもらえば良い。もし、家族の下に平沢の遺髪
とか爪があればベスト。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 01:07:20 ID:yPzWfapJ
>帝銀事件は何年前の事件だと思ってるんだ?
既に証拠物は処分されてるだろうが、万が一残ってる可能性にかけて、支援者
が足利事件の支援者を見習うのも手。やぶ蛇の恐れも大だが。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 13:04:07 ID:???
湯飲み茶碗に平沢のDNA→有罪。
 だけど
湯飲み茶碗に平沢のDNAなし→無罪、とは言えないでしょ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 12:32:24 ID:o96Wphe8
大金の出所は実は世間に隠れて製作し売っていた春画だ、と支援者達は
今でもやっている。
しかし春画に説得力はないな。

>湯飲み茶碗に平沢のDNAなし→無罪、とは言えないでしょ。
確かに無罪にはならんね。しかし世間は無罪の心証に大きく傾く。
まあ、実際は茶碗が残ってたら、平沢のDNAがでるよ。



243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 13:37:27 ID:kgS4+uB1
相変わらず>>218氏は思い込みを続けているようですね。
裁判で出なかったからと言ってそれを検討に値しないなどというに至っては
呆れるほかない。物事に疑問を持つという態度を端から放棄している思考停止
状態と言わざるを得ません。さらにはアンチテーゼの提起者に向かって
「病院へ行け」だの「馬鹿」だのと陋劣な言辞を弄する下品さ。何をそんなに
頭に血を上らせているのでしょうか。議論にならないとはこちらが言いたいことです。

>>厳密な証明なんてしていないし、する必要もない。
恐ろしい発想ですね。直接証拠が皆無でも犯人と断定してよいという前近代的な
考え方。こういう人が司法関係者でないことを祈らざるを得ません。

>>何でこんなに怪しいのに冤罪だと他人に納得させようとするの?
有罪とする決め手に欠けるのではないか、と何度も述べているでしょうが。
あなたのように冤罪だ冤罪だと一方的に決めつけたつもりはありません。
まあ既に司法上終わった(死後再審請求が継続されているとはいえ)事件で
そこまで熱くなれるのは感心しますがね。もう少し議論の相手に対して心のゆとりを
持ってもらいたいものです。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 14:00:51 ID:0zg4l9Pu
直接的な物証があれば死刑は執行されているよね。
誰もここで平沢が100パーセント確実に犯人だと議論しているやつはいないよね。
皆を容疑者にしたうえで最有力な者の可能性を追求している。
否定派の言っている平沢は毒が扱えなかったということもただ勘にしかすぎない。
平沢が訓練して器具の操作に習熟していたかもしれない。
銀行詐欺しているやつだ。それぐらいしておかしくない。

名刺だ、目撃者の証言だ、アリバイだ、詐欺の前科だ、自白だ、もっていた金のでどころだ。
242のいうとおり金の出所を証明しなかったことは冤罪だという説得力を大きく失う。
208だよ。普通。
それらのものを一生かけてまともに証明しようとしなかったやつがいる。
せめてそれ以上に筋のよい、こう考えれば納得できるという容疑者像だせばいいのにそれもしない。
そういう議論が求められていることわかっていないの?

平沢が最有力な容疑者で、それを上回る可能性の高い容疑者だすなり、平沢黒を完全に崩す立論が求められているだけだよ。

243みたいな文章読めない馬鹿だと議論が成立しないから困る。
242とか直前のレスもまともに読めないでオナニー議論ばかりして病人はいやだね。


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 15:30:30 ID:D4DFSUgE
帝国銀行が、三井住友銀行の前身だとは知らなかった。
帝銀事件は椎名支店が舞台らしいが、とても銀行とは思えない建物に驚いた。
あんなところで、14〜15名もの行員が働いていたとは考えも及ばん。
おそらく、空襲で焼け残った民家を利用したのだとは思うけど。
青酸カリが注がれた湯飲みもものすごい粗悪品。隔世の感がする。

俺の記憶のなかで、最初に登場する銀行は東海銀行○○支店
(現在の三菱東京UFJ銀行)である。
母親に連れらて行ったものだが、カウンターの上にはハーフの鉄格子が取り付けられていた。
通帳は米の通帳のようなもので、窓口の行員がインクをつけたペンで書き込む。
当然電卓などないので、算盤で計算する。
母親は間違っているといけないので、家に帰って検算をしていた。

当時は地元の商業高校を上位の成績で卒業すれば、男子でも銀行に就職できた。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 16:34:20 ID:pLIGlC6/
陸軍の731舞隊をはじめとする生物化学兵器の秘密軍事研究の成果は
米軍関係は欲しがっていたわけだ。しかし実際のテストを欲した。
旧軍の関係者で、戦後に訴追される可能性のあったものは、米軍に
言われれば、倫理的には犯罪であろうと、それをやらずには居られ
なかったわけだ。(さもなければ自分が戦犯で処刑されてしまう
可能性が高い。)情報提供と引き換えに、免責にする約束で実験を
強いられた。もちろん実験には裏側で米軍は協力するが、表には
米軍関係者は出るわけには行かない。そこで日本人のほかに尻尾
をつかまれている人間や工作員の人的網が裏で協力して行った。
(下山総裁事件なども、すべてその手だった。)

実験の内容を真の犯人グループが決めたときには既に、平沢は、
彼らによって身替わりの犯人にするべくターゲットにされてい
たのだろう。金も、予め別件で違法性のある話を持ちかけて渡
してあったか、あるいは逮捕されたときに証拠を作るべく工作
して本人とは関わり無く置かれたんだろな。

事件がおきたとき、警察は旧軍の秘密研究員が行った犯行とみて
そういう筋の発表をしている。731舞隊という名前も当時の週刊
誌には警察からの話として出ていたぐらいだ。
当然、そういった人間の名簿をあたって潰しにかかったはずだが、
米軍・GHQにとっては司法取引を受けている旧軍関係者の話が表に
出てはまずいとなったはずだ。また731関係者は結構医学関係で
権力をもつ立場にもなっていたりしたのだろう。
それやこれやで突然に、捜査の方針が変更されて平沢が捕まった。
そのあたりのいきさつがどうにも怪しすぎる。記憶がはっきり
しないのも、もしかすると拷問とか薬物、催眠術などによる洗脳
により、作られたのかもしれない。名刺交換の話も、偽証者では
ないかと思えなくも無い。別人の犯行だとしても、似たような
風体の男がメークアップ付きでやったかもしれず、目撃者も偽証を
強いられていたりするかもしれない。小切手の現金化は誰がどう
行ったかは知らないが、この犯罪の実行犯は単独ではないと思える。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 19:02:32 ID:bv0pzMTo
犯人の使用した湯のみは持ち去られていた・・と聞いた。
だから、鑑定には当然ながら持っていくことはできない。

百恵ちゃんの当時プロディューサーであった
酒井政利さんのお母さんは平沢のモデルもしたことが
あったらしい。
そのことで、酒井さんは平沢の隠し子?なんて
言われたこともありました。


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 01:38:44 ID:2PBigqKM
椎名町にあった第一勧銀?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/31(月) 16:03:21 ID:hiEwE9lU
>小切手の現金化は誰がどう行ったかは知らないが、

 帝銀事件の翌日に、別の銀行で男が1人で換金している。これは、既に警察
からの情報がその銀行まで及んでいたら、その場で職員などによって準現行犯
逮捕の可能性もあった。素人だから、金が欲しいから、こんな危険な換金を
やったんだな。
 平沢だね。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/31(月) 21:10:01 ID:???
246とか議論がおかしいよな。
 
米軍が日本の特殊部隊の研究おさえたい?そんな高級な研究していたとは思えん。
仮にそうだとしても帝銀みたいなちんけな個人犯罪をかばう理由はない。
ベクトルな逆の下山事件なんか、保護する理由なんて全くない。246の脳内でしか結びつかない。

一番可能性の高い人間考えようとしているのに、100%じゃない限り推定無罪だとか刑事訴訟法とかの寝言かます馬鹿とか。
平沢冤罪派にとってもこういうカスは迷惑だから出ていってほしいよ。
そういう妄想排除した上で議論しようよ。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 15:33:36 ID:???
>>247
愛人は鎌田りよ だったかな?
酒井氏はテレビで自身が平沢の息子であることを認めている。
インタビュアはたしか梨本だったように記憶している。
一見、平然とたいしたことではないように答えていたが、
顔には脂汗が浮かんでいた。
こういうことをテレビでダイレクトに聞く梨本も只者ではないな。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 21:03:37 ID:???
帝銀事件が「ちんけな個人犯罪」だなんてどういう認識してるのか?

・事件は米軍のある部門が起案した、日本軍開発の毒薬の人体実験。実行犯は元陸軍九研関係者。
・真犯人カムフラージュのため、主犯部門とは別部門経由で未遂事件を起こす。
・未遂事件に関わった日本人は、銀行員を麻酔薬で眠らせ、その隙に金を奪う計画と思い込まされた。
・平沢も未遂事件の一味であり、平沢は彼を実行犯に仕立てるためのスケープゴート。
・平沢は実行犯と知人関係、謀略に嵌りやすい性格、組織に属さない職業等、数々の適任要件を満たしていた。
・平沢には金屏風他の絵の報酬として大金が渡っているが、その時期と金額が帝銀事件と同じ。
・事件に関わった米軍関係者はすべて事件後に帰国。
・事件後、米国政府はGHQ幹部関連という事件の真相を知るが、あまりのことの重大さに真相封印を決定。
・米国政府筋は、真相に迫りかけた日本のマスコミへの圧力・もみ消しをGHQに指示。
・平沢は大金出処の説明ができない上、事実暴露で余計に疑惑が高まるジレンマに悩み獄中で自殺未遂。
・その後平沢は、彼の清廉潔白を妄信する「救う会」に祀り上げられ死刑回避のみを目標とし、真相暴露を断念。

なお、平時にこれだけの重大事件を起こした責任をマッカーサー元帥に問う声も米政府首脳の一部
には挙がったが、その時点での引責は反って疑念ももたれるとの声で見送られる。
しかしながら、帝銀事件がのちのマ元帥更迭劇の要因のひとつにもなっている、という説もあり。

253 :妄想太郎:2008/04/11(金) 21:35:47 ID:r7vNqeLq
もう一つ二つ抜けている。

・やはり、ユダヤの世界的な陰謀で、平沢は利用された。
・実は背後にマジェスティック12がいて、彼らは帝銀事件後に米国内のロズウェル
でUFOと秘密裏にコンタクトをしている。これが世に言うロズウェル事件で
ある。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/11(金) 22:51:09 ID:iG/xJGQL
平沢犯人説の毒物入手の未解明、被害者への毒物
投与の手口の未解明等、疑問点は多いが、それらは
状況からの推理。

帝銀椎名町支店の被害者の中での生存者の女性が、
帝銀事件の全裁判を通し、

「私が会った犯人は、平沢さんではない!」

と一貫して証言している事。

これこそが歴代法部大臣が、平沢に死刑執行を
命じることが出来なかった理由なんだよ!



255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 10:18:15 ID:???
253を書いた奴はきっと自分では面白いギャグができたと
思ってるんだろうな。
どうせならもっと気の利いたジョークでも考えろよ。
おめでたい奴。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 11:28:37 ID:???
>>254
まあ「自分の在任中に書類が廻ってきたら判を押していた」
と言った元法相もいることはいるんだけどね。
平沢の場合、国民の多数が冤罪説に傾いていたので、
検察は法務大臣官房へ執行命令書を送らなかったんじゃないかな?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 14:14:09 ID:SzaBAPh9
12年くらい前に、北海道で当時の平沢が書いた春画
が発見されたよね。

やはり平沢は隠れて春画を販売していたという事が判り、
帝銀事件後の謎の入金も説明がつきそうだということで
平沢冤罪説が高まった。

でも、自分が死刑になるかどうかの瀬戸際なんだから、
春画を描いて販売していたなんて、気にしてる場合で
はないんだよね。

当時はみな生活苦で、春画を描いて売っていた事で
画家としての名誉を失墜するなんて事はないよ。
普通の未亡人や女性が、生活のために売春していた
なんて事もよくあった位だったし。

俺の爺さんが戦中派なんだけど、知人の著名な日本
画家は親しい男の友人とかに、さらさらと春画を描
いてあげたりしていたとよく言っていた。

当時、平沢が春画を描いていたと自供したところで、
嘲笑する人間なんていないんじゃないかな。
日本中が貧しかったので、戦後の混乱期をどうやって
乗り切ったかは、お互いに聞かないのがマナーだった
そうだし。

雪山に墜落したジェット機の生存した乗客が、事故死
した死体を食って生き延びた事が70年代にあったけ
ど、死体を食った生存者は救助されてから、非難される
どころか英雄視されるほどその勇気を讃えられていたよ。



258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 15:56:38 ID:4wixaYqp
>でも、自分が死刑になるかどうかの瀬戸際なんだから、
春画を描いて販売していたなんて、気にしてる場合で
はないんだよね。

 その通り。

 ケネディ暗殺は背後にテキサツ閥がからんだ陰謀だが、帝銀事件は陰謀でも
なんでもない。
 事件の翌日に、のこのこと小切手の換金に行ってる。そこで捕まる恐れも
あったのに。素人の金目当ての事件。


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 17:24:23 ID:SzaBAPh9
平沢は何度も再審請求を出しているけど、
事件後に振り込んだ金の出所は、再審請求
ではどう説明していたのでしょうか?



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 19:43:31 ID:???
平沢は銀行を舞台にした詐欺事件を起こしていて、盗んだ小切手は
早く換金しないと警察に手が廻って危ないことは重々承知していた。
したがって事件後に小切手換金のため銀行に現れた男は平沢では
ないだろう。行員による証言の人相もだいぶ違っているし。

それに「素人の金目当ての事件」の割には強奪した現金が少なすぎる。
近くに大金が入った金庫があったのに、それには手をつけてない。
このことから、実行犯は、平沢に渡った金額と同額を奪う目的だった
ことが分かる。

春画うんぬんは例の偽証事件に関わる謎を秘めている。
あの事件は、「救う会」が平沢が描いた絵を追っていて、いずれあの
金屏風の絵に行き着くことを危惧した連中が企図した策略では
なかろうか?あの事件で「救う会」も大きなダメージを負った。

それにしても、「救う会」などの支援者の奮闘には敬意を表したいが、
あまりにも「平沢は一点の曇りもないシロ」という呪縛にとらわれ過ぎた
のではなかろうか?
正木ひろし他、平沢の嘘に疑義を挟んだ人々の主張をもっと掘り下げて
事件の背景を追求していたなら、もっと違う展開もあったかもしれない。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 21:09:59 ID:SzaBAPh9
>>260

例の偽証事件って、自白調書(60回〜62回)の事ですか?

未遂事件に関しては、名刺の印刷屋の目撃証言からも平沢は関与し
ていた可能性は有ると思えるのが謎めいている。

>>18のドラマは私も見たけど、記憶に鮮烈に残っています。

盗んだ小切手の件なのだけど、帝銀事件が発生した時、食中毒
と勘違いされて多くのやじうまが帝銀事件現場に入り込んだと
聞くけど、その中の事件とは無関係な誰かが持ち出した可能性
はないのだろうか。換金の遅れや、住所を書かなかった事からも
小切手の取り扱い経験のある平沢とは犯人像が異なり、素人臭い。

警官が先に銀行内に入ったはずだから、野次馬が小切手盗んで、
換金したは無理かな。

平沢は大金の出所を証明できなかったし、検察も特殊な毒物の入手
経路、およびその知識と取り扱いの専門性と平沢とを結び付けれな
かった。

とすると、実行犯はやはり諏訪とかになるとも思えるのだけれど、
そうだとすると平沢が何故未遂事件に関与していた様に思えるかが
判らないんだよね。

平沢冤罪を信じる人も、平沢が全く事件に関与していないとも
言い切れないというジレンマを抱える人も多いよ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 10:41:49 ID:DaXLJty3
松本清張の本でいうと、毒物による銀行強盗と銀行の詐欺は
本質的に違うとある。

でもほぼ同時期に銀行を舞台にした事件が別々の犯人だったと
考えるのも無理があると思う。

毒物の入手先とか、ピペットの慣れた使い方が平沢とは結びつかない
と言うけど銀行を舞台にした犯人が何人もいるとも思えない。

出所不明の金があるというのと、銀行の詐欺事件ということを
考えるとやっぱり平沢は犯人と言えるんじゃないかと
思います。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 22:14:05 ID:NWOZienm
>>262

未遂事件と銀行詐欺は全くの別件ですよ。

安田銀行荏原支店
三菱銀行中井支店

の2件が未遂事件です。

銀行詐欺は別件です。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/15(火) 20:14:28 ID:yNl3Cryx
平沢はテンペル画を得意とする、日展にも入賞している、
まあかなりまともな画家だったんだよ。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/15(火) 20:24:24 ID:???
テンペラ、な

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 12:25:52 ID:???
まともな画家どころか、帝展無鑑査だよ。
大画伯といっていいランクだろう。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 13:28:30 ID:aF0IRB9V
 首都のど真ん中での帝銀事件。
 仮に米国の陰謀だとして、もしも発覚すれば日本人の暴動が起きて、GHQ
の占領政策が揺らぐ。
 そこまでの危険をおかすだろうか。
 当時、アジア各地にはBC級戦犯が大勢拘留されていた。毒物の人体実験
なら、彼らを被験者にできた。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 21:02:03 ID:ZPwRFdhD
警察は、被害者、他銀行未遂事件の犯人目撃者に、
諏訪や9研究の重要容疑者(名前忘れた。教えてください)
の写真を確認させたのでしょうか?

遠藤弁護士は、帝銀事件の平沢ではない真犯人を特定したと言っていたが、
証拠、及び人相等の状況証拠の有無は?

やはり、

平沢=未遂犯
諏訪=実行犯

なのでしょうか???
 

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 11:29:26 ID:???
未遂犯は平沢だろうが帝銀実行犯は諏訪氏ではないだろう。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 21:32:12 ID:l4KNrQiF
 遠藤弁護士については、昨年、元警視庁警察官北芝健氏が「遠藤弁護士の
主治医が私の父だったので、よく家に来て酒を飲んでいた。その際、遠藤弁護士
は、酔った勢いだが、平沢を黒に近いグレーだと言っていた。主任弁護士を
していても平沢のことを非常に疑っていた。」と発言していた。
 北芝氏の発言は読売テレビ「たかじん委員会」でのもの。
 弁護士の戦術と本音は別、ということか。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 23:11:04 ID:???
北芝ウソ癖え

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 11:10:58 ID:???
ダケジャナイ帝銀

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 15:33:16 ID:Le/ezMP5
未遂犯もピペットで薬品と思われるものを、行員に飲ませてるんだよね。
無害だったけど。

そして未遂犯は名刺屋の目撃証言から、顔に二つのあざがあり、平沢の特徴を
備えている。

ということは、平沢=未遂犯なら、平沢はピペットでの毒物の取り扱い
方法を把握していたという事になる。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 15:39:24 ID:Le/ezMP5
安田銀行では行員に無害の何かをのませている。
しかし、そのときの名刺は松井博士。

三菱銀行では何も飲ませていないが、その時の
名刺は山口博士。

山口博士の名刺を作った名刺屋は、依頼人の顔に
ふたつのあざがあったと証言している。

未遂事件は、やむを得ず二つに分けて論じる必要
があるようです。

平沢=三菱銀行未遂犯なのだろうか。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 06:08:11 ID:???
平沢氏真犯人説の人は>>254

>帝銀椎名町支店の被害者の中での生存者の女性が、
>帝銀事件の全裁判を通し、

>「私が会った犯人は、平沢さんではない!」

>と一貫して証言している事。

についてはどう説明しているのだ?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 20:21:14 ID:DKxQ7lYG
平沢氏真犯人説の人は犯人が使ったとされる毒物についてはどう思っているのか?
あれは青酸カリではないのだ、青酸化合物だ、青酸カリを何かと化合しない限りできるものではない。

平沢には薬物の知識はない。



277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 04:52:53 ID:ser4BnMt
254>>275

その件は、被害者の証言者が本件で致死量の毒物を飲ませられたので、
意識がとんで記憶が不正確になってしまったとも判断できます。

でも被害者のうちの生存者達は、他の事に関しても正確に証言してる
んだよね。
犯行手口は、生存者の証言によるものだし。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 12:19:25 ID:???
平沢が帝銀事件の単独犯だと本気で信じている人間なんているのか?
いるとすれば馬鹿か無知に過ぎないので相手にする必要はない。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 03:38:24 ID:???
どんな背景があるかは別にして、平沢に薬品の取り扱い方を教え薬品を提供した第三者はいるような気がする。
ならば何故それを証言しないかがネックだけど。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 10:04:10 ID:???
薬品くらい取り扱えない平沢ってどんだけ馬鹿なんよ

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 10:54:52 ID:???
>>279
それをゲロってしまったら最後、帝銀の犯人にされてしまうからだよ。
平沢は、真実を話せば話すほど真犯人にされてしまうという巧妙な罠に
見事に嵌ってしまった。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 18:33:34 ID:???
犯罪にGHQが絡んでいることは誰の眼にも明らか。
歴代法相が執行命令に捺印できなかったのは、
平沢真犯人に確信が持てなかったと言われているが、
過去には平沢以上に冤罪の可能性が高かった死刑囚が
執行されてしまった例がある。

歴代法相が執行命令しなかったのは、この事件が、
ひとえにGHQ絡みの事件だったから。
執行後に米国側から真相が暴露される可能性があり、
「無実の人間を死刑台に送った大臣」という汚名を
嫌ったのだろう。

なにより、平沢自身がそのことをよく知っていた。
だからこそ、彼は金の出処を言えなかった。
家族に懇願されようと、弁護士に説得されようと、
これだけは絶対に告白することができない。
それは、彼の完全潔白を信じる支援者達を裏切り、
彼が広義の帝銀事件に関与していた事実を暴露
する結果となるからだ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 18:36:20 ID:S6PGU81n
あとこの事件は大日本帝国憲法下の刑法で取り調べられ裁かれた最後の事件というのは平沢の境遇を度壺にはまらせたな

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 20:14:43 ID:0L9UE3JJ
だいぶ前だけど、平沢に薬物を渡した男が
テレビで自供していた。

その男は半陰陽で、軍隊で苛められた経験を
語っていた。
誰か、そのテレビ見ていませんか?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 20:51:46 ID:???
あれはその筋では有名な暴露ネタマニアだよ。
取り上げたのはたしかテレ朝のトゥナイトだったかな?
1回目の放送後に、以前ロス疑惑事件でも
「真犯人につながる証拠を握っている」とかいうネタを
マスコミに売り込んでいたことがばれて、
結局何の説明もないまま、2回目以降はお蔵。
事情を知らない視聴者は不審に思ったことだろう。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/23(水) 21:14:58 ID:???
「トゥナイト」には小林久三と「追跡・帝銀事件」を上梓した
ばかりの和多田進も出ていたね。
その後、小林は和多田に無断で同書を元ネタに月刊誌に
「マッカーサー暗殺計画」(笑)なるノンフィクションを発表。
それを読んだ和多田が激怒して訴訟をほのめかすも、
結局、小林が謝罪し、単行本化しないことを条件に和解。

その後、「追跡・帝銀事件」は佐伯省氏のレクチャーにより
書かれたことを佐伯氏が暴露。
佐伯氏は自分に何の相談もなく和多田氏が「追跡・帝銀事件」
の改訂版を出版し、しかも今度はペンネームでなく本名で
出したことに不快感を持っている旨、自書で公表するという
なんとも複雑な人間関係・・・

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 00:56:21 ID:mYz5iWx1
284>>285

そうですね、トゥナイトでした。
うさんくさい証言者だなと思って見ていました。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 12:13:18 ID:???
小林大先生はオウム事件や連続幼女誘拐殺人事件でも
珍説を公表して失笑を買ったが、帝銀事件でも独自の
トンデモ推理を展開していたね。

曰く「GHQ内部でマッカーサー暗殺計画があり、その計画から
眼をそらすために、帝銀事件は計画された・・・」

生活のためにいかがわしい売文家業をやっている人間は
ゴマンといるが、大先生は自身の「推理」を本気で真実と
サッカクしておられる節があって、なんとも痛々しい限り。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 12:56:56 ID:???
>>288
小林久三さんまだ現役なの?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 22:31:08 ID:mYz5iWx1
小林久三氏は、昨年、病気で亡くなりました。
小林氏は推理作家としては面白いんだけど、
現実的な推理がトンデモなのが痛いです。

川崎の竹やぶ億単位の拾得物の推理も、思いっきり
はずれてました。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 01:17:49 ID:???
小林はサリン事件のとき、オウムの連中に「あなたたちがやったとは思えない」とオウムが陥れられたような陰謀論を宣ってたな。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/26(土) 11:42:19 ID:???
そうそう。公証役場事務長拉致事件や亀戸異臭事件では
某S学会の関与をほのめかしたりしていたし、坂本弁護士
事件では「EXテレビ」で「犯人はオウムではない」と断定
していたりした。なんとも罪深いお方。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 00:32:10 ID:VXOdhP4K
小林氏は東北大卒で教養があるから、歴史の
本もかいてるし、本人が病気で入院したりし
てたので、健康の本も書いてるんだよね。
書名ではなかったかもしれないけど、

「亭主殺すに刃物はいらぬ。塩を多めに摂らせれば良い」

とかね。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 19:33:49 ID:neD3+DIs
素朴な疑問なんだが、なんで金銭目当ての犯罪で12人も殺したんだ?
万が一逮捕された時の事を考えると、リスクでかいだろ
それとも逮捕されない自信があったのかな?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 22:37:33 ID:VXOdhP4K
254>>294

確かに行員全員を気絶させるだけの薬物を準備できるなら、
殺さなかったかもしれませんね。

しかし731部隊も9研も、殺傷力のある生物化学兵器の
研究はしていても、昏倒させるだけの薬物は研究していな
かったのでしょう。

兵器は敵を殺すためのものであり、麻酔の様に意識を失わす
だけのものではないから、犯人は青酸化合物しか準備できな
かったのでしょう。

まして平沢氏は、医師でも化学者でも生物化学兵器の研究員
でもないしね。

平沢氏の真犯人説を唱える人は、この薬物の専門性と平沢氏の
関連性皆無な件をどう説明しているのでしょう?


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/27(日) 22:47:59 ID:dWVb1Jdp
帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!
日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!

日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50

日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!帰らないぞ!

日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50
日本は嫌いだけど絶対に日本から出て行きません
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1209218433/l50








297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 02:14:47 ID:qbZHeUqh
 帝銀から奪われた金額とほぼ同じ金額を、平沢が事件直後に預金している。
 その金の出所が説明できていない。

 自白あり、大金の説明ができていない、アリバイが不完全、複数の目撃者が似ている
と証言、数十人しか持っていない名刺の所有者、銀行相手の詐欺の前歴あり。
 感じとしては、100%ではなくとも95%やってるという心証。
 

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 06:28:02 ID:???
>>297
>>254

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/02(金) 19:56:59 ID:???
だからそれは未遂事件も含めすべて単独犯行と仮定した場合だろ。
単独犯でなければ簡単に崩れるよ、その推理は。
未遂事件の犯人と帝銀の犯人の人相には違いがある。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 01:22:40 ID:???
少なくとも直接毒盛って殺した実行犯でない証明にはなってる。
警察・検察は単独犯説なんだから平沢氏が共犯なら実行犯挙げずに何で捜査終了をするのか?
共犯なら実行犯挙げて共犯であることを証明しないと。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 12:31:15 ID:???
帝銀事件だと252とか電波がとびかうなあ。
毒物の効果なんて綿密な対照実験が必要で、首都の銀行で毒殺実験を行い効果を検証するなんて、
恥ずかしいからこのスレッド以外で口にしたり公表しちゃあ駄目だぞ。
帝銀事件陰謀説はこの一点で成立しっこない。何が731部隊だよ、GHQだよ、ばかばかしい。
254も根拠は薄い。人の記憶は容易に思い違いや変形をする。特殊な状況で命失いかけて見た状況で同一人物か否か。
あなたは確実なことが言えるのか。ましてや様々な流言がとびかった帝銀事件で影響されないほうがおかしい。
これだけの事件で目撃証言がすべて一致したらそのほうがありえない。
多くの証言からかなりの確度で平沢が犯人なら筋が通ると出た。尊重しないと議論は成立しない。
謀略説は論外だし、複数犯ならそれにたるだけの根拠証言が必要だ。
今まででてきていないし、平沢はそれをくつがえすだけのものを出していない。
毒物だって平沢が扱えなかったという証拠もない。
そもそも毒の種類だって謀略説がらみの推測でとても検証に耐えない。
陸軍とか、GHQの陰謀なんて妄想以外の何物でもないから。
事件のデータからは、素人の単独犯で下手に換金しようとしたりあらも多い。
複数の綿密なプロの犯行を否定する要因が多い。それすらも陰謀か。罠にはめる仕掛けするメリットは?
平沢が反論できなかった理由は?電波は控えめにね。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/04(日) 14:23:52 ID:???
たしかに乱暴な「実験」ではあるが、そのほんの数年前に米軍は日本の民間人を
瞬時に「抹殺」するという人類史上かつてない「実験」をやったという事実を
忘れてはいけない。
広島・長崎もまた実験に実験を重ね続けた最後の「総仕上げ」でもあった。

毒物の効果について、いかに「綿密な対照実験」をしようとも、最後には「人体実験」を
する以外に決定的な「効果」は検証できないだろう。
むろん、身寄りのない囚人や浮浪者を引っ張って来て「実験台」にすることは
できただろうが、帝銀事件は毒物の人体実験と同時に「白昼堂々と多数の民間人を
騙して毒物を飲ませることが可能か否か」という、米軍には興味深い実験目的も
あったのだろう。

ただし、この事件にはGHQ幹部連は絡んではいないように思える。
日本人を黄色い猿程度にしか考えていない軍内部のある部署のメンバーが
計画したものだろう。

それゆえに、米国側から真相が明かされる日が来る可能性が高い。
歴代法務大臣が死刑執行命令書に押印できなかった真の理由がそこにある。

303 :254:2008/05/04(日) 15:03:34 ID:2cCh6PL1
>>301

毒物実験については私も同意見ですが、731部隊や9研関係者の
関与の可能性は妄想では有りませんよ。

捜査一課も、帝銀事件の犯人は特殊な薬物の知識や取り扱い経験の
ある、旧陸軍関係者の可能性が高いと見なしていたり、上述の隊員
が中国人捕虜に毒物を飲ませる際の、薬を投与すると称してビンの
中からピペットで上澄みの油分と下層の毒物を分けて抽出して、自分
も先に飲んで見せるという手口が帝銀事件と一致していた事が捜査資
料から明らかになっています。

しかも、平沢氏には青酸化合物の入手経路も、その特殊な知識や取り扱い
の経験も全く無いのに、帝銀事件の犯人は薬物の取り扱いに不審な点が全
く見られないほど習熟していた。

そして、帝銀事件で使用された、犯人が持っていたピペットを入れていた
金属製のケースが上述の旧陸軍関係者が使用していたケースと酷似。


犯人の筆跡と平沢氏の筆跡は異なるとの、筆跡鑑定もでている。

別の詐欺事件では、目撃者は犯人を平沢氏と特定できているのに、
帝銀事件では、未遂事件も含めて平沢氏を犯人と誰も特定できて
いない。
しかも未遂事件の目撃者は毒物を飲まされていないのに、椎名町支店の
被害者同様に、犯人を平沢氏と特定できなかった。





304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 13:17:56 ID:???
お金が目的じゃなければ銀行に人知れず恨みを持ってる人で
平沢の口座に盗んだ金を勝手に入金した。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 14:13:29 ID:cOwRVkIo
平沢=未遂事件犯人
731者=帝銀事件真犯人

平沢は帝銀事件の犯人ではないが、奇しくも同種の銀行毒物(not致死性毒物)事件を
起してしまった。
そして平沢と731者に、「銀行員に毒物を飲ませ金を強奪」という手段を手ほどきした
『共通の人物』が居る。そしてそれは731部隊関係者。
平沢と手ほどき731者との関係がなぜあったかは、
画家として高名だった平沢と戦犯を免れ、経済的に余裕のあった731手ほどき者が
春画だかテンペラ画だかは詳細ではないが、絵画購入を平沢よりしていた為。
平沢の毒物の入手先は731手ほどき者。

または、
731者=未遂事件犯人
平沢=帝銀事件真犯人

のどちらか。
いずれにしろ731は関係している。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 17:44:32 ID:NUNLdd07
平沢犯人派は次のことをどう思っているのか?

(1)この事件は平沢の単独犯か?
(2)未遂事件も平沢の仕業か?
(3)毒物は何だったのか?
(4)平沢が犯人だとして毒物の入手経路は?(←捜査でもこれは全く明らかにされていない)


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 10:36:57 ID:???
731じゃなくて九研だろ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/09(金) 12:34:59 ID:???
あ!?!?!?!?
http://an.to/?fjfmvprt

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/09(金) 21:15:57 ID:t6piyI5f
中曽倉の杉山圭一さんが作り、
下割の北沢隆次さんが管理してたのを、
菅沼の篠田鐐さんが使った。

栗林の伴繁雄さんは、
菅沼の篠田鐐さんを守るため、
事実と違う証言をした。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 00:20:53 ID:???
>>308
踏むな

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 15:18:47 ID:???
陰謀論派は次のことをどう思っているのか?

(1)全くあやふやで効果がないのに発覚すれば占領政策を危うくする毒物実験があったと本気で思うのか?
(2)はねっかえりの個人が勝手にやったのなら、とっとと突き出さないと示しがつかないのにわざわざかくまったのか?
(3)冤罪捏造する謂れも平沢がそれに乗り従う理由もない非論理性をどう思うのか?
(4)こんな非現実的な陰謀論で毒物準備できたろうから九研なりの犯罪とするのは正気か?
(5)こんな間違った根拠で平沢冤罪を主張して大丈夫か?

電波は控えめに。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/12(月) 01:35:15 ID:Z2g0bG3o
平沢氏犯人説派は、次の事をどう思っているのか??

(1)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   未だに特定できていない特殊な青酸化合物をどこから入手できたのか?
(2)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   事件で使用された青酸化合物の特殊な知識や取り扱い方法を何故知って
   いたのか?
(3)椎名町支店での犯人は、薬物を被害者達に飲ませる手口に全く不自然さを
   感じさせないほど薬物の取り扱いに習熟していたが、上述の如く平沢氏は
   薬物の全くの素人であり、この犯人像の矛盾をどう説明するのか?
(4)椎名町支店の被害者のうちの生存者が、「私が会った犯人は、平沢さんで
   はありません」と帝銀事件の全裁判を通して証言している事や、薬物被害
   を受けなかった未遂事件の目撃者達も誰一人として、平沢氏を犯人と特定
   出来なかった事をどう説明するのか?
(5)捜査一課は犯人を特殊な薬物の知識と取り扱い経験のある、旧陸軍関係者
   と推理し、その後、旧陸軍関係者が捕虜に薬品を投与すると称して、ビン
   に入った毒薬を上澄みの油分と下方の毒薬とをピペットで別々に抽出し、先
   に自分で飲んでみせるという方法が、帝銀椎名町支店で犯人が犯行を行った
   手口と完全に一致する事が捜査資料で確認されている事をどう説明するのか?
(6)平沢氏は過去に銀行詐欺を働いており、小切手の取り扱い方法を知っている。
   しかし帝銀事件の犯人は事件の翌日早朝ではなく、手配が回っている可能性の
   ある午後に小切手の換金に行っており、しかも小切手に住所、氏名を記入する
   事を知らずに窓口の担当者から指摘されている。この換金犯人と平沢氏の犯人
   象の違いをどう説明するのか?
(7)換金犯と応対した担当者は、換金犯は平沢氏と人相が異なり、換金犯人を平沢
   氏と特定出来なかった事をどう説明するのか?
(8)筆跡鑑定は複数の鑑定者によってなされたが、犯人の残した筆跡は、平沢氏の
   筆跡とは異なるとの鑑定がなされていることを、どう説明するのか?


313 :平沢:2008/05/12(月) 20:10:24 ID:???
うまくやったと思ったんだけどなあ。まさかあんなわずかな手掛かりから俺までたどりつけるなんて警察はすごいや。
名刺だとか、目撃証言とか。詐欺じゃつまらないから一生懸命勉強してせっかく毒殺成功させてもこれまでか。
ただし、直接証拠は処分しといて助かった。もう一生のらりくらりごまかして馬鹿な支援者が妄説はきだすのだけに期待しよう。


>312
頭悪い人がいるね。
政府がらみの実験も冤罪仕込みもありえない。それだけで熱弁悪いがたいていの論拠は崩れてる。
わざわざ冤罪仕込む必要がない。旧軍関係者ならとっととっつかまればいい。
そうでないのだから、別に素人でもできたんじゃない。
証言や鑑定結果があやふやだったり平沢も興奮して行動がおかしくなったり自然だ。
それでも多くの証拠証言が平沢クロを告げている。平沢自身の行動ももっとも雄弁に。
昔の調査や鑑定でどうにでも判断できるところで憶測たくましくしているだけじゃない。そんなやり方なら日本人誰でも疑える。
多くの証拠が平沢があやしいと告げているのに、それを無視して妄想ご苦労さま。
せめて事件前後の足取りがこうで、毒物をこう持っていたはずで、金をこう処分していて平沢より絶対あやしい、
という人物特定してから議論しようよ。時間の無駄だよ。



314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/13(火) 14:07:50 ID:???
事件関連の本読んだのか?
真犯人はとっくに特定されているじゃないか。
ドタマ悪いのはお前だろが。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 15:40:36 ID:???
>314
妄想乙
へんなのわいてるな

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 16:41:28 ID:???
>>315
お前、本当に読んでないのか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 17:21:52 ID:???
すごいね。
歴史の難問をきちんと解いたんだ。凄いよ!凄いよ!
皆が納得して誰からも突っ込まれない真相316は知っているんだ。
是非披露してくださいよ。歴史的瞬間だ。おめでとう。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/16(金) 19:59:43 ID:???
こりゃ図書館行くより病院行ったほうがいいかな・・・

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 12:57:59 ID:???
真犯人というのは佐伯説だね。たぶん。
たしかに、数ある本の中では佐伯さんの推理が
もっとも説得力があった。

ただ、事件の背景については、一個人が解明する
にはやはり限界がある。
GHQの内部で、誰がどういう意図で企んだのかが
知りたいところだが。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/19(月) 21:48:45 ID:???
どうでもいいが、遠藤サンは甲斐手記を佐伯サンに
ちゃんと返して死んだのか?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 01:52:26 ID:VQAa2rUi
>>319さん

佐伯さんの推理の書籍はなんですか?
教えて下さるようお願いします。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 10:39:46 ID:???
いま手に入るのは「帝銀事件はこうして終わった」かな?
「疑惑」と「疑惑α」をまとめた本だね。
「疑惑α」を読んで初めて佐伯さんが「追跡・帝銀事件」を
書いた(和多田進と共著)人だと知った。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/20(火) 20:53:34 ID:???
疑惑シリーズは自費出版だったよね。
本屋に注文したらもう講談社は取り扱っていないので
本人に直接注文してくれということで連絡先を教えてくれた。
電話すると優しそうなおじいさんが出て応対してくれた。

1週間位して本が届き、中を開けてみたら、
便箋に「代金は要りません」の文字が。
お礼の電話をしたら逆に丁重にお礼を言われた。
その後、1年位して上京した際にお宅を訪問して
いろいろ聞いてみようと思ったが、すでに連絡不能。

もう亡くなったのかもしれない。
奥さんも実に感じのいい方だったが・・・
真犯人(?)も自宅の目と鼻の先に住んでいたらしいね。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 21:39:03 ID:???
陸軍兵器行政本部「第九技術研究所」の歯科医師、N。

325 :陰謀論は病院から出てくるなよ:2008/05/25(日) 14:08:27 ID:???
>318
残念ですね。陰謀論はこれだから。待っててもまともな答えはでてこない。
警察じゃ手段持っていた旧軍関係者を調べるのは当たり前だから当然だ。
でも結局釈放された。

銀行で詐欺事件起こして、未遂事件の名刺を作成していたところを身体的特徴を記憶され、
アリバイもまともに答えず、金のありかも証明できないしようとしない平沢という犯人がいるからでした。
残念でした。

旧軍のちんけな医療関係者訴追しなくてもやることはGHQにはいくらでもあった。戦犯なんていくらでもいたから。
だからといってゴミみたいな旧軍の特殊部隊関係者を保護するいわれも一緒になって実験する必要もない。

佐伯説にしろ何にしろ、旧軍とGHQが共謀してああたらこうたらの妄想にはつきあえない。





326 :真面目に考えてほしい:2008/05/25(日) 14:18:40 ID:???
平沢説否定を世間に届かせようとするなら真面目に考えてほしいんだな。
>GHQの内部で、誰がどういう意図で企んだのかが
>知りたいところだが。
そんなこと100パーセントないよ。

こんな仮定に次ぐ、仮定だよりの妄想じゃ、何も証明したことにならないよ。
説得されないよ。
平沢がはめられた?何で?何でわざわざ犯人でっちあげるの?
詐欺事件や未遂事件起している平沢利用して見張っていながら実行した?そんな阿呆な。
平沢も組織が恐ろしく口をつぐんだ。あいた口がふさがらないね。馬鹿だね。
そんなありえない仮定を前提にしないと成立しないんだよ。
せめてもっと説得力のある仮説作ってから書き込んでね。
本当に平沢無実を考えるなら妄想ではない説得力のある仮説を作る必要があると真面目な人なら考える。
ふざせた陰謀論者はこないでくれよ。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 16:58:45 ID:hkGvxiMf
ソ連はアメリカに731などを始めとする大陸での戦犯の引渡しを強く
要求していたが、戦犯との裏取引をしたアメリカはこれを拒否。
日本軍の秘密研究の情報収集に努めた。
 そういう事情があったから裏取引の事実がほころびを手繰って
表に出てくれては体面上大変に困る。それで、超法規措置が取られた。
別の銀行強盗犯を犯人ということに仕立てる代わりに、死刑には
しないという裏取引が日本政府との間で口頭で結ばれたのであろう。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 12:31:06 ID:???
ただ残念ながら平沢単独犯説よりは説得力があるんだな、陰謀説は。
平沢一人であれだけの犯行ができるわけがない、と考えるのが
普通の人間の感覚で、米軍関与説をチンケな陰謀説と一蹴するのはどうか?
米軍が関与していなくとも、平沢一人でやれる犯行ではないだろう。

佐伯説が完璧に真実に迫っているかどうかは分からないが、
元中野学校出身者が日水会の会員で平沢と親しく、しかも人相も
平沢に似ていて重要参考人として取り調べられていた、という話は
単純に妄想とは片付けられないように思う。

それよりも、不思議に思うのは、少なくとも公には平沢単独犯で決着
している事件だから、それを信じている人にはすでに解決している
事件なはず。
だったらわざわざこんな掲示板覗いて事件の「真相」を期待する(?)
のは矛盾しているように思うが?

今からどんな説が出て来ようと、捜査権もない一般人の推理など
「妄想」で片付けられるのは当り前の話なのでは?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 14:57:39 ID:???
326サンがGHQ関与説を100%ない、と断定している根拠が知りたいな。
旧731関係者の追及にGHQが圧力をかけたのは捜査関係者が
認めている歴史的事実。
まあGHQは捜査妨害しただけで事件自体には関わっていないという
理屈もなりたたなくはないが。

平沢が実行犯なら、なんで銀行の金を全部持って行かなかったのか、
という疑問がぬぐえない。
ここから、絵の代金として平沢に渡った同額だけを実行犯は奪った、
という説が出てくるわけだ。
翌日、小切手の換金に現れた男の人相も、平沢とは明らかに違っている。

断末魔のうめき声を挙げる被害者の頭を押さえ、
「don't speak!」と言ったという米兵の存在が怪文書にあるが、
案外真実の断片を伝えているように思える。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 20:50:14 ID:l3z9Q7VE
>>326
偽証事件はどう解釈しておられますか?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 20:54:06 ID:fZZrhSWB
>>328
>それよりも、不思議に思うのは、少なくとも公には平沢単独犯で決着
>している事件だから、それを信じている人にはすでに解決している
>事件なはず。
>だったらわざわざこんな掲示板覗いて事件の「真相」を期待する(?)
>のは矛盾しているように思うが?

そうそう、なんか最近、平沢単独犯説を必死になってここで唱える人の存在が気になっていた。
表向き、警察レベルではこの事件は平沢の単独犯で平沢があの世に真相を持っていったことで解決しているはずなのだ。

平沢単独犯説に異議を申し立てられると、今でも、とても困る勢力でもいるのか?・・とも思ってしまう。



332 :陰謀論それは病気:2008/05/26(月) 20:56:10 ID:???
それは陰惨な事件だった。銀行で多数の人間に毒を飲ませ金を奪う。
懸命な捜査の結果、過去に銀行で詐欺を働いた男が、事件で使われた名刺をもっていた。
さらに直前の未遂事件で使われた名刺も作成したことが目撃者の証言からわかった。
逮捕し、自白も得られた。出所を説明できない金も持っていた。

そこへ馬鹿な後輩刑事がやってくる。
327「先輩違うっすよ。GHQが戦犯かくまうための陰謀っすよ」
328「単独犯で決まりなんでしょ。それなのに疑うなんて本当は他に犯人いるんでしょ」
329「平沢に渡った額と同額の金を盗んで平沢はめたんですよ」
お前ら死ね。


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 20:56:23 ID:fZZrhSWB
平澤単独犯説をとる人は、
(1)毒物が何であったか?
(2)毒物の入手経路は?

についてどう考えておられるのか?


334 :陰謀論それは病気:2008/05/26(月) 21:04:57 ID:???
陰謀論者って馬鹿なの。

詐欺事件や未遂事件起している平沢利用して見張っていながら実行した?そんな阿呆な。
平沢も組織が恐ろしく口をつぐんだ。あいた口がふさがらないね。馬鹿だね。

毒殺の未遂事件準備した男がいて、その直後に毒殺事件が起こったらそいつが犯人だろう?

何で、そいつ以外の第三者がやったと思うの?陰謀論者は馬鹿なの?
何で、GHQや政府が犯人かばうと思うの?陰謀論者は妄想するの?
何で、その準備していた人間をはめるために、毒殺事件を起こし、同額の金を盗むの?
トンデモな推理するの?病院から書いているの?



335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 21:18:27 ID:l3z9Q7VE
>>334
それはいいから早く偽証事件の背景を聞かせてくださいよ。
まさか平沢が獄中から指示したとか?


336 :陰謀論それは病気:2008/05/26(月) 21:18:51 ID:???
>>333
平沢はめられた人は、毒殺の未遂事件準備した男がいて、その直後に毒殺事件が起こって、
(1)そいつをはめるために陰謀準備などできたのか?
(2)そいつをはめるために陰謀する必要がいったいどこにあったのか?

についてどう考えておられるか?

電波は控えめに。


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 21:22:46 ID:???
これは、青酸配糖体(アミグダリンなど)と
その分解酵素(β-グルコシダーゼ)の作用を
戦後のどさくさにまぎれて人体実験したんでしょ

アミグダリンはウメ、アンズなどに含まれ、これ自体は無毒だけど
β-グルコシダーゼを作用させると、加水分解して猛毒の青酸が発生する

2薬剤を飲ませたらしいけど、片方がアミグダリンなどの青酸配糖体
もう一つがβ-グルコシダーゼ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 21:34:08 ID:???
計画は二重トラップ構成。
平沢は麻酔薬を使って行員を眠らせ金を奪う計画の一味。
平沢も、その仲間も毒殺するという意識はなかった。
2件の未遂事件は、結局行員が眠らずに失敗。

帝銀では平沢が勝手に単独で決行したと、仲間は思い込んだ。
ここが重要なポイント。
つまり平沢の仲間に、帝銀は平沢がやったと信じ込ませること。

帝銀当日、平沢を現場近くにおびき寄せ、アリバイを消失させる
ことが第2のポイント。
これで平沢は絶対に真実を語ることができなくなってしまった。
(話せばよりいっそう真犯人らしくなってしまうというジレンマ)

339 :312:2008/05/26(月) 22:24:27 ID:???
互いに罵倒するのは、もういいから、下記を答えてください。

平沢氏犯人説派は、次の事をどう思っているのか??

(1)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   未だに特定できていない特殊な青酸化合物をどこから入手できたのか?
(2)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   仮に16人全員に即効性の毒物を飲ませたら、最初の一人が薬物を飲んだ
   直後に倒れる事で他の者はもう薬品を飲まなくなるので、遅効性の薬物
   を全員に適量飲ませて、全員が飲んだ後に一斉に倒れる様に図ったという、
   薬物の特殊性、適量の知識や取り扱い方法を何故知っていたのか?
(3)椎名町支店での犯人は、薬物を被害者達に飲ませる手口に全く不自然さを
   感じさせないほど薬物の取り扱いに習熟していたが、上述の如く平沢氏は
   薬物の全くの素人であり、この犯人像の矛盾をどう説明するのか?
(4)椎名町支店の被害者のうちの生存者が、帝銀事件の全裁判を通して、
   「私が会った犯人は、平沢さんではありません!」
   と帝銀事件の全裁判を通して証言している事や、薬物被害を受けなかった
   未遂事件の目撃者達も誰一人として、平沢氏を犯人と特定 出来なかった事
   をどう説明するのか?
(5)捜査一課は犯人を特殊な薬物の知識と取り扱い経験のある、旧陸軍関係者
   と推理し、その後、旧陸軍関係者が捕虜に薬品を投与すると称して、ビン
   に入った毒薬を上澄みの油分と下方の毒薬とをピペットで別々に抽出し、先
   に自分で飲んでみせるという方法が、帝銀椎名町支店で犯人が犯行を行った
   手口と完全に一致する事が捜査資料で確認されている事をどう説明するのか?
(6)平沢氏は過去に銀行詐欺を働いており、小切手の取り扱い方法を知っている。
   しかし帝銀事件の犯人は事件の翌日早朝ではなく、手配が回っている可能性の
   ある午後に小切手の換金に行っており、しかも小切手に住所、氏名を記入する
   事を知らずに窓口の担当者から指摘されている。この換金犯人と平沢氏の犯人
   象の違いをどう説明するのか?
(7)換金犯と応対した担当者は、換金犯は平沢氏と人相が異なり、換金犯人を平沢
   氏と特定出来なかった事をどう説明するのか?
(8)筆跡鑑定は複数の鑑定者によってなされたが、その鑑定家の誰一人として犯人
   の残した筆跡は平沢と同一の鑑定結果を出せず、鑑定家の一人は、犯人の鑑定と
   平沢氏の筆跡とは異なるとの鑑定している事を、どう説明するのか?



340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/26(月) 22:38:05 ID:???
>>339
(2)に関しては、>>337で書いたとおりです
薬剤は2種類、順番に飲ませてる
どちらが先かは捜査段階でGHQに待ったがかかった
薬剤単体では毒性はない
混ぜると青酸が発生する
ただ、β-グルコシダーゼは人体に含まれてるので
先に飲ませたのは、β-グルコシダーゼだと考えられます

341 :312:2008/05/26(月) 23:25:35 ID:???
互いに罵倒するのは、もういいから、下記を答えてください。

平沢氏犯人説派は、次の事をどう思っているのか??

(1)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   未だに特定できていない特殊な青酸化合物をどこから入手できたのか?
(2)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   仮に16人全員に即効性の毒物を飲ませたら、最初の一人が薬物を飲んだ
   直後に倒れる事で他の者はもう薬品を飲まなくなるので、遅効性の薬物
   を全員に適量飲ませて、全員が飲んだ後に一斉に倒れる様に図ったという、
   薬物の特殊性、適量の知識や取り扱い方法を何故知っていたのか?
(3)椎名町支店での犯人は、薬物を被害者達に飲ませる手口に全く不自然さを
   感じさせないほど薬物の取り扱いに習熟していたが、上述の如く平沢氏は
   薬物の全くの素人であり、この犯人像の矛盾をどう説明するのか?
(4)椎名町支店の被害者のうちの生存者が、帝銀事件の全裁判を通して、
   「私が会った犯人は、平沢さんではありません!」
   と証言している事や、薬物被害を受けなかった未遂事件の目撃者達も
誰一人として、平沢氏を犯人と特定 出来なかった事をどう説明するのか?
(5)捜査一課は犯人を特殊な薬物の知識と取り扱い経験のある、旧陸軍関係者
   と推理し、その後、旧陸軍関係者が捕虜に薬品を投与すると称して、ビン
   に入った毒薬を上澄みの油分と下方の毒薬とをピペットで別々に抽出し、先
   に自分で飲んでみせるという方法が、帝銀椎名町支店で犯人が犯行を行った
   手口と完全に一致する事が捜査資料で確認されている事をどう説明するのか?
(6)平沢氏は過去に銀行詐欺を働いており、小切手の取り扱い方法を知っている。
   しかし帝銀事件の犯人は事件の翌日早朝ではなく、手配が回っている可能性の
   ある午後に小切手の換金に行っており、しかも小切手に住所、氏名を記入する
   事を知らずに窓口の担当者から指摘されている。この換金犯人と平沢氏の犯人
   象の違いをどう説明するのか?
(7)換金犯と応対した担当者は、換金犯は平沢氏と人相が異なり、換金犯人を平沢
   氏と特定出来なかった事をどう説明するのか?
(8)筆跡鑑定は複数の鑑定者によってなされたが、その鑑定家の誰一人として犯人
   の残した筆跡は平沢と同一の鑑定結果を出せず、鑑定家の一人は、犯人の鑑定と
   平沢氏の筆跡とは異なるとの鑑定している事を、どう説明するのか?






342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 05:59:09 ID:???
お前、人の話、聞いてないだろう・・・

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 08:37:54 ID:nSJI6Ier
http://www.cerij.or.jp/db/sheet/yugai/75_05_8.pdf
アセトニトリルだったっけ?使われた毒物は。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 10:15:06 ID:???
ACHだろう。
アセトン・シアン・ヒドリン。
陸軍中野学校では、中国(上海)で捕虜を使って
帝銀と似たような毒殺実験をやっている。
その際の記録は遺棄されているので、進駐軍は
実際の人体実験記録を欲しかったのだろう。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 17:27:47 ID:???
終戦後だから捕虜は使えないので銀行強盗に見せかけて
一般人で人体実験したのか。
これが本当なら心底恐ろしいなぁ・・・

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 23:58:06 ID:nSJI6Ier
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/17/wada_noborito.htm
この記述がやはり帝銀事件と陸軍登戸研究所との関連を
GHQや日本政府がもみ消そうしたという疑いを強化する。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 12:18:31 ID:???
GHQ関与説をユダヤ陰謀説と同次元に
見ている奴がいて、痛々しいな

348 :312:2008/05/28(水) 21:11:18 ID:???
同じ疑問点をUPしたのではなく、少しづつ更新、修正しています。

>>340

毒物の推測ではなく、その特殊な知識と取り扱い方法を、薬物の素人の
平沢氏が何故知っていたのかという事が疑問点です。

私も過去レスで書きましたが、未遂事件で使用された名刺の印刷屋が犯人の
人相と平沢氏の人相の特徴(顔の二つの老人斑)との一致をほぼ正確に記憶
している等、平沢氏が帝銀事件と全く無関係とも言い切れないという思いを
持っていますが、最近、このスレは平沢氏冤罪説が押し返してきている印象
があります。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 21:14:37 ID:IPmmODd0
>>346
中帰連のじじいの文章って、
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/17/wada_noborito.htm

ほとんど「陸軍登戸研究所の真実 伴繁雄著 芙蓉書房出版」のパクリだな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/29(木) 00:54:18 ID:???
歯医者が怪しい、とか言うのを図書館で読んだけれども、ほかの関連本で触れられてないのを見ると、いわゆる「電波」ないしは「トンデモ」本だったのかしら

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/29(木) 12:22:45 ID:???
他の本で触れられていないから信用できない、というのはちょっと短絡的かな。
電波だのトンデモだの、書かれている本の内容で判断すればいいだけのこと。
佐伯さんは、今までマスコミに全く登場していない民間人だから、余計そういう
目でみられるのだろうが、実際の取材は非常に綿密で、かなり説得力がある。

佐伯説で面白いと思ったのは、平沢が銀行を舞台にした詐欺事件の仲間と
2件の未遂事件を起こしたとの推理。
この未遂事件の実行犯が平沢だが、帝銀をやったのは別人で、その犯人を
仲間たちは平沢と思い込み、平沢自身は誰がやったのか見当がつかないという点。

これでは、平沢は事実を話せば2件もやったのなら当然帝銀もやっているはず、
と思われてしまうし、仲間の名を出せば彼らは口裏を合わせて平沢一人に
罪を着せるように仕組まれている。これでは平沢は絶対にに事実を明かせない。

平沢を含む詐欺仲間全員が帝銀実行犯の正体を掴めないという情況を
作り出したのが、計画の最大のポイントといえるだろう。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/29(木) 19:14:45 ID:???
平沢は、逮捕直後は自殺を図ったりしていたが、死刑判決後は、真実には
一切口をつぐみながらも、再審請求を続けるとことで死刑執行だけは免れる
ことに腐心し続けた。

判決後であっても、正木ひろしらが弁護人だった初期の段階で、平沢が事実
をありのままに告白してさえいれば、まだ別の展開があったかもしれない。
そうであったら、日本の戦後犯罪史は大きく塗り替えられていただろう。
日米関係にも、なんらかの影響があった可能性さえある。

「救う会」が、平沢を全くのシロ、完全な冤罪と断定して活動したがために、
彼らを頼るしかない平沢は、事実を告白することがいよいよできなくなって
しまっていった。
いかに毒殺の実行犯ではないと主張したところで、2件もの未遂事件を
やったのが自分となれば、世間がどう見るか。支援者にも見放されるだろう。
平沢は金の出処について嘘をつき続けるしかなかった。
「救う会」の活動は、平沢を死刑台に送ることは阻止したが、帝銀事件の真相を
闇に葬ることに結果的に手を貸したのは、なんとも皮肉なことだった。

これこそが、帝銀事件が他の冤罪事件とは根本的に性格を異にする所以である。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/29(木) 23:58:30 ID:???
>>351
あ、わりと信憑性あるなあとは思ったのよ
ただ、ほかの本で触れられてないのが気になっただけ
それと、証言した人の念書みてーなのを載せてるところもなんか……

123便は撃墜された!みたいな珍説扱いされてるのかなーと思ってね

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/30(金) 23:03:09 ID:zlxVGizV
 当時多くのBC級戦犯がいたが、連合軍からすれば憎むべき彼らを毒物の
実験台にしないで、何の罪もない多くの銀行員を餌食にした理由や如何?

 平沢が帝銀事件直後にほぼ同額の大金を預けている。その大金の出所を
平沢が説明できていない。それが全て。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 10:02:41 ID:???
戦犯は戦争犯罪人として管理されているわけだから、謀殺するのは
一般人よりも難しいだろう。

平沢に渡った大金は、ずばり帝銀で奪われた金そのものだろう。
帝人実行犯は、平沢に渡すはずの絵の代金分と同額を奪って行き、
鍵が外れていて容易に持っていけるはずの大金庫の35万円には手を
つけていない。

事件翌日、銀行に小切手を換金に行った男は、おそらく、事件発覚時に
食中毒事件と勘違いしてなだれ込み、混乱に紛れて盗んだ野次馬の一人
ではないかと思う。
銀行を舞台にした詐欺事件を行い、小切手の扱いにも慣れていた
平沢や、その仲間たちではないだろう。

356 :341:2008/05/31(土) 11:06:05 ID:gQa4Pa3V
>平沢が帝銀事件直後にほぼ同額の大金を預けている。

平沢が実行犯なら、状況証拠となる大金をわざわざ自分の口座に預けるだろうか?
どこかに隠すとか、貴金属に換えて隠すとか、分散して偽名口座に入れて隠し預金
とするとかの方が自然だと思えます。

わざわざ足のつくような自分の口座に事件直後に入金するから、平沢は嵌められた
とかの背景になるんですよね。平沢は脳の病気を患っていたから、正常な感覚を喪失
していたとかも有るかもしれませんが。

>その大金の出所を 平沢が説明できていない。それが全て。

判決後だったかどうか失念したけど、弁護士に春画を描いた報酬だと話してます。
でも春画の報酬と事件の被害金額が、ほぼ同額というのが偶然の一致にしては出来
過ぎているんですよね。

こういう点も、平沢が事件と全く無関係とも言い切れない点になっているんです。

ところで事件に詳しい方は、>>341の疑問点に答えて頂きたいのですが。




357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 14:09:17 ID:???
人間の記憶なんてあやふやな部分が多く、多くの思い込みが含まれノイズのない事件なんて存在しない。
注目集めた事件なんて報道合戦で色々すりこまれ、昔から、偽の犯人から何から面白おかしく作られる。
ちょっと現実を知っていればわかる。
れっきとした犯人がいるのに、ノイズにとらわれて真相を見逃す馬鹿が多いことに。

ノイズを取り除いて疑いのない事実。
未遂事件で目撃され、名刺も残し、アリバイもなく、自白して、説明できない金も持って。

実際に人を犯人にしたてようとするなら、動きを調べる、金を調べる、そうしたってうまくいくわけがない。
そんなに都合のいい平沢みたいな人間がいてくれて、それで犯人たちは成功したなんて本気で信じているの?
そんなことないよね。平沢が犯人だよね。
理性があればそう考える。

それなのに、341みたいなどうでもいい枝葉末節から犯人じゃないなんて。病気は辛いの?


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 17:45:03 ID:1aAD/pYj
元特務機関の者が企画して行った事件だとすれば、用意周到に仕組まれていても
当然だろう。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 21:10:37 ID:???
「救う会」にはイデオロギーや党派を超えて、各界から実に多くの有識者
が参加していた。
昔の会員名を見ると意外な人物が結構多くいる。
ほとんどは裁判結果に疑念を抱いたのが参加理由だったのだろうが、
ある政界の大物は、全く別の理由からこの「救う会」に参加していたという
疑念がある。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/31(土) 21:30:57 ID:???
記憶のあやふやな人間の目撃証言を有罪の根拠に挙げるヴァカ発見!>>357
偽の犯人から何から面白おかしく作られる文章は爆笑もの!>>357


361 :341:2008/06/01(日) 15:14:25 ID:nT9ZCEri
双方で中傷し合うのはやめて、情報、意見交換に努めましょう。
私だって、平沢氏が全く事件に無関係とも言い切れないという思いがあります。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 03:06:33 ID:???
そうかなぁ?
全くの無関係か犯人もしくは共犯のどっちかだと思うが。
犯人じゃないのに無関係ではないって名刺の事か?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 12:05:36 ID:???
2件の未遂事件があるから話がややこしくなっているんだよ。
それと銀行詐欺事件もね。
平沢は銀行詐欺やった仲間から銀行員を眠らせて金を奪う
計画を持ちかけられ、それに乗った。
これが安田荏原、三菱中井、2件の奇妙な未遂事件。

その間に帝銀本番の毒殺人体実験の準備を進めてた連中が
いて、その実行犯は平沢とも面識がある元陸軍登戸研究所
出身の男。この男は平沢に似せた変装を施して犯行を実行。
平沢は仲間に言葉巧みに事件現場付近におびき出され、
アリバイを消失させられた。

事件後は、遅れていた絵の代金を一括して平沢に送金。
このカネがずばり帝銀で奪ったカネそのものという周到さ。
金の出処を自供すると、2件の未遂事件も明るみとなり、
帝銀の実行犯ではないという言い訳ができなくなる平沢は
どうすることもできず、獄中で自殺未遂。
あとはご存知のとおり。

364 :341:2008/06/02(月) 20:06:09 ID:0gOOjMXD
>>363

説得力の有る推理で概ね賛同できるのですが、疑問点として、
銀行詐欺事件の被害者は逮捕された平沢氏を見て、即座にそ
の時の犯人と断定できてるのに、未遂事件の行員達は平沢氏
を犯人と特定できていないんです。

未遂事件の行員達は毒物を飲まされていないので、椎名町支店で
の生存者の証言の様に、毒物の影響による意識混濁という理由付け
が通らないのです。

しかし、未遂事件で使用された名刺を作った名刺屋は、依頼人の
人相の特徴(顔の二つの老人斑)を正確に覚えており、その特徴
は平沢氏と一致する。

とすると、未遂事件における平沢氏の役割は、名刺を注文するだけ
の役割か、或いは名刺を注文したのも平沢氏に変装した別の男かも
しれない。

だとすると、平沢氏の帝銀事件における罪状は、未遂事件において
名刺を注文したという軽微な共犯になるので、それを隠す事で椎名町
支店での毒殺犯に仕立てあげられるのは割が合わないんです。

正直に、未遂事件で名刺を注文する役目をしましたが、椎名町支店での
毒殺は行っていませんと言った方が、目撃者達の証言とも一致するし、
平沢氏も死刑を免れる事ができるのは明白だと思えるんです。

今ある情報で、平沢氏の帝銀事件への関与が認められそうな証言は、
未遂事件の名刺注文者の人相との一致だけなんです。

繰り返し言いますが、銀行詐欺事件の被害者は平沢氏を犯人と特定
できているのに、椎名町支店の被害者の行員達だけでなく、毒物を
飲まされていない詐欺事件の行員達も平沢氏を犯人と特定できてい
ないんですよね。

365 :陰謀論妄想ご苦労様です。:2008/06/02(月) 20:47:07 ID:???
未遂事件でも頬の特徴は見られたんじゃなかったっけ。
未遂事件名刺作っているのに犯人じゃないなんてとおらないな。

未遂事件に関与したのに。
事件で使われた、名刺持っているのに。
自白したのに。
アリバイないのに。
金を証明しなかったのに。

絵を売ったとかいうなら、一度や二度じゃないだろうし、周囲の人間に当たればおのずとわかる。
弁護士、救う会通じて証明なんていくらでもできた。
本当に売ってあの金を得ていたなら。そうじゃないからとぼけていた。常識。

陰謀論は妄想楽しいですね。

363とか、これだけの手がかりがあるのに、ありえない仮定、妄想でご苦労さまです。


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 21:05:42 ID:???
「救う会」は平沢が一点の曇りもない無罪潔白であるとの立場で支援活動を進めていた。
この会の存在とその活動が、真犯人(グループ)にとって、実にありがたいものだった。
なぜなら「救う会」は平沢の死刑執行を阻止する唯一無二の存在であり、平沢はこの会に自分の命を
託していたといえる。
となれば平沢は、いまさら「2件の未遂は自分がやりました」などとはいまさら口が裂けても言えない。
従って、事件直後に入手した大金の出処も絶対に本当のことは告白できないわけだ。

「救う会」は、平沢が金の出処を言えないのは、狂犬病の予防接種の後遺症だとか、あの金は春画の
報酬だったので帝展無鑑査の画家というプライドから言えないのだとか、誰が聞いても苦しい言い訳
としか表現しようのない理由を持ち出している。
正木ひろしらが嘆いたように、金の出処さえ事実を話せば一発で無罪は確定するというのに。
(ただし、会員のほとんどは本当の金の出処は知らなかっただろう。)

「救う会」が平沢を完全無罪と信じる以上、頼るものが他にない平沢は事実を告白できないから、
真犯人たちはいつまでも安泰なわけだ。
この、真犯人(グループ)の意図を汲んで会の活動をしていた人物が、あの政界の大物だ。


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 21:18:54 ID:???
すでに事件は解決してるというのにわざわざ陰謀妄想論を見るのを
日課にしているヒトが混じっていて、ほんとに楽しいな。このスレ(嘲笑

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 21:46:46 ID:???
>未遂事件でも頬の特徴は見られたんじゃなかったっけ。

未遂事件でも椎名町支店でも頬のしみは見られていたかもしれないけど、
左顎に傷も見られてたと思います。
でも平沢には顎の傷はなかったんじゃなかったかな。

顎の傷については、はっきりした証言が無いので、頬のしみ
の方が有効とされていたはず。
誰か、補足願います。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 19:54:21 ID:qFuYoSOI
>>367
完全に解決しているのならなんで歴代法相は処刑執行の判を押さなかったの?
この事件って当時の捜査では平沢単独犯ということで処理されたんだが、その辺が法務にも全く自信がなかったんだろ?

(1)平沢の単独犯か否か
(2)毒物は何だったか
(3)毒物の入手経路は

については全く不明瞭のまま事件の捜査は幕を引き、平沢が真相をあの世に持っていくことになった。

平沢単独犯にされたということで何か恩恵を被った個人あるいは勢力がいたはず。

>陰謀妄想論

GHQ関与説をユダヤ陰謀説みたいなのと同一視するのって・・?



370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 21:41:49 ID:???
よく読めよ。367は痛いレスを繰り返す約1名への皮肉だよ。
いまどき平沢単独犯説を信じてる人間なんかいないよ。
信じたい輩はいるだろうけどね。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 23:53:05 ID:???
>>370

>>367>>357への皮肉ですか?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 14:30:09 ID:???
@単なる青酸カリではなく青酸化合物をどのように入手し得たのか
A毒物を行員に飲ませるまでの段取りのよさ
B@およびAより薬物に知識がない人物にこのような犯罪がなしえるのか?

C捜査方針の大転換
→当初は軍、医療関係者を主体に絞込み→いきなり画家の平沢?


D平沢が得ていた大金の入手ルート
→その気になれば捜査本部が明確にできたはずでは

Eなぜ死刑が執行されなかったのか
→アメリカから後年真相が出る恐れから?




373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 21:03:28 ID:BwurYxyj
>Eなぜ死刑が執行されなかったのか→アメリカから後年真相が出る恐れから?

だとするとこの事件は戦後最大の冤罪事件か?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 21:51:03 ID:???
平沢は帝銀の実行犯ではないから、単純な冤罪事件ではないけどね。
平沢を他の冤罪被害者同様に見てしまうと、結果的に真犯人グループに
協力してしまうことになるのが、帝銀事件総体の最も奇怪で恐ろしいところ。
そういう意味では戦後最大級の事件とはいえるだろう。

平沢の死刑執行阻止のためには、多少の疑問点には眼をつむらねば
ならなかったのは仕方ないかもしれないが、肝心の平沢の家族たちが
疑惑を口にしていて、完全無罪を唱える人々には賛同できないと言っていた
わけだから、もっと事件全体に眼を向けた活動があってもよかったろう。

そういう視点があれば「左右を問わず幅広い層の人々を味方につける」と
いいながら、真犯人グループに通じた人物が近くにいたことに気付いた
かもしれない。今となっては繰言ではあるが・・・

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/05(木) 22:19:00 ID:???
341>>

真犯人を特定する証拠の無い事件だったので、

平沢:椎名町支店の被害金額とほぼ同額を事件後に預金しており、その金の合理的説明が出来なかった。

検察:薬物の素人の平沢氏が特殊な青酸化合物をどこから入手し、その特殊な知識と取り扱い方法を何故知っていたのかを説明できなかった。

の2点が、裁判の最終判決まで解決できなかった。

それ故に事件の真相が明らかにならず、平沢氏の冤罪の疑念が長く残る事となり、上述の椎名町支店の被害者で生存者の
3人の中の一人の女性が、警察での平沢氏の面通し、及び帝銀事件の全裁判を通じ、

「私が会った犯人は平沢さんではありません!」

と終始一貫して証言してた事が、歴代の法務大臣が平沢氏の死刑執行を命じる事が出来
なかった直接の理由となった。


376 :341:2008/06/05(木) 22:29:11 ID:9ssdPi2R
>>341

事件に詳しい方は、>>341の疑念にお答えくださるよう、宜しくお願いします。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 14:16:46 ID:???
だから平沢単独犯説を真に受けている人間なんかいないって。
もしいたとしても、そいつらにとっては、もうとっくに終った事件だから、
こんな掲示板をわざわざ覗いたり書き込む必要など全く無い。

したがって、このスレの存在意義はひとえに確定判決の粗探しと、
真相を推理することにある。
平沢単独犯説をとなえているのは、ただの面白半分だろ。
相手にせずにいこうや。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 10:15:04 ID:???
だから毒殺未遂事件の実行犯の平沢が犯人じゃないなんて、(頬の特徴、二度も目撃され言い逃れできない)
事件をまじめに考えている調査分析している人間の中には誰もいないって。相手にされないって。
毒殺未遂犯人がはっきりしているのに、その後の事件が別の犯人だなんて、まともな理性のある人間なら思わないって。

したがってこのスレの存在意義は、ひとえに確定判決の粗探しと、
大嘘ぶっこいて無邪気な人をだまくらかして笑いものにすることにある。
未遂事件を起こしている平沢の動きを利用して本番の帝銀事件起こしたとか、
平沢も計画に参加していたが本番の事件は別の実行犯がいるとか、笑いながら珍説書き込んでいるだけだって。
このスレで平沢冤罪説をとなえている奴は、ただの面白半分だろ。
相手にせずにいこうや。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 13:27:47 ID:???
ほんと律儀な奴だな

380 :341:2008/06/08(日) 12:34:37 ID:s1QmIENy
平沢氏の家族は、私の記憶違いで無ければ事件後に平沢氏と絶縁
していたと思います。

平沢氏のアリバイは肉親の証言だから不採用になってるけど、
そのアリバイが事実ならば平沢氏は無実なのだから、肉親自身
が平沢氏の帝銀事件への関与を疑っていて、平沢氏と絶縁した
という事と矛盾します。

平沢氏のアリバイを証言した、その他ならぬ家族が平沢氏と絶縁
するとは、そのアリバイは虚偽だった可能性が有りえるでしょう。

或いは、椎名町支店の事件の平沢氏のアリバイは事実でも、詐欺事件
を起こした事実や、未遂事件への関与の疑いから、家族は平沢氏を疑
っていたという事でしょうか?

だとすると、やはり繰り返し指摘されているように、平沢氏は未遂事件
へは関与しているが、椎名町支店での犯行には関与していないという事
だと合理的に説明がつきます。



381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 16:52:04 ID:???
そこまで手の込んだことするかな。
平沢を嵌めるにしてもリスクが大きいような気がする。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/09(月) 12:19:12 ID:???
平沢がいなければ、真犯人は旧陸軍関係者に絞られていたはず
だから、いかに手間がかかろうと、替玉を作っておいた方が、
作らないよりはリスクが少なくなる。

帝銀本番では、全員を確実に殺害する計画だったから、本来は
替玉などいらないはずだが、万一生存者がいた場合を考えて、
スケープゴートを作っておく必要があったのだろう。

それで帝銀実行犯に似ている平沢を選び、未遂をやらせ、
帝銀の際にも銀行の近くにおびき寄せ、絵の代金として帝銀で
奪った金を渡しておいた。
平沢は自分がやった未遂事件を同じ犯行を誰かが挙行して
しまったことに驚き、北海道に身を寄せる。
北海道で刑事と記念写真を撮った際にも表情を変え、刑事に
疑念を抱かせてしまう。

383 :ガーデンハイツ:2008/06/10(火) 13:56:52 ID:qtWNlCVx
創価集団ストーカーのゴミは裏で妙な電波で大儲けしてないで即シネよ。コイツらは全国に拡がるターゲットを利用し、奴隷化計画の布石にしている。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 19:45:33 ID:0bFBYEnp
この事件は大日本帝国憲法下の旧刑法で裁かれた最後の刑事事件であった。

これ大きなポイント!

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/11(水) 20:58:46 ID:???
それ、よく言われるが、仮に現憲法下の事件であっても、
結果は同じだったと思うよ。
旧軍関係者の捜査はGHQの圧力でストップをかけられ、
かといって迷宮入りにするわけにはいかない。
他の容疑者は平沢以外にいなかったわけだから。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 10:09:07 ID:zGdceg/8
>>385

他の容疑者は、

731部隊の諏訪、
登戸研究所の名前忘れた、
中野学校の歯科医(名前知らない)、

の3人が重要容疑者と言われるよね。

登戸と歯科医の名前を教えてください。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 10:46:32 ID:zGdceg/8
篠田鐐陸軍中将。

で良いのかな?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 11:36:39 ID:???
歯科医は能口ヒロシとなってるが、
本名は野口博史じゃないかな?
ひろしの漢字は違ってるかもしれない。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/15(日) 19:13:37 ID:3JfGaYRe
白衣の男は、歯のホウロウ質にふれないようにして、
のどに流し込むようにして飲んでくださいといって
行内に居たものを指導して騙して殺した。
ここから犯人は歯科医あるいはそれに近い関係の者じゃないか
という推測が起きた。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/15(日) 21:49:53 ID:???
>>388
ほーっ
ソースと言うか根拠みたいなのあるの?煽りじゃなくて純粋に気になる

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 06:24:55 ID:5kugmAiF
主権の無い時代にGHQの命令で捜査の方針を大転換させられたということが
歴代の法相には申し送り事項だったと言われるな。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 12:53:47 ID:???
721と関連づけたいだけの日本の外国、反日バサヨ脳

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 19:48:04 ID:???
721ねぇ・・・

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 23:06:15 ID:W7Yr5/YU
0721

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 02:44:13 ID:g7BjESJV
ああ、テレビドラマ化されてたのですね。

あの毒殺シーンはトラウマ。
幼少期は、9時前には寝ていた。 
ある晩のこと、寝入りばなに目が覚めたら、テレビがついていた。

画面には・・・
男が皆を集めてなにかを飲ましてる。 舌を出してから飲むように指導していた。
飲む中には子供の姿も。 飲んだ途端に苦しみだす・・・ 
(捜査なのか取材なのか)転がった死体にカメラのフラッシュが。

この辺でまた眠りに落ちた。
あのドラマは1980年。 就学前に放送された土曜ワイド。
帝銀事件のことを知った時、その、幼い日に見た猛烈にコワい映像が真っ先に浮かんだ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 10:15:10 ID:???
仲谷昇主演の長時間ドラマだね。
映画「帝銀事件 死刑囚」も結構面白いよ。
まあどちらも平沢完全無罪説だけど。
平沢関与説(ただし帝銀本番は別人)を
ドキュメントドラマにしたら面白いかも。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 05:13:15 ID:Qq6ppX8f
仲谷昇主演の長時間ドラマ見てる人多いね。
平沢逮捕後の情報は、警察の誘導が入ってるから
全面的に信用できないけど、事件と無関係とは言
い難いな。

金の出所を説明できなかったのが命取り。

平沢をスケープゴートにした説が有るけど、平沢が
誰に犯行現場近くにおびき寄せられたとかを白状する
可能性だって十分あったと考えられるから、無理が有
る感じがする。

普通、凶悪犯罪でスケープゴートを仕立てた時は、その
スケープゴートが口を割らないように、事件後に口封じ
するんだけど、それもされていない。

難しい事件だ。

オズワルドは口封じで殺された可能性が高いよね。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/04(金) 17:11:21 ID:???
「事件後に口封じ」というのは「ばらしたら殺す」という脅迫なのだろうが、
これは、一度捕まって当局の手の中に入ってしまうと逆効果となる。
「ばらさなければ俺一人が罪をかぶってしまう」という恐怖にかられ、
今度は取調べ官に迎合する心理状態に陥るわけだ。

帝銀事件の場合、平沢もその仲間も帝銀本番を決行した真犯人が
誰だか判っていない、というところが最大のポイント。
平沢は未遂事件を2件もやっている上、帝銀犯人が誰かはっきり
判らないので、未遂のことを話すと仲間たちの証言によって
自分が犯人に仕立てられてしまうことを最も恐れていた。

このような心理状態では検事の追及に辻褄合わせをすることも
できす、ついに自殺未遂を図るに至ってしまった。
おそらく判決後、だいぶたってから事件の全容を掴んだだろうが、
「救う会」などによって「悲劇の冤罪事件」の主人公にまつり上げられ
てしまい、ただ死刑にならないことだけを願っていたのだろう。


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/06(日) 08:44:12 ID:ukNj65FL


731部隊の諏訪
登戸研究所の篠田鐐陸軍中将
中野学校の歯科医、野口博史

事件後自殺した、諏訪の名前を教えてください。




400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 12:13:26 ID:???
松本清張とか嘘ばっかりとは聞いてましたが、それでも帝銀事件だけは陰謀があったと思ってました。
でもこのスレ読むと結局嘘だったんでつね。

398とかわけのわからない証拠も何もない憶測しかでてこないし。
平沢冤罪はこんな根拠のない話でスレを埋めるしかないんでつね。

こんな根拠で言っていたらどんな事件も全て陰謀であり、無罪になったしまいまつ。
平沢が犯人なんでつね。


401 :341:2008/07/12(土) 16:17:20 ID:gKdR88Z3

佐伯さんの本は説得力があるけど、米軍による人体実験説は同意しがたい。

もし露見したら、占領政策自体が崩壊しかねないし。
進駐軍は占領政策を順調に進めるために、天皇制でさえ容認したというのに。
人体実験するなら、他に無難な方法が有りえるのではないだろうか。
帝銀事件の様な大事件を起こさせなくても、中野学校の上海での人体実験の
データを採用すれば大方済む事だし。



402 :341:2008/07/12(土) 16:36:50 ID:gKdR88Z3
731部隊の諏訪敬明(のりあき)軍医中佐
登戸研究所の篠田鐐陸軍中将
中野学校の歯科医、野口博史

この3人が候補者といろいろ言われてるけど、
登戸研究所の方面は、詳しい方がいたら教えて
下さるようお願いします。

諏訪は調査の結果、シロとされていますね。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 13:09:23 ID:???
人体実験説がアウト。
個人的犯罪なら、なぜ、犯人をかばったり、別人を逮捕したりしなくちゃいけないのか。
たかが、戦犯見逃してデータを押収したことを隠蔽するため?
ナンセンスですね。
ますます、陰謀論は説得力がなくなりますね。

404 :341:2008/07/13(日) 17:34:05 ID:ieKMGN+8
未遂事件で残された、松井、山口の2枚の名刺から、
平沢の指紋は出ていないですよね。

犯人は素手で名刺を渡したのでしょうか?
それとも手袋をしてたのでしょうか?

その名刺に残されていた指紋こそが未遂犯を特定できる
ブツなのに、意外と語られていないですよね。

私が知らないだけかもしれませんが。

それから、中野学校の上海での人体実験のデータは破棄
されていたようです。


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 01:25:25 ID:???

諏訪中佐の顔は、犯人の似顔絵に全然似てないのだが

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 15:48:45 ID:???
帝銀本番では全員殺害する計画だったが、生存者が出た場合を
考えて、実行犯によく似た平沢をアテ馬に使ったのだろう。
平沢が2件の未遂事件を自供すれば、帝銀だけはやっていない
という言い逃れは通用しないだろうし、仲間たちの存在をばらした
ところで、全員が平沢に罪をかぶせる証言をするだろうから、
いよいよ平沢には逃げ場が無くなる。

つまり、平沢の最大の弱点は2件の未遂事件をやってしまっている
ことと、帝銀で盗まれた金を絵の代金として受け取ってしまったこと。
この2点があり、死刑回避を願う以上、平沢は絶対に真実を明かす
ことができない。
「救う会」から「気の毒な冤罪被害者」として祭り上げられた以後は
なおさらだったろう。

平沢が死刑になりたくないと願い、自分の助命のために東奔西走
してくれている支援者たちを裏切れない以上、死ぬまで貝になるしか
方法は無かったわけだ。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 17:54:55 ID:???
昔読んだ本で、事件で生き残った人をある歯科医の元へ連れて行って面通しさせたら
生き残った人がふるえだしてしまって、さりげなく治療を辞退して
歯科医を出てくるのにすごく苦労したなんていう下りがあった気がする。
歯科医がマスクをつけていたのが、(事件時もマスクをつけていた)
犯人の面相を判断するのに返って役立ったのではないかなんて。

あの下りを読んだときの恐ろしさが忘れられない。
作り話でないよね。。。


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 23:53:24 ID:n11vyVWt
>平沢が2件の未遂事件を自供すれば、帝銀だけはやっていない
>という言い逃れは通用しないだろう

警察は2件の未遂事件と帝銀事件を同一犯人の仕業と断定して
いたから、平沢は未遂事件を自分がやったいえば、帝銀事件の
犯人と断定されてしまうから、自分が未遂事件の犯人である事
は口が裂けても言えなかったのは理解できる。

帝銀事件後に平沢は仲間達から、
「俺達の事を話したら、平沢が未遂事件をやったとばらす」
とか、
「帝銀事件も平沢がやったと全員揃って証言してやる」
とか脅されていたかもしれませんね。

>(事件時もマスクをつけていた)

帝銀事件では、犯人はマスクを付けていませんよ。


平沢が未遂事件の犯人ならば、残された松井、山口の
名刺から、何故平沢の指紋がでなかったのでしょう?
ここに佐伯説の大きな弱点が有ります。

未遂事件の犯人が手袋をしていたというのは、聞いた事
がありません。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 01:32:49 ID:An1tDKaf
>>407
和多田進『ドキュメント帝銀事件』でしょ。
個人の印象に過ぎないけどね。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 07:21:43 ID:qaeb8mO4
洗脳・催眠術をかけられて
自分がやったように思い込まされていたらどうだろうか?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 13:10:13 ID:???
「ドキュメント帝銀事件」での面通しでは、歯科医が偶然マスクを
かけて現れたので、目と鼻の上部だけを見ることになった。
いくらうまく変装しても両目と鼻の付け根部分だけは変えることは
できないので、結果的にその部分を最初に見て犯人と確信した、
という内容だったと思う。

そして、興味深いのは、その帝銀生存者の女性が、歯科医を
「平沢にも似ている」と証言したこと。
さらに歯科医の指紋をとろうと色々やってみたがことごとく失敗
したという事実。

平沢に似た顔で同じ日水会会員で元中野学校出身の歯科医。
しかも重要参考人として取調べも受けた人物。
これがすべて事実なら、少なくとも平沢よりも何倍も帝銀犯人
にふさわしい人間であるとはいえるだろう。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 00:57:38 ID:tBg6i+40
歯科医の野口が、最初の重要参考人として調べられたなら、
帝銀事件は疑惑の大事件ではなく、早期解決も可能だった
という事になります。

野口が指紋を取られる事を警戒して、指紋採取を成功させな
かったという事は、警察が公表していたか未公表にしていた
かは分からないが、犯人に直結する証拠として指紋を確保し
てあるかもしれない事を非常に警戒していたという事ですよね。

それがいつの指紋なのか??

帝銀で台所に残された茶碗の指紋なのかもしれないけど、知能犯
の真犯人が犯行前にお茶を飲んで指紋を残すとは思えない。

未遂事件でも、指紋が付いた名刺を残すような無用心な犯人とも
思えない。

だから仮に野口が真犯人だとしても、野口の指紋が物証になって
真犯人と特定されたかは分からないよね。

ただ野口が指紋を採取されるのを、非常に警戒していたという心象面での
疑惑は大きく残った。

しかし、佐伯氏の最初の本が出版された頃は、野口は存命だったの
だから、マスコミが野口宅へ殺到して犯人あばきで大騒ぎになった
と思えるのだけど、世間的には全く知られてないのは何故だろうか?

今からでも村田正子さんのインタビューを、マスコミが取ってくれ
ないだろうか。

それから、平沢が帝銀事件の前年の日記を破棄していたとか、帝銀事件
の前日までの日記をインクで消していたという件は、平沢が事件と無関係
とはとても思えない印象を強くする。

しかし未遂事件で犯人が残した名刺から、平沢の指紋は出ていない。
いったい、平沢は事件とどう関わったんだ????

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 12:34:04 ID:???
>>412
野口って歯科医今でも存命?
わかる奴いるかな?

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 15:42:47 ID:???
>>413
とっくに亡くなっているよ。
この歯医者、佐伯氏(本名Tさん)の家の近所なんだよな。
「帝銀事件はこうして終った」の巻末インタビューに、その
いきさつが載っている。
帝銀の真相を本にして、なにかの脅迫はなかったとの
質問に、佐伯氏は特になかったと答えている。

佐伯氏が本を出版してマスコミが大騒ぎなどということは
なかった。
同インタビューでも佐伯氏自身が述べているように、そもそも
「疑惑」「疑惑α」は自費出版のせいかあまり売れていない。
自分は、「疑惑」が本屋に置いていないので佐伯氏に直接注文
したらすぐに届いて「代金は要りません」という書面が入っていた。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 22:08:31 ID:tBg6i+40
412=341>>

あの世で野口、佐伯氏、平沢の3人が会って、
打ちあけ話ししてるかもね。

「実は、俺がやったんだよ」
「だろ、そうだと思ってたんだよ」
「なんで俺を嵌めたんだよ!おかげで、偉い迷惑だよ!」
「まあ、そう怒るな。あんただって先に2件やったんだから、似たようなもんだよ」
「台所の茶碗の指紋は、あんたのか?」
「気前よく約16万円も渡しやがって、知らずに預金しちまったじゃねえか」
「あんたの虎の絵は、それだけの価値があるからな」
「虎の絵は、やはりあんたが取り次いだのか」
「虎の絵なんか描くんじゃなかった。春画でも書いてた方が良かった」

な〜んちて。
マニアには分かる話でした。




416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/16(水) 23:27:10 ID:???
んちて

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 02:00:04 ID:???
>>414
サンクス! 和多田進『ドキュメント帝銀事件』の後で
『疑惑α』読んだけど、正直文章力が違うと思った。
『帝銀事件はこうして終った』は未読ですた。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 11:45:58 ID:???
帝銀の事件当日、平沢は仲間の手引きで、ずばり帝国銀行椎名町支店
に向かったのだろう。
ただし、彼に毒殺の目的意識はなく、あくまでも麻酔剤で行員を眠らせ、
大金を奪うことにあったのだと思う。

しかし、現場付近で仲間に計画中止を告げられ、そのまま帰宅した。
これで平沢のアリバイは消失し、その間に本番の毒殺が決行された。
平沢は日本堂その他の詐欺事件などを起こした仲間の誰かが実行し、
薬の量を間違えての犯行と思ったが、2件の未遂を自分がやっている上、
帝銀もやるつもりで出かけていったわけだから、どうしても真実を話す
ことができない。
話しても仲間は口裏を合わせ、自分を犯人に仕立てるだろう。

おまけに、絵の代金として帝銀で奪われた金を受け取ってしまっている
から、この金の出所も言うことができない。
真犯人にとっては、平沢がゲロしようがしまいが安泰だったわけだ。
しかも、自分の身は米軍の某機関が守ってくれている。
真犯人が重要参考人として取り調べを受けたがシロになったのは、
ひとえにこの機関の助力により、事件当日のアリバイが崩せなかった
ことが最大の理由だろう。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/17(木) 12:08:53 ID:???
換金するときタイフォされたらワロス

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 19:47:00 ID:???
このスレは418や341の壊れた知障のレスで埋め尽くされるんですね。わかります。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 12:27:04 ID:???
>418
すごいですね。それだけの動きをしたグループの本人なり家族なりの証言があるのですね?
是非、教えてください。
それだけ印象的な動きをすれば漏れないはずがありません。そのときは言えなくても実はあの時みたいな。
アリバイ工作崩せなかった記録なり何なり手にしているのでしょう。楽しみです。
逆に証言がなければ、全くの妄想ですね。
まさかそんなことはないでしょうから期待しています。
404さんも教えてください。
なんらかの工作したグループの証言があるんですね?
それをつかんでいるから自信があるんですよね?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 21:51:46 ID:???
確定判決で満足してる奴は、わざわざこんなスレ
覗きにくるなよ。
なんか心配事でもあるのか?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 12:02:33 ID:JI3uxTnM
マジで質問なんですけど、警察は未遂事件と帝銀事件は共に
平沢の犯行と結論づけていながら、未遂事件で残された山口、
松井の計2枚の名刺から平沢の指紋が出ていない事を、警察
や検察は捜査記録、裁判記録でどう説明しているのでしょうか?

紙面に付いた指紋は拭いにくいだろうから、名刺の保管状態が悪い
から指紋が検出できなかったとかの理由なんて通らないでしょ。





424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/20(日) 13:27:52 ID:???
平沢無罪。マジで

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 10:37:59 ID:kuXGY84K
若干、疑問点を加筆します。

平沢氏犯人説派は、次の事をどう思っているのか??

(1)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   アセトン・シアン・ヒドリンと推測される特殊な青酸化合物をどこから
   入手できたのか?
(2)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   仮に16人全員に即効性の毒物を飲ませたら、最初の一人が薬物を飲んだ
   直後に倒れる事で他の者はもう薬品を飲まなくなるので、遅効性の薬物
   を全員に適量飲ませて全員が飲んだ後に一斉に倒れる様に図ったという、
   アセトン・シアン・ヒドリンと推測される薬物の特殊性、適量の知識や取
   り扱い方法を何故知っていたのか?
(3)椎名町支店での犯人は、薬物を被害者達に飲ませる手口に全く不自然さを
   感じさせないほど薬物の取り扱いに習熟していたが、上述の如く平沢氏は
   薬物の全くの素人であり、この犯人像の矛盾をどう説明するのか?
(4)椎名町支店の被害者のうちの生存者が、帝銀事件の全裁判を通して、
   「私が会った犯人は、平沢さんではありません!」
   と証言している事や、薬物被害を受けなかった未遂事件の目撃者達も
   誰一人として平沢氏を犯人と特定 出来なかった事をどう説明するのか?
(5)警察は安田荏原銀行、三菱中井銀行での未遂事件、及び帝銀事件は平沢氏
   の犯行と断定していながら、その2件の未遂事件で犯人が遺した2枚の
   名刺から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう説明するのか?
(6)捜査一課は犯人を特殊な薬物の知識と取り扱い経験のある、旧陸軍関係者
   と推理し、その後、旧陸軍関係者が捕虜に薬品を投与すると称して、ビン
   に入った毒薬を上澄みの油分と下方の毒薬とをピペットで別々に抽出し、先
   に自分で飲んでみせ、第一薬を飲ませた後に、第二薬を飲ませる事でその場
   に被験者を留まらせるという方法が、帝銀椎名町支店で犯人が犯行を行った
   手口と完全に一致する事が捜査資料で確認されている事をどう説明するのか?
(7)平沢氏は過去に銀行詐欺を働いており小切手の取り扱い方法を知っていたが、
   帝銀事件の犯人は事件の翌日早朝ではなく、手配が回っている可能性のある翌
   日の午後に小切手の換金に行っており、しかも小切手に住所、氏名を記入する
   事を知らずに窓口の担当者から指摘されている。この換金犯と平沢氏の犯人像
   の違いをどう説明するのか?
(8)その換金犯が提出した小切手から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう
   説明するのか?
(9)換金犯と応対した担当者は、換金犯は平沢氏と人相が異なり、換金犯人を平沢
   氏と特定出来なかった事をどう説明するのか?
(10)筆跡鑑定は複数の鑑定者によってなされたが、その鑑定家の誰一人として犯人
   の残した筆跡は平沢と同一の鑑定結果を出せず、鑑定家の一人は、犯人の鑑定と
   平沢氏の筆跡とは異なるとの鑑定している事を、どう説明するのか?



426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 10:49:15 ID:kuXGY84K

マジで質問なんですけど、換金犯が提出した小切手から平沢氏の指紋が
検出されていない事を、警察や検察はどう説明していたのでしょうか?

小切手の紙面には犯人の皮脂が染み付くから、紙面に着いた指紋はそう
簡単には拭えないはずです。

色々調べてみたけど、未遂事件の2枚の名刺と換金された小切手の指紋
について言及している箇所が見当たらないんです。
私が知らないだけかもしれませんけど、遺留品の指紋は重要な証拠となる
のに、意外と語られていないですよね。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 11:01:32 ID:???
>422
422のような馬鹿をおちゃくるためです。
悔しい?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 11:02:48 ID:kuXGY84K
帝銀事件翌日の小切手換金の際に、換金犯は手袋をしていた
のならば、小切手の指紋の件は解決しますけど、手袋の有無
はどうなんでしょう?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 00:00:55 ID:p+4N4N4U
 たぶん、指紋は強力な証拠になる事を犯人は知っていたんだろう。

 まあ、平沢が事件直後に、奪われた金とほぼ同額の大金を持っていた。
この大金の出所を説明できていないのが致命傷。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 01:56:52 ID:???
平沢逮捕の名刑事w居木井警部補の伝記とかありますかね?

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 15:40:09 ID:???
居木井と偽証事件の野村は知人関係か、
遠い親戚関係じゃなかったかな?
偽証事件は、平沢の絵の売買経路の調査の
課程からでてきた結果的にはデマ情報だったが、
証言者が居木井と知己の間柄だった事と、
この事件に関する、検察のあまりの手際のよさが
どうしても引っかかる。

検察当局は、絵の経路をしつこく追及する森川らに、
決定的なマイナスのダメージを与えたかったのでは
なかろうか?
このことが逆に、平沢の描いた絵と帝銀事件がなんらか
の形でリンクしていた事の証明に思えてならない。


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 21:45:30 ID:???
歴代法相の何人かは、平沢の死刑執行命令書が上ってきたら
判を押していた、と言っている。
確かに、あれだけの残虐な大量殺人を犯した人間を執行せず
して、何のための死刑制度か、という大儀に反論は難しい。

そこで、自民党の実力者のOが、平沢の死刑阻止に
あれだけ懸命に活動していた意味が見えてくる。
Oは、まちがいなく米国筋の意向を受けて平沢を救う会の
活動に参加していたと思う。

433 : ◆Z4QuahB5rY :2008/07/22(火) 23:31:00 ID:mJOGmYHP
真犯人が陸軍登戸研究所の所長だった
篠田鐐陸軍中将だったって主張してるの、俺だけ?


結構、自信あるんだけどねえ。。。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 00:00:30 ID:KzdBcQhb
>>433

詳しくお聞かせ願います。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 00:46:23 ID:ViH1Muew
「オズワルドの単独犯ではない」ことが真実でも、
それでギャリソンの説が正しいと決まったワケではない

同様に、「731」が関わっていたことが事実でも
「真犯人は諏訪中佐」とか「占領軍の陰謀だ」とかいった説が正しいって決まったワケではない


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/24(木) 09:51:37 ID:???
当たり前の話をえらそうに言わなくてもよろしい

437 :425:2008/07/24(木) 21:38:37 ID:cyQ/rGH2
帝銀事件において、犯人は計4回姿を現している。

(1)安田銀行荏原支店にて未遂事件を起こし、@松井蔚の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(2)三菱銀行中井支店にて未遂事件を起こし、A山口二郎の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(3)帝国銀行椎名町支店にて、16人に青酸化合物を飲ませて12人を毒殺する。
(4)安田銀行板橋支店にて、C山口謙名義の小切手を直接銀行員へ手渡して遺す。

警察や検察は、上記4件を平沢氏の単独犯行と結論付けておきながら、上記@ACの
遺留品の名刺や小切手から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう説明するのか!?



438 : ◆Z4QuahB5rY :2008/07/24(木) 21:49:33 ID:CcYiSLXB
ゆっくりとカキコしていきます。

篠田鐐陸軍中将は、「死ぬ」ために事件を起こした。

但し、いわゆる「戦争犯罪人」としてではなく、
日本の法律に基づいて「死ぬ」ために。


恐らくね。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 17:14:33 ID:???
佐伯説では、平沢は替え玉として「キャスティング」され、未遂の2件は
やったが帝銀本番は関与しておらず、2件の未遂も被害者がいない
ので平沢は完全無罪という推理展開だった。
平沢が口を割らないのは、金の出所をばらすと未遂をやった仲間の
存在が明るみに出て、彼らから、平沢が真犯人であるとの集団偽証を
やられてしまうから―という構造を述べている。

なるほど説得力のある推理ではあるが、平沢が帝銀本番に全く関係
ないのなら、どのみち死刑になるならと、仲間の存在を自白してしまう
ように思える。

このことから、平沢は帝銀毒殺実行犯ではないが、毒殺計画にある
程度深く関わっていたのではないかという疑念が拭えない。
そして、帝銀当日も本番を決行するつもりで現場附近まで赴いた。
しかし直前に計画中止を告げられ、帰宅する。
このとき平沢に殺意があったのかなかったのか?

薬剤の分量によっては、命に関わるかもという認識つまり法廷用語で
いう「未必の殺意」が平沢にあったのではないか?
これがある故に平沢は真実を明かせないのではなかろうか?
むろん、仲間から分け前として帝銀で奪われた金を受け取っている
ことと、すでに2件の未遂事件を起こしている事実もあったろうが。


440 :425:2008/07/25(金) 20:12:46 ID:g9YGHFFA

>すでに2件の未遂事件を起こしている事実もあったろうが。

帝銀事件において、犯人は計4回姿を現している。

(1)安田銀行荏原支店にて未遂事件を起こし、@松井蔚の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(2)三菱銀行中井支店にて未遂事件を起こし、A山口二郎の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(3)帝国銀行椎名町支店にて、16人に青酸化合物を飲ませて12人を毒殺する。
(4)安田銀行板橋支店にて、C山口謙名義の小切手を直接銀行員へ手渡して遺す。

警察や検察は、上記4件を平沢氏の単独犯行と結論付けておきながら、上記@ACの
遺留品の名刺や小切手から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう説明するのか!?




441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 20:32:33 ID:???
銀行強盗をやろうとする人間が遺留品に指紋を残すような
ヘマをするわけがない。
帝銀翌日の小切手換金をしたのは犯行一味ではないだろう。

金融機関を舞台にした詐欺を繰り返していた連中が、すでに
手配されている危ないブツを持ってノコノコ捕まりに行くような
ことをするはずがないし、裏書を知らないこともありえない。
むろん平沢も同様。

安田板橋に現れたのは、事件発覚直後、帝銀になだれ込み、
どさくさに小切手をくすねた野次馬と考えるのが妥当だろう。
あるいは、犯人(一味)が操作かく乱目的で逃走中に捨てた
ものを拾った一般人かもしれない。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 10:22:41 ID:e4gp4oho
安田銀行板橋支店で換金された小切手の裏書の筆跡と
平沢氏の筆跡が似ているのも、平沢有罪の理由の一つ
となったので、もし換金犯が犯人達とは無関係ならば
ずさんな捜査です。

遺留品3件の指紋こそが、平沢氏が事件に関与していた
かどうかの決め手になるのに、何故語られていないのか
疑問です。

犯人が手袋をしていたという証言は無いですよね?
あったら、その疑問は全て解決しますが・・


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 12:23:59 ID:???
疑惑の歯医者は指紋を消しているんだったよね。
当時の技術(?)で指紋を消すなんてことができたんだろうか?
指紋はあるが、物に触っても検出されないような加工を指に
施していたのかもしれないね。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 17:33:58 ID:???
安田銀行では、犯人が名刺を回収していた。
未遂事件はそもそも被害が出ていなかったから碌に証拠保全されていない。
帝銀の大騒ぎの後で初めて発覚した話でその前は誰も気に留めていない。
事件でも何でもないから証拠がない。
帝銀事件では犯人は指紋残さなかった。
ちょっと調べればわかる事で大騒ぎする442は池沼。
いい加減スレ汚しということで自重しろ。

何で碌に調べもせずに糞レス連発できるの?
何で碌に調べもせずに糞レス連発できるの?
何でちゃんと常識考えてる441とかに対して馬鹿な442の方が偉そうなの?
何で馬鹿なの?




445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:23:03 ID:e4gp4oho
情報の誤認があると困るので、未遂事件の名刺は物証として保管さ
れている事を記しておきます。

http://www.gasho.net/teigin-case/gallery/photo/photo_09.htm

http://www.gasho.net/teigin-case/gallery/photo/photo_10.htm

帝銀椎名町で犯人の指紋が遺されていないのは周知の事実で、椎名町
支店での犯人の遺留品と認定されているのは、アセトンシアンヒドリン
と推測される青酸化合物だけです。
椎名町支店の台所の茶碗についていた指紋は、犯人のものか、或いは他
のものか不明です。

既述の如く、名刺や小切手の紙面には触れた人の皮脂が浸透して残るの
で、金属やガラス等の硬質なものと違い、そう簡単には拭えないので、
名刺、小切手に触れた犯人の指紋は検出されて然るべきなのに、警察や
検察は未遂事件と小切手換金も帝銀椎名町支店の犯行同様に平沢の単独
犯行と結論づけておきながら、上記で遺された名刺と小切手から平沢の
指紋が検出されていない事をどう説明するのかというのが疑問という事
です。




446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:36:25 ID:???
440と442は別人?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 20:42:35 ID:e4gp4oho
追記:

犯人が名刺回収したのは、安田銀行ではなく帝銀椎名町支店です。

より正確に言うと、帝銀での犯行後に犯人の渡した名刺が無くなって
いたので、支店長代理が名刺を紛失したのか、犯人が回収したのかは
断定されてはいません。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 03:16:01 ID:4SoI0dHz
hoshu

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:06:16 ID:JEQO+1Ym
保守

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/17(日) 19:11:19 ID:v4uoLUX+
 平沢の家族が、名刺の皮脂のDNA鑑定を再審請求するのは可能でしょうか?
 あるいは、遺留物の犯人が口をつけた湯飲み茶碗のDNA鑑定は?

 平沢が持っていた大金の出所を、春画を売った大金だったとして、再審請求
するよりも説得力があるのでは。

 もちろん、やぶ蛇になる可能性も大いにあるのでしょうが。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/20(水) 22:14:55 ID:???
古すぎて無理じゃないかな

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/25(月) 15:14:04 ID:QxTwgy7n
米軍の一部の秘密工作を行う部所の者が、秘密裏に人体実験を行う為に
暴走して、銀行強盗事件にかこつけて犯行を実施、GHQ内部でその
ことが判明すると、国際的にも問題となるのでもみ消し工作を行った。

GHQは当時は超権力であって、日本側はだれもその指令に逆らえなか
った。そういった経緯が口伝えで伝わって、歴代法相は死刑を先送りに
したと噂されていた。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/28(木) 10:47:32 ID:???
捜査段階でGHQの圧力があったことと、法相が死刑執行命令に判を
押さなかったことは事実その通りだと思う。
というか本当に平沢の単独犯行と信じている国民は昔も今も少ないだろう。
(頑迷な法曹関係者とこのスレにいる有罪論者くらい?)


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/30(土) 04:56:39 ID:SNz7uTA2
平沢の供述調書の中に、事件当日に平沢は明確に第三者の指示で現場に向かった
事を意味する供述をしてるんだけど、平沢は虚言が多かったから、その供述は信憑性
を疑われて審理されなかったんだろうな。


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 22:16:42 ID:R75qIuAc
下記の遺留品の指紋について言及している資料が見つかりません。
誠に申し訳ありませんが、事件に詳しい方は下記について解説をお願いいたします。


帝銀事件において、犯人は計4回姿を現している。

(1)安田銀行荏原支店にて未遂事件を起こし、@松井蔚の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(2)三菱銀行中井支店にて未遂事件を起こし、A山口二郎の名刺を直接銀行員へ手渡して遺す。
(3)帝国銀行椎名町支店にて、16人に青酸化合物を飲ませて12人を毒殺する。
(4)安田銀行板橋支店にて、C山口謙名義の小切手を直接銀行員へ手渡して遺す。

警察や検察は、上記4件を平沢氏の単独犯行と結論付けておきながら、上記@ACの
遺留品の名刺や小切手から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう説明するのか!?



456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/06(土) 12:43:17 ID:u1SqklNz
 犯人が、指紋を残したらヤバイと感じるだけの知性をもっていたんだろう。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/06(土) 15:07:23 ID:YHYeCgat
刑務者の中で68歳になった平沢さんは50年前の18歳当時の自分の自画像を書いたんです
絵の専門家によると、この絵の人物は仮面もしくは化粧をしていて本当の自分の素顔ではないとの評価です

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 02:55:08 ID:???
20年ほどまえ、未解決事件や奇妙な事件、衝撃的な犯罪の特集がテレビでやってたが、
カツゼツが悪いナレーターだったせいか、ペンギン事件と聞き間違えた。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 19:02:45 ID:lvprF4gX
ペンギン事件は笑わしていただきました。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 20:25:39 ID:Oapwl0zF
帝銀事件における全国の平沢さんへの影響

・「死刑囚」とか有り難くないあだ名をつけられた
・「じいさん画家だった?」と聞かれた
・現代史の授業で帝銀事件が出た時、一斉に視線が注がれた
・「じいさん気の毒だね」と同情された

どれか1つは当てはまるはず

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 22:33:07 ID:ohRM/peX
犯人は緑志保

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/13(土) 06:12:43 ID:d1xlDhIv
盗まれた金が、事情を知らない大物政治家に裏金として渡されていたりすると、
それを解明するわけに行かずに、別の犯人を仕立てる必要が生じることになる。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/13(土) 22:41:46 ID:G5bUGU3X
生還した女子行員は担当していた新聞記者の一人と結婚した

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 23:18:46 ID:zVTLIRHN
村田正子さん>>463

「私が会った犯人は平沢さんではありません」
と全裁判を通じて首尾一貫して証言し、平沢の死刑執行
を阻んだ、検察の最大の難関となった弁護側証人。

夫となった新聞記者は平沢無罪を主張していたので、
村田さんは夫である新聞記者の考えの影響を受けた
とも言われていた。

村田さんは、それを否定している。




465 :455:2008/09/14(日) 23:26:00 ID:zVTLIRHN
最近、話題に広がりが見られないのが残念。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/15(月) 04:25:39 ID:IALBlLOH
小切手換金したやつは、犯人ではないね

467 :遠藤弁護士は感じていた。:2008/09/15(月) 19:56:49 ID:4v3pg4mq
湯飲みに付いた唾液のDNAを鑑定してみろや。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/15(月) 23:28:26 ID:YJsqoJ3n
>>467

帝銀事件で犯人が先に薬品の上澄みを飲んだ湯飲みは、
犯人が回収したらしく、遺されていません。

同じく帝銀の台所にあった湯のみは、犯人が使った物か
断定されていません。

帝銀事件の生き残り証人たちは、犯人が銀行に入ってきた
後、湯のみでお茶を飲んだとは証言していません。
だから台所に遺されていた使用者不明の湯飲みは、事件とは
無関係でしょう。

犯行前に素手でお茶を飲むような迂闊な犯人ではないし、仮に
犯行に使った湯飲みなら、わざわざ中を洗って台所に置いていく
様な事はしないでしょう。


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 00:39:56 ID:???
俺は趣味でテンペラ画を描いたり補修するのだが、科学者とはいかないまでもある程度スポイト等で薬品を量ったりもする。
当然彼にもアマチュアの俺以上のスキルが有ったと思うのだが…

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 21:50:13 ID:???
スポイトでなく駒込ピペットだよ。
両者は似て非なるもの。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/18(木) 19:50:30 ID:b3lrDUyY
田中邦衛が丁寧だった態度を豹変させていきなり逮捕するシーンが
印象的>ドラマ版

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/18(木) 21:08:31 ID:???
>>470
は?馬鹿ですか?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/19(金) 11:18:45 ID:???
画家もスポイト使うというので平沢に実演させてみたら
医者の持ち方とは全然違っていた、とかいう話だろ。
スポイト使うというだけでは状況証拠にもなにもならないよ。

474 :テキサス閥:2008/09/21(日) 14:11:47 ID:gsIIdaNa
ピペットとかの医療器具の取扱書を平沢が読んでいなかった、という証明はされて
いない。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/21(日) 23:00:43 ID:???
ようするに冤罪説の要は「検挙された容疑者(平沢)が当初の『見込捜査』の見込んだ犯人像と違う」という事なんだな。
この手の人間は日頃は「見込捜査は冤罪の温床」てなことを執拗に繰り返してるくせに、このご都合主義には開いた口
がふさがらん。

平沢は自供した後も青酸の出所については「レ・ミゼラブルの大僧正の御慈悲を」とか言って話そうとしなかったらしい。
だが当時の検事が平沢の死後、朝日新聞に語ったところによると捜査当局は、青酸は平沢の娘が自決用に配られた
ものを満洲から持ち帰ったものであると突き止めていたという。
親族に累が及ぶのを恐れて語ろうとしない平沢の心情を慮って、あえて公判で出所を明らかにしなかった「温情」が仇に
なったのかもしれないとの事。

一般にこの手の「冤罪」事件で出てくる情報は「冤罪」を主張する側からのものばかりであって、特に判決確定後に当局
サイドが何かを語るという事は再審請求法廷などを除いてまずありえない。
この元検事の話も平沢の死後になって初めて語られたものだからな。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 00:24:23 ID:???
そもそも青酸が犯行に使われたという警察・検察・裁判所の認定そのものが
おかしいという話はスルーなんだね。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 00:39:57 ID:???
そもそも「青酸が犯行に使われたという警察・検察・裁判所の認定そのものが
おかしい」などという話自体がおかしい。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 16:06:19 ID:???
取説読んだくらいであれだけ手際よく犯行できれば世話ないな。
画家なら青酸カリくらいは入手できたかもしれないが、帝銀で使われた毒物は
青酸カリではない。

旧軍関係者しかその存在を知らないはずの青酸化合物を使用し、致死量ぎりぎり
の分量を手際よく分配するという行為を、ド素人の平沢が実際にやれたのかどうか?

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 21:15:40 ID:???
旧軍関係者しか存在を知らないはずの青酸化合物とか、致死量ぎりぎりの分量を手際よく分配したとか
そんなの全部妄想だよ。
単なる見込み捜査段階の根拠に乏しい想定が独り歩きして肥大化しただけのもの。

帝銀以前の未遂事件で致死量がわからず1人も殺せなかったので、帝銀では残り全部ぶちこんだらバタ
バタ倒れたので、あわてふためいて目についた現金と小切手だけ奪って遁走しただけのこと。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 21:31:02 ID:???
みんなが証言してることとして
犯人が「消毒薬」を飲むのを実演して見せた、
ていうのがあるんだけど、伝え聞く平沢像とは結びつかない。
相当剛胆でないと、自分が死ぬかもしれない実演を
トリックに気づかれないようにやりきるのはむずかしいと思う。

ここまで手をかけて犯罪を犯す動機というか意味がわからないんだよね。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/22(月) 21:53:23 ID:???
>>480
もちろん犯人は被害者と同じものを飲むフリをしただけで、毒を飲んでなどいない。
これは単に相手を騙して毒を飲ませる詐術のテクニックであり、薬の専門知識なととは関係がない。
プロの詐欺師ならこのくらい造作もなくやってのけるだろう。

そして平沢が詐欺師であったのは明白な事実。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 08:26:04 ID:1ri49R1O
平沢は金に困っており、過去の銀行詐欺は金目当てだったのに、
帝銀では犯人はわずかな金額しか奪っていない。

ここに平沢の過去の銀行詐欺と、帝銀椎名町での犯行との、
犯人の動機の矛盾がある。

椎名町での犯人は金庫の金に手をつけずに立ち去った事からも、
犯人は金目当てでは無い事は間違いないだろう。
故に、帝銀椎名町での犯人は別の目的での犯行と考えられる。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 08:48:36 ID:1ri49R1O
>帝銀以前の未遂事件で致死量がわからず1人も殺せなかったので、

それは絶対に違う。
未遂事件で消毒薬を飲まされた行員達は、口内になんの刺激も無かった
ので、飲まされたのは致死量以下の薬品ではなく、ただの水であろうと
思われ、未遂事件ではなく予行演習だと言われている。

致死量以下であっても、青酸化合物なら強い刺激がある。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 08:58:05 ID:1ri49R1O
>帝銀では残り全部ぶちこんだらバタ バタ倒れたので、
>あわてふためいて目についた現金と小切手だけ奪って
>遁走しただけのこと。

これは真犯人が誰であれ、犯行後にあわてて逃げ去った
事は充分考えられるので、同意できる面もある。

いずれにしても、犯行に使用されたのは即効性の青酸カリ
ではなく、遅効性の青酸化合物だったのは事実なので、
平沢の娘が自決用に持ち帰った物とは異なることは明白。

その遅効性の青酸化合物が旧陸軍の中野学校や登戸研究所
で開発、使用されていたものと効果や使用方法が一致する
けど、それらと平沢との接点が無いんだよ。



485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 09:27:52 ID:1ri49R1O
>>475
>>479

最近、レスが復活してきたので、下記についてどう思われているのか、
ご意見を伺わせてください。

平沢氏犯人説派は、次の事をどう思っているのか??

(1)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   アセトン・シアン・ヒドリンと推測される特殊な青酸化合物をどこから
   入手できたのか?
(2)平沢氏は医師でも化学者でも薬剤師でも毒物の研究所員でもないのに、
   仮に16人全員に即効性の毒物を飲ませたら、最初の一人が薬物を飲んだ
   直後に倒れる事で他の者はもう薬品を飲まなくなるので、遅効性の薬物
   を全員に適量飲ませて全員が飲んだ後に一斉に倒れる様に図ったという、
   アセトン・シアン・ヒドリンと推測される薬物の特殊性、適量の知識や取
   り扱い方法を何故知っていたのか?
(3)椎名町支店での犯人は、薬物を被害者達に飲ませる手口に全く不自然さを
   感じさせないほど薬物の取り扱いに習熟していたが、上述の如く平沢氏は
   薬物の全くの素人であり、この犯人像の矛盾をどう説明するのか?
(4)椎名町支店の被害者のうちの生存者が、帝銀事件の全裁判を通して、
   「私が会った犯人は、平沢さんではありません!」
   と証言している事や、薬物被害を受けなかった未遂事件の目撃者達も
   誰一人として平沢氏を犯人と特定 出来なかった事をどう説明するのか?
(5)警察は安田荏原銀行、三菱中井銀行での未遂事件、及び帝銀事件は平沢氏
   の犯行と断定していながら、その2件の未遂事件で犯人が遺した2枚の
   名刺から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう説明するのか?
(6)捜査一課は犯人を特殊な薬物の知識と取り扱い経験のある、旧陸軍関係者
   と推理し、その後、旧陸軍関係者が捕虜に薬品を投与すると称して、ビン
   に入った毒薬を上澄みの油分と下方の毒薬とをピペットで別々に抽出し、先
   に自分で飲んでみせ、第一薬を飲ませた後に、第二薬を飲ませる事でその場
   に被験者を留まらせるという方法が、帝銀椎名町支店で犯人が犯行を行った
   手口と完全に一致する事が捜査資料で確認されている事をどう説明するのか?
(7)平沢氏は過去に銀行詐欺を働いており小切手の取り扱い方法を知っていたが、
   帝銀事件の犯人は事件の翌日早朝ではなく、手配が回っている可能性のある翌
   日の午後に小切手の換金に行っており、しかも小切手に住所、氏名を記入する
   事を知らずに窓口の担当者から指摘されている。この換金犯と平沢氏の犯人像
   の違いをどう説明するのか?
(8)その換金犯が提出した小切手から、平沢氏の指紋が検出されていない事をどう
   説明するのか?
(9)換金犯と応対した担当者は、換金犯は平沢氏と人相が異なり、換金犯人を平沢
   氏と特定出来なかった事をどう説明するのか?
(10)筆跡鑑定は複数の鑑定者によってなされたが、その鑑定家の誰一人として犯人
   の残した筆跡は平沢と同一の鑑定結果を出せず、鑑定家の一人は、犯人の鑑定と
   平沢氏の筆跡とは異なるとの鑑定している事を、どう説明するのか?




486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 09:45:34 ID:???
青酸化合物による青酸中毒というのは、飲み込んだ青酸化合物が胃液と反応して発生する青酸ガスを
吸引したことによって起こるものであり、必ずタイムラグが発生する。
仮に第1液に青酸が仕込まれていたとして、第2液を飲むまでの1分足らずのタイムラグをもって遅効性の
青酸化合物というのなら、青酸カリであれ青酸ソーダであれ、どんな青酸化合物もすべて遅効性という事
になる。
犯行に使われたのは明らかに即効性の青酸化合物であり、「遅効性の青酸化合物」のなるものは、その
辺の誤解に基づく幻の存在にすぎない。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 10:13:30 ID:1ri49R1O
>仮に第1液に青酸が仕込まれていたとして、第2液を飲むまでの1分足らずのタイムラグをもって

それは、事実誤認。
帝銀椎名町で使用された青酸化合物が遅効性と言われる最たる所以は、被害者全員が第一薬を飲み、
その後に強い刺激に戸惑いながらもその場に留まり第二薬を飲み、その後、被害者の一人が、
「うがいをしていいですか?」
と、むせかえりながらも犯人に聞き、
「いいですよ」
と回答をもらってから、全員が先を争うように流し場へ行き、うがいをし、その後に
ばたばたと倒れ始め、人によっては自分の席に戻ってから椅子に座った状態で絶命して
いる。

つまり、第一薬を飲んでから、その場に留まり第二薬を飲み、その後、犯人と会話したり、
うがいをしに先を争うように急いで台所に移動する運動能力と、延べ数分間の時間を確保で
きていた事が、遅効性の薬物と言われている所以です。

それから倒れるまで数分を要している村田正子さんが、時々気絶しながらも外へ這い出て
助けを求めた症状の現れ方も、アセトンシアンヒドリンの症状の現れ方と一致する事が
確認されています。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 10:44:44 ID:???
>>485
(1)(2)(3)、そもそも「特殊な青酸化合物」など初めから存在していないし、犯行に薬物の専門知識など必要無い。
必要だったのは相手を騙して毒を飲ませる詐術だけ。

(4)、他の目撃者や生存者があらかた平沢が犯人であると証言し、特に名刺屋などは2つの痣という具体的な特徴
まで指摘して「平沢に間違いない」と証言しているのはどう見るのか。
なお、最後まで否定した生存者は夫がマスコミ関係者で、その報道姿勢に影響されたとの話もある。

(5)(8)、単に指紋から足がつく可能性を警戒しただけの事でしょ。

(6)、こんなもの相手を安心させ、騙して毒を飲ませるための詐術にすぎない。
軍と詐欺師が同じ詐術を使ったからとて、何の不思議もない。
そもそもこの手口が軍のオリジナルであったかどうかもわからない。

(7)、大量殺人を犯した後であり、動?してヘマをしただけ。

(9)、窓口対応で1日何百人も訪れる相手の人相を、貴方はいちいち克明に記憶していられるのか ?
私には無理だ。

(10)、そもそも犯人のものとされる筆跡資料が圧倒的に少ないのだから、同定できないのもやむを得ない。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:17:07 ID:???
>>487
かつて「青酸コーラ事件」というのがあった。
あの事件の最初の被害者はコーラを飲んですぐ吐き出し、その後水道水でうがいをしたのち突然倒れている。
飲んでから倒れるまで5分くらいのタイムラグがあった。
繰り返し書くが、青酸中毒は飲んだ青酸化合物が胃液と反応して発生する青酸ガスを吸入してやられるので
あって、必ずタイムラグが発生する。

青酸ニトリルが遅効性と言われるのはこれが胃酸中で安定で、その後水やアルカリ液を飲む事で反応が促進
されるトラップのような性質を持つからで、第1液を飲んで1分以内に第2液を飲ませるなどという使い方では青酸
ニトリルである意味がない。

いずれにしろこの事件での青酸化合物は速攻で効いているのであって、青酸ニトリル(アセトンシアンヒドリン)が
使われたとする根拠など全くない。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:44:17 ID:1ri49R1O
485>>488

事実誤認が非常に多い。

>そもそも「特殊な青酸化合物」など初めから存在していないし

被害者の嘔吐物の保存状態が悪かった事もあり、毒薬が青酸系であった
事はわかるが、具体的に青酸カリなのか、他の青酸化合物なのかが鑑識
では特定されなかった。

それ故に、犯行開始後から自分の席で絶命している被害者までの推定
時間から、薬物の効果に数分間を要している事から、即効性の青酸カリ
(それでも1分間は要する)ではなく、遅効性の青酸化合物である事が
事後検証で明らかになっている。

後は、>>487を参照の事。

>名刺屋などは2つの痣という具体的な特徴
>まで指摘して「平沢に間違いない」と証言しているのはどう見るのか。

名刺屋の証言は犯人を特定するものではなく、似ているというもの。
しかも、名刺屋の作った名刺は未遂事件に使われたもので、帝銀椎名町
で使われたものではない。

未遂事件と椎名町支店とは別の犯人によるものとすれば、名刺屋の証言
は椎名町支店の傍証として成立しない。



491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:46:14 ID:1ri49R1O
485>>488



>最後まで否定した生存者は夫がマスコミ関係者で、その報道姿勢に影響されたとの話もある。

村田正子さんは、将来夫となる新聞記者が平沢無罪説を展開する前の、平沢が重要容疑者として逮捕された
直後に警察で面通しを行った時の証言でも、「平沢さんは私が会った犯人ではありません」と否定している。

>(5)(8)、単に指紋から足がつく可能性を警戒しただけの事でしょ。

これこそ、最大の疑問。
犯人が、未遂事件を含め椎名町までの一連の犯行時に手袋をしていたとの証言は無い。
素手で名刺や小切手を手渡していながら、何故平沢の指紋が検出されないのか??
(素手に何かを塗って指紋をカモフラージュしていたなら、私の主張は取り下げます)

>(6)、こんなもの相手を安心させ、騙して毒を飲ませるための詐術にすぎない。

近くで伝染病が発生した。
消毒薬を飲んでください。
自分が薬物の上澄みだけ、先に飲む。

そこまで完全に一致する事を、作為無しの偶然だと言うのか???

>(7)、大量殺人を犯した後であり、動?してヘマをしただけ。

想像を絶する程の知能犯と思われる帝銀椎名町事件の真犯人が、
いかに動転していたとはいえ、手配の廻っている可能性の高い、
事件翌日午後に換金にいくか???

>(9)、窓口対応で1日何百人も訪れる相手の人相を、貴方はいちいち克明に記憶していられるのか ?
私には無理だ。

行員は、小切手換金に訪れた人物が、自分の住所、氏名を記載していなかったので、やりとりがあり、
犯人の容姿を記憶しており、その犯人の用紙が平沢とは異なっている。

>(10)、そもそも犯人のものとされる筆跡資料が圧倒的に少ないのだから、同定できないのもやむを得ない。

これも、事実誤認。
筆跡鑑定は、右利きの人物が筆跡をごまかすために左手で書いても、書いた人物を特定できる。
筆跡資料の多い、少ないとは関係なく、筆跡鑑定可能です。




492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 12:51:05 ID:1ri49R1O
>(9)、窓口対応で1日何百人も訪れる相手の人相を、貴方はいちいち克明に記憶していられるのか ?
私には無理だ。

行員は、小切手換金に訪れた人物が、自分の住所、氏名を記載していなかったので、やりとりがあり、
犯人の容姿を記憶しており、その犯人の用紙が平沢とは異なっている。

用紙→容姿に修正します。


493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 13:12:16 ID:???
>>490
全く反論になっていない。

何度も書いたが数分程度のタイムラグは通常の青酸化合物で起こりうるものであり、「特殊な青酸化合物」が
使われたとする根拠など全くない。
念のために書くが、平沢の冤罪を主張するなら主張する側が「犯行に使われたのは特殊な青酸化合物であり
通常の青酸化合物ではない」ことを証明する必要がある。
そしてそれを証明する論拠などどこにもないのだ。

名刺屋の名刺は未遂事件に使われたものではあるが、同じ手口の帝銀と同一犯である可能性が極めて高い
事件であり、傍証ながらその証言にはきわめて高い価値がある。
その他あまたの平沢が犯人であるとする証言があるのにその価値は認めず、それらすべてを差し置いて、ただ
1件の否定証言のみの価値を認める理由がどこにあるのか。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 14:04:35 ID:1ri49R1O
>犯行に使われたのは特殊な青酸化合物であり
>通常の青酸化合物ではない

この件は、複数の検証により詳細に説明されています。
私は薬学が専門ではないので、詳細の説明は単に受け売り
になるだけなので省略します。
ご自分で、詳細をお調べください。

>平沢が犯人であるとする証言があるのに

人相や筆跡が似ているとの証言はあっても、平沢が犯人であるとの証拠は一切ありません。
証拠があるのならば、とっくに刑が執行されている。

>それらすべてを差し置いて、ただ
>1件の否定証言のみの価値を認める理由がどこにあるのか。

私は>>485の10件の論拠において、平沢無罪を主張しておりますが。


495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 18:12:39 ID:1ri49R1O
若干、修正します。

>(6)、こんなもの相手を安心させ、騙して毒を飲ませるための詐術にすぎない。

近くで伝染病が発生した。
消毒薬を飲んでください。
自分が薬物の上澄みだけ、先に飲む。
被験者に第一薬を飲ませる。
その後、被験者に第二薬を飲ませる。

そこまで完全に一致する事を、作為無しの偶然だと言うのか???


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 18:22:19 ID:1ri49R1O
若干、修正します。

>(5)(8)、単に指紋から足がつく可能性を警戒しただけの事でしょ。

これこそ、最大の疑問。
犯人が、未遂事件を含め安田板橋での小切手換金までの一連の犯行時に手袋をしていたとの証言は無い。(私が知る限りにおいては)
素手で名刺や小切手を手渡していながら、何故平沢の指紋が検出されないのか??
(素手に何かを塗って指紋をカモフラージュしていたなら、私の主張は取り下げます)



497 : ◆Z4QuahB5rY :2008/09/23(火) 19:19:11 ID:KTmUYEl4
青酸化合物が入っていたのは「第一薬」なのか?「第二薬」なのか?

一般的には「第一薬」と言われているが、私は「第二薬」だったのではないかと思う。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 20:55:35 ID:1ri49R1O
>それらすべてを差し置いて、ただ
>1件の否定証言のみの価値を認める理由がどこにあるのか。

村田正子さんの否定証言が検察最大の難関となったのは、
平沢の人相、筆跡は帝銀事件の犯人のものと似ているが、
平沢が犯人であると言う証言、証拠が皆無なのに対し、
帝銀椎名町での薬物被害者の中で一番症状が軽く、自力
で外へ這い出て助けを求める事ができた村田さんが、裁判
で終始一貫して、

「私が会った犯人は平沢さんではありません」
「犯人は40代に見えたが平沢さんは50代」
「犯人と平沢さんは年齢が一回り違う」

と具体的な証言を続けたからです。

他の証言が、〜と思う、似ている等、曖昧なのに対し、事件の
直接の被害者で一番症状の軽かった最重要証人である村田さんが
具体的に否定し続けた事に重要な価値が見出されたのです。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 02:01:17 ID:???
>私は>>485の10件の論拠において、平沢無罪を主張しておりますが。

私がここで書いたのは平沢の面通しについての証言だけで、>>485の他の9件などは関係がないのですが
文脈をご理解いただけなかったかな。

>村田正子さんは、将来夫となる新聞記者が平沢無罪説を展開する前の、平沢が重要容疑者として逮捕された
>直後に警察で面通しを行った時の証言でも、「平沢さんは私が会った犯人ではありません」と否定している。

その時点で否定していたのは彼女ひとりではない。
後に多くの人間が前言を翻して平沢犯人説を肯定していく中で彼女のみ最後まで否定を貫いたが、この時は既
に夫の報道姿勢との関連が出来上がっていたからね。
そういう人間の証言は割り引いて考えざるを得ない。
目撃者がコロコロ証言を変えている事でもわかるように、人間の目撃証言などというものは非常に不確かで信用
のおけないものです。
漠然とした印象などまず証拠価値はないと言っていい。
「左頬の2つの痣」とか、そういう具体的な身体的特徴をもって初めてある程度の信用性が生まれる。
私見だが、この点では彼女の証言も他のコロコロ変わった証言と信用性の低さでは五十歩百歩です。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 02:19:43 ID:???
>筆跡資料の多い、少ないとは関係なく、筆跡鑑定可能です。

これこそが事実誤認。
筆跡鑑定にはある程度のサンプル数が必要で、サンプル数が極端に少なければある程度の傾向しか示せない。
相手が意図的に筆跡を誤魔化そうとしている可能性があればなおさらのこと。

特に重大な刑事裁判の証拠とする場合、極端に少ないサンプルでの同定など到底できるものではない。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 02:28:02 ID:???
>>496
事件当時は真冬です。
手袋をしている人間など山ほどいただろうし、手袋をしていたとて怪しまれる事はない。
むしろ手袋をしていない方が怪しまれたかもしれない。
手袋をしていたという証言が無かったとして何の不思議もない。

さらにもし手袋をはずして指紋を付けないようにしたいなら、ご指摘の通り指に接着剤でも塗って
薄皮1枚作っておけば済む事です。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 20:59:48 ID:???
>想像を絶する程の知能犯と思われる帝銀椎名町事件の真犯人が

単なる妄想と思いますが。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 21:20:28 ID:???
>>495
当時の状況を考えれば「疫病が発生した」というのは薬を飲ませる口実としては最も単純でポピュラーなものでしょ。
誰だって考えつきそうなことだ。

繰り返すが、そもそもこの手口の出典がどこなのか、旧軍特殊機関のオリジナルなのかどうかもわからない。
それ以前からあった手口を軍が流用しただけかもしれない。
捜査当局が知っている以上、この手口が旧軍特殊機関関係者だけしか知りえない極秘情報であったとも考えられない。
兵隊の訓練用冊子に書かれていたなんて話もあるが、もしそうなら半ば公開情報みたいなもんだ。

結局のところこれは「何年も前に旧軍特殊機関が似た手口を使っていた」というだけの話にすぎない。
まあ、これをもって「見込み捜査の重点を旧軍関係者に置く」という方針を取るのは別に間違ってはいないだろうが、これ
はもちろん犯人が旧軍特殊機関関係者である事など何ら保証しないし、実際の犯人がそれと何の関係もない人間であっ
たとしても不思議でもなんでもない。

実際に平沢は旧軍と何の関係もなかった。
単に「見込み捜査」の見込みが間違っていただけの話です。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 22:09:23 ID:???
>>497
>一般的には「第一薬」と言われているが、私は「第二薬」だったのではないかと思う。

それも十分あり得ると思う。
現場の保存が不十分で湯のみが洗われてしまったため当時の技術では毒が検出できなかった
だけかもしれない。
第二薬が毒だったなら例の「時間差」云々の問題など初めから存在していなかった事になる。

だが確実に飲ませるにはやはり第一薬の方がよいだろう。
第二薬が毒だと躊躇して全員が飲みきらないうちに倒れる人間が出て、失敗する恐れがある。
まあ、逆に第一薬として何か強烈な不快感を与える液体を飲ませて、「中和剤」になるかもしれない
第二薬を確実に飲ませるというやり方も考えられるか・・・

まあいずれにしろ毒が入っていたのは「第一薬」か「第二薬」のどちらか1方だろう。
胃の中で2液が混合されて毒性が発生するような特殊なものであったとはまず考えられない。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 23:40:21 ID:noA6v0Gr
おそらく第1薬が青酸化合物(青酸エステルか青酸配糖体)。
第ニ薬は、青酸エステル化合物の分解触媒もしくは
青酸配糖体を分解する酵素のようなもの。ニ薬をのんで時間が経つと
遊離青酸ガスが発生して、肺から吸収されて呼吸中枢を停めて殺す。

青酸化合物は、たとえば青梅の実やある種の芋類などにも含まれており、
植物が昆虫等の食害から身を守るために生産されるものです。

おそらく実行犯は医者か歯医者、医学知識のある者(軍医)でしょう。
呑む時に注意として歯のホウロウ質に触れないように
呑んで下さいなどと言っていたというから。他の事件ではそのような
ことは言っていないようだし。

名刺を渡す時に手袋をしたままというのは、普通の作法ではない。
受け取る側は手元をみてしまうので、記憶に残りやすいでしょう。
握手をするときに手袋をしていたら印象に残るのと同じです。


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 00:15:34 ID:???
事件当時、平沢貞通は56歳(もうまもなく57歳)であった。
それまでのおよそ57年間もの人生で、この男がいかなる経験を積み、スキルを積み上げてきたか
正確にわかる人間なともはや誰もいないし、おそらく当時もいなかっただろう。

201 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)